2022年11月03日

アスペルガー症候群、ADHD、発達障害、自閉スペクトラム症(ASD)

ネット上の記事はすぐに消えてしまうことが多いので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。



アスペルガー症候群、、ADHD、発達障害、自閉スペクトラム症(ASD)

令和5年1月15日更新








●2023年1月15日 引用元:上田社会保険労務士事務所のブログより

発達障害(ADHD・自閉症等)
DEVELOPMENTAL-DISORDERS
ホーム> 傷病> 発達障害(ADHD・自閉症等)
発達障害で障害年金を申請することができます!

発達障害(自閉症(自閉症スペクトラム症)・アスペルガー症候群・注意欠陥多動背障害(ADHD)等)も、障害認定基準に該当していれば、原則障害年金を請求できます。

「障害厚生年金」とは、うつ病の症状で初めて病院を受診した日(初診日)に厚生年金に加入していた方に支給される年金です。 初診日に国民年金に加入していた方は、「障害基礎年金」が支給されますが、こちらには1級と2級しかないので、3級がありません。

障害年金制度とはどういう制度?
病気やケガなどによって日常生活や仕事に支障が出ている方が受給できる年金です。申請は原則20歳から65歳未満までに行う必要があります。初診日要件、年金の納付要件や障害の程度などの受給できる条件を満たしていれば、受給することができます。

障害年金の等級は1〜3級ですが、1級が一番重い障害で以下2級、3級となります。初診日(病気のために初めて病院に行った日)に加入していた制度によって年金を受給できる等級が違ってきます。

※初診日に国民年金に加入していた場合は(障害基礎年金)1級もしくは2級のみしかありません。(障害基礎年金には3級はありません。)

※初診日に厚生年金に加入していた場合(障害厚生年金)1級、2級、3級、もしくは障害手当金(障害厚生年金には3級及び障害手当金があります。)

まずは、ご自身で障害基礎年金になるのか、もしくは障害厚生年金になるのかを判断してください。

障害年金を受けるための3つの要件

障害年金は、

(1)初診日要件
(2)保険料納付要件
(3)障害の程度が認定基準に該当すること、

3つの要件とも満たさなければ受給できません。以下で、順にご説明します。

要件1
初診日はいつですか?

発達障害の症状で、初めて病院を受診した日、または初めて病名を医師から告げられた日を「初診日」と言います。

要件2
初診日まで一定以上の年金を納めていますか?
初診日までに一定以上の年金保険料を納めていることが2つ目の条件です。(保険料納付要件と言います。)

初診日の時に、国民年金、厚生年金、共済年金に加入していた方で、

@初診日のある月の前々月までの公的年金の加入期間の2/3以上の期間について、保険料が納付または免除されていること(原則)
または

A初診日において65歳未満であり、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の未納がないこと(特例)
上記(1)か(2)のいずれかを満たしていればOKです。初診日の時点で20歳未満であった方は保険料納付要件については問われません。ただし年間所得が一定以上であると、支給額に制限がかかる場合があります。

要件3
症状が認定基準に該当していること
障害の程度が認定基準に該当するかどうかです。

障害の程度 障 害 の 状 態

1 級
発達障害があり、社会性やコミュニケーション能力が欠如しており、かつ、著しく不適応な行動がみられるため、日常生活への適応が困難で常時援助を必要とするもの

2 級
発達障害があり、社会性やコミュニケーション能力が乏しく、かつ、不適応な行動がみられるため、日常生活への適応に当たって援助が必要なもの

3 級
発達障害があり、社会性やコミュニケーション能力が不十分で、かつ、社会行動に問題がみられるため、労働が著しい制限を受けるもの

発達障害は具体的な、MRI検査や血液の検査の数値結果等により判断したりすることはできないため、以下の項目により何級に該当するのか一定の判断をします。

(平成28年9月より、認定基準をより具体的に示した「精神の障害に係る等級判定ガイドライン」が発表され、新たに審査の基準となっています。)

精神の障害に係る等級判定ガイドライン

日常生活能力の判定

@適切な食事
A身辺の生活保持
B金銭管理と買い物)
C通院と服薬
D他人との意思伝達及び関係
E身辺の安全保持及び危機対応
F社会性

@〜F項目について医師により、4段階に評価をします。

@できる
A自発的にできるが時には助言や指導を必要とする
B自発的かつ適正に行うことはできないが助言や指導があればできる
C助言や指導をしてもできない若しくは行わない
「日常生活能職の判定」の 4 段階評価について程度の軽 いほうから1〜4の数値に置き換え、その平均点を算出する。

日常能力の程度
以下の @〜Dのいずれかを医師により判断してもらう。

@ 精神障害(病的体験・残遺症状・認知障害・性格変化等)を認めるが、社会生活は普通にできる。
A精神障害を認め、家庭内での日常生活は普通にできるが、社会生活には、援助が必要である。
B精神障害を認め、家庭内の単純な日常生活はできるが、時に応じて援助が必要である。
C 精神障害を認め、日常生活における身のまわりのことも、多くの援助が必要である。
D 精神障害を認め、身のまわりのこともほとんどできないため、常時の援助が必要である。
「日常生活能力の判定」の平均点と「日常能力の程度」の評価を、以下の表にあてはめて、障害等級の目安とする。

障害等級の目安


判定平均/程度 (5) (4) (3) (2) (1)
3.5以上      1級 1級又は2級
3.0以上3.5未満 1級又は2級 2級 2級
2.5以上3.0未満 2級 2級又は3級
2.0以上2.5未満 2級 2級又は3級 3級又は3級非該当
1.5以上2.0未満 3級 3級又は3級非該当
1.5未満 3級非該当 3級非該当
<<表の見方>>

@「程度」は、診断書の記載事項である「日常生活能力の程度」の5段階評価を指す。

A「判定平均」は、診断書の記載項目である「日常生活能力の判定」の4段階評価について、程度の軽い方から1〜4の数値に置き換え、その平均を算出したものである。

B表内の「3級」は、障害基礎年金を認定する場合には「2級非該当」と置き換えることとする。
<<留意事項>>

障害等級の目安は総合評価時の参考とするが、個々の等級判定は、診断書等に記載される他の要素も含めて総合的に評価されるものであり得ることを留意して用いること。

総合評価の際に考慮すべき要素の例

診断書の記載項目

(「日常生活能力の程度」「日常生活能力の判定」を除く)を5つの分野

@ 現在の病状または状態像
A療養状況
B 生活環境
C勤労状況
Dその他

に区分し、分野ごとに総合評価の際に考慮することが妥当と考えられる要素とその具体的な内容例を示したもの。

等級判定にあたっての留意事項

@障害等級の目安

1. 「日常生活能力の程度」の評価と「日常生活能力の判定」の平均との整合性が低く、参考となる目安がない場合は、必要に応じて診断書を作成した医師(以下「診断書作成医」という。)に内容確認したうえで、「日常生活能力の程度」及び、「日常生活能力の判定」以外の診断書等の記載内容から様々な要素を考慮のうえ、総合評価を行う。

2. 障害等級の目安が「2級又は3級」など複数になる場合は、総合評価の段階で両方の等級に該当する可能性を踏まえて、慎重に等級判定を行う。

A総合評価の際に考慮すべき要素

1. 考慮すべき要素は例示であるので、例示にない診断書の記載内容についても同様に考慮する必要があり、個別の事案に即して総合的に評価する。

2. 考慮すべき要素の具体的な内容例では、「2級の可能性を検討する」等と記載しているが、例示した内容だけが「2級」の該当条件でないことに留意する。

3. 考慮すべき要素の具体的な内容例に複数該当する場合であっても、一律に上位等級にするのではなく、個別の事案に即して総合的に評価する。

B総合評価

1. 診断書の記載内容に基づき個別の実案に即して総合的に評価した結果、目安となる等級になることもあり得るが、その場合は、合理的かつ明確な理由をもって判断する。

2. 障害認定に規定する「症状性を含む器質性精神障害」について総合評価を行う場合は、「精神障害」「知的障害」「発達障害」の区分にとらわれず、各分野の考慮すべき要素のうち、該当又は類似するものを考慮して、評価する。

C再認定時の留意事項

ガイドライン施工後の再認定にあたっては、提出された障害状態確認届(診断書)の記載内容内から、下位等級への変更や2級(又は3級)非該当等への変更を検討する場合は、前回認定時の障害状態確認届(診断書)や照会書類等から認定内容を確認するとともに、受給者や家族、診断書作成医への照会を行うなど、認定に必要な情報収集を適宜行い、慎重に診査を行うように留意する。

発達障害で障害年金を受給するための具体的な手続き

ここまで、障害年金が申請できる要件についてご説明してきましたが、ここからは障害年金を受給するための具体的な手続きについての説明をしていきます。

@受診状況等証明書の取得

A 診断書の取得

B 病歴就労状況等申立書の記載(この書類は請求者が記載する書類です。)

受診状況等証明書

「受診状況等証明書」とは、発達障害の症状で初めて病院を受診した日(初診日)を証明するための書類です。障害年金の受給資格や納付状況を確認するために、かならず初診日を証明しなければなりません。初診日に受診していた病院で作成を依頼してください。(診断書を書いてもらう病院が初診病院である場合は必要ありません。)

よくあるケ−スでは、

日常生活では、就労をしているので、発達障害では障害年金を受給できると知らなかった。

初診の病院は覚えているが、もうすでに20年以上経過している。
など、よくあるケ−スです。

病院でのカルテの保管期間は5年ですので破棄されている。また、病院が廃院になっていて受診状況等証明書がとれないことがあります。このような場合は、病院の診察券や生命保険等の給付申請時の診断書、診療報酬明細書、領収書、また第三者証明などの資料で初診日を証明できる場合があります。

診断書 (精神障害用の診断書)

医師に診断書を作成してもらいましょう。

(遡及請求ができる場合)

初診日から1年6ヶ月経過した日(障害認定日と言います。)に認定基準に該当する場合は、障害年金をさかのぼって請求できる可能性(遡及請求)があるので、診断書は、障害認定日から3か月以内の症状のものと現在の症状の2通の診断書を書いてもらいましょう。

病歴・就労状況等申立書
病歴・就労状況等申立書とは、発病したときから現在までの経過を3〜5年に区切って申告するための書類です。受診状況等証明書や診断書は病院や医師に記載してもらう書類ですが、この書類は請求者が作成する書類です。いままでの病歴や日常生活、就労状況について請求者が申告します。
特に、発達障害の場合は出生時から現在までの期間を病歴・就労状況等申立書に記載が必要なります。

@出生から小学校入学まで
A小学校低学年
B小学校高学年
C中学生
D高校生
E高校生以降の期間は3年〜5年毎

受診期間の状況 期間内の状況

受診していた期間について
どのくらいの期間、どのくらいの頻度で受診したか

入院した期間やどんな治療をして、改善したかどうか

医師から言われていたこと

日常生活状況。日常生活を送る上で困っていたこと。低血糖で意識がなくなる事があった。等

就労状況。週に何日、1日何時間就労しているか。仕事中や仕事後の体調の変化。病気のために生じている仕事の制限や職場での州の配慮をさていれば記入する

受診していなかった期間について

受診していなかった理由(自覚症状がなかった、経済的に行けなかった等)

自覚症状の程度(例:体重が減ってきた、疲れやすくなった等)
日常生活状況。 (階段を上ることがつらくなった等)

就労状況。 (病気によって、仕事に支障をきたしてきたこと等)

「障害年金の精度を知らなった」や「発達障害では障害年金の対象疾病と思わなかった」などの理由で、長期間経過し、初診日が証明できないことや障害年金が受給できていた期間もそのままになっている場合があります。早急に障害年金申請の手続きを開始しましょう。

発達障害は、うつ病や統合失調症といった二次障害を併発している場合が多く見受けられます。二次障害を併発している場合は、それぞれの障害について別々に審査されるのではなく、発達障害やその他の精神疾患それぞれの症状を総合的に判断したうえで等級が認定されます。精神疾患を併発している場合は医師により診断書に記載してもらう必要があります。また病歴・就労状況等申立書に併発している精神疾患についても必ず記載しましょう。

メールでのご相談はこちら
お電話でのご相談はこちら

※訪問面談等で外出の場合は携帯番号から折り返しご連絡させていただきます。TEL:090-1227-9058

発達障害(ADHD・自閉症等)の受給事例

岸和田・泉州障害年金相談事務所で実際に、障害年金を既に受給した方を一部ご紹介しております。
これまで、障害や病気(うつ病、統合失調、知的障害、がん、難病、脳疾患、糖尿病、手足・人工関節、呼吸器疾患など)でご本人も、ご家族も大変ご苦労をされてこられましたが、障害年金を受給してからは 大きく生活を変えておられます。
いろいろなご家族のお話の中で、もっと早く障害年金のことを知っておきたかった、こんなに悩まなくてすんだのにという声も多くお聞きしております。
もしかしたらと、お考えの方は、岸和田・泉州障害年金相談事務所へご相談ください。経験豊富な社労士が障害年金を受けることができるのかどうかからご相談いただけます。

ADHDが原因で20才の障害認定日に障害基礎年金2級の受給決定できた事例
(相談内容) 幼少の頃より、人見知りが激しく、子供たちの遊び場で一緒に遊べなかった。 小学校高学年になる頃から、学校の授業について行けないことや、周りの友達と馴染めず、不登校気味となる。新しい小学校へ通い出すが、友達とけんかし、不登校になりほぼ引きこもり状態となる。中学校へ入学後一時は学校へ通い始めたが、担任から「なぜ出来ないんだ!」の一言で学校が恐怖に...

受給事例
年齢:20代 / 性別:女性 / 受給等級:2級/年金額:約78万円 / 遡及額:

自閉症スペクトラムが原因で障害基礎年金2級の受給決定できた事例
(相談内容) 幼少の頃より、周りとのコミュニケ−ションが苦手で、孤立することが多かった。 上手くコミュニケ−ションを取ることができず、いじめや嫌がらせを受けることが多かった。 医師より休職を勧められ、一時休職するも、その後退職となる。家族との口論となることも多く、多量服薬により道ばたで倒れ通行人に救助され救急搬送される。それ以降も急に自宅にて倒れるように...

受給事例
年齢:20代 / 性別:女性 / 受給等級:2級/年金額:約78万円 / 遡及額:

ADHDで障害礎年金2級を受給できた事例
(相談内容) 身内での不幸があり、その直後から自殺の妄想がはじまった。負の感情が高まると、壁や床を拳で殴る癖がついた。浪費癖も強くなり使って良い金額が把握できず、カ−ドロ−ンの残高が貯まっていった。結婚後初めて一人で家事をしようとするが、何をどのくらいの時間でどの順番で行えば良いのか指示してくれる人が居ないので、時間の余裕をなくし泣き出すことがあった。病...

受給事例
年齢:20代 / 性別:女性 / 受給等級:2級/年金額:約78万円 / 遡及額:

自閉症・ADHDで障害基礎年金2級の受給決定できた事例
(相談内容) 幼少の頃より、級友とのコミュニケ−ションをとることが苦手で、周りに馴染めなかった。 集団行動が苦手で、ほとんど友達ができなかった。勉強などでわからないことがあれば暴れて、手を付けられなかった。高校入試に対して、担任が「頑張れ」と応援してくれることに対して、自分は「頑張っているのに」と思い一瞬でやる気を失う。 その後、障害者枠のアルバイト職員...

受給事例
年齢:20代 / 性別:男性 / 受給等級:2級/年金額:約78万円 / 遡及額:

社会不安障害で障害年金の申請をしたが不支給決定となり、その後自閉症が判明し再度申請した結果、障害基礎年金2級の受給決定できた事例
(相談内容) 幼少の頃より、級友とのコミュニケ−ションをとることが苦手で、周りに馴染めず、中学1年生は登校しましたが、中学2年生のときから不登校になり、そのまま卒業する。高校もなんとか卒業し、アルバイトに挑戦しましたが、人との関わりがしんどいと言って、1日で辞める。知り合いの勧めで精神科の受診を勧められ、1件目のクリニックを受診し診断の結果、社交不安障害...

受給事例
年齢:20代 / 性別:男性 / 受給等級:2級/年金額:約78万円 / 遡及額:

自閉症が判明し障害厚生年金2級の受給決定できた事例
(相談内容) 幼少の頃より、周りとのコミュニケ−ションが苦手で、孤立することが多かった。また、自分の思い通りにならないと物を投げつけ暴れることが多くありました。学校を卒業後、障害者施設へ就職すると、上司より発達障害があるのではないかと指摘されたが、発達障害ということがよくわからずそのままにする。その後、職場内での人間関係のトラブルが有り、うつ症状が出現し...

受給事例
年齢:20代 / 性別:男性 / 受給等級:3級/年金額:約100万円 / 遡及額:

うつ症状が出現していたが、後に発達障害が判明し障害厚生年金3級の受給決定できた事例
(相談内容) 事務職として働いていたが、仕事量が増加し体調をよく崩すようになった。次第にイライラや不眠症状が強くなり、かかりつけの内科を受診する。うつ症状があるので抗うつ剤と眠剤を処方される。不眠・過労・イライラが強くなり公共の場で暴れてしまうこともあって、警察に保護される。このような症状から心療内科受診を勧められて、初めて心療内科を受診する。診断の結果...

受給事例
年齢:40代 / 性別:男性 / 受給等級:3級/年金額:約58.5万円 / 遡及額:

当初うつ病と診断され、保険料納付要件を満たしていなかったために、申請をあきらめていたが、その後、軽度知的障害と発達障害が判明し障害基礎年金2級を受給決定できた事例
(相談内容) 学校を卒業後、一般企業に就職をしたが、他人とのコミュニケ−ションや人間関係が上手くいかず思い悩み退職する。再度就職するが仕事が遅いなどと、上司より叱責され、再度退職する。その後は対人恐怖症の症状が出現し、就職できなくなり将来に対しての漠然とした不安から精神状態が悪化し、心療内科を受診することとなる。うつ病と診断され10年以上うつ病の治療を行...

受給事例
年齢:30代 / 性別:女性 / 受給等級:2級/年金額:約78万円 / 遡及額:

岸和田・泉州障害年金相談事務所を運営しております、 上田社会保険労務士事務所の上田でございます。

就労支援施設、障害者施設、介護業界でも勤務経験があり、安心と後悔のない、納得のお手続きを第一に考えております。

全国社会保険労務士会連合会 登録番号 第27150029号

大阪府社会保険労務士会  会員番号 第20970号







●2019年10月29日
医療・健康・介護のコラム
第10部 発達障害(上)母親に「ゲームのアプリのために、クレジットカードをよこせ」と暴れた中3男子。父親が警察を呼んだ後に

 生まれつき脳の一部に何らかの機能障害があることで発症するが、なぜ機能障害が起こるのかについては、現時点では十分には明らかになっていない。

 発達障害には、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害などが含まれる。本人の得意な部分と不得意な部分を、本人、家族、学校などが理解し、生活の中で工夫していくことが大切だ。

学校では無気力、家庭では暴言と暴力を

 都内の中学3年生のA君に変化が起こったのは中学2年の3学期のことです。遅刻が増え、宿題も提出しないで、テストも白紙。先生に注意されても無視するようになりました。母親がスクールカウンセラーに相談したところ、「A君の気持ちに寄り添うことが大切。言い分を聞いてあげてください。満足すれば治まるはず」と言われました。

 しばらくは、その助言に従っていましたが、まったく効果はなく、むしろ問題行動がエスカレートしていきました。母親に対しては、「〜を買ってこい」「そこに座るな」「俺の言うことを聞け」などと暴言を吐き続け、自分の要求が通らないと、蹴ったり、物を投げたりの暴力行為にまで及ぶようになりました。その結果、母親は 肋骨ろっこつ を骨折してしまいました。

 とうとう、警察沙汰になってしまったのは、しばらく後のことでした。

 ある日、母親が仕事に出かけようとしたときのことです。

 玄関にまでA君が追いかけてきて、「スマホゲームのアプリを入れるから、クレジットカードを貸せ」と高圧的に迫りました。

 急いでいたこともあり、さすがに母親は強い口調で言いました。

 「いい加減にしなさい!」

 この言葉に、A君はキレました。

 「取り消せ! 謝れ!」と、ポットや炊飯器やパソコンを投げつけてきました。身の危険を感じた母親が、家の外に逃げ出さなければならないほどの荒れようでした。

 その後、父親が帰宅したときにも、A君の興奮はおさまっておらず、家のガラス窓は粉々、ドアは蹴破られた状態でした。床には包丁が散乱していたこともあり、危険を感じた父親は、ついに警察に連絡しました。

 警察官がやってきた時には、A君は落ち着きを取り戻していました。

 暴力行為とはいえ、親子間のトラブルです。警察官はA君を医療機関に連れていくことを両親に勧めました。

 そこで、ある医療機関にA君を連れていったところ、「発達障害」と診断されました。

 A君は通院と服薬を勧められましたが、それらを拒否しました。両親は自分たちがこれから先、何をしたらいいのか、まったくわからなくなってしまいました。

 父親と母親が2人で、私のクリニックにやってきたのは、A君が夏休みに入る直前のことでした。以前に受診した医療機関からの紹介状には、A君が受けた心理テストの結果が添えられていました。全体の知的能力は高いものの、得意な分野と不得意な分野の能力にばらつきがあることが記されていました。

 診察室に入ってくるなり、すぐに両親のぎくしゃくした関係が伝わってきました。私が椅子を勧めると、2人は決して真横には並ばずに、父親が少し後ろにずれて座りました。母親は不機嫌、というよりも怒っている様子で、父親はそんな妻に 辟易へきえき している様子が見て取れました。

 まず、私は両親の話を詳しく聞くことにしました。

 最初は、これまでのA君の経緯を話していたのですが、母親はいきなり夫への不満を爆発させました。

 「子どもが病気で高熱を出しているときも、自分の飲み会を優先して、遅くまで帰ってきてくれなかった」

 「私が病気で具合が悪い時も、一切子育てを手伝ってくれなかった」

 「そればかりか、土日も仕事のふりをして、会社の女性と出かけているのを携帯のメールを見て知ってしまった」

 そして一呼吸置くと、こう続けました。

 「浮気のことは気が付いていたけれど、Aへの悪影響を考え、ずっと黙って我慢してきた。それに、いくら夫に不満をぶつけても、話も聞いてくれないから時間のムダ。とっくに夫婦関係は破綻している」

 そこで、私が父親に発言を促すと、うんざりした様子で口を開きました。

 「昔のことは覚えていない」「夫婦とはいえ、勝手に携帯を見る行為が信じられない」「『脱いだ靴下を洗濯機に入れろ』とか『使ったコップは片付けろ』とか、いちいち細かいし、しつこい。こっちも仕事で疲れて帰ってきているのに。ガミガミした言い方にも腹が立つ」

 「面倒だから、極力コミュニケーションはとらないようにしてきた。帰宅しても無言で通している」

 家庭内での夫婦の様子が、はっきり見えてきました。

日記に「なんで自分はこんな家に生まれたのか」
 そんな環境で育ったA君ですが、ある時期までは、大きな問題もなく普通に登校をしていました。それが小学5年生ぐらいになると、仲の良かった友達ともあまり遊ばなくなり、一人でいることが多くなりました。そして「なんで自分はこんな家に生まれたのか。両親が仲の良い友達を見るとつらくなるから一人でいる方がまし」と複雑な心境を日記に書くようになりました。

 以前にA君がかかった医療機関では、A君の暴言・暴力は発達障害による、理解力の問題が大きく影響していると言われていました。しかし、両親の様子から、私は、単なる先天的な要因だけではなく、家庭での深刻な父と母の関係がA君の健康な精神発達に影響を及ぼしている可能性を考えました。

 母親は、「子どもの前では、長い間、けんか以外に夫婦の会話はしていない」と言います。とはいえ、父親は「Aのために、出来ることはすべてやりたいと考えている」ときっぱり言い切りました。

 A君がより良く変化していくためには、まずは両親がお互いに対する悪い感情を乗り越えて、夫婦としては難しくても、親として協力していくことがきわめて重要です。私は「息子さんのために、自分が変えられることをそれぞれ考えてほしい」と伝えて、この日の診察を終えました。
(関谷秀子 精神科医)





●アスペルガー症候群は発達障がいの一つで、社会性・コミュニケーション・想像力・共感性・イメージすることの障がい、こだわりの強さ、感覚の過敏などを特徴とする、自閉症スペクトラム障がいのうち、知能や言語の遅れがないものをいいます。


●2022/11/3
アスペADHDの特徴は?
主な症状は、コミュニケーションの障害(人の気持ちを「理解する」のが苦手、冗談や比喩が「理解できない」)、興味の限定、日課や習慣の「変化」や予定の「変更」に弱い、特定の物事に強い「こだわり」があるなどです。 このほか、聴覚・視覚・触覚など「感覚の過敏性」を伴うこともあります。

アスペの性格は?
場の空気を読むことや相手の気持ちの理解やそれに寄り添った言動が苦手な傾向があります。 そのため、場にそぐわなかったり、自己中心的と思われたり、相手を傷つけたりするような発言をして、周囲の人からひんしゅくをかうことがあります。 そのような理由から対人関係を上手に築くことが難しくなることがあります。

ADHD キレやすい なぜ?
ADHDの子は、周囲の音や匂い、また予定の変更など、自分を取り巻く環境に非常に過敏です。 自分の苦手なものがあった時に、ADHDの子は「イヤ」という感情を言葉で伝えることが難しいため、怒って暴れることしかできなくなってしまうのです。

ジャイアン型ADHDの特徴は?
ジャイアン ADHDの多動、衝動性優勢型

自分の思い通りにならないと、ほんの些細なことでもすぐに不機嫌になり、瞬間湯沸かし器のように怒りの感情を爆発させます。 このため周囲からは「短気でキレやすい、癇癪持ち」と思われています。 このような様子からADHDで多動、衝動優勢型の特徴を持っていると考えられます。2022/09/09


●アスペルガー症候群
(自閉スペクトラム症)

アスペルガー症候群は発達障がいの一つで、社会性・コミュニケーション・想像力・共感性・イメージすることの障がい、こだわりの強さ、感覚の過敏などを特徴とする、自閉症スペクトラム障がいのうち、知能や言語の遅れがないものをいいます。人間誰しも自閉症的な部分を多かれ少なかれ持っているのが普通で、程度の差だけが問題といえましょう。それゆえ「スペクトラム」障がいなのです。

社会性やコミュニケーションの障がいのため、周りからは「変わり者」と思われている方が多い一方で、学業成績はよく、大企業に勤めている方の中にも、実はアスペルガー症候群だったと診断される方もいるようです。

アスペルガー症候群の方は、周りからは「変わり者」と思われていても自分自身では無自覚のため、敬遠される理由がわからないままストレスを抱え、うつ状態、神経衰弱状態、強迫性障がいにつながってしまう場合もあります。

症状・特徴
周囲の人間との交流が難しい
他者とコミュニケーションにおいては、相手の立場に立って気持ちを理解したり、場の空気を読むことが大切です。ところがアスペルガー症候群の人は、これらのことが苦手であるために、周囲から敬遠されがちになってしまいます。

ある特定の物事に強い興味やこだわりを持つ
アスペルガー症候群では、興味が限定されやすい傾向もあります。一度興味を持ったものに対しては、時間を忘れてとことんのめり込む一方で、興味がないことに対してはなかなか実行できません。

日常生活がパターン化(ルーティン化)しやすい
また自分の行動や習慣に関しては自分が決めたルールにこだわりやすく、毎日の行動がパターン化しやすいだけでなく、いつもと違うパターン、例えば風呂と夕食の順序が逆になるといった事を非常に嫌がる傾向があります。また予期せぬことが起こった時にパニックになりやすい傾向もあります。

治療・周りの人の接し方
アスペルガー症候群の方においては、自分のことを理解してサポートしてくれる人の存在が大切です。本人は無自覚でも、他者から見た場合にまずいと思われる行動を、優しく正直に指摘したり、苦手な部分を助けてくれる人の存在は、アスペルガー症候群の方にとって大きな力になります。

また、アスペルガー症候群は正しい知識と支援を得ることで、症状行動の改善が期待できます。まずご相談ください。




●ASD とは何ですか?
自閉スペクトラム症(ASD)とは

言葉や、言葉以外の方法、例えば、表情、視線、身振りなどから相手の考えていることを読み取ったり、自分の考えを伝えたりすることが不得手である、特定のことに強い興味や関心を持っていたり、こだわり行動があるといったことによって特徴付けられます。


●2022/11/3
発達障害とはどんな症状ですか?
発達障害のサイン・症状

目を合わせない、指さしをしない、微笑みかえさない、あとおいがみられない、ほかの子どもに関心をしめさない、言葉の発達が遅い、こだわりが強いといった様子がみられます。 保育所や幼稚園に入り、一人遊びが多く集団活動が苦手なことや、かんしゃくを起こすことが多いことで気づかれることもあります。

発達障害の3つの特徴は?
「社会性の障害」「コミュニケーションの障害」「想像力の障害」の3つの特徴 が見られます。 知的発達の遅れを伴う場合と伴わない場合があります。


●大人の発達障害の特徴

大人の場合、診断されるまでの長期にわたって、周囲の環境にうまく適応できず、失敗を重ねて過ごしてきていることが多いため、自己評価が下がり、二次的にうつや不安障害などの精神疾患を発症するリスクも高いと考えられます。


●アスペルガー症候群は障害者手帳を取得できる?取得するメリット・デメリットについて解説!
2022.06.10

福祉制度

こんにちは!

就労移行支援事業所CONNECT梅田の山本です。

皆様の中で「アスペルガー症候群だけど障害者手帳を取得できるの?」と悩んでいる方はいらっしゃいますか?

また、「障害者手帳を取得するメリットやデメリットは?」という疑問を持っている方もいらっしゃるかと思います。

この記事ではアスペルガー症候群で障害者手帳を取得するべきか悩んでいる人に向けて解説します。

この記事は次のような人にオススメ
障害者手帳について知りたい人
障害者手帳を持つことのメリット・デメリットを知りたい人
アスペルガー症候群でも障害者手帳が取得できるか知りたい人
この記事に興味のある方のオススメ動画はコチラ▼



OPENContents
そもそも障害者手帳とは?
【完全無料でプレゼント中】障害者雇用 就活必勝メソッド【動画・テキストで徹底解説】▶


障害者手帳は3種類あり、

●身体障害者手帳(身体障害)
●療育手帳(知的障害)
●精神障害者保健福祉手帳(精神障害・発達障害)
が存在します。

いずれの手帳も障害者総合支援法の対象となり、様々な支援を受けることができます。

障害者手帳を所持することで障害があることを証明でき、各種の割引やサービスを受けることが可能です。

また、精神や発達障害の方は精神障害者保健福祉手帳の取得が可能であり、知的障害の方は療育手帳の取得が可能です。

障害者手帳を取得していても、必ず企業に開示する必要はありません。

そのため、周囲の方に障害者手帳を取得していることが知られることも無いので安心してください。

精神障害者保健福祉手帳
精神障害者保健福祉手帳は、一定程度の精神状態にあることを認定するものです。

何らかの精神障害により、長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある方が対象とされています。
精神障害者保健福祉手帳の等級は1級〜3級まで存在し、数字が若くなるほど症状が重いとされています。

また、精神障害者保健福祉手帳を取得する際は、初診日から6カ月以上が経過している必要があります。

日常生活で生じる支障の目安は以下のようになります。

●1級:常に誰かの援助がなければ日常生活を送ることが難しい
●2級.時々誰かの援助がなければ日常生活を上手く送ることができない
●3級.日常生活は送れるが、手順や状況が変わると対処が困難なケースが存在する

【厚生労働省】精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定基準▶

精神障害者保健福祉手帳の対象となる精神障害は以下のように定められています。

●統合失調症
●うつ病、躁うつ病などの気分障害
●てんかん
●薬物依存症
●高次脳機能障害
●発達障害(自閉症、注意欠陥多動性障害、学習障害等)
●その他の精神疾患(ストレス関連障害等)

身体障害者手帳
身体障害者手帳は、一定程度の身体障害があることを認定するものです。

日常生活や社会生活で生じる支障の程度や症状により、身体障害者手帳の等級が存在します。

身体障害者手帳は1〜7級までの等級に分かれており、6級以上の等級に対して身体障害者手帳が交付されます。

【厚生労働省】身体障害者手帳の等級に関する詳細▶

対象となる身体障害は、以下のように定められています。

●視覚障害
●聴覚や平衡機能の障害
●音声機能、言語機能、そしゃく機能の障害
●肢体不自由
●心臓やじん臓、呼吸器の機能の障害
●ぼうこうや直腸の機能の障害
●小腸の機能の障害
●ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害
取得の流れ
精神障害者保健福祉手帳と身体障害者手帳の申請は以下の流れで手続きを行います。

1.各自治体の障害福祉窓口などへ相談を行い、申請に必要な書類や手順を確認する
2.お住いの地域に存在する指定医から診断書を貰う
3.申請に必要な書類や本人確認書類、指定医からの診断書を揃えて申請窓口へ提出する

精神障害者保健福祉手帳と身体障害者手帳の交付は、上記申請後の1〜2ヶ月程度で発行されます。

また、障害の都合などにより、本人からの申請が難しい場合は、家族や医療機関の職員が代理で申請することも可能なケースが存在します。

しかし、障害者手帳の交付手順はお住いの自治体により異なるケースが存在するため、申請方法に関してはお住まいの自治体にある障害福祉課などで相談されるのが一番安心になります。

療育手帳
療育手帳は、知的障害があると認定するものです。

児童相談所や知的障害者更生相談所にて、知的障害があると判定された場合に交付されます。

療育手帳の等級は以下のように区分されております。

●A:重度
●B-1:中度
●B-2:軽度

地域によっては療育手帳の等級が重度とそれ以外に区分されているケースも存在します。

また、自治体によっては療育手帳の名称が異なり、愛の手帳や愛護手帳、みどりの手帳と呼ばれている地域もあります。

療育手帳に関してのオススメ動画はコチラ▼


取得の流れ
療育手帳の申請は以下のように手続きします。

1.各自治体の障害福祉窓口などへ相談を行い、申請に必要な書類や手順を確認する
2.児童相談所や知的障害者更生相談所から判定を受けている指定医から診断書を貰う
3.申請に必要な書類や本人確認書類、指定医からの診断書を揃えて申請窓口へ提出する

療育手帳の交付は、上記申請後の2ヶ月程度で発行されます。

また、療育手帳は申請者の年齢によって判定を行う機関が異なります。

申請者の年齢が18歳未満の方は児童相談所、18歳以上の方は知的障害者更生相談所にて行われます。

18歳以上の方が初めて療育手帳の申請を行う際は、幼少期から知的障害の傾向があったかなどを調べた後に判定を行います。

アスペルガー症候群で障害者手帳を取得するメリット・デメリット

障害者手帳を取得するメリットは様々なものが存在します。

例えば、障害者手帳の取得は社会的サービスを受けることができ、生活の水準が上がるため、社会で暮らしやすくなるというメリットがあります。

それに加え、障害者手帳の取得は任意とされているので、受けられるサービス内容を加味した上で取得することが可能です。

ここからは、障害者手帳を取得するメリットとデメリットについて解説していきます。

【関連記事】発達障害で障害者手帳は取得可能?取得方法や取得するメリット・デメリットを解説!▶

メリット
障害者雇用に応募することが可能
障害特性に対しての配慮事項を企業へ伝えることで、障害のある方がより安定した就労を目指すことができるメリットがあります。

障害者手帳による割引
障害者手帳を所持している場合、公共料金や公共機関の割引、助成金の制度、税金の軽減など、様々なサービスを受けることが可能です。

しかし、障害者手帳の等級や、現在の所得、お住まいの自治体などによりサービス内容は異なります。

主なサービス内容は以下のようになります。

●公共機関の割引(JR・バス・航空会社など)
●医療費に対する助成
●公共施設の割引(動物園・博物館など)
●NHK受信料免除
●公営住宅の優先入居
●携帯電話の基本料金割引

デメリット
障害者手帳取得におけるデメリットは、申請手続きに時間を要するくらいであとは殆どありません。

障害者手帳の取得申請や更新の手続きの際は、必要な書類や顔写真などを用意する必要があり、実際に手元に届くのは1〜2ヶ月を要することが多いです。

そのため、障害者手帳の取得は任意なので、申請をしていないにもかかわらず障害者手帳が勝手に自宅へ送られてくることはありません。

また、障害者手帳を持っているからと言って、周囲の方に障害があることは自分から言いださない限り伝わる事はありません。

障害者手帳は、申請や更新に時間を要しますが、様々なメリットが受けられるため、自身の現状も含めて取得の判断をしてください。

アスペルガー症候群でも手帳の取得は可能?

ここまでは障害者手帳について、またその申請方法について解説してきました!
それでは、ここからは本題のアスペルガー症候群の方への手帳取得について解説していきたいと思います!

アスペルガー症候群の方は手帳取得が可能
結論から申し上げると、アスペルガー症候群の方でも手帳の取得が可能になります!

アスペルガー症候群は、発達障害の中の自閉症スペクトラム(ASD)に分類される症状です。

発達障害の検査は、WAIS-IV(知能検査)などが有名ですが、ASDの場合はDSM-5と呼ばれる診断基準に基づいて診断されます。

従って、自閉症スペクトラムとして診断されることで手帳取得が可能になります!

但し、手帳取得の可否についてはお医者さんの判断になりますので、アスペルガー症候群の特徴が見られるからといって全員が取得できるわけではありません。

中には「隠れアスペルガー」と呼ばれるようなグレーゾーンの方もおられ、明確に診断が出ないケースがあります。その場合は手帳申請に必要な診断書が入手できないことになりますので、手帳を取得することができなくなります。

「隠れアスペルガー」については、以下の記事にて詳しく解説しておりますので、ぜひご覧ください!

【関連記事】軽度のアスペルガー症候群│隠れアスペルガーとは?仕事の影響、症状など▶

手帳取得までの流れ
ここからはアスペルガー症候群の方の具体的な手帳取得までの流れを解説していきます!

@医療機関での検査
まずは発達障害の検査・診断を行っている医療機関を探しましょう。

一部の都道府県や市区町村が地域の医療機関をまとめたリストを作成している場合があるので、そちらを活用していただくのも良いと思います。

大阪、兵庫の場合だと以下のように案内されています。

●大阪府の医療機関一覧

●兵庫県の医療機関一覧

検査については、先程お伝えしましたWAIS-W(正式名称:ウェクスラー式知能検査)をはじめ、以下のような検査があります。

●スクリーニング検査
●心理検査
●知能検査(ビネー式、WAIS-IV,WISC)
●発達検査(新版K式など)
●人格検査(MMPI、Y-G、CMIや作業検査法、ロールシャッハテストなど)

検査の詳細については、関連記事にて詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にして下さい!

【関連記事】発達障害の検査方法は?検査を受ける機関や検査の流れなどを詳しく解説!▶

ちなみアスペルガー症候群の診断基準とされているDSM-5の内容は以下になります。

DSM-5 における自閉スペクトラム症( ASD )の診断基準
@複数の状況で社会的コミュニケーションおよび対人的相互反応における持続的欠陥があること
A行動、興味、または活動の限定された反復的な様式が2つ以上あること(情動的、反復的な身体の運動や会話、固執やこだわり、極めて限定され執着する興味、感覚刺激に対する過敏さまたは鈍感さ など)
B発達早期から1,2の症状が存在していること
C発達に応じた対人関係や学業的・職業的な機能が障害されていること
Dこれらの障害が、知的能力障害(知的障害)や全般性発達遅延ではうまく説明されないこと
さらに、知的障害の有無、言語障害の有無を明らかにし、ADHD(注意欠如・多動症)との併存の有無を確認することが重要です。DSM-IVでは認められなかった自閉スペクトラム症とADHDの併存が、DSM-5では認められています。また、他の遺伝学的疾患(レット症候群、脆弱X症候群、ダウン症候群など)の症状の一部として自閉スペクトラム症が現れることがあります。

1と2の症状の程度は様々であり、いろいろな併存症も見られることから、小児神経科・児童精神科・小児科医師による医学的評価は非常に重要です。

ASD(自閉スペクトラム症、アスペルガー症候群)について【厚生労働省公式サイトより抜粋】
A申請〜取得まで
申請の流れは冒頭でも説明させていただきましたが、具体的に申請に向けて必要なものを含め改めて解説していきたいと思います!

@申請書
A医師の診断書(または精神障害による障害年金を受給している場合は、その証書等の写し)
B本人の写真(縦4p×横3p、申請の時から1年以内に撮影したもの)
Cマイナンバーが分かるもの(個人番号カードか、通知カード+運転免許証やパスポートなどの身元確認書類)
ここでの注意点として、診断書は、精神障害の初診日から6か月以上経過してから精神保健指定医が記載したものに限られますので注意してください。
準備が整ったら市町村の担当窓口に申請に行き、申請後、各都道府県・政令指定都市の精神保健福祉センターで審査にかけられます。審査が通れば約1〜2ヶ月程度で手帳が交付されます。

障害者手帳の取得の流れについては、関連記事にて詳しく解説しておりますので、参考にして下さい!

【関連記事】発達障害で障害者手帳は取得可能?取得方法や取得するメリット・デメリットを解説!




●大人の発達障害で利用できる相談窓口は?

「大人の発達障害かな?」と思ったときに、相談できる窓口をご紹介します。



ただし、発達障害があるかどうかを診断できるのは医療機関のみです。



下記の施設は、診断や治療をする場所ではなく、相談受付やサポートを行っている場所です。

発達障害者支援センター
発達障害者支援センターでは、障害がある本人や家族からの相談を受付しています。



医師から診断を受けている方だけでなく、未診断の方(発達障害の可能性がある方)も利用することが可能です。



具体的な支援内容は、利用する支援センターによって異なります。



例えば、日常生活での困りごとやコミュニケーションにおいて気になることを相談できたり、就労に向けてのアドバイスを受けたりすることができます。



また、センターによっては、必要に応じて、保健、医療、労働などの関係する機関と連携をとり、支援や指導を行うこともあります。



全国にある発達障害者支援センターの一覧は下記のページをご覧ください。

参考
発達障害者支援センタ一覧
障害者就業・生活支援センター
障害者就業・生活支援センターは、障害がある方の就業面と生活面のサポートを行っています。



具体的な支援内容をいくつかピックアップします。



就労支援機関と連携した仕事探し
入社前後のサポート
仕事に関する専門機関の紹介
求人内容が本人に合うかどうかの確認
日常生活・地域生活についての助言
休職中の方への復職支援 など


対象者は身体障害や発達障害などがあり、就業をしている人、または就業を希望している人になります。



施設を利用するにあたって、障害者手帳を取得していなくても利用できる場合があります



そのため、障害者手帳を持っていない場合は、自分の状況を伝えて、利用できるかどうか施設へ問い合わせてみましょう。



2021年3月時点では、全国に336箇所あります。



各センターの名前と住所、連絡先は下記のページをご覧ください。

参考
令和3年度障害者就業・生活支援センター一覧



●アスペルガーの有名人

イチロー
米津玄師
島崎遥香
スーザン・ボイル
スティーブ・ジョブズ
栗原類
イーロン・マスク


●発達障害だったのではとされる偉人
坂本竜馬⇒ADHD(注意欠陥・多動性障害)
遠慮がなく、人の話を聞かずに、よく居眠りしていたという同時代人の記録があることから、ADHDだった可能性があります。

織田信長⇒アスペルガー症候群
織田信長は坊主の教義に耳を傾けるような従順な人間ではなく、自分の衝動を抑えられない問題児だっと記録に残っていますが、戦国時代では、型破りな戦略が功を奏しました。

レオナルド・ダヴィンチ⇒アスペルガー症候群
一つの物事に異常に執着し、集中し、没頭するという性格が、絵だけではなく、医学・建築・天文学で生かされました。

トーマス・エジソン⇒ADHD(注意欠陥・多動性障害)
子供時代、授業の途中で疑問が浮かぶと、学校の先生をを質問攻めにして授業を中断よく中断させたいう逸話があります。衝動性が『発明王』と言われる原動力となったようです。

アルバート・アインシュタイン⇒アスペルガー症候群
5歳までほとんど話すことが出来ず、読み書きが苦手で、数学以外のことにはあまり関心を示さなかったと言われています。しかし、物理、数学で圧倒的な能力を発揮されました。

モーツァルト⇒ADHD(注意欠陥・多動性障害)、アスペルガー症候群
作曲家のモーツァルトは多動性や衝動性、特定のものへのこだわりといった特徴から、発達障害の可能性があったといわれます。

posted by グリーン at 07:21| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック