2015年05月06日

脳梗塞の有名人、脳出血の有名人、くも膜下出血の芸能人・有名人、脳の病気のタレント

ネット上の記事はすぐに消えてしまうので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。




脳梗塞の有名人、脳出血の有名人、くも膜下出血の芸能人、脳卒中の有名人、脳梗塞のタレント



●更新日:2021年1月20日






●爆笑問題・田中裕二 くも膜下出血、脳梗塞で入院 命に別状なし 1カ月休養
1/20(水) 21:03配信

スポニチアネックス
爆笑問題の田中裕二

 お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(56)が20日、頭痛のため東京都内の病院に救急搬送され、検査の結果、前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞と診断され、入院したと同日夜、所属事務所「タイタン」が公式サイトで発表した。幸い大事には至らず、手術の必要性もなく、1週間程度入院。ただ、動脈解離が前大脳のため、大事を取って1カ月程度休養する。

 同事務所は、太田光代社長名義の「ご報告」とした文書を発表。それによると、田中は同日午前2時ごろ、自宅で頭痛を訴え、病院に救急車で搬送された。病院での処置により、大事に至ることはなかったが、検査の結果「前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞」と診断された。

 田中の容態について「今のところ手術等の必要性もなく田中裕二本人も変わりありませんので、入院期間1週間程度の診療計画となりました」と報告。「しかし、動脈解離が前大脳であるために大事を取って1カ月程度休養させて頂くことと致します」とした。

 今後については「弊社と致しましても田中裕二の健康を第一に考え、当面の間、担当医と相談の上、活動再開に向けて最善を尽く所存です」とした。

 公式サイトによると、田中がレギュラーを務めるテレビ番組はTBS「サンデー・ジャポン」「爆報! THE フライデー」など、声の出演を含めて10本。ラジオ番組はTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」「爆笑問題の日曜サンデー」の2本。2ヶ月に1度開催される事務所のお笑いライブ「タイタンライブ」には毎回出演している。

 田中は昨年8月26日、新型コロナウイルス感染が判明して入院し、翌9月7日に退院。同月16日に仕事復帰した。私生活では15年10月にタレント・山口もえ(43)と再婚した。3人の子どもを育て、17年には「イクメンオブザイヤー」を芸人部門で受賞した。

 ◆田中 裕二(たなか・ゆうじ)1965(昭和40)年1月10日生まれ、東京都出身の56歳。日大芸術学部で同級生だった太田光(55)と88年に、お笑いコンビ「爆笑問題」を結成。ツッコミを担当。93年にNHK新人演芸大賞を受賞した。2000年、左睾丸(こうがん)肥大で緊急入院し、摘出手術を受けた。15年10月に山口と再婚。趣味は競馬。1メートル54、血液型B。






●元「うたのおにいさん」今井ゆうぞうさんが脳内出血で急逝 生前最後のブログには“目の異常な充血” (1/2)
ご冥福をお祈りいたします。
[斉藤賢弘,ねとらぼ]

関連記事
 元「うたのおにいさん」で俳優として活躍していた今井ゆうぞうさんが2020年12月21日に脳内出血のため43歳で逝去していたことをシンガー・ソングライターのKEiさんが27日、遺族に代わってTwitterで報告。直接の関係があるかは不明なものの、最後に書かれた12月15日付のブログでは、赤く染まった眼球を紹介し、異常を報告していました。

今井ゆうぞう 脳内出血
生前の今井さん(画像は今井ゆうぞうオフィシャルブログから)

 今井さんは、石田スイさんの人気漫画『東京喰種トーキョーグール』に登場する赫眼(眼球を赤く変化させた状態の呼称)の画像とともに、同じように濃く赤に染まった自身の眼球写真を投稿。この現象は先週からだとつづる一方で、「病院にかかるのは、いつも怖くなるけど早めに行かなきゃね!!」「目の注射とか嫌だし」と、異常を深刻なものととらえていない様子で報告していました。

今井ゆうぞう 脳内出血
真っ赤に染まった今井さんの目(画像は今井ゆうぞうオフィシャルブログから)

 異変は目だけでなく、肌荒れとしても出ていたようで、「免疫力が落ちているのが自分でも分かる、、、」とコメント。ブログの最後では「この2ヶ月は更新減らします」と当面の更新を抑制する考えを示してエントリーを締めくくっていました。

今井ゆうぞう 脳内出血
目の異常を知らせる別ショット(画像は今井ゆうぞうオフィシャルブログから)

 今井さんは2003年4月から5年間にわたって、教育番組「おかあさんといっしょ」(NHK Eテレ)の第10代目「うたのおにいさん」として活躍。番組卒業後は、2008年7月に「太陽と海の教室」(フジテレビ系)で連続ドラマ初出演を果たした他、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が広がった6月には、11月から12月にかけて久しぶりのオファーが舞い込んでいたことを明かしていました。

 ニュースを知ったファンの中には、「子供がリアルタイムで観ていた時代の歌のお兄さんが…」「うちの娘が『おかあさんといっしょ』で毎日見てたんだよ…」と、テレビでよく顔を見知っていた「おにいさん」の急逝にショックを隠せない人の他、「カラオケ行けば本人映像を流し歌って踊ってをするほど大好きでした」「ゆうぞうお兄さんとしょうこお姉さんのお寿司のピクニックとかぼよよん行進曲とか好きやったなあ」と、在りし日の思い出を振り返る人もみられました。






●清原翔 脳出血で緊急手術 当面の間治療に専念「命に別状はないものの予断を許さない状態」
2020/6/18(木) 19:12配信

スポニチアネックス
清原翔

 俳優でモデルの清原翔(27)が12日に緊急搬送された都内病院で、「脳出血」のため緊急手術を受けたことがわかった。18日、所属事務所が発表したもので、「現在のところ命に別状はないものの、予断を許さない状態が続いており、当面の間治療に専念させていただくこととなりました」としている。

【写真】昨年8月、広瀬すずらとともに「なつぞら」のイベントに参加した清原翔

 所属事務所の発表によると、清原は「6月12日(金)夕方ごろ外出先にて体調不良を訴え、緊急搬送された都内病院にて医師の診断を受けたところ、脳出血の症状が見られたため、同日緊急手術を行いました」。復帰の時期については「改めてご報告させて頂きます。一日でも早く皆様の前に元気な姿を見せられるように目指してまいりますので、今後とも変わらぬお引き立てのほど、何卒宜しくお願い申し上げます」としている。

 清原は13年、男性ファッション誌「MEN'S NON-NO」の専属モデルとしてデビュー。16年、日本テレビ「HiGH&LOW〜THE STORY OF S.W.O.R.D.〜 Season2」で俳優デビューを飾り、NHK連続テレビ小説「なつぞら」(19年前期)で女優の広瀬すず(21)演じる主人公・なつの“お兄ちゃん”照男を好演し、大ブレークした。

 今年は映画「サヨナラまでの30分」のほか、フジテレビ「アライブ がん専門医のカルテ」、TBS「恋はつづくよどこまでも」、FOD「東京ラブストーリー」の3本の連続ドラマに出演。当初の予定から3カ月延期され、7月16日に放送開始となるフジテレビの新ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」にも主要キャストの1人として名を連ねている。

 ◆清原 翔(きよはら・しょう) 1993年(平5)2月2日生まれ、神奈川県出身の27歳。2013年、大学在学中に「MEN'S NON-NO」の専属モデルとしてデビュー。16年に俳優業に進出し、19年にはNHK連続テレビ小説「なつぞら」でヒロインの兄・柴田照男役を演じてブレイク。20年1月期には「アライブ がん専門医のカルテ」に研修医役としてレギュラー出演、TBS「恋はつづくよどこまでも」にはイケメン御曹司役として出演し話題となった。血液型0。

【関連記事】
清原翔が緊急手術を受けた「脳出血」とは…原因は高血圧が最も多く20代での発症はまれ
山田裕貴「なつぞら」共演の清原翔を激励「また一緒に酒飲むぞ」
【写真】今月3日、ユニクロ原宿店のオープンイベントに登場した清原翔
“天才子役”“あまちゃん”が芸能界引退を発表…学業専念
清原翔 脳出血で緊急手術…SNSにファンの声殺到「とても心配」「早く元気になって」
最終更新:6/18(木) 20:39
スポニチアネックス






●伊集院静氏が退院 くも膜下出血の手術成功、後遺症なし「リハビリに励んでおります」
2020/3/12(木) 16:03配信スポニチアネックス

伊集院静氏が退院 くも膜下出血の手術成功、後遺症なし「リハビリに励んでおります」
伊集院静氏
 1月にくも膜下出血で倒れ、病院に救急搬送された人気作家の伊集院静氏(70)が、2月に退院していたことが分かった。所属事務所が12日に発表。手術は無事成功し、後遺症もないという。

【写真】伊集院静氏の妻、元女優の篠ひろ子さん

 伊集院氏が事務所を通じて発表したコメントは以下の通り。

 先日、突然の入院以来、皆さまに多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたが、その後、手術も無事成功し、施術をしていただいた病院の担当の先生、スタッフ、看護師の皆さんのご尽力で、先月、病院を退院いたしました。後遺症は全くなく現在はリハビリ病院でリハビリに励んでおります。毎日3キロ近くの散歩を始めています。今月中旬にはリハビリ病院も退院できることになりましたことをご報告いたします。

 仕事始めはゆっくりと考えてはおりますが、毎年、4月に新しく社会人となった若者へ贈るメッセージだけ執筆いたしました。“令和初の新社会人諸君。今君たちがそこに立っていることを偶然と思うな。偶然は神様の采配である。社会の水も風も、甘くないし厳しいぞ”と相変わらずの伊集院です。

 小説、エッセイ等の連載は随時、再開の予定ですが、入院前よりは少しペースをゆっくりしようと思っています。

 最後に、入院中、多くの方々からお見舞い、メッセージをいただきありがたく思い、勇気づけられました。お礼と感謝の意を文面にて失礼とは思いますが、重ねてお礼申し上げます。入院中、静かに見守ってくださったこと、感謝しております。

 令和2年3月12日

 伊集院静

【関連記事】
伊集院静氏、妻・篠ひろ子は不安な心情つづっていた「願いが叶うのであれば…」
伊集院静氏 夏目雅子さんとの思い出初めて語る
伊集院静氏、くも膜下出血で救急搬送 食事中に倒れ「予断を許さない状況」
博多大吉 “奇病”を患った過去を告白「24歳の頃、日本で4例目だった」
布施博 足に力がまったく入らない…脊柱管狭窄症で下半身が危機的状況に
最終更新:3/12(木) 18:45
スポニチアネックス






●元ドロンズ大島直也 脳梗塞で入院 倒れた日の予兆明かす「住所書けない」「やたら眠い」
2020/2/3(月) 12:32配信デイリースポーツ
元ドロンズ大島直也 脳梗塞で入院 倒れた日の予兆明かす「住所書けない」「やたら眠い」
大島直也=2018年撮影
 元ドロンズの大島直也が1月31日に脳梗塞で緊急搬送されていたことが3日、分かった。所属事務所はデイリースポーツの取材に対し、症状は軽度で、1週間程度で退院できる見込みと語った。

【写真】東大卒“ケイコ先生” 今は…

 大島は2日にブログを更新し、脳梗塞を発症したことを報告。倒れるまでにあった“予兆”を明かした。

 倒れる日の朝、まずは電車の中で居眠り後に目が覚め「鼻水を思い切りたらしていた」という。その後電車を乗り換えようとするも「身体に力がまったく入らない」「平衡感覚が歪んでいてやたらと壁に当たる」とフラフラの状態に。

 その後、電車で携帯を落としたことに気付き、駅員に忘れ物窓口を聞くも「その場所がなかなか見つからない」。ようやく見つけて事情を説明しようとするも「うまく説明できない」という。

 この時点で異変に気付いたというが、携帯を無くした方が気がかりのため必死に説明。その後も「やたらと眠い」「携帯ロックの暗証番号が分からない」「携帯番号が中々思い出せない」「住所記載が全然書けない」「待ち合わせ場所にたどりつけない」などの異変が続々。

 結局、「15時半から探して、20時の約束なのに、20時を過ぎても着かない」と、4時間以上経過しても約束の場所に着くことが出来ず、なんとか帰宅するも、自宅で救急搬送されたという。

【関連記事】
人気女優 卵巣嚢胞破裂で入院…全身管につながれた写真公開
菊地亜美「生き残りたい」舌を再切除へ…悲壮決意
47歳で突然死のものまねタレント 同期・爆問も知らなかった最期
朝ドラヒロイン 悪性リンパ腫で体重33キロ「みすぼらしい人間の最後の姿」
「私はうつ病です」朝ドラ女優が激白
最終更新:2/3(月) 17:27
デイリースポーツ







●伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」
毎日新聞2020年1月23日 19時01分(最終更新 1月23日 21時14分)

社会一般
速報

作家の伊集院静さん=東京都千代田区神田駿河台で2011年4月6日、須賀川理撮影
[PR]

 作家の伊集院静さん(69)の個人事務所は23日、伊集院さんが21日にくも膜下出血で倒れ、緊急搬送されたと発表した。

【直木賞受賞時の伊集院静さんと妻の篠ひろ子さん】
<速報>平手友梨奈さん、欅坂46脱退を発表
<「くも膜下出血かも」救急車を呼ぶべき怖い頭痛とは>
<「メタルの帝王」オジー・オズボーンさんがパーキンソン病告白>
<伊集院静さんってどんな人?>近藤真彦さん「愚か者」の作詞も
<治療薬なし…>新型コロナウイルス、もし感染したらどうすれば?
 事務所などによると22日に手術は成功。妻で女優の篠ひろ子(本名・西山博子)さんは事務所を通してコメントを発表し「経過は良好ですが、この先どのような状態になるのかまだ予断は許さない状況です」と説明した。

 伊集院さんは山口県生まれ。1992年に「受け月」で直木賞受賞。代表作に「機関車先生」など。作詞家でもあり、近藤真彦さんのヒット曲「ギンギラギンにさりげなく」などで知られる。【大原一城】

文字サイズ
印刷
Timeline
1
関連記事
重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明
顔真卿を語る 伊集院静さん 個性と強さ、発現




●脳出血のベトナム人実習生 意識不明で近く在留期限切れ 支援団体「差別なく対応を」
2020/1/16(木) 8:00配信毎日新聞
脳出血のベトナム人実習生 意識不明で近く在留期限切れ 支援団体「差別なく対応を」
ベッドに横たわったままのトゥさんに名前を何度も呼びかける兄のトゥアンさん=札幌市中央区で2019年12月15日、山下智恵撮影
 札幌市で実習中のベトナム人技能実習生が2019年9月、脳出血で倒れて意識不明の状態となり、入院を余儀なくされている。20年3月の在留資格の期限が切れると不法残留となって原則は母国に送還されるが、札幌出入国在留管理局によると、回復見込みのない意識不明の実習生は「想定外」で、対応に苦慮している。家族は日本での治療継続を希望し、支援団体も「日本人と命の差別はない」として国や自治体に対応を求めている。

 札幌市内の病院の一室で19年12月14日、ベトナム人技能実習生のズオン・ゴツク・トゥさん(19)の名前を、兄のトゥアンさん(29)が呼び続けていた。トゥさんは人工呼吸器をつけ、鼻からチューブで栄養を取る。意識はないが、呼びかけに目を開いたように見えた。「少し、反応が良くなった」。わずかな変化にも希望を見いだそうとしている。

 トゥさんは19年3月、1年間の技能実習の在留資格で来日した。札幌市西区の建設会社で働いていた9月17日、現場で頭痛を訴えて救急車で運ばれた。脳出血で手術を受けたが、「意識の回復は難しい」と診断された。

 実習生の在留資格は本人の意思で最大5年まで延長でき、期限内は日本人と同様、国民保険や生活保護が適用される。一方、在留資格が切れると不法残留となって入管施設に収容され、母国に送還される。トゥさんの場合、人工呼吸器をつけているため収容・送還は難しいが、現在の医療費や生活費を賄っている実習生保険は3月で切れる。このため、札幌入管は「個別の事情を鑑みて最良の方法を検討したい」と言う。

 外国人の生活支援などをしている「移住者と連帯する全国ネットワーク」によると、不法残留で収容された外国人が重い病気にかかった場合、国民健康保険を適用して治療を受けさせる在留許可「療養する活動」で対応するケースが多い。ただ、生活保護を申請できない可能性が高く、医療費の自己負担分や生活費のめどが立たないといった問題を抱える。

 支援団体、札幌市、入管、会社などは19年の暮れから、在留資格の変更や、生活保護や後見人の申請の可否など支援のあり方を話し合っているが、本格的な議論はこれからだ。

 トゥさんは「家族の暮らしを少しでも楽に。いずれ自立したい」と日本行きを決めたという。来日後は毎日のように両親に電話をかけ、「体を大切にするように」と繰り返していた。トゥアンさんは「少しでも元気になって、両親に会わせたい」と願う。

 トゥさんが教会に通っていた関係で支援するカトリック札幌司教区・難民移住移動者委員会の西千津さん(55)は「受け入れているのは労働力ではなく人権を持った人。いろいろなケースが起こると認識し、日本人と命の差別のない受け入れ態勢を整えていく必要がある」と訴える。【山下智恵】

【関連記事】
<もう二度と来ない、許して>ベトナム人留学生の過酷な現実 裁判で明らかに
<知らされずに除染従事>ベトナム人技能実習生、失意の帰国
<「特定技能?聞いたことなかった」>知らぬ技能実習生
<JA子会社>ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間
<外国人実習生>3年で69人死亡 6人は自殺 法務省資料で判明
最終更新:1/16(木) 15:31
毎日新聞






●療養中SHEIRA、5月にくも膜下のことなど話す
2020/1/15(水) 12:43配信日刊スポーツ
療養中SHEIRA、5月にくも膜下のことなど話す
SHEILA(16年1月撮影)
5月末にくも膜下出血で緊急手術を受け、療養に専念しているタレントSHEILA(46)が、近況などをファンに報告する場を設ける意向を示した。

【写真】タレントのSHEILA

SHEILAは15日、インスタグラムを更新。自身の娘と息子が仲良く並んでアイスクリームを食べる動画をアップし、「寒い中アイスクリーム 私も真似したかったけど寒くて無理だった。なかよし 息子がでかすぎて、どっちが上か分からない。因みに息子は4月から1年生。娘は3年生。どうなることやら」とつづった。

続けて「5月にくも膜下の話し、リハビリ、活力、その他、時間の許す限り話したいと思います」と予定を明かし、「是非いらして下さいね。また近くなったらここにアップします」と呼びかけた。

SHEILAは5月31日に体調を崩して都内の病院に救急搬送され、病院で診断を受けたところ、くも膜下出血であることが分かり、緊急手術を行っていた。以来、芸能活動は休止状態にあるが、昨年12月に約7カ月ぶりにインスタグラムを再開し、リハビリの様子などをつづっている。

【関連記事】
岡村隆史、また入院していた「痛すぎて寝られない」
益若つばさ、交通事故で「歯がぐちゃぐちゃに」
中居正広、今月中旬入院していた
「浜田さん、顔見に来てくれて。泣いて」梅宮アンナ
ハリー・ポッター俳優が事故 首骨折、肺つぶれる
最終更新:1/15(水) 17:14
日刊スポーツ







●2019年12月23日 13時16分 公開
「片目が見えない、歩けない、ひとりでトイレに行けない」 くも膜下出血で療養中のSHEILA、7カ月ぶりにインスタ更新 (1/2)
所属事務所が療養することを伝えていました。
[川上酒乃,ねとらぼ]

 くも膜下出血で療養しているタレントのSHEILAさんが12月23日、約7カ月ぶりにInstagramを更新。投稿に気付いたファンから「とっても心配してました」「生きててくれてありがとうってみんな思ってます」と心に寄り添うメッセージが続々と届いています。

sheila シェイラ くも膜下出血 病気 モデル
SHEILAさん(画像はSHEILA Instagramから)

 5月31日に緊急搬送先の病院でくも膜下出血と診断されていたSHEILAさん。その後所属事務所「ホリプロ」が6月14日に、SHEILAさんが緊急手術を受けていたことや回復に向けてリハビリを開始していることなどを伝えていました。

sheila シェイラ くも膜下出血 病気 モデル
くも膜下出血で緊急搬送される1日前の投稿(画像はSHEILA Instagramから)

 今回の更新では、木登りしている息子の写真を投稿するとともに、「辛すぎて何もできなかった」「片目が見えない、歩けない、ひとりでトイレに行けない」と壮絶な病状を告白。「みんなごめんね」とファンに謝罪の言葉を伝えています。

sheila シェイラ くも膜下出血 病気 モデル
SHEILAさんの7カ月ぶりの投稿(画像はSHEILA Instagramから)

 SHEILAさんを待ち続けたファンからは、「ニュース見たときから本当に心配していました。アップしてくれてありがとう」と感謝する声や「謝る必要なんてないよ 更新大変なのに嬉しいです」と喜ぶ声とともに、「ゆっくり焦らず療養なさってくださいね」と体調を気遣う声が寄せられています。







●22年間の結婚生活にピリオドを打った超有名司会者 脳卒中の後は昏睡状態だった
2019/11/28(木) 9:45配信デイリースポーツ
22年間の結婚生活にピリオドを打った超有名司会者 脳卒中の後は昏睡状態だった
 今年初めに脳卒中を起こしたラリー・キング
 ラリー・キング(86)は今年初めに脳卒中を起こした後、3週間近くも昏睡状態にあったそうだ。4月に心臓手術を受けたラリーだが、その数週間前には脳卒中を発症しており、現在も後遺症が残っているため移動は車椅子で行っているという。

 ラリーは「エクストラ」にこう話している。「脳卒中になってね。左足以外は良くなった。毎日リハビリを続けていてね、クリスマスまでには歩けるようになるって言われている。悪くない。今は歩行器を使って歩いているよ」「大変な1年だった。3月以降、何も覚えていないんだ。3月に脳卒中になったからね」「車も運転していないよ。でも、仕事に復帰できて気分が素晴らしいよ」「昏睡状態にあったんだ。2、3週間ね」

 またこれらの体調不良にも関わらず、気持ちは元気だそうで「僕の主任医師は、僕が無比の精神の持ち主だって言ってたよ」と続ける。

 元CNNのニュースキャスターであるラリーは1987年に心臓発作を患い、1999年には前立腺がんの診断を受けたほか、2年前には健康診断のレントゲン検査で肺がんが早期発見されていた。「ラッキーだし、レントゲン検査を毎年受けるのは賢明だと言われたよ。肺がんは病状が進んでからしか自覚症状が出ないからね。その時には手遅れだ」

 今年は体調面で色々と経験したラリーだが、これに加え、今年8月には妻ショーン・サウスウィック・キングとの22年間の結婚生活にピリオドを打ち、離婚申請もしている。(BANG Media International/デイリースポーツ)

【関連記事】
人気女優が多発性硬化症を告白「私の記憶は曖昧になっている」
人気女性芸人 何も食べられず激やせ…帯状疱疹1カ月「痛み引かず」
【動画】ディカプリオの22歳年下恋人 年齢差を問題視する声を一蹴
暴露されたボトックス注入やりすぎ「ヤベえ」芸能人 表情変わらない
人気女優 卵巣嚢胞破裂で入院…全身管につながれた写真公開
最終更新:11/28(木) 9:45
デイリースポーツ







●加山雄三さん退院 脳梗塞の後遺症なく、芸能活動を再開
2019/11/20(水) 15:24配信朝日新聞デジタル
加山雄三さん退院 脳梗塞の後遺症なく、芸能活動を再開
加山雄三さん=東京都港区
 軽い脳梗塞(こうそく)のため入院していた、俳優で歌手の加山雄三さん(82)が19日に退院した。公式サイトで20日、「芸能活動を再開して参りたいと思います」と発表した。

【写真】加山雄三さん=東京都港区

 加山さんは検査の結果、脳梗塞による後遺症や障害は一切ないと診断されたが、当分の間は再発の恐れもあり、医師と相談しながら活動していくという。

 「すでにキャンセルや延期してしまった仕事もございます。関係者の皆様やファンの皆様には大変なご迷惑とご心配をおかけしましたことを心よりお詫(わ)び申し上げます」としている。

 加山さんは、来年4月までのコンサートツアーのうち、さいたま市で今月16日に、札幌市で28日に予定していたコンサートを延期した。それぞれ来年1月15日と3月24日に振り替え公演を行う。(坂本真子)

朝日新聞社

【関連記事】
加山雄三、初の演歌アルバム 「波が来ている気がする」
加山雄三さんが軽い脳梗塞 今月予定のコンサート延期
嵐、一気にSNSへ デジタル鎖国解き、狙うは海外進出
香取慎吾さん「僕は服バカ」 見られる姿、完璧でいたい
小田和正、50代の俺「幼く見える」 水野良樹は驚いた
最終更新:11/20(水) 16:02
朝日新聞デジタル




●漫画家の松本零士さん、容体は改善 イタリアで一時重体
201911/17(日) 7:07配信朝日新聞デジタル
漫画家の松本零士さん、容体は改善 イタリアで一時重体
松本零士さん
 イタリア・トリノを訪問中に体調を崩して救急搬送され、一時重体となっていた漫画家の松本零士さん(81)の容体が、16日夕(日本時間17日未明)までに改善したと、ANSA通信が報じた。

【写真】等身大のメーテル人形と握手する松本零士さん

 搬送先の病院によると、松本さんは15日に救急患者のための治療室に運ばれ、呼吸管理のために気管内に挿管していた。同通信によると、16日午後4時(同17日午前0時)ごろに管は外され、容体は回復傾向にあるという。ただ、数日間は様子を見る必要があるとしている。

 松本さんは、イタリア国内での自身の作品のアニメ放映40周年を記念するイベントに出席するため、14日にイタリアを訪れた。15日に「銀河鉄道999」の上映会が開かれた映画館で体調を崩し、病院に救急搬送されていた。(ローマ=河原田慎一)

朝日新聞社

【関連記事】
松本零士さん、父との話語る 各務原の航空博物館
ゴールデンカムイ描く「かわいそう」じゃないアイヌ民族
「エログロ」漫画広告、野放しの謎 露骨で不快…対策は
大英博物館の漫画展「やり過ぎ」? 現地メディア酷評も
3カ月が30年 「自分でも下手な」忍たま漫画家の今後
最終更新:11/17(日) 8:25
朝日新聞デジタル





●2019/09/24
美輪明宏、10月以降も公演中止 脳梗塞で入院「経過は順調」
 軽度の脳梗塞による入院を発表していた歌手・俳優の美輪明宏(84)が10月以降に予定していた『美輪明宏の世界〜愛の話とシャンソンと』の愛知(10月4日)・群馬(同11日)・福岡(同27日)・大阪(11月2〜4日)公演を中止することが公式サイトで24日、発表された。
 現在の容態については、「美輪明宏は9月11日(水)軽い脳梗塞と診断され入院し、その後の経過は順調で、回復へと向かっておりますが、もうしばらくの療養が必要という判断となり、公演中止を決定いたしました」と説明している。




●林家こん平、4月に小脳梗塞で緊急入院していた…投薬治療で回復 脳腫瘍の円楽にはエール
2019/8/22(木) 13:49配信

卓球のラリーを披露する林家こん平=都内
 落語家の林家こん平(76)が、今年4月に小脳梗塞のため緊急入院していたことが22日、分かった。同日都内で行われた「都電落語会5周年記念感謝祭」で、マネジャーを務める次女の笠井咲さんが明らかにした。

【写真】小池百合子都知事と「1、2、3、パラ〜ン!」

 咲さんによると、こん平は4月17日、都内の病院でMRI検査を受けた際、「この1週間以内に発症した」という小脳梗塞が発見された。そのまま緊急入院し、手術は行わず投薬治療で回復。5月3日に退院した。

 退院直後の5月6日には、日本テレビ系「笑点」で共演していた三遊亭円楽(69)と偶然出会った。円楽は昨年10月に肺がんが発覚し、手術で回復。ともに大きな病を乗り越えた存在として、「どちらが痩せたか比べて、自分の方が元気そうだと笑っていました」(咲さん)という。円楽はそれから2カ月後の7月に脳腫瘍が発見されただけに、こん平は「一緒に闘病を頑張りましょう」とエールを送った。

 こん平は04年8月、日本テレビ系「24時間テレビ」内で、レギュラーを務めていた演芸番組「笑点」の特番に生出演後に倒れ、救急搬送。多発性硬化症と診断され、現在も闘病を続けている。また13年には糖尿病による壊死で左足の指を3本切断。壊死の影響で心肺停止に陥ったこともあった。

 それでもこの日は、得意の卓球でラリーを行うなど、元気な姿を見せた。6月には2020年東京パラリンピックの応援大使に就任しており、この日のイベントには小池百合子都知事(67)も出席。持ちネタの「1、2、3、チャラ〜ン!」にちなんだ新ネタ「1、2、3、パラ〜ン!」を2人で披露。あと1年に迫った大会に向け「一生懸命やらせていただきます」と意気込みを口にした。








●【くも膜下出血を発症した芸能人】星野源は2度発症も復帰、KEIKOはリハビリ中
2019/7/1(月) 16:02配信 デイリースポーツ
【 ジャニーズ事務所は1日、同社のジャニー喜多川社長(87)が6月18日に体調
の異変を訴えて都内の病院に救急搬送され、「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血
」で入院していることを明らかにした。年齢、性別に関係なく、芸能界でもくも膜下出
血を発症した人の例は多く、星野源は12年(当時31歳)と13年に2度発症し、手
術を受けて復帰している。39歳の時に発症したglobeのKEIKOは現在もリハ
ビリ中。【近年、くも膜下出血を発症した主な芸能人】

 ▽2004年11月 星グランマニエ(氣志團)

 ▽2011年10月 KEIKO(globe)

 ▽2012年12月 星野源(歌手、俳優)※13年6月にも発症

 ▽2013年9月 佳那晃子(女優)

 ▽2015年3月 上野博文(T−BOLAN)

 ▽2014年12月 米良美一(歌手)

 ▽16年3月 いっこく堂(腹話術師)

 ▽2018年8月 小野寺昭(俳優)

 ▽2019年6月 SHEILA(タレント)

【関連記事】
松潤悲痛…「時間があるときジャニーさんの病室に通っている」
「YOUだけレベルが足りない」ジャニー氏が叱責した売れっ子とは?
工藤静香 次女・Koki,に激怒
山口達也、バイト直訴「働かせてくれ、でないと生きていけない」
小西博之 生存率2%末期の腎臓がん 45歳の時に発覚、驚異の体力で回復











●「デゴイチ」黒姫山の田中秀男氏死去…昨年3月に脳梗塞で倒れ
2019/4/26(金) 16:58配信 スポニチアネックス
死去した元黒姫山こと田中秀男氏
 元関脇・黒姫山の田中秀男氏が25日午後10時30分、肺炎のため亡くなったことがわかった。新潟県糸魚川市出身、70歳だった。





●2019/03/05(火) 06:33
アメリカの青春ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」のディラン役で知られる俳優、ルーク・ペリーさんが脳卒中のため亡くなりました。52歳でした。

ルーク・ペリーさんは、1966年にアメリカ中西部のオハイオ州で生まれ、1980年代後半から俳優としての活動を始めました。

1990年代には、NHKでも放送された「ビバリーヒルズ高校白書」とその続編の「ビバリーヒルズ青春白書」で、主人公の親友、ディラン・マッケイ役を演じ、父親から相続した遺産を失い、酒やドラッグにおぼれる影のある役柄で、青春期の危うさを表現し、人気俳優となりました。

その後、映画やテレビドラマで活躍し、最近でも若者に人気のサスペンスドラマ「リバーデイル」で、主人公の父親役を演じていたほか、クエンティン・タランティーノ監督の新作映画の撮影に参加していました。

ペリーさんは先週、西部カリフォルニア州の自宅で脳卒中を起こして倒れ、病院で手当てを受けていましたが、4日、亡くなったということです。

「ビバリーヒルズ青春白書」をめぐっては、先週、当時のキャストでの続編の製作が発表されたものの、ペリーさんは含まれていませんでした。

共演したスティーブ役のイアン・ジーリングさんは、インスタグラムにペリーさんと一緒に写った写真とともに「君の思い出を抱いてこれからも生きていきます」というメッセージを投稿しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190305/k10011836001000.html










●「アンパンマンのマーチ」ドリーミング・寺田嘉代さん死去 脳出血のため
2019/02/12(火) 20:10
 寺田 嘉代さん(てらだ・かよ=歌手)1月31日午後7時17分、脳出血のため東京都内の病院で死去56歳。宮崎市出身。葬儀・告別式は近親者で行った。
 双子の姉の千代さんとユニット「ドリーミング」を結成。テレビアニメ「それいけ!アンパンマン」のオープニング曲「アンパンマンのマーチ」や「勇気りんりん」、エンディングテーマなど同番組の歌を多数歌い、全国各地で公演した。声優としても「かんたんシスターズ」などの声を演じた。

https://this.kiji.is/468010980530127969






●ガンダム主演の辻谷耕史さんが脳梗塞で17日に急死
[2018年10月23日21時16分]

1991年のアニメ映画「機動戦士ガンダムF91」の主役シーブック・アノー役などで知られる声優、ナレーターの辻谷耕史(つじたに・こうじ、本名やすふみ)さんが17日、脳梗塞のため都内で亡くなったことが23日、分かった。56歳だった。

複数の関係者によると、辻谷さんは14日に都内で声優の立木文彦と組んだバンド「立木文彦とBLUSEED」結成記念ライブを行うなど元気だったが、17日に自宅で突然倒れ、そのまま同日に急逝したという。葬儀は妻で声優の渡辺久美子ら親族と近親者のみの密葬で行われ、21日に通夜、22日に葬儀・告別式が営まれたという。

辻谷さんは1962年(昭37)4月26日に東京・小平市で生まれ、我孫子高から舞台芸術学院に進み、83年に劇団東演に入団。我孫子高の同級生には、元阪神タイガースの和田豊氏がいた。俳優業を続ける中、1988年(昭63)にアニメの声優を始め、89年「ガンダム0080」のバーナード・ワイズマン役、93年「無責任艦長タイラー」の主人公ジャスティ・ウエキ・タイラー少佐役、00年「犬夜叉」の弥勒役など、人気作品の中心的な役を数多く演じた。「グラン・ブルー完全版」のジャック・マイヨール役など洋画の吹き替えや、TBS系「スーパーサッカー」などナレーション業も多数、務めた。

近年は、音響監督としても活躍しており、落合博満氏の長男で声優の落合福嗣が主演するアニメ「グラゼニ」では、音響監督を務めるなど演出、プロデュース業に軸足を置き、精力的に活動していた中での、早すぎる死だった。



●2019-01-27 11:38
クロちゃん、脳動脈りゅう手術終え「元気じゃないと何もできない」 退院祝いのおにぎり頬張る

お笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃん(42)が27日、千葉・幕張メッセで開催中の『闘会議2019』のゲーム実況ステージに出演。今月8日に脳動脈りゅうの手術を受けて以降、初めて報道陣の前に登場し、元気いっぱいな笑顔を見せた。

TBS系『名医のTHE太鼓判!』の人気コーナー「余命宣告」で動脈りゅうが発見されたクロちゃん。破裂率が飛躍的に高まる7ミリという大きな動脈りゅうで「余命3年」と宣告された。




●脳動脈瘤判明のクロちゃんが手術決断
2018年12月4日

お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(41)が3日放送のTBS医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判」(月曜後7・00)に出演。番組で受けた脳MRI検査で脳動脈瘤が判明していたが、手術を決断した。

先月22日の放送で脳MRI検査で直径7ミリの脳動脈瘤が見つかったことが明らかになっていたクロちゃん。脳神経外科の専門医によると、直径7ミリという危険な大きさで破裂すると「くも膜下出血」になる危険があるという。

この日は精密検査の様子が放送され、脳動脈瘤は目の裏にあることが判明。担当医は強く手術を勧め、番組スタッフも「撮影とか番組とか関係なく自分の判断でしっかり治して欲しい」とクロちゃんに声をかけた。

結局、クロちゃんは「手術したいです」と手術を受けることを決断。これまで度々、不摂生な生活ぶりで話題となっていたが、「親より先に死んじゃダメですから。そんな親不孝ないですから」と神妙な表情で語った。






●クロちゃん、番組検査で脳動脈瘤見つかる 医師団が手術勧める事態に
2018/10/22(月) 21:33配信 スポニチアネックス
安田大サーカス・クロちゃん
 お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(41)が22日放送のTBS医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判」(月曜後7・00)に出演。番組で受けた脳MRI検査で脳動脈瘤が判明した。

【写真】番組でクロちゃんに告白された莉音

 クロちゃんはこれまで同番組で2型糖尿病であることが判明したほか、慢性腎臓病、肝機能障害などの生活習慣病も発覚し、専門医に食事や運動療法を指導される「教育入院」を行うなど生活改善に取り組んでいた。

 だが、半年ぶりの検査では番組医師団による余命宣告が“余命3年、寿命44歳”という驚きの結果に。脳MRI検査で脳動脈瘤が見つかったという。脳神経外科の専門医によると、直径7ミリという危険な大きさで破裂すると「くも膜下出血」になる危険があるという。

 5ミリを超えると手術を勧めるが、7ミリを超えると破裂率が飛躍的に上がるという。「くも膜下出血」は3分の1の人が突然死、3分の1の人に後遺症が残るというデータがある説明した。クロちゃんが「薬を飲めば治るとかじゃないんですか」と質問すると、医師は「手術治療しかない」と答えた。

 別の医師は「脳動脈瘤は偶発的な要素で起きた可能性があるが、脳動脈瘤が見つかった状態で高血糖、高血圧がある人は非常に危ない。明日、あさってに突然死してもおかしくない」と指摘。予定していた番組収録後にも医師団はクロちゃんに手術を勧めるほど、現在の状態を危険視していた。

【関連記事】
フジモン余命9年診断にショック 木下優樹菜「ふざけんなよ」
テリー伊藤 激怒!声荒らげ「自分の保身だけ。芸能界から出てけ!」
「復帰して欲しくない不祥事有名人」1位はアノ人
若手芸人が「水曜日のダウンタウン」過酷ロケに激怒「お前らのやってることなんかお笑いじゃない」
クロちゃん 、 安田大サーカス 、 お笑いトリオ を調べる








●2018/09/20(木) 22:49:33.12 ID:KzovoMUo [2/2]
大西 浩信氏(おおにし・ひろのぶ=横浜銀行常務)
18日午後0時46分、脳梗塞のため神奈川県内の病院で死去、57歳。神奈川県出身





●2018/09/11(火) 19:18
軽度の脳梗塞により入院していた歌手の徳永英明が11日、公式サイトで同日に退院したことを発表した。
 同サイトは4日に「脱水症状による軽度の脳梗塞のため、1週間程度の入院および経過観察」との診断を受け
入院したことをあらためて伝えると同時に退院を報告した。
 その上で16日、17日の神戸公演と22日、23日の仙台公演を延期することを発表。29日、30日の
大宮公演以降については後日、あらためて報告するとしている。
 徳永は「数々の励ましのメッセージやお便り、本当にありがとうございました。今まで感じたことのない
症状に戸惑いましたが、原因がわかり少しほっとしています。体調と体力回復に努めますので、もう少しお待ちください」などとコメントした。
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/09/11/0011629717.shtml




●徳永英明さん、軽度の脳梗塞で入院 ツアー2公演を延期
2018年9月5日23時25分
 歌手の徳永英明さんが軽度の脳梗塞(こうそく)で入院し、今月8日の新潟、9日の富山の公演をそれぞれ延期することになった。公式サイトで5日発表された。サイトによると、4日に事務所で激しい立ちくらみのような症状になり、救急搬送された。精密検査の結果、脱水症状による軽度の脳梗塞(こうそく)で、1週間程度の入院と経過観察という診断を受けたという。全国ツアーは12月まで続く予定だが、延期を決めた2公演の後の公演については、状態をみて判断するとしている。
関連ニュース
ロバート秋山&友近、「なりきり」の2人が織りなす世界(スター日記:21)
「やっぱり渡が支えてくれたから」最優秀の舘ひろしさん
天才諦めた山里亮太 しずちゃんに妨害「自分がやった」




●2018.06.20.
35歳で急死の天才芸人・村田渚さん 死の真相を第1発見者が明かす
三村マサカズ 1枚
拡大
 お笑いコンビ「さまぁ〜ず」の三村マサカズが20日、日本テレビ系で放送された「ザ・発言×あの言葉で人生が劇的に動いた!!」にVTRで出演。2006年11月に35歳の若さで急逝した、天才芸人・村田渚さんについて語った。

 村田さんはお笑いコンビ「フォークダンスDE成子坂」として、フジテレビ系「ボキャブラ天国」などで活躍。ボキャブラが終了した99年に解散し、05年に漫才コンビ「鼻エンジン」を結成していた。

 事務所の先輩だった三村は番組の取材に対し、「生きていればなんとかなったのに…もったいない。俺が一番、渚のこと、忘れてない」「お前の分も俺がやる、っていう思いでずっとやってきた」と目を赤くしながら語った。

 村田さんは06年11月12日午後4時45分ごろ、東京都品川区の自宅マンションで布団にうつぶせになって死亡しているのを管理人が発見した。仕事に来ず、携帯電話にも出ないことを不審に思った所属事務所が連絡し、死亡が確認された。

 実はこの時、管理人と一緒に部屋に入り、第一発見者となったのが、当時、「佐野忠宏」の名前で芸人として活動していた映画パーソナリティのコトブキツカサ。村田さんの相方・松丘慎吾からの依頼で駆け付けていた。

 村田さんに触れると、「冷たかった」といい、発見時点ですでに死後38時間経っていたという。死因はくも膜下出血だった。村田さんの死に顔についてコトブキは「本当に穏やかだった。微笑んでた」と明かした。

 村田さんは亡くなる直前の10日、ラジオ番組に出演後、相方の松丘に「頭が痛い」と訴えていたという。


関連ニュース
有名俳優、双子の兄がそろって水死、姉は脳腫瘍、33歳で家族全員失う壮絶人生
“ぽっちゃり系”ピン芸人が31歳で急逝…亡くなる直前にもツイッター更新
「ごくせん」出演のイケメン俳優が突然の死 最後のブログ「元気に生きていました」
早乙女太一、命を絶った親友・玄也の「第一発見者ではない」元恋人はすみれ
有名芸能一家の長女が結婚後わずか8カ月後に死去!棺にウエディングドレス



●脳出血の河合美智子 月収が夫婦で「10万みたいな時も」と窮状を告白
河合美智子
拡大
 NHKの朝ドラ「ふたりっ子」で演じたオーロラ輝子役でブレークし、紅白歌合戦にも出場した女優の河合美智子(49)が25日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」に夫の俳優・峯村純一(50)と出演し、夫婦の月収が「10万円みたいな時」もある危機的な経済状況を告白した。

 河合は2016年に脳出血を発症し、右半身がまひしたが、昨年、舞台に復帰した。今も右半身のまひが残っており、一人で立ち上がることも、まっすぐ歩くこともままならず、リハビリに取り組んでいる。

 河合は現在、定期収入がなく、峯村もゲームセンターの契約社員だったが河合の介護のため退職。収入は時々入る仕事と演技指導のアルバイト代で、多くても月25万円ほどで「10万みたいな時もある」という。

 2005年に4980万円で購入した世田谷区の自宅マンションのローンが月に15万円あり、残高は約1750万円。河合は「貯金を切り崩したりとか、親に借金したりとか、綱渡りな感じ」と説明。番組ではマンションの売却を考えて査定を受け、4200万円と査定されたが、売却の考えは撤回した。






●チョコボール向井さん、もう一度立つ!脳卒中から驚異的な復活への道のり
2018年5月15日16時0分 スポーツ報知
脳卒中の死のふちから生還した元セクシー男優のチョコボール向井さん。現在は都内でスナックを営む(東京・幡ケ谷で=カメラ・泉 貫太)
店前で現役時代のポーズ
 セクシー男優として90年代、加藤鷹さん(59)と2トップを張った元プロレスラーのチョコボール向井さん(51)が脳卒中に倒れ、一時は死のふちをさまよいながら、持ち前の生命力と懸命のリハビリでわずか4か月後に完全復活を遂げていた。







●5チャンネルより引用

2018/04/14(土) 10:48:56.38 ID:oXHGqGtB [1/3]
若手のアニメ作画監督の草苅大介氏が脳梗塞で亡くなったとのこと。39歳。

2011-03-16
自分も実家が福島です本当に困った話なのですが、枝野官房長官が会見でそのことにも触れ、
放射線は問題ないから早急にに輸送物資を被災地に届けてもらいたいといっておりました ありがたい事です
2011-03-17
母校がモニタリングポストになってたww 現状まったく問題無いレベルの放射線量 
という事は… 近くにあるうちの実家と嫁の実家も大丈夫b
2011-04-08
"o(-_-;*) ウゥム… さっきから変な動悸が止まらない…
2011-08-16
近くのスーパーで福島県産の桃が97円だったので買ってきた。うまそう♪ これから食すです。
2012-03-11
その時は乗り切ったじいちゃんが、震災のちょうど一年後の今日、逝きました。じいちゃん、お疲れさん。
2012-05-19
うーむ... 遂に成人病の兆し... 。今最愛の嫁を残して逝くわけにはいかんからのぉ...。
2012-05-22
げっ!なんか急に鼻血が...
2012-12-10
昨晩仕事中、変な頭痛するな〜…と思ってたら突然鼻血が... 。
2013-02-24
え..マジかぁ...本多さんまだ若いのにショック...ご冥福をお祈りします... 「ガンダム」出演の声優が死去
2013-04-18 10:30:06
う… ここ何日か収まってた胃液が逆流する感じやのどが締め付けられる感じがまた再発… キモチワルイ…
2013-05-19
色々具合悪い割にはなかなか逝く気配がないなぁ俺...生命力が強いってのも考え物よのぅ...
2013-05-28
最近良く物を落とす。しかも2〜3回繰り返すことも...年のせい?
2013-08-06
左の奥歯が音立てて欠けた…
2013-08-13
飯は意外と…というかむしろ暴飲暴食気味なのに痩せるとか…痩せるのはいいけど健康的に痩せたい…
2013-09-02
なんか近くの文字が見づらい。。。まさか老眼来た?!
2013年12月7日(最終ツイート)
https://togetter.com/li/603256
すごい。死に向かって進んでいくtweet。やはり、バカは死ななきゃ治らないということ。
https://twitter.com/Fibrodysplasia/status/412277860691230720

2 名前:Ψ[] 投稿日:2018/04/14(土) 10:49:24.56 ID:oXHGqGtB [2/3]
漫画家つかじ俊氏死去、27歳の若さで…がん闘病中 連載2話で中止
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6256029

『カラダはみんな生きている』の著者藤原さやかさん(27)が死去
『「放射脳」の人々の無知っぷりはみてて本当に恥ずかしくなる…
 自分が無知な事に気付かないからとんでもないデータも鵜呑みにする』
→享年27歳 死因は肝臓癌 なるほどね カルマの応答が早くなった時代
https://twitter.com/to海ama/status/711315155129241600

『進撃の巨人』作画監督・アニメーター杉崎由佳さん(26)訃報の知らせ
ツイッターで親族から死去報告後、非公開に…真偽不明
「頭が重たい」「歯が痛い」「親戚のおっちゃん亡くなってもうた」
「嫌な予感していたんだよな。頭打ってくそいてえ」
「服に血がめっちゃついているけど出血原因がわからん」などとツイート
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/47692024.html

橋本環奈(18) 何故か鼻血が出てきました…英単語の本に鼻血が…
https://twitter.com/H_KANNA_0203/status/820094849462333440

増える原因不明死 死因解明が追いつかない(NHK・クローズアップ現代)

某看護師会の集まりで
「なぜ最近20代の突然死が急に増えたのか」
というテーマが議題にあがったそう。
みんな頭をひねって全く理由がわからなかったらしい。
1990年以降、被曝医学がカリキュラムから追放された事情も大きい
https://twitter.com/tokaiあmada/status/603300720381571072

3人一時心肺停止、マラソン
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017031201001631.html
登山で男女3人が心肺停止で発見。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20171226-00000016-ann-soci
The Fools3人死亡。
https://twitter.com/onodekita/status/518365907572101121
ももクロ妹分アイドル(18)
http://ceskylove.com/ebichu-rinanan-funeral-reason-2323
女子高生二人組が動けなくなり…
https://twitter.com/neko_aii/status/840925448301248513
骨折が1度に二つも掲載
https://twitter.com/onodekita/status/720207084432699393











●大洲市長の清水裕氏が死去 30日夜
2018/3/30(金) 23:42配信 愛媛新聞ONLINE
大洲市長の清水裕氏が死去 30日夜
清水裕氏
 大洲市長の清水裕(しみず・ひろし)氏が30日午後10時、脳内出血のため大洲市東大洲の大洲中央病院で死去した。63歳。大阪市出身。自宅は大洲市徳森。葬儀・告別式の日程などは未定。
 大洲市によると、清水氏は30日夜、自宅で倒れ、同病院に救急搬送された。
 清水氏は大阪大卒。1977年旧建設省入りし、92年に山鳥坂ダム工事事務所長に就任。国土交通省退職後、2009年に同市の副市長となり、大森隆雄前市長の病気療養のため市長職務を代理した。同年の市長選で初当選し、13、17年は無投票で再選した。





●沼津市長、小脳出血で急死 自宅で倒れて職員が発見
2018/3/21(水) 22:54配信 朝日新聞デジタル
沼津市長、小脳出血で急死 自宅で倒れて職員が発見
2月定例市議会で話す大沼明穂市長=2月9日
 静岡県沼津市の大沼明穂市長(58)が21日、急死した。市によると、同日午前8時50分ごろ、迎えに行った市秘書室の職員が自宅内で倒れている市長を発見。救急車で市立病院に運ばれ、死亡が確認された。死因は小脳出血だった。葬儀の日程は未定。市選挙管理員会に市長の死亡が通知されて50日以内に市長選が実施される。市長職務代理者は新屋千樹(かずしげ)副市長が務める。

 市は午後5時から市立病院で記者会見し、新屋副市長は「あまりにも急で言葉もない」と述べた。後藤克裕企画部長によると、大沼市長は妻帯者だが、日頃は同市下香貫牛臥の自宅で一人で暮らしていたという。

 21日は午前9時から公務の予定があり、職員が自宅に迎えに行った。玄関の呼び鈴を鳴らしても出てこないため、庭に回り、寝室の窓越しに倒れている市長を見つけた。

 職員が午前5時半に市長に送った迎えの時間を知らせるメールは既読になっており、この日朝、倒れたとみられる。前日は平常通り公務を終え、午後6時半ごろ帰宅していた。

 大沼市長は元IT会社長で、2016年10月の市長選で初当選。17年1月には体調不良で市内の病院に緊急入院し、軽い小脳出血と診断されたが、公務に復帰していた。

 市長選時に大沼氏の後援会長を務めた沼津魚仲買商協同組合理事長の後藤義男さん(70)はこの日午後、急死を知ったという。「沼津を元気にしようという話をいっぱいした。志半ばで大変残念だ。今日も沼津港の交通対策をどのように進めていこうか、話す予定だった」と肩を落とした。(岡田和彦、常松鉄雄)






●2018/03/17(土) 19:44:56.29 ID:CAP_USER9
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/17/0011077751.shtml
2018.03.17

 元テレビ東京の大橋未歩アナウンサーが16日深夜に更新したブログで脳梗塞を発症した時に孤独を感じたと明かした。大橋アナは2013年に軽度の脳梗塞を患った。

 大橋アナは最近になって、テレ東の赤平アナら、何人かの先輩にたまたま会えたことを明かした。「改めてテレ東が大好き」と思えたそうだが、「退社して、正直寂しさとかは全くないんですよね」と記した。その理由について「全部、繋がっているという感覚があって退社しましたが、テレ東と離れたって感覚がないんですよね」と、つづった。

 大橋アナは「脳梗塞で会社を休んでいるとき、突きつけられました。自分が働いていなくても当たり前のように世界はまわる。私は、会社というより社会から切り離されたような孤独を感じました」と脳梗塞で味わった感覚を記した。

 その当時に読んだのが現在ベストセラーになっている吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」だった。大橋アナは「もう5年も前なので、うろ覚えですが 人間分子網目の法則で、世界は大きな流れの中で繋がっていて 今、自分が会社を休み労働という生産をしていなくとも 生み出せるものがる。それは自分がいい人間になること。いい人間をこの世に、一人生み出すことはできるのだと」と読書から得た考えを明かした。

 大橋アナは「この本が救いになって、休んでいる自分を肯定することができたんですよね」とし、「退社してテレ東にいなくても、どこにいても 自分がいい人間であれば、きっと繋がって、それが結果的に、テレ東にだって何かがもたらされるかもしれないと。だから、離れてないんです、繋がっているんです」と訴えた。

https://daily.c.yimg.jp/gossip/2018/03/17/Images/d_11077752.jpg






●“スマホ認知症”20代の物忘れ外来患者も
2/28(水) 14:23配信 日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

いま、働き盛り世代の人に「スマホ認知症」の症状を持った人が増えているという。スマホと認知症の関係とは?

スマホ認知症は若者たちがかかるという。

脳神経外科医・奥村歩医師「物忘れ外来を訪れる患者の若年化がどんどん進んでいる」

認知症を専門とするクリニックでは、患者の30%が40代〜50代、10%が20代〜30代と認知症にならないような世代の受診がここ数年は増えているという。

脳が健康な状態を保つために必要なことは、情報を脳に入れることと、その情報を深く考えることをバランス良く行うことだという。

スマホの登場で現代人は“情報入手”だけが多い状態になっている。気がつけば、脳は情報で“オーバーフロー”となり過労状態になるという。そのため、物忘れや感情のコントロールができない、自分らしさを失うといった、うつ病や認知症と同じ症状が引き起こされるという。

奥村医師「長く続くと、本当のうつ病になってしまう危険があるので警鐘を鳴らしているんです」

ほかにも症状が続くと、老後の認知症の危険も高まるということだが、スマホ認知症は生活習慣を変えれば改善するという。そのために必要なのは“ぼんやりタイム”だ。集中して何かをした後にぼんやりする時間が脳には必要だという。

移動中、食事中、休日、就寝前、スマホと一緒に過ごしていたこの時間をぼんやりする時間に切り替え、スマホ認知症と無縁の生活を。

【the SOCIAL lifeより】


●上の記事ではスマホ認知症と決めつけている。しろうと判断だが、他の原因、例えば低レベル放射能による脳の機能障害や発達障害とも考えられないか。福島の原発事故の時は関東平野から静岡県まで広範囲に放射能のレベルが高く、静岡のお茶や関東の水道水からもかなりの放射能が検出された。あの時に放射能を浴びた人が今になっていろんな症状が出ているのではないか。御用学者以外の専門家の判断を仰ぎたい。
今になって福島県の心筋梗塞患者数の発生率が男女とも全国トップになっているし、福島県の子供の甲状腺ガンの患者数も通常の400倍以上の発生率になっている。明らかに放射能の影響と思われるが、御用学者はむきになって原発事故とは無関係と言い張っている。



【関連記事】
“スマホ老眼”ピント調節できない若者増加
トランプ大統領、認知症の兆候なし~担当医
認知症 特に注意が必要な人は?予防法は?
抑えられない「怒り」コントロール法は?
タイム誌 今年の人は「沈黙を破った人々」







●●福島県の心筋梗塞死亡率は、男女ともにダントツでトップ
2:15 - 2017年11月21日
公開日: 2017-06-18

●福島県、心筋梗塞の死亡率ワースト1へ!
医療情報
「福島県、心筋梗塞の死亡率ワースト1へ」という報告です。
 厚生労働省は14日、5年ごとに実施している日本人の死因別、
都道府県別の死亡率(人口10万人当たりの死亡数)に関する2
015(平成27)年調査の結果を発表した。11年の震災、原発事
故後初となる調査で、福島県は都道府県別の急性心筋梗塞で
男女ともワースト1位(10年の前回調査=男女とも1位)、脳梗
塞は男性7位、女性5位(前回男性5位、女性1位)だった。





●2018/02/24(土) 21:23
sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
夫婦漫才「林家ライス・カレー子」の林家ライス(本名・沼田志都生=ぬまた・しづお)さんが
24日午前11時9分、脳内出血のため、東京都武蔵野市内の病院で死去した。
76歳だった。
関係者によると、前日まで元気だったライスさんは、25日の沖縄での仕事に備えて
前日入りするため、「朝5時半に起こして」と相方で妻の林家カレー子に伝えて就寝。
カレー子が時間通りに起こしに行くと、尋常でないいびきをかいていたため、救急車を呼んだという。
病院に搬送されたライスさんは脳内出血を起こしていたことが判明、症状は脳幹に達していたという。
意識が戻ることはなく、最期はカレー子、長女のタレント・林家まる子、
長男・江戸太神楽曲芸師の翁家勝丸、まる子の夫で元プロボクサーの國重隆氏、
それぞれの家族、弟子ら12人にみとられて旅立った。
22日の都内でのイベントが最後のステージとなった。
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/24/0011014660.shtml
//daily.c.yimg.jp/gossip/2018/02/24/Images/d_11014706.jpg




●漫画家・高畠エナガさん、29歳で死去 ミラクルジャンプなどで連載
あまりにも若すぎました。
[ねとらぼ]
 漫画家の高畠エナガさんが、今年(2017年)の8月21日に脳梗塞で亡くなっていたことが分かりました。家族からの報告を受け、日本漫画家協会が10月12日、公式サイトで発表したもの。29歳でした。









●2014年5月8日 
漫才トリオ・レツゴー三匹のレツゴーじゅんさん(本名・渡辺美二 享年68歳)が脳出血により大阪市内の病院で死去。68歳没。戒名は「求芸院釋一道」(くげいいんしゃくいちどう)。
MC企画所属の俳優・渡辺知晃は三男。
「レツゴー三匹」正児&長作、じゅんさん死去に沈痛「涙がとまりません」

 漫才トリオ・レツゴー三匹のレツゴーじゅんさん(本名・渡辺美二 享年68歳)が2014年5月8日に脳出血で死去したことを受け、トリオのレツゴー正児(73)とレツゴー長作(70)が追悼コメントを発表した。

【写真】その他の写真を見る

 正児は「家が近くじゅんの家の前を通って犬の散歩をするのが日課でした。ここ最近仲良くしていて数日前にもじゅんとお茶をしたばかりでした。訃報を聞きただただ信じられず涙がとまりません」と沈痛の様子。

 長作も「びっくりしました」と驚き、「ここ数年会っていませんでしたが。一番若いじゅんが一番先に逝ってしまうなんて。今は実感がまだなく、辛いとか悲しいとか通り越して頭の中でじゅんとの思いでが走馬灯のように巡っています」と突然の訃報を悼んでいる。

 同トリオは、1970年〜80年代に人気を博し、「じゅんで〜す」「長作で〜す」に続き、正児が「三波春夫でございます」とボケる定番のつかみがお馴染みとなっている。





●2018/1/10(水) 16:41
児童文学作家・森山京さん脳出血のため死去 『きつねの子』シリーズなど
『きつねの子』シリーズなど、さまざまな童話を生んだ児童文学作家・森山京さん(もりやま・みやこ)が7日、横浜市内の自宅で脳出血のため死去した。88歳(享年90)。10日に講談社が発表した。告別式は13日に執り行われ、喪主は長男・森山索氏。(オリコン)




●「欽どこ」お母さん役 真屋順子さん死去…病と闘い続けた女優魂力尽く
2018/1/5(金) 5:30配信 スポニチアネックス
「欽どこ」お母さん役 真屋順子さん死去…病と闘い続けた女優魂力尽く
萩本欽一とのほのぼのとした掛け合いで「お母さん」像として定着した真屋順子さん
 テレビ朝日の人気番組「欽ちゃんのどこまでやるの!(欽どこ)」の母親役などで知られた女優の真屋順子(まや・じゅんこ、本名高津詔子=たかつ・しょうこ)さんが昨年12月28日に死去していたことが4日、分かった。75歳。大分県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行った。昨年7月にはTBS「爆報!THEフライデー」で、ほぼ寝たきりの闘病生活が明らかになっていた。
【写真】「欽どこ」300回を萩本欽一らレギュラー陣と祝う真屋順子さん
 この日、都内の自宅で長男の高津健一郎さんが本紙の取材に亡くなったことを認めた。「詳細は控えたい」と、最近の状況や死因については明かさなかった。7月の「爆報…」が最後の仕事となったが「ずっと闘病していたので覚悟はしていた」と話した。
 「爆報…」で真屋さんは「欽どこ」で三つ子の娘「わらべ」の一人で、かなえを演じた倉沢淳美(50)との再会を熱望。20年ぶりに対面すると、帰ろうとする倉沢に「帰っちゃ駄目。もう少しいて」と懇願する場面もあった。
 真屋さんは76年スタートの「欽どこ」で、メインの萩本欽一(76)の妻役でレギュラー出演。萩本とのほのぼのした掛け合いや「わらべ」の人気も手伝い、昭和後期の「お母さん」像としてお茶の間に定着した。番組は最高視聴率42・0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、放送10年の長寿番組に。洗剤「ママレモン」のCMキャラクターも長年務めた。
 私生活ではドラマで共演した俳優の故高津住男さん(享年74)と69年に結婚。2000年代になると、真屋さんは相次ぐ病魔に襲われた。00年に脳出血で倒れ、左半身まひなど後遺症が生じた。ライフワークと位置づけた高津さん演出の舞台「出雲の阿国」にもう一度出るとの思いを原動力に03年には車いす姿で復帰した。04年には脳梗塞を発症するも05年に再び同演目で復帰。舞台でつえもなく立ち上がり、観客を驚かせた。08年には講演で「さんずの川は、六文銭もない貧乏だから渡れなかった」と明るく語るなど元気な姿も見せた。
 10年には高津さんが亡くなったショックもあり心不全に。11年には大動脈瘤(りゅう)が見つかり、4時間に及ぶ手術を受けるなど晩年は病と闘い続けた人生だった。
 ◆真屋 順子(まや・じゅんこ)本名高津詔子(たかつ・しょうこ)。1942年(昭17)1月8日生まれ、大分県出身。58年、松竹音楽舞踊学校入り。61年に俳優座養成所へ入所。64年、NHK大河ドラマ「赤穂浪士」でテレビ初出演。77年の時代劇ドラマ「人形佐七捕物帳」の演技が高く評価され、同年度京都市民映画祭テレビ映画部門女優賞を受賞した。



●二所ノ関親方 手で意思疎通 | 2017/12/28(木) 7:59 - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6266420
2017/12/28 - 10月に路上で倒れ入院中の二所ノ関親方(元大関・若嶋津)の意識が戻り、意思疎通ができる程度まで回復。みづえ夫人に手を動かして意思を伝えているという。

2017/12/27(水) 22:23 掲載
二所ノ関親方(デイリースポーツ)
二所ノ関親方が意識を回復…入院中、手足動かす
 10月に千葉県船橋市内で倒れ、頭部の手術を受けた大相撲の二所ノ関親方(60)(元大関若嶋津)について、二所ノ関部屋付きの湊川親方(元小結大徹)は27日、「意識は戻っている。少しずつリハビリをしている」と明かした。(読売新聞)



●安田大サーカスHIRO、洋服がLLサイズになり驚き「コレは笑うしか無い」
2018年01月04日 15時59分 アメーバニュース
※安田大サーカスHIROオフィシャルブログ
お笑いトリオ、安田大サーカスのHIROが3日、自身のブログを更新。LLサイズの洋服が着られるようになったことを明かした。
HIROは昨年「左脳室内出血」で倒れたことを機に、MAX時の体重から100kg以上もの減量に成功。昨年6月から休止していた芸能活動を12月に再開していた。
「ジャージの上から入った♪ドンキの服が とぉとぉドンキの服も入る用に成ったのか!!」と驚きとともに喜びをつづったHIRO。Tシャツの上からジャケットを羽織った自身の写真を公開し、「ちなみにサイズはLLが(笑)コレは笑うしか無い 今までの自分では絶対に着れ無いから」と、LLサイズの洋服が着られるまでになったことを報告した。
「色々幅が広がるな」とオシャレに目覚めたようで、「ジャケット系でオシャレさんに成るか 色々なジャケット&Tシャツで揃える」と嬉しそうにつづった。
なお、4日更新のブログでは正月太りしたと明かし、「生活戻すぞ??」と意気込んでいる。



●「二所ノ関親方」自転車転倒し救急搬送!脳内出血で5時間の開頭手術
2017/10/20 きのう19日(2017年10月)午後4時20分頃、千葉・船橋市の路上で、大相撲二所ノ関親方(元大関若嶋津)が倒れているのを通行人が見つけ病院に搬送された。頭を強く打っており重体だ。 親方はこの日の朝、弟子の稽古を見守った後、日課にしている近くの銭湯(サウナ)へ自転車で向かった。発見された場所は二所ノ関部屋から700メートルほどで、サウナから戻る途中だったらしい。倒れていた自転車には損傷がないため、事故などではなく、何らかの原因で転倒したとみられる。 二所ノ関部屋の南忠晃さん(元小結大徹)によると、手術は開頭して5時間かかり、現在もICUで安静状態だというから、相当なダメージだったのだろう。脳内に出血があったという。


●JIJIPRESS/時事通信芸能動画ニュース
2017/12/20 に公開
チャンネル登録 14.2万
SUBSCRIBE SUBSCRIBED UNSUBSCRIBE
女優の釈由美子とお笑いトリオ・安田大サーカスの団長安田、HIRO、クロちゃんが、栄養補助食品「Day+自然の恵み生酵素スムージー」のPRイベントに出席した。今年6月、高血圧による「左脳室内出血」と診断され、療養を続けてきたHIROにとって、この日が約半年ぶりの公の場。入院時は135キロだったが、イベントには40キロ以上減量した姿で登場した。「久しぶりで緊張する」と話したHIROは、「復帰しました。これから頑張っていきたいと思います」とあいさつ。団長安田は、来年の抱負を聞かれると「(減量したことで)HIRO君の肉の皮がたくさん余っているので、その皮でもう1人作り上げて、4人で活動します」とギャグを飛ばしていた。
出席者:釈由美子、安田大サーカス、ほか




●安田大サーカスHIRO脳出血、16日に頭痛と嘔吐
お笑いトリオ、安田大サーカスのHIRO(40)が左脳室内出血のため、都内病院に入院中であることを2017年6月30日、所属の松竹芸能が発表した。HIROは6月16日正午ごろ、自宅で強い頭痛と嘔吐(おうと)があった。近くの病院で診察を受けたところ脳出血の疑いがあったため、脳神経外科のある別の病院に救急搬送されたという。出血は軽度で命に別条はなく、言葉も発し、手足のしびれもない。29日に集中治療室から一般病棟に移った。現在は歩いてトイレに行ったり、食事も取れている。約1カ月入院し、復帰は体調をみて決める。事務所によると、HIROは普段から高血圧で、搬送時には最高血圧は200ミリHgあった。また、昨年1年間で138キロあった体重を約20キロ減らしたものの、今年に入ってリバウンドしてしまった。入院前日から頭痛があり、風邪をひいたと思っていたという。HIROは「日頃の不摂生でこのような形になり、多くの方にご迷惑をおかけすることになってしまい、申し訳ありません。自分の身体と向き合い、健康な身体になって戻ってきたい」とコメントした。





●中村獅童「今回も乗り越える」2年前は脳動脈瘤手術
日刊スポーツ2017/ 5/19(金) 7:51配信
 歌舞伎俳優中村獅童(44)が初期の肺腺がんと診断され、6月の福岡・博多座「六月博多座大歌舞伎」、7月の東京・歌舞伎座「七月大歌舞伎」を休演することが18日、分かった。5月に受けた健康診断で初期(ステージ1A)の肺腺がんと判明、6月上旬に手術する。獅童は2年前に脳動脈瘤(りゅう)の手術を受けていたことが分かった。この日、日本テレビ系「news every.」(月〜金曜午後3時50分)のキャスター、NEWSの小山慶一郎(33)が獅童にメールを送ったところ、獅童から「2年前に脳動脈瘤という病気の手術もしました。それも克服できたので、今回も絶対に乗り越えます」と返事が来たことを明かした。脳動脈瘤は、昨年、元おニャン子クラブの新田恵利、姉妹漫才コンビ「海原やすよ・ともこ」の妹、やすよが手術を受けた。





●田中一成さん(脳幹出血)満49歳没(2016年10月10日)
日本の男性声優、ナレーター。青二プロダクションに所属していた。「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のオーソン・ホワイト役をはじめ多くのアニメに出演。ナレーターとしても活躍していた。2016年10月10日、脳幹出血のため死去。49歳没。


●69歳以下で死亡した有名人
病気別区分は未整理
浅野常夫氏 享年66歳(輪之内町議会 議長)心不全で死去 岐阜県
石橋秀郎氏 享年48歳(石橋工業株,代表取締役社長)死去 福島県
田中清一氏 享年52歳(アクション監督&俳優「 パスガード」代表)急死 東京都
SHIN3さん 享年55歳(ブランド“アンドサンズ”(ANDSUNS)創設者)急死 東京都
柴崎伸也氏 享年58歳(野辺地町議会議員)病気で死去 青森県
浅田登司氏 享年42歳(元お笑い芸人「たかしひでき」のたかし )くも膜下出血で死去 福岡
三瓶五一氏 享年68歳(元本宮市議会議員)死去 福島県郡山市
脇田 峯氏 享年69歳(福井新聞社 元取締役)すい臓がんで死去 福井県福井市
新井靖志氏 享年51歳(サクソフォン奏者)脳出血で客死 群馬県
横田えつこ氏享年63歳(岡山県議会議員)骨髄異形成症候群で死去 岡山県
遠藤 力氏 享年65歳(合同製鐵株式会社 元常務)心不全で死去 大阪市
三瓶五一氏 享年68歳(元本宮市議会議員)死去 福島県郡山市
脇田 峯氏 享年69歳(福井新聞社 元取締役)すい臓がんで死去 福井県
立花隼人氏 享年40代(ロカビリー歌手)「心不全」⇒「肺水腫」悪化で急死 東京都
浅利光博氏 享年61歳(プロ野球DeNAマネジャー)胃がんで死去 横浜市
流 敏晴氏 享年68歳(元プロ野球選手)急病により急逝 東京都
清水 孝氏 享年56歳(日本製薬工業協会広報・アステラス製薬理事)死去 神奈川県
井上久朗氏 享年57歳(関市消防団 副団長)脳幹出血で死去 静岡県
古内一成氏 享年60歳(脚本家名探偵コナン)すい臓がんで死去 東京都
郷野目一彦氏享年58歳(郷野目ストア社長)急性呼吸窮迫症候群で死去 山形
橋本千尋氏 享年61歳(弁護士、日弁連元常務理事)肺がんで死去 福岡県
樋口邦利氏 享年68歳(元埼玉県議会議長)すい臓がんで死去 埼玉県
小田島泰治氏享年66歳(北海道毎日会会長、毎日新聞亀田販売所所長)死去 北海道
大瀬良利之 享年64歳 (福岡県宇美町共産党議員)死去 福岡県 
三科清治氏 享年53歳(仙台フィルパーカッション奏者)急逝 福島県 
鎌田朋幸氏 享年37歳(仙台フィルトランペット奏者)逝去 福島県 
福沢 康氏 享年67歳(長岡技術科学大学 名誉教授)死去 東京都
浜津三千雄氏享年65歳(福島民報社 監査役)多発性脳梗塞で死去 福島県福島市
田辺浩三氏 享年61歳(「小夏の映画会」主宰 音楽提供館・一心堂経営)死去 高知県
道場親信氏 享年49歳(和光大教授・社会運動史)胆管がんで死去 東京都
青井倫一氏 享年69歳(明治大専門職大学院長)胃がんで死去 横浜市
島田正一氏 享年67歳(埼玉県議会 元副議長)肺がんで死去 埼玉県
椎野幸嗣氏 享年61歳(元祖円盤餃子「満腹」元店主)死去 福島県
青井倫一氏 享年69歳(明治大学専門職大学院長、慶應義塾大学名誉教授)胃がんで死去 東京都
9-10月掲載若年訃報 著名人スレから 69歳以下***
横山むつみ氏享年68歳(登別市の「知里幸恵銀のしずく記念館」館長) がんのため死去
「しらいちご」さん享年33歳(漫画家、イラストレーター)病気で死去 東京都 
あおはるみぃさん 享年23歳(シンガー ソングライター、本名中西みのり)病気で死去 東京都 
衿野未矢氏 享年52歳(ノンフィクションライター本名:櫻井規枝)死去 新潟県
道場親信氏 享年49歳(和光大教授 社会運動史)死去 東京都
青井倫一氏 享年69歳(明治大専門職大学院長、慶応大名誉教授) 胃がんで死去 横浜市
松本 登氏 享年67歳(岩手県立胆沢病院 元病院長)進行性核上性まひで死去 岩手県
藤田ちえみ氏享年51歳(株,守破理 次長) 死去 大阪市
川井 充氏 享年63歳(国立病院機構 東埼玉病院 院長)逝去 埼玉 
上田貴祥氏 享年43歳(SABER(Vo)UEDA)死去 宮崎県   
衿野未矢氏 享年53歳(ノンフィクション作家)全身性強皮症で急逝 新潟県 
猪股和夫氏 享年62歳(翻訳家)脳腫瘍で死去 東京都
田中弥生氏 享年44歳(文芸評論家)肝臓がんで死去 神奈川県
里見泰典氏 享年60歳(ユニフレックス マーケティング株 社長・創業者)死去 東京都
茅野 優氏 享年67歳(大津漁業協同組合 組合長)死去 北海道
小熊康宏氏 享年43歳(日本和装ホールディングス株, 営業本部長)拡張型心筋症脳梗塞で死去 東京都
高桑正敏氏 享年68歳(神奈川県立博物館学芸員)すい臓がんで死去 神奈川県
谷貴美子氏 享年65歳(元篠山市議会議員)脳腫瘍で死去 兵庫県
原田 隆氏 享年58歳(株、講談社 第一事業局局次長)脳出血で死去 東京都
齋藤敏郎氏 享年58歳(株、横浜ロイヤルパークホテル 専務取締役)直腸がんで死去 横浜市 
関 平和氏 享年64歳(金沢大教授・環境解析学)膵臓がんで死去 石川県
近藤良太氏 享年28歳(競輪選手、愛知-93期-A班)急性心不全のため死去
菅野 仁氏 享年56歳(宮城教育大学教育学部教授 社会学者)で死去 宮城県
渡辺 龍氏 享年43歳(河北新報カメラマン)大腸ガンで死去 宮城県 
あおはるみぃさん享年21歳(シンガーソングライタ本名、中西みのり)他界 東京都 
鈴木慶太氏 享年48歳(川口オート競艇選手)食道がんで死去 埼玉県
橘みれいさん享年40代?(小説家 別名義、嶋田純子 1992年デビュー)死去 2015末 東京都
花村良一氏 享年51歳(司法研修所教官(東京地裁判事・東京簡裁判事)‏死去 東京都

8月掲載若年訃報 著名人スレから 69歳以下
佐々木公氏 享年56歳(イラストレーター)逝去 東京都
荒井 謙氏 享年52歳(ミュージシャンThe VINCENTS)病気で死去
大川義行氏 享年67歳(劇団ルネッサンスの主宰者)死去 東京都
田代ともや氏享年64歳(フォーク歌手 ごち会アジアの子供達に)大腸がんで死去 埼玉県
横山茂幸氏 享年54歳(福島市消防本部係長) 死去 福島市
鎌田朋幸氏 享年37歳(仙台フィルトランペット奏者)逝去 南相馬市
海野 孝氏 享年68歳(宇都宮大学 名誉教授)胃がんで死去 栃木県宇都宮市
宮本敬文氏 享年50歳(写真家)脳出血で死去 東京都 
清水成駿氏 享年68歳(競馬評論家予想家)死去 東京都
山野源太郎氏享年69歳(神父サレジオ会司祭のパウロ)急性心筋梗塞で死去 別府
宮本敬文氏 享年50歳(写真家)脳出血で死去 東京都
佐伯 務氏 享年58歳(香川県立ミュージアム 館長)胃がんで死去 高松市
楠比呂志氏 享年54歳(神戸大大学院農学研究科准教授)脳内出血で死去 神戸市
遠藤典宏氏 享年53歳(「SUPERBAD」ドラムス)くも膜下出血のため急死 東京都 
代島 学氏 享年45歳(ゲームCGデザイナー)静岡・伊東市沖合でDB潜水中に急死
樋口凌雲氏 享年68歳(書家、毎日書道展会員)肝硬変で死去
植木善大氏 享年47歳(囲碁棋士八段)肝硬変のため死去 大阪府吹田市
梅村明正氏 享年66歳(フジタクシーグループ 会長)死去 愛知県名古屋市
菊池哲郎氏 享年68歳(元毎日新聞社常務取締役主筆)肺がんで死去 東京都
佐藤英明氏 享年54歳( 映画監督)急性心筋梗塞のため急死 東京都
都渡正道氏 享年69歳(株 菊竹金文堂社長、金文会 監査)急性骨髄性白血病で死去
鈴木雅史氏 享年54歳(秋田大学 教授) 腺がんで死去 秋田県
武藤憲一氏 享年68歳(秋田中央高等学校 元校長)腹膜偽粘液腫で死去 秋田県 
安藤節子氏 享年69歳(聖園学園短期大学 教授)乳がんで死去 秋田県 
菅生泰亮氏 享年58歳(長崎新聞社 取締役東京支社長)心筋梗塞で死去 東京都
小田良司氏 享年69歳(日本地ビール協会会長)死去 兵庫県
宮内 亮氏 享年49歳(内沼博史県議秘書 スーパーセッションズレーベル社長)急死 埼玉県
崎原秀樹氏 享年51歳(鹿児島国際大学准教授)急死 
石田照佳氏 享年66歳(広島赤十字・原爆病院 前院長)肺がんで死去 広島県
佐々木昌人氏享年48歳(キャリア支援ネットワーク株社長)急性心筋梗塞で急逝 仙台市
佐久間優一氏享年67歳(伝説の自衛官「ミスター空挺」)心臓発作で急逝 
金子貞夫氏 享年61歳(新潟原発反対運動)悪性リンパ腫で死去 新潟県寺泊 
宇山裕美子さん享年64歳(毎日書道展審査会員)多発性骨髄腫のため死 去山口県
佐々岡典雅氏享年66歳(天理市議会議員)死去 天理市 
平松孝浩氏 享年34歳(プロバドミントン選手)癌で死去 
白川英司氏 享年65歳(ボーカリスト)癌で死去 東京都 
トキ末吉氏 享年67歳(サックス奏者)大動脈瘤破裂で死去 東京都


8月掲載若年訃報 著名人スレから 69歳以下
***
高木桂三氏 享年51歳(アルパイン技研株 経営推進部長)死去 福島県
宇山裕美子氏享年64歳(書家、毎日書道展審査会員)多発性骨髄腫のため死去 山口県
小野隆治氏 享年62歳(琥山製陶所 役員、日本工芸会 正会員)肺がんのため死去 佐賀県
山本重雄氏 享年59歳(株エスワイフード会長、「世界の山ちゃん」)解離性大動脈瘤のため死去 岐阜県 
巻島幸男氏 享年56歳(幸手市議会議員)悪性胸膜中皮腫のため死去 埼玉県 
飯田剛史氏 享年66歳(富山大学教授 社会学)間質性肺炎のため死去 京都府
綾田尚也氏 享年58歳(四国電力株役員、伊方発電所 前広報部長)死去 香川県   
国賀祥司氏 享年64歳(泉佐野市議会議員)食道がんで死去 大阪府
国分民雄氏 享年69歳(元本宮市議会議員)急逝 福島県
山本雅人氏 享年59歳(東芝テック株 取締役)大腸がんで死去 東京都
高山由来子さん享年51歳(高山善司ゼンリン社長の妻)死去 東京都
岩本高裕氏 享年69歳(西日本新聞社 元取締役、監査役)心不全で死去 福岡県
小笠原敬二氏享年66歳(岩手銀行野球部 元監督)急性骨髄性白血病で死去 岩手県
柳沼恒五郎氏享年66歳(三英堂事務機株社長)急逝 福島県郡山市
小池保夫氏 享年66歳(日本モーターボート競走会会長)胸膜中皮腫のため死去 神奈川県
平田実音さん享年33歳(元子役タレント NHK教育テレビみんなの広場)肝不全で死去 東京都
紅音ほたるさん享年32歳(元人気セクシー女優)ぜんそくの急性発作で死去
茂呂菊次郎氏享年54歳(高崎競馬の元騎手)急逝 埼玉県
薬師神真之氏享年25歳(兵庫ブルーサンダーズ選手)就寝中に死亡 兵庫県
近藤伊久麿氏享年40歳代(テクノ歌手=テクマ!)心不全により急逝 東京都
伊藤政博氏 享年69歳(久慈警察署 元署長)すい臓がんで死去 岩手県盛岡市
永岡修一氏 享年65歳(株永岡書店 代表取締役会長)肺がんで死去 東京都
三好 銀氏 享年61歳(漫画家)膵臓がんで死去 東京都武蔵野市
勝  栄さん享年45歳(WAHAHA本舗の女優,構成作家)子宮ガンで死去 東京都 
仁志原了氏 享年45歳(女性映画脚本家『FORMAフォルマ』)病気で死去 東京都
渡辺英明氏 享年51歳(写真家)急逝 東京都
高桑正敏氏 享年68歳(日本鞘翅学会会長)すい臓がんのため急逝 
荒井 謙氏 享年52歳(THE VINCENTSボーカル)病気で死去 東京都
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/668.html [asyura2.com]
より

2016/4/28 パンク/ハードコア雑誌「DOLL」編集長 相川和義 大動脈解離 63歳
2016/4/28 若宮啓文 元朝日新聞主筆  韓国・東西大学碩座教授 急死  68歳
2016/4/28 ブラック牛マン レスラー  病死 50歳
2016/4/27 前田恭二  大阪市音楽団事務局長 肺炎 41歳
2016/4/27 池内俊彦 関西大名誉教授  神経生命工学 急性心筋梗塞 68歳
2016/4/26 前田健 お笑い芸人 心不全 44歳
2016/4/25 大喜多寛 アウディジャパン前社長 すい臓がん 56歳 
2016/4/25 桑野由美雄  元王子製紙執行役員 ぼうこうがん 62歳
2016/4/25 矢野建一 専修大学長 食道静脈りゅう破裂 67歳
2016/4/23 上田 完二 元航空自衛隊幹部学校長、元空将 病死 63歳
2016/4/22 丸山草多 アフロンゲ丸山 お笑い芸人 急性心不全 30歳
2016/4/22 伊奈久喜 日経新聞特別編集委員 胃がん 62歳
2016/4/22 石川雄一 自動車評論家  腎不全・肺水腫  67歳
2016/4/23 山本功児 元ロッテ監督 肝臓がん 64歳
2016/4/21 真島俊夫 作曲・編曲家 舌がん? 67歳
2016/4/20 吉野朔実 漫画家 病死 57歳
2016/4/20 田中清文 キタニ前代表取締役会長 すい臓がん 65歳
2016/4/20 佳梯かこ 女優 急性心不全 58歳
2016/4/19 小山剛史 みらかホールディングス取締役執行役常務 病死 53歳
2016/4/19 川越啓次 千葉商科大学体育会アメフト部総監督 急逝
2016/4/19 向井文雄 木版画家 急死 65歳?
2016/4/18 山下聰 菱電商事社長 64歳
2016/4/17 関屋禎三 芝浦メカトロニクス株式会社監査役 59歳
2016/4/15 大川誠   人形作家  副腎がん  40歳
2016/4/15 浅井俊裕 水戸芸術館現代美術センター芸術監督  54歳
2016/4/14 橋本美紀子 小劇場「イカロスの森」経営者  肺がん 59歳
2016/4/14 八尾 誠   京都大学大学院理学研究科教授 前立腺がん 63歳
2016/4/14 橋本恵二 東京国際大教授・企業情報システム論 脳腫瘍 61歳
2016/4/14 小室周也  アメリカ横断ウルトラクイズ皆勤出場者 脳梗塞他 67歳
2016/4/14 森晴路 手塚プロ資料室長 心筋梗塞  63歳
2016/4/13 山田忠之  前熊谷市議 胸部大動脈解離 52歳
2016/4/12 久松重光  翻訳家・市民活動家  心臓発作 67歳
2016/4/11 竹下茂樹  栗木工務店・代表取締役社長  56歳
2016/4/11 立花千春  フルート奏者 がん 46歳
2016/4/11 森野恭行 自動車評論家 事故死 53歳
2016/4/10 大坪豊   佐賀信用金庫理事長 心筋梗塞  66歳
2016/4/8 ヤミキ バリアフリー・プロレスラー 心不全 65歳
2016/4/8 高橋実  福島県立医科大学免疫学准教授 48歳
2016/4/6 中野誠之 ボーカリスト 急性心不全 29歳
2016/4/3 和田光司 歌手 上咽頭がん 42歳
2016/4/1 餅よもぎ  声優 心不全 30歳 (別名・望月あんず)
2016/4/1 鈴木章太郎 柔術家 脳梗塞 ?歳

2016/3/30 總登 相撲世話人 敗血症 60歳
2016/3/29 高森憲昭  ライブハウス店主  69歳
2016/3/29 浜野泰一  旧主婦の友元専務  69歳
2016/3/28 石田三樹  広島大学大学院社会科学研究科教授 脳幹梗塞  57歳
2016/3/26 藤本仁史 紀伊国屋書店常務  失血性ショック  62歳
2016/3/23 スエキチ  SUEKICHI古代楽団ボーカル 急性肺気胸 40代
2016/3/23? 小山田いく 漫画家 病死 59歳
2016/3/22 平原靖之 音楽プロデューサー 運転中突然死 51歳
2016/3/22 あごバリア  ゲーム・クリエイター 急逝 ?歳
2016/3/21 江戸家猫八 落語家 胃がん 66歳
2016/3/21 佐野正幸 スポーツライター・作家 心室細動 63歳
2016/3/17 横町慶子  女優  死因不明  48歳
2016/3/17 計良智子 市民団体「ヤイユーカラの森」代表 胆管がん 68歳
2016/3/16 山本桃水 画家  急性心不全 20代
2016/3/16 近藤勲公  小説家 57歳
2016/3/15 杉山正男 ドラマー  急逝 52歳
2016/3/15 福居良 ジャズピアニスト  悪性リンパ腫  67歳
2016/3/13 百瀬 泰 日揮常務執行役員 肝臓がん 61歳
2016/3/11 角谷栄次 劇団民藝・俳優 大腸がん  68歳
2016/3/12 安生徹 元国会福島原発事故調査委員会事務局長 くも膜下出血 66歳
2016/3/10 崎田学 K-1Krushジャッジ 心不全 38歳
2016/3/10 聖日出夫  漫画家 胃がん 69歳
2016/3/10 Axeman    レゲエスポットSMALLAXE マスター・DJ  急死 50歳
2016/3/8 奈蔵宣久 元三菱商事執行役員  悪性リンパ腫 73歳
2016/3/8 高平公嗣 自民党富山県連副会長 急性心筋梗塞 69歳
2016/3/8 石原一則 日本アーカイブズ学会会長 急死 63歳
2016/3/7 長田 憲一 県経営者協会副会長 病死 67歳
2016/3/7 小川幾雄  舞台照明家 66歳
2016/3/4 柳本浩市 デザイン・ディレクター 急死 46歳
2016/3/3 佐野ヒロシ  ボーカリスト 急死 41歳
2016/3/3 岡本呻也   雑誌編集者・ライター  脳内出血  51歳
2016/3/3 三五十五  パフォーマー・ミュージシャン 肺腺がん 52歳
2016/3/3 ハヤブサ  プロレスラー クモ膜下出血 47歳
2016/3/3 雪村春樹 縄師・AV監督  68歳
2016/3/2 寺田緑郎 撮影監督 がん 52歳
2016/3/1 飯島秀行 一般財団法人テネモス国際環境研究会理事長
2016/3/1 大山ケンジ  写真家 病死 53歳





●ラモス瑠偉氏が退院 仕事復帰は「決まり次第、話す場設ける」
オリコン 2/14(火) 16:00 ラモス瑠偉氏が退院 仕事復帰は「決まり次第、話す場設ける」
脳梗塞と診断されて、一時活動を休止しているサッカー元日本代表MFのラモス瑠偉氏(60)が14日に退院した。同日、ラモス氏の公式ブログで本人および家族一同の連名で報告した。ブログでは「本日2月14日(火)、リハビリ病院の院長先生を始め、ドクターやトレイナーの皆様と面談をしました結果、退院することになりました」と報告。今後については通院しながらのリハビリを継続していくとしている






●くも膜下出血とは
脳内の血管が破れ、くも膜の内側で出血してしまうことをくも膜下出血といいます。発症した場合は1/3の方々が亡くなってしまう怖い病気ですが、不治の病ではありません。病気の兆候に気づいた時点で、なるべく早く脳神経外科の専門医を受診することで、危険を回避できる可能性があがります。多くは、「ハンマーで殴られたような強烈な痛み」と表現されるほどの、今までに経験したことのないような突然の激しい頭痛が起こります。また、吐き気やおう吐、意識を失うなどといった症状を伴うことが多いです。出血や部位によっては軽い症状で済むこともありますが、後遺症が残ったり最悪の場合そのまま死に至るケースもあります。くも膜下出血は健康な人が突然なるような病気ではありません。自覚症状が何も出ない場合があるので、突然死として考えられていますが、もともと脳血管に異常がある場合がほとんどで、その異常な部分が破れることによって起きるのです。原因の8割以上を占めるのが「脳動脈瘤」という血管のコブ。それ以外のものは稀ですが、血管そのものが突然裂けてしまうケースや、脳動静脈奇形や脳腫瘍が原因となることもあります。脳動脈瘤は100人中2〜3人にあると言われており、その破裂率は年間0.5〜1%程度と言われています。



●2018.05.25
脳出血の河合美智子 月収が夫婦で「10万みたいな時も」と窮状を告白
河合美智子

 NHKの朝ドラ「ふたりっ子」で演じたオーロラ輝子役でブレークし、紅白歌合戦にも出場した女優の河合美智子(49)が25日放送のTBS系「爆報!THEフライデー」に夫の俳優・峯村純一(50)と出演し、夫婦の月収が「10万円みたいな時」もある危機的な経済状況を告白した。

 河合は2016年に脳出血を発症し、右半身がまひしたが、昨年、舞台に復帰した。今も右半身のまひが残っており、一人で立ち上がることも、まっすぐ歩くこともままならず、リハビリに取り組んでいる。

 河合は現在、定期収入がなく、峯村もゲームセンターの契約社員だったが河合の介護のため退職。収入は時々入る仕事と演技指導のアルバイト代で、多くても月25万円ほどで「10万みたいな時もある」という。

 2005年に4980万円で購入した世田谷区の自宅マンションのローンが月に15万円あり、残高は約1750万円。河合は「貯金を切り崩したりとか、親に借金したりとか、綱渡りな感じ」と説明。番組ではマンションの売却を考えて査定を受け、4200万円と査定されたが、売却の考えは撤回した。






●2016
女優の河合美智子(48)が11日、都内で行われた映画『ママ、ごはんまだ?』初日舞台あいさつに出席した。河合は昨年8月に脳出血で右半身麻痺(まひ)となり、先月まで入院生活を送っていたが、「元気になりました! ご心配おかけしました。大丈夫です」と元気な姿を見せた。河合は昨年夏、映画の撮影直後に脳出血で倒れ病院へ搬送。右半身麻痺(まひ)となったが、きょうの舞台あいさつに向け懸命のリハビリを続け、奇跡的な回復をみせた。




●河合美智子 脳出血で闘病中「恋ダンス」リハビリで順調回復
スポニチアネックス 1/13(金) 5:33配信
懸命にリハビリに励む河合美智子。笑顔も出るほど回復している
女優で、「オーロラ輝子」の名前で歌手としても活躍する河合美智子(48)が昨年夏に脳出血を発症し、闘病中であることが12日分かった。右半身に少し後遺症があるものの“恋ダンス”も採り入れた懸命なリハビリのかいあって通院加療に切り替えられるまでに回復。2月11日に行われる出演映画「ママ、ごはんまだ?」の初日舞台あいさつ出席を目指している。






●ラモス瑠偉氏 脳梗塞で入院
2016年12月30日 21時9分 デイリースポーツ
 サッカー元日本代表でJ2岐阜前監督のラモス瑠偉(59)が29日、体調不良を訴え、病院で検査を受けたところ、脳梗塞と診断されたことが30日、公式サイトと公式ブログで発表された。当面活動を休止する。
 【以下ブログでのメッセージ全文】
 昨日、12月29日(木)ラモス瑠偉が体調不良を訴え、医療機関で検査をしたところ脳梗塞と診断され、一時活動休止をさせていただくことと致しましたのでご報告申し上げます。現時点ではどれほどの休暇期間を要するかは未定です。早期復帰を目指し家族及びスタッフ一同サポートして参りますので、どうか温かく見守り下さい。突然の休養により、関係者各位の皆様には多大なるご迷惑とご心配をお掛け致しますこと、心より深くお詫び申し上げます。また、皆様のご理解とご協力に心より御礼申し上げます。
 平成28年12月30日
 (有)カリオカ・スポーツ・プロモーション代表取締役
         鈴木ファビアナラモス
                    ラモス瑠偉






●「大阪名物パチパチパンチ」などのギャグで知られた吉本新喜劇の島木譲二(しまき・じょうじ、本名・浜伸二=はま・しんじ)さんが2016年12月16日、脳出血のため、入院先の大阪市内の病院で死去した。72歳だった。日刊スポーツなどが報じた。平手で胸をたたく「大阪名物パチパチパンチ」や灰皿を使った「ポコポコヘッド」などの体を使ったギャグで人気だった。最後の出演は10年12月26日、大阪・なんばグランド花月。50代のころから糖尿病に悩まされたが、体格を生かしたギャグがキャラクターだったために仕事を優先。(中略)所属事務所によると、この日は自宅にいたが様子に異変があり、病院搬送後に体調が急変したといい「最期は奥様にみとられました」と説明した






●2016/09/29(木) 13:30
【訃報】原田隆氏(はらだ・たかし=講談社第一事業局局次長)
9月23日、脳出血のため死去。58歳。原田氏は1980年3月に一橋大学社会学部を卒業、同年4月講談社へ入社。
主に出版畑を歩み、見城徹・藤田晋『憂鬱でなければ、仕事じゃない』やホイチョイ・プロダクションズ
『電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり』などをヒット作を手がけた。
http://www.shinbunka.co.jp/news2016/09/160928-02.htm






●ハヤブサ江崎英治さん死去 47歳くも膜下出血
[2016年3月5日9時38分 紙面から]
01年5月、黒田哲広(下)にトップロープからムーンサルトを浴びせるハヤブサ
 プロレスラーで華麗な空中技で人気を博したハヤブサこと江崎英治(えざき・えいじ)さんが3日午後0時、くも膜下出血のため死亡したと4日、所属事務所が発表した。47歳だった。通夜、葬儀は近親者のみで行い、後日、「ハヤブサを偲ぶ会」を開催する






●2015.11.27 12:55
「サザエさん」中島君、「ドラえもん」出木杉君、声優の白川澄子さん死去 80歳 自宅アパート浴槽で
人気アニメ「サザエさん」の中島役などを務めた声優、白川澄子さん(80)=本名・白土澄子=が26日、東京都杉並区内の自宅アパートで亡くなっているのがみつかった。くも膜下出血で亡くなったとみられる。警視庁杉並署によると、同日朝、連絡が取れないことを心配したマネジャーと親族が自宅を訪問。風呂場の浴槽に入り顔を水に浸けたまま動かない白川さんを見つけた。病院に搬送され死亡が確認されたという。外傷などはなく事件性はないとみられる。白川さんは東京都出身。人気アニメの声優として活躍し、中島役のほか、「ドラえもん」の出木杉英才役なども務めた。





●くも膜下出血 米良美一復帰へ   2015年8月26日(水) 9時18分掲載
クモ膜下出血の手術から再び大輪の花を咲かせようとする米良美一(日刊スポーツ)
米良美一くも膜下出血から273日ぶり「奇跡」復帰 昨年12月にくも膜下出血で倒れたカウンターテナー歌手米良美一(44)が、来月6日に仕事復帰する。3月末に退院後、リハビリに取り組んできた。このほど取材に応じ、再びステージに立てる喜びを語った。(日刊スポーツ)




●夕刊フジ 6月2日(火)16時56分配信
歌手・矢吹健さん(69歳没)糖尿病と脳梗塞を患っていた。デビュー曲「あなたのブルース」が大ヒットし、1968年の第10回日本レコード大賞新人賞にも輝いた歌手、矢吹健さんが今年1月、山梨県内の自宅で亡くなっていたことが6月2日、分かった。69歳だった。妻子に先立たれ、誰にも看取られずに息を引き取った“孤独死”だったという。


●ピン芸人相原慎吾さん31歳で急逝
2015.08.19.
ピン芸人相原慎吾さん31歳で急逝
 亡くなった相原慎吾さん(公式Twitterより) 1枚
拡大
 東京NSC12期生でピン芸人の相原慎吾さんが13日朝、くも膜下出血で急逝した。31歳の若さだった。関係者への取材によると、17日に葬儀が行われた。

 相原さんは愛媛県松山市出身。「R−1ぐらんぷり2015」では1回戦を突破していた。亡くなる直前の13日午前2時半過ぎには、ツイッターで「椎名林檎さんの新曲のPVどれも良いなぁ。」とつぶやいており、これが最後のツイートとなった。

 東京NSCの同期生で同居人だったお笑いトリオ「ちんぺい」の国場は18日夜、ツイッターで「同期であり同居人でもあったピン芸人の相原慎吾が、13日の朝くも膜下出血により亡くなられました。あまりに突然のことでバタバタしてしまいご報告が遅れてしまったことお詫び申し上げます」と突然の別れを伝えた。

 そして「相原は親友でもあり、一緒に飲みに行ったり仕事で何度も助けてもらったり、本当にいいやつでした」と思い出をつづり、「そんな大切な仲間がいなくなるのは寂しいですが、相原の分まで精一杯生きて、芸人としてがんばっていきたいと思っています。そして、相原のことはいつまでも忘れません。皆さんも、どうか相原慎吾のことを忘れないであげてください」と悼んだ。

 もう1人の同居人、お笑いコンビの「メイデン玉砕」の橋山メイデンも18日夜、ツイッターで「同期で同居人でもあった相原慎吾が8月13日くも膜下出血により亡くなりました  17日火葬が行われ多くの芸人、関係者に見送られて幸せだったと思います  芸人であり最高の裏方でもあった彼を時々でよいので思い出してあげてください」と相原さんの笑顔の写真を掲載するとともに、早すぎる死を悼んだ。





<訃報>町村信孝さん70歳=前衆院議長。町村信孝前衆院議長が2015年〈平成27年〉6月1日午後2時15分、脳梗塞(こうそく)のため東京都内の病院で死去した。70歳だった。(毎日新聞)



● <訃報>えひめAI(マイエンザ、微生物資材)を広めたいという思いの根底には、坪田愛華ちゃん(12歳没)という一人の少女の描いた絵本との出会いがあります。彼女は地球環境を勉強し、美しく豊かな地球と人間の未来を祈り、クリスマスの夜に「地球の秘密」という絵本を描き終え、その夜に急逝されました。坪田愛華ちゃんは1979年11月26日、島根県に生まれる。 小さい時から、絵を描くことや本を読むことが大好きで、知識豊富な明るい子だった。 1991年、小学6年生の2学期、環境問題について 担任の先生から与えられた課題を得意な漫画で表現し、2か月がかりで描きあげた数時間後の12月26日未明、突然の小脳出血に倒れ、翌27日、その生涯を閉じた。





●「小悪魔ageha」モデルの純恋(すみれ)が21歳で死亡。(1987年7月28日 - 2009年6月10日)
 純恋の死因も脳出血。諏訪美緒と同じく
 睡眠中にそのまま亡くなっている。
 http://www.gekiura.com/~press/sumire.jpg
2009年(平成21年)3月、仙台市から上京しモデルとしての活動を本格化させた。純恋はそれまではキャバクラでの勤務も続けていたが体調不良により両立が困難になり、キャバクラは辞めている。上京してからは『小悪魔ageha』の先輩モデル、早川を姉の様に慕っていた。しかし同年5月、純恋は病院から処方された薬を飲んでも回復しないほどに頭痛が悪化していた。純恋はこの頃、いくつかの病院に診察してもらっていたようだがどの病院でも「ストレスが原因」「偏頭痛」と診断されていた。6月10日、純恋は初めて『小悪魔ageha』の撮影を無断で欠席し、連絡が取れなくなったことを心配した事務所の担当者が純恋のマンションを訪れたところ室内で死亡しているのが発見された。死因は脳出血だったという。21歳没。死亡前の6月2日付の純恋のブログでは体調不良のため地元に療養に戻っていたことを明かしたが、回復したとの旨を伝えていた。ブログには2万を超えるコメントが書かれており純恋の早すぎる死を惜しんだ。デザインを手がけていたネックレスは亡くなる4日前に完成しており、同年8月に発売され大きな反響を呼んだ。



■【訃報】小悪魔agehaモデル諏訪美緒さん 死因はくも膜下出血(画像)2015年05月17日
http://gisland.seesaa.net/article/419120789.html
お姉ギャル・姫ギャル系ファッション雑誌「BETTY」やギャル系ファッション雑誌「小悪魔ageha」のモデルを務めたこと等で知られる諏訪美緒(すわ みお)さんが、昨年11月26日にくも膜下出血のため死去していたことが、オフィシャルブログの「ファンの皆様へ」と題された5月17日付エントリーにおいて、諏訪のん(姉)家族一同の連名によって報告された。諏訪美緒さんは大阪府出身、1990年12月26日生まれ。24歳の若さだった。謹んでお悔やみ申し上げます。



■訃報:原口健二さん 57歳=熊谷市議 /埼玉 2015年05月17日 毎日新聞
mainichi.jp/area/saitama/news/20150517ddlk11060156000c.html
 原口健二さん 57歳(はらぐち・けんじ=熊谷市議)16日、くも膜下出血のため死去。
通夜は20日午後6時、葬儀は21日午前11時、熊谷市円光1の17の13のセレモニーホールゆうえん。
自宅は同市下奈良636の20。喪主は妻圭子(けいこ)さん




南相馬市にある市立総合病院に脳血管疾患に迅速に対応するための「脳卒中センター」が建設されることになり、16日、関係者が建設予定地で工事の安全を祈願しました。「南相馬市立総合病院」は、相双地域の医療の拠点となっている病院の1つで、震災と原発事故後、長引く避難生活によるストレスなど(ここはあいまいに誤魔化しているがはっきり言うと放射能の影響と考えられる)が原因と見られる脳血管疾患の患者が増えていることから、迅速に対応するために「脳卒中センター」を整備する計画です。



矢野顕子とヤノカミというユニット組んでたレイハラカミ(原神 玲)は2011年7月27日、脳出血のため40歳で急死。(5月8日に郡山でライブ)ミュージシャンの原発事故後の突然死は多分この人が最初だと思う。

相次ぐ急死! ヴィジュアル系バンドに何が起こっているのか!? メンズサイゾー 2011年7月29日 20時00分 (2011年8月6日 06時49分 更新)
5人組ヴィジュアル系バンド「Kagrra,(カグラ)」の元ボーカル・一志が、18日に自宅で急逝していたことが発表された。32歳の若さだったが、死因は公表されていない。 2004年にメジャーデビューを果たしたKagrra,は、和を基調としたネオ・ジャパネスク・スタイルと呼ばれるファッションと音楽性で人気を博したが、今年春の全国ツアーを最後に解散。一志はソロプロジェクトをスタートさせたばかりだった。ヴィジュアル系といえば、X(現X JAPAN)の元ベーシスト・TAIJI(享年45)がサイパンに向かう飛行機の機内で暴れ、身柄拘束中に自殺したというショッキングなニュースも記憶に新しいところ。Xはギタリストのhide(享年33)が1998年に急死、ボーカルのToshiも自己啓発セミナーに傾倒するなど波瀾万丈すぎる経歴のバンドとして知られる。X以外のヴィジュアル系バンドでも、グロテスクな衣装やメイクを売りにしていたDeshabillz(デザビエ)は、ライブ会場から機材車でhideの葬儀に向かう途中に交通事故に遭い、ベーシスト・美歪と同乗していたMadethay'll(マディス・グレイル)のギタリスト・歪が死去。さらに、GACKTも所属していたMALICE MIZER(マリスミゼル)のドラマー・Kamiは、99年6月にクモ膜下出血で急逝している。ヴィジュアル系としてだけでなくヘビーメタルの有望株としても期待されていた4人組バンド・Raphael(ラファエル)は、中心メンバーのギタリスト・華月が2000年に19歳の若さで急死。自宅で死亡しているのが発見され、死因は睡眠剤の過剰摂取による副作用と見られている。極めつけとしては、4人組バンドのTHE PIASS(現・妃阿甦)は、ファーストアルバムをリリースした95年、PV撮影中に川に飛び込んだボーカルのCHIHIROとドラマーのHIROSHIが事故死し、その3年後にベースのYOSHIOが自殺するという悲劇に見舞われている。ヴィジュアル系ブームの頃のバンドは破天荒なイメージがあり、こういった悲劇が起こることも珍しくなかった部分があるが、近年もヴィジュアル系バンドのメンバー急死や事故死が相次いでいる。04年に解散したEllDorado(エルドラード)のベース・瞬介は昨年3月に自殺、蜉蝣(かげろう)の元ボーカル・大佑も昨年7月に自殺、インディーズでありながらオリコントップ10入りを何度も果たしたMoran(モラン)のベース・Zillも昨年7月に急死、06年にメジャーデビューした5人組バンド・しゃるろっとのボーカル・和乃は今年4月に急逝......と、異常に思えるほど悲劇が立て続けに起こっている。気になるのは死因。病死や事故死のメンバーもいるが、自殺や死因非公表というケースが圧倒的に多い。これはヴィジュアル系アーティストの相次ぐ急死と関係あるのだろうか。死因を公表しない場合、自殺や薬物によるオーバードーズなどによって死亡したケースがあることは周知の事実でしょう。


高橋二三さん89歳=脚本家
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150514-00000079-mai-peo
高橋二三さん89歳(たかはし・にいさん<本名・高橋幸人=たかはし・ゆきと>脚本家)2015年5月5日、脳幹出血のため死去。葬儀は近親者で営んだ。



磯野貴理子(51)が脳梗塞で緊急入院したのは、昨年10月。24歳下の夫の献身的な看病もあって、順調に回復した磯野は、12月末には仕事復帰を果たした。


長嶋茂雄、石原慎太郎、江守徹、栃東大裕(元大関)、大山のぶ代(声優)、坂上二郎(タレント、故人)、三遊亭圓楽(落語家、故人)、真屋順子(俳優、タレント)、大鵬(元横綱、故人)、小渕恵三(政治家、故人)
●以上は脳梗塞になった人。

カウンターテナー歌手の米良美一さん(43歳)は、2014年12月にくも膜下出血で倒れたそうです。12月8日に、意識不明の状態で発見され、救急搬送されました。診断の結果、左部分のクモ膜下出血で、緊急手術を受けたそうです。2015年を迎えても意識が戻らない状態でしたが、水筒症の後遺症を取り除くため、2015年1月8日に再度手術を行い、その後、2ヶ月以上入院し、リハビリを行い、3月25日に退院したそうです。現在は、実家で歩くリハビリを行っているそうです。



「ビリー・バンバン」菅原孝さん脳出血で入院、脳出血の危険性
「ビリー・バンバン」菅原孝さんが、脳出血で倒れ、都内の病院に緊急入院しました。幸い、命に別状はなく、意識もしっかりしているとのことです。日本の3大死因の一つといわれる「脳出血」の危険性についてまとめました。 更新日: 2014年07月11日




イビチャ・オシム氏はサッカー日本代表監督就任中の2007年11月,千葉県内の自宅で脳梗塞で倒れ,一時は危篤状態に陥った。しかし,迅速な対応と的確な処置によって一命を取り留めている。代表監督は退任したものの,2008年12月までは日本サッカー協会のアドバイザーに就任。オーストリアに帰国した現在も,わが国のサッカー界を見つめ続けている。



宮川大助(脳出血)2007年2月に脳出血で入院し、休養していた漫才師の宮川大助さん(56)が24日午後、吉本興業の劇場「なんばグランド花月」(NGK、大阪市中央区)で舞台復帰を果たした。19年前がんに侵され、大助さんの励ましで克服した妻の花子さん(51)が、一時は引退を本気で考えながらも、今回は夫を支えた。



KEIKO(42歳)
音楽グループ 『globe』のヴォーカリストとして活動、実家は地元で有名な料亭「山田屋」で、東京の系列店(ふぐ料理専門店)はミシュランガイドで二つ星の評価を得た。夫は同じくglobeのメンバーである小室哲哉。2011年、自宅にいる際、首の後部に激痛を訴え倒れた。夫の小室が救急車を呼び都内病院に緊急搬送。「クモ膜下出血」と診断され、約5時間にわたる手術を受けた。早期発見だったため脳に大きな損傷は無く、後遺症の一つである高次脳機能障害については現在のところ特に心配することは無いという。暫くは自宅療養と通院でリハビリをしていくという。




佳那晃子(59歳)
女優。デビュー時から妖艶な色気と脱ぎっぷりの良さで人気を集め、1981年の映画『魔界転生』では病気降板した高瀬春奈の代役で細川ガラシャ役に抜擢された。近年は重度のネフローゼ症候群により4年間の闘病生活を続けていた。2013年、自宅でクモ膜下出血のため倒れて意識不明状態となり、病院に搬送された。医師からは病状が最も重い「重度5」であり、脳死もしくは植物状態であると診断された。が、蘇生措置により回復、その後の治療の結果、問いかけに手足の動きや瞬きなどで反応できるまでになった。
佳那晃子がくも膜下で一時「脳死」宣告
2013年9月17日
 女優の佳那晃子(57)が今年1月10日にくも膜下出血で倒れ、一時は脳死宣告まで受けながら奇跡の回復を遂げていたことを17日、所属事務所がマスコミ各社にFAXで報告した。それによると佳那は1月10日午後10時ごろ、自宅で突然倒れ、救急車で近くの熱海所記念病院に搬送された。当直医は夫の源高志氏に「脳死」または「良くてもフラットな植物状態」と宣告したが、その後の蘇生処置などにより、翌日奇跡的に手術可能な状態にまで回復した。そして10時間に及ぶ手術が成功し、命を取り留めた。しかし出血多量で「脳死」につながる状態となったことから、脳への処置が行われた。 3月時点では「フラットな植物状態」以上の回復の見込みはないと告げられていたが、医師らの懸命な加療により少しずつ微妙に反応を見せるようになった。






1964年の東京五輪バレーボール女子で金メダルを獲得した元日本代表主将の中村(旧姓・河西)昌枝さんが3日、脳出血で死去した。80歳だった。



桜金造(タレント)2013年2月12日、自宅浴室で脳内出血のため倒れ、病院で右側頭部血腫の除去手術を受ける。病状は安定しているものの左半身と口元にマヒがあり、リハビリを続けている。同年5月19日に「西東京」のライブを開き、仕事復帰した。 2013年6月25日 杏林大学病院を退院。


桑名正博(故人、59歳没、歌手)2012年7月15日早朝に大阪市内の自宅で脳幹出血により倒れ、大阪市住之江区の友愛会病院に緊急搬送されたが、意識不明の重体となる。意識不明の状態が続く中の同年7月20日、ゲスト出演した『ライオンのごきげんよう』が放映され、その際には倒れる前の7月11日に収録されたものである旨が表示された。3回の出演予定だったが、残り2回は7月18日に収録予定だったため、出演はこの回きりとなった。
同年8月2日、入院先の病院で長引く闘病生活に耐えるため気道に注入された人工呼吸器を外し、気管切開の手術を受けた。倒れてから長らく意識不明の状態であり、高カロリーの点滴(ラクトリンゲル)で栄養補給をしている状態が続いていたが、2012年10月26日午後に死去した。59歳没。


山下清(画家、故人49歳)、東八郎(故人、タレント、満52歳没)なども脳出血。

小成たか紀
漫画家。1984年、『月刊少年ジャンプ』の『マンモス』(原作:武論尊)にてデビュー。以後、主に『月刊少年ジャンプ』で活躍した。1996年、クモ膜下出血のため急逝。そのため、当時『週刊ヤングジャンプ』にて連載されていた作品「てっぺん」は未完のままに終わる。36歳没。


吉村よう
男性俳優、声優。脇役での声優出演が中心だったが、『ついでにとんちんかん』では主人公である間抜作の役を個性的な声でつとめこれが代表作になった。また、ディズニー作品であるくまのプーさんのブエナ・ビスタ版で最初にプーさんの声を担当していた。1991年、クモ膜下出血に倒れ死去。37歳没。


天知茂
俳優・歌手。ニヒルの代表格で、当時の代名詞的存在であった。孤独なヒーロー役や悪役が多かった。美輪明宏主演舞台『黒蜥蜴』で明智小五郎役を演じ、これが当たり役となる。時代劇やコメディドラマでも味を見せ、新たな映画製作の企画を進めていた矢先の1985年、クモ膜下出血により渋谷区の日赤医療センターにて死去。満54歳没。


八木治郎
元NHKアナウンサーでテレビ司会者。報道・芸能・社会番組などを担当。NHKを退局しフリーとなり、『ウィークエンドモーニングショー』の司会を務め、民放モーニングショーの先駆的存在となる。派手さはないが、「ムード派の八木」と呼ばれた。1983年料理店で食事中に突然倒れる。診断の結果、クモ膜下出血と判明。人工呼吸等が施されたものの意識は戻らないまま、翌日夜に死去。57歳没。


「海猿」「ブラックジャックによろしく」などの大ヒット作を持つ漫画家の佐藤秀峰さん(39)が2013年11月18日に脳梗塞で緊急入院した。



星野源 生年月日: 1981年1月28日 (35歳)
俳優、ミュージシャン、文筆家。大人計画事務所(俳優業)。ライターとしても多数の連載を抱えているアーティストである。2013年に公開された主演映画・『箱入り息子の恋』や『地獄でなぜ悪い』の演技や、アニメ映画の声優、映画音楽の製作なども評価された。2012年に、くも膜下出血と診断されたため、活動を休止。翌年復帰したが、定期検査の結果、手術した箇所が、万全な状態ではなくなってきていることがわかり、経過観察と新たな措置が必要との診断を受け、治療に専念することになったため、再び活動休止することになった。


Kami
MALICE MIZERの元ドラマー。1999年6月にくも膜下出血で亡くなった。MALICE MIZERの2代目ボーカルとして活動していたGACKTは命日と誕生日にはお墓と実家に足を運んでいる。





伊藤俊人(俳優)もくも膜下出血。2002年5月24日(満40歳没)フジテレビ系ドラマ「ショムニ」「古畑任三郎」などで存在感ある脇役を演じてきた俳優、伊藤俊人さん=写真=が24日、くも膜下出血で40歳の若さで急死したことで、テレビ・演劇関係者に衝撃が広がっている。伊藤さんは22日正午ごろ、電話でマネジャーに「頭が痛いんだ」と連絡。その途中でも「吐き気がする」など急速に病状が悪化し、救急車で病院に運ばれた。同日の緊急手術で、一時は意識を回復したが、24日に容体が急変して亡くなったという。専門医は「くも膜下出血は、20−40代の若さで起きることも珍しくない。最近は、診断技術の進歩で、脳動脈瘤が破裂する前に見つかることもあり、早期の手術で助かるケースは多い。少しでも異変を感じたら、病院でCTなどの検査を受けてほしい」と話す。 伊藤さんは、劇作家、三谷幸喜氏(40)が主宰する劇団「東京サンシャインボーイズ」で活躍。三谷氏は悲報を受け、「脇役もできる優れた俳優だった。人生って捨てたもんじゃないなって思わせる、地味だけどあったかい映画の主人公を演じるはずの男でした。残念でなりません」と無念の追悼文を寄せた。29日午前11時から、東京都中野区中央の宝仙寺で営まれる葬儀・告別式で三谷氏が葬儀委員長を務める。俳優。ほとんどの三谷作品に出演している。黒ぶちのメガネを使うことも多い、個性派名脇役であった。2000年10月、『ショムニ』の撮影で出会ったスタイリストの女性と交際半年でスピード結婚。2002年、レギュラー出演していたテレビドラマ『ショムニ』の続編『ショムニFINAL』の撮影数日前にクモ膜下出血のため、40歳の若さで急逝した。なお『ショムニFINAL』以降は野々村課長の代役を立てず、海外赴任中という設定になっている。





西城秀樹(1955年4月13日生まれ、60歳)が脳梗塞を発症したのは2度。1度目は03年6月で、ディナーショーのために訪れた韓国・済州島で発症した。ディナーショー後に帰国し入院。まだ48歳だった。軽い言語障害の後遺症は残ったものの見事に復帰。栄養バランスを考えた食事をとり、1日3箱吸っていたたばこをやめ、酒も控えるように。ところが、11年12月、2度目を発症してしまった。しかも、トイレも風呂も1人では入れないなど重い症状が出て、右半身マヒなどの後遺症が残った。




小林カツ代
料理研究家として、簡単ではあるが手抜きではない料理を研究、紹介しており、生涯で出版した著書は200冊を超える。また、台所用雑貨や食器のプロデュース、講演活動も行っていた。長男のケンタロウも料理研究家。2005年8月にクモ膜下出血を発症、その後は入院療養を続けていたが、2014年に多臓器不全のため逝去。76歳没。


吉田栄勝 日本のレスリング選手。レスリング指導者。吉田沙保里の父。2012年のロンドンオリンピックでは女子代表チームコーチを務めた。2014年、路肩に停車した自動車の中でぐったりしている所を発見され、病院に搬送されたが死亡が確認された。死因はくも膜下出血とされる。61歳没。


学者である栗本慎一郎さん、歌手である大泉逸郎さん、映画監督である故・大島渚さん、元首相である鳩山一郎さんなども脳梗塞です。


木村拓也
元プロ野球選手(内野手、外野手、捕手)、プロ野球コーチ。愛称はキムタク。、「俊足・強肩・巧打」と、攻守ともに優れたユーティリティープレイヤーとして重宝された選手だった。2010年、試合前、シートノック中に突如として意識を喪失しそのまま倒れ込んだ。搬送後クモ膜下出血と診断され、治療を受けていたが、意識不明の重体から容態は改善することのないまま、入院先の病院で息を引き取った。37歳没。



竜鉄也 歌手。25歳で失明。その頃より音楽の勉強を始め、演歌師として出発する。「奥飛騨慕情」でデビューし、1981年には第32回NHK紅白歌合戦に出場。2000年頃に脳卒中で倒れたあとは、療養していたため歌手活動はしていなかった。2010年、くも膜下出血により岐阜県高山市の病院で死去。74歳没。



タレントの麻木久仁子(51)も48歳の時、突然、脳梗塞に襲われた。「不意に、あっと急に右足、右手がジーンとして細かく震え始めたんです。力も入らない。すぐ収まりましたが、帰宅してキーを鍵穴に入れようとしても入らないのです」 数日後に病院に行くと脳梗塞といわれた。3か月で回復し後遺症もないという。ただ、今も薬を飲み続けている。



フリーアナウンサーの沼尾ひろ子(50)は42歳のときに脳梗塞に襲われた。車を運転していたときに、何の前触れもなく睡魔と倦怠憾を覚えた。6日後に緊急入院したが、言語障害になり自分の名前も出てこなかった。「人生の絶望」に陥ったというが、リハビリで3か月後に元に戻った。




玉川善治
芸能プロモーター、作詞家。お笑い芸人専門の芸能事務所『プロダクション人力舎』の前代表取締役社長。人情に厚く温厚な人物で、タレントのことを親身に考えていた。2010年、くも膜下出血の為、東京都中野区の自宅で死去。63歳没。





南田洋子
女優。芥川賞を受賞した話題作『太陽の季節』が映画化され長門裕之とともに主演。この映画は大ヒットし2人は日活の看板スターとなり、多くの作品に出演する。1961年に長門と結婚。おしどり夫婦のイメージのもとに最晩年まで多彩な活動をしていた。2004年頃から認知症の症状が表れ始め、ドラマや映画の台詞が覚えられなくなるほど悪化し、芸能活動を引退。専門医によりアルツハイマー病との診断が下された。2009年に自宅で倒れ、クモ膜下出血との診断を受けた。危篤状況が続いていたが、意識が戻らず、同10月21日に死亡した。76歳没。



2013年1月18日、テレビ東京の大橋未歩アナウンサー(34)が、軽度の脳梗塞を発症し、療養することが発表された。お笑い芸人の椿鬼奴(40)も、昨年テレビ番組で、過去に小さい脳梗塞の発症歴が明らかになるなど、近年、若年性脳梗塞が注目されている。



日沢伸哉
放送作家。『クイズ!紳助くん』『探偵!ナイトスクープ』構成を手がけるほか、『上方落語をきく会』『日曜落語 〜なみはや亭〜』などの演芸番組の構成を手がけた。2009年、クモ膜下出血のため死去。54歳没。




福田繁雄
グラフィックデザイナー。単純化された形態とトリックアートを融合させたシニカルなデザインが特徴。「日本のエッシャー」とも称される。画家の福田美蘭は娘。1994年に、TBSドラマ「天までとどけ3」にて本人役で特別出演している。2009年、くも膜下出血のため東京都三鷹市の病院で死去。76歳没。



島村麻里
フリーライター。女性と社会や文化のかかわりをテーマに新聞、雑誌などで執筆活動を行っていた。鬱病を10年以上患って、その体験を闘病記として発表。2008年、くも膜下出血により死去。51歳没。一人暮らしの自宅で倒れているのを死後数日してライター仲間に発見された。



木原光知子
元水泳選手、タレント。高校在学時に1964年東京オリンピックに出場し「ミミ」の愛称で一躍アイドル選手となった。競技を引退後は東レの水着モデルを務めるなどタレントに転向。各種スポーツ団体や岡山県関連の理事・委員や日本水泳連盟理事を務めるなどの多方面で活躍していた。2007年、親子水泳教室の指導中に倒れ、意識不明のまま搬送された。一時は意識を回復したものの、クモ膜下出血のため死去。59歳没。



熊井啓
1960年代から2000年代にかけて活動した日本の映画監督。妻はエッセイストでポプリ研究家の熊井明子。多くの監督作が『キネマ旬報』ベスト・テンに選出され、ベルリン国際映画祭やヴェネツィア国際映画祭の各賞を受賞した。日本を代表する社会派映画の巨匠である。2007年私邸の敷地内で倒れているところを発見され、搬送された病院で意識を回復したものの、クモ膜下出血のため死去。76歳没。新作の準備に意欲を見せていた中の無念の死だった。



小林恭治
男性声優、ナレーター。テレビ草創期の時代から声優やナレーターとして活躍した。巨人の星、プラネテスのナレーターなど。脳梗塞による1年間の闘病生活後、2007年、くも膜下出血のため東京都世田谷区の病院で死去。75歳没。



高山善廣(たかやま・よしひろ)はいまから11年まえ、38歳のときに「脳梗塞をやっちゃった」新日本プロレスのG1クライマックス公式戦で佐々木健介(ささき・けんすけ)と対戦したあと、「なにがなんだかわからなくなって」、ドレッシングルームで倒れた(2004年8月8日=大阪・大阪府立体育会館)



●相田みつを(詩人・書家) (1924年5月20日-1991年12月17日)「人間だもの」の言葉で有名。人間に関するシンプルで温かみのある詩を独自の書体で書いた作品で知られる。「書」と「詩」の高次元での融合を目指し、人々の心に響く作風を確立。1984年、初詩集『にんげんだもの』がミリオンセラーとなって相田ブームが起こる。ただし、この時すでに相田みつを60歳。しかも、長年の苦労が報われたその矢先に転倒し足を骨折、さらに脳内出血を起こして1991年12月17日に足利市内の病院で急逝。享年67歳。




村田渚
お笑い芸人。1991年、「フォークダンスDE成子坂」(ツッコミ担当)としてデビュー。『タモリのボキャブラ天国』に出演し、爆笑問題や海砂利水魚(現くりぃむしちゅー)、ネプチューンらと共に人気を博した。解散後は元坂道コロンブスの松丘慎吾と新コンビ「鼻エンジン」を結成。2006年、東京都品川区の自宅マンションで倒れていた所を発見される。発見時、既に息を引き取っていた。周囲に頭痛などの体調不良を訴えていたが、クモ膜下出血のため急逝していた事が判明。まだ35歳の若さだった。


金田一春彦
言語学者、国語学者。国語辞典などの編纂、方言の研究でよく知られている。次男はテレビに出演する日本語教師の金田一秀穂。2004年、クモ膜下出血のため甲府市の病院で死去する。91歳没。


高橋俊昌
少年雑誌『週刊少年ジャンプ』第7代編集長。当時の『週刊少年ジャンプ』編集長西村繁男の方針である硬派路線に反し、美少女を描けるまつもと泉、富沢順、萩原一至、冨樫義博などの作家を次々発掘し続けた。後に鳥嶋とともに『Vジャンプ』創刊にも携わる。2003年、クルーズ客船上で催された同誌『ONE PIECE』のアニメ映画作品の製作発表会見に出席した際、その席上で突然倒れる。会見は中止されて急遽帰港、搬送されたが死去。死因はクモ膜下出血であった。44歳没。


如月小春
劇作家・演出家として活動し、野田秀樹・渡辺えり子らとともに1980年代の小劇場ブームをリードした。また、エッセイストとしての著作も多く、司会者・コメンテーターなどとしてもテレビにも出演していた。2000年、クモ膜下出血により死去。44歳没。


首藤剛志
脚本家、小説家。主にアニメ関係の仕事を中心にしていた。代表作にはアニメ『宇宙戦士バルディオス』、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』シリーズや『戦国魔神ゴーショーグン』、『ポケットモンスター』などがある。洒脱な台詞に定評があり、シリーズ構成を担当した作品における次回予告がユニークなことでも知られている。『ポケットモンスター』では、ロケット団の口上「なんだかんだと聞かれたら〜」という名フレーズを生み出した。2010年に訪問先の奈良駅の喫煙所でクモ膜下出血を起こして倒れた。緊急手術を受けたものの回復せず、死去した。61歳没。


俳優の田宮五郎さんが、2014年11月6日、くも膜下出血のため死去しました。47歳でした。田宮五郎さんは、2012年4月12日くも膜下出血のため、自宅で倒れ、手術。リハビリ病院も退院し、自宅療養中でしたが、11月2日に再度くも膜下出血で倒れ、入院しましたが、6日に息を引き取ったそうです。


徳大寺有恒 急性硬膜下血腫
自動車評論家の徳大寺有恒さんが、2014年11月7日 急性硬膜下血腫のため、死去しました。74歳でした。徳大寺有恒さんは、6日夜自宅で転倒し、頭を打ち、病院に運ばれたそうです。

安部俊幸 脳出血
チューリップのギタリストの安部俊幸さんが、2014年7月7日に、脳出血のため死去しました。64歳でした。安部俊幸さんは、インドに住んでおり、そこで、脳出血になったそうです。


帯ひろ志 脳幹出血
漫画家の帯ひろ志さんが、2014年8月3日、脳幹出血のため死去しました。54歳でした。8月2日の夕方に、脳幹出血で入院していました。



2013.09.18
佳那晃子がくも膜下で一時「脳死」宣告

 女優の佳那晃子(57)が今年1月10日にくも膜下出血で倒れ、一時は脳死宣告まで受けながら奇跡の回復を遂げていたことを17日、所属事務所がマスコミ各社にFAXで報告した。
 それによると佳那は1月10日午後10時ごろ、自宅で突然倒れ、救急車で近くの熱海所記念病院に搬送された。当直医は夫の源高志氏に「脳死」または「良くてもフラットな植物状態」と宣告したが、その後の蘇生処置などにより、翌日奇跡的に手術可能な状態にまで回復した。そして10時間に及ぶ手術が成功し、命を取り留めた。しかし出血多量で「脳死」につながる状態となったことから、脳への処置が行われた。
 3月時点では「フラットな植物状態」以上の回復の見込みはないと告げられていたが、医師らの懸命な加療により少しずつ微妙に反応を見せるようになった。
 6月には静岡県の療養リハビリ病院に転院、8人の専従スタッフ体制を敷いて高度な加療を施した結果、現在では語りかけると手足の動き、瞬きで反応できるまでに回復したという。
 事務所では「命の危険もあり、ご報告を控えさせていただき申し訳ございませんでした。今後も時間がかかるかと思いますが、完治に向かいリハビリを行い皆様の前に元気な姿をお見せできるように頑張って行きます」としている。




●細川俊之さん急死…自宅で転倒し急性硬膜下血腫で
[ 2011年1月14日 18:50 ]
急性くも膜下血腫のため死去した細川俊之さん
 クールな二枚目俳優として、映画やテレビ、ミュージカルなどで幅広く活躍した細川俊之(ほそかわ・としゆき)さんが14日午前5時24分、急性硬膜下血腫のため死去した。70歳。福岡県出身。葬儀・告別式は行わない。






















posted by グリーン at 09:16| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック