2014年06月10日

白血病の有名人、白血病のタレント、白血病の俳優、白血病の著名人


白血病の有名人、白血病のタレント、白血病の俳優、白血病の著名人





ネットの記事はしばらくすると消えてしまうことが
多いので、自分の関心のある記事を自分自身の備忘録
としてここに保管しておきます。





令和3年1月23日更新




●元鷹・摂津正氏が「慢性骨髄性白血病」を公表「苦しんでる方の力になれば」
2021/1/23(土) 17:32配信
Full-Count
「骨髄の提供者が増えることを願って公表を決意しました」
元ソフトバンクの摂津正氏【写真:藤浦一都】

 元ソフトバンクの摂津正氏が23日、自身のインスタグラムで「慢性骨髄性白血病」と診断されたことを公表した。「白血病という病気の理解、そして同じような病気で苦しんでる方の力になれば、何より白血病の種類によって治療で必要とされる骨髄の提供者(ドナー)が増えることを願って公表を決意しました」と公表を決めた胸の内を明らかにした。

【写真】「髪型も一緒」「2人とも男前」鷹・松田宣が公開した双子の兄・教明さんとの貴重な2ショット写真

 2008年のドラフト5位でソフトバンクに入団した摂津氏。入団から2年連続で70試合に登板して、最優秀中継ぎのタイトルも獲得。2011年に先発に転向すると、5年連続2桁勝利をマークし、ソフトバンクのエースとして君臨した。2018年に現役を引退すると、その後は解説者や福岡の地元局で自身の“釣り番組”を持つなど活動していた。

 摂津氏は自身のインスタグラムで「年明けに、【慢性骨髄性白血病】と診断されました」と報告。「まさか自分が白血病に…と驚きました。驚きと共に、しっかり治していこうと強く心に決めました。幸い薬を飲んでいけば大丈夫とのことで、運動や仕事、食事も今まで通りで良いとのことです」とし、治療への決意を綴っている。

 また「遺伝子変異で発生するので、防ぎようが無いと医師から言われました」と記した摂津氏。「正しい病気の知識と骨髄バンクの理解、ドナー登録する人が1人でも多くなればと思うばかりです」と願うとともに「変わらず仕事も遊びも全力でしていきますので、仕事の依頼、ゴルフ&釣りの誘いお待ちしてます!」と締め括っていた。

Full-Count編集部

【関連記事】
元鷹・攝津正氏、FA取得時に考えた楽天移籍「2013年の日本一がなかったら…」
昨季限りで引退の元ホークス・摂津正氏、現在の目標は…
元鷹ズレータ氏、マウンドで泣き崩れた斉藤和巳氏への思い 「リスペクトの気持ちを生んだ」
元広島の北別府氏が白血病を公表 治療への決意綴る「孫にも野球を教えなければ」
病気乗り越えた川崎宗則が「ビビリでも挑戦」する訳



●2020年12月26日
一病息災
[シンガー・ソングライター 岡村孝子さん]急性白血病(1)「10万人に2人」に衝撃

 1982年、大学生の時に女性デュオ「あみん」でデビューし、「待つわ」はミリオンセラーに。ソロになってからも「夢をあきらめないで」は、世代を超えた応援ソングとして支持を受け、人気シンガー・ソングライターとして38年のキャリアを積み重ねてきた。

 「レコーディングは徹夜。ツアーもあるし、元気に過ごしてきました」

 異変を感じたのは、昨年3月。母と大学生の娘の3人で金沢市を旅し、名所の兼六園を散歩していると、突然、足がつって歩くのがつらくなった。思えば2月、ニューアルバムのレコーディング中に顔の形が変わるほど歯茎が腫れ、肩こりや腰痛にも悩まされていた。

 「12月のツアーやレコーディングの疲れね。回復に時間がかかるのは年なのかな」と軽く考えていた。

 4月、定期的に受診する大学病院で血液検査をすると、白血球の数値が1500と、基準値の下限の半分に満たなかった。再検査ではさらに低かったため、血液内科の医師がこの日3度目の採血。翌週に精密検査を受けることになった。

 腰の骨に針を刺して骨髄液を抜く。1時間ほど待った後、母と娘の3人で医師から説明を受けた。

 「急性骨髄性白血病です」

 「どうして私が10万人に2人の病気に」。衝撃を受けたが、一方で「治療を延ばせないかな」と甘く考える自分もいた。5月のアルバム発売や、続くコンサートの予定が気になった。

[シンガー・ソングライター 岡村孝子さん]急性白血病(2)心強かったファンの支え


 急性骨髄性白血病と診断されて2日後、昨年4月18日に入院した。この病気は、骨髄で血液が作られる過程で、がん化した白血病細胞が増え、正常な血液細胞が作れなくなる。発病の原因はわかっていない。治療はまず抗がん剤で、白血病細胞をゼロに近づける。それで回復が見込めなければ、血液に分化する造血幹細胞を移植する。

 「治る保証はないし、治療後の検査数値を見て次を考えるので、いつ治療が終わるかわからないんです」
抗がん剤治療は5月に始めた。6月、7月と計3回行った後、造血幹細胞の移植を受けることになった。治療は各回、5〜7日かかった。

 「口内炎で食べられなかったり、熱が出たりして大変でした」。それに加え、なぜか、頭の中でスマホの着信音が常時鳴っている感じがして不快だった。奇妙な感覚は移植が終わるまで続いた。

 感染から体を守る免疫機能が落ちるため、ずっとクリーンルームにいた。独りぼっちで部屋にいるのもつらかった。「自分だけ取り残されたような感じですよ」

 担当医師たちも気遣って、よく様子を見に来てくれた。母や娘の見舞いも励みになったが、ファンから届く千羽鶴やお守り、手紙は特に心強かった。「音楽で元気づけてもらったから、今度は私たちが支える番です」と書いてあった。

 入院は5か月に及んだ。(前編)(聞き手・渡辺勝敏)






●白血病と闘う能楽師の武田文志さん「医学の進歩を知った」
12/14(月) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL
観世流能楽師の武田文志さん(C)日刊ゲンダイ

【愉快な“病人”たち】

 武田文志さん(観世流能楽師・43歳)
 =慢性骨髄性白血病

 ◇  ◇  ◇

 今から7年前の10月、36歳の誕生日に緊急入院をしました。病名は「慢性骨髄性白血病」です。

 白血球の数値が19万8000マイクロリットルもありました。正常値は3000〜8000、5万〜6万で白血病が疑われるレベルなので、20万に迫る数値はかなりの異常です。後から聞いた話では、「病気は少なくとも半年前から始まっていただろう」とのことでした。

 病院を受診したきっかけは、風邪の症状で医師から処方された風邪薬を飲んでいて、朝は熱が下がりますが、夜になると微熱が出るというのを4〜5日繰り返していたからです。

 19歳の頃、風邪のウイルスが肝臓に入る当時のはやり病で1カ月入院しましたが、その時もまったく同じ流れでした。以来、「怪しい時は血液検査」という教訓があったので、かかりつけの病院に向かいました。

 実はその約40日後には、大曲「安宅」の舞台が控えていました。36歳の若さでそれを務めるのは大きな挑戦でしたから、「早めに対処しておこう」と思ったのです。

 検査は金曜夜でしたから「結果は週明けに」と言われていたのですが、翌土曜の早朝に病院から電話があり、「白血球の数値がとんでもない。詳しくはお会いして話しますので、すぐ来られますか?」と言われ、「詳細な検査は血液内科がある総合病院でないとできないけど、そちらで即入院になるかもしれません」と告げられました。

 行くとすでに紹介状が完成していて、そのまま総合病院へ移動して、即入院となりました。

 私は能楽以外の知識がない人間です。白血病と言われてイメージしたのは、ひと昔前の悲劇の主人公でした。ただ、わりと冷静に考える性分なので、「今の医療における白血病の扱いはわからないから、まずは医師のお話を聞こう」と妙に落ち着いていました。

 総合病院で再検査後に説明されたのは、白血病には慢性と急性があり、おのおの骨髄性とリンパ性があり、ざっくり4つに大別されること。白血病は確定、ほぼ「慢性骨髄性」で間違いないが、正式には週明けの骨髄検査で確定とのこと。慢性骨髄性白血病には数種類の特効薬があること。そして、何かの理由でその薬が飲めない場合は別にして、薬が飲めれば通院でも治療できることも聞き、医学の進歩を知りました。なので通院という選択肢もありましたが、「そんなことを言っている場合ではない」と思い、入院を即決したのです。

 週明けの検査で慢性骨髄性と確定し、18日間の入院を経て寛解のお墨付きをいただき、退院したのが11月6日。舞台は11月30日でした。主治医は入院当初から「自分が大丈夫だと思ったならOK」とおっしゃいましたが、能はハードスポーツ並みの消耗をしますから、非常に慎重に考えました。

■先生から話を聞くまでは「死」もちらついた

 でも、退院から2日後に試しに少し動いてみたら、ウソのように疲れ知らずで一曲舞い終えてしまったので、我ながら驚きました。というのも、病気発覚前の数カ月はとても疲れやすくて、一曲舞うとヘトヘトになって座り込んでいたのです。半分冗談で「年のせい」にしていましたが、「ああ、病気だったんだなあ」と実感しました。お客さまには白血病を包み隠さず公表し、直前での降板もあり得ることをお知らせしましたが、結果的には無事に舞台を務めることができました。

 先生からお話を聞くまでは「死」もちらつきました。でも、私の根本には「いついかなるときも怖いのは2次災害だ」という考え方があり、それが幸いしました。ここでいう2次災害は、精神的に病むことです。私が実践した回避法は、まずは自分を優先して考えたこと。常識やしがらみをいったんよけて、自分の気持ちに正直になったのです。頭に浮かんできたのは能のことばかりでした。以来、「今生は能に捧げた人生」と言っています。

 よくよく考えると、20代までは「自分のための能」、30代に入ると「能のための自分」でした。そして、白血病を境に能と自分の関係はさらに変化しました。そもそも能は「人々の寿命を永らえさせ、幸せを増長させること」を目指す芸。シンプルに言えば「世のため人のため」にあります。私が病気をしたのも罰ではなく、世のため人のために生かせる経験だったと捉えました。これまで以上に人々の寿命を永らえさせ、幸せを増長させるよう活動していくのが私の役目だと感じています。

 今も「タシグナ」という白血病の特効薬は飲み続けています。不思議なのは、病後、大体年に1度は3〜4日間の休養を余儀なくされるようになったこと。ある年はノロウイルス、またある年はインフルエンザ。昨年は後厄のせいか、声帯ポリープ手術、ギックリ首、インフルと一通り経ました(苦笑い)。年齢もあるのでしょうが、強制的に休養を与えられているようです。方々にご迷惑をおかけして申し訳ないとは思いつつも、悪いことと捉えず、みんなデトックス(解毒・排出)だと受け止めるようになりました。

(聞き手=松永詠美子)

▽たけだ・ふみゆき 1977年、東京都生まれ。重要無形文化財総合認定保持者。(公財)武田太加志記念能楽振興財団理事。観世流二十六世宗家・観世清和、人間国宝・野村四郎及び、父・武田志房に師事。3歳で初舞台を踏み、延べ百番ほどのシテ(主役)を務め、多くの大曲に異例の若さで挑み続けている。全国で経営者から学生まで幅広い層を対象として「能楽700年の歴史に学ぶ〇〇哲学」などの公演を展開し、多方面から注目を集めている。

この記事はいかがでしたか?


いいね
【関連記事】
矢方美紀さん 25歳で乳がんに「世界の見え方が変わった」
「息子が卒業するまでは」がんと闘うAV男優の沢木和也さん
1日でも長くリングに…格闘家のノブハヤシさん白血病を語る
日本海を眺めながら死も考えた…早川史哉さん白血病を語る
「白血病=死の病」というイメージを変えたい…友寄蓮さん
最終更新:12/14(月) 9:26
日刊ゲンダイDIGITAL






●山本寛斎氏、白血病で逝去 7月末のイベント準備中も力尽く
2020/7/27(月) 12:55配信

1491
NEWS ポストセブン
白血病で闘病中だった(写真/GettyImages)

 ファッションデザイナーでイベントプロデューサーとしても知られる山本寛斎さんが、7月21日に急性骨髄性白血病で逝去していたことがわかった。享年76。

【写真】小泉首相(当時)と握手をする瞬間、真っ黒な羽織にグレーの袴姿の山本寛斎氏

 山本さんは、3月31日に、白血病であることを自身のインスタグラムで発表し、闘病を続けていた。その傍ら、7月31日に予定されているオンラインイベント「日本元気プロジェクト2020『スーパーエネルギー!!』」の準備を続けていたが、残念ながら参加は叶わなかった。

 イベントは、当初6月中に都内で開催することを予定していたが、新型コロナ感染拡大の影響で中止に。代わりにオンラインで開催することになっていた。山本さんは6月に、「長年、皆さまに『ファッションを通して元気になろう!』とお伝えしてまいりましたが、闘病中の今、身をもって『ファッションには人を元気にするチカラがある!!』ということを実感しております」とコメントを発表していた。

 1971年に、日本人として初めてロンドンでファッションショーを開催した山本さん。1970年代からパリコレなどにも参加し、精力的に活動を続けてきた。娘で女優の山本未来と2003年に結婚した椎名桔平の結婚式(2019年に離婚)では、2人の衣装をデザインしたことでも話題となった。

 遺族の意向により、葬儀は近親者のみで済ませたという。また、「お別れの会」の実施については、コロナの状況を見極めながら、決定次第、報告するという。

 また、7月31日のオンラインイベントは、予定通り開催される予定だという。

【関連記事】
山本寛斎と腹違い告白伊勢谷友介 服飾デザイナー志望だった
異母兄弟・山本寛斎と伊勢谷友介 TV初共演で父のDNA語る
志村けんさん 「オレの子供を産んでくれ」と頼んだ女性
LGBTをオープンにするアイドルが増加 ファンに勇気与える
志村けんさんが告白していた「子供を授かっていた過去」
最終更新:7/27(月) 13:39
NEWS ポストセブン





●広島OBの北別府学さんが白血病 地元テレビの生放送で公表
2020/1/20(月) 19:01配信デイリースポーツ
広島OBの北別府学さんが白血病 地元テレビの生放送で公表
番組に生出演するため、テレビ局入りする北別府学氏=広島ホームテレビ(撮影・立川洋一郎)
 広島の元エースで通算213勝を挙げた北別府学さん(62)が20日、レギュラー出演している地元局・広島ホームテレビの「みみよりライブ 5up!」に生出演し、成人T細胞白血病であることを公表した。

【写真】レジェンド集結!山本浩二氏、衣笠さんとの貴重すぎる3ショット

 北別府さんは番組冒頭からにこやかな表情で登場。「教えて!レジェンド」コーナーなどではカープ春季キャンプのメンバー発表について笑顔を交えながらコメントした。そして番組の最後に、司会のアナウンサーの「北別府さんからご報告があります」という言葉を受けて、2年前に白血病と診断されたことを明かした。昨年11月頃から数値が悪化。解説者としての活動をしばらく休止し、本格的な治療に専念することになったという。

 今後は抗がん剤など化学療法で白血球の数値を抑えながら、ドナーからの骨髄提供を待つ。北別府さんは「自覚症状がないので病気にかかったという感覚はないが、数字は確か。元気なうちにしっかり治して、また帰ってきたい」と話した。

 北別府さんは75年度ドラフト1位で広島入団。78年から88年まで11年連続2桁勝利達成。82年に20勝。86年は18勝でリーグ優勝に貢献した。2年に20勝。86年は18勝でリーグ優勝に貢献した。最多勝2回、最優秀防御率1回、最高勝率3回、MVP1回(86年)、沢村賞2回(82、86年)、ベストナイン2回(82、86年)、ゴールデングラブ1回(86年)、オールスター出場7回。通算515試合213勝141敗5セーブ、防御率3.67。

 94年に現役引退後、01〜04年まで広島投手コーチを務めた。12年に野球殿堂入り。野球解説者として活躍する一方でブログやユーチューブでの情報発信をしてきた。また、一昨年から福山・英数学館の野球部コーチを務めるなど、精力的に活動している。

【関連記事】
18歳で白血病を患い、復活した美人女優 1年の交際で人気俳優と結婚
元フジ人気女子アナ、人工肛門つけて仕事 温泉リポートも務め上げる
小保方氏、2年ぶり登場に驚きの声「まるで別人」「容姿が変わりすぎ」
紅白出場歌手が体重33キロ以下 支えられないと歩けない激やせぶり
北別府さんが壮絶決意「カープの日本一を見届ける為に必ずや復活します」
最終更新:1/20(月) 20:30
デイリースポーツ





●落語家の桂伸乃介さん死去
2020年01月03日14時36分

 桂 伸乃介さん(かつら・しんのすけ、本名伝川博=つたがわ・ひろし=落語家)1日午前1時10分、急性骨髄性白血病のため東京都内の病院で死去、66歳。東京都出身。葬儀は10日午前10時から東京都杉並区梅里1の2の27の堀ノ内斎場で。喪主は妻悠子(ゆうこ)さん。
 1970年十代目桂文治に入門。86年に真打ちに昇進した。ピアノやギターなどの演奏も得意で、落語家のディキシーランドジャズバンド「にゅうおいらんず」でピアニストとして活躍した。





●Jリーガー・プロ野球選手… 白血病と診断された選手
2019年2月12日16時09分
観客席に手を振る池江璃花子=2018年11月撮影

 競泳女子日本代表の池江璃花子(18)が12日、自身のツイッターで明らかにした「白血病」。スポーツ界ではこれまでも、この難病と闘ってきた選手がいる。

競泳の池江璃花子、白血病を公表 水連が緊急会見へ
 サッカーJ2新潟のDF早川史哉(25)は、復帰をめざしている段階だ。2011年の17歳以下(U17)ワールドカップ(W杯)に出場した逸材が、「急性リンパ性白血病」と診断されたのは16年5月。プロ入りしたその年の開幕戦にフル出場し、順調にプロ人生を歩み出したところだった。宣告された直後は不安になったというが、元々前向きな性格で、すぐに気持ちは切り替わったという。「なるようにしかならない。必ず治ると信じていた」

 16年秋に骨髄移植手術を受け、翌年の6月に退院。その年の暮れには新潟のクラブハウスでバイクをこぐなどリハビリを始めた。昨年の春には新潟U18チームの練習に参加し、夏前からトップの練習に週に数回加わるようになり、練習試合にも出場できるまでに回復している。

 プロ野球では、オリックスなどで投手として活躍した岩下修一さん(45)がいる。プロ入り2年目だった01年の7月に「急性骨髄性白血病」と診断された。抗がん剤治療を4カ月間受け、翌年3月に11カ月ぶりに公式戦のマウンドに上がり、復活を果たした。その後も中継ぎ左腕として存在感を発揮し、06年に現役を引退。現在は日本ハムの打撃投手を務めている。

 ラグビーの元豪州代表で、現在はトップリーグの豊田自動織機に所属するクリスチャン・リアリーファノ(31)は16年に白血病と診断された。化学療法と妹からの骨髄移植を受け、寛解。発症から約1年後には競技へ復帰している。北米アイスホッケーリーグ(NHL)、ナッシュビル・プレデターズのブライアン・ボイル(34)は、「慢性骨髄性白血病」を克服した経験がある。

関連ニュース
池江璃花子が日大に合格 来年4月から進学の意向 競泳
競泳池江、パンパシで日本新 主要国際大会での初メダル
MVPの池江璃花子、賞金で「焼き肉やおすし食べたい」
白血病から復帰の友へ 森保Jの南野、ゴールで鼓舞






●競泳の池江璃花子、白血病を公表 水連が緊急会見
2019年2月12日16時23分

 競泳女子日本代表の池江璃花子(18)が白血病と診断されたと12日、自身のツイッター上で明らかにした。日本水泳連盟は同日午後4時から東京都内で緊急会見を開いた。ツイッターの内容は次の通り。

「池江、今まで見たことない、肩で呼吸」 水連が会見
白血病公表の池江、緊急帰国していた 体調不良のため
Jリーガー・プロ野球選手… 白血病と診断された選手
池江璃花子が日大に合格 来年4月から進学の意向 競泳




 応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

 日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。私自身、未(いま)だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

 今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

 池江璃花子

     

 池江璃花子(いけえ・りかこ) 2000年7月4日、東京都出身。15年、世界選手権で中学生として14年ぶりに日本代表入り。100メートルバタフライを得意とし、16年リオデジャネイロ五輪で決勝進出、昨年8月のパンパシフィック選手権で主要国際大会初の金メダルを獲得した。同年8〜9月のアジア大会(ジャカルタ)では日本選手史上最多の6冠に輝き、最優秀選手(MVP)に選ばれた。

     ◇

 国立がん研究センターが2009〜11年にがんと診断された、15〜39歳の若年世代の患者のデータを分析した結果をもとに推計すると、1年間にがんと診断されるのは、15〜19歳で約900人(男性500人、女性400人)。がんの種類別でみると、15〜19歳では男女合わせて白血病が24%で最も多い。

 また、1月に厚生労働省が公表した初の全数調査では、16年にがんと診断された患者は延べ99万5千人。そのうち白血病は男女合わせて約1万4千人で、部位別では1・4%。年齢別にみると、60歳以上の高齢者に多く、15〜19歳では191人だった。

関連ニュース
競泳池江、パンパシで日本新 主要国際大会での初メダル
MVPの池江璃花子、賞金で「焼き肉やおすし食べたい」
池江璃花子が帰国 閉会式トラブル「みんな帰ったと…」
白血病から復帰の友へ 森保Jの南野、ゴールで鼓舞
痛みに涙、坂本龍一の治療 がんの究極の原因に気づいた






●5チャンネルより
2019/02/12(火) 16:26
事故前後の急性白血病の年次推移
(厚生労働省DCPデータより)

急性白血病
A 手術した人
B 手術しなかったけど処置した人

平成26年度 A 134件  B16419件
平成25年度 A138件   B 15056件
平成24年度 A 83件   B14176件
平成23年度 A101件   B13369件
平成22年度 A 95件   B11172件 ←福島第一原発事故
平成21年度 A 0件   B 7400件
平成20年度 A 12件   B 7037件
平成19年度 A 26件   B 6435件

https://i.imgur.com/VyYCg0y.jpg





●競泳女子の池江璃花子がツィッターで白血病を告白
2019/2/12(火) 14:15配信 日刊スポーツ

ジャカルタ・アジア大会閉会式 アジア大会のMVPに選出され、トロフィーを手に笑顔を見せる池江璃花子(2018年9月2日)
競泳女子で来年東京オリンピックの金メダル候補の池江璃花子(18=ルネサンス)が12日、白血病であることを自身のツィッターで告白した。

【写真】白血病を告白した池江璃花子

「応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。

この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。

私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。

ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

池江璃花子」(原文まま)

池江は先月18日から約3週間の予定でオーストラリア合宿に出発。今月7日までの予定だったオーストラリア合宿を途中で切り上げて帰国していた。

【関連記事】
池江璃花子が白血病を公表 白血病とは
池江璃花子が体調不良、豪合宿を切り上げて帰国
池江璃花子、初レースでタイム不満も「ここが底辺」
3歳10カ月から水泳を始める/池江璃花子メモ
プロだから伝える、白血病乗り越えた新潟早川の決意






●2018/09/20(木) 21:38:
野村隆宏さん59歳=毎日新聞社オリ・パラ室長
毎日新聞 2018年9月20日
 野村隆宏さん59歳(のむら・たかひろ=毎日新聞社
オリンピック・パラリンピック室長)
20日、白血病のため死去。
通夜は23日 *******東京



●2017/06/12(月) 08:40
【ロサンゼルス=田原徳容】1960年代に始まった米テレビドラマ「バットマン」の主役を務めた米俳優アダム・ウエストさんが9日夜、白血病のためロサンゼルスで死去した。88歳だった。家族が10日、フェイスブックなどで明らかにした。西部ワシントン州出身。テレビコマーシャルで注目され、66年1月にスタートした「バットマン」でバットマン役として登場し、人気を集めた。多くの映画にも出演したほか、テレビアニメの声優も務めた。2017年06月11日 04時30分読売新聞
http://sp.yomiuri.co.jp/culture/20170611-OYT1T50002.html?from=ytop_ylist







●2017/04/13(木)
エディ・マーフィの兄で、コメディアンのチャーリー・マーフィーが米国時間12日、白血病で死去した。57歳だった。



●福島第1原発の収束作業で白血病発症、男性が東電提訴
産経新聞2016/11/22(火) 18:11配信
 東京電力福島第1原発事故の収束作業に従事した際、東電の被曝(ひばく)対策が不十分だったため白血病を発症したなどとして、北九州市の元原発作業員の男性(42)が22日、東電などに約5900万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。厚生労働省は昨年10月、この男性について「白血病は被曝が原因」と判断し、労災を認定。原告側弁護団によると、原発事故をめぐって労災認定された労働者が東電を訴えるのは初の事例という。訴状によると、男性は平成23年10月〜25年12月、原発事故の収束作業などに従事し、少なくとも約20ミリシーベルトの放射線を浴びた。26年1月に急性骨髄性白血病と診断され、その後、鬱病も発症したとしている。放射線被曝による白血病は、年間5ミリシーベルト以上被曝し被曝から1年を超えて発症した場合、他の要因が明らかでなければ労災認定するとの基準がある。提訴後に男性は会見し、「今後も多くの作業員が被曝する恐れがある。私が前例として他の作業員の励みになればと思った」と提訴理由を説明した。一方、東電は「訴状が届き次第、適宜適切に対処する」とするコメントを発表した。
【関連記事】
福島第1原発視察のカンニング竹山さん「防御服必要なし」「報道と全然違う」
韓国原発で放射性物質ダダ漏れ 1990年代に世界最悪 ハンギョレ報じる
日本酒&日本産ビール、なぜ韓国で人気 「放射能汚染だ」偏狭な批判も…
韓国にまさかの地震で朴政権は大わらわ…信じられるのは日本製マニュアルだけだった!
韓国意気消沈…誰も助けてくれないよ 大気汚染で中国に逆らえず、日本に頼れず







●2016年11月12日 21時38分
「ナポレオン・ソロ」の主役ロバート・ボーンさん死去(83歳)
 米メディアによると、米俳優のロバート・ボーン氏が11日、死去した。 急性白血病のため、ニューヨークなどで治療を受けていた。ニューヨーク生まれ。黒沢明監督の「七人の侍」をリメイクした西部劇「荒野の七人」(1960年)に出演したことで知られる。60年代にテレビドラマ「0011ナポレオン・ソロ」で主役を演じ、人気を博した。(ニューヨーク)



●2016/09/26(月) 16:18
【訃報】
元U-23韓国代表監督イ・グァンジョン氏が白血病で死去。52歳。アジア大会など制覇の名将。韓国の各年代の代表チームを率いて優れた実績を残し、日本ともたびたび対戦したイ・グァンジョン氏が白血病のため死去した
https://twitter.com/foot_ch/status/780296357118562304





●イラストレーターのフジモトマサル氏が死去
産経新聞2015年11月24日(火)19時26分配信
 フジモトマサル氏(本名・藤本理=ふじもと・まさる=漫画家、イラストレーター)2015年11月22日、慢性骨髄性白血病のため死去、46歳。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は兄、雄(たけし)氏。代表作に「ウール100%」「いきもののすべて」など。村上春樹氏の近著「村上さんのところ」のイラストも手掛けるなど、幅広く活躍した。





●登山家の松浦輝夫さんが死去2015年11月7日(土) 19時10分掲載
エベレスト山頂の松浦輝夫さん=1970年5月11日撮影(毎日新聞)
<訃報>松浦輝夫さん81歳=植村さんとエベレスト初登頂
 世界最高峰のエベレストに、冒険家の故・植村直己さんとともに日本人として初めて登頂した登山家の松浦輝夫(まつうら・てるお)さんが6日、白血病と肺炎のため、亡くなった。81歳。通夜は8日午後6時、葬儀は9日午後0時半、大阪市浪速区桜川2の2の28のベルコシティホール。自宅は同市西区。喪主は長男太郎(たろう)さん。(毎日新聞)





菅原やすのり氏(すがはら・やすのり=本名・菅原保徳=歌手平成27年8月4日、急性骨髄性白血病のため死去、70歳。葬儀・告別式は近親者のみで行った。喪主は妻、明子(あきこ)さん。後日、お別れの会を開く。 旧満州(中国東北部)生まれ。学生時代から歌手活動を始めた。建築家として働きながら、世界各地を回って現地の人と一緒に歌い、「街角の歌手」と呼ばれた。アフリカ、カンボジアの難民キャンプや長崎を訪れてコンサートを開くなど、平和を訴える音楽活動を続けた



服部力斗、天国の弟に捧げた涙の勝利「ライトフライ級4回戦」(7日、兵庫・三田市総合文化センター)
慢性骨髄性白血病で2月24日に死去した17歳のプロボクサー・服部海斗さんの追悼興行が、所属した大成ジムの地元、兵庫県三田市で行われ、兄・服部力斗(20)=大成=がソリミン・ソワノ(インドネシア)をフルマークの判定3−0で下し、天国の弟に涙の勝利を捧げた。(デイリースポーツ)




訃報:フランス文学者で国際日本文化研究センター名誉教授の杉本秀太郎(すぎもと・ひでたろう)氏が27日午前7時35分、白血病のため京都市の自宅で死去した。84歳だった。京都市出身。


訃報:柳沢紀夫さん 74歳=旭川シティネットワーク社長 /北海道
http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/m20150520ddlk01060139000c.html
柳沢紀夫さん 74歳(やなぎさわ・のりお=旭川シティネットワーク社長)18日、急性骨髄性白血病のため死去。葬儀は近親者のみで営む。しのぶ会を後日開く予定。


囲碁棋士八段の徳永 汎久、2015年05月14日午後10時41分、急性骨髄性白血病のため、死去。享年68歳。
http://sougi.bestnet.ne.jp/php/funeral_jump.php?type=FW&start_id=1&rcv_funeral_id=6m2bUQJEi3BOGbj


白石勝さん(しらいし・まさる=元文芸春秋社長)が2日、白血病で死去、75歳。葬儀は近親者で行った。喪主は長男郷さん。後日、お別れの会を開く


●2011/12/02(金) 10:21
日本レスリング協会は1日、昨年の広州アジア大会男子フリースタイル74キロ級銀メダルの
長島和幸(30)=クリナップ=が急性骨髄性白血病と診断され、6連覇が懸かる
全日本選手権(12月21〜23日、東京・国立代々木競技場)を欠場すると発表した。


●イエスのクリス・スクワイアが白血病であることを公表。バンドの公式サイトによれば、急性骨髄性白血病の赤白血病と診断されたそうで、今後数カ月にわたって治療を行います。イエスがこの期間に行うツアーには代役としてビリー・シャーウッドが参加 http://amass.jp/56666/


唐揚げブームの火付け役で白血病闘病中の松井まさよし社長が豊島区議選に出馬〜自身の経験から難病で闘う人達の環境をサポートする体制を目指す。松井は、2014年3月27日に白血病宣告を受けてからも入退院を繰り返しながら会社経営に従事し、現在も「急性リンパ性白血病」で闘病中です。そこで気付いた多くのことを活かし、白血病・難病支援を最大公約として出馬いたします。出馬を決意した一番大きな要因は、白血病に対する支援体制が、日本ではまだ少ないにも関わらず、それに対する国民の認識や周知がほとんどできていないということでした。事実、白血病・難病支援の基金である「ひつじ基金」(www.a-akindo.com/hitsujikikin.html )を設立し、多くの支援者様の御協力の下、現在、精力的に活動を繰り広げています。


宇田由香(自転車競技選手、元々は陸上競技の選手だったが就職したことをきっかけに自転車競技を始め、ロードレースを中心に活動した世界選手権・個人ロードレースに出場、結婚して間もない2009年2月、急性骨髄性白血病を発症。以後レース活動を休止し、闘病生活を送っていたが、2010年7月に亡くなった。28歳没。


苫小牧民報 2015年3月12日(木)16時11分配信 「夢はプロゴルファー」 白血病と闘いながら再挑戦
白血病と闘い、プロの世界を目指す鈴木さん 病気なんかに負けない―。白血病という重い病を乗り越え、プロゴルファーになる夢を追いかける女性がいる。北海道苫小牧市在住の鈴木邑実(さとみ)さん(17)=高校2年=。道内のジュニア世代で手にしてきた数々の実績から一転、昨年夏から約半年におよぶ闘病生活。再びスタートラインに立った喜びをかみ締めつつ、「来年のプロテストを目指して頑張ります」と目を輝かせる。


中日は19日、台湾出身で元所属選手の大豊泰昭(たいほう・やすあき)氏が2015年1月18日午後10時41分、急性骨髄性白血病のため名古屋市内の病院で死去したと発表した。51歳だった。喪主は妻・大豊百合子(たいほうゆりこ)さん。故人の遺志により、通夜、告別式は近親者のみの密葬で行うという。(デイリースポーツ)大豊泰昭(急性骨髄性白血病、たいほう やすあき、元プロ野球選手、内野手、外野手)、


日本テレビ系の番組「ザ!鉄腕!DASH(ダッシュ)!!」の看板企画「DASH村」で、農作業を指導してきた福島県浪江町の三瓶明雄(さんぺい・あきお)さんが2014年6月6日、同県伊達市の病院で死去した。(急性骨髄性白血病、84歳)、

福島原発地域の犬猫を引き取りして里親探しなどの活動を行っていたKAZUさん(急性白血病で死亡)、

郡山市男子高校生(郡山高校・陸上部部長)(2014年1月「急性前骨髄球性白血病」)、

前宮城県知事の浅野史郎(成人T細胞白血病)、

福島県郡山市の女子中学2年生(14)(2013年3月「急性骨髄性白血病」他界)、

木許敦氏(元大分銀行常務)(75)(2013年12月「急性骨髄性白血病」他界)

在日中国人女子留学生・劉夢穎さん(24)(2013年12月「急性骨髄性白血病」)

俳優の渡辺 謙、女優の吉井怜、TVキャスターの大塚範一、歌舞伎の市川団十郎、

元大阪体育大浪商高野球部監督の金藤晃裕(かねとう・あきひろ)氏が急性骨髄性白血病のため、2014年6月9日大阪市阿倍野区の病院で死去した。55歳。

●桂文治(十代目)
2004年1月急性白血病に倒れ、同月31日芸協会長の任期満了日に死去。80歳没。文治没後の会長職は、既に翌日の昇格が内定していた副会長の桂歌丸が就任した。

桂文治、白血病により死去。
白血病により亡くなった芸能人、
次に紹介するのは、落語家の桂文治(十代目)だ。戦後の暗い世相を、その持前の語り口と才能ともいうべき巧妙な話術によって元気づけた、
現在の60〜70代の中では著名な落語家である。78歳にしてついに勲四等旭日小綬章を受け賜り、落語人生の頂点にたったかと思われたその二年後、突如急性白血病によって倒れ、一か月足らずでこの世を去ってしまった。伝説の名人とされるほどの人物のあまりにも急な死に、落語界はかなりのショックを受けたようだ。



女優の夏目雅子(故人、27歳で没)、お笑いコンビ”カンニング”の中島忠幸(満35歳没)、歌手の本田美奈子(満38歳没)、写真家・山岸伸(慢性骨髄性白血病)、フォトグラファー谷沢淳、日本ハムファイターズの岩下修一投手(白血病)、総合格闘家の宮下トモヤ(白血病)、フィギュアスケート選手でのち女優のソニア・へニー(白血病)、ジョゼフ・L・マッケヴィーティ(白血病)、『駅馬車』で馭者役を演じたアンディ・ディヴァイン、マリ・キュリー(ポーランド出身の物理学者・化学者)、カーネル・サンダース(ケンタッキーフライドチキンの創業者)、住宅顕信(俳人)、チャールズ・ブコウスキー(アメリカの作家)、中川勝彦(満32歳没、ミュージシャン、歌手、俳優、娘は 同じくマルチタレントの中川翔子)、蔵間竜也(享年:42、タレント、元力士、時津風部屋)、新山志保(享年:29歳、声優)、アンディ・フグ(空手家、K-1ファイター、 享年:35)、桂文治(落語芸術協会会長)、沢口ともみ(自衛隊出身の反戦ストリッパー)、矢野浩三郎 (翻訳家、明星大教授)、若三梅雅裕 (大相撲間垣部屋力士、享年:25)、西島和彦(物理学者、東京大学・京都大学名誉教授)、中里逢庵(陶芸家)、チカップ美恵子(アイヌ文様刺繍作家)、沢田としき(イラストレーター享年:51)、北野弘久 (法学者)、正司玲児 (漫才師)、ボブ・フェラー(アメリカ合衆国の元プロ野球選手【クリーブランド・インディアンズ所属】)、秋山義昭(大学教授、小樽商科大学前学長、北海学園大学法科大学院教授)、小林義武(歴史学者【音楽史】)、佐々木高明(民族学者)、ホセ・カレーラス(テノール歌手・白血病)、池波正太郎(時代小説・歴史小説作家)、レスリング(銀メダル)・長島和幸(30)、(2011年9月「急性骨髄性白血病」)



元野球投手・森田斌(66)(2011年6月「急性白血病」他界)
釣り専門誌コラムニスト・阿部洋人(24)(2011年11月「急性リンパ性白血病」他界)
作曲家・桜田誠一(2012年「急性白血病」他界)
成城大教授・小林義武(70)(2013年「急性白血病」他界)
東京女子大名誉教授・村松安子(2013年「急性白血病」他界)
NHK〔高校講座〕フロアディレクター・森川健太(33)
(2013年3月「急性白血病」他界)
歌手・須藤薫(58)(2013年3月「骨髄異形成症候群⇒急性骨髄性白血病の前兆」他界)
国立民族学博物館元館長・佐々木高明(43)(2013年4月「急性骨髄性白血病」他界)
富山県立山町議・石川孝一(64)(2013年5月「急性骨髄性白血病」他界)
プロ野球ドラフト候補・真弓竜一外野手〔王子製紙〕(21)
(2013年5月「急性リンパ性白血病」)
〔水戸室内管弦楽団等〕世界的バイオリニスト・潮田益子さん(51)
(2013年5月「白血病」他界)
THE GOOD-BYE加賀八郎氏(55)〔2010年10月〜悪化〕
(2013年7月「多発性骨髄腫」他界)
(元川崎汽船専務)毛利盟氏(50)(2013年7月不応性貧血(骨髄異形成症候群)〔前白血病〕他界)
(元西日本銀行専務)村上敏行氏(61)(2013年7月「多発性骨髄炎」他界)
(京都ノートルダム女子大副学長)蒔苗暢夫氏(72)(2013年7月「多発性骨髄腫」他界)
(和歌山県・太地町漁協組合長)水谷洋一氏(46)(2013年7月「急性骨髄性白血病」他界)
特別競輪選手〔埼玉・57期・S2〕・森田進氏(47)(2013年8月「急性白血病」他界)
深谷元二氏(愛知・元幡豆町長)(2013年10月「白血病」他界)
籔野昌治氏(奈良・元県自治連合会長等)(62)(2013年10月「多発性骨髄腫」他界)
内海昭氏(元三井物産副社長)(64)(2013年10月「白血病」他界)
写真家・外山ひとみさん(61)
(2013年8月「急性骨髄性白血病」)*2013年10月情報
(2013年11月骨髄低機能(骨髄異形成症候群)他界)
漫画家・山本貴嗣(54)の妻(2012年2月〜「急性前骨髄球性白血病」)*2013年11月情報




一部引用 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10116079850 より














posted by グリーン at 16:21| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック