2014年06月10日

白血病の有名人、白血病のタレント、白血病の俳優、白血病の著名人


白血病の有名人、白血病のタレント、白血病の俳優、白血病の著名人






平成29年6月12日更新


●2017/06/12(月) 08:40
【ロサンゼルス=田原徳容】1960年代に始まった米テレビドラマ「バットマン」の主役を務めた米俳優アダム・ウエストさんが9日夜、白血病のためロサンゼルスで死去した。88歳だった。家族が10日、フェイスブックなどで明らかにした。西部ワシントン州出身。テレビコマーシャルで注目され、66年1月にスタートした「バットマン」でバットマン役として登場し、人気を集めた。多くの映画にも出演したほか、テレビアニメの声優も務めた。2017年06月11日 04時30分読売新聞
http://sp.yomiuri.co.jp/culture/20170611-OYT1T50002.html?from=ytop_ylist





●2017/04/13(木)
エディ・マーフィの兄で、コメディアンのチャーリー・マーフィーが米国時間12日、白血病で死去した。57歳だった。



●福島第1原発の収束作業で白血病発症、男性が東電提訴
産経新聞2016/11/22(火) 18:11配信
 東京電力福島第1原発事故の収束作業に従事した際、東電の被曝(ひばく)対策が不十分だったため白血病を発症したなどとして、北九州市の元原発作業員の男性(42)が22日、東電などに約5900万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。厚生労働省は昨年10月、この男性について「白血病は被曝が原因」と判断し、労災を認定。原告側弁護団によると、原発事故をめぐって労災認定された労働者が東電を訴えるのは初の事例という。訴状によると、男性は平成23年10月〜25年12月、原発事故の収束作業などに従事し、少なくとも約20ミリシーベルトの放射線を浴びた。26年1月に急性骨髄性白血病と診断され、その後、鬱病も発症したとしている。放射線被曝による白血病は、年間5ミリシーベルト以上被曝し被曝から1年を超えて発症した場合、他の要因が明らかでなければ労災認定するとの基準がある。提訴後に男性は会見し、「今後も多くの作業員が被曝する恐れがある。私が前例として他の作業員の励みになればと思った」と提訴理由を説明した。一方、東電は「訴状が届き次第、適宜適切に対処する」とするコメントを発表した。
【関連記事】
福島第1原発視察のカンニング竹山さん「防御服必要なし」「報道と全然違う」
韓国原発で放射性物質ダダ漏れ 1990年代に世界最悪 ハンギョレ報じる
日本酒&日本産ビール、なぜ韓国で人気 「放射能汚染だ」偏狭な批判も…
韓国にまさかの地震で朴政権は大わらわ…信じられるのは日本製マニュアルだけだった!
韓国意気消沈…誰も助けてくれないよ 大気汚染で中国に逆らえず、日本に頼れず







●2016年11月12日 21時38分
「ナポレオン・ソロ」の主役ロバート・ボーンさん死去(83歳)
 米メディアによると、米俳優のロバート・ボーン氏が11日、死去した。 急性白血病のため、ニューヨークなどで治療を受けていた。ニューヨーク生まれ。黒沢明監督の「七人の侍」をリメイクした西部劇「荒野の七人」(1960年)に出演したことで知られる。60年代にテレビドラマ「0011ナポレオン・ソロ」で主役を演じ、人気を博した。(ニューヨーク)



●2016/09/26(月) 16:18
【訃報】
元U-23韓国代表監督イ・グァンジョン氏が白血病で死去。52歳。アジア大会など制覇の名将。韓国の各年代の代表チームを率いて優れた実績を残し、日本ともたびたび対戦したイ・グァンジョン氏が白血病のため死去した
https://twitter.com/foot_ch/status/780296357118562304





●イラストレーターのフジモトマサル氏が死去
産経新聞 11月24日(火)19時26分配信
 フジモトマサル氏(本名・藤本理=ふじもと・まさる=漫画家、イラストレーター)22日、慢性骨髄性白血病のため死去、46歳。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は兄、雄(たけし)氏。代表作に「ウール100%」「いきもののすべて」など。村上春樹氏の近著「村上さんのところ」のイラストも手掛けるなど、幅広く活躍した。





●登山家の松浦輝夫さんが死去2015年11月7日(土) 19時10分掲載
エベレスト山頂の松浦輝夫さん=1970年5月11日撮影(毎日新聞)
<訃報>松浦輝夫さん81歳=植村さんとエベレスト初登頂
 世界最高峰のエベレストに、冒険家の故・植村直己さんとともに日本人として初めて登頂した登山家の松浦輝夫(まつうら・てるお)さんが6日、白血病と肺炎のため、亡くなった。81歳。通夜は8日午後6時、葬儀は9日午後0時半、大阪市浪速区桜川2の2の28のベルコシティホール。自宅は同市西区。喪主は長男太郎(たろう)さん。(毎日新聞)





菅原やすのり氏(すがはら・やすのり=本名・菅原保徳=歌手平成27年8月4日、急性骨髄性白血病のため死去、70歳。葬儀・告別式は近親者のみで行った。喪主は妻、明子(あきこ)さん。後日、お別れの会を開く。 旧満州(中国東北部)生まれ。学生時代から歌手活動を始めた。建築家として働きながら、世界各地を回って現地の人と一緒に歌い、「街角の歌手」と呼ばれた。アフリカ、カンボジアの難民キャンプや長崎を訪れてコンサートを開くなど、平和を訴える音楽活動を続けた



服部力斗、天国の弟に捧げた涙の勝利「ライトフライ級4回戦」(7日、兵庫・三田市総合文化センター)
慢性骨髄性白血病で2月24日に死去した17歳のプロボクサー・服部海斗さんの追悼興行が、所属した大成ジムの地元、兵庫県三田市で行われ、兄・服部力斗(20)=大成=がソリミン・ソワノ(インドネシア)をフルマークの判定3−0で下し、天国の弟に涙の勝利を捧げた。(デイリースポーツ)




訃報:フランス文学者で国際日本文化研究センター名誉教授の杉本秀太郎(すぎもと・ひでたろう)氏が27日午前7時35分、白血病のため京都市の自宅で死去した。84歳だった。京都市出身。


訃報:柳沢紀夫さん 74歳=旭川シティネットワーク社長 /北海道
http://mainichi.jp/area/hokkaido/news/m20150520ddlk01060139000c.html
柳沢紀夫さん 74歳(やなぎさわ・のりお=旭川シティネットワーク社長)18日、急性骨髄性白血病のため死去。葬儀は近親者のみで営む。しのぶ会を後日開く予定。


囲碁棋士八段の徳永 汎久、2015年05月14日午後10時41分、急性骨髄性白血病のため、死去。享年68歳。
http://sougi.bestnet.ne.jp/php/funeral_jump.php?type=FW&start_id=1&rcv_funeral_id=6m2bUQJEi3BOGbj


白石勝さん(しらいし・まさる=元文芸春秋社長)が2日、白血病で死去、75歳。葬儀は近親者で行った。喪主は長男郷さん。後日、お別れの会を開く


イエスのクリス・スクワイアが白血病であることを公表。バンドの公式サイトによれば、急性骨髄性白血病の赤白血病と診断されたそうで、今後数カ月にわたって治療を行います。イエスがこの期間に行うツアーには代役としてビリー・シャーウッドが参加 http://amass.jp/56666/


唐揚げブームの火付け役で白血病闘病中の松井まさよし社長が豊島区議選に出馬〜自身の経験から難病で闘う人達の環境をサポートする体制を目指す。松井は、2014年3月27日に白血病宣告を受けてからも入退院を繰り返しながら会社経営に従事し、現在も「急性リンパ性白血病」で闘病中です。そこで気付いた多くのことを活かし、白血病・難病支援を最大公約として出馬いたします。出馬を決意した一番大きな要因は、白血病に対する支援体制が、日本ではまだ少ないにも関わらず、それに対する国民の認識や周知がほとんどできていないということでした。事実、白血病・難病支援の基金である「ひつじ基金」(www.a-akindo.com/hitsujikikin.html )を設立し、多くの支援者様の御協力の下、現在、精力的に活動を繰り広げています。


宇田由香(自転車競技選手、元々は陸上競技の選手だったが就職したことをきっかけに自転車競技を始め、ロードレースを中心に活動した世界選手権・個人ロードレースに出場、結婚して間もない2009年2月、急性骨髄性白血病を発症。以後レース活動を休止し、闘病生活を送っていたが、2010年7月に亡くなった。28歳没。


苫小牧民報 2015年3月12日(木)16時11分配信 「夢はプロゴルファー」 白血病と闘いながら再挑戦
白血病と闘い、プロの世界を目指す鈴木さん 病気なんかに負けない―。白血病という重い病を乗り越え、プロゴルファーになる夢を追いかける女性がいる。北海道苫小牧市在住の鈴木邑実(さとみ)さん(17)=高校2年=。道内のジュニア世代で手にしてきた数々の実績から一転、昨年夏から約半年におよぶ闘病生活。再びスタートラインに立った喜びをかみ締めつつ、「来年のプロテストを目指して頑張ります」と目を輝かせる。


中日は19日、台湾出身で元所属選手の大豊泰昭(たいほう・やすあき)氏が2015年1月18日午後10時41分、急性骨髄性白血病のため名古屋市内の病院で死去したと発表した。51歳だった。喪主は妻・大豊百合子(たいほうゆりこ)さん。故人の遺志により、通夜、告別式は近親者のみの密葬で行うという。(デイリースポーツ)大豊泰昭(急性骨髄性白血病、たいほう やすあき、元プロ野球選手、内野手、外野手)、


日本テレビ系の番組「ザ!鉄腕!DASH(ダッシュ)!!」の看板企画「DASH村」で、農作業を指導してきた福島県浪江町の三瓶明雄(さんぺい・あきお)さんが2014年6月6日、同県伊達市の病院で死去した。(急性骨髄性白血病、84歳)、

福島原発地域の犬猫を引き取りして里親探しなどの活動を行っていたKAZUさん(急性白血病で死亡)、

郡山市男子高校生(郡山高校・陸上部部長)(2014年1月「急性前骨髄球性白血病」)、

前宮城県知事の浅野史郎(成人T細胞白血病)、

福島県郡山市の女子中学2年生(14)(2013年3月「急性骨髄性白血病」他界)、

木許敦氏(元大分銀行常務)(75)(2013年12月「急性骨髄性白血病」他界)

在日中国人女子留学生・劉夢穎さん(24)(2013年12月「急性骨髄性白血病」)

俳優の渡辺 謙、女優の吉井怜、TVキャスターの大塚範一、歌舞伎の市川団十郎、

元大阪体育大浪商高野球部監督の金藤晃裕(かねとう・あきひろ)氏が急性骨髄性白血病のため、2014年6月9日大阪市阿倍野区の病院で死去した。55歳。

女優の夏目雅子(故人、27歳で没)、お笑いコンビ”カンニング”の中島忠幸(満35歳没)、歌手の本田美奈子(満38歳没)、写真家・山岸伸(慢性骨髄性白血病)、フォトグラファー谷沢淳、日本ハムファイターズの岩下修一投手(白血病)、総合格闘家の宮下トモヤ(白血病)、フィギュアスケート選手でのち女優のソニア・へニー(白血病)、ジョゼフ・L・マッケヴィーティ(白血病)、『駅馬車』で馭者役を演じたアンディ・ディヴァイン、マリ・キュリー(ポーランド出身の物理学者・化学者)、カーネル・サンダース(ケンタッキーフライドチキンの創業者)、住宅顕信(俳人)、チャールズ・ブコウスキー(アメリカの作家)、中川勝彦(満32歳没、ミュージシャン、歌手、俳優、娘は 同じくマルチタレントの中川翔子)、蔵間竜也(享年:42、タレント、元力士、時津風部屋)、新山志保(享年:29歳、声優)、アンディ・フグ(空手家、K-1ファイター、 享年:35)、桂文治(落語芸術協会会長)、沢口ともみ(自衛隊出身の反戦ストリッパー)、矢野浩三郎 (翻訳家、明星大教授)、若三梅雅裕 (大相撲間垣部屋力士、享年:25)、西島和彦(物理学者、東京大学・京都大学名誉教授)、中里逢庵(陶芸家)、チカップ美恵子(アイヌ文様刺繍作家)、沢田としき(イラストレーター享年:51)、北野弘久 (法学者)、正司玲児 (漫才師)、ボブ・フェラー(アメリカ合衆国の元プロ野球選手【クリーブランド・インディアンズ所属】)、秋山義昭(大学教授、小樽商科大学前学長、北海学園大学法科大学院教授)、小林義武(歴史学者【音楽史】)、佐々木高明(民族学者)、ホセ・カレーラス(テノール歌手・白血病)、池波正太郎(時代小説・歴史小説作家)、レスリング(銀メダル)・長島和幸(30)、(2011年9月「急性骨髄性白血病」)



元野球投手・森田斌(66)(2011年6月「急性白血病」他界)
釣り専門誌コラムニスト・阿部洋人(24)(2011年11月「急性リンパ性白血病」他界)
作曲家・桜田誠一(2012年「急性白血病」他界)
成城大教授・小林義武(70)(2013年「急性白血病」他界)
東京女子大名誉教授・村松安子(2013年「急性白血病」他界)
NHK〔高校講座〕フロアディレクター・森川健太(33)
(2013年3月「急性白血病」他界)
歌手・須藤薫(58)(2013年3月「骨髄異形成症候群⇒急性骨髄性白血病の前兆」他界)
国立民族学博物館元館長・佐々木高明(43)(2013年4月「急性骨髄性白血病」他界)
富山県立山町議・石川孝一(64)(2013年5月「急性骨髄性白血病」他界)
プロ野球ドラフト候補・真弓竜一外野手〔王子製紙〕(21)
(2013年5月「急性リンパ性白血病」)
〔水戸室内管弦楽団等〕世界的バイオリニスト・潮田益子さん(51)
(2013年5月「白血病」他界)
THE GOOD-BYE加賀八郎氏(55)〔2010年10月〜悪化〕
(2013年7月「多発性骨髄腫」他界)
(元川崎汽船専務)毛利盟氏(50)(2013年7月不応性貧血(骨髄異形成症候群)〔前白血病〕他界)
(元西日本銀行専務)村上敏行氏(61)(2013年7月「多発性骨髄炎」他界)
(京都ノートルダム女子大副学長)蒔苗暢夫氏(72)(2013年7月「多発性骨髄腫」他界)
(和歌山県・太地町漁協組合長)水谷洋一氏(46)(2013年7月「急性骨髄性白血病」他界)
特別競輪選手〔埼玉・57期・S2〕・森田進氏(47)(2013年8月「急性白血病」他界)
深谷元二氏(愛知・元幡豆町長)(2013年10月「白血病」他界)
籔野昌治氏(奈良・元県自治連合会長等)(62)(2013年10月「多発性骨髄腫」他界)
内海昭氏(元三井物産副社長)(64)(2013年10月「白血病」他界)
写真家・外山ひとみさん(61)
(2013年8月「急性骨髄性白血病」)*2013年10月情報
(2013年11月骨髄低機能(骨髄異形成症候群)他界)
漫画家・山本貴嗣(54)の妻(2012年2月〜「急性前骨髄球性白血病」)*2013年11月情報




一部引用 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10116079850 より














posted by グリーン at 16:21| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック