2014年04月04日

糖尿病のタレント、糖尿病の有名人、糖尿病の歴史上の人物、糖尿病の著名人 、糖尿病の芸能人、

糖尿病のタレント、糖尿病の有名人、糖尿病の歴史上の人物、糖尿病の著名人 、糖尿病の芸能人、


自分も糖尿なので公開されている糖尿関係の記事やデータを集めてみました。
ネットの記事はすぐに消えてしまうことが多いので自分自身の備忘録としてここに保管しておきます。


令和3年3月24日更新





●2021/03/24
「沢田研二さん、スタッフに闘病を明かしたのです。沢田さんはプライベートについてはもちろん、自らの体がつらいことや病気について話す人ではない。それだけに現場の衝撃は大きかった。しかも糖尿病だという。命の危険もある中、この代役を受けてくれた心意気に言葉が出ませんでした」(前出・映画製作スタッフ)

 新型コロナには、感染すると症状が重篤化しやすい人がいるとされている。それは心疾患や呼吸器疾患、糖尿病といった基礎疾患を抱えている人だ。糖尿病の場合、血糖値をうまくコントロールできないと、重症化や死亡のリスクが2〜2.5倍にまで高まることが報告されている。

「沢田さんが病名を明かしたのは、現場でリスクを共有しなければ周囲に迷惑をかけかねないと感じたからでしょう。もしも新型コロナにかかり、重症化となれば今度は映画の存続も危ない。沢田さんとしては、自分自身のことよりも、それがいちばん心配だったのでしょう。スタッフもその可能性があるとわかっていれば、念には念を入れて、対策を徹底できます」(前出・映画製作スタッフ)





●チャンバラトリオで一世風靡、ゆうき哲也さん死去 79歳、糖尿病闘病中に…
1/7(木) 3:00配信
ゆうき哲也さん

 大阪名物ハリセンチョップで一世を風靡(ふうび)した元「チャンバラトリオ」のゆうき哲也(ゆうき・てつや、本名井上哲也=いのうえ・てつや)さんが4日、亡くなっていたことが6日分かった。79歳。大阪市出身。死因は明らかになっていない。後日に「お別れの会」を予定しているという。

【写真】77年、チャンバラトリオの(左から)南方英二さん、山根伸介さん、伊吹太郎、ゆうき哲也さん

 関係者によると、長年、糖尿病を患っており、昨年12月中旬に病状が悪化。そのころから入院して治療していたが意識が混濁した状態が続いていたという。最期は夫人と2人の娘に見守られながら旅立ったという。

 ゆうきさんは同志社大を半年で中退後、出版物の販売業務などを行い1960年に東映に入社。故高倉健さんの付き人となった後、68年に「チャンバラトリオ」に加入した。同トリオは70年代にメンバーの南方英二さん(享年77)がハリセンチョップを考案し、ドタバタコントで人気を博した。

 ゆうきさんは同トリオを83年に脱退、90年に復帰を果たすが再び94年に脱退した。90年代には日本テレビ「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」で体を張った「人間性クイズ」の仕掛け人として登場し、爆笑をさらった。Vシネマシリーズ「難波金融伝・ミナミの帝王」に出演するなど、こわもて俳優として人気だった。

【関連記事】
チャンバラトリオ解散 リーダー山根がん闘病「体力の衰え、限界」
私生活は波瀾万丈 離婚に借金、姉の自殺、ヌード…
林隆三さん急死 先月28日、熱唱ライブ直後に突然倒れる
細川俊之さん急死 自宅で転倒…意識戻らず
最期は老人ホームで…山城新伍さん死去
最終更新:1/7(木) 7:57
スポニチアネックス






●「320kg」Big Joe、手術中に死亡…享年43歳
2021/1/6(水) 21:22配信

朝鮮日報日本語版
(写真:朝鮮日報日本語版)

 【edaily】最近320キロまで体重が増加し、活動を中断していた歌手のBig Joeさんが6日、手術中に死亡した。享年43歳。

■もう一度会いたい! 帰らぬ人となった韓国スター

 Big Joeさんは6日午後6時20分ごろ、京畿道金浦市内の病院で体内の炎症を取り除くために手術を受けていたが、経過が悪く、死亡した。

 Big Joeさんが以前所属していた制作会社の関係者は、イーデイリーの取材に対し「デビュー当時も体重が250kg近くあったが、当時も体内にときどき炎症が起きていた」として「今回は体重が再び増加したため入院した。炎症が出て臓器に問題が起き、出血があったため手術をしたが、出血が止まらず息を引き取った」と話した。

 この関係者はまた、「Big Joeの家族は母親だけだ」として「現在、非常に取り込んでいる状態だ。葬儀の手続きはまだ何も決まっていない」と説明した。

 Big Joeさんは先月12日、動画投稿サイト「ユーチューブ」のチャンネル「オムサンヨン」で、健康状態の悪化のため活動を中断する予定だと明らかにしていた。最近はリバウンドによって体重が320キロまで急増し、心不全や糖尿などの症状が出ていたという。

ユン・ギベク記者

この記事はいかがでしたか?

【関連記事】
150キロ減量Big Joe、その秘訣は?
ラッパーBig Joeが100キロ減量
「11kg減量」元2NE1パク・ボム、ダイエット近況報告「カムバック準備+減量中」
「ユチョンの元カノ」ファン・ハナ、身柄拘束の岐路に
元KARAニコル、日本のファンにあいさつ 「安全で幸せな1年になりますように」
最終更新:1/6(水) 21:37
朝鮮日報日本語版







●阪神・岩田、スタッフ1人が新型コロナ陽性 濃厚接触者は球団関係者にはなし
2021/1/6(水) 19:33配信
デイリースポーツ
 阪神・岩田

 阪神は6日、岩田稔投手(37)、球団スタッフの1人が、新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。

 前日に月一回ペースで行っている核酸増幅法による検査を実施(スクリーニング検査)を実施して陽性と判定。6日に西宮市内の病院で検査を受けた結果、陽性が確定した。

 岩田は大阪桐蔭高時代から1型糖尿病と闘っており、昨年の取材では「基礎疾患があるのでコロナにかからないように気をつけながら生活している」などと話していた。

 現在、岩田は鼻づまりの症状はあるものの、発熱などの症状はなく、自宅隔離となった。ウイルスの猛威がとどまることをしらない状況下だけに致し方ないとはいえ、今年プロ16年目を迎えるベテラン左腕は一時、本格的な自主トレをストップせざるを得ない状況となってしまった。

 陽性が確定したスタッフも発熱や味覚・嗅覚異常などの症状はなく、現在は自宅隔離に。また、管轄の保健所より、濃厚接触者に該当する球団関係者はいないと判定されたこと、陽性判定を受けた者の行動記録にもとづき、球団施設の消毒作業が完了したことも発表された。

 阪神では昨年3月に3選手がコロナに感染。シーズン中の9月にも選手、スタッフ計7人の感染が判明し、当時は濃厚接触者らを含めて一挙に10選手が登録を抹消される事態となった。

この記事はいかがでしたか?

【関連記事】
「阪神に行ったのは大失敗」球界のスター悔やんだ3年間
糖尿病の元横綱 両脚腐敗し切断の危機「生きてていいのか」視力も記憶も無くす
阪神生え抜きスター不倫発覚、美人タレントと“修羅7年愛”旅行も同行
M―1王者 AV女優との同棲バレた…女優の張り込みのとばっちり
岡本綾子氏「何を考えてるの」 不衛生な男性の行為に声を出す
最終更新:1/6(水) 21:20
デイリースポーツ



●松村邦洋のコロナ感染に心配の声 過去にライザップで30キロ減量
2020/12/30(水) 16:22配信

東スポWeb
松村邦洋

 タレントの松村邦洋(53)が新型コロナウイルスに感染したことが30日、分かった。所属芸能事務所の太田プロダクションが公式サイトで発表した。

【写真】激ヤセした松村邦洋

 同サイトによると、松村は26日に発熱。病院で抗原検査を受け陰性との結果が出たが、28日に予約していたPCR検査を受けたところ29日の夜に陽性との連絡を受けたという。

「現在保健所からの指示待ちの状況で自宅待機、療養中です」とした上で「このたびはいつも御声援をいただいております皆さま、関係者の方々には大変ご迷惑ご心配をおかけいたしますが、何とぞご理解のほどよろしくお願いいたします」と報告した。

 新型コロナは糖尿病や高脂血症の人が悪化する傾向があると一部で伝えられており、ネット上では松村に対して「心配です」「悪化しなければいいけど…」という声が寄せられている。

 松村は2017年1月、ライザップのCM出演を機に本気でダイエットに挑戦。炭水化物を控え、脂肪を筋肉に変えるトレーニングが奏功し、8か月間で体重は110キロから80キロになった。当時本紙の取材に「寝る前に筋トレしています」「何の苦労もなく階段を上ることができます」と、体質改善を報告していた。

東京スポーツ

この記事はいかがでしたか?

【関連記事】
志村けんさん 愛した夜の街で悲しい仕打ち「話をするのはやめよう」
玉置浩二が24年ぶり紅白出場 Snow Man代役説「それは失礼」
浜田雅功ブチギレ「お前と二度と仕事せえへんからな!」
【写真5枚】志村さんが最後に愛した奥村美香
中島知子「ダディとヤッたみたい」
最終更新:2020/12/30(水) 16:54
東スポWeb






●死去の羽田氏23日の弁当に手つけず すでに異変か
2020/12/28(月) 22:06配信

日刊スポーツ
羽田雄一郎氏(2012年11月20日撮影)

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、感染した現職国会議員の死亡が28日、初めて確認された。

【写真】羽田氏「おれ、肺炎かな」病院向かう車内で容体急変

27日に53歳で急死した立憲民主党の羽田雄一郎参院議員の検視を行った東京都監察医務院は、死因が新型コロナウイルス感染症(死亡時刻27日午後4時34分)だったと明かした。同党の枝野幸男代表、福山哲郎幹事長はこの日会見し、経緯や状況などを説明した。現職国会議員のコロナ感染死は初めて。永田町に衝撃が広がっている。

   ◇   ◇   ◇

突然の訃報が暮れの永田町を駆けめぐり、立憲民主党は情報収集や対応に追われた。この日午後2時に会見した枝野氏は「まだ情報がない」とし、午後6時からの福山氏の会見で、経緯や状況などが説明された。

羽田氏は24日夜、38・6度の熱があり、その後は36度〜38度台を繰り返していた。倦怠(けんたい)感などの症状がおさまらず、25日から公務を休み、都内の自宅で静養。「近場の人」が新型コロナ陽性になったとして、参院の診療所にPCR検査を受けられる病院を問い合わせていた。

検査は27日午後、都内の病院で行う予定だったが、症状が悪化。自宅から秘書が運転する車で病院に向かうさなか、呼吸が荒くなるなど容体が急変した。

「おれ、肺炎かな?」。この言葉を最後に秘書との会話が途切れた。秘書が救急車を手配し、東大医学部付属病院へ搬送中、死亡が確認された。PCR検査は25日にインターネットから申し込み、予約が取れたのが27日午後だったという。

福山氏は「発病から死亡までの期間は不詳とされた」との検視結果も明かした。羽田氏には糖尿病、高脂血症、高血圧などの基礎疾患があり、愛煙家だった。

現在、濃厚接触の可能性が高い羽田氏の家族、秘書らは隔離されている。羽田氏は20日、21日と公務がなく、自宅で家族と過ごしていた。22日は財務省の職員らと計3回面談し、党の常任幹事会にも出席。23日は地元長野で県連の会合に出席し、会見し、帰京した。現地での様子について「出された弁当に手をつけずに持ち帰った。すでに異変を感じていたのでは」と推測する関係者もいる。

福山氏は濃厚接触が疑われる国会議員を含めた出席者全員に「早急にPCR検査を要請したい」とした。

羽田氏は羽田孜元首相の長男で父の秘書を経て政界入り。参院長野選挙区選出で当選5回。今年9月に解党した国民民主党から立民に合流し10月に参院幹事長に就任したばかりだった。葬儀、告別式は未定。急逝に伴う参院補選が来年4月にも行われる見通しだが「何しろ、急なこと。大事なこととは思いますが時期尚早だ」。党の参院幹部を失った枝野氏は、苦悩をあらわにした。【大上悟】

この記事はいかがでしたか?




【関連記事】
朝丘雪路さん死去 認知症療養「ボインちゃん」人気
ムッシュかまやつさん後追い死 妻他界から数日後に
コロナで俳優和田周さん死去「ナースのお仕事」出演
G・ノーマンがコロナ陽性「経験したことない痛み」
三浦春馬さん、竹内結子さんら/20年訃報下期
最終更新:12/29(火) 5:49
日刊スポーツ






●三田佳子さんの次男・高橋祐也さん 糖尿病で入院歴あり。




●佐藤忠志さんか、自宅で遺体発見 「金ピカ先生」
2019/9/25(水) 11:12配信朝日新聞デジタル
佐藤忠志さんか、自宅で遺体発見 「金ピカ先生」
予備校講師から教育家兼タレントとして活躍していた佐藤忠志さん=1993年2月
 予備校の元英語講師で「金ピカ先生」の愛称で親しまれていた佐藤忠志さん(68)の都内の自宅で遺体が見つかっていたことが25日、わかった。警視庁は遺体は佐藤さんの可能性が高いとみている。

 関係者によると、佐藤さんは都内で一人暮らしをしていたが、以前から糖尿病などを患い体調を崩していた。24日、地域包括支援センターの職員が訪問したが返事がなかったため、警察に通報し、遺体が見つかった。

 佐藤さんは、慶応大学法学部卒業後、筑波大大学院修了。代々木ゼミナールや旺文社の大学受験ラジオ講座などで指導にあたった。派手なスーツや金色のアクセサリーを身につけ、「金ピカ先生」として話題を集めただけでなく、英文読解のわかりやすい解説や、授業の合間の人生指南で受験生をひきつけた。

 80年代を中心にテレビや雑誌などのメディアに登場。01年に参院選、09年に鹿児島県西之表市長選に立候補したが落選した。

「脳梗塞を2度やりました。あと、心筋梗塞も。最初の時は3時間の開頭手術でした。脳外科の教授が私の教え子で、先生を殺しちゃいけないと思って、メス、震えましたって。心筋梗塞ではステントいれました」

     ◇

 警視庁によると、死後、時間がたっているとみられ、身元の確認を進める。外傷がなく、室内に荒らされた形跡がないことから、事件性はないとみている。

朝日新聞社

【関連記事】
女子の「アホのふり」気づかぬ東大男子 上野さんが斬る
東大生と言えない訳 上野千鶴子氏が新入生に伝えたこと
小泉氏「セクシー」発言、その中身は? 言葉の是非の先
組み体操、市長と市教委が大バトル なぜ実施を望むのか
朝青龍にそっくり? おいが関取に「おじさん超えたい」
最終更新:9/25(水) 16:07
朝日新聞デジタル






●荒武者レスラー谷津嘉章、糖尿病で「右足切断」を告白
2019/7/2(火) 6:02配信 SmartFLASH


「参ったよな。足を切られちゃってさ。でも、まだ無意識に立とうとしちゃうんだよ。足がないのを忘れて」

【リング写真】80年代に新日本プロレスで「維新軍」として暴れた長州と谷津

 衝撃的な告白とともに、右足膝下を切断した姿をカメラの前にさらしてくれたのは、プロレスラーの谷津嘉章(62)だ。アマチュア時代は、全日本学生選手権4連覇。レスリング重量級の日本代表として、1976年のモントリオール五輪に出場した、まさにレスリングエリートである。

 冒頭の写真は取材時のもので、術後わずか数日。松葉杖がつけるようになったら、リハビリ専門病棟に移る。その後、義足を作り、歩行訓練をおこなうという。

「リハビリが痛えんだよ! まあ退院するころには秋も深まっちゃうな……」と言うなかで、本誌の取材を受けた理由を、こう明かす。

「だって、こんなの隠しきれないじゃん? どっちみちバレるんだから、だったら自分から話しちゃったほうがいいと思ってね。写真も撮っていいですよ。さすがに、ピースはしないけどな(笑)」

 

●博多大吉、肺年齢“69歳”に絶句 …衝撃事実も発覚
エンタメ その他2019年1月9日(水) 04時30分
博多大吉 (c)Getty Images
博多大吉 (c)Getty Images
テレビ番組
坂上忍、菅首相と尾身会長の意見の食い違いに疑問「どうなんだろうって思ってしまう」
永島優美アナ、BTS『Dynamite』の全力ダンス動画が大反響!260万回再生を突破
宮迫博之、山口智充と「くず」を20年ぶりの再結成!
編集部にメッセージを送る

 博多大吉が、8日放送の『教えてもらう前と後2時間スペシャル』(TBS系)に出演。肺年齢の結果に衝撃を受ける一幕があった。


 今回、番組の企画で4年ぶりに人間ドックを受診した大吉。血糖値の計測、さらには大腸カメラ、胃カメラによる検査を受けた。すると食後の血糖値がかなり上昇していることが判明。消化器内科医から「遅かれ早かれ2型糖尿病にかかる可能性が高い」と告げられた。

 さらに肺年齢も調べることに。タバコを1日20本、27年間吸い続けてきた大吉だったが、検査した医師から「衝撃の……69歳」と告げられた。実年齢プラス22歳というデータに彼は「えっ?」と言ったきり絶句。ようやく、「69ということはもう70ですね」と絞り出し、しばらく放心状態。

 さらに呼吸器の専門医から「大吉さんの病名はCOPD、慢性閉そく性肺疾患です」と下された。これはタバコなどの影響で肺に慢性的な炎症が起きる病気。息切れや咳、最悪の場合呼吸困難に陥るという。

 さらに「肺が溶けちゃってる」と衝撃事実も発覚。大吉の肺は一部が溶けて穴が開いており、うまく酸素を取り込めないのだとか。医師から「これを機会に完全禁煙をお勧めします」と言われるも、大吉は「電子タバコは?」と聞き返し、「電子タバコを吸うと肺が真っ白になって元に戻る」という“都市伝説”を繰り返し主張していた。
《杉山実》

《PR》関連記事

【新型MAZDA CX-5】余裕ある走りのクリーンディーゼル (マツダ)
【注目の記事】[PR]

どこにでも連れていける相棒『Panda Cross 4×4』 (FCAジャパン by レスポンス)
GIGAスクール構想の弊害!?近視や目の不調から子どもたちを守ろう (ベンキュージャパン by リセマム)
powered by Cynergi platform
博多大吉 (c)Getty Images





●2019.06.28
元横綱北尾光司さん 両脚切断の危機、自殺未遂…知られざる闘病生活を妻が初告白
 北尾光司さん=1991年撮影
拡大
 今年2月10日に慢性腎不全のため死去した大相撲元横綱・双羽黒の北尾光司さん(享年55)の妻・淑恵さんが、28日放送のTBS「爆報!THEフライデー」に出演。長らく表舞台に出ることなく、突然の訃報が伝えられた北尾さんの知られざる闘病生活を初告白した。

 北尾さんは立浪部屋に入門し、15歳の79年春場所に初土俵を踏んだ。日本人離れした199センチの長身と抜群の相撲センスで番付を駆け上がった。86年に優勝経験がないまま、22歳で横綱に昇進。しこ名を「双羽黒」に改名したが、昇進後は不振に苦しんだ。87年12月下旬に立浪親方(元関脇羽黒山)と対立して失踪騒動を起こし、同年大みそかに電撃引退。優勝なしのまま、24歳の若さで角界を去ることとなった。

 淑恵さんは医大進学を目指して浪人中に北尾さんのファンとなった。小結時代にバレンタインデーのプレゼントを渡したことで交際をスタート。廃業直後にプロポーズされ、「今こそ支える時」と決断して結婚した。実際に、スポーツ冒険家、プロレスラー、総合格闘家など、どれもトラブルなどで長続きしない北尾さんを、精神科医となった淑恵さんが支え続けた。

 北尾さんは03年に立浪部屋と和解し、相談役に就任。16年ぶりに角界に復帰し、再出発に意気込んでいたが、その思いを阻むように病魔に襲われる。

 日曜大工中に傷つけた右足が化膿して腐敗。長年の暴飲暴食の影響で重度の糖尿病を患っており、腐敗が進んだ。医師からは両脚切断するよう言われたが、淑恵さんは「横綱になった足」とこれを拒否。医師の仕事を辞め、一人娘とともに介護に徹する。体重140キロの北尾さんを女性が介護するのは大変で、淑恵さんも椎間板ヘルニアを発症。芸能界にあこがれる長女は専門学校への進学をあきらめた。

 北尾さんも「俺生きていていいのか」と口にするようになり、自殺未遂も起こしたという。やがて腎臓機能が低下し、2月に永眠した。

 死を覚悟してからの北尾さんは「今のうちに俺を撮っておけよ」とビデオに残すことにこだわったという。番組では実際の動画も放送。北尾さんは寝たきりになってから淑恵さんに「愛しているよ」と感謝の言葉を繰り返すようになった。視力を失い、記憶もなくした死去する10日前の最後の映像でも、淑恵さんの「愛してる?」と呼びかけに、「うん」と反応した。









●糖尿病を引き起こす放射能
アーネスト・スターングラス博士

世界中の政府や国際原子力安全委員会などは「放射能による影響はガンと子どもの先天性障害だけだ」とみなさんに信じ込ませようとしています。 しかし実はさまざまな面で健康に影響を及ぼしているのです。 乳児死亡率や低体重児出産のほかに糖尿病があります。

 1981年から2002年の間にアメリカの糖尿病罹患者は580万から1330万に増加しました。それと同時に原子力発電所の稼働率は40〜50%から92%に増大しています。(注:アメリカ国内の原子力発電所の建設は1978年以来ないので稼働率が発電量を反映する)原子炉の検査やメンテナンスや修理の時間がより減少してきたことがあります。その結果、振動によってひび割れや放射能漏れが起きています。 

1959年ドイツのスポーディ博士などのグループがストロンチウム90をたくさんの実験動物に与えました。それらは当初カルシウムのように骨に蓄積すると予想されていたのですが、実験室がイットリウム90のガスで充満していることを発見しました。イットリウム90は、ストロンチウム90の核から電子がはじき出されると生成する元素です。このようにストロンチウム90からイットリウム90に変換します。

 そこで実験動物の内蔵を調べた結果、ほかの臓器にくらべ膵臓にもっともイットリウム90が蓄積していることが判明しました。また、肺にも蓄積されていましたが、それはラットの肺から排出された空気中のイットリウム90をまた吸い込んだためだと考えられます。膵臓はそのβ細胞からインシュリンを分泌する重要な臓器です。それがダメージを受けるとタイプ2の糖尿病になり、血糖値を増大させます。膵臓が完全に破壊されるとタイプ1の糖尿病になり、つねにインシュリン注射が必要になります。おもに若年層の糖尿病の5〜10%はタイプ1です。
 アメリカと日本に共通していることですが、ともに膵臓がんの数が非常に増加しています。






●内山信二 空腹時血糖値176(基準値109未満)完全に糖尿病だった。
余命5年と医師宣告…昨年は6年だった、寿命42歳、運動不足とTVで
2018/10/22(月) 21:45配信 デイリースポーツ

 タレントの内山信二(37)が22日、TBS系「名医の太鼓判! 芸能人余命宣告SP 秋の健康診断」(後7・00)に出演し、医師から余命5年、寿命42歳と宣告された。昨年は6年と宣告されていた。

【写真】松嶋尚美 余命13年と宣告…喫煙歴26年、肺年齢は74歳

 昨年の放送で内山は「余命6年 寿命42歳」と宣告。原因は運動をしないことと暴食だった。その後、食習慣など生活を見直し、640だった中性脂肪が230に落ちたこともあったという。1年ぶりに人間ドックで詳細な検査を受けた結果、医師から余命5年と通告された。内山は「うわあ」と顔をゆがめた。

 ナレーションが入り、「今回の検査で驚きの数値が判明」とし、中性脂肪が基準値は149未満のところ365。尿酸値は7・5(基準値7未満)、空腹時血糖値176(基準値109未満)、全7項目で異常があったという。

 内山は大腸検査を受けるために新宿内視鏡クリニックへ。医師に「1年前に6個ポリープがあって5個をとったんです」と伝えた。当時、がん化する可能性があるという腫瘍性ポリープが5個見つかり、除去したという。今回もポリープが4個見つかった。

 消化器内科の大竹真一郎医師が番組に出演し、「30代で腫瘍性ポリープができるのは珍しい。よほど生活習慣が悪い」と指摘。「ポリープができる原因の一番は運動不足。次に肉が好き、野菜を食べない、喫煙」とあげ、内山はすべて当てはまっているという。

【関連記事】
中井美穂、人工肛門つけて仕事 温泉リポートも務め上げる
【写真】まるで別人!団長の服を着たHIROのビフォーアフター
小保方氏、2年ぶり登場に驚きの声「まるで別人」「容姿が変わりすぎ」
朝ドラのヒロインが撮影中12キロ激太り…スタッフ困惑「絵がつながらない」
梅宮アンナ 1年かけてタトゥー除去へ「入れるより消すのは何倍も痛い」





●独り暮らし蛇口から水…元小結板井さん急死だったか
[2018年8月15日12時58分]
FacebookMessenger
大相撲の元小結板井の板井圭介さん
大相撲の元小結板井の板井圭介さん
87年11月、新横綱大乃国(右)を破り初金星の板井
 大相撲の元小結で、引退後に八百長の存在を明言した板井圭介さんが14日、死去した。62歳だった。都内の自宅で倒れているところを発見され、その後、死亡が確認された。現在はない大鳴戸部屋で同部屋だった、元十両のプロレスラー維新力によると、第一発見者は板井さんの現役時代の付け人。維新力は「元付け人は引退後もずっと板井さんと交流があった。体を壊して働くことができず、独り暮らしだった板井さんの世話をしていて、病院に来るはずの時間に来なかったので、おかしいと思って見に行ったら、自宅で息を引き取っていたそうです」と説明した。

 死因は14日現在まで特定されておらず、元付け人が発見した時は、蛇口から水が出続けている状態で、急死の可能性が高いとみられる。板井さんは近年、糖尿病などで定期的に病院に通い、心臓にはペースメーカーも埋め込んでいた。一方で現役時代から膝を痛めていたが、愛犬の散歩が日課で自力で歩いていたという。維新力は「いろいろ言われた方ですが、稽古場では本当に強いし、自分が付け人をしていた時も偉そうにすることもなく、人格者だった」と話した。

 板井さんは78年秋場所で初土俵を踏むと、序ノ口から三段目まで3場所連続で優勝し、当時最多の26連勝を記録した。突き、押しを武器に、金星3個すべてを大乃国から獲得し「大乃国キラー」として知られた。東前頭14枚目だった91年名古屋場所で幕内4人目の15戦全敗。翌秋場所中に引退した。引退に際して「春日山」の年寄名跡を借りて相撲協会に残る話も出ていたが、立ち消えになった。00年に日本外国特派員協会の講演で、自らの体験を挙げて八百長を告発。同年、八百長の暴露本を出版した。08年には記事を巡る裁判に証人として出廷し、自らの八百長への関与を認めた。

 ◆板井圭介(いたい・けいすけ)1956年(昭31)3月21日、大分県臼杵市生まれ。大分水産高(現海洋科学高)から実業団の黒崎窯業を経て大鳴戸部屋入門。同年秋場所に前相撲で初土俵。序ノ口、序二段、三段目と3場所連続で優勝。序ノ口からの26連勝は当時最多。幕下も2場所で通過し、79年秋場所新十両、80年秋場所新入幕。89年夏場所で自己最高位となる小結に昇進。幕内に54場所在位し、通算成績は496勝515敗(前相撲3勝、不戦敗5含む)98休。金星3個。殊勲賞、技能賞各1回。91年秋場所限りで引退。






●大気汚染が糖尿病の発症リスクに、米研究
2018/7/1(日) 17:49配信 AFP=時事

大気汚染に覆われた米ロサンゼルス(2017年10月17日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】2016年に世界で新たに発症した糖尿病の7例に1例は大気汚染が原因であるという研究結果を、米セントルイス(St Louis)のワシントン大学医学部(Washington University School of Medicine)のチームが発表した。わずかな大気汚染レベルでも糖尿病の発症リスクにつながるという。

 糖尿病は食生活や運動不足などの生活習慣が主な発症要因とされてきたが、ワシントン大学医学部の研究は大気汚染も糖尿病の大きな発症要因となり得るとしている。

 同大の研究に協力する米復員軍人援護局傘下の臨床疫学センターのチームは、糖尿病の既往歴のない米退役軍人170万人を対象に8年半かけて追跡調査を実施。大気汚染と糖尿病リスクの関連を調べるため、退役軍人らの患者情報を大気環境情報と比較したところ、糖尿病の発症リスクと大気汚染に「密接な関連がある」ことが示されたという。

 研究をまとめた論文によると、2016年に全世界で新たに発症した糖尿病の14%にあたる、320万症例が大気汚染に起因していたという。

 論文執筆者の一人、ジヤド・アルアリー(Ziyad Al-Aly)氏は「われわれの研究は、世界的に大気汚染と糖尿病の間には重大な関係性があることを示している」と語った。

 論文は、(大気)汚染によって体内のインスリン産生が低下するため、健康維持に必要な血糖のエネルギーへの変換が妨げられるとしている。

 専門誌「ランセット・プラネタリー・ヘルス(Lancet Planetary Health)」に掲載された研究の結果についてアルアリー氏は、世界保健機関(WHO)や米環境保護局(EPA)が現在、安全とみなしている大気汚染レベルでも糖尿病リスクは高まると警告。「これは重要なことだ。産業界の多くのロビー団体が現在の大気汚染規制は厳しすぎると主張して緩和を求めているが、現状の規制でも安全ではなく、むしろ強化が必要なことを示している」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連記事】
インド首都、夏季にはまれな大気汚染 安全基準20倍のスモッグ
大気汚染、米カリフォルニア州の複数都市で最悪レベル
カロリー制限で長生き、ネズミキツネザル実験で効果 仏研究
〔写真特集〕大気汚染〜北京、ハルビン……かつての東京〜
大気汚染、改善目標を達成=依然日本基準の4倍−北京






●2017年10月9日
嶋大輔「名医のTHE太鼓判!」に出演するため、事前に受けた人間ドックで、「糖尿病」を発症していることが判明。しかも、現在の状態のままなら「余命4年」と宣告されてしまったようだ。



●2018

お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃん(41)が29日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判!」(月曜・後7時)に出演。以前、同番組出演の際、検査数値の異常を指摘され、突然死のリスクさえも伝えられていたが密着取材の結果、生活改善は見られず。血糖値は即入院レベルの数値を示し、医師団をあ然とさせる一幕があった。

 今回は医師が見落としてはいけないと口を揃える「血糖値」をテーマに芸能人に密着。クロちゃんは血糖値を「即入院レベル」と診断された。

 「普段からカロリーを気にした食生活をしている」と主張するクロちゃんだが、密着してみると朝からベッドの上でパスタとフライドチキン。間食にもフライドチキンを平らげると、ジムでトレーニングをしたあとにそばを噛まずに“飲む”昼食。夜にはしゃぶしゃぶ食べ放題に「仕事と人間関係でストレスがたまる」と大量の酒。最後はラーメンで締めるかと思われたが、さらに帰りにはカフェでスイーツと暴飲暴食。血糖値は最大で311(基準値は110〜140)を示し、2型糖尿病であることも明らかになった。

 かつて、同番組がダイエットに成功した「安田大サーカス」HIRO(40)に密着した際、クロちゃんも異常値を指摘され、突然死のリスクを伝えられていたが、生活改善はされないまま。この結果を受けて、丸田佳奈医師(36)が前回収録後に真剣に忠告していたことを告白したが、「なんにも伝わってなかった」と助言したことがないがしろにされたと思わず涙ぐむ場面も。クロちゃんの生活ぶりに生活習慣を医師などが指導する“教育入院”の必要性まで浮上した。



●2017.6.22
タカトシのタカ 1カ月で8キロのダイエット…5月24日から炭水化物を遮断
タカアンドトシのタカ(41)が22日、都内で行われたゲームアプリ「ファイトリーグ」の配信開始イベントに登場し、1カ月で8キロのダイエットに成功したことを明かした。パートナーとのタッグでプレイする対戦型アプリ。「8キロ絞ってきたので」と意気込んでいたが、相方のトシ(40)とGACKT(43)らに挑み、完敗した。改めてダイエットについて聞かれたタカは、人間ドックで糖尿病予備軍と診断されたことで5月24日から炭水化物を遮断。テレビ番組の企画かと思いきや「仕事を待っていたら糖尿病になっちゃう」と自主的に開始したという。 「子供の顔を見てたら、こいつが大人になるまで生きたいな、と思って」と神妙な表情を浮かべ、トシに「なんだ、この話!?」と突っ込まれていた。



●田中健、テレビの健康診断番組で2型糖尿病が判明した。田中健は余命10年、寿命76歳と診断された。肝機能の指標となるAST、ALT、γGTPが異常値など9項目に及んだ。医師が余命に関わると懸念したのが2型糖尿病など生活習慣病が重なっている事だった。田中は家での食生活は健康的だが、外では甘い物の間食が多かった。糖質を食べると血糖値が上昇、インスリンの分泌が増えるため脂肪を溜め込む。


●2017年04月27日 11時20分電撃ネットワーク・南部虎弾、先月末から入院していた
 6月復帰を目指して治療中
パフォーマンス集団・電撃ネットワークのリーダーの南部虎弾(なんぶ とらた 本名:佐藤 道彦(さとう みちひこ) 1951年7月14日 - )(65)が、持病の糖尿病の悪化のため入院していることが27日、明らかになった。所属事務所が発表した。関係者によると、南部は3月末に風邪で体調を崩してそのまま入院。入院は持病の糖尿病が悪化したためで、緑内障や糖尿病による合併症の影響など満身創痍(そうい)の状態。現在は治療に専念しており、事務所は「6月ころの復帰」を目指しているという。リーダー不在の間は、ダンナ小柳、ギュウゾウ、今日元気、ペリカン、ランディー・ヲ様らで活動を継続していく。




●2017/04/18(火) クリストファー・ナイト
アメリカ・メイン州のキャンプ場では、数十年にわたって食糧や日用品の盗難事件が多発しており、誰にも見つからない窃盗犯の存在は地元で「North Pond Hermit(ノース池の隠者)」と呼ばれていました。長年にわたって警察も手を焼いていたこの犯人がようやく逮捕されたのですが、なんと男は他者の接触を一切絶ち、27年もの間森の中で1人で暮らしていたことがわかりました。メイン州のノース池付近で、27年間にわたって生活を送っていたクリストファー・ナイトという47歳の男が逮捕されました。ナイトは付近のキャンプ場から食糧、生活物資や本などを盗んで生活していたとのこと。逮捕当時のナイトの身なりは清潔で、髪の毛やひげはしっかり整っており、そのまま街中に出ても怪しまれることはない状態だったそうです。
現在はケネベック刑務所に収監されており、複数件の窃盗罪で5000ドル(約54万円)の罰金も科されています。
http://i.gzn.jp/img/2017/04/17/north-pond-hermit-arrested/02.jpg
警察によると、ナイトはローレンス高校を卒業した2年後に森での生活を始め、徹底して人との関わりを避けていたとのこと。人に見つかることを恐れて一度もたき火をしたことはなく、氷点下の夜は「モーテルにチェックインすることを夢見ていた」とナイトは話しています。ナショナルジオグラフィックによると、ナイトは毎日午前2時30分に起床してキャンプ場の周りを歩くことで、厳しいメイン州の冬をやり過ごしていたそうです。
http://i.gzn.jp/img/2017/04/17/north-pond-hermit-arrested/19.jpg
なお、ナイトは27年間で「一度も病気をしたことがない」と語っており、人里離れた生活によって伝染病にかかる恐れはなかった模様。しかし、逮捕後の検査によると偏った食生活からナイトは糖尿病を患っていたことがわかっています。
http://i.gzn.jp/img/2017/04/17/north-pond-hermit-arrested/06.jpg



●ミュージシャン/バンド
『1-GATA』は全員が1型糖尿病、Vo.中新井美波(元陸上選手)、Key.吉田敬、Bass山川浩正(exTHE BOOM)の3人。



●大地洋輔(おおち ようすけ)
1972年7月13日生(44歳)
ダイノジは、大地洋輔と大谷ノブ彦によるお笑いコンビである。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。糖尿病を患っている。デビュー当時は70kgだったが、炭水化物好きが高じて104kgまで増えた。「動けるデブ」として一躍ブレイクするものの、2008年に糖尿病を宣告されると、娘が生まれたことも相まって80kgまで減量した。


●「大阪名物パチパチパンチ」などのギャグで知られた吉本新喜劇の島木譲二(しまき・じょうじ、本名・浜伸二=はま・しんじ)さんが2016年12月16日、脳出血のため、入院先の大阪市内の病院で死去した。72歳だった。日刊スポーツなどが報じた。平手で胸をたたく「大阪名物パチパチパンチ」や灰皿を使った「ポコポコヘッド」などの体を使ったギャグで人気だった。最後の出演は10年12月26日、大阪・なんばグランド花月。50代のころから糖尿病に悩まされたが、体格を生かしたギャグがキャラクターだったために仕事を優先。(中略)所属事務所によると、この日は自宅にいたが様子に異変があり、病院搬送後に体調が急変したといい「最期は奥様にみとられました」と説明した








●2016年9月20日 19時00分 (2016年9月22日 20時06分 更新)
タレントの梅宮辰夫(78)が十二指腸乳頭部がんを患い、今年7月に手術していたことが先日、明らかになった。これを受けて、長女でタレントの梅宮アンナ(44)が都内で記者会見を開いた。梅宮辰夫のがんは、ステージ1〜2の間の早期発見で、7月26日に十二指腸と胆のうの全部、すい臓と胃の一部を摘出する12時間におよぶ手術を受けたという。梅宮アンナは「年齢的にも長時間の手術に耐えられるか不安で、手術室に送り出すときは、もしかしたらバイバイかもと覚悟した。結果は成功で、いまは元気に自宅療養しております」と報告した。梅宮辰夫には、これまでにも九死に一生という場面が何度かあった。今年2月に風邪で体調を崩していたが、入院を延期して同月に行われた安藤昇さんのお別れの会に歩行補助器を使って参列していました。その後に入院したが、そのときは肺炎、心不全、腎不全、糖尿病、高脂血症、狭心症、心房細動、高血圧と8つの合併症が発症。医師から『1日遅かったら助からなかった』と告げられたそうです」(スポーツ紙記者)さらに、以前にもがんが発見されていたこともある。「遡ると、1974年には睾丸(こうがん)腫瘍と診断され、このときはがん細胞が肺にまで転移していました。医師に余命3カ月と言われたが、抗がん剤と放射線治療で完治させています」(同)






●2016/03/25(金) 11:42
[23日 ロイター] - 米ヒップホップ・アーティストで、人気グループ「ア・トライブ・コールド・クエスト」のメンバーだったことで知られるファイフ・ドーグ(本名マリック・テイラー)さんが22日、死去した。45歳だった。遺族が23日明らかにした。遺族の声明によると、ファイフ・ドーグさんは糖尿病の合併症で亡くなった。死去を受け、ヒップホップ・グループ「パブリック・エナミー」のチャック・Dさんや、コメディアンのクリス・ロックさんらが追悼の意を表した。ア・トライブ・コールド・クエストは最後のスタジオアルバムを1998年に発表。ファイフ・ドーグさんは2000年にソロアルバムをリリースした。3月23日、米ヒップホップ・アーティストで、人気グループ「ア・トライブ・コールド・クエスト」のメンバーだったことで知られるファイフ・ドーグさん(左から2人目)が22日死去した。ニューヨークの音楽イベントで2007年撮影(2016年 ロイター/Eric Thayer)
ロイター 2016年 03月 24日 13:10 JST
http://jp.reuters.com/article/phife-dawg-idJPKCN0WQ09N






●五代 友厚(ごだい ともあつ)は、江戸時代末期から明治時代中期にかけての日本の武士(薩摩藩士)、実業家。五代友厚は、明治18年(1885年)9月25日、糖尿病が原因で満49歳で亡くなっています。江戸中期頃すでに、「水を飲み続けながら痩せていく不思議な病気」_として糖尿病が認知されていたようです。
実業家で大阪商法会議所の会頭の五代友厚氏が1885年9月25日、東京・築地の自邸で死去した。51歳(満49歳)。死因は糖尿病と見られる。前月より眼病とあわせて療養を続けていた。葬儀は大蔵大臣・松方正義伯の発意により大阪にて執り行われた。
五代友厚さんの死因からお伝えします。タイトルにもありますように、五代友厚が亡くなった原因は糖尿病です。
年齢は、まだ49歳という若さでの死でした。広岡浅子さんが実家三井家の法事で五代友厚と遭遇してからわずか1年後という短さでした。その葬儀には、4300人というびっくりぽんな人数が訪れ、大阪の経済界の顔であったことが証明されています。



●前田 義孝(まえだ よしたか、52歳、1963年 - )は、日本のフードファイター。福井県出身・在住。血液型AB型。通称・マエダンゴ、御舘方様(おやかたさま)、よっし〜。来歴・人物  全国各地の大盛りメニューが紹介されている個人サイト『テラめし倶楽部』を主催するフードファイター。ニュース番組の大盛り店紹介コーナーや『TVチャンピオン』、雑誌インタビューなどで活躍し、「マエダンゴ」の愛称で呼ばれた。活動初期は地元福井を拠点に、周辺(関西一円を含む)地域の大盛り店を紹介していたが、2007年3月11日のレポート、「バトル41 小エビかき揚げ丼大盛」で語られた東京出張(後に転勤)を機に、東京都内に軸足を移し大盛り店の本格的リポートを継続しネット系大盛り紹介の黎明期を支えた。「テラめし倶楽部」とは別に「マエダンゴの部屋」というバイクでの旅サイトも開設しており、こちらではツーリング情報を中心に紹介している。愛車はカワサキ・ZZR(通称・ダボジー)と日産・マーチ。2009年2月に転勤により出身地の福井県へ戻り、地元で活動を続けている。現在は糖尿病を患い、大食いは節制している模様(テラめし倶楽部も休止中)。代わりに、健康を考えてか「よっし〜のよたよた山歩き」を開設し、登山を趣味としている。





●「落下星の部屋」は、糖尿病により2002年に亡くなった男性のホームページだ。メインメニューは自身の体験談。糖尿病と診断された後でも奔放な食生活を改めずに暮らし、右目の失明や両足の切断、人工透析に至る過程を自虐気味に明け透けにつづっている。 右目の失明時。いわく「(ビール缶が)3缶目から4缶目に移ったときです。プルトップを開けてテレビに目をもどしたら、『なにかおかしい。』(略)ふと蛍光灯を見上げると、なんとなく赤っぽい。訳がわからず、とりあえず手のひらで片目づつおおってみると、あらら、左目は正常なのに右目だけにするとまっかに染まった室内」。周囲の反応を気にしないような飾り気のない一人称の記述が、圧倒的なリアリティーを持って読み手に迫ってくる。その異様な存在感は、死後10年以上たった現在でも新たな読者を引き寄せる。実際、メニューのひとつ「雑談用掲示板」には2012年以降も、警鐘として読み終えたと感謝する声や、すでに亡くなった筆者の自堕落を怒る声などが1カ月に0〜2回程度のペースで書き込まれていた。しかし、雑談用掲示板は2013年秋ごろに閉鎖してしまった。現在はメニューをクリックしても「お探しのページは見つかりませんでした。」と表示される。写真をまとめたメニュー「落下星の想い出」も同様だ。








●2016/02/15(月) 18:28
「糖質制限ダイエット」の第一人者急逝 因果関係はないのか、ネットでも話題に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「糖質制限ダイエット」の第一人者として知られるノンフィクション作家の桐山秀樹(61)さんが急逝した。
診断書に書かれた死因は心不全とのことだ。糖質制限ダイエットについては専門家の間でも賛否の意見があるが、桐山さんとともに実践していた男性は「糖質制限が原因で亡くなったのではない」と因果関係を否定している。■3週間で約20キロ減 糖質制限はもともと、糖尿病の予防・改善に効果があるとして注目を集めた食事療法だ。米やパンなどの炭水化物と甘いものを控えれば、あとはお腹いっぱい食べても大丈夫...という手軽さから、近年ではダイエット法としても定着している。桐山さんが同ダイエットを始めたのは、糖尿病と診断された2010年のこと。これまでのインタビュー記事などによれば、提唱者である高雄病院(京都府)の江部康二理事長が書いた本に偶然出合い、熟読後、すぐに実践したそうだ。すると、87キロあった体重は、たった3週間で67キロになったという。効果に驚いた桐山さんは、その後、メタボの中年男性たちと「おやじダイエット部」を結成。活動を綴った著書はシリーズ化され、テレビ番組でも取り上げられた。ただ、糖質制限ダイエットに警鐘を鳴らしている医師も少なくない。「本当は怖い『糖質制限』」(岡本卓・愛し野内科クリニック院長著)「『炭水化物』を抜くと腸はダメになる」(松生恒夫・松生クリニック院長著)といった本も出ており、「死亡率が上昇する」「心臓病、脳卒中になる」と指摘する専門家もいる。おやじダイエット部メンバー「前夜まで、本当に元気でした」桐山さんは2016年2月6午前、滞在していた東京都内のホテルで亡くなった。14日夜、妻で文芸評論家の吉村祐美さんが夫のFacebook上で公表した。15日朝には「モーニングショー」(テレビ朝日系)が取り上げたこともあり、ネット上でも話題になった。
中には、
 「糖質制限流行ってたけど危ない感じなのかな?」
 「桐山氏は第一人者だけに無理したんだろう」
 「心不全ねぇ。流行ってたけど3ヶ月で20kgとか逆に怖いよ」
と、糖質制限と結びつけたコメントもある。
だが「おやじダイエット部」メンバーの男性は、Facebook上で
 「糖質制限が原因で亡くなったのでなく、心不全・急性心筋梗塞で亡くなったのが、診断書からも明らかです。亡くなる前夜まで、本当に元気でした」として関係を否定している。桐山さんの死によって糖質制限に関するさまざまな憶測が広がっていることについては、「糖質制限食が、糖尿病の食事療法の一つである事実は、変わらないです。賛否両論があることも、事実です。そのことは、桐山先生の著書でもよく書かれていました」
とコメントした。その上で、「長距離の移動と多忙、急激な寒さが重なり、疲労も相当蓄積していたのではと、思い返しています」と心不全の背景を推察している。前述の江部理事長も15日放送の「モーニングショー」の取材に対し、「基本的には無関係だと思います」と因果関係を否定。血糖は改善し、正常な数値をコントロールできていたといい、「最初に病院に行った時点で、すでに消えない借金として動脈硬化が心臓と脳にあった可能性が極めて高い」と説明した。写真:妻の吉村祐美さんが桐山秀樹さんのFacebook上で急逝を発表(画像はFacebookのスクリーンショット)
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160215-00000001-jct-000-1-view.jpg
J-CASTニュース 2月15日(月)12時15分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160215-00000001-jct-soci
前スレ(1が立った日時:2016/02/15(月) 12:41:07.37)
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1455517955/




●2008年、アメリカ国立衛生研究所が発表した試験結果があります。1万人を対象にしたその試験によると、厳格な糖質コントロールを行って血糖値を下げたグループは、標準レベルの血糖コントロールを行ったグループに比べて21%も死亡率が高かったのです。日本では国立国際医療センター糖尿病研究所の能登先生は、こちらの論文で「低炭水化物食では長期的な効用は認められない。心血管疾患のリスクは低減せず、総死亡率はむしろ著名に増加した」と報告しています。この研究は過去に行われた研究の結果をまとめて解析したもの。計27万人におよぶ対象を解析した結果、糖質制限をしていた被験者では死亡率が31%増加しており、なかでも心血管疾患(心筋梗塞など)による死亡が10%増加していたということです。




●長州小力
10年近く前に、TV番組で健康診断を受けたところ、「血糖値が292」だった。清原は900、猪木は600というとんでもない数字で糖尿病だと気付いた。2014年3月血糖値やHbA1cは正常な値に戻ったが、糖尿病合併症を起こしていたことが判明。合併症は糖尿病性腎症で尿中アルブミンの数値が高くなっていた。尿中アルブミンの正常値は30だが、長州小力の数値は612。300以上で腎不全一歩手前で、長州小力の数値は人工透析を開始するレベル。昨年秋から人工透析に入ったらしい。糖尿病腎症で人工透析が必要になった場合には、5年生存率は50%、10年以内にほぼ100%が死亡。
2007年04日 のTV番組で糖尿病だということが分かってからは、夜食の牛丼も止め、帰宅時には、新宿歌舞伎町から中野自宅まで約7kmを1時間かけて歩いて帰ったり、自宅ではサウナスーツでバイクを漕ぐ有酸素運動を毎日続けるなどして頑張ったのだそうです。しかし、昨年3月、治療を少しサボってしまっていた長州小力。それによって、糖尿病が再発、悪化、、、、





●糖尿病男児、悪化時「ハンバーガー食べれば大丈夫」
テレビ朝日系(ANN) 11月26日(木)16時54分配信
 重い糖尿病の男の子に適切な治療を受けさせずに死なせたとして、自称・祈祷師(きとうし)の男が逮捕されました。男は、治療と称して「死に神退散」などと唱えていました。男の取り調べが続けられている鹿沼警察署から報告です。(社会部・中内功記者報告)今井駿君(当時7)が死亡した経緯が少しずつ明らかになってきました。近藤弘治容疑者(60)は今井君が死亡する前日にも、治療と称して呪文を唱えたり体を触るなどしていたということです。今井君の容体は死亡する3日前から急激に悪化していましたが、両親が病院に連れていくことはありませんでした。死亡する前日には、両親が近藤容疑者に「改めて治療をお願いしたい」などと電話で連絡を入れていましたが、近藤容疑者はその際にも、インスリンを投与するなどの治療をしないように指示していました。両親は今井君の容体が悪化した際に近藤容疑者に相談をしていましたが、近藤容疑者は「私には特殊能力がある。ハンバーガーを食べたり栄養ドリンクを飲んでいれば大丈夫」などと、言葉巧みに両親を信じ込ませていたということです。ある捜査幹部は「近藤容疑者にだまされた被害者が他にもいる可能性は高い」と話していて、近藤容疑者が金目的で犯行に至った可能性も視野に捜査をしています。警察は、両親からも任意で話を聞いていて、事件に至った詳しい経緯を調べています。最終更新:11月26日(木)21時49分テレ朝 news




●「悪霊はらう」糖尿病の7歳、治療させず死亡
読売新聞 11月26日(木)7時19分配信  体を触る行為を「治療」と称し、重い糖尿病を患っていた宇都宮市の男児(当時7歳)に適切な治療を受けさせずに死亡させたとして、栃木県警が26日にも、同県下野市の会社役員の男(60)を殺人容疑で逮捕する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。男児の家族によると、男は「悪霊をはらう成功報酬」などとして、両親から200万円以上を受け取っていた。捜査関係者によると、男は、男児が1型糖尿病と診断されていることを知りながら、治療に不可欠なインスリン注射をさせずに男児の足や腹を触るなどの行為を繰り返したことで、今年4月、男児を殺害した疑いが持たれている。県警は、男が自身に特別な力があると両親に信じ込ませ、適切な治療を妨げたことが殺人容疑に当たると判断した。







●糖尿病(1)普通なら昏睡状態の数値     タレント グレート義太夫(ぎだゆう)さん 
1983年、ビートたけしさんに弟子入りし、「たけし軍団」の一員としてお茶の間を沸かせた。「師匠が飲食店に入っている間、弟子は外で待っているのが芸能界の常識。でも、『殿』(たけしさん)は皆を店の中に連れていってくれました」しかも、料理を大量に注文する。残すと申し訳ないので、弟子たちが全部平らげた。「大きなすしおけにウニの軍艦巻きだけが並んでいたことも。芸能界に入って食生活が豊かになりました」。170センチ、80キロと“ちょい太”だった体重は114キロまで増えた。異変を感じたのは、1995年。太めのタレントを集めた運動会「デブリンピック」という番組で体重を量ったら86キロしかなかった。普通に食べて、運動もしないのに、どんどんやせていく。体がだるく、無性に喉が渇いた。7月のある日、自宅でトイレに行こうと立ち上がった瞬間、目の前が暗くなった。次に気づいたのは救急車の中だった。「夏バテかな」と思ったが、医師の表情は険しかった。「糖尿です。すぐ入院して」。正常なら110(ミリ・グラム/デシ・リットル)未満の血糖値が630もあった。「あなたが話していられるのが信じられません。普通は昏睡状態の数値ですよ!」 「と、糖尿…?」 前年に長年患った糖尿病がもとで、64歳で亡くなった父のことを思い出した。
(2011年3月3日 読売新聞)






●2015/11/25(水)
俳優の松山幸次さんが11月21日に亡くなっていたことが分かりました。22日に、松山さんのブログで兄の幸太さんが報告しています。家で倒れており、急死だったとのことで、病名などは明らかとなっていません。40歳でした。松山さんはサラ・プロジェクトに所属。「銀狼怪奇ファイル」「金田一少年の事件簿」などのドラマにレギュラー出演していたほか、映画や舞台、CMなどで活躍していました。亡くなる前日には、タレントのグレート義太夫さんと会っており、義太夫さんのブログでは元気に食事する松山さんの姿が公開されています。ブログによると、松山さんは「最近、喉が渇いてトイレが近いんです…」などと言っていたそうで、それに対し義太夫さんは「それ、糖尿の症状じゃん、医者行って検査しなよ」と返したそう。「お互い病気には気をつけなきゃね…。そんな話をしてたのに…」と、注意を喚起した矢先の出来事だったことを打ち明けています。東京都品川区の「桐ヶ谷斎場」にて、11月29日18時からお通夜、30日10時から告別式が執り行われるとのこと。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000072-it_nlab-ent
http://i.imgur.com/ow5hf5X.jpg
http://i.imgur.com/2x1JDuL.jpg





夕刊フジ 6月2日(火)16時56分配信
歌手・矢吹健さん(69歳没)糖尿病と脳梗塞を患っていた。デビュー曲「あなたのブルース」が大ヒットし、1968年の第10回日本レコード大賞新人賞にも輝いた歌手、矢吹健さんが今年1月、山梨県内の自宅で亡くなっていたことが6月2日、分かった。69歳だった。妻子に先立たれ、誰にも看取られずに息を引き取った“孤独死”だったという。




佐野実 ラーメンの鬼 63歳 糖尿病で死亡
北島秀一 ラーメン評論家 ガンで死去 51歳
武内伸 ラーメン王 肝硬変 急死48歳 
坂本鐐一 煮干しラーメン考案者 肝臓ガン死亡
林家木久扇 落語家、全国ラーメン党主催 喉頭ガン闘病中
周富徳 中華の鉄人 糖尿病により死亡(享年71歳)
大豊泰昭 死去 プロ野球 51歳白血病 中華料理屋経営
王貞治 ホームラン王 中華料理屋 五十幡 胃がん闘病中(胃全摘出手術後)
元木大介、 嫁大神いずみ、ともに糖尿病闘病中 ラーメン屋元福経営
プロレスリング・ノアは元GHCヘビー級王者の森嶋猛 (37歳)が引退すると発表。糖尿病が原因 、


●2014年3月の記事
清原は体調が思わしくないそうだが、所属事務所も発表した糖尿病が悪化しているそうで、病院に行ったところ血糖値が900以上もあり2月下旬から今月初めにかけて入院し、現在は血糖値を1日3回測り1日1回インシュリン注射をしているという。


●ホームスポーツ元横綱北尾光司さん 両脚切断の危機、自殺未遂…知られざる闘病生活を妻が初告白




六角精次(俳優)、新浦壽夫(元ジャイアンツの投手)、丹古母鬼馬二(たんこぼきばじ、俳優)、長州小力(お笑いタレント)、室井佑月(モデル、レースクイーン、銀座のクラブのホステスなどを経て、作家、テレビ・ラジオでコメンテーター)、藤田智(NHK野菜の時間講師、恵泉女学園大学教授)、清原和博(元プロ野球選手)、みのもんた(司会者、フリーアナウンサー、タレント)、大竹まこと(タレント、俳優、ラジオパーソナリティ)、森永卓郎(経済アナリスト、評論家、タレント)、笑福亭笑瓶(落語家、タレント)、綾小路きみまろ(タレント、漫談家)、松山千春(歌手)、假屋崎省吾(華道家)、アントニオ猪木(実業家、元プロレス、政治家)、桑野信義(タレント)、上島竜兵(タレント、ダチョウ倶楽部)、HIRO(タレント、安田大サーカス)、グレート義太夫(ミュージシャン、タレント)、松村邦洋(タレント)、下関マグロ(フリーライター)、高橋 三千綱(作家)、阪神タイガース 岩田稔投手、大村詠一(エアロビック競技者&指導者)、江本 孟紀(元プロ野球選手、アントニオ猪木からおめでとうと言われたそうです)、ビル・ガリクソン(元プロ野球選手)、ゲーリー・ホールJr(競泳選手)、ニコール・ジョンソン(1999年ミス・アメリカ)、スコット・バープランク(ゴルファー)、オーティス・ラッシュ(ギタリスト、シンガー)、久米宏(フリーアナウンサー・タレント・ラジオパーソナリティ・司会者)、小倉 智昭(フリーアナウンサー、テレビ番組司会者、タレント)、石倉三郎(俳優、コメディアン、タレント)、千代大海(元大関)、琴錦(元関脇)、三重ノ海(第57代横綱)、若嶋津(元大関、奥さんは高田みづえ)、玉飛鳥(現役大相撲力士)、平山瑞穂(小説家・詩人)、渡部又兵衛(コント集団「ザ・ニュースペーパーのリーダー)、丸尾聡(劇作家・演出家)、安西正弘(俳優、声優)、河合 勝幸(シェフ)、澤地久枝(作家)、トニーニョ・リベイラ(サッカー)、城戸崎 愛(料理研究家)、エム・ナマエ(イラストレーター)、スティーブン・レッドグレーブ(オリンピック5大会連続金メダリスト)、ランディ・ ジャクソン、(歌手、マイケルジャクソンの兄弟)、山口冨士夫(ロックミュージシャン)、森 智彦(シンガーソングライター)、寺本圭一(カントリーミュージシャン)、浦野兄弟(ミュージシャン)、クリス・フリーマン(クロスカントリー)、ゲリ・ヴィンクラー(登山家)、山本高広(タレント、お笑い芸人)、森田勉(ブランド王ロイヤルのリーゼント社長)、栗本慎一郎(大学教授、元政治家)、水野肇(医事評論家)、渡辺徹(俳優、タレント)、ゴルバチョフ(ソヴィエト連邦元大統領)、池田大作(創価学会名誉会長)、ブランドン・モロー(マリナーズ投手)、マーク・ロウ(マリナーズ投手)、ジェイソン・ジョンソン(現役プロ野球の投手)、山田学(格闘家)、石黒剛志(ミュージシャン)、ジャイアント・キマラ(プロレスラー)、ハル・ベリー(女優)、ウィル・クロス(徒歩で北極点・南極点に立った男)、杉山新(Jリーガー)、チャーリー キンボール(カーレーサー)、桐山秀樹(作家)、宮本輝(作家)、ニック・ジョナス(ニコラス・ジェリー・ジョナス、スーパーアイドルグループ・ジョナス・ブラザーズ)、中尾彬(俳優、タレント)、高島忠夫(タレント・俳優・司会者)、高橋ジョージ&三船美佳は「糖尿病&隠れ肥満」、東海林さだお(漫画家)、漫画家でタレントの蛭子能収&一郎親子は「親子で糖尿病」、トム・ハンクス(アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の俳優、映画監督、映画・テレビプロデューサー)、蝶野正洋(プロレスラー)、林家こん平、米国を代表するギタリストで「ブルースの王様」と呼ばれたB・B・キング(故人)、

堀内 岩雄氏(ほりうち・いわお=64年東京五輪レスリング男子フリースタイル・ライト級銅メダリスト)4日、糖尿病のため死去、73歳。
東京都

国民的アニメ「サザエさん」の磯野波平役などで知られる声優の永井一郎さんが27日、虚血性心疾患のため広島市内のホテルで急死した。82歳だった。糖尿病とガンもあった。

 日本柔道界を引っ張ってきた斉藤仁(さいとう・ひとし)氏が20日午前2時56分、大阪府東大阪市の病院で死去した。糖尿病とガンだった。54歳。

徳大寺 有恒(故人、74歳没、自動車評論家。元・レーシングドライバー、本名・旧ペンネーム:杉江 博愛(すぎえ ひろよし)。

CG作家の秋元きつねさんが病気の悪化により自宅にて永眠いたしました。(享年46歳)既にFacebookやTwitter、ブログにより、糖尿病であることを本人よりお知らせしておりましたが、治療に専念する矢先に病状が急変し旅立つこととなりました。

「ドカベン」の愛称で人気を呼んだ元プロ野球選手の香川伸行さんが福岡県内の病院で死去したことが明らかになった。52歳だった。急性腎不全の影響で、人工透析の治療も受けていた。

龍虎 (大相撲力士、タレント、故人)、藤岡琢也(故人、タレント、俳優)、周富徳(故人、「料理の鉄人」などテレビの料理番組などで活躍した中華料理人、71歳)、 佐野実(故人、人気ラーメン店『支那そばや』創業者で「ラーメンの鬼」の異名63歳)、中沢啓治(故人、漫画「はだしのゲン」の作者)、三宅久之(故人・政治評論家)、金正日総書記(故人・キム・ジョンイル)、柳ジョージ(故人・ロック歌手)、立川談志(故人・落語家)、隆の里(鳴戸親方、第59代横綱、故人)、坂上二郎(コメディアン、俳優・故人)、団鬼六(小説家・故人)、竹脇無我(俳優・故人)、前田武彦(タレント、放送作家・故人)、エリザベス・テイラー(女優・故人)、細川俊之(俳優・故人)、つかこうへい(故人・演出家)、根上 淳(俳優・故人、ペギー葉山のご主人)、石本美由起(故人・作詞家)、小口 健二(故人・フロム・ファーストプロダクションの元社長・芸能プロモーター)、逸見政孝(故人、アナウンサー)、ブリタニー・マーフィ(女優・故人)、山城 新伍(俳優・故人)、ウガンダ・トラ(タレント・故人)、下川辰平(俳優・故人)、三遊亭 歌雀(故人、落語家)、山本直純(故人・作曲家)、渡辺文雄(故人、俳優)、村田英雄(故人・歌手)、荒井 注(故人、ドリフターズ)、東八郎(故人・タレント)、荻昌弘(故人・映画解説)、サンダー杉山(故人・プロレス)、石原裕次郎(故人、俳優)、岩城宏之(故人・指揮者)、三木鶏郎(作詞家、作曲家・故人)、藤村有弘(俳優、声優・故人)、芦屋雁之助(喜劇俳優、歌手・故人)、山下清(体形とおにぎりが好物と後年失明より推定・故人、画家)、夏目漱石(作家・故人)、幸田露伴(故人、作家)、織田信長(推定・故人、糖尿病の古名の飲水病との記録があり、「糖尿病神経障害」というのがありますが、 そのためイライラして残虐行為をくりかえしたらしい)、徳川家康(推定・故人。肥満気味だった。しかも肥満の原因となる揚げ物が大好物だったという。それが原因で病気になった、たぶん今でいう糖尿病だったらしい。)、明治天皇(故人)、田中角栄(元首相・故人)、小渕恵三(元首相・故人)、大平正芳(元首相・故人)、山田風太郎(故人、作家)、遠藤周作(故人、作家)、古今亭志ん朝(落語家・故人)、エジソン(故人)、マイルス・ディビス(歌手・故人)、ヘミングウェイ(故人、作家)、プッチーニ(作曲家・故人)、藤原道長(故人・糖尿病の症状の詳細な記録が残っている、道長の伯父の伊尹(これただ)、兄の道隆(みちたか)、甥の伊周(これちか)のいずれも糖尿病であった、藤木 悠(俳優・故人)、バルザック(故人、作家)、バッハ(作曲家・故人)、長谷川一夫(俳優・故人)、壺井 栄(故人、作家)、円谷 英二(映画監督・故人)、太宰 久雄(俳優・故人)、中谷 一郎(俳優・故人)、セルバンテス(故人、作家)、セザンヌ(画家・故人)、シャルル・ドゴール(仏大統領・故人)、五味川純平(故人、作家)、北原白秋(詩人・故人)、柏戸(元横綱・故人)、オーソン・ウェルズ(製作者、監督、俳優、脚本家、編集者・故人)、エリック・ドルフィー(ジャズのバスクラリネット、アルト・サックス、フルート奏者・故人)、エラ・フィッツジェラルド(ジャズ・シンガー・故人)、今村 昌平(映画監督・故人)、キム・ジンヘ(タレント・故人)、佐渡ケ嶽親方(故人、元横綱琴櫻)、HG ウエルズ(故人、作家)、船山馨(小説家・故人)、シド・バレット(ピンク・フロイドの初期の中心メンバー、 ヴォーカリスト兼ギタリスト・故人)、ジョニー・キャッシュ(カントリー、ロック歌手・作曲家・故人)、藤本敏夫(故人、元全学連の委員長、加藤登紀子のご主人)、金田龍之介(故人、俳優)、安禄山(あんろくざん・故人・唐代の中国の軍人)、金日成元主席(キム・イルソン・故人)、ミスター珍(故人、プロレスラー)、大木金太郎(故人、プロレスラー)、サンボ浅子(故人、プロレスラー)、マーロン・ブランド(故人、俳優)、マルチェロ・マストロヤンニ(映画俳優・故人)、エルビス・プレスリー(歌手・故人)、古川ロッパ(コメディアン・故人)、南都雄二(漫才師、俳優・故人)、渋沢栄一(幕末から大正初期に活躍した日本の武士、幕臣、官僚、実業家・故人)、前漢の武帝、永島慎二(故人・漫画家)、

※敬称略。順不同。

自分も糖尿なので、ネットやマスコミなどで公表されている人を調べて記載しました。

◎上記の中でもしも間違いや掲載中止のご希望などがありましたら、訂正させていただきますので コメント欄からご指摘およびご連絡をお願いいたします。




posted by グリーン at 18:12| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック