2013年05月11日

韓国大統領府報道官更迭事件 関連記事保管庫

※ネット上の記事はしばらくすると消えてしまうケースが多いので、関連記事の保管場所としてここに残します。

記事入力 : 2013/05/13 10:34
大統領府報道官更迭:米国メディアの反応は?
「朴政権にとってこれほど恥ずかしいことはない」
 米国メディアは尹昶重(ユン・チャンジュン)前大統領府報道官の「セクハラ(性的嫌がらせ)スキャンダル」を連日詳細に報じている。 ニュース専門放送局CNNは「(韓米首脳会談に対する)高評価でメディアを飾ることを望んでいた朴槿恵(パク・クンヘ)政権にとって、今回の事件ほど恥ずかしいことはないだろう。韓国メディアは韓米同盟60周年ではなく、尹前報道官のスキャンダル一色になった」と報じた。 米紙ニューヨーク・タイムズは「訪米で成果を挙げた朴大統領だが、いわゆる『尹昶重スキャンダル』で打撃を受けるだろう。尹前報道官は大統領選挙前に保守派の論客として活動していたときに過激な表現で物議を醸したが、反対派の声があるのにもかかわらず、(朴大統領が)大統領府報道官任命を強行したため、『悲劇は予想されていた』と批判されている」と書いている。 また、ウォールストリート・ジャーナルは「尹前報道官の不祥事による更迭は、朴大統領の訪米成果に影を落とした」としている。 AP通信は、尹前報道官の記者会見の内容を詳細に伝え「韓国国内では今回の事件がますます大きな波紋を呼んでいる。朴大統領にとっては非常に大きな負担になるものとみられる」と報じた。
ワシントン= イム・ミンヒョク特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


2013/5/10
韓国のパク・クネ大統領のアメリカ訪問に随行していた報道官が「不適切な行動で国の品位を傷つけた」として更迭され、韓国メディアは、アメリカでセクハラ行為をした疑いがあるためだと伝え、大統領の任命責任を問う声も出ています。

【尹昶重(ユン・チャンジュン)青瓦台報道官の経歴】
コリアンタイムズ、KBS記者、世界日報(統一協会機関紙)の政治部長、文化日報の編集委員、論説室長、盧泰愚政務主席室、李会昌特別報道官を経て2012年12月24日、次期大統領のスポークスマンに電撃抜擢。訪米随行の報道官2人のうちの1人で高官。短気な性格で、個人的に気に入らない質問が出ると取り合わない等、報道官適正に欠ける中での異例の大統領直々の起用。138日後、初の海外歴訪中電撃更迭されたスポークスマンになる(現在、外交官ではない)



2013/05/14(火) 08:22
"ユン、帰国直前までイ・ナムギ広報首席の部屋に隠れていた"
記事入力2013-05-13 18:10
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=100&cid=942487&iid=721828&oid=009&aid=0002953457&ptype=011
セクハラ疑惑を受けているユン前大統領府報道官が、帰国直前までイ・ナムギ広報首席のホテルの部屋に隠れていたと伝えられた。13日ニュース1は複数の関係者を引用してユン前スポークスマンが現地警察の捜査が始まった直後から帰国直前までイ・ナムギ広報首席のホテルの部屋に避けていたと報道した。ユン前スポークスマンがイ首席の部屋に隠れていた時は、被害者であるインターン女性A氏と現地文化院職員がワシントンDC警察に申告した以後だ。だから大統領府がユン前スポークスマンを保護するために隠れ場所を提供したという疑
惑も出てきている。大統領府関係者たちによれば、イ首席は去る8日午前9時(現地時間)を前後してユン前スポークスマンのセクハラ疑惑事件を報告受けて、経済人朝食懇談会に参加して移動中だったユン前スポークスマンを緊急呼び出した。イ首席は去る11日記者たちにユン前スポークスマンをパク大統領の宿舎である迎賓館み今から来るようにといって、道で約5分間対話をしたと話したことがある。ユン前スポークスマンはこの対話で"イ首席が韓国への帰国を勧めた"と主張したが、イ首席は"事実関係を確認する程度であり、そのような事実はない"とした。ユン前スポークスマンはイ首席との対話以後、この日午後1時30分ダラス空港で出発する前までイ首席のホテルの部屋に留まったと分かっている。現地警察は申告を受けてこの日午前8時頃フェアファックスホテルを現場訪問して被害女性の陳述を受けた。しかし加害者と指定されたユン前スポークスマンは当時朝食懇談会出席中なので警察調査に応じられなかった。だから朝食懇談会以後ユン前スポークスマンがイ首席のホテルの部屋にいたというのは警察捜査を回避するための措置と解釈されることができる。しかし誰がユン前スポークスマンをイ首席のホテル部屋に留まるようにしたのかは確認されないでいる。




2013/05/14(火) 08:15:16.85
政府高位関係者 "大統領府上層部線が尹昶重の帰国を指示"
http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=100&cid=942487&iid=46170353&oid=038&aid=0002388841&ptype=011
セクハラ疑惑を受けている尹昶重前大統領府報道官の逃避帰国論議と関連して、政府高位関係者が13日"尹昶重前スポークスマンがパク・クネ大統領の訪米を遂行した途中に早期帰国したのは上層部線の指示に従った"と明らかにした。また、複数の大統領府関係者たちは"尹昶重前スポークスマンは、米国現地警察の捜査が始まるとすぐにイ・ナムギ大統領府広報首席のホテルの部屋に隠れてその後帰国の飛行機に乗った"と伝えた。 これは大統領府が尹昶重前スポークスマンの帰国命令だけでなく、隠れ場所まで提供したという疑惑であり大きい波紋が予想される。政府関係者は駐米韓国大使館の米国現地報告などを根拠に尹前スポークスマンの帰国に大統領府上層部線が介入したと明らかにした。この関係者が話した'上層部線'は尹前スポークスマンの直属関係である李首席または、大統領府高位要人を示す。大統領府は尹前スポークスマンのセクハラ事件をワシントン警察が調査するとわかるとすぐに帰国方針を決めて李首席を通じて尹前スポークスマンにこうした意を伝達したと見られる。これに伴い、大統領府はセクハラ容疑者である尹前スポークスマンの逃避性帰国を勧めたという批判を避けにくくなった。帰国推奨は相手国司法機関を無視した明白な犯罪である逃避という指摘も出ている。米国はパク大統領の訪米随行団を支援するようにワシントン警察局所属のベテラン警察を派遣したが、大統領府随行団は今回のスキャンダルと関連して彼に法律自問もしないと知らされた。



朴大統領指名の閣僚候補、次々に辞退............
2月25日に就任したばかりの韓国朴大統領が指名しようとした閣僚候補が 不祥事が露見して次から次へと辞退続出で、なんと此れで6人。 辞退した候補者一覧
「首相」金容俊、子息2人の兵役逃れ疑惑と不動産投機問題で就任辞退
「中小企業庁長」黄侮、株式売却問題で就任辞退
「公正取引委員会委員長」韓万守、海外口座に不正蓄財で就任辞退
「憲法裁判所長」李東洽、特定業務経費を私的に流用した疑惑で就任辞退
「未来創造科学省」金鍾勲、省庁再編問題で就任辞退
「国防相」金秉寛、武器輸入業者顧問の経歴や株式保有の申告漏れで就任辞退
韓国は大統領側近による人事ロビーが汚職の温床だとして、歴代大統領の 逮捕につながっていると云われて久しい。



大統領、セクハラ疑惑を謝罪 韓国「米捜査に協力」
 元大統領府報道官がセクハラ疑惑で更迭された問題について謝罪する韓国の朴槿恵大統領=2013年5月13日午前、ソウルの青瓦台(聯合=共同) 
【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領は13日、尹昶重元大統領府報道官が訪米同行中のセクハラ疑惑で更迭された問題について「国民の皆さんを大きく失望させ申し訳なく思う」と謝罪した。大統領府での首席秘書官会議で述べた。大統領府幹部が米当局の捜査を避けるため尹氏の帰国を手助けした疑惑が浮上、野党が尹氏を任命した朴氏の責任を追及するなど事態が拡大していることから、大統領自ら謝罪して早期収拾を図った形だ。朴大統領は「この問題は国民と国家に対する重大な過ちだ」と叱責。米当局の捜査に積極的に協力すると明言した。


大統領府報道官更迭:恥の上塗り会見に国民の怒り増幅
尹前報道官、セクハラ疑惑に「米国文化を理解できなかった」と発言
今月11日午前、ソウル市鍾路区の飲食店で記者会見を行った尹昶重・前報道官。/写真提供=NEWSIS
 大統領府の尹昶重(ユン・チャンジュン)前報道官のセクハラ疑惑をめぐり、韓国国民の怒りが沸騰している。今月11日に行われた尹前報道官の記者会見は火に油を注いだ。とりわけ、尹前報道官が帰国直後、大統領府内部の調査に対し、在米韓国大使館のインターンの女性の尻を触ったことを認め、また宿泊先のホテルの部屋に女性が来たとき、自分が全裸の状態だったと説明しておきながら、記者会見ではこれらを否定したことに対し「人間的に幻滅を感じる」という声が殺到した。ある会社員は「高官たる者が、すぐに分かるようなことをぬけぬけと否定するとは、あきれてものが言えない」と話した。また、簡易投稿サイト「ツイッター」でも「なぜ記者会見でうそをつくのか。自分の利益のために国民を利用できるほど、韓国社会は愚かだと思っているのか」などと非難するコメントが相次いだ。尹前報道官が記者会見で「文化的な違い」に言及したことも、韓国内外で人々の怒りを買っている。就職活動中の男性(28)は「『文化的な違い』というのは、事件の本質をうやむやにする愚かな発言だ」と話し、また警察官の男性(42)は「韓国でもあんなことはしない。(米国の)文化がよく分からなかったという言い訳は、韓国に対する評価を下げるものだ」と語った。一方、今回の事件を初めて世間に伝えた、在米韓国人によるインターネットのコミュニティーサイト「Missy USA」には「尻を触るのが韓国の文化だというのか。ごみみたいなやつだ」「韓国では女性の尻を触ってもいいというのか。このXXX(隠語)め」といった非難が相次いだ。ツイッターには「尹昶重の『文化的な違い』という一言で、韓国は『セクハラ国家』になり下がってしまった。まさに売国奴だ」というコメントも寄せられた。尹前報道官は11日の記者会見で、インターンの女性を励ますため腰を1回たたいただけだと主張し『米国の文化についてよく分からなかった』と言い訳した。国民は、尹前報道官が大統領府の高官という要職に就いていながら、外国で愚かな行為に及んだことに対し怒りをあらわにしている。会社員キム・ドヒョンさん(27)は「韓国の代表格である報道官は、誤解されるようなこと自体してはならない。三歩一拝(3歩歩くたびに1度地面にひざまずき拝礼する)をしながら全国を回ったとしても許されないくらいなのに、あのような下手な言い訳をしたことに対し、とても腹が立つ」と語った。また、尹前報道官が自ら米国に行き、潔く捜査に臨むよう求める声も相次いでいる。会社員キム・ギュドンさん(28)は「自分が悔しい思いをしたというのなら、現地に残って米国の捜査機関の捜査に臨み、正々堂々と対処すべきだ。国に対し恥をかかせた」と語った。一方、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領による「世間知らず」な人事に対しても批判が高まった。20代の会社員の男性は「尹氏は記者たちにぞんざいな対応をするなど、以前から問題の多い人物だった。今回のような問題が発生する可能性が高かったにもかかわらず、人事を強行した朴大統領にも責任がある」と指摘した。ポータルサイト「ダウム」には10日「尹昶重の犯罪行為が事実なら、米国で処罰を受けるべきだ」という文章が掲載され、これについての署名運動が始まった。署名数は1万人を目標としていたが、受け付けが始まって3日目の12日午後には7000人を超えた。また、インターネット上にはパロディーも登場した。映画『風と共に去りぬ』をもじった『Grab(尻をつかむ)と共に去りぬ』などの表現物を通じ、事件をあざ笑っているというわけだ。ソウル大社会学科の鄭根埴(チョン・グンシク)教授は「韓国初の女性大統領の側近として随行していた大統領府の報道官がセクハラ騒ぎを起こし、大統領の顔に泥を塗るようなことをしたという点で、国民に侮辱感や衝撃、失望感を与えた。その上、尹氏が厚顔無恥な言い訳までしたことは、人事権者である大統領に対する辱めであり、国民に対するテロだ」と語った。     チェ・ヨンジン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版




2013/05/13(月) 13:42:50
前大統領報道官の尹昶重(ユン・チャンジュン)氏が11日の記者会見でセクハラ行為の有無について「女性の腰を一度軽く叩いたのが全部だった」と話したが、9日の帰国直後に行われた大統領民情首席秘書官室の調査では、お尻を触った事実を認めていたという。尹氏は記者会見で、「私が女性ガイドの腰を軽く一度叩きながら『これから頑張って』と言ってあげたのがすべてだった」と話した。その上で「(腰を叩いたことについて)自分が米国文化について良く知らなかったと深く反省している」と言い、米国の文化について理解が足りなくて生じたことだと言い逃れた。しかし尹氏は、民情首席秘書官室の調査に対しては、「インターンの主張通り、お尻を触ったことがあるのか」という質問に、「そうだ」と答えたという。尹氏は、女性インターンが米国警察に届出を出した8日午前の状況についても、発言を変えたという。記者会見では、ノックの音を聞いてドアを開けたときの服装について聞く質問に、「慌てて下着のまま出た」と話したが、民情首席秘書官室
の調査では「ノーパンティだった」と答えたという。この事件を最初に暴露した米国在住韓国系女性のネットコミュニティ「ミッシーUSA」に投稿された内容や、在米韓国人たちが追加で暴露したセクハラ関連疑惑に関する質問には、「良く覚えていない」と話したという。大統領府の関係者は、「調査内容は公開できないが、民情首席室調査での陳述と記者会見の内容とに相違点が多い」とし、「このため民情首席室は(記者会見内容など)尹氏の陳述について信頼していない」と話した。民情首席室の調査は、被害者である女性インターンが米国警察に届出を出した内容や、色々な情報について質問し、尹氏が答える形で行われたが、陳述を終えた後は尹氏が直筆署名までしたという。東亜日報: MAY 13, 2013 03:00
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2013051354998




広報首席秘書官が辞意=前報道官のセクハラ問題で―韓国
2013年5月12日(日)15:51
【ソウル時事】韓国大統領府の許泰烈秘書室長は12日、記者会見し、朴槿恵大統領の訪米に随行した尹昶重前報道官が在米韓国大使館実習生の韓国系女性にセクハラ行為を働いたとして更迭された問題で、国民向け謝罪文を発表し、李南基広報首席秘書官が責任を取って辞意を表明したことを明らかにした。政権にとってさらに大きなダメージで、訪米の成果が台無しになった形だ。ただ、これで事態が収拾される気配はなく、許室長は「私を含め、誰であろうと責任を取るべきことがあれば、決して逃げない」と強調。引責や処分が続く可能性もある。尹氏は、事件後、訪米日程の途中で急きょ帰国し、「逃亡」と批判されたが、李氏が帰国を指示した疑いが持たれていた。李氏は帰国当日の10日に許氏に辞意を伝えたという。許氏は、セクハラ事件について「容認できない非常に恥ずかしいことだ」と強調し、国民と被害者に謝罪した。 





2013/05/11(土) 11:31
尹昶重(ユン・チャンジュン)前大統領府報道官の米国でのセクハラ疑惑事件は、被害者との合意の有無にかかわらず、米国の警察が捜査を進めることになる。 韓国ではセクハラは本人が告訴をして初めて捜査を開始する「親告罪」だが、米国ではセクハラが親告罪ではないためだ。ワシントンD.C.の警察当局関係者は
「われわれはセクハラ(misdemeanor sexual abuse)申告に関する調査をしている」と報道機関に発表した。 2011年、米国でホテルの女性従業員に性的暴行を試みたとされた ドミニク・ストロス=カーン国際通貨基金(IMF)専務理事(当時)は、 ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で警察に逮捕・拘束され、警察の取り調べを受けた。 しかし、尹前報道官はすでに韓国に戻っているため、捜査手続きが複雑になる。
尹前報道官に対する捜査にはいくつかの方法が考えられる。 まず、米国の警察が被害女性に事情を聞いた後、尹前報道官に召喚状を送って現地に呼び寄せ、取り調べをする方法だ。 しかし、尹前報道官が米国の警察の召喚を拒否した場合は状況が変わってくる。 もしそうなれば、米国の警察は尹前報道官の容疑が「韓米犯罪人引き渡し条約」に基づく 引き渡し請求対象犯罪になるかどうかを判断する。 引き渡し条約の対象となる犯罪は「1年以上の自由刑またはそれ以上の重刑」だが 尹前報道官の行為がどれほどの刑に該当するかは米国の捜査を見守る必要がある 尹前報道官の引き渡し請求が行われ、韓国の裁判所が許可すれば、尹前報道官は米国で捜査を受けることになる。 一方、米国の警察の捜査で「軽犯罪」と判断されれば、犯罪人引き渡し請求の対象から除外される可能性もある。こうなれば、この事件は「捜査中の未済事件」になる。 米国が犯罪人引き渡し請求を行っても、韓国は自国民の保護などに関する条約に明記された例外規定を理由に 引き渡し要求を拒否することもできる。 外交関係者の間では「韓米両国は政治的影響を考慮して尹前報道官の容疑を適切なところで線引きし 引き渡し請求をせずに終わらせる可能性が高い」との声もある。 米国とは違い、韓国ではセクハラが親告罪であるため、現時点では韓国の司法当局が尹前報道官について捜査することはできない。被害女性が韓国の司法当局に訴えて初めて捜査が開始されることになる 法律の変更に伴い、韓国でも来月19日からはセクハラが親告罪の対象から外されるが、過去にさかのぼって尹前報道官に適用されることはない。



[社説]大統領の訪米成果と国の品格に泥を塗った尹昶重セクハラ
MAY 11, 2013 05:02
朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の訪米期間に発生した尹昶重(ユン・チャンジュン)前大統領府報道官のセクハラ事件に耳を疑った。朴大統領に随行して大統領の「口」となるべき最側近が20代のインターン女性と酒を飲み、セクハラ騒動を起こした。被害女性が米国警察に通報し、現地メディアが報道したことで明らかになり、大韓民国の体面は傷つけられた。朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の娘である女性大統領の訪米に鼓舞した在米同胞の心も大きく傷ついた。被害女性は在米同胞の娘だ。大統領の側近ともあろう人物が子どもよりも幼い年齢の21才のインターンに恥ずべき行いをしたのだ。女性が警察に通報したことで、大統領の日程が終わる前に逃げるように米国を発ち、「『ガジェットパル(手が届かない高いところにある物を取る道具)』があるわけでもないのに、向いに座った女性をどうやってセクハラするのか』と図々しくも開き直った。そのように後ろめたいことがないなら、米国に残って堂々と対応すべきではなかったのか。朴大統領は、韓米同盟60周年を迎え、米国とのきずなを堅固にし、オバマ大統領と共に「悪行に補償はない。まず変化せよ」というメッセージを送った。オバマ大統領は、「2年待つ必要はない」と述べるなど、韓米原子力協定の改正問題にも進展があった。尹氏の行動は、朴大統領の初の首脳外交の成果に泥を塗った。尹氏は、海外出張中の公職者の責務を忘却した。米国現地時間の7日、ホテルで夜遅くまで酒を飲み、インターン女性A氏に不適切な行為をした。7日は、韓米首脳会談との記者会見、朴大統領のワシントンポスト会見と韓米同盟60周年記念晩餐会など重要な行事が続いた。報道官として一時も緊張を解いてはならない日だった。翌日午前には、同行経済関係者との朝食会、米上下院合同会議演説が予定されていた。まともな報道官なら翌日の日程を点検し、7日の首脳会談に対する韓国メディアの評価をまとめて大統領に報告する準備をする時間だった。報道官が、状況によっては疎通のために大使館職員や記者と軽い酒の席を持つこともあるだろう。しかし、大使館のインターン女性職員だけを呼んで酒を飲むことで何の疎通をしようというのか。百回謝罪しても足りない時に、話にもならない弁解をしている。尹氏のセクハラに対しては正確な真相調査と妥当な法的措置が必要だ。米ワシントン警察の報告書には、「容疑者が許可なく尻を触った」という被害者の陳述が記されている。大統領の訪米期間に働く20代のインターンと比べれば、大統領府報道官は「スーパー甲」と言える優越的地位にある。尹氏はこのような関係を悪用して、インターンを酒の席に連れ出し、ホテルの自分の部屋に呼んだ。尹氏はセクハラ事実を否定したが、捜査機関は被害女性の話しに一貫性があればその方向に重きを置く。尹氏の事件は、個人の逸脱行為と処理する事案でない。朴大統領は欠格者を報道官に起用した誤りがなかったのか、反省する必要がある。尹氏は、報道機関と大統領府、大統領選挙陣営を渡り歩いた。その一方で、野党候補支持宣言をしたセヌリ党出身の人々にためらうことなく「売春婦」とののしった。尹氏は、メディアに対する献身よりもその時その時に有利なところにすり寄る人だ。彼は、大統領選挙期間にコラムや放送を通じて積極的に朴槿恵候補を支援したが、度を越えた過激な発言で良識ある国民は眉をひそめた。尹氏の報道官起用は当時も酷評を受けた。セヌリ党内部でも反対の声が出たほどだ。発言を節制できない尹氏はついに行動も節制できず、朴槿恵政府に拭えない汚点を残させた。セクハラが全面的に誤った人事のせいとは言えないが、朴大統領が尹氏に対する反対世論を受け入れていたなら、今日のような屈辱を受けることはなかっただろう。大統領府は、事件をありのままに究明し、尹氏に厳しい責任を問わなければならない。大統領府は尹氏を急いで帰国させた後、更迭の事実を発表した。米国最大の女性コミュニティ「Missy USA」がセクハラの事実を暴露した後に大統領府が尹氏の帰国事実を明らかにした理由は何か。尹氏が帰国した過程も釈然としない。大統領府は国の体面のためにも、米警察の捜査に積極的に協力しなければならない。今回のような不祥事の再発防止のために、大統領府は全職員の勤務規律の確立とセクハラ防止教育を強化する必要がある。






韓国野党女性議員「青瓦台報道官の更迭、国際的恥さらし」
2013年05月10日15時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
民主党の女性議員が尹昶重(ユン・チャンジュン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官(57)の更迭と関連し「夜逃げであり、国際的恥さらし」と批判し、徹底的な真相調査と青瓦台人事システムの改編を要求した。 全正嬉(チョン・ジョンヒ)議員、金玄(キム・ヒョン)議員、金相姫(キム・サンヒ)議員、南仁順(ナム・インスン)議員、崔敏姫(チェ・ミンフィ)議員ら民主党所属の女性議員は10日午前、ソウル汝矣島(ヨイド)国会政論館で記者会見を開いた。 金議員らは「朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米に公式随行した青瓦台の尹昶重前報道官は酒を飲み、自分を補佐した駐米韓国大使館の女性インターンをホテルの部屋に呼んで尻をもむなどのセクハラし、さらに電話をかけて暴言を浴びせるという事件が発生した」と述べた。 これとともに尹報道官の帰国過程に関する疑惑も提起した。金議員らは「この女性が警察に申告すると、尹昶重前報道官は警察に外交官旅券ではなく外交使節ビザを出した」とし「警察が今後召喚するのでホテルに留まるよう通知したが、警察が韓国大使館に連絡して身柄確保の同意を求める間、尹報道官は荷物もまとめず空港に行って夜逃げした」と主張した。続いて「公式報告体系も踏まずに夜逃げしてしまう破廉恥な行為をした」とし「大韓民国をセクハラ国として天下に知らせた国格墜落の犯罪であり、国際的な恥さらし」と述べた。 更迭過程の疑惑も提起した。金議員らは「青瓦台はこの事実を知りながらも隠し、現地同胞社会のインターネットコミュニティに関連コメントが拡散したことで急いで更迭したのではないかという疑いも出ている」と主張した。さらに「青瓦台はこの事件を隠蔽・縮小しようとした疑いがあるだけに、今回のセクハラ事件の内容と報告の経緯、事実を認知した時点を明確に明らかにするべき」とし「セクハラなのか、性的暴行にまでいたった事件なのかなど、徹底的な捜査をして厳重処罰するべきだ」と述べた。




【社説】「尹昶重事件」は国格への醜行=韓国
2013年05月11日11時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] comment 168
尹昶重(ユン・チャンジュン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官のセクハラ疑惑は一言で衝撃的だ。朴槿恵(パク・クネ)大統領の最初の海外訪問に随行した高位公職者として、とうてい理解できない行動だ。真相は現地警察の捜査結果で明らかになるだろうが、これまでの疑惑と容疑だけでも国の恥だ。国民のプライドと国格が醜行された事件といっても過言ではない。さらに性的暴行の根絶を強調する女性大統領の周辺でこうしたスキャンダルが浮上した。一次的な責任は当然、本人にある。大統領に随行しながら米国に遊びに行く考えだったのか。地位が高まったことで、若い現地のインターンは何をしてもかまわない“乙”と見たのか。大統領は米国で韓米首脳会談や議会演説など重要な日程を消化した。大統領を補佐する随行員はいつよりも緊張して集中する必要があった。それでも大統領の口である尹前報道官が、大統領の重要日程を残した時点に夜遅く酒を飲んだというのは、青瓦台の紀綱がどれほど緩んでいるかを示している。セクハラ以前に、飲酒だけでも懲戒に値する。青瓦台公職者の紀綱と責任意識はその程度なのか。事件を認知した後に隠した青瓦台秘書ラインにも問題がある。現地同胞社会が騒々しくなり、韓国メディアが疑惑を報道した後も、「個人的にかんばしくないことがあった」という説明をしただけだ。手のひらで空を隠すような格好だ。自分たちの仲間を守るという2次非難を自ら招いた。青瓦台秘書室のこうした対応態勢は納得しがたい。大統領の人事責任も指摘せざるをえない。酒に酔って瞬間的に衝動を抑制できなかった個人スキャンダルとはいえ、その程度の人物を起用した人事権者にも問題があるということだ。特に尹前報道官は起用当時から野党の激しい反発を招き、業務を遂行しながらも報道機関との関係が滑らかでなかった。このため尹前報道官は朴大統領の不通人事の代表例に挙げられたりもした。野党はもちろん、与党内でも「いつか事故を起こすと思っていた」という声が出ている。大統領はそのまま事件を済ませることはできない。いかなる形であれ、国民に謝罪と遺憾の意を表さなければ、世論は収まらないだろう。尹前報道官個人の件として縮小できないレベルになった。今後、人事検証を厳格にするという程度では済まない。検証をいくら強化しても、選ぶ人が変わらなければ限界がある。人事検証とは人事権者の好みに合わせて進行する傾向があるからだ。結局、人事権者が自ら変わるしかなく、今回がその絶好のタイミングだ。海外メディアも今回の事件を大きく扱っている。恥が国際的に広がったのだ。朴大統領の訪米成果も「尹昶重スキャンダル」に隠れてしまいそうだ。大統領の訪米成果が薄れないためにも、人事失敗の再発を防ぐための厳重な自己検証と責任追及が後に伴わなければならない。





大統領府、尹昶重元報道官に関連して国民へ謝罪
2013/05/12(Sun) 13:05
大統領府の許泰烈(ホ・テヨル)大統領秘書室長は、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の訪米期間中の尹昶重(ユン・チャンジュン)元報道官のセクハラ波紋に関連して、繰り返し謝罪した。 許泰烈室長は今日午後に緊急ブリーフィングを開き、今回の事件は法を離れて常識的に容認されることはできない非常に恥ずかしいことと述べた。また、この事件により国民の皆様に伝える言葉もないほどあまりにも申し訳ないとし、被害者本人や家族親戚、そして海外同胞にも深い謝罪の言葉を伝えたいと述べた。許室長はまた、李南基(イ・ナムギ)広報首席が訪米からの帰国当日に、すべての責任を負って自身に辞意を表明したとし、この問題において自身を含む誰かが責任を負うべきことがあるなら、決して避けないと約束した。





外交部「尹昶重疑惑、米韓関係影響なし」
2013/05/11(Sat) 19:24
外交部は尹昶重(ユン・チャンジュン)前大統領府報道官のセクハラ疑惑が、米韓外交関係に影響を及ぼさないと見ていると明らかにした。 キム・キュヒョン外交部1次官は11日、YTNに出演して今回の事件は個人の不適切な行動によるもので、特に米国文化的視覚で見た場合、個人の次元であって国家的次元ではないと明らかにした。キム次官は外交部次元で今回の事件に関与することはないが、米司法当局と協議過程で力になる可能性はあると付け加えた。 キム次官はまた、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の訪米が当初期待した以上の成果を上げたが、今回の個人的な事情で成果が色あせるのではないかと憂慮されていると明らかにした。




「国家の品格に泥を塗った」韓国メディアがセクハラ報道官非難 大統領の任命責任論も
2013.5.11 20:01 (1/2ページ)[韓国]
11日、ソウルで開いた記者会見の後、報道陣に囲まれる尹昶重氏(ロイター)
 【ソウル=加藤達也】韓国の朴(パク)槿(ク)恵(ネ)大統領の訪米に同行していた大統領報道官が、在米韓国大使館の女性実習生の尻を触ったとして米警察が捜査に着手した問題で更迭された尹(ユン)昶(チャン)重(ジュン)氏が11日、ソウルで記者会見した。「(実習生の)腰を1回突いただけだ」とセクハラを全面否認した。だが、前代未聞のスキャンダルに韓国メディアは「国家の品格に泥を塗った」などと激しい非難を展開している。 尹氏は会見で、女性が尻に触られたと訴えたことを「米国文化を理解しなかった」と文化の差の問題との認識を示した。これに対し「韓国では女性の尻を触ることが当然だと思われるではないか」と反発を招いている。 米警察の聴取を避けるために韓国に“逃亡”したとされることについては、上司から「航空便を予約したから(米国を)離れろ」と指示されたと主張。本人の意思で早期帰国したとの青瓦台(大統領府)の説明に反論したが、青瓦台側が再反論して“内輪モメ”の様相を呈している。
2013.5.11 20:01 (2/2ページ)[韓国]11日、ソウルで開いた記者会見の後、報道陣に囲まれる尹昶重氏(ロイター) 韓国政界では与野党から「(酒癖が悪い)尹氏はいつか問題を起こすと思っていた」と大統領の任命責任論も浮上。野党は公聴会の開催や特別委員会の設置を要求するなど追及姿勢を強めている。 またメディアでは、青瓦台の広報首席秘書官が10日夜の会見で「国民と大統領に謝罪する」と述べたことにも、「大統領の任命責任を回避するための方便だ」と問題視している。 米韓同盟の強化を強調し、米上下両院での英語演説など“指導者の風格”を誇示、国際舞台での日本の歴史認識批判にも成功し、存分にイメージアップを果たした今回の訪米。しかし帰国直後に朴大統領は一転、窮地に立たされることになった。





<尹昶重セクハラ疑惑>前報道官、酒席で被害女性と2人きりだった
2013年05月12日09時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] comment
尹昶重(ユン・チャンジュン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官のセクハラ疑惑に関する駐米韓国大使館の真相調査結果が尹前報道官の記者会見内容と相反するものとわかり議論を呼んでいる。 総合チャンネルのJTBC11日午後、「7日夜のワシントンでの酒席には尹昶重前報道官の主張と違い、尹前報道官とインターン女性の2人だけでいたものと大使館の真相調査の結果確認された」と報道した。これに先立ちこの日午前に尹前報道官は記者会見で「(酒席の場所に到着した瞬間)女性ガイドなので運転手を最初から最後まで同席させなければならないと判断し、運転手を連れてそのガイドとともに」酒の席を持ったと明らかにした。また、「テーブルが非常に長かった。向かい側にそのガイドが座り、私の右側に運転手が座った。運転手がいてどうしてその前でセクハラができ、どうしてその前で暴言ができるか」と主張した。 しかしJTBCは、「駐米韓国大使館が事件発生後被害女性と周辺人物の陳述を基に作成した報告書によると、運転手は2人を降ろした後に現場を離れたことになっている」と報道した。また、「その後尹前報道官が女性と酒席をともにしながらセクハラと合わせ不適切な身体的接触をした」とし、「これに驚いた女性はワシントンに住む友人を酒席に呼び出し危機を乗り越えたことがわかった」と伝えた。また、調査報告書によると、「インターン女性はこの時までは耐えて過ごしたが、翌日明け方に(尹前報道官が)自身を部屋に呼び下着姿で暴言を浴びせたためすぐに通報することになった」としている。





訪米の朴大統領の随行報道官、電撃更迭…「セクハラ説」
2013年05月10日09時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
尹昶重(ユン・チャンジュン)青瓦台報道官。
青瓦台(チョンワデ、大統領府)は尹昶重(ユン・チャンジュン)青瓦台報道官が朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米期間中、更迭され米国訪問日程の途中で帰国したと9日(現地時間)確認した。 イ・ナムギ青瓦台広報首席はこの日、米国ロサンジェルスのミレニアムビルトモアホテル、プレスセンターで行ったブリーフィングで「少しかんばしくないことがある」として「朴大統領は尹報道官を更迭することにした」と明らかにした。 イ首席は「更迭理由は尹報道官が朴大統領の訪米中、個人的によろしくないないことにかかわったので、高位公職者として不適切な行動がみられ、国家の品位を損傷させたと判断したため」と説明した。
これと関連して、尹報道官が米国でセクハラにかかわったという話が実行チーム周辺とワシントンの在米韓国人社会などから出た。被害者は20代初盤のインターン社員と知らされた。 在米韓国人社会では尹報道官のセクハラ説が急速に広がっている。 米国、ワシントンでの日程を終えた朴大統領が8日(現地時間)午後、最後の訪問地であるロサンゼルスに到着したするといつもとは違った。尹昶重青瓦台報道官の姿が見られなかった。記者らのうわさによると、尹報道官はワシントンからロサンゼルスへ向かう大統領チャーター機に乗らなかった。しかし大統領府は突然の報道官不在について何の説明もしなかった。 尹報道官が「失踪」した理由を確認するために本紙は9日午後(韓国時間)、ソウルで彼の携帯電話に電話をかけた。個人携帯電話は消えていて、青瓦台業務用携帯電話は海外ローミングになっていなかった。すでに尹報道官がソウルに入っていたということだ。しかし彼は電話をとらなかった。 数時間にわたって記者の問い合わせが殺到するとすぐにある青瓦台関係者は「尹報道官が(ワシントンから)急に帰国したと聞いている」と明らかにした。しかしこの関係者は「どうして突然戻ったのかはよく知らない」と話した。 すると尹報道官が私的な問題で帰国した可能性から歴訪過程で決定的な失敗をして更迭になったのではないかという観測まで出てきた。 過去に青瓦台報道官を担当していた要人は「大統領歴訪途中で報道官がいなくなる状況は有り得ないこと」としながら「事前告示もなく報道官が消える不透明なことが発生したというのは何か事故が起きた可能性を排除することはできない」と話した。 尹報道官が米国から消えて韓国に入国していた衝撃的な理由はもう少し時間が経ってから伝えられ始めた。 朴大統領の米議会演説をわずか4時間前に「大統領の口」である核心随行員が首脳会談国でセクハラにかかわったという話が実行チーム周辺とワシントン在米韓国人社会などから出た。被害者は20代初盤のインターン社員と知らされた。有り得ないことが同時多発で広がったのだ。 尹報道官は駐米ワシントン大使館などの助けを受けて臨時に事件を収拾した後、8日午後一人で韓国行きの飛行機に乗ったという。 10日(韓国時間)帰国する朴大統領の足取りを重くさせる突発事件だった。




酒癖セクハラで電撃解任 韓国大統領報道官
2013.5.10 21:20 [韓国]  【ソウル=黒田勝弘】韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領は10日、訪米に随行した尹(ユン)昶重(チャンジュン)報道官(56)を「国の品位を傷つけた」として電撃的に解任した。訪米中、ワシントンのホテルで在米韓国大使館の女性スタッフの体を触るなどセクハラ行為があったというのがその理由。政府当局はもちろんマスコミや世論は「訪米の成果が台無しだ」と非難ごうごうだ。 韓国メディアがワシントンなど現地から伝えるところによると、尹氏は米韓首脳会談(現地時間7日)後、大使館関係者らとの夕食で酒を飲んだ。被害を訴えたのは21歳の在米韓国人(米国籍)の臨時職員といい、警察への訴えでは「許可なしにお尻をつかまれた」となっているという。 この一件がネットなどで一気に広がったため朴大統領は米国滞在中に直ちに尹氏解任を発表。尹氏も荷物をホテルに置いたまま密かに帰国してしまったという。状況によっては米警察当局の捜査対象になると韓国では大騒ぎだ。尹氏はマスコミ出身。政治部記者や論説委員を務め政治コラムニストとして人気があり、朴槿恵政権下で大統領スポークスマンに抜擢され話題になった。性格は闊達(かったつ)で政治評論も一流だったが、日ごろから酒を飲むと乱れる“酒癖”に問題があった。 朴槿恵政権はスタートから2カ月半になるが当初、閣僚人事で6人が指名後に経歴問題で“落馬”するなど人選ミスが世論の批判を受けていた。今回のセクハラ事件は、現場が晴れ舞台のワシントンだっただけにショックは大きい。





報道官の更迭、海外メディアも次々と報道…朴大統領の訪米の“汚点”
2013年05月10日13時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
尹昶重(ユン・チャンジュン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官が訪米中にセクハラの疑いで電撃更迭された中、海外メディアも尹報道官の更迭とセクハラ疑惑を次々と伝えている。 尹報道官は9日(現地時間)、ワシントンのホワイトハウス付近のホテルで、ある女性にセクハラをした疑い。被害女性は大使館のインターンとして働く23歳の米国市民権者で、今回の朴槿恵(パク・クネ)大統領の訪米行事のために採用されたことが分かった。 大統領の訪米日程中に報道官がセクハラ事件で更迭されるという事態は前例がない。朴大統領の最初の訪米は成功という評価が出ていたが、尹報道官の事件で汚点を残すことになった。
海外メディアも前例のない報道官セクハラ事件を先を競って伝えている。AFP通信は韓国メディアを引用し、尹報道官の事件を詳しく伝えた。米国のビジネスインサイダーも「朴槿恵大統領が訪米中、インターンにセクハラした疑いの尹報道官を更迭した」と報じた。 豪州のオーストラリアンとアデレードナウ、英国のヘラルドサン、ベトナムのベトナムプラスなどの海外メディアもこうした事件を伝えた。




大統領府報道官更迭:事件を最初に伝えたのは?
米国在住韓国系女性向けの生活情報サイト
 尹昶重(ユン・チャンジュン)前大統領府報道官のセクハラ疑惑を最初に取り上げたのは米国に住む韓国系女性向けのインターネットのコミュニティーサイト「Missy USA」だった。写真は「朴槿恵大統領のワシントン訪問中、大統領報道官が性的暴行をしたそうです」と書かれた書き込み。/写真=「Missy USA」ホームページのスクリーンショット
 「尹昶重(ユン・チャンジュン)前大統領府報道官がセクハラをした」という疑惑を最初に伝えたのは、米国に住む韓国系女性向けの生活情報サイト「Missy USA」だった。このサイトにある会員が8日(現地時間)「大統領府報道官の尹昶重が朴槿恵(パク・クンヘ)大統領のワシントン訪問遂行中、(在米韓国)大使館のインターンに性的暴行をしたそうです」と書き込んだことから、これがインターネット上で急速に広まった。

 米国に住む韓国系女性たちが運営・管理する「Missy USA」は、1999年にあるポータルサイトの会員制掲示板から始まり、2002年11月に独自のサイトでサービスを開始した米国最大級の女性向けインターネットコミュニティーだ。米国市民権者や永住権者はもちろん、米国に一時的に居住している韓国人女性もほとんどがこのサイトのことを知っており、利用することも多い。

 このサイトには健康・美容・料理・育児などの生活情報をやり取りするコーナーや、物々交換や中古品売買などのためのページがあり、多くの女性が活用している。また、「Missy talk」というコーナーはさまざまなトピックやそれに対する意見、耳にしたうわさなどを自由に書き込み、コメントを付けられるようになっている。尹前報道官のセクハラ疑惑が最初に取り上げられたのもこのコーナーだった。今回の事件が報道されたことで、韓国系米国在住者たちはショックを受けている。朴大統領の訪米による成果に沸いていたときに、国のイメージを損なう事件が起きたことについて「恥ずかしい」「失望した」という声が上がっている。「ニューヨーク市民参加センター」のキム・ドンソク常任理事は「全メディアの関心が集中している時期にこうした事件が起こるなんて。韓国系の人々は当惑し、非常に恥じている」と語った。ある韓国系ワシントン在住者は「恥ずかしくて顔が上げられない」、別の韓国系在住者も「(尹前報道官が韓国に)逃げ帰ったからといって済む話ではない。相応の処分を受けるべき」と怒りをあらわにした。
ワシントン= イム・ミンヒョク特派員


朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

国家の品格を失墜させた大統領府報道官
尹昶重報道官、大統領の訪米随行中にセクハラで更迭
朴槿恵大統領、帰国直後から対策を協議
 大統領府の李南基(イ・ナムギ)広報首席は10日、尹昶重(ユン・チャンジュン)元報道官が朴槿惠(パク・クンヘ)大統領の米国訪問中にセクハラ容疑で更迭された問題について「国民の皆さんと大統領に心から謝罪する」と述べた。李首席はこの日、米国から帰国した直後に大統領府で行われた会見で「自分と同じ部署に所属する人間が不適切な行動に走ったことに対し非常に失望しており、申し訳なく思っている」とした上で、上記のように述べた。李首席はさらに「はっきりと言えることは、今回の事件は明るみに出た直後に大統領に報告し、直ちに対応を取ったということ。そして今後は米国警察の捜査にも積極的に協力するということだ」とも表明した。李首席は職責の上では尹・元報道官の直属の上司だが「国家の品格の失墜」とまでいわれる今回の事件について、大統領府広報首席が国民と大統領を同じ立場に置いて謝罪したことをめぐり、問題を指摘する声も上がっている。大統領府の別のある幹部は「大統領が帰国する前に許泰烈(ホ・テヨル)秘書室長を中心に対策会議が開かれ、大統領または秘書室長による国民への謝罪や追加人事などの対応策について検討した。その後、大統領が帰国してから行われた2回目の緊急対策会議で、まずは李首席が謝罪することが決まった」と明らかにした。この2回目の会議では、民政首席室がこれまで把握した事件の真相と、外交ルートを通じて伝えられている米国の捜査結果などについての報告が行われたという。会議では「真相が正確に把握できていない状況で、大統領が直接謝罪するのは適切でない」との方向で意見が集約されたという。しかし与党のある幹部は「広報首席の謝罪で全てが終わったわけではない。正確な真相が明らかになれば、その結果に従って追加の人事や(大統領などによる)国民への謝罪が行われるかもしれない」と予想した。これに先立ち朴大統領は訪米中の10日深夜(韓国時間)に尹・元報道官を更迭した。尹・元報道官は韓米同盟60周年を記念する夕食会が行われた直後の7日夜から8日未明(現地時間)にかけ、今回の米国滞在中に自らの秘書の役割を務めていた駐米韓国大使館の女性インターン職員に、ワシントンのホテルでセクハラ行為を行ったとされている。 尹・元報道官はまず女性とホテルのバーで酒を飲み、そのときから何度か体をさわるなどしていたが、その後女性を自らの部屋に呼び、そこで再びセクハラ行為に及んだという。女性の知人はこれらの事実を現地の警察に届け出た。大統領の海外訪問に随行中の政府関係者が、現地でセクハラ容疑により更迭されるのは通常では考えられない事態だ。世界の外交舞台の中心でもあるワシントンで、大統領の「口」としての役割を果たすべき報道官がセクハラを行った今回の事件について、韓国国内などからは「国家的な大恥」との指摘が相次いでいる。大統領府は「朴大統領は8日にロサンゼルスを訪問したが、尹・元報道官はこれに同行せず、自らの判断でワシントンから1人で大韓航空機で帰国し、9日午後にソウルに到着した」と明らかにした。しかし尹・元報道官は10日に本紙との電話インタビューに応じた際「8日朝に李首席が自分を呼び、直ちに帰国するよう命じた」と話しており、双方の証言に食い違いが生じている。ワシントンの警察は尹・元報道官の容疑について現在も捜査を行っており、韓国政府にも協力を依頼しているという。

黄大振(ファン・デジン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

大統領府報道官更迭:米警察、セクハラ捜査に着手
尹昶重氏、米国に召喚の可能性も

10日、ソウル市西大門区にある尹昶重・前大統領府報道官の自宅前に集まった報道陣。同前報道官が姿を現すのを待っていた。/写真=キム・ヨンジョン客員記者


 尹昶重(ユン・チャンジュン)前大統領府報道官の米国でのセクハラ疑惑事件は、被害者との合意の有無にかかわらず、米国の警察が捜査を進めることになる。韓国ではセクハラは本人が告訴をして初めて捜査を開始する「親告罪」だが、米国ではセクハラが親告罪ではないためだ。ワシントンD.C.の警察当局関係者は「われわれはセクハラ(misdemeanor sexual abuse)申告に関する調査をしている」と報道機関に発表した。

 2011年、米国でホテルの女性従業員に性的暴行を試みたとされたドミニク・ストロス=カーン国際通貨基金(IMF)専務理事(当時)は、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で警察に逮捕・拘束され、警察の取り調べを受けた。しかし、尹前報道官はすでに韓国に戻っているため、捜査手続きが複雑になる。

 尹前報道官に対する捜査にはいくつかの方法が考えられる。まず、米国の警察が被害女性に事情を聞いた後、尹前報道官に召喚状を送って現地に呼び寄せ、取り調べをする方法だ。しかし、尹前報道官が米国の警察の召喚を拒否した場合は状況が変わってくる。

 もしそうなれば、米国の警察は尹前報道官の容疑が「韓米犯罪人引き渡し条約」に基づく引き渡し請求対象犯罪になるかどうかを判断する。引き渡し条約の対象となる犯罪は「1年以上の自由刑またはそれ以上の重刑」だが、尹前報道官の行為がどれほどの刑に該当するかは米国の捜査を見守る必要がある。尹前報道官の引き渡し請求が行われ、韓国の裁判所が許可すれば、尹前報道官は米国で捜査を受けることになる。

 一方、米国の警察の捜査で「軽犯罪」と判断されれば、犯罪人引き渡し請求の対象から除外される可能性もある。こうなれば、この事件は「捜査中の未済事件」になる。米国が犯罪人引き渡し請求を行っても、韓国は自国民の保護などに関する条約に明記された例外規定を理由に、引き渡し要求を拒否することもできる。外交関係者の間では「韓米両国は政治的影響を考慮して尹前報道官の容疑を適切なところで線引きし、引き渡し請求をせずに終わらせる可能性が高い」との声もある。


 米国とは違い、韓国ではセクハラが親告罪であるため、現時点では韓国の司法当局が尹前報道官について捜査することはできない。被害女性が韓国の司法当局に訴えて初めて捜査が開始されることになる。法律の変更に伴い、韓国でも来月19日からはセクハラが親告罪の対象から外されるが、過去にさかのぼって尹前報道官に適用されることはない。

ユン・ジュホン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
韓国のパク・クネ大統領は、就任後、初めての外国訪問としてアメリカを訪れ、オバマ大統領との首脳会談など一連の日程を終えて5月10日夜、帰国しました。ところが、これを前に、パク大統領に随行していた側近中の側近であるユン・チャン
ジュン大統領府主席報道官が突然更迭されました。ホテルの部屋で在米韓国大使館のインターン(実習生)の女性をレイプした疑いで現地警察に追われ着の身着のままでホテルに荷物も置いたまま、カードで航空券を買って逃亡したそうです。警察に外交随員だから信用して逮捕せずホテルにとどまるようにいわれたのを無視して逃げたそうです。
大統領府は、更迭の理由について「ユン報道官がアメリカで公職者として不適切な行動をし、国の品位を傷つけたため」と説明しています。これについて、韓国の公共放送KBSは「ユン報道官はワシントンの韓国大使館で働いていた女性の臨時職員にセクハラ行為をし、女性が警察に届け出た」と伝えるなど、韓国メディアは一斉にセクハラ行為の疑いがあると伝えています。ユン報道官は、パク大統領の訪米中、首脳会談の結果を
発表するなどいわば政府の顔という役割を果たしていただけに、野党は「パク大統領は国民に謝罪すべきだ」と主張するなど、大統領の任命責任を問う声も高まっています。

<尹昶重セクハラ疑惑>「帰国は青瓦台広報首席が指示」…記者会見
2013年05月11日13時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
セクハラ波紋で電撃更迭された尹昶重(ユン・チャンジュン)前青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官(57)は、「夜逃げするようにワシントンを抜け出した」という疑惑に対し全面否定した。また「尹前報道官が自ら帰国を決めた」という青瓦台の李南基(イ・ナムギ)広報首席の説明とは違い、「李首席が帰国を指示した」と主張し、真実攻防が予想される。 尹前報道官は11日午前10時30分、ソウル付岩洞の中国料理店ハリムガクで記者会見を開いた。尹前報道官「経済人朝食会(現地時間8日午前)を終え、随行員の車に乗っていたところ、李南基広報首席から電話があった。李首席が話があるというので迎賓館で会ったところ、『状況がよくない。セクハラについて弁明したところで納得されないので、早くワシントンを離れて韓国に帰らなければいけない』と話した」と主張した。 尹前報道官は「『過ちはないのになぜ私が日程を中断して韓国に帰らなければいけないのですか。それはできません。私がここで釈明します』と話したが、李首席は『1時半の飛行機を予約しておいたので、ウィラードホテルでハンドキャリアー荷物を取って出ていくように』と指示した」と当時の状況を説明した。 尹前報道官は「職制上上官である広報首席の指示を受けてダラス空港に到着し、自分のクレジットカードで飛行機の座席を購入し、仁川空港に到着した」とし「仁川空港に到着し、私がいる宿舎へ向かっている途中、民政首席室から『調査を受けなければいけない』という連絡があり、(記者会見で)申し上げた内容すべてを述べた」と伝えた。尹前報道官は「米国の警察からはいかなる通知もなかった」と明らかにした。 帰国過程で違う理由を述べたという一部の問題提起についても、「私は『妻の体調がよくないので帰国すると話そう』とこのように述べたことは決してない」と主張した。 青瓦台と李南基広報首席は10日、尹前報道官の帰国の経緯について「本人が判断して決めた」という立場を明らかにしていた。記者会見の最後に出た「青瓦台が帰国を指示したという発表内容が首席の話と食い違う」という記者の質問に対し、尹前報道官は会見内容通り「『過ちはないから米国に残って調査を受け、締めくくるべきではないか』と私は主張したし、李南基首席は『セクハラ』といいながら『そういうことは説明しても納得されないから、大統領の訪米に迷惑をかけないためにも早く離れなければいけない』とこのように指示した」と再度主張した。 尹前報道官は記者会見を終えた後、建物の外で、「青瓦台が明らかにしたことはすべて嘘か」という記者の質問に対し、「それは話せない」と答えた。「この日の記者会見内容は青瓦台と調整されたものか」という質問には、「違う」と答えた。



投稿日:2013/05/11(土) 11:14:20.84 ID:Tuus8a6N0 [1/6]
尹昶重前大統領府報道官の記者会見
2013/5/11 11:06
[マネートゥデージョンヒェヨウン記者]

ソース全文
http://news.naver.com/main/read.nhn?oid=008&aid=0003046386

以下機械翻訳(誤訳未チェック)

ユンチャンジュン前大統領府報道官の記者会見

物議をかもしたことについて、国民の皆様と朴大統領様に重ねて許しを願い頭を下げて深くお詫び申し上げます。私はアメリカから帰ってきて解明を遅らせた理由は、大統領の訪米が継続されたら、民政首席室の調査を受けるなど、適法な手続きを受けるための時間が必要だったからですが、私は今から唯一の真実を明らかにし、法の処分を甘く頂戴いたします。まず、女性ガイドと一緒にした背景をお話します。5月6日、朴槿恵大統領と潘基文国連事務総長の国連本部歓談を終えて歓談を飛行機の中で慌ててまとめ、その内容を整理して、私は大統領一行と韓国の退役軍人記念碑献花日程を終えて急いでゲストハウスに到着し、記者たちが滞在しているプレスセンターに直行する非常に切迫した状況でした。しかし、迎賓館ブレアハウスに到着してみると私の車が見えませんでした。だから、ゲストハウスの前に40分を待って最後に私の提供した車と女性ガイドと会うことになりました。ので、私は女性のガイドたちに断固として非難をしました。なぜ遅れたのか、今のプレスセンターに直行して、その記者たちにブリーフィングをしてすぐにワシントン同胞懇談会に参加するには時間が不足なのになぜこんなに遅れたのかと、断固として非難をしました。ので、ゲストハウスに到着しても、私はどこに座るかも分からないなどの滑らかなく私をガイドし、次の日も日程について私よりも知らずに一定に適切に出発時間と車両を待機させない過ちを何度かするたびに、私は断固として非難しました。一体誰がガイドと誰がガイドを必要になるのか、誰がガイドかと私は何度も非難をしました。すべての日程を終えた後、私にホワイトハウスに出たのに、また車が見えなくても非難をしたそうするうちに夕方に韓米同盟60周年記念夕食会に出席し、9時10分ごろ出てきた、また車とガイドが見えなかった。一体誰がガイドと言う言葉かと魂を出した後に車に乗って帰ってきたが、私の考えをしました。韓国人学生なのに年齢も娘くらいの年齢にしかならないのに韓国人を相手にひどく叱ったのかという自責の念になりました。明らかに言葉するのは悪口をしたり、激しい表現を使ったことはない。私はそのような人間ではない。車の中で記事とガイド二人に向けてここでプレスセンターまでどのくらいかかるのかと言いながら途中に行って私たちが今日のワシントンで終わりだから私は上の意味で飲み物を買ってと言った。すると、場所を置いてガイドがワシントンホテル最上階に良いところがあると話した。ので、行くの私の瞬間入る考えは、女性のガイドので運転手に同席しなければと判断して運転手を連れて、そのガイドと一緒に最上階に上がってメニュー板を見ると、価格が高すぎてここではだめだし、地下1階の粗末なところに到着して、そこから30分の間に非常に和気あいあいと話をしました。今私に話しているのがそこに奇妙な行動をしたとするテーブルが非常に長かった。渡るガイドが座り、私の右側に運転手が座っていた。私どのようにその女性をセクハラすることができますか。運転手がいるがどのように彼の前にセクハラをすることができるものであり、暴言を行うことができますか。そうするうちに30分余りの間、和気あいあいとした雰囲気つなげるが出てきて、その女性のガイドの腰をぱんとした回ながら、今後上手に米国でがんばって成功してと言って出てきただけでした。しかし、振り返って見るが私はアメリカの文化についてよく知らなかったという考えに深く反省しています。そのガイドにこの場でも退屈な上の言葉をお伝えします。私はそれが励ましの意味で最初からそのような場を持った。それを動かしたなら、それはまた深く反省して上を送信します。私の心はそうでなかったということも理解していただきたいと思います。最初から私はそのガイドは性的な意図を持っていなかったことを私は明らかにユンチャンジュン名前三文字を誓うするものです。ガイドを部屋に呼んだという報道が捜査中なのに明らかに申し上げますが私の確認もせずにこうだったよ。また、第ガイドの話を聞かずにインターネット上に出てきたことをメディアで無差別に報道することについては、私は深い遺憾の意を表し、法的対応を講じます。私のガイドを部屋に呼んだのは、記者たちが78人いて、大統領府の実務随行員がいて、ワシントン駐在の韓国文化院職員がそのホテルに滞在している私がガイドを私の部屋に呼んだわけでしょう。初日の朝を食べるために、そのレストランに到着してみると朝の食券がありませんでした。だから、そのガイドたちに食券があるのかと尋ねると、私の部屋にある封筒に食券があるということです。私はすぐにスケジュールに入れなければならしてその後すぐに持ってこいと言って、私はそのレストランの前で待っていました。食券を持ってきたさらにそのレストランの従業員の話が食券が必要ないこと入った春秋館の女性職員もいた記者歳の方もいました。だから、一緒に食事をして出てきたのがすべてです。そしてワシントンホテルで酒を飲んで第宿泊施設に戻ったときに明日のスケジュール重要だから韓国経済行う団との朝食会。朝のモーニングコールを忘れずに入れなければと言いました。目が覚めたノックの音が聞こえました。その瞬間、緊急に説明会をしている材料を持ってきているでしょうボグナという考えが聞いた私のガイドが来るとは想像もできないのに慌ててドアに向かってジャンプしていきました。なぜそうした場合、前日の首脳会談を午前7時のブリーフィングにも大統領府の職員が説明会資料を中に押し込んだた。だから、誰ですし、ほぼ同時にドアを開けてみたら、そのガイドでした。ここになぜ来た。すぐにしてドアを閉めたのです。私の部屋には、ガイドが入ってきたことありません。私の不謹慎な人々にメディアが魔女狩りしていると思います。この部分については、あまりにも憶測記事がたくさん出て、私は本当に悔しいです。私の部屋に上がってこないからといって悪口を浴びせたとするために、私はそんなことをする人間でもなく、その女性を部屋に呼んでどうするということは、私が持っている道徳と常識では想像もできないことを伝えることでしょう。CCTVで確認すれば知ることができる内容であることを申し上げます。夜逃げするようにワシントンを通過したのは完全に事実無根です。その日私は大統領のスケジュールに参加して付いて行くので、バッグが二つあります。この二つを全部私の部屋に置いて、大統領府行政担当者は、最初に少し大きめの手のキャリアは、大統領専用機に入れて、小さなバッグは、私の従業員が持っ専属機に乗って私と伝えことを約束したでしょう。だから私はバッグも置いて逃げて出てきたのはあり得ない一任を申し上げます。私は何をしてワシントンで出発することになったのかについてお話します。私経済朝食のイベントを終えてイ・ナムギ広報首席から電話がきました。私に話したいことがあることがシニアのゲストハウスで会ったところつきがなくなった。セクハラについては、言い訳を試みなければ納得できませんのですぐにワシントンを離れて韓国に帰らなければならなろうと言われました。ので、私はシニアたちに私のせいではないのに、なぜ私のスケジュールを中断し、韓国に戻ること言うのか、それができない、私解明をしても、この場ですると申し上げたが、しばらくした後は、シニアが私に1時30分の飛行機を予約しておいたから手のキャリア荷物を探してイ・ナムギ長が滞在しているウィラードホテルで小さな袋を受け取って出て行きなさい。私は、その広報首席は、私の職机にかかわらです。その指示を受けダラス空港に到着して、私のカードで飛行機の座席表を買って仁川空港に到着したと思います。仁川空港に到着して私が滞在している宿泊施設に向かっていた時に民政首席室から電話が来て、調査を受けなければだろうし今申し上げた内容全体を私が述べました。そしてニューヨーク発の記事で、私はニューヨークにいたガイドにも酒を飲むしようとしたという報道が出て、これまた完全に事実無根です。ニューヨークで1泊し、ワシントンと同様に、大統領府担当記者78人、実行エージェントは、ニューヨーク駐在韓国文化院のスタッフがいるところで私が女性ガイドたちに酒をしようと勧めることは想像もできないことです。私が次の日のスケジュールのために到着した日は、同胞懇談会一つしかありませんでした。その次の日のイベントがあるので早く寝がしたが壊れたら午前1時少し超えました。寝返りではいけないだろう。バーに行くお酒一杯飲んで上がってくると酒時差を克服することができ、2階のプレスセンターブラブラだろ切断されたニューヨーク駐在文化院のスタッフたちにバーを尋ねたところ、ドア閉まったお酒あるのか尋ねたところ、韓国の記者たちがお酒求めることができるので、準備したことがある。だから与えることがあるのかと要求したところ、ビニールパック焼酎とお菓子パンくずを与えました。ので、持って行って食べてからそこに大統領府広報室という会議室があり、私はお酒を飲んで上がってきてガラスが全部だったのです。しかし、これは女性のインターンもお酒をしようとした。まるで囚人のように、私は法的な対応をとるようにします。経緯はどうであれ、私の物の心痛しているとか心の傷害になる国民の皆さんに重ねて頭を下げて謝罪申し上げます。そして朴槿恵大統領の成功サミットに押されかけた深謝罪いたします。これから私は自分の良心と道徳性、国家の愛国心を持っている大韓民国国民の一人として生きていきます。ありがとうございます。


速報
[マネートゥデーギムイクテ記者]
※全記事タイトルオンリー

尹昶重『悪口やひどい表現は使ったことがない』
尹昶重『女性のガイドの仕事がおろそかだった事に数回叱責した』
尹昶重『真実を明らかにして法処分を待ちたい』
尹昶重『適法な手続きを踏むための時間が必要』
尹昶重『朴大統領と国民に赦し救う』
尹昶重『ガイドの性的意図は持っていなかった』
尹昶重『元気づけるジェスチャー...アメリカの文化知らなかった』
尹昶重『腰を一度叩いて「熱心に生きろ」と言ったのがすべて』
尹昶重『運転手も同席の酒の席でセクハラはなかった』
尹昶重『バーで30分間和気あいあいに話して』
尹昶重『女性ガイドと酒の席には運転手も同席』
尹昶重『広報首席がワシントンから帰国してくださいました』
尹昶重『広報首席電話・・・迎賓館て会った』
尹昶重『逃避帰国ではない』
尹昶重『メディア報道残念・・・憶測記事くやしい』
尹昶重『なぜここに来たの?・・・早く出て行くようにとドア閉めた』
尹昶重『ノックの音を聞いたがガイドだと思わなかったので』
尹昶重『ガイドをホテルの部屋には呼んでない』
尹昶重『未チェックのプレス・・・法的対応する』
尹昶重『成功だった首脳会談に迷惑及ぼしたこと深く謝罪』
尹昶重『物議で国民に頭を下げて謝罪』
尹昶重『ニューヨークでインターンに酒を一緒に飲もうという記事も事実無根』
尹昶重『仁川到着、民政首席室で陳述』
尹昶重『広報首席が気にして、指示されたまま帰国』


7日未明 尹昶重(Yoon Chang-jung)報道官、ニューヨークで別の女性インターン(20歳)の強姦を計画
 インターンが逃げて強姦できず ※換気装置故障を理由に呼び出した件
7日午後9時30分 再び強姦を計画した尹昶重報道官、
 ワシントンのインターン(女子大生21歳)を宿泊先とは違うホテルに呼び出し、強姦を開始(挿入は未遂?)
 (日本では「セクハラ」として報道されている部分)
7日午後10時00分 尹昶重報道官に呼び出されたインターン(女子大生21歳)、部屋から逃げ出す
8日午前5時 宿泊先のホテルに戻った報道官は泥酔状態(目撃者有り)
8日午前6時-午前7時 尹昶重報道官、強姦の最中に(挿入は未遂?)逃げられたインターン(女子大生21歳)を、
 強姦目的で再び部屋に呼び出す
 報道官は裸(またはパンツ一丁)、性的関係を女子大生に要求(女子大生の証言として公開されてる部分)
 ※日本以外では報道されている強姦事件の核心部分
8日午前8時 イベント本部でインターン(女子大生21歳)が泣き腫らしているのを米大統領府関係者が発見、
 この女子大生の友人が警察に通報。
 ※何が原因で号泣していたか(尹昶重にどこまで強姦されたのか、挿入の有無)
8日午前8時 尹昶重報道官は朴槿恵と朝食会
 強姦事件を知った米大統領府関係者から報道官の問合せがあり、朴槿恵が報道官と接触
 ※朴槿恵が逃亡関与?と言われてる核心部分。尹昶重は関与してると明言
8日午前9時 尹昶重報道官は急いでホテルに戻り、荷物をまとめホテルを出る
 ※服そのほかの大部分は残したまま 当初は「妻が急病なので帰国する」と説明
8日午前(尹昶重の逃亡後) 性犯罪専門の警察官2名が派遣され、強姦事件容疑者の宿泊先ホテルに到着、
 しかし既に尹昶重報道官は逃亡済で発見できず。
 被害にあったインターン(女子大生、21歳)から事情を聞く。
8日午前9時50分 尹昶重報道官が空港到着、個人のクレジットカードで午後1時35分の大韓航空ビジネス席チケット3869ドルを購入し韓国に向けて逃亡
8日午後4時 米国務省が強姦事件容疑者の尹昶重報道官に対する捜査協力を正式に要請。


2013/05/13(月) 18:49:32.85 ID:v4YyQeli0 [1/14]
■8日午前5時 
宿泊先のホテルに戻った報道官は泥酔状態(目撃者有り、女子大生といつまで飲んでいたかは未確認)
■8日午前6時- 
報道官が自室に改めて女子大生を呼ぶ。報道官は裸、性的関係を女子大生に要求(ここでの犯行が今後の焦点)
■8日午前6時50分
報道官は経済使節団朝食会行事に参加するためにホテルを出発
■8日午前7時30分
報道官が被害者と和解を試みるが失敗
■8日午前7時xx分
女子大生が警察に通報
■8日午前7時50分
報道官は女子大生が警察に通報し現場に警察が来る事を聞き、ホテルを出て経済使節団朝食会会場に向かう
■8日午前8時 
報道官はクネと朝食会、米大統領府関係者から報道官の問合せあり、クネ主席報道官と接触
■8日午前8時xx分
報道官が警察から事情聴取されるも外交官特権で拒否 警察からホテルに留まるよう指示される
■8日午前9時 
駐米韓国大使館が大韓航空に報道官の帰国航空券を予約
■8日午前9時 
報道官は急いでホテルに戻り、荷物をまとめホテルを出る(服そのほかの大部分は残したまま)
■8日午前9時50分 
空港到着、個人のクレジットカードで大使館が予約した午後1時35分の大韓航空ビジネス席チケット3869ドルを購入、出国

報道官別件
■ニューヨークでも他のインターンと「部屋でお酒を一緒に飲もう」と提案していたことが発覚
報告書によると、報道官が換気装置故障で別のインターン女性を呼び出し、酒の注文を要求、一緒に酒を飲もうと声かけした
■韓国大使館から再三に渡り、被害者への接触の要請があったが、米国警察の完全ガード下に置かれており、接見は無理との返答。これが何度も繰り返された。
■米国警察は、当局と韓国大使館へ連絡を取るのに一時間ほどかかるため、その間、容疑者はホテル内で待機するよう伝えたが、容疑者はカバンも持たずに勝手に逃走。警察はまさか公人が逃走するなどとは想像しなかったのだろう。





2013/05/11(土) 18:08:30
シシリーさん情報
・(7日)午後9時30分頃、(宿所ではなく、別の)ホテルのバーでユン代弁人と被害者A(女性職員)は酒を飲んだ。
・ユン代弁人は彼女を自分の部屋に連れて行って一緒にまた酒を飲んだが、この過程でお尻を「揉む(掴む、"grabbed")」など、Aの体に触るわいせつ行為が発生。
Aが抵抗したのか、ユン代弁人はヨク(低俗な言葉)を吐きながら30分近くもそのような行為を続けた。
・耐えられなくなったAは部屋を飛び出した(午後10時過ぎ)。
・ユン代弁人は翌日(8日)午前5時頃、再びAに電話をかけて自分の部屋に呼んだ。
Aは拒否したが、ユン代弁人がまたヨクを浴びせてきたので仕方なくユンの部屋に行った。
・部屋を開けると(書類などを運ぶためにAもユンの部屋の鍵を持っていた)、ユン代弁人は裸だった(準備完了で待っていた?)。
・Aは再び激しく抗議したが、帰ってきたのはまたもやユン代弁人の暴言。
・午前6時8分、アメリカの女性コミュニティー「Missy」にこの件が書き込まれる。
・警察に通報が入ったのは同じ日の午前。電話受付記録では正午頃(12時30分)。
・通報を受けた警察は、駐米韓国大使館に事実を通知し、ユン代弁人の身元確保を要請し、被害者の調査を終えてからユン代弁人を調査するためにホテルに到着。
・ユン代弁人は「大韓民国大統領の米国訪問のために来た外交使節団である」と調査を拒否。警察はユンに「ホテルに留まっているように(他の場所へ移動しないように)」と伝え、いったん撤収。身柄は拘束せず。
・ユン代弁人、荷物も置きっぱなしのままダレス国際空港へダッシュ。駐米韓国大使館が
提供する車両の支援も受けず、航空券も自分のクレジットカードで購入。
・韓国時間9日午後4時55分、仁川空港に到着。


現時点で発覚してる事件のまとめ
■7日午後6時-午後7時30分 
韓米同盟60周年記念夕食会に報道官参加。
■7日午後7時30分- 
会場から車で5分のホテルに移動、バーで女子大生と酒を飲む
■7日午後9時30分-午後10時 
女子大生の体に触りまくる(尻等、これが現在、よく報道されてる分)
■8日午前5時 
宿泊先のホテルに戻った報道官は泥酔状態
(目撃者有り、女子大生といつまで飲んでいたかは未確認)
■8日午前6時-午前7時 
報道官が自室に改めて女子大生を呼ぶ。報道官は裸、性的関係を女子大生に要求(ここでの犯行が今後の焦点)
■8日午前8時 
イベント本部で女子大生が泣き腫らしているのを米大統領府関係者が発見、女子大生の友人が警察へ通報
■日午前8時 
報道官はクネクネと朝食会、米大統領府関係者から報道官の問合せあり、クネクネ主席報道官と接触
■8日午前9時 
報道官は急いでホテルに戻り、荷物をまとめホテルを出る(服そのほかの大部分は残したまま)
■8日午前9時50分 
空港到着、個人のクレジットカードで午後1時35分の大韓航空ビジネス席チケット3869ドルを購入、出国
■8日午前 
性犯罪専門の警察官2人をホテルに派遣、報道官を探すも発見できず。女子大生から事情を聞く
■8日午後4時 
米国務省が報道官に対する捜査協力を正式に要請。すでにアメリカ出国後だった
報道官別件
■ニューヨークでも他のインターンと「部屋でお酒を一緒に飲もう」と提案していたことが発覚
報告書によると、報道官が換気装置故障で別のインターン女性を呼び出し、酒の注文を要求、一緒に酒を飲もうと声かけした
■韓国大使館から再三に渡り、被害者への接触の要請があったが、米国警察の完全ガード下に置かれており、接見は無理との返答。これが何度も繰り返された。
■米国警察は、当局と韓国大使館へ連絡を取るのに一時間ほどかかるため、その間、容疑者はホテル内で待機するよう伝えたが、容疑者はカバンも持たずに勝手に逃走。警察はまさか公人が逃走するなどとは想像しなかったのだろう。



以下機械翻訳(誤訳未チェック)
韓国の大統領は、米国の '不快な事件'にわたってスポークスマンを発射
によってジェスロマレンと秀ビンパーク、CNN
2013年5月10日 - 更新1644 GMT(0044 HKT)

スキャンダル火星韓国の大統領の訪問
STORYのハイライト
大統領のオフィスは、スポークスマンは、 "国の尊厳を損傷した"と言う。それは米国の大統領が朴槿恵の公式訪問の間に起こった。ワシントンの警察は、彼らが性的虐待の報告を調査していると言う。韓国ソウル(CNN) -プレジデントパーク槿恵韓国のは、彼が米国への公式訪問中に"不快な事件"に関与していたと結論付けた後、彼女のプレススポークスマンを却下した、彼女のオフィスは言った。ワシントンの警察は、彼らが性的虐待の報告を調査していたと述べた。スポークスマンは、ユン・チャンジョン、 "高官として不適切な行為が認められたと個人的に不快な事件に巻き込まれることによって、国の尊厳を損傷し、"チーフ大統領報道官、李南-Kiは、声明の中で述べているロサンゼルスから木曜日。恥ずかしい事件は公園で米国に5日間の訪問、韓国初の女性大統領に厄介なコーダを追加します。知名度の高い旅行中、彼女は、最初の月に就任して以来、彼女は他の戦略と経済問題と一緒に北朝鮮との最近の緊張を議論するバラク・オバマ大統領と会談した。
ワシントンの韓国大使館は、現在事件を調査して、イ・ユンが行っていると言われているかについての更なる詳細を提供することなく言った。ソウルの大統領府は、それ以上のコメントに対して繰り返される要求に応答しませんでした。 オバマ氏は、北朝鮮、シリアに狙いを取り問題について尋ね、グウェンドリンクランプ、ワシントンで警視庁の広報担当者は、 "我々は、軽犯罪性的虐待の報告を調査している。我々は、この時点で、それ以上のコメントはできない"と述べた。韓国、公に金曜日に関係なく上に謝罪し公園を呼びかけ民主党、野党グループでは、聯合半官半民の報道機関が報じた。公園と彼女のオフィスは "深く間違った職員のその任命に反映し、国民に謝罪すべき、"キム・クワン・若い、党の上級スポークスマンは、聯合ニュースによると、言った。パークは、金曜日の夜にソウルに戻って到着する予定です。


2013年5月10日、12:14
社長火災プレススポークスマン

Jaeyeonウーによって

韓国大統領朴槿恵は、で特に好評首脳旅行を覆って、米国中に指定されていない"不快な事件"のための彼女の報道官を解雇し、彼女と米大統領バラク・オバマ大統領は北朝鮮に対して統一戦線を提示した。

ロイター通信社
ユン・チャンジュン。
動きはロサンゼルス、社長として米国に朴初訪問で最後のピットストップで短い記者会見中に木曜日に発表された。ので、ユン・チャンジョンが解雇された "彼は米国と国民の尊厳を傷つけると信じられていた高レベルの公式のために表示された不適切な行動へプレジデントパークの状態でのご滞在中に不快な事件に関与していた、"と言った大統領報道官李南記。それが起こったときに大統領ブルーハウスは、事件の性質、またはどこを指定するか、しませんでした。金曜日の朝には、大統領の家は事件には更なるアップデートがなかったと述べた。ユン氏のコメントは得られませんでした。ワシントンで警視庁の関係者は苦情が尹に対して提出されていたという報告を確認した。"我々は、軽犯罪性的虐待の報告を調査している。我々は、この時点で、それ以上のコメントはできませんが、 "グウェンドリンクランプ、ワシントンで警視庁におけるコミュニケーションのオフィスのディレクター、ジャーナルへの電子メール応答で述べた。彼女は月に就任した後、トップ官職のための彼女のいくつかの選択肢のために議会の承認を得ることに失敗の連続に見舞われた後、ケースが社長に別の打撃を扱っています。尹、長時間ジャーナリストは、論争の選択肢の中であった。彼が大統領のために働いた前に、彼が書いた意見記事の内容のため、野党民主党ユナイテッド党は彼の指名に反対した。朴は彼女の6日間の状態は、ワシントンでの彼女の時間の間に米国を訪問包み込むた後に、この日の午後、ソウルに戻ります、朴は北朝鮮の挑発に取り組んでオバマ氏との緊密な連携を確認するために、登場し、温かく受け取っスピーチを行いました議会にそれは韓米同盟の重要性を強調した。北朝鮮は金曜日に訪問の予想通り苛性見直しを行いました。その状態メディアアームからの発送は、朴が "[と]主従関係を確認してください。主人を喜ばせるために卑劣なへつらう旅"を作ったと言った



韓国の大統領は '不快'スポークスマンを発射
日付
2013年5月10日  米国 ソウル ワシントン 韓国

韓国大統領朴槿恵は、2013年5月にカリフォルニア州の歓迎昼食会の際に語っています。写真:ロイター
ソウル:韓国大統領朴槿恵は、米国への彼女の旅行を通じて特定されていない"不快な"行為を途中で今週、Yonhap通信の報道を介して彼女のスポークスマンを解雇しました。シニア大統領報道官李南記は、彼が "国家の尊厳を傷つける"と "ハイレベルな公式には不適切な行為"と説明、 "個人的には不快な事件に関与し"だったと言って、ユン・チャンジョンの解雇を発表しました。リーは精巧ませんでしたが、ワシ​​ントンの韓国大使館は、事件に探していたとの調査結果が公表されると述べた。ユンは彼が彼の短い旅行を切る理由について憶測をスパーク、Los Angeles、アメリカ合衆国への彼女の訪問の最後のピットストップへの彼女の訪問のパークを伴わずに、水曜日にワシントンからソウルに戻っていた、聯合ニュースは言った。今週初め、朴は北朝鮮を扱うときに譲歩を提供しないことを誓うに団結両首脳と、バラク・オバマ大統領との首脳会談を開催しました。公園はまた、北朝鮮がまた空の高緊張の数ヶ月後に小さな平和のステップを提案しながら、核兵器を放棄しなければならなかったことを強調し、米議会の合同会議を取り上げた。
AFP


共同通信InternationalMay 10、2013午後12時00分
性的暴行疑惑の中で韓国の朴袋のスポークスマン
韓国大統領朴槿恵ヘソンが不特定の "不快な"行為への関与のための彼女のスポークスマンユン・チャンジョンを発射している、彼女の事務所が木曜日に言いました。焼成は、ロサンゼルスとワシントンから報告され、米国、連合ニュース庁へ旅行に社長に付随しながらユンが性的韓国女性に嫌がらせを申し立て中で来る。韓国の首席報道官李南起という尹 "は個人的に不快な事件に巻き込まれ"ていたと言って、ユンの解雇を発表した "国家の尊厳を傷つける。" 噂はユンが一時的に大統領の訪問に関連する職務を補助するためにワシントンで大使館に雇われた彼女の20代前半の韓国の女性に嫌がらせをすることが横行していた、聯合ニュースは言った。 "我々は、軽犯罪性的虐待の報告を調査している。我々は、この時点で、それ以上のコメントはできませんが、"グウェンドリンクランプ、警視庁でのコミュニケーションのオフィスのディレクターは、電子メールで連合ニュースに語った。 彼女は、部門名で "韓国の公式"が関与性的暴行の任意の報告受けていたかどうかでのお問い合わせに対応した "ユン・チャンジュンを。警察は、彼女が後わずか56歳の男性として、容疑者を記述し、名前が含まれていませんでした聯合に電子メールで送信報告する。 報告書は、容疑者がいつか9時30分と午後10時火曜日の間にワシントンホテルでは、 "彼女の許可を得ずに、彼女のお尻をつかんだ"と言った。大統領の公式の解雇は、公園は、米国への彼女の旅行にまだ特にとして、驚きとして来た。彼女はバラク・オバマ米大統領との首脳会談があったワシントン州の3日間の滞在後、水曜日にロサンゼルスに飛んだ。
ユンは、ロサンゼルス、米国に彼女の5日間の訪問で3番目と最後のストップにパークに付随しない、水曜日にワシントンからソウルに戻った。彼の復帰は彼が旅行が短くカットさせたものとして憶測を巻き起こし。
ユン、元ジャーナリストや政治コラムニストは、大統領のスポークスマンとして就任前に公園の移行チームのスポークスマンだった。

May 10, 2013, 12:14 PM

President Fires Press Spokesman

Article
Comments (26)
Korea Real Time HOME PAGE ≫

smaller
Larger
facebook

twitter

google plus

linked in




Email
Print
By Jaeyeon Woo

South Korean President Park Geun-hye fired her press spokesman for an unspecified “unsavory incident” while in the U.S., overshadowing an otherwise well-received summit trip in which she and U.S. President Barack Obama presented a united front against North Korea.

Reuters
Yoon Chang-jung.

The move was announced on Thursday during a short news briefing in Los Angeles, the final stop on Ms. Park’s first visit to the U.S. as president.

Yoon Chang-jung was sacked because “he was involved in an unsavory incident during President Park’s state visit to the U.S. and displayed inappropriate behavior for a high-level official that was believed to hurt national dignity,” said presidential press secretary Lee Nam-ki.

The presidential Blue House didn’t specify the nature of the incident, or where or when it took place. On Friday morning, the presidential house said there was no further update on the case. Mr. Yoon couldn’t be reached for comment.

An official at the Metropolitan Police Department in Washington confirmed reports that a complaint had been filed against Mr. Yoon.

“We are investigating the report of a misdemeanor sexual abuse. We cannot comment further, at this time,” said Gwendolyn Crump, director of the Office of Communications at the Metropolitan Police Department in Washington, in an email response to the Journal.

The case deals another blow to the president after she suffered a series of failures in gaining parliamentary approval for some of her choices for top government positions after taking office in February.

Mr. Yoon, a long-time journalist, was among the controversial choices. The main opposition Democratic United Party objected to his nomination because of the content of opinion articles he wrote before he worked for the president.

Ms. Park will return to Seoul this afternoon after wrapping up her six-day state visit to the U.S. During her time in Washington, Ms. Park appeared to confirm close coordination with Mr. Obama in tackling North Korea’s provocations and gave a warmly received speech to Congress that stressed the importance of the South Korea-U.S. alliance.

North Korea gave a predictably caustic review of the visit on Friday. A dispatch from its state media arm said Ms. Park had made a “despicable sycophantic trip to please her master [and] confirm the master-servant relations.”




South Korean President Fires Spokesman for ‘Unsavory Act’ During Visit to U.S.
By CHOE SANG-HUN
Published: May 10, 2013
Facebook
Twitter
Google+
Save
E-mail
Share
Print
Reprints


SEOUL, South Korea − President Park Geun-hye of South Korea has fired her spokesman for committing an “unsavory” act while he was traveling with her on her state visit to Washington, her office announced Friday, after South Korean media reported an allegation that the official had groped a young woman.
Enlarge This Image

Yonhap/Reuters

Yoon Chang-jung in Seoul earlier this month.
Document: Yoon Chang-jung Incident Report

Connect With Us on Twitter

Follow @nytimesworld for international breaking news and headlines.

Twitter List: Reporters and Editors


The firing of the spokesman, Yoon Chang-jung, was announced after Mr. Yoon abruptly broke off from the presidential delegation visiting Washington and returned home earlier this week. South Korean news media reported that he left Washington in such a hurry that he did not pack his belongings in his hotel room.

The whereabouts of Mr. Yoon, 56, have not been known since his return home. Lee Nam-ki, Ms. Park’s senior presidential press secretary and Mr. Yoon’s immediate supervisor, said he was fired for an “unsavory act that was inappropriate for a high-ranking government official and damaged the national prestige.”

South Korean journalists accompanying Ms. Park on her trip reported that Mr. Yoon had been accused of unwanted sexual contact with a young woman hired as an intern at the South Korean Embassy in Washington, and that the contact occurred while he was drinking.

A Washington police report on the case, copies of which were carried in South Korean media, did not mention Mr. Yoon by name, identifying the suspect only as a 56-year-old man. The victim reported that the suspect “grabbed her buttocks without her permission,” the report said.

The scandal dealt a blow to Ms. Park just as her office had been billing her Washington trip as an impeccable success. She held a summit meeting with President Obama on Tuesday and spoke before Congress the next day.

But while she was on her way back to South Korea on Friday, a political storm was brewing at home.

Ms. Park and her office “should deeply reflect on their appointment of the wrong personnel and apologize to the people,” said Kim Kwan-young, a spokesman for the main opposition Democratic Party, calling for a thorough investigation of a case that he said had “caused national shame.”

Ms. Park’s office had apologized earlier after at least half a dozen people nominated as ministers and vice ministers in her government were forced to withdraw from consideration amid questions over their ethical standards. As a result, her approval ratings plummeted before recovering in recent weeks as her defiance in confronting North Korea’s nuclear threats proved popular.

Mr. Yoon, a former journalist and political columnist, has been the most controversial political appointee in Ms. Park’s government. As an online political commentator, he used to carry out vicious attacks against Ms. Park’s domestic enemies, once calling them “political prostitutes.”

She first made him the spokesman for her transition team after her December election. Despite protests from the opposition, she stood by him once again when she made him a presidential spokesman.

On Friday, the main opposition party said the Washington scandal was a “foreseeable tragedy” because of Ms. Park’s refusal to heed her critics.


以下ウィキペデァより引用
尹昶重
尹 昶重(ユン・チャンジュン、윤창중、1956年7月17日 - )は、大韓民国のジャーナリスト。朴槿恵政権で大統領秘書室報道官を務めた。
1 生涯
2 学歴
3 猥褻事件
4 著書

生涯
大韓民国の忠清南道論山邑にて誕生。1975年に京東高等学校を卒業。1982年に高麗大学校化学科を卒業。韓国日報、韓国放送公社、世界日報、文化日報で記者として勤務。2002年の大統領選挙ではハンナラ党候補李会昌の言論補佐役を務めた。2007年に中央選挙管理委員会の選挙諮問委員、2009年に新聞放送編集人協会の副会長を務めた。「尹昶重 コラム世事」というブログを運営し、コラムニストとして活動。2012年12月、次期大統領に当選した朴槿恵の首席報道官に内定[1][2][3]。その後2013年2月24日、大統領秘書室報道官に内定した[4]。

学歴
1975年 - 京東高等学校卒業
1982年 - 高麗大学校化学科学士
2002年 - 高麗大学校政策大学院国際関係学科政治学修士(国際関係)
2003年 - 中央大学校大学院政治外交学博士課程修了

猥褻事件
朴槿恵大統領が訪米中の2013年5月8日、尹昶重は在米大使館に勤務する韓国系アメリカ人の女性インターン通訳に対してセクシャルハラスメント行為をし、警察の調査を受けた。この問題で尹昶重は急遽韓国に帰国[5]。韓国大統領府は「高位公職者として不適切な行動を見せ、国家の品位を傷つけた」とし、尹昶重は2013年5月9日に大統領秘書室報道官を更迭された[6]。

著書 [編集]
『金泳三大統領と青瓦台の人々』(1994年)
『盧武鉉の不正規軍時代』(2005年)
『泥酔した権力』(2007年)
『青瓦台の裏山に再び上がれ』(2008年)
『政治痛嘆する』(2010年)
『知性の切開』(2011年)
『国民が政治を荒らす』(2012年)
posted by グリーン at 12:20| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トリーバーチ 通販 ロレックス 偽物 http://www.forshoppingaccordjp.biz/
Posted by ロレックス 偽物 at 2013年08月11日 12:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック