2012年03月05日

糖尿病の芸能人、糖尿病のタレント、糖尿病の有名人、糖尿病の歴史上の人物、糖尿病の著名人

糖尿病のタレント、糖尿病の有名人、糖尿病の歴史上の人物、糖尿病の著名人 、糖尿病の芸能人、






平成29年6月24日更新


●2017.6.22
タカトシのタカ 1カ月で8キロのダイエット…5月24日から炭水化物を遮断
タカアンドトシのタカ(41)が22日、都内で行われたゲームアプリ「ファイトリーグ」の配信開始イベントに登場し、1カ月で8キロのダイエットに成功したことを明かした。パートナーとのタッグでプレイする対戦型アプリ。「8キロ絞ってきたので」と意気込んでいたが、相方のトシ(40)とGACKT(43)らに挑み、完敗した。改めてダイエットについて聞かれたタカは、人間ドックで糖尿病予備軍と診断されたことで5月24日から炭水化物を遮断。テレビ番組の企画かと思いきや「仕事を待っていたら糖尿病になっちゃう」と自主的に開始したという。 「子供の顔を見てたら、こいつが大人になるまで生きたいな、と思って」と神妙な表情を浮かべ、トシに「なんだ、この話!?」と突っ込まれていた。



●田中健、テレビの健康診断番組で2型糖尿病が判明した。田中健は余命10年、寿命76歳と診断された。肝機能の指標となるAST、ALT、γGTPが異常値など9項目に及んだ。医師が余命に関わると懸念したのが2型糖尿病など生活習慣病が重なっている事だった。田中は家での食生活は健康的だが、外では甘い物の間食が多かった。糖質を食べると血糖値が上昇、インスリンの分泌が増えるため脂肪を溜め込む。


●2017年04月27日 11時20分電撃ネットワーク・南部虎弾、先月末から入院していた
 6月復帰を目指して治療中
パフォーマンス集団・電撃ネットワークのリーダーの南部虎弾(なんぶ とらた 本名:佐藤 道彦(さとう みちひこ) 1951年7月14日 - )(65)が、持病の糖尿病の悪化のため入院していることが27日、明らかになった。所属事務所が発表した。関係者によると、南部は3月末に風邪で体調を崩してそのまま入院。入院は持病の糖尿病が悪化したためで、緑内障や糖尿病による合併症の影響など満身創痍(そうい)の状態。現在は治療に専念しており、事務所は「6月ころの復帰」を目指しているという。リーダー不在の間は、ダンナ小柳、ギュウゾウ、今日元気、ペリカン、ランディー・ヲ様らで活動を継続していく。




●2017/04/18(火) クリストファー・ナイト
アメリカ・メイン州のキャンプ場では、数十年にわたって食糧や日用品の盗難事件が多発しており、誰にも見つからない窃盗犯の存在は地元で「North Pond Hermit(ノース池の隠者)」と呼ばれていました。長年にわたって警察も手を焼いていたこの犯人がようやく逮捕されたのですが、なんと男は他者の接触を一切絶ち、27年もの間森の中で1人で暮らしていたことがわかりました。メイン州のノース池付近で、27年間にわたって生活を送っていたクリストファー・ナイトという47歳の男が逮捕されました。ナイトは付近のキャンプ場から食糧、生活物資や本などを盗んで生活していたとのこと。逮捕当時のナイトの身なりは清潔で、髪の毛やひげはしっかり整っており、そのまま街中に出ても怪しまれることはない状態だったそうです。
現在はケネベック刑務所に収監されており、複数件の窃盗罪で5000ドル(約54万円)の罰金も科されています。
http://i.gzn.jp/img/2017/04/17/north-pond-hermit-arrested/02.jpg
警察によると、ナイトはローレンス高校を卒業した2年後に森での生活を始め、徹底して人との関わりを避けていたとのこと。人に見つかることを恐れて一度もたき火をしたことはなく、氷点下の夜は「モーテルにチェックインすることを夢見ていた」とナイトは話しています。ナショナルジオグラフィックによると、ナイトは毎日午前2時30分に起床してキャンプ場の周りを歩くことで、厳しいメイン州の冬をやり過ごしていたそうです。
http://i.gzn.jp/img/2017/04/17/north-pond-hermit-arrested/19.jpg
なお、ナイトは27年間で「一度も病気をしたことがない」と語っており、人里離れた生活によって伝染病にかかる恐れはなかった模様。しかし、逮捕後の検査によると偏った食生活からナイトは糖尿病を患っていたことがわかっています。
http://i.gzn.jp/img/2017/04/17/north-pond-hermit-arrested/06.jpg



●ミュージシャン/バンド
『1-GATA』は全員が1型糖尿病、Vo.中新井美波(元陸上選手)、Key.吉田敬、Bass山川浩正(exTHE BOOM)の3人。



●大地洋輔(おおち ようすけ)
1972年7月13日生(44歳)
ダイノジは、大地洋輔と大谷ノブ彦によるお笑いコンビである。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。糖尿病を患っている。デビュー当時は70kgだったが、炭水化物好きが高じて104kgまで増えた。「動けるデブ」として一躍ブレイクするものの、2008年に糖尿病を宣告されると、娘が生まれたことも相まって80kgまで減量した。


●「大阪名物パチパチパンチ」などのギャグで知られた吉本新喜劇の島木譲二(しまき・じょうじ、本名・浜伸二=はま・しんじ)さんが2016年12月16日、脳出血のため、入院先の大阪市内の病院で死去した。72歳だった。日刊スポーツなどが報じた。平手で胸をたたく「大阪名物パチパチパンチ」や灰皿を使った「ポコポコヘッド」などの体を使ったギャグで人気だった。最後の出演は10年12月26日、大阪・なんばグランド花月。50代のころから糖尿病に悩まされたが、体格を生かしたギャグがキャラクターだったために仕事を優先。(中略)所属事務所によると、この日は自宅にいたが様子に異変があり、病院搬送後に体調が急変したといい「最期は奥様にみとられました」と説明した








●2016年9月20日 19時00分 (2016年9月22日 20時06分 更新)
タレントの梅宮辰夫(78)が十二指腸乳頭部がんを患い、今年7月に手術していたことが先日、明らかになった。これを受けて、長女でタレントの梅宮アンナ(44)が都内で記者会見を開いた。梅宮辰夫のがんは、ステージ1〜2の間の早期発見で、7月26日に十二指腸と胆のうの全部、すい臓と胃の一部を摘出する12時間におよぶ手術を受けたという。梅宮アンナは「年齢的にも長時間の手術に耐えられるか不安で、手術室に送り出すときは、もしかしたらバイバイかもと覚悟した。結果は成功で、いまは元気に自宅療養しております」と報告した。梅宮辰夫には、これまでにも九死に一生という場面が何度かあった。今年2月に風邪で体調を崩していたが、入院を延期して同月に行われた安藤昇さんのお別れの会に歩行補助器を使って参列していました。その後に入院したが、そのときは肺炎、心不全、腎不全、糖尿病、高脂血症、狭心症、心房細動、高血圧と8つの合併症が発症。医師から『1日遅かったら助からなかった』と告げられたそうです」(スポーツ紙記者)さらに、以前にもがんが発見されていたこともある。「遡ると、1974年には睾丸(こうがん)腫瘍と診断され、このときはがん細胞が肺にまで転移していました。医師に余命3カ月と言われたが、抗がん剤と放射線治療で完治させています」(同)


●2016/03/25(金) 11:42
[23日 ロイター] - 米ヒップホップ・アーティストで、人気グループ「ア・トライブ・コールド・クエスト」のメンバーだったことで知られるファイフ・ドーグ(本名マリック・テイラー)さんが22日、死去した。45歳だった。遺族が23日明らかにした。遺族の声明によると、ファイフ・ドーグさんは糖尿病の合併症で亡くなった。死去を受け、ヒップホップ・グループ「パブリック・エナミー」のチャック・Dさんや、コメディアンのクリス・ロックさんらが追悼の意を表した。ア・トライブ・コールド・クエストは最後のスタジオアルバムを1998年に発表。ファイフ・ドーグさんは2000年にソロアルバムをリリースした。3月23日、米ヒップホップ・アーティストで、人気グループ「ア・トライブ・コールド・クエスト」のメンバーだったことで知られるファイフ・ドーグさん(左から2人目)が22日死去した。ニューヨークの音楽イベントで2007年撮影(2016年 ロイター/Eric Thayer)
ロイター 2016年 03月 24日 13:10 JST
http://jp.reuters.com/article/phife-dawg-idJPKCN0WQ09N



●五代 友厚(ごだい ともあつ)は、江戸時代末期から明治時代中期にかけての日本の武士(薩摩藩士)、実業家。49歳没。




●前田 義孝(まえだ よしたか、52歳、1963年 - )は、日本のフードファイター。福井県出身・在住。血液型AB型。通称・マエダンゴ、御舘方様(おやかたさま)、よっし〜。来歴・人物  全国各地の大盛りメニューが紹介されている個人サイト『テラめし倶楽部』を主催するフードファイター。ニュース番組の大盛り店紹介コーナーや『TVチャンピオン』、雑誌インタビューなどで活躍し、「マエダンゴ」の愛称で呼ばれた。活動初期は地元福井を拠点に、周辺(関西一円を含む)地域の大盛り店を紹介していたが、2007年3月11日のレポート、「バトル41 小エビかき揚げ丼大盛」で語られた東京出張(後に転勤)を機に、東京都内に軸足を移し大盛り店の本格的リポートを継続しネット系大盛り紹介の黎明期を支えた。「テラめし倶楽部」とは別に「マエダンゴの部屋」というバイクでの旅サイトも開設しており、こちらではツーリング情報を中心に紹介している。愛車はカワサキ・ZZR(通称・ダボジー)と日産・マーチ。2009年2月に転勤により出身地の福井県へ戻り、地元で活動を続けている。現在は糖尿病を患い、大食いは節制している模様(テラめし倶楽部も休止中)。代わりに、健康を考えてか「よっし〜のよたよた山歩き」を開設し、登山を趣味としている。





●「落下星の部屋」は、糖尿病により2002年に亡くなった男性のホームページだ。メインメニューは自身の体験談。糖尿病と診断された後でも奔放な食生活を改めずに暮らし、右目の失明や両足の切断、人工透析に至る過程を自虐気味に明け透けにつづっている。 右目の失明時。いわく「(ビール缶が)3缶目から4缶目に移ったときです。プルトップを開けてテレビに目をもどしたら、『なにかおかしい。』(略)ふと蛍光灯を見上げると、なんとなく赤っぽい。訳がわからず、とりあえず手のひらで片目づつおおってみると、あらら、左目は正常なのに右目だけにするとまっかに染まった室内」。周囲の反応を気にしないような飾り気のない一人称の記述が、圧倒的なリアリティーを持って読み手に迫ってくる。その異様な存在感は、死後10年以上たった現在でも新たな読者を引き寄せる。実際、メニューのひとつ「雑談用掲示板」には2012年以降も、警鐘として読み終えたと感謝する声や、すでに亡くなった筆者の自堕落を怒る声などが1カ月に0〜2回程度のペースで書き込まれていた。しかし、雑談用掲示板は2013年秋ごろに閉鎖してしまった。現在はメニューをクリックしても「お探しのページは見つかりませんでした。」と表示される。写真をまとめたメニュー「落下星の想い出」も同様だ。








●2016/02/15(月) 18:28
「糖質制限ダイエット」の第一人者急逝 因果関係はないのか、ネットでも話題に‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「糖質制限ダイエット」の第一人者として知られるノンフィクション作家の桐山秀樹(61)さんが急逝した。
診断書に書かれた死因は心不全とのことだ。糖質制限ダイエットについては専門家の間でも賛否の意見があるが、桐山さんとともに実践していた男性は「糖質制限が原因で亡くなったのではない」と因果関係を否定している。■3週間で約20キロ減 糖質制限はもともと、糖尿病の予防・改善に効果があるとして注目を集めた食事療法だ。米やパンなどの炭水化物と甘いものを控えれば、あとはお腹いっぱい食べても大丈夫...という手軽さから、近年ではダイエット法としても定着している。桐山さんが同ダイエットを始めたのは、糖尿病と診断された2010年のこと。これまでのインタビュー記事などによれば、提唱者である高雄病院(京都府)の江部康二理事長が書いた本に偶然出合い、熟読後、すぐに実践したそうだ。すると、87キロあった体重は、たった3週間で67キロになったという。効果に驚いた桐山さんは、その後、メタボの中年男性たちと「おやじダイエット部」を結成。活動を綴った著書はシリーズ化され、テレビ番組でも取り上げられた。ただ、糖質制限ダイエットに警鐘を鳴らしている医師も少なくない。「本当は怖い『糖質制限』」(岡本卓・愛し野内科クリニック院長著)「『炭水化物』を抜くと腸はダメになる」(松生恒夫・松生クリニック院長著)といった本も出ており、「死亡率が上昇する」「心臓病、脳卒中になる」と指摘する専門家もいる。おやじダイエット部メンバー「前夜まで、本当に元気でした」桐山さんは2016年2月6午前、滞在していた東京都内のホテルで亡くなった。14日夜、妻で文芸評論家の吉村祐美さんが夫のFacebook上で公表した。15日朝には「モーニングショー」(テレビ朝日系)が取り上げたこともあり、ネット上でも話題になった。
中には、
 「糖質制限流行ってたけど危ない感じなのかな?」
 「桐山氏は第一人者だけに無理したんだろう」
 「心不全ねぇ。流行ってたけど3ヶ月で20kgとか逆に怖いよ」
と、糖質制限と結びつけたコメントもある。
だが「おやじダイエット部」メンバーの男性は、Facebook上で
 「糖質制限が原因で亡くなったのでなく、心不全・急性心筋梗塞で亡くなったのが、診断書からも明らかです。亡くなる前夜まで、本当に元気でした」として関係を否定している。桐山さんの死によって糖質制限に関するさまざまな憶測が広がっていることについては、「糖質制限食が、糖尿病の食事療法の一つである事実は、変わらないです。賛否両論があることも、事実です。そのことは、桐山先生の著書でもよく書かれていました」
とコメントした。その上で、「長距離の移動と多忙、急激な寒さが重なり、疲労も相当蓄積していたのではと、思い返しています」と心不全の背景を推察している。前述の江部理事長も15日放送の「モーニングショー」の取材に対し、「基本的には無関係だと思います」と因果関係を否定。血糖は改善し、正常な数値をコントロールできていたといい、「最初に病院に行った時点で、すでに消えない借金として動脈硬化が心臓と脳にあった可能性が極めて高い」と説明した。写真:妻の吉村祐美さんが桐山秀樹さんのFacebook上で急逝を発表(画像はFacebookのスクリーンショット)
http://amd.c.yimg.jp/amd/20160215-00000001-jct-000-1-view.jpg
J-CASTニュース 2月15日(月)12時15分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160215-00000001-jct-soci
前スレ(1が立った日時:2016/02/15(月) 12:41:07.37)
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1455517955/




●2008年、アメリカ国立衛生研究所が発表した試験結果があります。1万人を対象にしたその試験によると、厳格な糖質コントロールを行って血糖値を下げたグループは、標準レベルの血糖コントロールを行ったグループに比べて21%も死亡率が高かったのです。
日本では国立国際医療センター糖尿病研究所の能登先生は、こちらの論文で「低炭水化物食では長期的な効用は認められない。心血管疾患のリスクは低減せず、総死亡率はむしろ著名に増加した」と報告しています。この研究は過去に行われた研究の結果をまとめて解析したもの。計27万人におよぶ対象を解析した結果、糖質制限をしていた被験者では死亡率が31%増加しており、なかでも心血管疾患(心筋梗塞など)による死亡が10%増加していたということです。




●長州小力
10年近く前に、TV番組で健康診断を受けたところ、「血糖値が292」だった。清原は900、猪木は600というとんでもない数字で糖尿病だと気付いた。2014年3月血糖値やHbA1cは正常な値に戻ったが、糖尿病合併症を起こしていたことが判明。合併症は糖尿病性腎症で尿中アルブミンの数値が高くなっていた。尿中アルブミンの正常値は30だが、長州小力の数値は612。300以上で腎不全一歩手前で、長州小力の数値は人工透析を開始するレベル。昨年秋から人工透析に入ったらしい。糖尿病腎症で人工透析が必要になった場合には、5年生存率は50%、10年以内にほぼ100%が死亡。
2007年04日 のTV番組で糖尿病だということが分かってからは、夜食の牛丼も止め、帰宅時には、新宿歌舞伎町から中野自宅まで約7kmを1時間かけて歩いて帰ったり、自宅ではサウナスーツでバイクを漕ぐ有酸素運動を毎日続けるなどして頑張ったのだそうです。しかし、昨年3月、治療を少しサボってしまっていた長州小力。それによって、糖尿病が再発、悪化、、、、





●糖尿病男児、悪化時「ハンバーガー食べれば大丈夫」
テレビ朝日系(ANN) 11月26日(木)16時54分配信
 重い糖尿病の男の子に適切な治療を受けさせずに死なせたとして、自称・祈祷師(きとうし)の男が逮捕されました。男は、治療と称して「死に神退散」などと唱えていました。男の取り調べが続けられている鹿沼警察署から報告です。(社会部・中内功記者報告)今井駿君(当時7)が死亡した経緯が少しずつ明らかになってきました。近藤弘治容疑者(60)は今井君が死亡する前日にも、治療と称して呪文を唱えたり体を触るなどしていたということです。今井君の容体は死亡する3日前から急激に悪化していましたが、両親が病院に連れていくことはありませんでした。死亡する前日には、両親が近藤容疑者に「改めて治療をお願いしたい」などと電話で連絡を入れていましたが、近藤容疑者はその際にも、インスリンを投与するなどの治療をしないように指示していました。両親は今井君の容体が悪化した際に近藤容疑者に相談をしていましたが、近藤容疑者は「私には特殊能力がある。ハンバーガーを食べたり栄養ドリンクを飲んでいれば大丈夫」などと、言葉巧みに両親を信じ込ませていたということです。ある捜査幹部は「近藤容疑者にだまされた被害者が他にもいる可能性は高い」と話していて、近藤容疑者が金目的で犯行に至った可能性も視野に捜査をしています。警察は、両親からも任意で話を聞いていて、事件に至った詳しい経緯を調べています。最終更新:11月26日(木)21時49分テレ朝 news




●「悪霊はらう」糖尿病の7歳、治療させず死亡
読売新聞 11月26日(木)7時19分配信  体を触る行為を「治療」と称し、重い糖尿病を患っていた宇都宮市の男児(当時7歳)に適切な治療を受けさせずに死亡させたとして、栃木県警が26日にも、同県下野市の会社役員の男(60)を殺人容疑で逮捕する方針を固めたことが、捜査関係者への取材で分かった。男児の家族によると、男は「悪霊をはらう成功報酬」などとして、両親から200万円以上を受け取っていた。捜査関係者によると、男は、男児が1型糖尿病と診断されていることを知りながら、治療に不可欠なインスリン注射をさせずに男児の足や腹を触るなどの行為を繰り返したことで、今年4月、男児を殺害した疑いが持たれている。県警は、男が自身に特別な力があると両親に信じ込ませ、適切な治療を妨げたことが殺人容疑に当たると判断した。







●糖尿病(1)普通なら昏睡状態の数値     タレント グレート義太夫(ぎだゆう)さん 
1983年、ビートたけしさんに弟子入りし、「たけし軍団」の一員としてお茶の間を沸かせた。「師匠が飲食店に入っている間、弟子は外で待っているのが芸能界の常識。でも、『殿』(たけしさん)は皆を店の中に連れていってくれました」しかも、料理を大量に注文する。残すと申し訳ないので、弟子たちが全部平らげた。「大きなすしおけにウニの軍艦巻きだけが並んでいたことも。芸能界に入って食生活が豊かになりました」。170センチ、80キロと“ちょい太”だった体重は114キロまで増えた。異変を感じたのは、1995年。太めのタレントを集めた運動会「デブリンピック」という番組で体重を量ったら86キロしかなかった。普通に食べて、運動もしないのに、どんどんやせていく。体がだるく、無性に喉が渇いた。7月のある日、自宅でトイレに行こうと立ち上がった瞬間、目の前が暗くなった。次に気づいたのは救急車の中だった。「夏バテかな」と思ったが、医師の表情は険しかった。「糖尿です。すぐ入院して」。正常なら110(ミリ・グラム/デシ・リットル)未満の血糖値が630もあった。「あなたが話していられるのが信じられません。普通は昏睡状態の数値ですよ!」 「と、糖尿…?」 前年に長年患った糖尿病がもとで、64歳で亡くなった父のことを思い出した。
(2011年3月3日 読売新聞)






●:2015/11/25(水)
俳優の松山幸次さんが11月21日に亡くなっていたことが分かりました。22日に、松山さんのブログで兄の幸太さんが報告しています。家で倒れており、急死だったとのことで、病名などは明らかとなっていません。40歳でした。松山さんはサラ・プロジェクトに所属。「銀狼怪奇ファイル」「金田一少年の事件簿」などのドラマにレギュラー出演していたほか、映画や舞台、CMなどで活躍していました。亡くなる前日には、タレントのグレート義太夫さんと会っており、義太夫さんのブログでは元気に食事する松山さんの姿が公開されています。ブログによると、松山さんは「最近、喉が渇いてトイレが近いんです…」などと言っていたそうで、それに対し義太夫さんは「それ、糖尿の症状じゃん、医者行って検査しなよ」と返したそう。「お互い病気には気をつけなきゃね…。そんな話をしてたのに…」と、注意を喚起した矢先の出来事だったことを打ち明けています。東京都品川区の「桐ヶ谷斎場」にて、11月29日18時からお通夜、30日10時から告別式が執り行われるとのこと。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000072-it_nlab-ent
http://i.imgur.com/ow5hf5X.jpg
http://i.imgur.com/2x1JDuL.jpg





夕刊フジ 6月2日(火)16時56分配信
歌手・矢吹健さん(69歳没)糖尿病と脳梗塞を患っていた。デビュー曲「あなたのブルース」が大ヒットし、1968年の第10回日本レコード大賞新人賞にも輝いた歌手、矢吹健さんが今年1月、山梨県内の自宅で亡くなっていたことが6月2日、分かった。69歳だった。妻子に先立たれ、誰にも看取られずに息を引き取った“孤独死”だったという。




佐野実 ラーメンの鬼 63歳 糖尿病で死亡
北島秀一 ラーメン評論家 ガンで死去 51歳
武内伸 ラーメン王 肝硬変 急死48歳 
坂本鐐一 煮干しラーメン考案者 肝臓ガン死亡
林家木久扇 落語家、全国ラーメン党主催 喉頭ガン闘病中
周富徳 中華の鉄人 糖尿病により死亡(享年71歳)
大豊泰昭 死去 プロ野球 51歳白血病 中華料理屋経営
王貞治 ホームラン王 中華料理屋 五十幡 胃がん闘病中(胃全摘出手術後)
元木大介、 嫁大神いずみ、ともに糖尿病闘病中 ラーメン屋元福経営
プロレスリング・ノアは元GHCヘビー級王者の森嶋猛 (37歳)が引退すると発表。糖尿病が原因 、


●2014年3月の記事
清原は体調が思わしくないそうだが、所属事務所も発表した糖尿病が悪化しているそうで、病院に行ったところ血糖値が900以上もあり2月下旬から今月初めにかけて入院し、現在は血糖値を1日3回測り1日1回インシュリン注射をしているという。




六角精次(俳優)、新浦壽夫(元ジャイアンツの投手)、丹古母鬼馬二(たんこぼきばじ、俳優)、長州小力(お笑いタレント)、室井佑月(モデル、レースクイーン、銀座のクラブのホステスなどを経て、作家、テレビ・ラジオでコメンテーター)、藤田智(NHK野菜の時間講師、恵泉女学園大学教授)、清原和博(元プロ野球選手)、みのもんた(司会者、フリーアナウンサー、タレント)、大竹まこと(タレント、俳優、ラジオパーソナリティ)、森永卓郎(経済アナリスト、評論家、タレント)、笑福亭笑瓶(落語家、タレント)、綾小路きみまろ(タレント、漫談家)、松山千春(歌手)、假屋崎省吾(華道家)、アントニオ猪木(実業家、元プロレス、政治家)、桑野信義(タレント)、上島竜兵(タレント、ダチョウ倶楽部)、HIRO(タレント、安田大サーカス)、グレート義太夫(ミュージシャン、タレント)、松村邦洋(タレント)、下関マグロ(フリーライター)、高橋 三千綱(作家)、阪神タイガース 岩田稔投手、大村詠一(エアロビック競技者&指導者)、江本 孟紀(元プロ野球選手、アントニオ猪木からおめでとうと言われたそうです)、ビル・ガリクソン(元プロ野球選手)、ゲーリー・ホールJr(競泳選手)、ニコール・ジョンソン(1999年ミス・アメリカ)、スコット・バープランク(ゴルファー)、オーティス・ラッシュ(ギタリスト、シンガー)、久米宏(フリーアナウンサー・タレント・ラジオパーソナリティ・司会者)、小倉 智昭(フリーアナウンサー、テレビ番組司会者、タレント)、石倉三郎(俳優、コメディアン、タレント)、千代大海(元大関)、琴錦(元関脇)、三重ノ海(第57代横綱)、若嶋津(元大関、奥さんは高田みづえ)、玉飛鳥(現役大相撲力士)、平山瑞穂(小説家・詩人)、渡部又兵衛(コント集団「ザ・ニュースペーパーのリーダー)、丸尾聡(劇作家・演出家)、安西正弘(俳優、声優)、河合 勝幸(シェフ)、澤地久枝(作家)、トニーニョ・リベイラ(サッカー)、城戸崎 愛(料理研究家)、エム・ナマエ(イラストレーター)、スティーブン・レッドグレーブ(オリンピック5大会連続金メダリスト)、ランディ・ ジャクソン、(歌手、マイケルジャクソンの兄弟)、山口冨士夫(ロックミュージシャン)、森 智彦(シンガーソングライター)、寺本圭一(カントリーミュージシャン)、浦野兄弟(ミュージシャン)、クリス・フリーマン(クロスカントリー)、ゲリ・ヴィンクラー(登山家)、山本高広(タレント、お笑い芸人)、森田勉(ブランド王ロイヤルのリーゼント社長)、栗本慎一郎(大学教授、元政治家)、水野肇(医事評論家)、渡辺徹(俳優、タレント)、ゴルバチョフ(ソヴィエト連邦元大統領)、池田大作(創価学会名誉会長)、ブランドン・モロー(マリナーズ投手)、マーク・ロウ(マリナーズ投手)、ジェイソン・ジョンソン(現役プロ野球の投手)、山田学(格闘家)、石黒剛志(ミュージシャン)、ジャイアント・キマラ(プロレスラー)、ハル・ベリー(女優)、ウィル・クロス(徒歩で北極点・南極点に立った男)、杉山新(Jリーガー)、チャーリー キンボール(カーレーサー)、桐山秀樹(作家)、宮本輝(作家)、ニック・ジョナス(ニコラス・ジェリー・ジョナス、スーパーアイドルグループ・ジョナス・ブラザーズ)、中尾彬(俳優、タレント)、高島忠夫(タレント・俳優・司会者)、高橋ジョージ&三船美佳は「糖尿病&隠れ肥満」、東海林さだお(漫画家)、漫画家でタレントの蛭子能収&一郎親子は「親子で糖尿病」、トム・ハンクス(アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の俳優、映画監督、映画・テレビプロデューサー)、蝶野正洋(プロレスラー)、

米国を代表するギタリストで「ブルースの王様」と呼ばれたB・B・キング(故人)、

堀内 岩雄氏(ほりうち・いわお=64年東京五輪レスリング男子フリースタイル・ライト級銅メダリスト)4日、糖尿病のため死去、73歳。



国民的アニメ「サザエさん」の磯野波平役などで知られる声優の永井一郎さんが27日、虚血性心疾患のため広島市内のホテルで急死した。82歳だった。糖尿病とガンもあった。

 日本柔道界を引っ張ってきた斉藤仁(さいとう・ひとし)氏が20日午前2時56分、大阪府東大阪市の病院で死去した。糖尿病とガンだった。54歳。

徳大寺 有恒(故人、74歳没。自動車評論家。元・レーシングドライバー、本名・旧ペンネーム:杉江 博愛(すぎえ ひろよし)。

CG作家の秋元きつねさんが病気の悪化により自宅にて永眠いたしました。(享年46歳)既にFacebookやTwitter、ブログにより、糖尿病であることを本人よりお知らせしておりましたが、治療に専念する矢先に病状が急変し旅立つこととなりました。

「ドカベン」の愛称で人気を呼んだ元プロ野球選手の香川伸行さんが福岡県内の病院で死去したことが明らかになった。52歳だった。急性腎不全の影響で、人工透析の治療も受けていた。

龍虎 (大相撲力士、タレント、故人)、藤岡琢也(故人、タレント、俳優)、周富徳(故人、「料理の鉄人」などテレビの料理番組などで活躍した中華料理人、71歳)、 佐野実(故人、人気ラーメン店『支那そばや』創業者で「ラーメンの鬼」の異名63歳)、中沢啓治(故人、漫画「はだしのゲン」の作者)、三宅久之(故人・政治評論家)、金正日総書記(故人・キム・ジョンイル)、柳ジョージ(故人・ロック歌手)、立川談志(故人・落語家)、隆の里(鳴戸親方、第59代横綱、故人)、坂上二郎(コメディアン、俳優・故人)、団鬼六(小説家・故人)、竹脇無我(俳優・故人)、前田武彦(タレント、放送作家・故人)、エリザベス・テイラー(女優・故人)、細川俊之(俳優・故人)、つかこうへい(故人・演出家)、根上 淳(俳優・故人、ペギー葉山のご主人)、石本美由起(故人・作詞家)、小口 健二(故人・フロム・ファーストプロダクションの元社長・芸能プロモーター)、逸見政孝(故人、アナウンサー)、ブリタニー・マーフィ(女優・故人)、山城 新伍(俳優・故人)、ウガンダ・トラ(タレント・故人)、下川辰平(俳優・故人)、三遊亭 歌雀(故人、落語家)、山本直純(故人・作曲家)、渡辺文雄(故人、俳優)、村田英雄(故人・歌手)、荒井 注(故人、ドリフターズ)、東八郎(故人・タレント)、荻昌弘(故人・映画解説)、サンダー杉山(故人・プロレス)、石原裕次郎(故人、俳優)、岩城宏之(故人・指揮者)、三木鶏郎(作詞家、作曲家・故人)、藤村有弘(俳優、声優・故人)、芦屋雁之助(喜劇俳優、歌手・故人)、山下清(体形とおにぎりが好物と後年失明より推定・故人、画家)、夏目漱石(作家・故人)、幸田露伴(故人、作家)、織田信長(推定・故人、糖尿病の古名の飲水病との記録があり、「糖尿病神経障害」というのがありますが、 そのためイライラして残虐行為をくりかえしたらしい)、徳川家康(推定・故人。肥満気味だった。しかも肥満の原因となる揚げ物が大好物だったという。それが原因で病気になった、たぶん今でいう糖尿病だったらしい。)、明治天皇(故人)、田中角栄(元首相・故人)、小渕恵三(元首相・故人)、大平正芳(元首相・故人)、山田風太郎(故人、作家)、遠藤周作(故人、作家)、古今亭志ん朝(落語家・故人)、エジソン(故人)、マイルス・ディビス(歌手・故人)、ヘミングウェイ(故人、作家)、プッチーニ(作曲家・故人)、藤原道長(故人・糖尿病の症状の詳細な記録が残っている、道長の伯父の伊尹(これただ)、兄の道隆(みちたか)、甥の伊周(これちか)のいずれも糖尿病であった、藤木 悠(俳優・故人)、バルザック(故人、作家)、バッハ(作曲家・故人)、長谷川一夫(俳優・故人)、壺井 栄(故人、作家)、円谷 英二(映画監督・故人)、太宰 久雄(俳優・故人)、中谷 一郎(俳優・故人)、セルバンテス(故人、作家)、セザンヌ(画家・故人)、シャルル・ドゴール(仏大統領・故人)、五味川純平(故人、作家)、北原白秋(詩人・故人)、柏戸(元横綱・故人)、オーソン・ウェルズ(製作者、監督、俳優、脚本家、編集者・故人)、エリック・ドルフィー(ジャズのバスクラリネット、アルト・サックス、フルート奏者・故人)、エラ・フィッツジェラルド(ジャズ・シンガー・故人)、今村 昌平(映画監督・故人)、キム・ジンヘ(タレント・故人)、佐渡ケ嶽親方(故人、元横綱琴櫻)、HG ウエルズ(故人、作家)、船山馨(小説家・故人)、シド・バレット(ピンク・フロイドの初期の中心メンバー、 ヴォーカリスト兼ギタリスト・故人)、ジョニー・キャッシュ(カントリー、ロック歌手・作曲家・故人)、藤本敏夫(故人、元全学連の委員長、加藤登紀子のご主人)、金田龍之介(故人、俳優)、安禄山(あんろくざん・故人・唐代の中国の軍人)、金日成元主席(キム・イルソン・故人)、ミスター珍(故人、プロレスラー)、大木金太郎(故人、プロレスラー)、サンボ浅子(故人、プロレスラー)、マーロン・ブランド(故人、俳優)、マルチェロ・マストロヤンニ(映画俳優・故人)、エルビス・プレスリー(歌手・故人)、古川ロッパ(コメディアン・故人)、南都雄二(漫才師、俳優・故人)、渋沢栄一(幕末から大正初期に活躍した日本の武士、幕臣、官僚、実業家・故人)、前漢の武帝、永島慎二(故人・漫画家)、

※敬称略。順不同。

自分も糖尿なので、ネットやマスコミなどで公表されている人を調べて記載しました。

◎上記の中でもしも間違いや掲載中止のご希望などがありましたら、訂正させていただきますので コメント欄からご指摘およびご連絡をお願いいたします。
posted by グリーン at 15:15| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック