2020年02月12日

COVID-19、新型コロナウイルス、新型肺炎A


ネット上の記事はすぐに消えてしまうことが多いので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。



中国ウイルス、武漢肺炎、中国コロナ、新型コロナウイルス、武漢コロナ、武漢ウイルス、新型コロナ、COVID-19、新型肺炎、A

令和2年3月7日更新











●韓国、新型肺炎感染者483人増えて計6767人に…死者は2人増で計44人
2020/3/7(土) 10:51配信中央日報日本語版

韓国中央防疫対策本部が7日午前、7日0時基準の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者が6日0時基準に比べ483人増えた、と発表した。これで韓国国内の感染者は計6767人になった。死者は2人増えて計44人。

【関連記事】
仁川−成田・関西を除いて韓日航空路線がすべて中断
韓国政府「日本の防疫能力は疑問、韓国に来るなら9日からビザ必要」
未来統合党院内代表「韓国入国禁止100カ国、世界から除け者に」
韓国政府、「860人隔離」の中国には対応せず日本に激高する理由は?
韓国青瓦台「日本の入国制限に強い遺憾…相互主義に立った対応検討」
最終更新:3/7(土) 10:51
中央日報日本語版






●韓国政府「日本の防疫能力は疑問、韓国に来るなら9日からビザ必要」
ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版
2020.03.07 09:09

日本が新型コロナウイルスの拡大防止を理由に韓国に対して入国制限措置を断行した翌日、韓国政府が日本全地域の旅行警報引き上げや査証(ビザ)効力停止などの「対抗カード」を取り出した。

#韓国の新型肺炎現況を見る


韓国外交部の趙世暎(チョ・セヨン)第1次官は6日午後の記者会見で、「9日0時に日本に対する査証免除措置とすでに発行した査証の効力を停止する」と明らかにした。査証発行過程に健康確認手続きが含まれ、今後、健康確認書を要請することもあると述べた。

また趙次官は「日本政府の韓国発入国者に対する指定場所での14日間待機要請に関し、韓国も日本から入国するすべての外国人に対して特別入国手続きを適用する」とし「韓国に対する感染症危険情報レベルを引き上げたことに対しては日本全地域を対象に旅行警報を2段階の『旅行自制』に引き上げる」と明らかにした。すべて9日0時に発効する措置だ。

ただ、政府は日本の空港離着陸制限と船舶運送中断に対しては在日韓国人の往来を勘案し、現在としては相応の措置を取らないと伝えた。その一方で「今後、総合的に判断して、韓国・日本路線が多い仁川(インチョン)・金浦(キンポ)・金海(キムヘ)・済州(チェジュ)空港のうち(離着陸中断など)相応の措置を取る」と余地を残した。

趙次官は今回の措置の背景について「日本国内の新型コロナ状況に関連して防疫対応の脆弱な部分が指摘され、疑問が提起されてきた点を勘案した」とし「海外メディアも報道したが、先進的で優秀な防疫システムを備えた韓国とは違い、日本は検査件数が我々とは比較できないほど顕著に少なく、感染状況も不透明な側面がある」と説明した。

日本政府は5日、韓国に対して今月末までにノービザ入国を停止させ、入国者は14日間の隔離対象になると発表した。隔離費用は個人負担原則であるため事実上の入国拒否措置に該当する。入国禁止地域も大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンブクド)から近隣地域7カ所に拡大した。

これに対し青瓦台(チョンワデ、大統領府)は6日午前、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長らが出席して国家安全保障会議(NSC)を開き「相互主義に立脚した措置を含めて対応策を検討する」と明らかにし、8時間後に韓国政府の相応措置が発表された。内容も日本の措置に一つずつ対抗する性格だった。

外交部の当局者は「日本の今回の措置は防疫レベルを超えて『外交的』性格の措置というのがわが政府の判断」とし「向こうが外交的措置を取っただけに、我々も外交的措置を取る」と語った。日本政府が防疫上の必要性よりも国内政治的な理由で韓国を不当に扱ったという結論を出したということだ。







●未来統合党院内代表「韓国入国禁止100カ国、世界から除け者に」
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
2020.03.06 16:03

未来統合党の沈在哲(シム・ジェチョル)院内代表は6日、新型コロナウイルスの感染拡大で「韓国人入国禁止」措置を取る国が増えていることについて、「新型コロナ事態で韓国人を入国禁止にした国が100カ国に達した」とし「地球村のあちこちで追い返される現実を見て国民は惨めな思いをしている」と述べた。

#韓国の新型肺炎現況を見る


沈院内代表はこの日、国会で開かれた党院内対策会議で「昨日は日本が事実上の入国禁止を発表し、オーストラリアも昨日夕方から入国を一時的に一週間禁止した」とし「コリアフォビア(忌避)の傾向を見ると、遠からず米国も加わるかもしれない。米国まで韓国人の入国を制限する場合、その被害は想像しがたい」と主張した。

そしてこれを「政府の外交失敗」と批判した。沈院内代表は「康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は入国禁止について『防疫能力がない国の大雑把な措置』と話した。なら、日本とオーストラリアも防疫能力ない後進国なのか」とし「これらの国々は外交よりも防疫と自国民の生命が優先だと叫ぶ。我々だけが中国を意識して門戸を開き、全世界から除け者にされている」と主張した。

同じ党の郭尚道(クァク・サンド)議員も「中国に露出してオーストラリアと日本までが韓国国民の入国を制限している」とし「初期の入国制限の失敗でコロナ感染者の急増を招いた無能な政府を糾弾するしかない」と述べた。

金秉準(キム・ビョンジュン)元自由韓国党(未来統合党の前身)非常対策委員長もこの日、ラジオ番組のインタビューで「いま国はコロナ事態でこのありさまだ。日本まで門戸を閉じて本当に国が閉鎖される状況だ」と主張した。

一方、与党・共に民主党は政府の防疫能力を強調し、速やかな補正予算案の処理を促した。民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表はこの日、党選挙対策委会議で「補正予算の生命は適時性だ。来週には必ず国会を通過しなければいけない」と述べた。李洛淵(イ・ナギョン)共同常任選挙対策委員長は「世界およそ80カ国に(新型コロナ感染事態が)広がっている。その対応をどこの国がうまくやって、どこの国がうまくできなかったかは近く見えてくるだろう」と話した。








●韓国、新型肺炎感染者483人増えて計6767人に…死者は2人増で計44人
2020/3/7(土) 10:51配信中央日報日本語版

韓国中央防疫対策本部が7日午前、7日0時基準の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者が6日0時基準に比べ483人増えた、と発表した。これで韓国国内の感染者は計6767人になった。死者は2人増えて計44人。

【関連記事】
仁川−成田・関西を除いて韓日航空路線がすべて中断
韓国政府「日本の防疫能力は疑問、韓国に来るなら9日からビザ必要」
未来統合党院内代表「韓国入国禁止100カ国、世界から除け者に」
韓国政府、「860人隔離」の中国には対応せず日本に激高する理由は?
韓国青瓦台「日本の入国制限に強い遺憾…相互主義に立った対応検討」
最終更新:3/7(土) 10:51
中央日報日本語版





●クルーズ船、21人陽性 米カリフォルニア沖―乗員1100人は船内隔離へ
2020年03月07日11時19分

クルーズ船「グランド・プリンセス」=2月28日、洋上(AFP時事)
クルーズ船「グランド・プリンセス」=2月28日、洋上(AFP時事)

 【ロサンゼルス時事】ペンス米副大統領は6日、新型コロナウイルスの集団感染が疑われ、カリフォルニア州沖で待機しているクルーズ船「グランド・プリンセス」の乗客乗員のうち21人から陽性反応が出たと発表した。46人を検査した結果、乗員19人、乗客2人が陽性だったという。船は商用でない港に入港し、全員が検査を受ける。
新型コロナ、2タイプか 感染力違う可能性―北京大

 船には、乗客乗員合わせて約3500人が乗っており、日本人4人(乗員1人、乗客3人)も含まれる。ペンス氏は記者会見で、約1100人の乗員について「船内で隔離される」という見通しを示した。乗客の収容施設は明言しなかった。
ヘリコプターで検査キットが届けられるクルーズ船「グランド・プリンセス」=米カリフォルニア州当局が5日公表(AFP時事)
ヘリコプターで検査キットが届けられるクルーズ船「グランド・プリンセス」=米カリフォルニア州当局が5日公表(AFP時事)

 これに先立ち、疾病対策センター(CDC)本部を視察したトランプ大統領は記者団に、米国内の感染者数に加えたくないため「乗船者は船内にとどまってもらいたい」と語った。
 グランド・プリンセスは、集団感染が発生して横浜港で乗客らを隔離した「ダイヤモンド・プリンセス」と同じ米カーニバル社の傘下企業が運航している。
 ハワイへの約2週間のクルーズ中、カリフォルニア州で死亡した感染者が2月に乗船していたことが明らかになり、予定を変更して出発地サンフランシスコの沖合に戻っていた。この感染者はサンフランシスコからメキシコに向かう前回のツアーに参加しており、他にも複数の前回参加者の感染が判明している。

【国際記事一覧へ】 【時事ドットコムトップへ】







●クルーズ船「グランド・プリンセス」号で21人の新型コロナ感染確認 乗船者3,500人に検査実施へ
2020年3月7日 土曜日 10:14 AM 編集部

プリンセス・クルーズ

プリンセス・クルーズが運航するクルーズ船「グランド・プリンセス」号で、新型コロナウイルスの感染者が確認された。

共同通信はホワイトハウスで記者会見したペンス副大統領の話として、乗員19人と乗客2人の計21人が感染しており、乗員乗客全員のウイルス検査を行う方針を示したと報じた。

「グランド・プリンセス」号は、2月11日から21日にかけて運航した、サンフランシスコ発着のメキシコクルーズに乗船していた2人の乗客が新型コロナウイルスに感染していたことがわかっている。1人が死亡し、もう1人も重篤な状態が続いているという。船はその後、ハワイクルーズに出発しており、一部日程を切り上げて、カリフォルニア州沖に停泊している。

アメリカ沿岸警備隊は現地時間5日午前にヘリコプターで検査キットを船に届け、船内の医療チームが検体を採取し、カリフォルニア州の検査施設に輸送した。プリンセス・クルーズによると、まず検査の対象となったのは、乗員乗客のうち45人だという。

「グランド・プリンセス」号は、バミューダ船籍のクルーズ船。1998年に建造し、2011年に改修した。乗客定員は2,606人。今回のクルーズには乗員1,111人、乗客2,422人の計3,533人が乗船中で、日本人を含む54国籍の乗員乗客がいるという。乗客にはインターネットと電話を無料提供し、室内に留まるよう求めている。食事はルームサービスで提供する。

プリンセス・クルーズでは、すでに3月7日からのハワイクルーズもキャンセルした。クルーズ料金や前後の航空機、ホテルなどの変更や払い戻し手数料などはケースバイケースで負担し、クルーズ料金の全額にあたる、今後利用できるクレジットを付与する。

プリンセス・クルーズは、カーニバル・コーポレーション傘下のクルーズ船運航会社で、多くの新型コロナウイルス感染者が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号も運航している。







●クルーズ船、集団感染の疑い カリフォルニア沖で検査 米

日本のクルーズ船対応批判を繰り返してきたアメリカが、いざ自分の番になったら
どのような対応をするのか見ものだな。
船客を船からおろしても、3500人分もの個室の隔離場所自体が不足するし、
また隔離場所内や隔離した病院内や周辺地域での感染拡大が予想される。
日本方式で船客を降ろさない場合だと、日本同様に船内で
感染が拡大するだろうから、それも批判されることになる。
「おろすも地獄、おろさずも地獄」
といったところか。



2020/3/6(金) 17:30配信時事通信
クルーズ船、集団感染の疑い カリフォルニア沖で検査 米
米西部カリフォルニア州の沖合で、検査キットが届けられるのを待つクルーズ船「グランド・プリンセス」=5日に同州当局が公表(AFP時事)
 【ロサンゼルス時事】約3500人を乗せたクルーズ船「グランド・プリンセス」に新型コロナウイルスの集団感染の疑いがあり、米西部カリフォルニア州などは5日、この船を沖合に待機させて乗客・乗員の検査を始めた。

【写真】「グランド・プリンセス」の船内で、検査の準備をする医療関係者ら

 日本はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で発生した集団感染への対応で国際的な批判を浴びたが、今度は米国の手腕が試される。

 グランド・プリンセスは、ハワイへの約2週間のツアーに出ていたが、船を下りた乗客に感染者がいたことが発覚し、予定を変更してサンフランシスコ近くまで戻った。サンフランシスコ市によると、35人がインフルエンザのような症状を呈したが、既に回復した人も多いという。

 ダイヤモンド・プリンセスと同じ米企業が運航しており、同社によると、乗客2422人、乗員1111人で、乗船者の国籍は54カ国に上る。乗客3人・乗員1人の計4人の日本人も含まれる。検査キットは5日朝にヘリコプターで船に届けられ、45人から採取したサンプルが州内の検査施設に送られた。結果は6日に判明する見通し。 

【関連記事】
新型肺炎で謝罪不要 「中国も被害者」―外務省報道官
新型コロナ、2タイプか 感染力違う可能性―北京大
新型コロナ、報告の数倍以上か 拡大時の重症者数推計も―感染研
ライブ参加者の感染相次ぐ 秋田、山梨では初確認―新型コロナ
【解説】新型コロナウイルスの流行はどのくらい深刻なのか?
最終更新:3/7(土) 8:10
時事通信





●韓国の新型コロナ感染者 309人増え6593人に=死者43人
2020/3/6(金) 17:17配信聯合ニュース

韓国の新型コロナ感染者 309人増え6593人に=死者43人
仁川空港で出国者の検温をする軍関係者(資料写真)=(聯合ニュース)
【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国の中央防疫対策本部は6日、この日午前0時から午後4時までに新たに309人の感染が確認されたと発表した。韓国での感染者数は計6593人。新型コロナウイルスによる死者は午前の発表と同じ43人だった。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

【関連記事】
日本の入国制限は「非友好的な外交措置」 強硬対応へ=韓国外交部
入国制限で韓国「大混乱」 日本への就職・入学できず
日本の入国制限に抗議 韓国外相が異例の駐韓大使呼び出し
ソウルの新型コロナ感染者 1人増にとどまり計106人
文大統領の支持率44%に上昇 新型コロナ対応に肯定的評価も
最終更新:3/6(金) 17:17
聯合ニュース





●2020/03/06(金) 11:08

米ハワイからカリフォルニア州サンフランシスコに帰港する予定だったクルーズ船「グランド・プリンセス」の乗員・乗客のうち少なくとも21人に新型コロナウイルスの感染が疑われる症状が見られ、検査のために入港を遅らせている。同州のニューソム知事が4日、明らかにした。

乗客11人と乗員10人が新型ウイルスの感染が疑われる症状を訴えているという。

ニューソム知事は「数千人を乗せたクルーズ船を沖に足止めしている」と述べ、これから検査をすると説明した。

検査キットはクルーズ船に空輸され、検体もサンフランシスコのベイエリアにある州の研究所に空輸されるという。検査の結果は数時間以内に判明すると知事は話した。

同じクルーズ船が2月にサンフランシスコ━メキシコ間を運航した際の乗客2人がその後、発症して検査で陽性が確認された。このうち高齢の男性が今週死亡。カリフォルニア州で最初の死者となった。

ニューソム知事によると、もう1人も症状は重い。2人とも乗船中に感染したと衛生当局者らはみている。

州の衛生当局者らと米疾病対策センター(CDC)が協力し、前月の乗客約2500人と連絡を取ろうとしているという。

検査の結果次第では、クルーズ船はサンフランシスコ以外の港に向かう可能性もある。

2020年3月5日(木)19時59分
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/03/post-92626_1.php
https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2020/03/newsweek_20200305_195929-thumb-720xauto-187207.jpg

関連スレ
【ダイプリの悲劇再び】米国のクルーズ船「グランド・プリンセス」で乗客乗員20人に新型コロナウイルス感染症状 1人死亡 ★7
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1583406931/

★1が立った時間 2020/03/06(金) 08:10:39.20
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1583454601/





●韓国の新型コロナ感染者、518人増加し6284人に
2020/3/6(金) 10:50配信WoW!Korea

韓国の新型コロナ感染者、518人増加し6284人に
韓国の新型コロナ感染者、518人増加し6284人に(提供:news1)
韓国の新型コロナウイルス感染症中央防疫対策本部は6日0時基準、感染者数が6284人に増えたと発表した。前日(5日)0時基準で518人増え、統計が最後に発表された5日午後4時以降、196人追加された。

 新型コロナが韓国に流入してから46日で、感染者数が6300人に迫っている。なお、現時点での死亡者数は43人と発表されている。

 一方、この日0時基準、感染の疑いのある患者数は15万8456人で、そのうち13万6624人が陰性判定を受けて隔離を解除した。検査中の人は2万1832人。

Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

【関連記事】
[速報]韓国の新型コロナ感染者 518人増え計6284人=死者47人
韓国の感染者が6千人超 5日間で2倍に=死者40人
韓国の新型コロナ感染者 322人増え6千人超=死者40人
新型コロナ感染者、韓国で6千人超え=322人増え計6088人
最終更新:3/6(金) 10:50
WoW!Korea






●首相、中韓入国者へ「14日間待機」を正式表明 公共交通機関の使用自粛も要請
毎日新聞2020年3月5日 21時19分(最終更新 3月5日 22時56分)

 安倍晋三首相は5日、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、中国と韓国からの入国者全員に対して14日間、検疫所長が指定した場所での待機と、日本国内での公共交通機関の使用自粛を求めると表明した。日本人も対象で、9日午前0時から3月末まで実施する。中国人と韓国人に対しては、発行済みの査証(ビザ)の効力を停止し、入国者数の抑制に乗り出す考えも明らかにした。品薄となっているマスクについては、転売行為の禁止措置も表明した。

 首相は中国・韓国からの入国者を待機させる措置については「感染拡大を防止し、国民の不安感を解消するため」と説明。実際には、それぞれが申告した場所での待機を要請するが、強制力はないという。政府は現時点で、法的根拠を明確にしていない。

 日本政府観光局によると、2019年の1年間で、中国からの訪日客は約959万人、韓国からは約558万人。入国者数を抑えるため、両国から日本にやって来る航空機の受け入れは千葉県の成田空港と大阪府の関西国際空港の2カ所に限定するとともに、両国と日本を結ぶ旅客船の運航停止も要請する。

 感染が拡大している韓国の慶尚北道などの一部地域やイランの中部コム州などに滞在歴のある外国人を新たに入国拒否の対象とすることも発表した。入国拒否の対象地域の追加は、7日午前0時に行う。

 日本は既に、過去14日以内に中国の湖北、浙江両省に滞在した外国人と、両省発行の旅券を持つ人の入国を拒んでいる。韓国に対しても大邱市と慶尚北道清道郡に滞在歴のある外国人の入国を拒否しているが、両国の全土を対象にした措置はとっていなかった。

 中国の北京、上海の両市などは、日本からの渡航者を14日間隔離することを決めている。ビジネスや留学などに大きな影響が生じることが予想されており、日本の今回の対応は「事実上の対抗措置」(政府関係者)となる。

マスク転売も禁止へ
 一方、首相は「インターネットでマスクが取引される事例が報告され、マスクの品薄状態に拍車を掛けているとの指摘がある」と強調し、国民生活安定緊急措置法に基づき、マスクの転売行為を禁止する方針を表明した。同法は1973年の第1次石油危機を受けて制定されたもので、同法に基づいて転売禁止措置を講じるのは初めて。特定の業者や個人がマスクを大量に買い占めて高額転売する行為を防ぐ狙いがあり、違反した場合には罰則を科す方針だ。

 これに加え、布製マスク2000万枚を国が一括購入して介護施設などに配布。医療機関向けマスクは、海外からの輸入を拡大して1500万枚を確保し、必要な医療現場に優先配布する方針だ。【堀和彦、村田拓也】





●外務省、韓国全土を渡航自粛に引き上げ
2020/3/6(金) 0:30配信毎日新聞
外務省、韓国全土を渡航自粛に引き上げ
外務省=2019年5月10日、米田堅持撮影
 外務省は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、大邱市など一部地域を除く韓国全土の感染症危険情報をレベル1(渡航に十分注意)から、レベル2(不要不急の渡航自粛)に引き上げた。大邱市や慶尚北道の一部地域は、既に渡航中止を勧告するレベル3にしている。今回の引き上げで韓国全土がレベル2以上となった。

 在留邦人や日本人旅行者の多いソウルや釜山も含まれるため、日本人が一時帰国するなど大きな影響が出る可能性もある。外務省は、韓国全土で新規感染者が増加し、感染率も高いと説明している。【田所柳子】

【関連記事】
<首相、中韓入国者へ「14日間待機」表明>公共交通機関の使用自粛も
<なぜ北海道の感染多い? >観光だけではない"特殊事情"
<入手しづらい「消毒用エタノール」代用は?>
<マスク品切れ>不織布マスク、繰り返し使う方法は?
<セブンイレブン店舗でマスク高額販売>1箱が「1万6900円」
最終更新:3/6(金) 4:56
毎日新聞





●韓国の新型コロナ感染者5766人に 1日で438人増=死者36人
2020/3/5(木) 11:59配信聯合ニュース
韓国の新型コロナ感染者5766人に 1日で438人増=死者36人
新型コロナウイルス感染者のいる病棟に向かう医療スタッフ(資料写真)=(聯合ニュース)
【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国の中央防疫対策本部は5日、この日午前0時現在の韓国での感染者数は計5766人だと発表した。感染者は前日午後4時の時点から145人増え、前日午前0時の時点からは438人増えた。

 死者は計36人となった。5日午前0時時点で前日の同時刻の32人から3人増え、慶尚北道でさらに1人の死亡が確認された。

 新たに感染が判明した438人のうち407人は南東部の大邱市とその周辺の慶尚北道で確認された。内訳は大邱市が320人、慶尚北道が87人。その他の地域の新規感染者数はソウル市が4人、光州市が1人、大田市が1人、京畿道が9人、江原道が2人、忠清北道が1人、忠清南道が4人、慶尚南道が9人、済州島を行政区域に持つ済州道が1人。釜山市ではこの日、報告ミスにより感染者が1人減少した。

 累計の感染者数は大邱市が4326人、慶尚北道が861人。合わせて5187人で、感染者全体の約9割を占める。ソウル市は103人と、100人を超えた。その他地域は京畿道が110人、釜山市が92人、忠清南道が86人、慶尚南道が74人、蔚山市が23人、江原道が23人、大田市が16人、光州市が14人、忠清北道が12人、仁川市が9人、全羅北道が7人、全羅南道が5人、済州道が4人、世宗市が1人となっている。

 感染者のうち、女性は3617人で62.7%を占める。

 感染者を年齢層別にみると、20代が1727人で最も多く、次いで50代が1127人、40代が847人、60代が699人、30代が659人、70代が288人、10代が257人、80歳以上が124人、0〜9歳が38人。

 新たに亡くなった4人は60代女性と80代女性、70代男性、60代男性。

 60代女性は新型コロナウイルスによる肺炎が直接の死因となり、80代女性は心臓肥大などを患っていた。70代男性は高血圧や糖尿、60代男性は高血圧や糖尿、高脂血症などの持病があった。

 完治して隔離を解かれた感染者は47人増え、計88人となっている。

 一方、感染の有無を調べるためこれまでに検査を受けた人(感染者除く)は14万775人で、このうち11万8965人は陰性だった。残り2万1810人は現在検査中だ。

 中央防疫対策本部は、午前10時(同0時時点)と午後5時(同4時時点)の1日2回、新型コロナウイルスの感染者数を発表している。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

【関連記事】
ばんそうこう姿で奔走 コロナ現場の看護将校「市民守る」=韓国
大企業で「在宅勤務」延長・拡大相次ぐ 社員食堂についたても=韓国
韓国からの入国制限が96カ国・地域に 国連加盟国のほぼ半数
ベトナムで276人隔離 韓国政府が支援チーム派遣
新型コロナの検査機関計115カ所 検査件数は13万件超=韓国 
最終更新:3/5(木) 11:59
聯合ニュース






●排せつ物で新型肺炎感染の恐れ 中国、注意呼び掛け
2020/3/4(水) 17:11配信共同通信
 【北京共同】中国政府は4日、新型肺炎の診療方針を一部改定して公表し、排せつ物からの感染もあり得ると注意を呼び掛けた。またウイルスの遺伝子を増幅して有無を調べる検査に加え、血中からウイルス抗体が検出されれば感染確定の診断を下せるよう変更した。子どもや新生児に特徴的な症状も追加した。

 改定は3日付。「飛沫」「濃厚接触」「密閉空間における空気中を漂う微粒子『エーロゾル』」による感染のほか、尿や大便からウイルスが検出されており、接触やエーロゾル感染の恐れがあるとした。

 2月下旬に日本感染症学会と日本環境感染学会がまとめた文書も同様の指摘をしている。

【関連記事】
ジム経営者「休めば倒産も、首相は責任取れるのか」
早朝、薬局で並ぶ女性に…男性がマスク譲り立ち去る
京都の感染女性はマクドナルド店員 マスク着用なし
埼玉の美容サロンでマスク6400枚盗まれる
アリババが日本にマスク寄付 恩返しに100万枚
最終更新:3/4(水) 17:48
共同通信






●韓国の感染者5328人に 死者32人 新型肺炎
2020/3/4(水) 11:23配信産経新聞
 【ソウル=名村隆寛】韓国政府は4日、新型コロナウイルスの感染者が新たに516人確認され、計5328人になったと発表した。死者数は計32人。

 感染者は南東部の大邱(テグ)だけで4000人を超えている。韓国ではすでに13万5000人以上が感染の有無を調べる検査を受けている。

【関連記事】
正恩氏妹が初談話 文政権非難「3歳児並み」
文大統領、日本の譲歩得られず“大失敗”「もう反日は通用しなくなる」
東京五輪を中止させたいのか 新型肺炎で韓国メディアが見せる本音
集団感染の韓国教団教祖が謝罪 ソウル市は殺人などの疑いで告発
文大統領に危機! 新型肺炎拡大止まらず “弾劾”請願に94万人賛同
最終更新:3/4(水) 11:33
産経新聞





●韓国の新型コロナ感染者 374人増え5000人超
2020/3/3(火) 17:19配信聯合ニュース
韓国の新型コロナ感染者 374人増え5000人超
3日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、韓国南西部の光州市全域で一斉に防疫作業が実施された(資料写真)=(聯合ニュース)
【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国の中央防疫対策本部は3日、この日午前0時から午後4時までに新たに374人の感染が確認されたと発表した。韓国での感染者数は計5186人。

 韓国では1月20日に初めて新型コロナウイルスの感染が確認された。感染者数は2月26日に1000人、同28日に2000人を上回り、翌29日に3000人を突破。3月2日午前の発表で4000人を突破した。

Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

【関連記事】
韓国からの入国制限 89カ国・地域に=増加に歯止めかからず
集団感染の宗教団体 ソウル市が法人許可取り消しへ=「公益害す」
集団感染の宗教団体 大邱の検査済み信者62%が陽性=韓国
マスク供給できず「恐縮」 政府の全組織を24時間体制に=文大統領
東京公演のチョン・ミョンフン氏が自宅待機 伊での指揮辞退=新型コロナで
最終更新:3/3(火) 17:46
聯合ニュース






●韓国感染者、4200人超 新型コロナウイルス
2020/3/2(月) 11:49配信時事通信

 【ソウル時事】韓国保健福祉省は2日、新型コロナウイルスの感染者が前日から476人増え、計4212人になったと発表した。

 死者は22人。保健当局が3万3000人以上に対して感染の有無を検査しているという。

 新興宗教団体信者の集団感染が発生した南部の大邱市や慶尚北道だけで3700人以上が感染。ただ、首都圏でもソウルで91人、京畿道で92人が感染するなど、各地に拡散する勢いを見せている。 

【関連記事】
日本批判、次は自国へ 「対岸の火事」終わる―新型肺炎・クルーズ船隔離
【解説】新型コロナウイルスの流行はどのくらい深刻なのか?
【写真】マスクの出品についてメルカリが発表したコメント=2月4日
【写真】インターネットで公開されているガーゼで作る立体マスクの型紙と完成例
高アルコール酒が品薄に 消毒液代用で需要増か―新型コロナ
最終更新:3/2(月) 12:18
時事通信






●韓国の新型コロナ感染3150人に 1日で800人以上増加
2020/2/29(土) 17:57配信テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

[ 前の映像 | 次の映像 ]
 韓国では新型コロナウイルスの感染者が29日だけで814人増え、合わせて3000人を超えました。死者も17人に上っていて、感染者の増え方が中国よりも速くなっています。

 韓国保健当局のまとめによりますと、午後4時現在の感染者は3150人で、一日で814人増えました。感染者が3000人を超えたのは中国に続いて2カ国目です。感染者の8割以上は南東部の大邱(テグ)とその周辺で確認されていて、集団感染が発生した新興宗教団体の信者や関係者が多数を占めています。また、大邱市内の病院では29日に入院中に感染が確認さた70代の男性が死亡し、死者は合わせて17人になりました。
【関連記事】
韓国全土に危険情報レベル1…渡航は注意を 外務省
韓国で新たに3人死亡 死者・感染者の拡大止まず
韓国の感染者が急増 一日で571人増え2337人に
韓国軍、米軍との合同軍事演習を延期 感染拡大受け
韓国で新たに334人感染 多くが宗教団体の信者か
最終更新:2/29(土) 18:03
テレビ朝日系(ANN)






●どうにも止まらない韓国での「新型コロナ感染」! 3日連続の500人台で3千人に肉迫!
辺真一 | ジャーナリスト・コリア・レポート編集長
2020/2/29(土) 13:33

感染者が出た駐韓米軍基地周辺での発熱検査(出所:駐韓米軍司令部)

日本では新型コロナウイルス感染者の数は2月29日午前9時現在、前日よりも20人増え220人。死亡者は1人増え、5人となった(クルーズ船の感染者は705人、死亡者6人)。

一方、韓国は午前9時の韓国の中央防疫対策本部の発表によると、韓国では昨日の午後4時から今朝9時の間に新たに594人の感染者が出た。これにより、29日午前9時現在、韓国の感染者は延べ2千931人に達した。韓国では夕方(午後4時)に2度目の検査結果が発表されることになっているが、3千人を突破するのは時間の問題となった。

感染者の増加がが二桁で推移している日本とは異なり、9日連続の三桁台、それも27日からは3日連続で500人台(27日=505人、28日=571人)の感染者を出してしまった。

新規感染者594人のうち、536人は集団感染が発生している大邱市(476人)及び慶尚北道(60人)から出ており、全感染者(2千931人)のうち大邱・慶尚北道だけで2千524人に上る。

残り58人の内訳は最も多いのが忠清南道で13人、続いて首都・ソウルと第二の大都市・釜山の12人。以下、慶尚南道10人、京畿道4人、蔚山3人、仁川2人、忠清北道1人、全羅南道1人となっている。

これにより、累計でソウル74人、釜山77人、京畿道77人、慶尚南道59人、忠清南道48人、蔚山17人、大田14人、そして忠清北道は10人となった。(29日午前9時基準)

死亡者は3人増え、合計で16人、新たな死亡者は70歳、94歳、63歳のいずれも大邱市在住の女性である。

韓国ではPCR検査を受けた人の数は感染者を除いてすでに8万2762人に達している。大邱市での集団感染場となった宗教団体「新天地イエス教会」の信者8千269人のうち、大邱市最初の感染者で、集団感染の感染源とみられている61歳の韓国人女性と濃厚接触した1千人及び症状が出ている1千193人の検査もすでに終えている。残りの約6千75人に対しても検査を行っており、週末には検査結果が出る予定である。

なお、感染者が20人以上にいる主な国と地域の発症状況(2月29日午前9時現在)は以下のとおりである。※()は2月26日午前9時基準

中国    79251人(78190人) 死亡者2835人(2718人)

イタリア    888人(322人)   死亡者21人(10人)

イラン     388人(95人)    死亡者34人(15人)

シンガポール   96人(91人)

香港       94人(80人)    死亡者2人(2人)

米国       60人(17人)

ドイツ      47人(17人)

クウエート    45人

タイ       40人(37人)

フランス     38人(14人)    死亡者2人(1人)

バーレン     36人(23人)

台湾       34人(31人)    死亡者1人(1人)

スペイン     25人

マレーシア   24人(22人)







●韓国、コロナ新規患者256人追加…感染者は計2022人
2020/2/28(金) 10:06配信中央日報日本語版
韓国中央防疫対策本部によると、28日午前基準で韓国の新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の感染者が新たに256人増え、国内感染者が計2022人となった。

【関連記事】
「コロナ、パンデミックの3つの条件に合致」専門家が挙げる証拠は「韓国」
コロナで憤った民心「文大統領弾劾」請願100万超
【コラム】国全体がセウォル号だ=韓国
世界の所々で韓国人が拒否されているのに…韓国外交部長官は韓国に不在
元米FDA局長、「新型肺炎、日本は韓国ほど検査していない」
最終更新:2/28(金) 10:06
中央日報日本語版






●新型コロナウイルス、感染者が確認された国と地域(28日3時現在)
2020/2/28(金) 5:34配信AFP=時事
新型コロナウイルス、感染者が確認された国と地域(28日3時現在)
新型コロナウイルスによる死者(赤)と感染者(灰色)が確認された国・地域(2020年2月28日午前3時現在)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】中国中部・湖北(Hubei)省武漢(Wuhan)市を中心に、昨年末から感染が広まっている新型コロナウイルス。中国本土ではこれまでに7万8000人以上の感染を確認、2740人以上が死亡。世界全体での感染者数は8万2560人、死者数は2813人となっている。

【写真】電子顕微鏡が捉えた新型コロナウイルス

 中国本土以外でこれまでに感染者が確認された国と地域を、以下にまとめた。

<アジア太平洋地域>

■韓国:1766人

■日本で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス(Diamond Princess)」:705人

■日本:187人

■シンガポール:96人

■香港:91人

■タイ:40人

■台湾:32人

■マレーシア:24人

■オーストラリア:23人

■ベトナム:16人

■マカオ:10人

■インド:3人

■フィリピン:3人

■パキスタン:2人

■カンボジア:1人

■スリランカ:1人

■ネパール:1人

<欧州>

■イタリア:650人

■ドイツ:26人

■フランス:18人

■スペイン:17人

■英国:15人

■ロシア:5人

■オーストリア:4人

■スイス:4人

■クロアチア:3人

■ギリシャ:3人

■スウェーデン:2人

■フィンランド:2人

■北マケドニア:1人

■ジョージア:1人

■ノルウェー:1人

■ベルギー:1人

■ルーマニア:1人

■デンマーク:1人

■エストニア:1人

<中東>

■イラン:245人

■クウェート:43人

■バーレーン:36人

■アラブ首長国連邦(UAE):13人

■イラク:6人

■オマーン:4人

■イスラエル:3人

■レバノン:3人

■アフガニスタン:1人

<北米>

■米国:60人

■カナダ:11人

<アフリカ>

■エジプト:1人

■アルジェリア:1人

<南米>

■ブラジル:1人

【翻訳編集】 AFPBB News

【関連記事】
【解説】世界に広がる新型コロナウイルス、検出システムの問題浮き彫りに
新疆ウイグル自治区、新型コロナ対策で飢餓発生 収容施設で流行の恐れも
東京五輪は「予定通り実施」、新型ウイルス懸念も組織委が見解
ジブラルタル、日本からの入境禁止 欧州では初か
英五輪委「東京を支持」 ロンドン代替開催否定
最終更新:2/28(金) 5:46
AFP=時事





●2020/02/27(木) 10:09
韓国中央防疫対策本部によると、27日午前基準で韓国の新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の感染者が新たに334人増え、
国内感染者が計1595人となった。
https://s.japanese.joins.com/JArticle/263046?servcode=400§code=400









●新型肺炎、最初の発生源はどこ? 深まる謎 「海鮮市場ではない」中国政府系機関が分析

2020/2/26(水) 19:55配信

産経新聞

 【北京=西見由章】新型コロナウイルスの最初の発生源は中国湖北省武漢市の華南海鮮市場で取引されていた野生動物だ−。そうした中国当局による従来の見解が揺らいでいる。政府系の機関が、ウイルスは別の地域から同市場に流入したとの分析結果を示したためだ。ただ「最初の感染者」がどこでどのように生まれたのかを突き止める手掛かりは少なく、謎が深まっている。

 中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園(雲南省)などが26日までに公表した論文によると、中国など12カ国で採取された新型コロナウイルスの遺伝子情報を分析した結果、華南海鮮市場で検出されたウイルスは別の地域から流入していたことがわかった。早ければ11月下旬には別の場所で「人から人」感染が始まっていた可能性があると指摘。その後、同市場を拠点に感染が拡大するルートもできたと分析した。

 こうした見方は、武漢市の医師らが1月、英医学誌「ランセット」に公表した論文と符合する。論文は、12月1日に発症した最初の患者をはじめ、当初確認された感染者41人のうち14人が市場とは無関係だったと指摘。ウイルスの自然宿主であるコウモリも同市場で取引されていないとした。

 発生源はどこなのか。香港メディアなどによると、華南理工大(広東省広州)の肖波濤(しょう・はとう)教授は今月6日、研究者向けサイトに投稿した論文で、同市場から280メートルの近距離にある武漢疾病予防コントロールセンターからウイルスが流出した可能性を指摘した。

 論文によると、同センターでは浙江省などで600匹以上のコウモリを実験用に捕獲。研究員1人がコウモリに攻撃されてその血液が皮膚に付着したり、尿が体にかかったりしたことがあり、その都度14日間の自主隔離を行ったという。サンプルや汚染されたごみがウイルス流出の原因になったとの見方を示した。

 ただこの論文はその後、サイトから削除された。中国外務省の耿爽(こう・そう)報道官は20日、ウイルスが「実験室から流出した」「生物兵器として開発された」などとする説について「世界の著名な専門家たちは全く科学的根拠がないと認識している」と述べている。
.



【関連記事】
恐怖の電車通勤…新型肺炎“丸腰”サラリーマンはどうすれば!?
正恩氏に「重病説」浮上! 北は厳重すぎる警戒もすでに感染拡大か
新型肺炎、日本縦断「感染爆発」警戒! 「スーパースプレッダー」出現も
新型コロナ、自殺した職員らに帰国者から寄せられた苛烈怒号
京都、大阪、奈良ガラガラ… 新型肺炎影響、ホテルは70〜80%値引き


最終更新:2/27(木) 1:00
産経新聞








●日本が「中国人入国禁止」にできない3つの事情
2020/2/26(水) 7:40配信東洋経済オンライン

日本が「中国人入国禁止」にできない3つの事情

中国で新型肺炎が拡大し、日本の成田空港でも入国者の体温を感知器でチェックするなど、警戒が続いている(写真:AP/アフロ)
 日本の新型コロナウイルスの感染者数が100人を超え、客船「ダイヤモンド・プリンセス」での感染者を除いても、中国・韓国に次ぐ数の感染者が確認されている。そして、いま懸念されているのは日本国内でウイルスが蔓延し、すでに感染拡大が起こっているのではないかということだ。

 日本における新型コロナウイルスの感染状況が、新たな段階に入ったことは明らかだ。ただ理解しがたいのは、2月23日現在、日本がいまだに中国からの全面的な入国禁止措置をとっていないことである。

 台湾では2月上旬から、中国大陸在住の中国人の入国を全面的に禁止している。日本の対策はなぜ台湾と異なるのか。

■新型肺炎対策を鈍らせる3つの要因

 それには3つの要因が考えられる。1つは、中国からの観光客が日本のインバウンド市場において最大の消費者だということだ。2020年4月には習近平国家主席の来日が予定され、7月には東京オリンピックを控えている。この3つこそが安倍政権の「決断」を鈍らせる原因であり、日本の新型肺炎対策の詰めの甘さを招いているのではないだろうか。

 日本政府観光局(JNTO)によると、中国からの訪日観光客数は2015年に韓国と台湾を抜いて1位に躍り出た。その後、中国人観光客数は増加の一途をたどり、2019年には延べ959万人が日本を訪れたという。これは訪日外国人観光客の30%を占めており、2位の韓国18%、3位の台湾15%を大きく引き離している。

 中国からの訪日客は、数の多さだけでなく、消費力もすさまじい。中国人観光客の日本における旅行消費額は2018年に1.5兆円にのぼった。これは全体の34%を占める数字だ。言い方を変えると、2014年に安倍首相が打ち出した「観光立国政策」に、中国が大きな貢献をしたということだ。そんな上客を軽くあしらうことなどできるだろうか。

 もし中国人を入国禁止にしたならば、日本の観光産業が受ける影響は計り知れない。これが中国人の全面的な入国禁止措置に踏み切れない大きな要因だと考えられる。

 また、4月に習近平国家主席の国賓としての来日が予定されている。2月末には最終調整のため、中国の外交担当トップである中国共産党中央政治局委員の楊潔篪(よう・けつち)氏も来日することになっている。安倍政権が中国人を入国禁止にしないのは、習主席の訪日前に両国の友好ムードに水を差したくないからではないか。これは日本のメディアからも指摘されている。

そして、7月に開幕する東京オリンピックである。東京オリンピックも安倍政権が推し進める観光立国政策の重要な柱だ。日本政府は、中国人の入国禁止がオリンピックを含めた今後のインバウンド需要にどう影響するかを試算したはずだ。なお、オリンピックの延期や中止の検討については、2月13日に大会組織委員会の森喜朗会長が「政府と連携し、冷静に対応する」と述べるにとどまった。

■中国人依存度の高さが忖度を招く

 日本はなぜこうも、中国や中国人観光客に忖度するのか。シンガポール国立大学東南アジア研究所のルパック・ボラ客員研究員は、香港の『サウスチャイナ・モーニング・ポスト』上で、日本のインバウンド市場が抱えるリスクについて警告している。それは中国人観光客への依存度の高さだ。

 中国からの訪日客は日本に大きな利益をもたらしているが、同時に両刃の剣になりうる。日中両国の政治的な友好ムードが崩れたら、中国人観光客は中国政府にとって日本に経済的ダメージを与えるための武器となるだろう。

 ボラ氏の警告には根拠となる前例がある。アメリカが2017年、在韓米軍に地上配備型ミサイル迎撃システム「THAAD」(サード)を配備したときのことだ。韓国にとってTHAAD配備は、北朝鮮の弾道ミサイルへの対抗策となるはずだったが、意に反して中国からの激しい反発を招いてしまった。韓国へのTHAAD配備を受け、中国政府は中国人の韓国への渡航を規制した。この措置は韓国の訪韓観光市場に大打撃を与え、事実上の経済制裁となった。

 台湾総統選の半年前である2019年7月には、中国政府は大陸から台湾への個人旅行を禁じ、台湾の旅行業界にも大きな損失を与えた。この中国への過度な依存が、日本が中国に忖度するに至った根源ではないだろうか。

 新型コロナウイルス対策における日本と台湾の初動を比較すると、大きな違いがあることがわかる。台湾の厚生労働省に相当する衛生福利部は、1月25日に中国大陸からの入国と入国許可申請の受け付け停止を決めた。
 一方、日本は2月1日になってようやく中国からの入国を条件付きで制限し始めた。しかも、入国禁止となるのは過去2週間以内に湖北省への滞在歴があるか、湖北省発行のパスポートを所持している外国人のみだ。その後、浙江省への滞在歴がある外国人も入国禁止措置の対象となった。2月23日現在、全面禁止措置はとられていない。

 そのような中、日本国内では感染経路が不明な感染者の報告例が相次いでいる。このような状況を見て、訪日外国人第3位の台湾では2月14日に「日本では市中感染がすでに発生している可能性がある」として渡航警戒レベル3段階のうち最も低い「1(注意)」を発布。さらに22日に警戒レベルを「2(警戒)」に引き上げ、現地では日本への渡航を自粛するムードが漂っている。

 台湾からの訪日客も減少すれば、日本のインバウンド市場にはさらなる影響が出る可能性があるだろう。(台湾「今周刊」2020年2月15日)

台湾『今周刊』

【関連記事】
新型肺炎を武漢で真っ先に告発した医師の悲運
死者1万人超、アメリカで「インフル猛威」のなぜ
武漢にできた新型肺炎「コンテナ病院」の全容
新型コロナウイルス「生物兵器論」は本当なのか
新型肺炎を告発「34歳医師」死去で中国に大衝撃
最終更新:2/26(水) 7:40
東洋経済オンライン










●新型ウイルス中国研究機関から流出?
2020/2/25(火) 10:59配信Japan In-depth
新型ウイルス中国研究機関から流出?
コロナウィルス3Dアニメーション
【まとめ】
・新型ウイルス、武漢の国立ウイルス研究機関から流出した疑い。
・中国研究の米人学者、NYの新聞に寄稿。
・ウイルスが人間への接触で同実験室から外部に流出した可能性有。

新型ウイルス中国研究機関から流出?
スティーブン・モシャー(Steven W. Mosher)氏
アメリカのベテラン中国研究学者が武漢市で発生した感染症の新型コロナウイルスは同市内にある国立のウイルス研究機関から流出した疑いが濃いという趣旨の論文を2月下旬、米国の新聞に発表した。中国政府はこの説を否定しているが、発生源についての具体的な情報を明らかにしてもいない。

1970年代から中国に頻繁に滞在して、各地方の人口動態や社会状況を研究してきたアメリカ人学者のスティーブン・モシャ―氏はニューヨークの有力新聞「ニューヨーク・ポスト」2月22日付に「異様拡散したコロナウイルスは中国のウイルス実験所から流出した公算が強い」と題する寄稿論文を発表した。

新型ウイルス中国研究機関から流出?
センザンコウ
同氏はこの論文で今回の新型コロナウイルスは武漢市内にある国立のウイルス研究実験機関の「国立生物安全実験室」(中国語での正式名称は中国科学院武漢国家生物安全実験室)から流出された確率が高い、と強調していた。
国立生物安全実験室は同じ武漢市内にある「中国科学院武漢ウイルス研究所」(中国の公式名称は中国科学院武漢病毒研究所)の付属機関で、ウイルスでも最も危険度の高いレベル4を扱う研究施設とされている。

新型コロナウイルスの流出や拡散についてはモシャ―氏は実験室での研究員が意図せずに衣服などにつけて外部へ流出したか、ウイルス感染の動物を外部に出したという可能性をあげていた。同氏はこの実験室からの流出説の根拠として以下の諸点をあげていた。

●中国政府の科学技術省が2月中旬に「新型コロナウイルスのような高度のウイルスを扱う微生物実験室の生物安全保障の強化に関する指令」を出した。これほど高度のウイルスを扱う研究機関は中国全土でもきわめて少なく、武漢の生物安全実験室はその一つである。

●人民解放軍の高度ウイルス使用の生物戦争の最高権威で細菌学者の陳薇少将が1月に武漢へ派遣された。陳少将は軍内部でこれまでSARS(重症急性呼吸器症候群)やエボラ熱、炭素病はじめコロナウイルスの研究しており、武漢の生物安全実験室との関係が深い。

●中国当局は武漢の海鮮物市場からコロナウイルスが発生したという説を流しているが、当初の感染者たちはいずれも同市場に足を踏み入れたことがなかった。同市場で売買されたコウモリが発生源という説もあるが、この市場では当時、コウモリは売られていなかった。

●センザンコウと呼ばれるアリクイが発生源ともいわれたが、当時の同市場ではセンザンコウも取引されていなかった。ヘビが感染媒体だという説も流れたが、ヘビは一般にコロナウイルスに感染することがない。






●韓国 感染者977人に ムン大統領 感染者集中の南部訪問
2020年2月25日 18時54分

韓国では新型コロナウイルスの感染者が970人を超え、死者の数は10人になりました。ムン・ジェイン(文在寅)大統領は、感染者が集中している南部のテグ(大邱)を訪問し、感染の拡大に歯止めをかけるため対応に全力をあげると強調しました。

韓国のムン・ジェイン大統領は25日午後、新型コロナウイルスの感染者が集中している南部のテグを訪問し、現地の病院などで報告を受けました。

そして、地元の市長らと対応を協議し「今週中に感染者の増加傾向に明確な転換点を作り出さなければならない」と述べ、感染の拡大に歯止めをかけるため、対応に全力をあげると強調しました。

韓国ではテグにある新興宗教団体の教会で集団感染が起きて、感染が急速に拡大したとみられており、韓国政府は信者の名簿を入手して、全員を調査する方針を示していますが、集団感染が起きた詳しい経緯は明らかになっていません。

一方で韓国政府は25日午後、新型コロナウイルスの感染者が25日午前の時点から、さらに84人増えて977人となり、死者は10人になったと発表しました。

また、航空会社の大韓航空は客室乗務員1人が、新型コロナウイルスに感染していたと明らかにし、詳しい状況を確認しているとしています。




●「コロナ最前線」医療陣20人あまり感染…病院閉鎖で「医療の空白」の懸念

2020/2/25(火) 7:35配信ハンギョレ新聞

大邱・慶北の医師、看護師10人あまり感染 清道デナム病院の医療陣、職員9人「陽性」  釜山アシアード療養病院では 患者との接触が多い社会福祉士が感染

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が韓国国内で急速に広がりを見せ、医師や看護師などの医療陣の感染も全国で20人を超えた。特に最近になって感染者が急増した大邱(テグ)・慶尚北道では、感染した医療陣が10人を超え、「医療の空白」によって必要な診療を適時に受けられない状況が起きかねないという懸念が出ている。

 大邱市のクォン・ヨンジン市長は24日午前のブリーフィングで「大邱カトリック大学病院の医師や慶北大学病院の看護師など、医療陣5人の感染が追加で確認された」と明らかにした。大邱地域はこの日までに、大邱カトリック大学病院だけで医療陣3人の感染が確認されたのに加え、広開土病院、トゥルーマン男性医院、サミル病院、MS再建病院でそれぞれ1人の看護師の感染が確認されている。集団感染の中心となった慶尚北道の清道(チョンド)デナム病院では、医療陣と職員の計9人がCOVID-19の陽性判定を受けた。釜山の蓮堤区(ヨンジェグ)にあるアシアード療養病院ではこの日、医療陣ではないが患者との接触範囲の広い社会福祉士の感染が確認され、病棟を丸ごと隔離するコホート隔離措置が取られた。193人の患者と医師や看護士などの医療陣100人あまりが隔離されている。

 医療陣の感染をまず遮断しなければならないのは、彼らが診療を行うことで免疫力の弱い患者に感染させうるからだ。また、感染が確認された医療陣と接触した他の医療陣まで隔離措置してしまえば「医療の空白」が発生し、緊急の患者が診療を受けられない状況が起こる。最近、大邱のある大学病院では、感染の疑われる患者の発生で救急室が閉鎖され、他の地域に患者を移送する事態が起きてもいる。

 政府は、院内感染を防ぐという趣旨から、呼吸器疾患の患者を別途診療する「国民安心病院」などを指定することにしている。このような中、患者と医療陣が共に感染に備えなければ、追加的な感染拡散を防ぐことはできないという助言がなされている。国立がんセンターのキ・モラン教授(予防医学)は、「症状のある患者もすぐに病院の救急室へは行かず、まず選別診療所に行くべき。医療陣も保護装具の使用を徹底して十分に保護措置を取り、患者が発生しても(医療陣が自己隔離する代わりに)仕事を続ける方式でいく必要がある」と語った。
パク・スジ、パク・ダヘ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:2/25(火) 7:35
ハンギョレ新聞





●新型コロナウイルス、感染者が確認された国と地域(25日0時現在)
2020/2/25(火) 3:25配信AFP=時事

新型コロナウイルス、感染者が確認された国と地域(25日0時現在)

中国での新型コロナウイルスの感染者数(紫の線グラフ)と1日当たりの死者数(灰色の棒グラフ)の推移を示した図。下段は中国本土以外の国や地域で確認された感染者数(2020年2月25日午前0時現在)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】中国中部・湖北(Hubei)省武漢(Wuhan)を中心に、昨年末から感染が広まっている新型コロナウイルス。中国本土ではこれまでに7万7000人以上の感染を確認、2590人余りが死亡し、中国本土以外では2100人以上の感染が確認された。これまでに感染者が確認された国と地域を以下にまとめた。

【図解】新型コロナウイルス、中国国内の発症例の分析を示した図

<アジア太平洋地域>

■韓国:833人

■日本で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス(Diamond Princess)」:691人

■日本:146人

■シンガポール:90人

■香港:79人

■タイ:35人

■台湾:30人

■マレーシア:22人

■オーストラリア:22人

■ベトナム:16人

■マカオ:10人

■インド:3人

■フィリピン:3人

■ネパール:1人

■スリランカ:1人

■カンボジア:1人

<北米>

■米国:34人

■カナダ:8人

<欧州>

■イタリア:219人

■ドイツ:16人

■フランス:12人

■英国:9人

■ロシア:2人

■スペイン:2人

■フィンランド:1人

■スウェーデン:1人

■ベルギー:1人

<中東>

■イラン:64人

■アラブ首長国連邦(UAE):11人

■イスラエル:1人

■レバノン:1人

■イラク:1人

■クウェート:1人

■バーレーン:1人

<アフリカ>

■エジプト:1人

【翻訳編集】 AFPBB News

【関連記事】
中国、野生動物取引の即時「全面禁止」を宣言
【解説】新型コロナウイルスは中国以外でどう拡散するのか
【記者コラム】中国・武漢、コロナウイルス流行下の日々
WHO事務局長、世界はパンデミックへの備え必要 新型肺炎
「1〜2週間が瀬戸際」 新型ウイルスで専門家会議―政府、25日基本方針策定
最終更新:2/25(火) 8:29
AFP=時事






●新型コロナ感染者計763人に増加 死者7人に=韓国
記事一覧 2020.02.24 10:27
SHARE LIKE SAVE PRINT FONT SIZE
【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国の中央防疫対策本部は24日、前日の午後4時からこの日午前9時までに新たに161人の感染が確認されたと発表した。韓国での感染者数は計763人となった。

 また、感染者から新たに1人の死者が出た。韓国での死者は7人に増えた。

集団感染が発生した慶尚北道清道郡の病院(資料写真)=(聯合ニュース)

関連記事
ヨルダンも韓国からの入国禁止 6カ国・地域に=新型肺炎
新型コロナ巡りWHO事務局長と対応議論 韓国外相
感染防止に懸命 外国人約380人を隔離=北朝鮮
感染症危機警報を最高レベルに引き上げ 安全対策本部設置=韓国政府
感染症危機警報 最高レベルの「深刻」に引き上げ=文大統領
今、あなたにオススメ
[速報]新型コロナ 韓国で新たに161人感染=計763人  | 聯合ニュース
韓国主要紙の朝刊ヘッドライン(2月24日) | 聯合ニュース
[韓流]ブラックピンクのMV デビュー曲が2作目の再生8億回超 | 聯合ニュース
今日の歴史(2月24日) | 聯合ニュース
新型コロナ検査能力 1日1万3千件に拡大へ=韓国 | 聯合ニュース
イスラエルが入国拒否 韓国からの渡航制限12カ国に=新型肺炎 | 聯合ニュース
「朝バナナやめる人続出」春日の減量が凄い
AD(エム







●新型コロナ、武漢「美人すぎる39歳の研究所長」が握る発生の謎
2020/2/18(火) 7:01配信現代ビジネス

ある判決から沸いた「疑念」
 いまや日本も中国も、新型コロナウイルスのニュース一色の感があるが、それと一見関係なさそうで、実は大いにあるかもしれない中国の話から始めたい。

新型コロナウイルス、実は「マスク着用」より先にやるべきことがある

 先月3日、新型コロナウイルスの震源地である湖北省武漢市から2183kmも北上した吉林省松原市の中級人民法院(地方裁判所)で、「2015年第15号」と呼ばれる汚職事件の裁判の判決が出た。それは、李寧(リー・ニン)被告(57歳)に12年の実刑、及び罰金300万元(約4700万円)、かつ賄賂として得たすべてのものを国庫に上納させるという厳しい判決だった。

 李寧被告は、中国の農業部門の最高学府である北京の中国農業大学の教授だった。私の友人に、中国農業大学の卒業生がいるが、確認したらクローン研究の第一線に立つスター教授だったという。

 この判決文は、計20ページもある長文で、日本人の私からすれば、「まさか!」と思うようなことが縷々書き連ねられている。それらを簡述すると、以下の通りだ。

 〈 被告人:李寧、男、1962年7月9日江西省信豊県生まれ、漢族、博士、中国工程院院士、中国農業大学教授、中国農業大学生物技術国家重点実験室主任、北京済普霖生物技術株式会社社長、北京市海淀区在住。2014年6月21日に逮捕し、吉林省拘置所に拘置中。

 罪状:李寧被告は2008年7月から2012年2月の期間、課題の研究の中で科学研究費を使って、実験用の豚と牛を購入した。李寧被告は課題研究の実験を終えた豚、牛、牛乳を、不法に処理した。その過程で、1017万9201.86元(約1億6000万円)を個人の銀行口座に振り込ませた。

 かつ、研究費の残額2559万1919元(約4億円)を着服していた。また、人件費621万2248.51元(約9800万円)を虚偽申告していた。

 これらも含めて、李寧被告は部下の張磊研究員と共に、職務上の権限を利用して、国有財産3756万6488.55元(約5億9000万円)を着服した。これは中華人民共和国刑法第382条、第383条の規定に抵触し、汚職の罪で刑事責任を負うべきである。かつこの共同犯罪において、李寧被告が主導的な役割を担っており、主犯として処罰されるべきである。

 本訴は、2015年4月10日に起訴され、同日に吉林省松原市人民法院が受理した。2015年8月20日、21日、及び2019年12月30日に公開の審理を裁判所にて行い、結審した 〉

 この判決の日、杜岩裁判長は、異例とも言えるメディアとの一問一答を許可した。正確に言えば、実際には行っていない「メディアとの一問一答」という形式で、判決文の正しさを主張したいために補足説明を発表したのである。これは中国人民銀行などでも使われている手法だ。

 杜裁判長は、その中で罪状について、こう述べている。

 「李寧の汚職は3つのものを含んでいる。第一に、実験後の動物や牛乳を売って利益を得ていたこと。第二に、本人及び他人名義で課題研究費を着服していたこと。第三に、本人及び他人名義で人件費を着服していたことだ。

 その中で、李寧は本人名義の課題研究費を着服していた以外に、虚偽の領収書を223枚も切っていた。それによって他人名義の科学研究費2092万元(約3億3000万円)を着服していた。これは全体の82%にあたる。検察機関はそれらの書証を調べ上げ、証人の証言を取り、共犯者の供述と照らし合わせ、証拠を確定させていったのだ」

 この1月3日に判決が出された刑事事件が、いま中国で、にわかに注目を集めている。それは、農業部門における中国の最高学府である中国農業大学でさえ、「実験を終えた豚や牛、牛乳を、密かに業者に売り渡していた」という事実が明らかになったからだ。業者はそれらを素知らぬ顔で市場へ持って行き、市場では他の豚や牛、牛乳と一緒に売られていたに違いない。

 これと同じことが、新型コロナウイルスの発生源と言われる湖北省武漢の華南海鮮市場でも行われていたのではないか――そんな疑念が、中国のインターネットやSNS上で飛び交っているのである。
「武漢病毒研究所」が怪しい
 中国のネットやSNS上で飛び交う情報というのは、中国当局が指摘するように「流言飛語」の類も一部にはある。例えば私は「安倍晋三が突然死した」「金正恩が逮捕された」といった「ニュース速報」を見たこともある。

 だが、後で振り返ると真実だったというニュースも少なくない。特に、新型コロナウイルスに関しては、中国全土で現在、「戦い」が続けられている最中であり、かつ多くの中国人が自宅待機を余儀なくされている。そのため、「伝えられていない正しい情報」を知ると、それを拡散させようとする傾向が強い。その結果、それらを一刻も早く削除しようとする中国当局との壮絶なイタチごっこが続いている。

 そんな中、いまネットやSNS上で疑惑の目が向けられているのは、「中国科学院武漢病毒研究所」である。新型コロナウイルスの発生源とされる華南海鮮市場から、わずか15.8qしか離れていない。

 中国科学院武漢病毒研究所のホームページによれば、いまの中国が建国されて7年後の1956年に創設された。中国で初めてのP4(国際的な生物安全の最高クラス)生物実験室を備えている中国最高峰の病毒学の研究所である。

 研究所内には、分子病毒学病理研究センター、分析微生物学ナノ生物学研究センター、微生物菌毒種資源応用センター、新型伝染病研究センター、それに2018年11月に中国科学院、国家衛生健康委員会、湖北省人民政府が共同で創設した中国科学院生物安全大科学研究センターがある。

 また、国家衛生健康委員会が指定した「国家級保存センター」として、微生物菌毒種保存センター、国家アフリカ豚コレラ実験室、病原生物学生物安全重点実験室などを備えている。合わせて34の研究学科グループがあり、325人の研究者が研究に従事している。

 この巨大組織を率いているのは、39歳の美人所長・王延軼氏である。

 王延軼(ワン・イエンイー)所長は、2004年に北京大学生命科学学院を卒業、2006年に米コロラド大学で修士号を取得。帰国して2010年、武漢大学で博士号を取得した。取得後すぐに武漢大学副教授となった。2012年に武漢病毒研究所に入り、病理研究センター副主任を経て、2018年に37歳の若さで、所長に就任した。

 王所長は今年の正月、武漢病毒研究所のホームページで、次のような新年の辞を述べている。

 〈 2019年、武漢病毒研究所は、重要な責務に勇気を持って挑み、担当してきました。生物安全大科学研究センターの活動は、重要な進展を見せました。同センターの第1回理事会第1次会議を北京で開き、国家衛生健康委員会、湖北省政府、中国科学院の3者が共通認識を持ち、生物安全国家実験室の建設を推進していくことになったのです。

 湖北省の肖菊華副省長(注:昨年9月に湖北省副省長に抜擢された時、やはり53歳の美人副省長として話題になった)も武漢病毒研究所を視察し、同センターの建設を全力で支持すると述べました。(中略)

 新たな一年に入り、私たちは党中央、国務院及び国務院党組織の各決定を真摯に貫徹していき、科学技術のイノベーション能力を不断に引き上げ、生物安全大科学研究センターのさらなる建設準備の進展を進めていきます 〉

 日本と同様の年功序列社会である中国の公的機関で、なぜ王所長はこんなスピード出世できたのか? それは、中国ではしばしばあることだが、バックに強力なパトロンがいるからに他ならない。パトロンとは、15歳年上の夫・舒紅兵(シュイ・ホンビン)武漢大学副学長だ。

 1967年重慶生まれの舒紅兵副学長は、免疫学が専門で、蘭州大学を卒業後、1995年に米エモリー大学で博士号を取得した。2000年から2004年まで北京大学生命科学学院で特任教授をしていた時、教え子だった王延軼氏と知り合い、後に結婚。2005年に武漢大学生命科学学院院長になり、2013年から武漢大学副学長、2014年からは武漢大学医学研究院長も兼任している。

 中国のネット上では、舒副学長にとって王所長は4回目の結婚相手とも書かれているが、真偽は不明である。確かなのは、王所長には舒副学長という「外助の功」が大きく役立っているということだ。そして王所長自身が新年の辞で、自分が進める新たな研究センターを誇っているように、「外からカネを持ってこられる所長」ということで、周囲も受け入れていたのかもしれない。
「スキャンダル」の臭いがする
 だが、新型コロナウイルス騒動が、すべてを変えてしまった。

 武漢病毒研究所に疑惑の目が向けられる中、北京首都医科大学の饒毅学長(元北京大学生命科学学院教授)が、旧知の舒紅兵副学長に、「微信」(WeChat)でメッセージを送った。

 〈 紅兵、私が注意した武漢病毒研究所の所長の問題だが、彼女はかつて北京大学の生命科学学院の学生だった。それは私が北京大学へ行く前のことだったが(私が就任してからは教え子との恋愛は禁止した。おそらくもうそのような問題は起きないだろうが)、いくつか苦言を呈したい。

 おそらく最良の解決方法は、彼女に辞職願を提出させて、中国科学院に害を及ぼさないようにすることだ。あなたの夫人は、武漢病毒研究所のリーダーとして、実に不適切である。

 1)彼女の専門は、病毒学でも微生物学でもない。免疫学とはスレスレのところだが、実際には細胞生物学が専門だ。武漢病毒研究所の研究の中心は病毒学であり、彼女はあまりに専門性に欠ける。おそらく研究所内の多くの研究者たちも、彼女をリーダーとして認めていないだろう。これでは研究所内の威信やリーダーシップもあったものではない。

 2)彼女の研究レベルは、やはり比較的低い。少なくとも病毒研究所内で群を抜いたものではない(言っているのは学問的レベルであって人間的評価ではない)。彼女のレベルでは、北京大学、清華大学などでは、副教授にさえなれない。一般的に言って、おそらく助理教授のレベルさえもないだろう。そんな状況下で、武漢病毒研究所は国内で尊重されないし、発展もおぼつかない。

 3)彼女は若すぎる。もしも上記の2点が極めて突出しているというなら、若者がリーダーとなることにも道理がある。だが専門もレベルも問題があって、しかも若造ということになると、これは雪の上に霜が加わる(注:泣きっ面に蜂の意)というものだ。(中略)

 武漢病毒研究所長と中国科学院長にもこれを同時に送っておく 〉

 このメッセージは、武漢病毒研究所の管理が杜撰だったことを示唆していると言えないだろうか。全体を読んでも、饒毅学長は知っていることのうちごくわずかしか書いていないというニュアンスが伝わってくる。

 加えて、中国科学院長にもこのメッセージを送ったということは、美人所長を早くクビにすることで、何らかのスキャンダルが中国科学院全体に及ぶのを事前に防ぐべきだという進言とも考えられる。そして王所長本人にも同時に送信することで、「早く辞めろ」とプレッシャーをかけたのだ。

 武漢では、すでにこの美人所長が追い詰められていることを物語る「人事」もあった。

 武漢市が「封鎖」された1月23日、湖北省は新型肺炎応急科学研究攻撃専門家グループの第1回会議を開き、湖北省の科学技術庁、衛生健康委員会、疾病コントロールセンター、伝染病の専門家らが一堂に会した。

 そこでグループ長に選ばれたのは、王所長ではなく、同じ武漢病毒研究所の石正麗・新型伝染病研究センター主任だった。アメリカ微生物科学院の正会員でもある実力派の55歳で、ネット上では「上司の美人所長と最も激しく対立している女性研究員」と書かれていた。

 この日、湖北省は、石正麗グループ長と武漢病毒研究所が中心になって今後の新型コロナウイルス対策を進めていくと決めたにもかかわらず、王所長は13人の専門家グループの一員になったにすぎなかった。

 いまなお「封鎖」が続く武漢では、2月16日までに、1309人もの死者を出している。現段階では救急治療が最優先だが、新型コロナウイルスの流行が一段落した暁には、武漢病毒研究所の問題が浮上してくる可能性がある。

美人所長が送った一斉メール

 2月16日には、また一つ、「王延軼所長のメール」が暴露された。1月2日午前10時28分に、武漢病毒研究所の職員全員に宛てて、次のようなメールを打っていたというのだ。

 メールのタイトルは、「重要提示 武漢の原因不明の肺炎に関する公開を厳禁する通知に関して」。

 〈 最近、原因不明の肺炎が、すでに社会の騒動を引き起こしている。われわれは関連した業務を、現在進行している。衛生健康委員会が要求しているのは、メディア、インターネット、SNS、提携する技術会社などを含む外部に対して、今回の肺炎の状況を公布することを禁止するということだ 〉

 このメールが本物ならば、すでに1月2日の段階で、中国政府の衛生健康委員会は事実を隠蔽するよう指示を出していたことになる。また、王所長が書いた「われわれは関連した業務を、現在進行している」という文字も意味深である。

 科学技術部(省)社会発展司(局)の呉遠彬司長は2月15日、「新型ウイルスの高レベルウイルス微生物実験室生物安全管理の指導意見に関して」という通達を出したと、会見で述べた。つまり今後は、ウイルス微生物実験室の安全管理を徹底させるということだ。

 ということはやはり、何らかの「事故」が発生していたということではないのか? 
 中国の整形外科医の武小華博士は2月4日、多くの中国人の疑念を代弁するかのように、SNS上でこう述べている。

 「今回の新型コロナウイルスの原因はコウモリとの見方が支配的だが、コウモリから人間にウイルスが移る過程で、中間に一、二の媒介や変異がある。つまりネズミと霊長類との間で、ある種の人工的なタンパク質が関わっているわけだ。そうしたタンパク質を生成できるのは、ネズミを使って実験している実験室しかない」

近藤 大介(『週刊現代』特別編集委員)





●日本の4.5倍の感染者(602人)で危機警報を「警戒」から「深刻」に引き上げた韓国!
辺真一 | ジャーナリスト・コリア・レポート編集長
2020/2/23(日) 21:49

感染症危機警報を最高段階「深刻」に引き上げた韓国政府の対策会議(出所:青瓦台)

 世界を震撼させている新型コロナウイルス感染は日本でも拡大する一方で、収まる気配はないが、韓国では日本よりもひどく、深刻な状態に陥っている。

 日本はクルーズ船の感染者(634人)を除くと、国内感染者は23日午後5時基準で133人。一方の韓国は日本の約4.5倍の602人。死者も日本の1人に対して6人。

 韓国は18日までは31人に留まっていたが、19日=20人、20日=53人、21日=100人 22日=229人、23日=169人と、3日連続で三桁の感染者を出している。このうち新興宗教団体「新天地イエス教会」関係者は50%以上の329人に達し、隣接の慶尚北道・清道のテナム病院でも111人(18.4%)が感染していたことがわかった。

 地域別では新天地イエス教会がある大邱が昨日よりも117人多い326人、慶尚北道が25人増えて169人。以下、ソウル市24人(+1)、京畿道24人(+1)、慶尚南道14人(+10)、釜山市11人(+8)、光州市9人(+2)、江原道5人、大田市3人(+1)、全羅北道3人、忠清北道3人、全羅北道3人、全羅南道2人、忠清南道1人、仁川市1人、蔚山市1人、世宗市1人、武漢僑法2人となっている。

 23日午前9時の(556人)段階では年齢別では50代が最も多く141人。続いて60代が109人、20代が60代よりも僅か2人少ない107人、40代が93人、30代が62人、70代が30人、10代が8人、80代以上が6人となっている。また男女別では女性が56.5%の314人で、男性(242人)よりも多い。

 集団感性が発生している大邱での最初の感染者は61歳の韓国人女性。中国への渡航歴はなく、10日に発症し、17日に入院し、18日に感染が確認された。女性は発症する前日の9日と入院前日の16日の2度、大邱南区にある「新天地イエス教会」を礼拝のため訪れていた。

 死亡者は前日よりも4人増えて6人。2月19日に63歳の男性、21日に54歳の女性と41歳の男性、そして今日(23日)に57歳の男性と56歳の女性、59歳の男性の3人が亡くなっている。このうち4人は集団感染が発生している慶尚北道・大邱である。

 感染者の最年少は18日に感染が確認された大邱市在住の11歳の女の子で2月5日に感染が確認された42歳の感染者の娘。幸い、症状は軽症。

 韓国の感染症の危機警報は低い順に「関心」「注意」「警戒」「深刻」と設定されているが、韓国政府は23日、現在の「警戒」段階から最高段階の「深刻」に格上げした。文在寅大統領自らが「国を挙げて対応しなければならない」として国民に集団行事や行為は屋内だけでなく屋外でも自粛するよう呼び掛けた。また、全国の小中高校の新学期開校を1週間遅らせて3月9日にするよう通達を出した。

 なお、韓国は中国からの入国を規制しておらず、来週の29日から中国人留学生が続々戻ることになっている。韓国の大学に在学している中国国籍の留学生は3万2591人いるが、このうち1万9838人が春節に中国に帰国していた。

 なお、日韓を除く、アジア諸国での発症状況(2月2日→2月9日→14日→19日→20日→21日→22日)は以下のとおり。※2月23日午後4時基準。

 中国  17205→37198→63851人→74185→74576→75465→76936人)

    (死者361→813→1380→2004→2128→2236→2442人)

 シンガポール  16→33→50→81→84→85→89人

 香港  13→29→50→60→65→69→70人(死者2人)

 タイ  19→32→33→35→35→35→35人

 台湾  10→17→18→20→24→24→26人(死者1人)

 マレーシア  8→15→18→22→22→22→22人

 ベトナム  6→13→16→16→16→16→16人

 豪州  12→15→15→15→15→15→21人

 マカオ  7→10→10→10→10→10→10人

 昨日よりも豪州が6人、シンガポールが4人、台湾が2人、香港が1人増えた。豪州は9日を最後に感染者が止まっていた。タイとマレーシア、ベトナム、マカオは新たな感染者が出ていない、






●新型コロナ拡大 国内感染者769人に
2020/2/23(日) 1:32配信日テレNEWS24

Nippon News Network(NNN)

[ 前の映像 | 次の映像 ]
国内での感染は拡大し、22日、新たに26人の感染が確認された。国内での感染者は、クルーズ船の乗客634人を含め、769人になった。

22日は、クルーズ船の乗客だった栃木県の60代女性のほか、東京都では介護老人保健施設に勤める60代の男性の感染が確認された。

この男性は、今月12日に風邪のような症状で受診し、翌日の13日は介護施設で勤務、15日からインドネシアを旅行し、帰国した19日に肺炎の症状が認められ、入院したという。

また、千葉県では、千葉市内の中学校の60代の女性教師を含む3人が確認された。女性教師の勤務する中学校は26日まで休校にし、消毒作業を行うという。

神奈川県では、相模原市の50代の男性と50代の妻、それに20代の娘2人の家族4人の感染が確認された。
【関連記事】
千葉市 新たに中学校女性教師の感染確認
大型クルーズ船 新型コロナ感染者20人に
新型コロナ クルーズ船の感染者70人に
新型コロナ拡大 中国本土で死者600人超
都内で1人感染 介護施設で働く男性重症
最終更新:2/23(日) 2:04
日本テレビ系(NNN)






●韓国新型ウイルス患者急増の温床、新興宗教「新天地」とは:カルト化思考がパンデミックを生む
碓井真史 | 新潟青陵大学大学院教授(社会心理学)/スクールカウンセラー
2020/2/22(土) 9:00
ツイート
シェア
ブックマーク
写真はイメージ:韓国では市場も消毒(写真:ロイター/アフロ)

<自分の組織だけを守ろう。そんなカルト化した考えが、感染爆発(パンデミック)の危険性を高めていく。>

■韓国で新型コロナウイルスの患者増大:大邱市の新興宗教教会?
韓国でも新型コロナウイルスによる肺炎患者が急増しています。特に、一つの団体が注目されています。

韓国での感染者数は計204人となった。〜

 新たに感染が判明した48人のうち〜46人が、多数の感染者が出ている新興宗教団体「新天地イエス教会」との関わりがあるという。

出典:韓国で感染者拡大続く 計204人に=きょうだけで100人:総合ニュース2/21Y!
韓国当局は20日、国内での新型コロナウイルスへの感染が急増する中、新天地イエス教証しの幕屋聖殿(新天地イエス教会)が感染の温床になっていると発表した。〜

20日に新たに確認された症例53件のうち30件を、同教会信者が占めた。当局は、前代未聞の危機だと警告している。〜

新天地イエス教会は、カルト集団と形容されている。

出典:新型ウイルス、韓国で初の死者 宗教団体で集団感染:BBC2/21
報道によると大邱市の新興宗教教会とあります。「教会」ではありますが、普通の教会ではないようです。

■新天地イエス教会とは
ウィキペディアには、こう記述されています。

「新天地イエス教証しの幕屋聖殿」略称: 新天地、〜韓国のキリスト教の土壌から発生した新宗教団体〜教祖であるイ・マンヒ(李萬煕)を再誕のキリストであるとし〜伝統的なキリスト教系教団からは統一教会や摂理(キリスト教福音宣教会)と同様の異端であるとされている。」

韓国は、キリスト教人口30パーセントのアジア一のキリスト教国ですが、同時に数多くの異端も発生しています。

「異端」とは、社会的に正統とされる信仰や思想などから、はずれているものです。キリスト教系の異端とは、正統的な(一般的な)キリスト教とは異なるということです。

カトリックとプロテスタントは、いろいろ違いますが、お互いに相手をキリスト教と認めています。でも、たとえば教祖が自分をキリストだと言ったりすれば、普通のキリスト教はそれを否定し、異端とされます。

まあ、しかし、そんなことはキリスト教以外の人からすれば、大した問題ではありません。キリスト教内部の問題になります。

新興宗教でも、異端でも、社会的には何の問題もありません。すべての人には何を信じても良い信教の自由があるからです。ただ、一部の新興宗教や異端と呼ばれる団体が社会的問題を起こすことはあります。

人をだましてインチキの壺を高額で売ったり、信者に適正な医療を受けさせなかったり、偽りで信者を脅し多額の寄付をさせたり。オウム真理教(仏教系異端、カルト団体)は、殺人事件まで起こしました。

単なる異端ではなく、悪質なマインドコントロールを使い、社会的な問題を起こすと、その団体はカルト(破壊的カルト)と呼ばれることもあります。こうなると、キリスト教や仏教の内部の問題ではなく、社会的問題です。

<異端・カルト・破壊的カルト・カルト化とは:神社油まき事件から考える宗教問題:宗教が危険になるとき>

さらに今回の場合、新型コロナウイルスの感染に関わることがあれば、大きな問題です。

■新天地の社会的問題
新興宗教「新天地」。一般のマスコミにはほとんど出ない話題ですが、キリスト教関係のメディアは以前から注目していきました。

たとえば、「クリスチャン新聞」は2010年に次のような記事を掲載しています。

忠実な信徒のふりをして既成教会に潜入し、ひそかに自分たちの聖書解釈を植え付けて仲間を増やしていき教会を乗っ取ってしまう新手の異端「新天地イエス教証拠(あかしの)幕屋聖殿」が、韓国で猛威をふるっている。有名な大教会でも軒並み大量の信徒が奪われたり、中小の教会ではまるごと乗っ取られるなどして、韓国教会における教勢低下の大きな原因となっていると言われる。

出典:「新天地」対策に相談窓口開設−−猛威振るう新手の韓国系異端:クリスチャン新聞2010年12月19日
「キリスト新聞」も、同様に10年ほど前から警鐘を鳴らしてきました。

<「新天地」元幹部が証言 日韓のキリスト教異端相談所が警鐘(キリスト新聞2011年4月16日)>

さらに

韓国、中国などで猛威を振るうキリスト教系異端やカルト団体(セクト)について最新の情報、資料を日本語に訳して配信する「異端カルト110番」が10月に本格始動する。〜日本には韓国の異端に関する情報が不足しています。〜異端カルトによって生活、人生を破壊された被害者の方々の悲惨な状況〜新天地(新天地イエス教証しの幕屋聖殿)に限って言えば、違う教会に行く時には偽名を使うんです。そうすると、教会側にはまったく見分けがつきません〜

出典:「異端カルト110番」専門家らと10月から始動 情報収集、相談窓口として:キリスト新聞2019年9月11日
問題は続いています。

■新型コロナウイルスと新天地
キリスト新聞にも紹介されている「異端カルト110番」は、今回韓国内の報道等を紹介する形で、新天地と新型コロナウイルスの問題を扱っています。

最も懸念されることは、新型コロナウィルスの感染が疑われる症状が出ても新天地側は隠蔽して構わない考えで、活動させる点にある。彼らはよく街頭で身分を偽り布教している。31番目の感染者(新天地女性)は高熱が出る中で活動を続けていた。医師が検査できる病院へ移送しようとしたところ拒否していたこともわかっている。さらに新天地大邱教会で感染者が出たことを受け表向きには教会を一時閉鎖すると明らかにしたが、内部信者には「礼拝堂は閉鎖したが二人一組で活動を継続するよう」指示されていたと韓国キリスト教放送「CBS」が報じた。

出典:信者の感染者を確認後も隠蔽、専門家から「教会だけでなく『偽装センター』を早期に閉鎖すべき」・・・教会へ潜入工作を行うため感染拡大の恐れ:2/20
さらにこの記事によると、感染者の発生を隠蔽したり、感染源を隠蔽するために、感染の疑いがある場合、外部に対しては「あの日は礼拝には行かなかった」「私は他の場所にいた」と回答するよう指示していたことが判明したとされています。

また韓国内では、「新天地は国家が感染症拡散防止に努めるなかでも、自分たちを守ることだけを考える集団にすぎない」。「新天地の信者は自分が一市民である自覚もなく、国民としての責任を果たす概念すらない。〜新天地は保身ばかり考えている。」との声も上がっているということです。

■カルトと私たちと新型ウイルス:新型ウイルス感染防止に必要なこととは
破壊的カルトは、一般に自分たちの集団のことだけを考えます。しばしば、国家や一般社会を否定し、悪く言います。自分たちだけが正しく、この組織内にいることだけが救いだと教えるのです。

国も、国連も、学校も、病院も、警察も、みんな悪です。むしろ、自分たちの団体の教えを信じない人々はいずれ滅びて、自分たちの世界になるのだと信じたりもします。

世の中には、様々な宗教団体、思想団体、多様な組織があります。中にはユニークな活動をしている団体もありますが、法律は守ります。自分たちの教えを大切にしますが、そうではない人々の人権も尊重します。一市民、一国民として、周囲とも協力しようと思います。

そう思っていないとすれば、その団体、組織は、カルト化が始まっていると言えるでしょう。

そんなカルト団体の人々なら、新型コロナウイルス感染防止に協力しないこともありそうです。

今回は一つの新興宗教の問題でしたが、気を付けなければ、カルト宗教団体に限らず、組織防衛を考えて隠蔽する(カルト的)団体も出かねません。

パンデミック(感染爆発)を防ぐためには、自分の家族だけ、自分の団体だけのことではなく、社会全体のことを考えなくてはなりません。

また、どこかの店や会社や学校で複数の患者が出ても、彼らを責め、偏見と差別の目を向けるようなことがあってはいけないと思います。そんな雰囲気は、国全体の感染防止にかえってマイナスです。

ウイルス以上に早く広がる不安と恐怖に、私たちは負けたくありません。

自分だけが助かろうとする思いがパニックを生み、みんなで一緒に助かろうとすることが、正しい行動につながるのです。





●韓国、新型ウイルス感染者556人 日本に次ぐ多さ 死者は4人に

2020/2/23(日) 12:19配信AFP=時事

韓国、新型ウイルス感染者556人 日本に次ぐ多さ 死者は4人に

韓国・清道の病院前で、消毒作業をする保健当局者(2020年2月21日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】(更新)韓国当局は23日、新たに123人の新型コロナウイルス感染者が報告されたと発表した。同国での感染者は556人になった。また新たに2人が死亡し、韓国での死者は4人になった。

【写真】新型コロナウイルスの患者を運ぶ医療従事者ら

 韓国疾病予防管理局(KCDC)によると、新たな感染者のうち75人は新興宗教団体「新天地イエス教会(Shincheonji Church of Jesus)」の関係者だった。

 4人目の死者は、清道(Cheongdo)郡の病院で死亡した男性。清道郡では約3週間前に、新天地イエス教会の教祖の兄の葬儀が行われていた。

 この団体の集団感染は61歳の女性から始まった。女性は今月10日に発熱したものの、新型ウイルスに感染していると診断される前に、同団体の大邱支部で少なくとも4回の礼拝に参加していた。

 人口250万人を有する同国第4の都市・大邱(Daegu)と、その約27キロ南に位置する清道は、同団体のイ・マンヒ(Lee Man-hee)教組の出身地。韓国政府は21日、大邱と清道を「特別管理地域」に指定した。

 韓国で新型コロナウイルスへの感染が確認された人はここ数日で急増し、中国を除けばクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス(Diamond Princess)」で多くの人が感染した日本に次ぎ世界で2番目に多くなった。【翻訳編集】 AFPBB News

【関連記事】
新型ウイルスで中国選手に大打撃、五輪出場へマスク姿で練習も
障害あれば愛深まる? 統一教会の合同結婚式、ウイルス懸念の中で開催
ロシア系SNSアカウント、新型ウイルスの「陰謀論」拡散 米当局が警告
【解説】新型コロナウイルスの死者について分かっていること
【解説】中国の新型コロナウイルス、死者についてこれまでに分かっていること
最終更新:2/23(日) 12:55
AFP=時事







●新型肺炎 クルーズ船対応にルールなし 船籍国・英政府の動き見えず
2020/2/18(火) 17:31配信産経新聞
新型肺炎 クルーズ船対応にルールなし 船籍国・英政府の動き見えず

 肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの集団感染で、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客で陰性と判明した人が19日から順次、下船する。感染が拡大する外国船籍の大型客船が寄港した例は過去になく、政府は難しい対応を迫られたが、海外メディアからは批判も起きた。今後、同様の事態が起きない保証はなく、船籍国と寄港国の義務や負担に関する新たなルールづくりが課題となっている。

【写真】「ダイヤモンド・プリンセス」運航会社の社長メッセージ

 茂木敏充外相は18日の記者会見で、クルーズ船の外国籍の乗客の退避をめぐり、カナダ、イタリア、韓国などが航空機を派遣する意向であることを紹介し、「他の国、地域からも今後、同様の要望が寄せられる可能性はある」と述べた。既にチャーター機で乗客の米国人とその家族計328人を帰還させた米国に追随する形だ。

 停泊は2週間を超え、一部の海外メディアは乗客を船内にとどめる対応を批判する。だが、米政府は日本政府に当初、「14日間の検疫期間を船上で過ごすことがウイルス感染の拡大を防ぐ最良の方法であるとの米衛生当局の判断に基づき、早期に下船・出国させる考えはない」と説明(河野太郎防衛相のツイッター)。チャーター機派遣時には「日本政府の対応に感謝している」と伝えた。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は18日の記者会見で、船内待機の対応について「適切だと思っている」と強調した。

 ダイヤモンド・プリンセスは1月20日に横浜を出港し、香港、ベトナム、台湾などを回って2月3日に再び横浜港に入った。香港で1月25日に下船した男性が陽性と判明したのは2月1日だった。

 政府は3日から船内で検疫を開始し、その後、医師の派遣や医療品の配布などの支援を続けてきた。

 こうした対応は国際法上の義務によるものではない。ただ、入港を拒否すれば、人道上の批判を招くのは確実で、1000人を超える日本人乗客がいる以上、受け入れないという選択肢はなかった。

 一方で、ダイヤモンド・プリンセスは英国船籍だが、これまでのところ英政府の動きは全くといっていいほど見えない。

 国際法には、公海上の船舶の保護は、その船舶の旗国(船籍国)の責任で行うべきだとする「旗国主義」の考え方がある。しかし、今回のようなケースでは、関係国の中で、どの国が一義的な対応や負担の義務を負うかについて取り決めがないのが実情だ。

 政府高官が「来る前からかなり蔓延(まんえん)しているはずだ。船内でパーティーを開いていたから」と語るように、日本の領海に入る前から船内では感染が広がっていた可能性は強い。今後の教訓を得るためには、日本の対応の適否だけでなく、英国政府や船長、運営会社などの責任も見極める必要がありそうだ。

 外務省幹部は「一段落したら、国際社会で新しいルールづくりを進めるのが日本の仕事だ」と話している。(原川貴郎)

【関連記事】
新型コロナ、自殺した職員らに帰国者から寄せられた苛烈怒号
京都、大阪、奈良ガラガラ… 新型肺炎影響、ホテルは70〜80%値引き
正恩氏に「重病説」浮上! 新型肺炎、北は厳重すぎる警戒もすでに感染拡大か
なぜWHOは“役立たず”なのか? テドロス事務局長に「習近平氏の家来」との声
コロナウイルス&インフル撃退には「手洗い・うがい・乳酸菌」




●韓国の感染者400人超 連日激増、新たな死者も 新型肺炎
2/22(土) 18:37配信時事通信
韓国の感染者400人超 連日激増、新たな死者も 新型肺炎

22日、ソウルで、マスクをしながら反政府集会に参加する市民たち(EPA時事)

 【ソウル時事】韓国保健福祉省は22日、新型コロナウイルスの感染者が前日の発表よりも229人増え、433人になったと明らかにした。

【写真】マスクの出品についてメルカリが発表したコメント

 南部の大邱市と隣接する慶尚北道で感染者が引き続き急増。連日激増する中、政府は6000人以上の感染の有無を検査するなど対応に追われている。

 慶尚北道慶州市によると、同市内の自宅で死亡した40歳の男性がウイルスに感染していたことが確認された。新型肺炎による国内3人目の死者とみられる。

 丁世均首相は22日夜、緊急の国民向け談話を発表し、「政府は拡散を防ぐために最善の努力を尽くしている」と強調。宗教団体などに対し、大勢の人が集まる屋内・野外の行事を当面、自粛するよう訴えた。

 新たな感染者の多くは、集団感染が明らかになった大邱市にある新興宗教団体の施設に通う信者や慶尚北道清道郡の病院の院内感染者。保健福祉省高官は「一部制限された地域から地域社会への拡散が始まっている」と危機感を示した。 

【関連記事】
日本批判、次は自国へ 「対岸の火事」終わる―新型肺炎・クルーズ船隔離
「飛行機も安全でなかった」 新型肺炎、帰国者に想定外の感染者―米メディア
「品切れ、許されない」 マスク安定供給に全力―新型肺炎でメーカー
進まぬマスク供給 政府対策に疑問の声―新型肺炎
イタリアで新たな死者 新型肺炎
最終更新:2/22(土) 22:03
時事通信






●米、韓国旅行警報2段階に引き上げ…「強制隔離・超高額医療費」警告
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.23 10:173 글자 작게
글자 크게
米国務省が韓国に対する旅行警報を2段階に引き上げた。[米国務省ホームページキャプチャー]
米国務省が韓国に対する旅行警報を2段階に引き上げた。[米国務省ホームページキャプチャー]
米国務省は22日、新型コロナウイルスによる肺炎の発生と関連し、韓国に対する旅行勧告を2段階に調整したと明らかにした。これまで韓国に対する旅行勧告は1段階で維持されていた。

旅行勧告2段階は「強化された注意実施」を意味する。この日国務省は日本に対する旅行勧告も2段階に引き上げた。これまで新型肺炎と関連した旅行勧告2段階の対象国は香港とマカオだけだったが、韓国と日本が同時に追加された。

国務省は「韓国で持続的な地域社会拡散が報告されている」と措置を下した背景を明らかにした。これまで新型肺炎感染事例は発源地である中国本土を訪れた人や訪問者と濃厚に接触した場合だったが、韓国では様相が異なるという点を指摘した。

国務省は「持続的な地域社会感染とは、どこでどのように感染したのかわからないまま韓国にいる人々がウイルスに感染しており、その拡散が進行中ということを意味する」と説明した。

国務省が米国人を対象に下すおりる旅行勧告は4段階に分けられる。1段階は「一般的な事前注意実施」を意味して、110カ国余りが該当する。

「強化された注意を実施すべき」という2段階は新型肺炎だけでなく、テロの危険、社会不安など各国の状況に基づいて措置が下される。現在英国、ドイツ、フランス、メキシコ、フィリピン、トルコ、ブラジルなどを70カ国に対し旅行勧告2段階を発令中だ。

3段階は「旅行を再考すべき」、4段階は「旅行禁止」に該当する。国務省は新型肺炎と関連し2日に中国に旅行勧告4段階を発令した。

国務省は一般米国人を対象では2段階旅行勧告をしたが、高齢者と慢性疾患保有者に対しては「不必要な旅行を自制すべき」という、より高い水準の勧告をした。

国務省は「高齢者と慢性疾患者は深刻な疾病にさらされれば危険が大きいため(韓国に旅行する前に)医療陣と相談すべきで、不必要な旅行の場合は延期することを考慮すべき」と明らかにした。

国務省とは別に米疾病管理予防センター(CDC)もこの日韓国に対する旅行公示を「警戒段階」の2段階を発令した。CDC旅行公示2段階は「強化された事前注意を実施すべき」という意味だ。CDCは同日日本に対しても旅行公示2段階を発令した。

これまでは韓国をシンガポール、タイ、ベトナム、台湾とともに「地域社会拡散地域」に分類してきた。

CDC旅行公示は3段階に分けられる。1段階は「注意」段階で、一般的な事前注意を勧告する。2段階は「強化された事前注意実施」であり、3段階は警告段階である「不必要な旅行自制」を意味する。

今回の措置と関連し韓国外交部は「米国政府が自国民が韓国と日本に旅行する場合に、より多くの注意を傾けることを要求する次元で取ったものであり、これは韓国と日本への旅行を禁止するものではない」と明らかにした。

韓国への旅行を禁止したものではないが、国務省は旅行勧告の詳細内容で多様な表現を通じて韓国への旅行を最大限自制することを求めている。国務省は「もし韓国で新型コロナウイルスに感染したと疑われれば旅行日程が遅延し、強制隔離され、極度に高い医療費支出を払うことになりかねない」と警告した。

国務省は韓国を旅行する米国人に対しCDCが勧告する新型肺炎予防ガイドラインを熟知して従うべきと提案した。体調の悪い人との接触を避け、洗っていない手で目鼻口を触ることを避け、石けんと水を使って20秒以上手を洗い、60〜95%のアルコールを含有した消毒剤を使って手を洗うことを勧めた。マスク着用は勧告していない。

また、危機状況で旅行者の位置確認を容易にするため米政府のスマート旅行者登録プログラム(STEP)に登録し、緊急状況に備えて事前対策を立てることを呼び掛けた。米国務省のフェイスブックとツイッターアカウントをフォローし情報を把握することを勧めた。

今回の米国の措置は米国人の韓国旅行に関することを規律するもので、韓国人の米国入国には何の影響もない。

関連記事
米疾病予防管理センター、韓国・日本など「明白な地域社会感染国」に指定
台湾、韓国を「第1級旅行警報地域」に指定
韓国政府、日本・ベトナムなど6カ国対象「旅行最少化」勧告
韓国与党、日本旅行規制を提案…外交部「必要ならば警報発令を検討」
韓国保健当局「必要時は中国以外にも旅行自制警報を検討」






●千葉市の中学校教員 新型ウイルスに感染確認 学校は休校へ
2020年2月22日 11時42分

千葉市によりますと、千葉市内の中学校に勤める60代の女性教員が、新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

女性教員は今月12日に医療機関でかぜと診断され、19日に入院しましたが、21日、検査の結果、新型コロナウイルスへの感染が確認されたということです。

千葉市はこの中学校を今月25日と26日、臨時休校にすることを決めました。





●2020/02/22
Twitterソース

【NHK速報】千葉市立中学校・60代教員感染
教員35名検査実施予定、2/25-26は休校

2/12発熱
2/13-14試験監督
2/17-19試験返却
2/19入院
2/21陽性




●新型ウイルス 熊本県で感染確認3人に 60代男性も新たに確認
2020年2月22日 9時08分

熊本市は、市内の20代の女性看護師と同居する50代の父親が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。さらに、熊本県内の60代の男性の感染も確認され、県と市は3人のこれまでの行動や濃厚接触者を調査しています。

熊本市で感染が確認されたのは、熊本市中央区の「熊本託麻台リハビリテーション病院」に勤務し、市内に住む20代の女性看護師と、女性と同居し、市内の会社に勤める50代の父親です。

熊本市によりますと、先に感染が確認されたのは看護師の女性で、今月17日にせきが出始め、発熱が始まった18日に熊本市内の医療機関を受診しましたが発熱が続いたため、19日に市内の別の医療機関を受診しました。

しかし、症状が治まらず、20日、3つ目の熊本市内の医療機関を受診して検体を採取した結果、21日夜、新型コロナウイルスへの感染が確認されたということです。

濃厚接触者は同居している両親で、母親は陰性でしたが、父親は、22日未明に感染が確認されたということです。

2人は感染症指定医療機関に入院し、いずれも38度程度の熱があるものの、会話はでき、重症ではないということです。

2人はことしに入り、中国を含めた海外への渡航歴はなく、女性が勤務先の病院で最後に業務にあたったのは今月14日だったということです。
さらに、熊本県内の60代の男性の感染も確認され、県は、このあと午前8時半から知事などが記者会見を開き、詳細を発表することにしています。県と市は3人のこれまでの行動や濃厚接触者を調査しています。







●新たな患者85人が「新天地」関連…信徒544人「症状ある」

2020/2/22(土) 7:39配信ハンギョレ新聞

新たな患者85人が「新天地」関連…信徒544人「症状ある」

大邱でCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の患者が急増している中、21日午後に大邱市南区保健所に感染の疑われる患者が殺到している。南区にはCOVID-19の拡散の発生源とされる新天地大邱教会がある

清道訪れた31人目の患者 デナム病院は訪問していないと確認 武漢に新天地支会…会員2万人 交流過程での感染の可能性を疫学調査 恩平聖母病院の職員1人も感染確認 患者の移送担当し207人と接触

 21日の1日だけで国内のCOVID-19の確定感染者が100人も増えた中、前日に続き、新天地大邱(テグ)教会が大規模な感染の発生源になっている。保健当局は新天地大邱教会の信徒名簿を確認し、症状が見られる544人に対する診断検査を行っている。今後も新天地大邱教会に連なる感染者の増加は続くと見られる。

 中央防疫対策本部の集計(21日午後4時現在)によると、この日新たに確認された患者100人のうち、85人に新天地大邱教会との関連が見られた。ソウルや慶尚南道、光州(クァンジュ)などの、新天地大邱教会から離れた地域でも8人の感染者が確認された。中対本のチョン・ウンギョン本部長は「この教会では非常に密閉された空間で多数が密集して座り、1〜2時間ほど礼拝をする」とし、「このような特性により、感染者が多く発生した可能性がある」と語った。

 新天地大邱教会に連なる感染者は今後さらに増える見通しだ。中対本は「現在までに新天地大邱教会の信徒4475人分の名簿を確認しており、そのうち544人が症状があると答えたため、診断検査が行われている」とした。大邱市もやはり9300人あまりの信徒名簿を確保し、電話で症状の有無を確認して自宅隔離の心得などを案内している。

 新天地大邱教会と清道(チョンド)デナム病院での感染をつなぐ有力なカギとされていた31人目の患者の足取りについては、いまだ疑問が解けていない。保健当局は、新天地と中国の交流の可能性を念頭に置いて疫学調査を進めている。中対本は「31人目の患者が2月初めに清道地域を訪れたことは確認されたが、デナム病院や(新天地イエス教の教祖の兄の)葬儀会場は訪問していないことが判明した」と明らかにした。これと関連して、政府のある関係者は「デナム病院で開かれたイ・マンヒ教祖の兄の葬儀に、中国から人が入ってきた可能性があると考えている」とし、「新天地中国支会の会員は2万人だが、支会(本部)は武漢にある」と述べた。31人目の患者が葬儀に行っていなくても、参列したほかの信者などを通じて2次感染が引き起こされた可能性があるということだ。

 保健当局は、新天地が中国にも支部を置いていることから、中国との交流の過程で感染した可能性も考慮している。チョン本部長は「感染源発生地域に分類される湖北省とどんな交流があったのか、引き続き調査中」とし「教団関係者が中国や他の発生国家を訪問した可能性があり、外国から来た人と接触した可能性がある」と述べた。

 清道デナム病院では今月中旬に発熱患者が多くなり、内科の医師が症状の見られる患者の一部に対する検査を依頼した結果、2人が初めて確定判定を受けた。その後、全数調査を実施し、これまでに16人の感染者を確認した。COVID-19で20日に死亡した1人を含め、感染が確認された患者は11人、看護師は4人、職員は1人だ。チョン本部長は「精神病棟は閉鎖病棟として運営されているので、患者や医療陣の接触が多かったため」と説明した。中国から出稼ぎに来て看病人として働く朝鮮族などの残りの病院従事者は、すべて陰性判定を受けた。デナム病院の精神病棟は現在、一時的に閉鎖されている。

 院内感染に対する懸念は他の地域でも高まっている。感染が確認されたソウル恩平(ウンピョン)聖母病院の職員は、患者の移送を担当して17日に退社しており、海外渡航歴はなく、感染経路を調査中だ。病院は、この職員が207人の患者を移送したと把握しており、このうち入院中の72人全員を対象に診断検査を実施することにした。退院した135人の患者は保健所が管理する。同病院は21日に救急室と外来診療室を閉鎖し、今週末に全体の防疫措置を取った上で、24日から通常の診療を再開する予定だ。
パク・ダヘ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

【関連記事】
韓国政府、大邱・清道を「特別管理地域」に指定…文大統領「深刻レベルで対応」
大邱・慶尚北道の陰圧病床不足で感染が確認された後も70人以上が自宅で待機
「COVID‐19」拡散発火点「新天地」ってどんな教団?
清道デナム病院で新天地教祖の兄の葬儀…スーパースプレッディングの始まりか
新天地教会COVID‐19拡散で、宗教界で行事中止あい次ぐ
最終更新:2/22(土) 9:21
ハンギョレ新聞







●日本超えた韓国の感染者、背景に新興宗教信者の暴挙
2020/2/22(土) 6:00配信JBpress

日本超えた韓国の感染者、背景に新興宗教信者の暴挙

韓国・大邱では新型コロナウイルスの感染が相次いでいる。写真は2月19日、大邱の慶北大学病院に搬送された新型コロナウイルス感染が疑われる患者(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
 (李 正宣:ソウル在住ジャーナリスト)

 韓国内で新型コロナウイルスの感染が急拡大している。ソウルをはじめ全国にわたって新型コロナの感染者が続出し、21日20時現在、感染者数は204人に上り、死者も1名出ている。多くの専門家が「パンデミック(大流行)の兆しを見せている」と指摘する事態になっている。

【写真】国内で新型コロナウイルス感染が広がる2月20日、大統領府で映画『パラサイト』のポン・ジュノ監督(中央)らと会見した文在寅大統領

 1月20日に初の感染者が確認されて以降、しばらく小康状態を保っていた韓国内の新型コロナ・感染者数だが、ちょうど1カ月目に入った2月19日から突然急増し始めた。19日は1日で22人の感染者が確認され、20日に53人、21日は100人の感染者が発生するなど、拡散スピードはどんどん増している。

■ 感染を疑われた入院患者が病院を抜け出し感染拡大

 韓国内の感染が急速に拡大し始めたのは19日、韓国の南東部にある大邱(テグ)地域で国内31番目の感染者Aさんが確認されて以降だ。

 Aさんは交通事故で大邱市内のある病院に入院した後、新型コロナウイルスによる肺炎を疑われる症状があったにもかかわらず、医師が勧める検査を拒否していた。

 そればかりかAさんは、入院中の病院をこっそり抜け出し、大邱市内で食事会や宗教団体の集会に出席するなど、数カ所を歩き回っていたのだ。

 Aさんの動線を把握した大邱市がAさんが出席した宗教団体の集会の参加者たちを対象に検査を実施したところ、19日当日だけでおよそ14人の感染者が確認されるなど、Aさんが訪れた場所を中心に大邱市内のいたるところで新型コロナの感染者が続出する事態となった。結局、現在、計204人の感染者のうち153人が大邱とその隣接地域の慶尚北道で確認されるなど、大邱は韓国内で最も危険な地域になってしまった。

■ 新興宗教団体に批判殺到

 大邱地域で新型コロナ感染が多発する原因となった宗教の集会とは、「新天地イエス教会」の大邱教会で行われた礼拝だった。新天地イエス教会(新天地イエス教証しの幕屋聖殿)とは、韓国のキリスト教団体から「異端」の判定を受けた新興宗教団体で、信徒たちは通常、自分が新天地教会の信徒であることを隠している。このため、防疫当局は新天地イエス教会の礼拝に参加した信徒を把握するのに大変な困難を強いられている。

 さらに恐ろしいのは、新天地の信徒らは全国の教会を巡りながら礼拝を行っているため、大邱教会を訪れた全国の信徒の間で感染者が続出していることだ。最初の死亡者が発生した慶尚北道・清道(キョンプッド・チョンド)地域の某病院では、新天地幹部の葬式が行われたことが確認されたため、現在、韓国社会では新天地教会に対する敵愾心と猛烈な非難が巻き起こっている。

 21日、ソウル市と京畿道はソウルと京畿道内のすべての新天地教会を閉鎖すると公表しており、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も、新天地大邱教会や信徒について徹底的な調査を行うことを特別指示した。

 遅ればせながら韓国政府は新天地教会と信徒たちに対する疫学調査と防疫活動を強化し始めたが、韓国世論は文在寅政権の対応についても激しい非難を投げつけ始めている。特にインターネットで批判されているのが、死亡者が発生し、感染者が急増していた20日の、文大統領の「ある日程」についてだ。

■ 感染拡大のさなかに文大統領は『パラサイト』の監督らとチャパグリ・パーティー

 20日の午前、文大統領夫妻は、アカデミーで4冠王を獲得した話題の映画『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督と映画関係者らを大統領府に招待し、映画に登場したチャパグリをメニューに、午餐を開いた。

 この事実を伝えた連合ニュースの記事に対して、ネイバーサイトでは、「腹が立つ」との評価が2万件以上ついた。共感順で並んだコメントには、文大統領を非難する書き込みばかりだった。

 「全国が新型コロナウイルスで大騒ぎになっている時、大統領はきれいに防疫された大統領府でチャパグリパーティーを楽しんでいるのか」

 「初の死亡者が発生し、感染者が100人を突破し、ドル為替が1200ウォンを突破した。韓国はいつの間にか新型コロナの中心地になりつつあるのに、(大統領は)チャパグリが喉を通るのか」

 「マスクの値段が高すぎて着用できない人も多いのに、国民を考えなければならない人が嬉しそうにチャパグリを食べている写真を見ると、腹が立つ」

■ 4月の総選挙で下る文大統領への評価

 2月13日には、文大統領は「新型コロナは遠からず終息する」と断言し、韓国国民に向かって正常な日常に戻らなければならないと呼びかけていた。文政権の経済副総理である洪楠基(ホン・ナムキ)企画財政部長官も、過度な恐怖心と不安が消費者心理を萎縮させているとし、「(自営業者を助ける気持ちで)行事や集まり、昼休みには最大限外部の食堂を利用してほしい」と促した。

 さらに19日には、出入国管理の主務部処長官の秋美愛(チュ・ミエ)法務長官が、米国が政治的な理由で中国人たちの入国を遮断したとし、「我が国(韓国)は静かながらもとても合理的かつ客観的な方法で実効的な遮断をした。科学的に対処している」と自画自賛した。与党の共に民主党は、中国人入国を制限すべきだという医師協会の主張に対し、「政治的な判断」と非難していた。共に民主党からは「わが政府の対応が世界的な模範ケースとして認められている」という出張も出た。

 韓国メディアも、日本や米国などの海外マスコミが韓国の新型コロナ対応態勢を絶賛しているとし、文在寅政権を大いに称えていた。しかし、この文在寅政権と韓国メディアの楽観論がむしろ仇となって表れた。19日から、韓国では新型コロナが取り返しのつかない拡大局面に転じ、今や国別の感染者数は日本を追い抜き、中国の次に多い国家になってしまった。

 それでも、21日に発表された韓国ギャラップの世論調査で、文在寅大統領の支持率は45%まで上がっていた。これについて韓国ギャラップは、新型コロナによく対処しているという国民の評価が支持率上昇の最大の理由だったと説明している。世論調査とは果たしてどれほど信頼できるものだろうか。その答えは、4月に控えている総選挙で明らかになる。

李 正宣




●韓国 新型ウイルス感染者1日で100人増で200人超
2020年2月21日 19時18分

韓国では、新型コロナウイルスに感染した人が21日1日で100人増え、200人を超えました。韓国政府は、感染者が集中している南部のテグ(大邱)とその周辺を「特別管理地域」に指定し、重点的に対策を取ることにしています。

新型コロナウイルスをめぐって韓国政府は21日夕方、新たに48人の感染が確認されたと発表しました。

韓国で感染が確認された人は、21日1日で100人増え、204人となりました。

感染者の人数は、3日前と比べると6倍以上となっていて、感染が急速に拡大しています。

感染者の半分以上は、南部のテグにある教会に関わりがあるとされ、テグ市が信者を対象に調査を行ったところ、540人余りが何らかの症状があると回答したということで、さらに感染者が出るのではないかと指摘されています。

韓国政府は、テグとその周辺の地域を「特別管理地域」に指定し、重点的に対策を取ることを決め、報告を受けたムン・ジェイン(文在寅)大統領は、迅速に対応するよう指示しました。

一方、21日は、中部のチュンチョン(忠清)北道やチェジュ(済州)島などでも初めて感染者が確認され、感染が韓国の各地に広がり始めています。





●中国便はやめて!とアフリカ各国要求もエチオピア航空拒否
2/22(土) 7:00配信NEWS ポストセブン
中国便はやめて!とアフリカ各国要求もエチオピア航空拒否
アフリカからの「No」の声が
 中国での新型肺炎のまん延で、日本を含むアジアや米国、欧州など世界の多くの航空会社が中国便を減便または当面キャンセルする対応をとっている。そんななか、アフリカでは経営規模が最大で、最も収益性の高い航空会社といわれるエチオピア航空の方針が波紋を呼んでいる。

 同社はアフリカ諸国の政府から寄せられた「アフリカに新型肺炎が入り込む危険性が高いので、中国便の運航を停止してほしい」との要求を拒否し、あくまでも中国へのフライトを続けるとしている。

 この理由について、エチオピア航空のテウォルデ・ゲブレマリアム最高経営責任者(CEO)は「エチオピア航空は1973年から中国便を運航しており、中国が一時的に問題を抱えているとはいえ、いま中国への飛行を停止することは道徳的に受け入れられない。わが国は中国の兄弟姉妹の側に立っているのだ」と強調している。

 しかし、米紙ニューヨーク・タイムズは「エチオピアはアフリカの中では、中国人移民や中国人労働者の数が最も多い国であり、年間で数十億ドルの経済支援を中国から受けていることが中国便継続の理由だ」と指摘しており、経済的な利益を優先するエチオピア政府の姿勢に批判が集まっている。

 エチオピア航空は現在、首都アディスアベバ近郊のボレ国際空港と北京、上海、広州、成都、香港への往復の航空便がほぼ毎日発着しており、1日に約1500人の乗客を中国本土から受け入れている。

 しかし、アフリカ諸国の中で中国便の運航を継続しているのはエチオピアだけだ。他の国はエチオピア政府に対して、中国便の飛行中止を望んでいるとされる。

 とくに、隣国のケニア政府はかなり強硬だ。ウフル・ケニヤッタ大統領は「アフリカの国々のほとんどは新型肺炎の感染拡大を阻止することが困難だ。いったんアフリカ大陸に新型コロナウイルスが入ってしまえば、アフリカ全体にウイルスが蔓延する可能性が高い」と述べて、エチオピア航空の中国便の飛行を中止すべきだと主張している。


 しかし、エチオピア政府はケニアなどの主張に耳を傾ける素振りすら見せていない。エチオピア航空は国営であり、政府の指示に従わざるを得ない立場にある。ゲブレマリアムCEOは政府の立場を代弁して、「われわれが中国便の飛行をやめても、シンガポール、マレーシア、ヨーロッパを通じて、中国人はエチオピアに来ることになる。新型肺炎の危険性は一向に減ることはない」とも主張している。

 米ワシントンDCのジョンズ・ホプキンス大学の調査によると、エチオピア、アルジェリア、アンゴラ、ナイジェリア、ザンビアの5カ国はアフリカ大陸全体の中国人労働者の6割近くを受け入れており、そのなかでもエチオピアは最も多い。そのほとんどが港湾、鉄道、ダム、橋、ショッピングモールなどのインフラプロジェクトの建設に携わる労働者であり、これらのプロジェクトによってエチオピア政府は中国から数十億ドルで資金を調達しているという。

 このため、アフリカ諸国からは「エチオピア政府は中国政府との関係を重要視し、自国の経済的な利益のために、アフリカ大陸全体を危険に陥れようとしている」との声も出ている。



【関連記事】
新型コロナだけじゃない 五輪時に流行懸念の感染症は75種
ドッジボール最新ニュース、W杯も開催・エチオピアでも人気
新型肺炎で15日間閉鎖のマカオカジノ、1600億円の売上飛ぶ
新型コロナと戦う医療従事者へ「フクシマ50」からの激励
武漢で医療従事者1100人以上が感染か さらに困難な状況に
最終更新:2/22(土) 7:36
NEWS ポストセブン



●韓国が「コロナウイルス感染国」ワースト2位!「終息宣言」直前で急増し、感染者が三桁に!
辺真一 | ジャーナリスト・コリア・レポート編集長

2020/2/20(木) 21:11

国内外のコロナウイルス感染発症現況を伝える韓国(出所:韓国防疫対策本部)

 韓国では今日(20日)一日で53人のコロナウイルス感染が確認され、感染者数は一気に三桁の104人に増えた。これにより日本(86人)、シンガポール(84人)を抜き、コロナウイルス感染国ワースト2位となった。また、コロナウイルス患者から初の死者も出た。

 昨日も先月3日間の日程で家族と共に中国・海南省を旅行していた30代の韓国人男性がソウル市内の自宅で死亡した状態で発見されたが、男性は新型コロナウイルスへの感染の有無を判定するウイルス検査で陰性だったことからコロナウイルス感染者の扱いにはなっていなかった。

 今回、新たな感染者53人の内、2人がソウル市で残り51人は慶尚北道の大邱市に集中した。このうち46人は中央防疫対策本部から18日に大邱市初の感染者に指定された60代の韓国人女性から感染したものとみられている。女性が入院していた病院で2人、残り44人は女性が通っていた新興宗教「新天地」の教会の信者だったとされている。

 この女性は教会に通っていたことから教会が感染源とみて、保健当局はこの女性が礼拝した日に居合わせていた教会信者約1001人に対して問い合わせを行った結果、「症状がある」と答えた人が1割近くもいた。また、連絡がつかない人も400人近くいることから今後感染者がさらに増えることが予想される。

 事態が急変を告げたことで大邱市は市民全員に外出の自制と日常生活でのマスクの着用を要請した。また、大邱市は市内の全ての学校の新学期開始を1週間延期することを決定した。

 韓国は11日に28人目の感染者が確認されて以来、5日連続で感染者が出なかったことから韓国政府は終息宣言を検討する一方で、14日以降も感染が止まらない日本を中国、香港、マカオに続きウイルスコロナ感染地域に指定し、日本人入国者に対しても中国人同様に検疫を強化することを検討していたが、感染者の数が日本を上回ったことから一転、文在寅政権の杜撰な対応が批判の的となっている。

 地域別でみると、大邱・慶尚北道が最も多く70人、続いてソウルの15人。以下、京畿道=12人、光州=2人、仁川=1人、全羅南道=1人、全羅北道=1人(残り2人は武漢僑胞)となっている。

 日韓を除く、アジア諸国での発症状況(2月2日→2月9日→14日→19日→20日)は以下のとおり。※2月20日午後4時基準

 中国  17205→37198→63851人→74185→74576人

     (死者361→813→1380→2004→2128人)

 シンガポール  16→33→50→81→84人

 香港  13→29→50→60→65人(死者1人)

 タイ  19→32→33→35→35人

 台湾  10→17→18→20→24人(死者2人)

 マレーシア  8→15→18→22→22人

 ベトナム  6→13→16→16→16人

 豪州  12→15→15→15→15人

 マカオ  7→10→10→10→10人








●2020/02/20(木) 17:01

韓国大邱市が新型コロナウイルス感染症(コロナ19)31番目の患者と一緒に礼拝を見信徒を相手に全数調査を実施したが、相当数が連絡されていないことが分かった。

20日、大邱市災害安全対策本部によると、前日の日中新天地大邱教会信徒1001人の全数調査を実施した結果、396人(39.6%)が連絡がありませんでした。 大邱市はこの日までに調査を完了する計画である。

全数調査の結果、発熱や咳などの症状があると回答した信徒は90人(9%)、症状がないと答え人員は515人(51.4%)であった。 大邱市は症状があると回答した人数については自己隔離を勧告した検体の調査を実施する予定である。 これらについては1:1で専用管理体制を構築した。 また、新天地信徒を相手に専門コールセンターも運営する計画だ。

大邱ではこの日、追加ファクジャン者23人追加で増え、合計34人の確定が発生した。 34人の感染者のうち、新天地と関連している患者は、26人となった。

また、確定者の中に美術学院と保育園の先生がそれぞれ1人ずつ含まれた。 美術学院院生は7人に過ぎないが、保育園には、教師20人、院生150人通っていて、追加伝播の恐れが出てくる。

これ大邱市は美術学院と保育園勤務者は、自己隔離措置をして、その塾の保育園保護者には、これらの事実をこの日午前7時頃通知完了した。 また、当該施設は、すぐに閉鎖措置され、疫学調査の完了後、この日の消毒防疫作業を行う予定である。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=
ja&u=https://news.nate.com/view/20200220n17294%3Fmid%3Dn1006&xid=17259,15700023,15700186,
15700191,15700256,15700259,15700262,15700265&usg=ALkJrhjD55fIprRpbA_zN9Zg46Fnoll9gQ








●2020/02/20(木) 17:38

【ソウル聯合ニュース】

肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国の中央防疫対策本部は20日、新たに22人の感染が確認されたと発表した。感染者数は計104人に増えた。

この日午前に31人の感染者が出たのに続き、同午後には22人の感染が確認され、この日だけで53人の感染が確認された。

2020.02.20 17:24
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200220003900882?section=news


【韓国】コロナ感染者31号と一緒に教会にいた信者1000人中400人が連絡取れず
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1582185709/





●2020/02/20(木) 17:23

韓国、2日で新たに51人感染
教会で集団発生か、計82人に

 【ソウル共同】韓国で19〜20日にかけて新たに51人の新型コロナウイルス感染が確認され、保健福祉省によると韓国での感染者数は計82人になった。
新興宗教団体「新天地イエス教会」の南東部大邱の教会に通う信者の間で感染が拡大。
政府当局者は20日「地域社会での感染拡大が始まった段階だと判断している」と述べ、危機感を示した。

 教会関係者の感染者数は計約40人。18日に感染確認された信者の女性と同じ礼拝に参加した90人が症状を訴えている。

 ネット上で女性と礼拝に同席したことはないとうそをつくよう促す指示文が出回っていたことも判明。教団は信者が勝手に作ったと釈明した。

https://this.kiji.is/603129184157762657






●九州(福岡市)で初の感染者 行動歴や感染経路を調査
2020/2/20(木) 11:54配信テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

[ 前の映像 | 次の映像 ]
 60代の日本人男性の新型コロナウイルスの感染が確認された福岡市が20日午前、会見を開きました。

 福岡市・高島宗一郎市長:「福岡市内で初めて新型コロナウイルス感染症の患者が確認された。最近の海外の渡航歴はない」
 福岡市によりますと、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは市内に住む無職の60代の男性です。中国をはじめ、最近の海外の渡航歴はないということです。せきの症状はないものの、13日から発熱があり、市内の医療機関を受診して自宅療養を指示されました。発熱が続くため19日に医療機関を再受診したところ、レントゲンで肺に影が確認されて感染症指定医療機関へ入院し、PCR検査の結果、20日未明に陽性が判明したということです。福岡市は男性の行動歴など調査中としています。
【関連記事】
「陰性」のクルーズ船乗客、きょうも約500人下船へ
上海の日系企業に大打撃…従業員戻れず、物資来ず
友好国といえど入国禁止 プーチン流の厳格対応
新型コロナ感染対策? 中国で「セルフカット」急増
中国政府 アメリカ人記者3人の記者証を取り消し
最終更新:2/20(木) 12:40
テレビ朝日系(ANN)




●受け入れれば負担、拒否なら人道上批判招く 政府、クルーズ船対応で抱えたジレンマ
会員限定有料記事 毎日新聞2020年2月15日 16時57分(最終更新 2月20日 12時45分)

社会一般
政治
速報
政治プレミアタイムライン

停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に出入りする関係者=横浜市鶴見区の大黒ふ頭で2020年2月11日、丸山博撮影
 横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で発生した新型コロナウイルスの集団感染をめぐり、日本政府は集団感染が疑われるクルーズ船などを受け入れれば大きな負担を迫られ、寄港を拒否すれば人道上の批判を招くというジレンマに直面した。新型感染症が日本に立ち寄る船の内部で大規模発生したケースは前例がなく、日本外務省関係者は「船の関係国による負担のルールが国際的に確立されていない」と指摘する。

 ダイヤモンド・プリンセスでは、多くの外国人乗客らが長期間の船内隔離を強いられているとして、米紙などが日本を批判。一方で、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は、感染の疑いがあったクルーズ船「ウエステルダム」の寄港を、日本やフィリピン、米領グアムなどが拒否したことに「科学的根拠に基づかない」と不満を表明している。








●クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女
2020/2/20(木) 11:45配信毎日新聞

クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

バスが到着し乗客らの下船準備が進む新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=横浜市鶴見区で2020年2月19日午前10時26分、滝川大貴撮影(画像の一部を加工しています)
 新型コロナウイルスの感染症が集団発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客で、感染が確認され入院中だった80代の男女2人が死亡したことが、関係者への取材で明らかになった。クルーズ船の乗客の死亡が確認されたのは初めて。厚生労働省などが2人が感染した経緯などを調べている。

【動画】クルーズ船立ち入りの医師、ネット動画が波紋

 新型コロナウイルスの感染症を巡っては、神奈川県の80代日本人女性が13日に死亡している。【阿部亮介】

【関連記事】
<新型肺炎 最新ニュース一覧>
<武漢で1万4000人の遺体を焼却>誤情報はなぜ拡散
<クルーズ船>どうすればよかった? 政府が抱えたジレンマ
<政府批判の神戸大教授が動画削除>「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘
<クルーズ船感染者>「日本の数に含めないで」 政府「感染者は上陸前」
最終更新:2/20(木) 12:21
毎日新聞






●ダイヤモンド・プリンセス号に乗船した感染症専門医 「感染しても不思議じゃない悲惨な状況」
新型コロナウイルス(COVID-19)への集団感染が確認され、感染管理が不十分ではないかと心配されているダイヤモンド・プリンセス号に、感染症のスペシャリスト、岩田健太郎さんが乗船しました。インタビューを全文、お届けします。

2020/02/19 14:09
updated 2020/02/20 08:38
Naoko Iwanaga
Naoko Iwanaga
岩永直子 BuzzFeed News Editor, Japan
View 5 comments
2月3日に横浜港に着岸し、船上で検疫中に新型コロナウイルス (COVID-19)への集団感染が判明しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」。

厚生労働省によると、2月18日現在、542人の感染が確認され、感染管理がうまくいっていないのではないかという懸念が国内外に広がっている。


岩田健太郎さんYouTubeより / Via youtu.be
YouTubeでダイヤモンド・プリンセス号に乗船した時に見た船内の様子を報告する岩田健太郎さん

神戸大学感染症内科教授の岩田健太郎さんは2月18日、ダイヤモンド・プリンセス号に乗船した。

同日夜、内部で感染管理が全くなされていない状況をYouTubeで発信した(現在は削除)。

BuzzFeed Japan Medicalは19日朝、「自分も感染している可能性がある」として、自らを隔離中の岩田さんに電話取材した。一問一答をお届けする。

岩田さんはこう厳しく警告する。

「誰もが感染しても不思議ではない、悲惨な状況です」

※岩田さんは20日朝、この動画を削除した。BuzzFeed Japan Medicalの取材に「これ以上議論を続ける理由がなくなったと考えた」とだけ答えている。

2時間ほど船内へ 感染症のプロに厚労省「感染対策はするな」
ーーいつ頃からいつ頃まで船上にいらしたのですか?

船上にいたのは18日の午後3時ぐらいから5時過ぎまでです。

ーー船内の人に「怖い。感染が広がるのではないか」と助けを求められて、様々な伝手をたどって厚労省の役人から許可を得たと話されていました。

当初、厚労省の人にDMAT(災害派遣医療チーム)のメンバーとして入ってくれと言われましたが、それは許さんと言う人が現れたそうです。立ち消えになりそうになって新横浜で待機していました。

その後、その厚労省の人から「DMATの下で働くならいい。感染管理はするな」と言われたのです。「そうこうしているうちに人間関係ができて、信用されたら感染対策ができるようになるかもしれないから、まずは感染対策はやらずにDMATをやれ」とも言われました。

この寝技的なプロセスも意味不明ですし、少なくとも国際社会ではあり得ません。でもそれ以外に方法はないので、了承してクルーズ船のターミナルに行きました。1時間以上そこで待たされて、3時過ぎになって、ようやく厚労省の人が来ていれてもらいました。


時事通信
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が停泊する大黒ふ頭を出る救急車=18日、横浜市

その時に、船の中に入るので自分の備品は全て置いて行ったんです。それは基本中の基本で、(感染のリスクがある)レッドゾーンに入る時は、自分の物を持って入ってはだめだからです。しかし、それが徹底されていないことは乗ってみてわかりました。

船内に入り、DMATの現場に行くと、指示されていた先生に「先生の下で働かせてください」と言ったのですが、「そんなこと言われてもわからない」と上司を紹介されました。

その先生は「先生はDMATの仕事ができないでしょう。感染管理の専門家なんだから感染対策をすればいいじゃないですか。感染対策をどんどんやって、現場を改善してください」と言われたんです。

ーー極めて真っ当な判断ですね。

「その前に日本環境感染学会が何日か入って、逃げちゃった」と「逃げる」という言葉を使って言われました。「私たちは感染の専門家たちに腹を立てている」とも言われました。

「自分たちはレベルの低いPPE(防護服)を渡されて、感染が怖くてたまらない。実際にDMATに感染者も出ていて、学会は逃げたので自分たちは感染するのではないかと思っている」と覚悟を決めていらっしゃいました。

医療者もスタッフも含めて多くの方が「自分たちは感染するのではないか」と不安を抱いていました。

船内本部、医務室までの通路 安全な場所と危険な場所がごちゃごちゃ
ーー船内のどこを見て回られたのですか?

まずは船内の本部に行きました。

ーーそこは、感染のリスクがないグリーンゾーンになっていたのですか?

全然グリーンではありません。グリーンというのは要するに、完全にウイルスがないところでなくてはいけないのですけれども、そこにPPEを着た人がどんどん入ってくるのです。

PPEというのは、PPEを着ているから感染が起きないのではなくて、レッドゾーンの中でPPEをきちんと着ているからウイルスに晒されないで済むわけです。しかし、PPEそのものにはウイルスはついているかもしれません。

ですからグリーンゾーンに入る前に必ずきちんと脱がなければいけないんです。ところがそれを脱がずに入ってきているので、ウイルス持ち込み自由になっているんです(苦笑)。


時事通信
クルーズ船に向かうPPE(防護服)を着た人たち

ーー先日、日本環境感染学会から船内に入られた岩手医科大学の櫻井滋先生の話によると、船上にはPPEを脱ぎ着する場所があって、そこで安全に脱ぎ着するように指導したとおっしゃっていました。岩田先生もそこで脱ぎ着されたのですか?

僕はPPEを着ませんでした。「レッドゾーン」とされているところに行かなかったからです。

ーー先生はどのような装備で入られたのですか?

僕は最初からサージカルマスク(一般の人がつけているマスク)一つだったんです。しかし、実際には、クルーの方や患者さんとおぼしき方がそこを歩き回っていて、そこも完全にレッドゾーンだったのです。みんなグリーンだと思い込んでいるところが真っ赤かでした。

だから、僕は自分も感染するのではないかと思って、衝撃を受けたんです。

例えば、本部の1階下がメディカルルーム(医務室)だったのですが、昨日は藤田医科大学への搬送で忙しそうでした。その医務室の前に患者さんが集まって、PPEを着た自衛隊の方たちと並んでいました。そこは本来、レッドでなければならないのですが、グリーンとされていました。

ーー先生もそこに装備なしに行かれたのですね。

行きました。たまたまたくさんの人とすれ違った時に、「この人たちは誰ですか?」と聞いたら、「今から連れて行く感染者の人です」と言われて、驚いたのです。

検疫所の人と一緒に歩いていた時も、搬送する患者さんのすぐそばを通っていて、検疫所の人が苦笑いしながら「今患者さんたちとすれ違っちゃいましたね」と言っているぐらい、のんびりとした空気でした。

これは感染症のプロが見たら、悶絶するぐらいの恐ろしいことです。しかし、たぶんDMATの人も厚労省の人もなぜ僕が悶絶しているのか気づいていなかったと思うのです。

ーー感染経路は飛沫感染や接触感染ですから、すれ違っても感染しないのでは?

一瞬、1回の出来事ならそうですが、何日も同じ空間にいて何度もすれ違えば、感染のリスクは上がります。だからクルーズ船は怖いのです。1日24時間、何日もの単位で閉鎖された空間にいる。すれ違うのが何十回となれば、確率的にウイルスを吸う可能性は高まるんです。

ーー先生は本部と医務室をご覧になったということですか?

あとは、クルーの通る通路を目視で確認しました。僕はクルーの人はレッドだと思っているので、その格好では入れなかったのです。それと客室に向かうスペースも確認しました。

ーーそこもレッドでしたか?

そこも中途半端で、クルーの人が通ったりしていました。

医療者は入っているが、感染症の専門家が常駐していない
ーー医療者はどこの組織からどれぐらい入っているのですか?

DMATの方は何十人と入っていて、人数は日によって変わるそうです。

ーーあとは自衛隊の医務官ですか?

自衛隊は入っていますが、医務官は確認しませんでした。DMATは臨床対応をして、あとはDPAT(災害派遣精神医療チーム)というメンタルを対応する方がいて、検疫を担う方がいて、厚労省の方もいました。

ーー感染症の専門家は入っていないということでしたが、それはどこで確認されたのですか?

国際医療福祉大学の感染症の専門家は入っているんです。何人か交代で。色々なチェックをしていたのですが、彼らが意思決定をする力はなくて、見て気づいたことを厚労省に言う。そして厚労省が意思決定をすると聞きました。

ーーそれが聞き入れられないということなのですか?

たまたま船上で厚労省の幹部に会い、雑談をしたのですが、すごく迷惑そうな顔をされました。話しかけてくるなという態度を取られました。専門家の言うことは聞き入れないという印象を受けました。

ーーそれならなぜ感染症の専門家をわざわざ入れているのでしょう。

どうもそれは感染症制御チームを入れているという感じではなくて、船内の遊軍のような形で船内を歩いている感じでした。彼らの提言が活かされているところもあるのかもしれませんが、少なくとも基本ができていないよねという話をしたら、「できていないですよね」と言っていました。

感染症のプロから見て、何が不足しているのか?
ーー見回った場所で、船内で感染のリスクのあるレッドゾーンとリスクのないグリーンゾーンが分けられていないことの他に、何ができていないと思いましたか?

そこがまず根本的な問題です。

細かいところは色々あって、検査をする時に、同意を取るのですが、同意書が紙なのです。検疫所は同意を紙でとることになっているからということでした。

でも本来なら、感染の疑いがある人とタッチしてはいけないので、口頭同意でいいはずなんです。

あとはDPATの人が基本的に電話で対応するのですが、時々客室に行っているとおっしゃっていました。PPEの脱ぎ着に慣れていない人がそれをするのは危険です。むしろ電話以外、接触は禁止にすべきではないかと思いました。


時事通信
大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=18日夜、横浜市

ーーPPEは客室に行く人はつけるように指導されているのですね。

そうです。

ーーただ、脱ぎ着に慣れていない人が着ると、脱ぐ時に汚染されたところに触ったりして感染を広げる可能性が言われていますね。

PPEを着る場所と脱ぐ場所を日本環境感染学会が決めてくださっていたのですが、本来は、PPEを着て歩く空間と歩かない空間を完全に分ける必要があるのです。それがグリーンとレッドという意味ですが、それがごちゃごちゃなので、PPEを着た人と背広を着た人が同じ空間を歩き回っている。

PPEはウイルスをくっつけ回っているという前提で対応しなければならないのに、グリーンにPPEが入ってくるのはとても危ないのです。

もっとひどいのは、PPEを着た人がスマホをいじっていました。手袋をつけたままで。PPEの表面はすごく汚いという原則を全く教わっていない。

それに患者さんはN95(ウイルスを通さない高機能のマスク)をつけていないのに、クルーはN95をつけていたりする。

とにかくきれいと汚いを区別するという我々が最初に徹底すべきイロハが全くお留守になっていて、どうしようもないなと思いました。

患者も船内を行き来している
ーーYouTubeで患者さんも船内を歩いて行き来していると言われていました。

その人はクルーで熱を出して、医務室に行って、検査をして検査の結果を待っている状態だったのです。そういう人はコロナウイルス に感染しているという前提で普通は動かなくてはいけないのです。

結果が出るまで隔離はされているのですが、医務室まで歩いて行っているわけです。ですから実質は隔離になっていないですね。医務室の前は本来はグリーンになっているはずなのですが。

ーー本来は個室まで行って検体を取らなくてはいけないということですね。

検体もそうですし、往診にすべきですね。もしくはその人は明らかに軽症だったら、最初から診ないと決めてしまえばいいのです。電話対応だけにしたらいい。非常時の場合は、症状が重くなければ診察も省略するという発想も大事です。

できるだけ患者さんとの接触を少なくするということが必要で、日常診療のノリで対応してはダメなんです。

ーーその診療や受診で感染を広げる可能性があるからですね。

その可能性は十分あると思います。

さらに、環境の汚染もウイルスの検査もされていません。手すりとかテーブルなどですね。そしてそのテーブルやいすの上でご飯を食べたりとかスマホをいじったり、紙の資料を広げたりしている。背広着ている人がいたり、DMATのユニフォームを着ている人がいたり、PPEを着たりしている人が混在する。

ーーマスクもN95やサージカル、つけていない人がバラバラにいるわけですね。

グリーンのところでサージカルマスクもN95もつけているんですね。レッドゾーンに行って帰ってきた人なのか、グリーンのところでだけつけているのかも確認しなければいけない。

マスクも、僕は外に出る時に、自分のつけていたマスクを捨てたのですが、みんなつけっぱなしで出ていました。本当は汚いところからきれいなところに入る時に、捨てなくてはいけないのですが、「マスクをつけているからいいんだ」とつけっぱなしなわけです。そこが素人だと思いました。

PPEやマスクをつけっぱなしならいいんだという意識が、アフリカのエボラの時もありました。それを我々が何度も指導して、クリーンなところでは脱がなければ意味がないということを徹底したんです。

ーーそういう感染対策の基本は、日本環境感染学会が入った時に、教材として残していったと聞いています。徹底されていないのですね。

その教材は見ていないのでわからないです。船内に入った学会やFETP(実施疫学専門家養成コース。感染症の流行の危機管理ができるよう国立感染症研究所で訓練を受ける)の人たちが何をして何をしなかったのか検証したかったのですが、そこまでの時間がありませんでした。

最初は日本環境感染学会として入れないか理事長にお願いしたのですが、「学会として入らないことに決めたから例外は認められない」とメールで返事がありました。国内対応で忙しくて入れないこともあると思います。

実は僕も武漢に行こうとしていたのですが、中国どころではなくなって行けなくなったのです。

乗客の健康管理は?
ーー乗客に対する健康管理は何が行われているのでしょう?

詳細はわかりません。とにかく、症状が出た人をトリアージ(医療的な優先順位をつけること)をして、容体が悪い順に対応するということは書かれていました。

ーー基本的に個室隔離されているのでしょうか?

家族ごとですね。食事なども個室だと思います。医務室には行っていますけれどもね。

ーー体調管理はなされているのでしょうか?

体温をチェックしているとは聞いています。熱が出たら報告するそうです。

ーー船内は自由に歩く感じではなくなっている。

それは二重構造があるようで、医務室に歩いて行く場合や、クルーや医療者が部屋に行く場合とあるそうです。

ーー持病のある人の健康管理は?

薬剤師が薬を提供しているそうですが、それ以上のことはわからないです。

ーー感染管理のための記録をつけていないと指摘されていました。発症者の増減を見る記録(エピカーブ、流行曲線)ですね。

コロナに発症した日の増減を見ることが重要です。最初の151人ぐらいの患者さんのエピカーブは見せてもらいました。ただそれは公表されていない。その後も500人以上の感染者が出ていますが、後の方の人たちの発症日の記録がないそうです。

ーー記録はどこかにありますよね。統計処理していないという意味でしょうか?

わからないです。それも本当は中国のように毎日公表すればいいのですけれども、日本はやっていません。何日に何人発症したか、もっといえばどこで発症したかも大事です。どこのフロアで船の後ろなのか前なのか。

それを見れば、院内感染が起きているかどうかが容易に推測できるのに、厚労省の人は最初の151人のデータを見せて、「これで下がってきているので問題はない」と言っていました。でも、最初の方だけ見ても意味がありません。

ーーそれによって警戒すべき場所がわかって重点的に対策ができる?

そうです。例えば、何階の左側で患者が増えているとなったら、そこをテコ入れして、感染制御の手順の破綻が起きていないかとか、誰かがウイルスをばらまいていないか、いろんな仮説を立てて、調べ、対処することができるわけです。

残っていたら何をしたか?
ーーそして、船内の夕方の会議で先生が提言をしようとしていたら、出て行くように言われたのですね。

検疫所の人に言われました。臨時の検疫官としての資格で入ったのですが、その資格を与えないと言われて降ろされたのです。

ーー先生が「感染対策をできる人がいなくなるし、さらに感染が広がるがいいか」と聞いても、それでいいと言われたのですね。

「仕方ない」と言われました。

ーー先生がもし残っていたら何をされましたか?

まず、レッドとグリーンを分けるところからやるべきだったと思います。

ーーすでに汚染の可能性がある場合、どうやって分けるのですか?グリーンに決めたところを消毒するということ?

消毒はあとでやらなければなりませんが、さしあたり分ける所から始めないと。まずは分ける。できれば本部も船の外に出すべきです。それはいろんな人が意見を出していますが聞き入れてくれなかったし、誰が意思決定しているのかもわからないです。

船の上に本部を作るのがそもそも非常識で、そこでご飯を食べたり私物を持ち込んだりしているわけです。クルーも本来、患者の可能性があるので、船内を歩き回っているのも非常識です。

ミイラ取りがミイラどころか、ミイラがミイラ取りになっている状態です。

今後どうすべきか?
ーー先生が2時間見ただけでもまずいと感じられて、ここから何をすべきだと思いますか?

諦めている感じに見え、しのごの言わないで大人しくしておこうという感じに見えました。これから粛々と感染者が増え、厚労省やDMATも感染していると思うのですが、「頑張ったから仕方なかったよね」といういつものノリになるような気がします。

ーーしかし、それではまずい。

本来は感染管理のスペシャリストは感染の広がりは許さないということをミッションにやっています。でも、「仕方ない」と周りの人に言われてしまうと、どうにもできないわけですよ。

DMATの人たちも「どうせ俺たちは感染するから」と言っているし、それじゃダメなんじゃないですか?と言っても、僕一人ではどうにもならない。厚労省の人たちもこれでいいと言っています。

ーー何か外部からの圧力があるようには感じませんでしたか?

わからないです。でもそうだとしたら、僕を入れるなと言った人や追い出せと言った人を教えるべきです。裏技的に専門家を入れたり出したりというのもそもそもおかしいと思います。

専門家が入らなくてはいけないという前提についてそもそも関心がなかった。厚労省だけでできると思ったのかもしれませんが、素人目には間違いがわからないのです。

CDCを作っておけばよかった これ以上失敗を繰り返すな
ーー今からでも感染症の専門家による感染制御チームを入れるべきだと思われますか?

本質的には、CDC(疾病管理予防センター)を2009年に新型インフルエンザが起きた時に作っておくべきだったのです。もっといえば、2003年のSARSの時に作っておくべきでした。

ところがSARSで水際作戦が奏功したと勘違いしてしまった。実際は、日本では水際でSARSの患者さんを見つけていないのです。まぐれの勝ちを本質的な勝ちと勘違いしてよかったよかったと言っているんです。

2009年の新型インフルエンザの時も、専門家の会議でCDCを作らないといけないと提言したのに、そのままになってしまった。20年ぐらい前からの問題を引きずっています。

中国はSARSの時にCDCを作り、韓国も作りました。韓国はMERSの院内感染を細かく調査して公表しました。中国もそれをしています。

一方、日本ではクルーズ船の中で何が起こっているのか全く公表されず、専門家のチームも派遣されていない状況です。

この差を国際社会はものすごく冷たい目で見ています。BBCやCNNの取材も今回受けていますけれども、世界ではそれはありえないと判断しています。

日本だけはそれでいいよという話にしたいのでしょう。

SARSや新型インフルエンザの時は世界中の問題だったので、日本で何をやっているかは関心をもたれなかったのです。でも今回は、コロナについては世界は日本を見ています。厚労省の寝技で対処するやり方は、海外では非常識と思われるでしょう。

短期的にどう対処すべきか?
ーーCDCを作るべきだというのはすぐに対処できないと思います。短期的にはどうすればいいと思いますか?

短期的にはもう無理で、新興感染症のプロをきちんと育てていなかったし、組織も作っていなかった。感染症のプロとは何かも、各学会がきちんと詰めていなかった。

だから、臨床の感染症の専門家が少ない上に、感染対策のプロはもっと少ないわけです。特に新興感染症の対策となると、極めて少ない。そういう人をとっとと招集すべきだったんです。

専門家会議のような会議をする人ではなくて、実務をする人を招聘すべきです。アフリカのエボラ対策を経験した人も若手で4、5人いますから、そういう人がチームを作って現場に入っていれば、何をどうすればいいかはあっという間にわかったはずです。

本来、僕一人で入るのも非常識で、専門の看護師と共に4、5人のチームで常駐するべきだったんです。観察して、レッドとグリーンを分けるなど一気に介入して、これ以上感染が広がらないようにするわけです。

現状頑張っているね、で追認する形ではダメなんです。

これはクルーズ船で過去最大規模の集団感染です。私の知る限り、過去最高に多かったのは、1995年のレジオネラ菌で、50人ぐらいでした。今は500人以上で、もっと増えると思います。

ーー今からでも失敗を認めて方向転換すれば、まだ食い止められますか?

間違いを認めたくないのでしょう。最初のストーリーでよかったとするためには、現実を見ない、データを取らないのが一番いい。患者さんがたくさん出ても、クルーズ内のことだから仕方がなかったと済ませる。

まだ全国では蔓延していない 抑え込みの時期
二次感染が起きているとしたら、隔離解除したらダメです。隔離解除は、2月の5日で感染の連鎖は遮断されているという前提での14日間ですから。

下船がどれぐらいかかるかわかりませんが、その間もできるだけ感染を広げないように全力を尽くすべきなのですが、全国あちこちで患者さんが出てきているので、クルーズ船はどうでもいいという空気が生まれ始めている印象があります。

でも、全国にコロナウイルスが蔓延しているというのも個人的には必ずしも正しくないと思っています。確かに検査はあちこちでやって色々なところで見つかるようになりましたが、小さな流行が散発しているだけです。

すごく限定されたところで見つかっているだけです。インフルエンザのように広がっているわけではない。

ということは今は抑え込みの時期なんです。一生懸命、クルーズ船からも広げないようにしないといけないのです。

少なくともDMATや厚労省の人が感染するのは避けたほうがいい。そもそも厚労省の人がなぜ中にいるのかも理解できない。DPATも入る必要はない。

ーーそもそも一人目が出た時にどうすべきだったのでしょう。

その時はすごく悩んだと思います。検疫をすべきかしないか決めないといけない。検疫するなら徹底的にすべきだったと思います。お客さんだけでなく、クルーも隔離するべきだった。結核の隔離と同じことを船内でもやっていれば、少なくとも二次感染は防げた可能性があります。

それから検査を症状のある人に限定して、症状のある人だけどんどん降ろしていけば、もう少し効率よく制御できた可能性があります。

でも無症状の人も検査して陽性になるとして、ぐちゃぐちゃになったと思います。

ーー無症状でも感染させる可能性はありますよね。

ありますけど、隔離しておけばよかったんです。

検査をすることの本質も理解されていませんでした。検査が陰性でもどうせ感染している可能性は拭えないのです。だから、検査陰性を根拠に隔離解除するのも間違っている。健康監視はすべきですが。

やると決めたなら徹底すべきだったのに、すごく中途半端だったのです。

UPDATE
2020/02/20 08:36
岩田さんが動画を削除したことを追記しました。

岩田健太郎さんのYOUTUBE全文はこちら
【全文】「ものすごい悲惨な状態で、心の底から怖い」ダイヤモンド・プリンセスに乗り込んだ医師が告発動画
Ryosuke Kamba ・ Feb. 19, 2020

記事をシェアする
5 comments・

sparklycookie98
14 時間前
この内容を読むと、「失敗の本質」という名著を思い出します。大東亜戦争での日本軍の敗戦をその組織面から研究したものです。曖昧な目的、故に作戦の不徹底、場当たり的対応、集団主義(空気を読む人間関係集団)による判断、現場優先、精神主義。。。 311での原発災害も同じ。日本政府は過去から学んでいない気がします。
2

acidicpotato23
16 時間前
全体を通して「◯◯すべきだった。」という論調に違和感。
専門家であれば、今、これから何をすべきかを発信すべきであって、今、過去を今振り返って、過去にすべきだったことを発信することは不安を煽ったり、下船者への差別意識を与える可能性があるので、発信する時期が違うのでは?と思う。

防護服も着用せず、乗船者の食事や身の回りの世話を本来の業務では無い中、対応してくれているクルーの方々に感謝することはあっても、その方々の危機意識云々を批判されるのは心が痛いです。

wittysword86
19 時間前
あまりにも杜撰な対応に驚きを隠せないけど、予想していた現場の様子が細かく記されていて、専門家を入れない理由も、寝技的な…のくだりも呆れてしまう程です。

現場の責任者もじつはいないのでは?

ひどい現場に閉じ込められた人々が気の毒でなりませんよ




●新型肺炎の死者2112人に 感染者7万4500人超―中国
2020年02月20日08時36分

中国湖北省武漢市に設けられた臨時収容施設で過ごす新型肺炎の軽症患者=18日(AFP時事)
中国湖北省武漢市に設けられた臨時収容施設で過ごす新型肺炎の軽症患者=18日(AFP時事)

 【北京時事】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、同省政府は20日、新たに感染者349人、死者108人を確認したと発表した。同省の1日当たりの感染者の増加は、前日の1693人から大幅に減った。中国本土の感染者は7万4500人以上となった。死者は省内だけで2000人を超え、中国本土で2112人となった。







●14分6秒の告発動画全文】ダイヤモンド・プリンセス号は新型コロナ「製造機」 乗船した医師が混乱する船内を暴露、日本政府を批判〈dot.〉
2020/2/19(水) 13:40配信AERA dot.

【14分6秒の告発動画全文】ダイヤモンド・プリンセス号は新型コロナ「製造機」 乗船した医師が混乱する船内を暴露、日本政府を批判〈dot.〉
クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号が停泊する横浜港・大黒ふ頭を出る救急車=2020年2月18日(c)朝日新聞社
 新型コロナウイルスの感染者が相次いでいる、横浜港に停泊中の「ダイヤモンド・プリンセス号」で、臨時検疫官として1日乗船した感染症の専門家が、日本政府の間違った対策で船内が「グチャグチャな状態」で、ウイルス感染拡大の温床になっていると動画サイト「YouTube」で告発した。

【14分4秒の告発動画を投稿した岩田健太郎医師】

 動画を投稿したのは、神戸大学医学部の岩田健太郎教授。最近のニュースでダイヤモンド・プリンセス号で感染が拡大していたことに疑問を感じていた岩田教授は、「厚労省の人」を通じて18日にDMAT(災害派遣医療チーム)の一員として乗船。そこで見たものは、岩田教授が過去に経験したアフリカのエボラ出血熱や中国のSARS(重症急性呼吸器症候群、コロナウイルスの一種)よりもひどい、日本の感染対策の“お粗末”な実情だった。

 動画では、具体例を示しながら船内が患者数増加の温床になっていることを指摘。また、感染症の専門家の知見が感染防止策にいかされていないため、船内では、アフリカや中国での感染症対策ですら経験したことのない「心の底からの恐怖」を感じたという。

 また、日本政府の情報公開の遅さも批判している。船内の流行を判断するデータも取っておらず、公開性も低いと批判している。現在の国会では、「桜を見る会」をめぐって安倍政権の情報公開に対する後ろ向きな姿勢が批判されているが、国民民主党の玉木雄一郎代表は岩田氏の動画投稿を受けて「国会で取り上げたい」と、追及の構えを見せている。

 岩田教授は、14分6秒の動画で何を語り、日本のみならず世界の人に何を訴えたかったのか。その全文を掲載する。

* * *
 岩田健太郎です。

 神戸大学病院感染症内科教授をしていますけれども、今からお話しする内容は、神戸大学など所属する機関とは一切関係なく、わたくし個人の見解です。あらかじめ申し上げておきます。

 今日2月18日にダイヤモンド・プリンセスに入ったんですけど、1日で追い出されてしまいました。なぜ、そういうことが起きたのか、簡単にお話しようと思います。

もともと、ダイヤモンド・プリンセスはすごくCOVID−19(新型コロナウイルス)の感染症がどんどん増えていて、感染対策はうまくいってないんじゃないかとの懸念がありました。

 環境感染学会が入り、FETP(Field Epidemiology Training Programme=実地疫学専門家養成コース)が入ったんですけど、あっという間に出て行ってしまって、中がどうなっているかよくわからないという状態でした。

 中の方からいくつかメッセージをいただいて、「怖い」、「感染が広がっていくんじゃないか」ということで私に助けを求めてきたので、いろんな筋を通じて「何とか入れないか」と打診していたんですね。

 そうしたら昨日2月17日に厚労省で働いている某氏から電話がきて、「入ってもいいよ」と。「やり方を考えましょう」ということでした。

 最初、環境感染学会の人として入るという話だったんですけれども、環境感染学会は「もう中に人を入れない」という決まりを作ったので、「岩田一人を例外にできない」ということでお断りをされて。結局、DMAT(Disaster Medical Assistance Team=災害派遣医療チーム)、災害対策の「DMATのメンバーとして入ってはどうか」というご提案を厚労省の方からいただいたので、「わかりました」と。ということで、18日の朝に新神戸から新横浜に向かったわけです。

 そうしたら途中で電話がかかってきて、「誰とは言えないけど、非常に反対している人がいる」と。「入ってもらっては困る」ということで、DMATのメンバーで入る話は立ち消えになりそうなりました。

 すごく困ったんですけど、「何とか方法を考える」ということで、しばらく新横浜で待っていたら、もう1回電話がかかってきて、「DMATの職員の下で、感染対策の専門家ではなくて、DMATの一員として、DMATの仕事をただやるだけだったら入れてあげる」という、非常に奇妙な電話をいただきました。

なぜ、そういう結論に出たのかわからないですけど、

「とにかく言うことを聞いて、DMATの中で仕事をしていって、だんだん顔が割れてきたら感染のこともできるかもしれないから、それでやってもらえないか」

 と非常に奇妙な依頼を受けたんですけど、ほかに入る方法はないものですから、

「分かりました」

 と言って、現場に行きました。

 そしてダイヤモンド・プリンセスに入ったわけです。

 入ってご挨拶をして。最初は「この人の下につけ」と言われた方にずっと従っているのかな、と思ったら、DMATのチーフのドクターとお話をして、そうすると「お前にDMATの仕事は何も期待していない。どうせ専門じゃないし」ということで、「お前は感染の仕事だろう。だったら感染の仕事やるべきだ」という風に助言をいただきました。これDMATのトップの方です、現場のトップの方。

「そうなんですか」と。私はとにかく「言うことをきく」というふうに約束していましたので、「感染のことをやれと言われた以上、やりましょう」ということで、現場の案内をしていただきながら、いろんな問題点を確認していったわけです。

 それはもう、ひどいものでした。この仕事を20年以上やってですね、アフリカのエボラとか、中国のSARSとか、いろん感染症と立ち向かってきました。もちろん、身の危険を感じることは多々あったんですけど、「自分が感染症にかかる恐怖」はそんなに感じたことはないです。

 どうしてかというと、僕はプロなので、自分がエボラにかからない、SARSにかからない方法は知っているわけです。あるいは、他の人をエボラにしない、ほかの人をSARSにしない方法とか、施設の中でどういうふうにすれば感染がさらに広がらないかということも熟知しているからです。それがわかっているから、ど真ん中にいても怖くない。

 アフリカにいても中国にいても怖くなかったわけですが、ダイアモンド・プリンセスの中はものすごい悲惨な状態で、「心の底から怖い」と思いました。これはもう「COVID−19に感染してもしょうがないんじゃないか」と本気で思いました。


レッド・ゾーンとグリーン・ゾーンというんですけど、ウイルスがまったくない安全なゾーンと、ウイルスがいるかもしれない危ないゾーンというのをきちっと分けて、そしてレッド・ゾーンでは完全にPPE(個人用防護具)という防護服をつけ、グリーン・ゾーンでは何もしなくていいと。こういうふうにきちっと区別することによって、ウイルスから身を守るというのは、我々の世界の鉄則なんです。


 ところが、ダイヤモンド・プリンセスの中は、グリーンもレッドもグチャグチャになっていて、どこが危なくて、どこが危なくないのかまったく区別かつかない。

 どこにウイルスが、ウイルスって目に見えないですから、完全な「区分け」をすることで初めて、自分の身を守るんですけど。もう、どこの手すりと、どこのじゅうたん、どこにウイルスがいるのかさっぱり分からない状態で、いろんな人がアドホック(その場その場)にPPEをつけてみたり手袋をはめてみたり、マスクを着けてみたり、着けなかったりするわけです。

 で、クルーの方も、N95(ウイルスの吸入を防ぐ医療用マスク)を着けてみたり、着けなかったり、あるいは熱のある方が、自分の部屋から歩いて行って医務室に行ったりするというのが、通常で行われているということです。

 私が聞いた限りでは、DMATの職員、それから厚労省の方、検疫官の方がPCR(感染の有無を調べる遺伝子検査)陽性になったという話は聞いていたんですけど、それはもう「むべなるかな」と思いました。

 中の方に聞いたら「いやあ、自分たちも感染するなと思ってますよ」というふうに言われてびっくりしたわけです。どうしてかというと、我々がこういう感染症のミッションに出る時は、必ず自分たち、医療従事者の身を守るというのが大前提で、自分たちの感染リスクをほったらかしにして、患者さんとかですね、一般の方々に立ち向かうってのは御法度、ルール違反なわけです。

 環境感染学会やFETPが入って数日で出て行ったっていう話を聞いた時に、「どうしてだろう」と思ったんですけど、中の方は「自分たちに感染するのが怖かったんじゃない」というふうにおっしゃっていた人もいたんですが、それは気持ちはよく分かります。

なぜならば、感染症のプロだったら、あんな環境に行ったら、ものすごく怖くてしょうがないからです。

 で、僕も怖かったです。これはもう感染、今これ“某ちょっと言えない部屋”にいますけど、自分自身も隔離して、診療も休んで、家族とも会わずにいないとヤバいんじゃないかと、個人的にはすごく思っています。

 今、私がCOVID−19、ウイルスの感染を起こしてもまったく不思議ではない。

 どんなにPPEとかですね、手袋とかあってもですね、「安全と安全じゃない所」っていうのをちゃんと区別できてないと、そんなものは何の役に立たないんですね。レッド・ゾーンでだけPPEをキチッとつけて、それを安全に脱ぐっていうことを遵守して初めて、自らの安全が守れる。自らの安全が保障できない時に、ほかの方の安全なんか守れない。

 今日は藤田医科大学(岡崎医療センター)に人を送ったり、搬送したりするっていうのでみなさんすごく忙しくしてたんですけど、そうすると、検疫所の方と一緒に歩いていて、ヒュッと患者さんとすれ違ったりするわけです。

「あ! 今、患者さんとすれ違っちゃう!」

 と、笑顔で検疫所の職員が言っているわけですよね。

 我々的には超非常識なこと平気でみなさんやっていて、みんなそれについて何も思っていないと。聞いたら、そもそも常駐してるプロの感染対策の専門家が一人もいない。時々いらっしゃる方はいるんですけど、彼らも結局「ヤバいな」と思ってるんだけど、何も進言できないし、進言しても聞いてもらえない。やっているのは厚労省の官僚たちで、私も厚労省のトップの人に相談しました。話しましたけど、ものすごくイヤな顔されて聞く耳持つ気ないと。

 で、「なんでお前がこんなとこにいるんだ」、「何でお前がそんなこと言うんだ」みたいな感じで知らん顔するということです。非常に冷たい態度を取られました。

 DMATの方にもそのようなことで、「夕方のカンファレンス(会議)で何か提言申し上げてもよろしいですか」と聞いて、「まあ、いいですよ」という話をしてたんですけど、突如として夕方5時ぐらいに電話がかかってきて、「お前は出て行きなさい」と。「検疫の許可は与えない」、まあ、臨時の検疫官として入ってたんですけど、「その許可を取り消す」ということで、資格を取られて検疫所の方に連れられて、当初電話をくれた厚労省にいる人に会って、「なんでDMATの下でDMATの仕事をしなかったの」と、「『感染管理の仕事をするな』と言ったじゃないか」と言われました。

「DMATの方にそもそも、『感染管理してくれ』って言われたんですよ」

 と話したんですけど、とにかく、

「岩田に対してすごいムカついた人がいる。誰とは言えないけどムカついたと。だからもう、お前はもう出ていくしかないんだ」

 と話をしました。

 でも、

「僕がいなかったら、いなくなったら今度、感染対策するプロが一人もいなくなっちゃいますよ」

 と話をしたんですけど、「それは構わないんですか」って聞いたんですけど。それからこのままだと、もっと何百人という感染者が起きてDMATの方も、DMATの方を責める気はさらさらなくて、あの方々はまったく感染のプロではないですから。どうも環境感染学会の方が入った時にいろいろ言われて、DMATの方は感染のプロ達にすごくイヤな思いをしてたらしいんですね。それはまあ、申し訳ないなと思うんですけれども、別に彼らが悪いって全然思わない。専門領域が違いますから。

 しかしながら、「彼らが実は恐ろしいリスクの状態にいる」わけです。「自分たちが感染する」という。それを防ぐこともできるわけです。方法ちゃんとありますから。ところが、その方法が知らされずに自分たちをリスク下においていると。そして、そのチャンスを奪い取ってしまうという状態です。

 それで、彼らは医療従事者ですから、帰ると自分たちの病院で仕事をするわけです。今度はまた、そこから院内感染が広がってしまいかねない。

もうこれは……、大変なことでアフリカや中国なんかに比べても全然ひどい感染対策をしているし、シエラレオネの方がよっぽどマシでした。

 日本にCDC(疾病対策センター)がないとはいえ、まさか「ここまでひどい」とは思ってなくて、もうちょっと、ちゃんと専門家が入って、専門家が責任を取って、リーダーシップを取って、ちゃんと感染対策についてのルールを決めて、やってるんだろうと思ったんですけど、まったくそんなことはないわけです。もうとんでもないことなわけです。

 これ英語でも収録、つたない英語で収録させていただきましたけど、とにかく多くの方にダイヤモンド・プリンセスで起きていることをちゃんと知っていただきたいと思います。

 できるならば学術界とかですね、あるいは国際的な団体がですね、日本に変わるように促していただきたいと思います。彼らはまあ、残念ながら……(携帯電話の着信で中断)

 編集が下手でちょっと変なつながりになったと思いますけれども、考えてみると、2003年のSARSの時に、僕も北京にいてすごい大変だったんですけど、特に大変だったのは、やっぱり「中国が情報公開を十分してくれなかった」というのがすごく辛くて、何が起きてるのかよくわからないと。北京にいて本当に怖かったです。

 でも、その時ですら、もうちょっときちっと情報は入ってきたし、少なくとも対策の仕方は明確で、自分自身が感染するリスク、SARSは死亡率10%で怖かったですけれども、しかしながら今回のCOVID−19、少なくともダイヤモンド・プリンセスの中のそのカオスの状態よりは、はるかに楽でした。

 で、思い出していただきたいのは、COVID−19が中国・武漢で流行り出した時に、警鐘を鳴らしたドクターが、ソーシャル・ネットワークを使って「これはヤバイ」ということを勇気を持って言ったわけです。

 昔の中国だったら、ああいうメッセージが外に出るのは絶対許さなかったはずですけど、中国は英BBCのニュースなんかを聞くと、やっぱりopenness(公開性)とtransparency(透明性)を大事にしているとアピールしてます。


それがどこまで正しいのかどうか僕は知りませんけど、少なくとも透明性があること、情報公開をちゃんとやることが、国際的な信用を勝ち得るうえで大事なんだってことは理解しているらしい。中国は世界の大国になろうとしてますから、そこをしっかりやろうとしている。

 ところが日本は、ダイヤモンド・プリンセスの中で起きていることは全然情報を出していない。

 それから、院内感染が起きているかどうかは、発熱のオンセット(事象の起こる日時と温度)をちゃんと記録して、それからカーブを作っていくという統計手法「epi−curve(エピカーブ)」というのがあるんですけど、そのデータは全然取ってないということを、今日教えてもらいました。

 検査をした、PCR検査をした日をカウントしても、感染の状態は分からないわけです。このことも実は厚労省の方にすでに申し上げてたんですけど。何日も前に。全然されていないということで、ようは院内の感染がどんどん起きてても、それにまったく気付かなければ、気付いてもいないわけで、対応すらできない。で、専門家もいないと。グチャグチャな状態になったままでいるわけです。

 このことを日本のみなさん、あるいは世界の皆さんがを知らぬままになっていて。特に外国のみなさんはそうやって、かえって悪いマネジメントでずっとクルーズの中で感染のリスクに耐えなきゃいけなかったということですね。

 やはり、これは日本の失敗なわけですけど、それを隠すともっと失敗なわけです。

 たしかに「マズイ対応であるということがバレる」というのはそれは恥ずかしいことかもしれないですけど、これを隠蔽すると、もっと恥ずかしいわけです。やはり情報公開は大事なんですね。誰も情報公開しない以上は、ここでやるしかないわけです。

 ぜひこの悲惨な現実を知っていただきたいということと、ダイヤモンド・プリンセスの中の方々、それからDMATやDPAT(災害派遣精神医療チーム)や厚労省の方々がですね、あるいは検疫所の方がもっとちゃんとプロフェッショナルなプロテクションを受けて、安全に仕事ができるように。彼ら、本当にお気の毒でした。

 ということで、「まったく役に立てなくて非常に申しわけない」という思いと、この大きな問題意識をみなさんと共有したくて、この動画を上げさせていただきました。

 岩田健太郎でした。

(AERA dot.取材班)
前へ
1
2
3
4
次へ
1/7ページ

【関連記事】
トイレの「ジェットタオル」を使ってはいけない〈ダイヤモンド・オンライン〉
吊るされ火あぶり、母は目の前で処刑… 壮絶な収容所体験〈AERA〉
“爆食”にノー! 世界で進むビュッフェの中国人観光客「隔離政策」〈dot.〉
地震予測 次々と的中! 村井名誉教授「次に起こるのはココ」〈週刊朝日〉
クルーズ船の集団感染に政府の判断ミスも 専門家「医療の歴史に残る一大事故」〈AERA〉
最終更新:2/19(水) 14:00
AERA dot.





●新型ウイルス感染の千葉県の男性 都内に電車通勤 千葉県調査
2020年2月14日 23時40分

13日、新型コロナウイルスに感染していることが判明した千葉県内に住む20代の男性について、千葉県のその後の調査で、男性は都内に電車で通勤していたことがわかりました。県は東京都とも協力して調査を進めています。

千葉県では13日、県内に住む20代の会社員の男性が新型コロナウイルスへの感染が確認されましたが、男性の行動歴などが詳しくわかっていませんでした。

このため、県は男性から聞き取りをして経緯を調べ、14日、改めて発表しました。

それによりますと、男性は東京都内の職場まで電車で通勤し、主にデスクワークをしていたということです。

また、潜伏期間にあたる1月20日以降、2月1日までの間に社内で開かれた3時間から5時間ほどの会議に2回参加していたことが新たにわかりました。

男性によりますと、会議には数十人が出席していましたが、男性は「中国の人らしき人が複数いたが、具合の悪そうな人はいなかった」と話しているということです。

そして今月2日に発熱したあと、4日と7日は出勤していたということです。

男性は現在も肺炎の症状が続いていて14日の午後、専門の治療ができる県内の感染症指定医療機関に転院したということです。

男性の妻や子ども、同僚に今のところ症状は出ていないということですが、千葉県は、東京都と連携してほかに濃厚接触者がいないか調べるとともに会社の関係者の健康観察を行うなど対応を進めることにしています。

男性の発症後の行動は
千葉県によりますと、男性は今月2日に37度台の熱が出たあと、熱が上がったため6日までに県内の3つの診療所や病院を相次いで受診しました。

この間、4日と7日には電車で出勤していましたが症状が改善せず、せきも出るようになったため10日、さらに別の病院を受診し、肺炎を起こしていることがわかりました。

入院して抗菌薬などによる治療が行われましたが、症状が改善しなかったため、13日、新型コロナウイルスの検査が行われ、感染が確認されました。

現在も発熱とせき、肺炎の症状が続いていて、14日午後に千葉県内の感染症の指定医療機関に転院しました。

県によりますと、男性は勤務先までは電車で移動した一方、医療機関までは自分の車やオートバイで移動したほか、発熱したあとは勤務先と医療機関のほかには特に外出していないということです。

NTTデータのシステム開発業務担う外部会社に所属

13日、新型コロナウイルスに感染していることが確認された千葉県の20代の男性について、NTTデータは、この男性は、システム開発業務を担う外部の会社に所属する男性だったと発表しました。

NTTデータによりますと、この男性は東京 港区のオフィスで働く日本人のシステムエンジニアで、ふだんは電車通勤しているということです。

NTTデータは14日未明に男性が感染したことを確認したことから、14日はこの男性が働いていたオフィスのほか、男性と接触した可能性のある別の3つのオフィスで勤務する社員らに対して在宅勤務の指示を出し、オフィス内の消毒作業を行ったということです。

またこの男性との濃厚接触が確認された14人の社員らについては、15日以降も在宅勤務を指示しているということです。






●新型肺炎、中国の死者2004人 7万4千人超が感染、拡大続く
2020/2/19(水) 8:41配信共同通信

 【北京共同】中国政府は19日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスによる中国本土の死者が136人増え、計2004人になったと発表した。感染者も計7万4185人に増加した。中国共産党系メディアは当局の初動の遅れを批判した。

 感染者は18日に1700人以上増えた。最も状況が深刻な湖北省武漢市だけで死者が116人増えた。

 中国共産党系の環球時報(電子版)は18日夜、1月11〜20日に5千人以上の感染者が発生していたとする中国政府系機関の研究結果を報道。同月20日に中国当局が対策を本格化させるまで「有効な予防と抑え込みの措置が取れなかった」と対応を批判した。

【関連記事】
「中国が開発した生物兵器」「流行は計画されていた」真偽は明白
菌の遮断に成功したマスク注文殺到 新型肺炎
感染した千葉の20代男性、都内まで数日間電車通勤
東北大「人類が経験したことのない事態」制御できないグローバル化のリスク
インフル患者数が激減 「コロナ予防」効果か
最終更新:2/19(水) 11:31
共同通信








●新型コロナ、クルーズ船“全員下船”で新たな懸念 偽陰性が招くウイルス拡大
20202/19(水) 8:00配信デイリー新潮
新型コロナ、クルーズ船“全員下船”で新たな懸念 偽陰性が招くウイルス拡大

新型コロナ、クルーズ船“全員下船”で新たな懸念
 新型コロナウイルス“隔離”のため、横浜港に停泊しているクルーズ船、ダイヤモンド・プリンセス号。14日間におよぶ待機を強いられた乗客たちの中には、環境の悪化を訴え厚労省に「要望書」を提出する者が現れるなど、船内には大きな混乱が起きていた。間もなく待機措置は解除となるが、これで一件落着とはいかないようだ。

【写真】横浜港に浮かぶ豪華客船

 ***

 ちなみに、このクルーズ乗客は船内以外でも、パニックを生んでいた。

 この船から脳梗塞の症状が出た米国籍の男性とその妻が、横浜市内の病院に救急搬送された。肺炎も併発していたため、こちらの検査もしたところ、8日、感染が確認されてしまったという。

「しかし、その病院は、『感染症病床』を持たない病院でした。そのため、“何科が診るんだ!?”“防護服がないぞ!”“ゴーグルもないけど、目からうつったらどうする!?”など、医師らの間で大混乱が起こったんです」(横浜市政関係者)

 この騒動、所詮、隔離された海の上のこと。対岸の火事、と見る向きもあるかもしれない。豪華クルーズの代金は、最大138万円、安値でも25万円。ネット上には、金持ちに罰が当たったなどという酷い声もあるくらいだ。

 が、現在の予定では、19日には「非感染者」も下船する。そこに重大な懸念があるという。

「そうなると、その方々がウイルスを撒いてしまう可能性があるのです」

 と言うのは、元厚労省医系技官の木村盛世医師。どういうことか。新型ウイルスの検出は、PCR検査と呼ばれる手法で行われている。

 感染症に詳しい、東京農工大学の水谷哲也教授によれば、

「まず被験者の咽頭や鼻から粘液を採取します。RNAをDNAに転写し、これをサーマルサイクラーという機器に入れ、回す過程で、増幅します。今回であれば、コロナウイルスのDNAの数が検出感度に達したらシグナルが出て、陽性と判断されます。ケースによっては6〜7時間はかかるのです」

 本船の検査は、横浜検疫所が中心になって行う。が、そこでは1日で20件超しかキャパシティーがないというから3700人を検査するのは困難だ。そのため、検査は乗客全員に行われているのではなく、咳などの症状のある人と、その濃厚接触者に限られている。つまり、このクルーズ船における「非感染者」とは、検査を受けて陰性だった人だけでなく、そもそも症状が出ていないため、検査自体を受けていない人がほとんどなのだ。そして当然、

「症状が出なくても、ウイルスを保有している可能性はあります」(同)

 北大グループの調査では、今回のコロナウイルスの半分はそうした無症状のキャリアーから感染しているという結果も出ている。そして仮に3700人の全員検査を行えたとしても、まだ安心はできない。

「コロナウイルスのRNAが10個以上ないと、検出感度には到達しません。1個や2個の場合、保有はしていても『陰性』という結果になる。しかし、その後、これが体内で増えていく可能性はあるわけです」(同)

 いわゆる「偽陰性」である。すなわち、検査で「陰性」と言われた人が、実は「隠れ陽性」で、ウイルスを撒いてしまう可能性もあるというワケなのだ。





● 2020/02/17 10:40
「金儲け目的の買い出し団が韓国でマスク300万枚を狂ったように買い漁った」

中国にしてみれば、自分たち中国人の出した投資資金を使い、金儲けが目的で韓国で購入したマスク60万枚の輸送を韓国政府に支援してもらっただけのことであって、大きく感動したといった表現を使うことは間違いだ。韓国が中国に贈ったと言うのも間違いだ。

▲写真=韓国から空輸されたマスクの箱/インターネット上でキャプチャー
▲写真=韓国から空輸されたマスクの箱/インターネット上でキャプチャー
韓国官民で対中マスク300万枚支援の真実

 これまで韓国の政府・与党が「官民共同」で中国に送ったと主張してきた「マスク300万枚」の資金提供者は中国企業だったことが判明した。与党は「中国がとても感謝している」と説明していたが、現地では「(中国の)買い出し団が韓国で『狂ったようにマスクを買い漁った(瘋狂掃貨)』」(中国証券報)などと報じられている。

 韓国政府は1月28日、「官民が協力し、マスク200万枚、医療用マスク100万枚を中国に支援する」と表明した。政府による発表を前後し、韓国国内のマスク価格が急騰した。その後、「中国にマスクを朝貢した」「マスク価格が12倍に高騰した」などと世論の批判が強まり、政府は「マスクは全て中国留学校友総連合会と武漢大韓国総同門会が自発的に準備したものだ」と釈明した。国内の民間団体による寄付を政府が支援したという意味だった。中国に送られたマスクは確認されただけで160万枚だった。両団体の会長を務める朴釘(パク・チョン)国会議員(共に民主党)は「中国当局は韓国が官民共同でマスク300万枚などを武漢現地に送ったことをとても感謝している」とし、「厳しい状況にある中国を助けたものだ」と説明していた。

 ところが、中国で報じられているのは、韓国の政府・与党の主張とは異なった。「中国企業の資金で韓国でマスクを大量購入してきた快挙」という内容だった。中国証券報は今月4日、「海外で爆買い(搶購)した防疫物資」と題する記事を掲載した。「搶購(チアンコウ)」とは中国人観光客や運び屋商人による商品の大量購入に主に使われる単語だ。

 記事によれば、マスク支援は当初から中国側によって計画された。武漢大同門企業家連合会という中国人の実業家グループが1月24日から韓国製の防疫物資を中国向けの調達する計画を立てた。武漢大出身でスマートフォン・生活家電大手、小米(シャオミ)の創業者の雷軍氏が私費で1070万元(約1億6800万円)、景林資産が340万元、中誠信集団、中珈資本がそれぞれ330万元など合計で2070万元を拠出した。同紙は買い出し団が1月25日に「狂ったように物資を買い漁った」と伝えた。同日、武漢大のウィーチャット(中国で大手のメッセンジャー)の公式アカウントも「武漢大韓国校友会が韓国で物資を『買い占め方式』で確保した」と伝えた。

当時韓国では既にマスクが品薄になり、価格が高騰していた。中国側も既にそれを把握していた。武漢大は「時々刻々値上がりし、(韓国メーカーによる)供給中断、契約違反など厳しい状況の中で、手当たりしだいにマスクを購入し、金額の上限は考慮しなかった」「韓国政府が積極的に専用機を、(中国は)民用航空局、武漢市商務局、武漢税関、現地交通管理当局などが協力した」と伝えた。韓国政府がマスク不足が起きている国内市場で中国の大企業による大量購入を積極的に助けたことになる。

 韓国政府はそうして確保したマスクのうち11万枚を1月30、31日、武漢在住の韓国人を帰国させるためのチャーター機2便で、2月3日には別のチャーター機で150万枚をそれぞれ武漢に送った。しかし、翌4日、中国外務省の華春瑩報道官は定例会見で、日本に対してのみ「とても感動した」と支援品目を列挙した。韓国については翌日言及した。「防疫物資支援21カ国」の一つとして国名の言及があっただけだ。マスクの伝達過程をよく知る人物は「中国にしてみれば、自分たちの資金で購入した160万枚の輸送を韓国政府に支援してもらっただけであって、大きく感動したといった表現を使うほどのことではないと考えたはずだ」と語った。

 中国現地メディアは4日、韓国でマスク調達の総責任者を務めた武漢大韓国総同門会の幹部らが中国に送るマスクの倉庫で組織名やマスク購入資金を提供した企業名が書かれたボードを持って撮影した記念写真も報じた。同幹部はその後、外国人としては異例で武漢大同門企業家連合会の会員になったという。朴議員ら武漢大韓国総同門会は本紙の説明要求に応じなかった。

ユン・スジョン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版





●2020/02/18(火) 23:31

【新型肺炎】クルーズ船対応にルールなし 船籍国・英政府の動き見えず

 停泊は2週間を超え、一部の海外メディアは乗客を船内にとどめる対応を批判する。
だが、米政府は日本政府に当初、「14日間の検疫期間を船上で過ごすことがウイルス感染の拡大を防ぐ最良の方法であるとの米衛生当局の判断に基づき、早期に下船・出国させる考えはない」と説明(河野太郎防衛相のツイッター)。チャーター機派遣時には「日本政府の対応に感謝している」と伝えた。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は18日の記者会見で、船内待機の対応について「適切だと思っている」と強調した。

 ダイヤモンド・プリンセスは1月20日に横浜を出港し、香港、ベトナム、台湾などを回って2月3日に再び横浜港に入った。香港で1月25日に下船した男性が陽性と判明したのは2月1日だった。

 政府は3日から船内で検疫を開始し、その後、医師の派遣や医療品の配布などの支援を続けてきた。

 こうした対応は国際法上の義務によるものではない。ただ、入港を拒否すれば、人道上の批判を招くのは確実で、1000人を超える日本人乗客がいる以上、受け入れないという選択肢はなかった。

 一方で、ダイヤモンド・プリンセスは英国船籍だが、これまでのところ英政府の動きは全くといっていいほど見えない。

 国際法には、公海上の船舶の保護は、その船舶の旗国(船籍国)の責任で行うべきだとする「旗国主義」の考え方がある。
しかし、今回のようなケースでは、関係国の中で、どの国が一義的な対応や負担の義務を負うかについて取り決めがないのが実情だ。

 政府高官が「来る前からかなり蔓延(まんえん)しているはずだ。船内でパーティーを開いていたから」と語るように、日本の領海に入る前から船内では感染が広がっていた可能性は強い。

今後の教訓を得るためには、日本の対応の適否だけでなく、英国政府や船長、運営会社などの責任も見極める必要がありそうだ。

https://www.sankei.com/politics/news/200218/plt2002180025-n1.html





●2日間で医療スタッフ感染1716→3019人に急増…中国の不明瞭な統計
2020/2/18(火) 14:53配信中央日報日本語版

2日間で医療スタッフ感染1716→3019人に急増…中国の不明瞭な統計
中国の医療スタッフの感染者数がどうして1700人台から3000人以上に増えたのかという中国中央テレビの白岩松記者の質問に、焦雅輝・国家衛生健康委員会副局長が自宅にいて感染した医療スタッフが含まれていなかったという苦しい答えを返した。[中国CCTV キャプチャー]
新型コロナウイルス(COVID−19)に感染した中国の医療スタッフが、初めに発表された1700人余りではなく3000人を超えることが明らかになり、衝撃を与えている。中国国家疾病管理センターは16日の発表で、11日までの医療スタッフの感染は3019人に及ぶと明らかにした。

中国国家疾病管理センターは、これはすべて7万2314件の新型コロナ感染事例を調査したもので、このうち医療スタッフの感染は疑いのある患者などを含めて3019人と発表した。また、医療スタッフの陽性患者は1716人だと説明した。

このような発表はわずか2日前の14日、中国国家衛生健康委員会が発表した医療スタッフの感染者1716人のほぼ2倍近い数で、中国当局が当初、医療スタッフの感染を少なく発表したではないかという疑惑を生んでいる。

国家衛生健康委員会の曾益新副主任は、14日の記者会見で、11日現在の医療スタッフの新型コロナ感染事例は1716件報告されており、これは全国の陽性患者の3.8%と発表した。また、死亡した医療スタッフは6人と述べた。

このように、11日のような日を基準にしたにもかかわらず、双方の発表に大きな差があった。これについて国衛生健康委員会の焦雅輝副局長は「3000人余りという数字は、自宅にいて感染した医療スタッフも含めたものと見られる」という苦しい説明を出した。

病院での勤務中に感染したのではないという納得しがたい解釈に、前回の発表が医療スタッフの感染数を減らすために陽性判定を受けた医療スタッフの数だけ公開したという疑惑が避けがたくなった。中国当局は13日と14日にも、臨床診断患者を陽性患者に含めた問題で、統計に大きな混乱を招いた。

こうした中、17日に湖北省武漢で初めて病院長の死者が出た。武昌医院の院長で今年50歳の劉智明氏で新型コロナと死闘を繰り広げ、自身も感染して死亡した中国で初めての病院長になった。これに先立ち、14日に武昌医院の看護師、柳帆氏(59歳)も新型コロナに感染して死亡した。

一方、新型コロナウイルス感染による中国の死者は17日深夜現在、1868人を記録した。中国国家衛生健康委員会は18日の発表で17日の1日で98人が死亡したと報告した。死者数が100人を下回ったのは6日ぶりで、徐々に減少傾向を見せている。

しかし、重症患者は17日、1日で1097人も増えた。前日には重症患者が628人に減ったと報告したが、今度はなんと1000人以上が増加し、これも中国の統計がどれほど正確なのかに疑問を投げかける。

17日深夜現在の累積患者は7万2436人で、重症患者は1万1741人にのぼる。

【関連記事】
韓国クルーズ専門家「新型コロナ、感染者が船から降りれば日本の感染者」
日本研究所、新型コロナウイルス分離に成功…「薬の開発に活用」
【社説】韓国政府の右往左往・後手対応・顔色伺いが新型コロナ事態を悪化させた
韓国で新型コロナ12人目の感染者…2週前に日本から入国の中国人男性
現代車、韓国内のすべての工場をシャットダウン…新型コロナで部品調達に滞り
最終更新:2/18(火) 14:53
中央日報日本語版





●新型肺炎、感染7万人突破 1770人死亡 中国

2020/2/17(月) 8:10配信時事通信

新型肺炎、感染7万人突破 1770人死亡 中国

15日、中国湖北省武漢にある新型肺炎の患者を受け入れる病院の近くで、車両に合図を送る防護服姿の男性(EPA時事)
 【北京時事】中国政府は17日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、同日午前0時(日本時間同1時)時点の感染者が前日から2048人増え、7万548人に達したと発表した。

【図解】正しいマスクの着け方

 死者は105人増の1770人。

 新たに確認された死者の内訳は、湖北省100人、河南省3人、広東省2人。湖北省を除く新たな感染者は115人で、13日連続で減少した。

 湖北省では住民の外出が制限され、感染者の隔離が進む。武漢市に隣接する黄岡市は16日、発熱やせきなど自覚症状を自ら届け出れば500元(約7900円)の奨励金を提供すると発表した。熱が出た人が身近にいると当局に通報した第三者にも同額を支払う。

 武漢市の病院では16日、新型肺炎に感染して亡くなった2人に対し、国内初となる病理解剖が行われた。得られた知見は重症患者の治療に役立てるという。


 

【関連記事】
新型肺炎感染拡大で広がる「反中」 ツイッターで「#日本に来るな」―米紙
【写真】マスクの出品についてメルカリが発表したコメント
「環境劣悪だから感染ゼロ」 自虐投稿が人気―インドネシア
「楽しみにしていたのに」 新型肺炎で旅行キャンセル続出―書き入れ時の業者も打撃
マスク供給、週1億枚見通し 菅官房長官
最終更新:2/17(月) 15:34
時事通信







●2020/02/16(日) 14:20:

<速報北朝鮮>中国に越境の密輸屋3人を処刑か 新型コロナ遮断のため 
「密輸は軍法で処断する」と住民に通知

第一報が入って来たのは2月11日のことだった。

「中国と密輸を行っていた7人グループが逮捕され、そのうち
中国に渡って戻ってきた3人は銃殺された」

この処刑情報は、瞬く間に両江道内で知られることとなった。
しかし、具体的な日時と場所が曖昧な上、
当局が、住民に恐怖を植え付けるために、架空の事件情報を
流している可能性も考えられる。我われは
情報収集を続けた。

数日後、両江道に住む別の協力者Bさんが、知りあいの保安
員(警察官)に会って聞いた内容を次のように
伝えてきた。

「事件があったのは2月4日で、場所は両江道の普天(ポチョ
ン)郡の樺田(ファジョン)里。逮捕した密輸屋
7人のうち中国に越境した3人が、『反逆行為』ですぐに非公
開銃殺になったと言っていた。
遺体は(コロナウイルス)感染の危険性があるからと、処刑
後にすぐ火葬されたそうだ」

金正恩政権は、新型コロナ肺炎の国内流入を遮断するため、
1月末(あるいは2月1日)から、中国との国境を
全面封鎖している。輸入が途絶え、市場から中国産の物品が
ほぼ姿を消し、在庫の値段が急騰した。
そのため、金儲けを狙って密輸を働く者が増えていたという。

Bさんによれば、この事件について調べる前の10日、居住す
る地区の人民班会議で、密輸行為を厳罰に
処すという警告が通達されていた。次のように説明する。

「国全体がコロナウイルスを遮断するために、困難な中で防
疫と統制を強化している時に、金儲けのために
密輸行為をするのは反逆行為と同じだ。このような行為は軍
法によって処理される、という内容だった」

密輸屋ではないが、他都市でも銃殺があったという情報が広
く流布している。

中国との交易が活発で、中国人の往来が多い咸鏡北道羅先
(ラソン)市で、中国の貿易商と接触して
風邪のような症状が出て隔離されていた貿易関係者が、隔
離病棟から逃げ出したため保安署(警察)に逮捕され、
間を置かず銃殺されたというのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200216-00010000-asiap-kr





●2020/02/16(日) 11:28

新型コロナウイルスの感染が広がるなか、感染者とみられる人との接触が確認されないなど、感染経路の特定に向けた手がかりが見つからないケースが今月13日以降、各地で出ていることが分かりました。

厚生労働省は都道府県などと連携し、感染経路について調査を進めていますが、特定に向けた手がかりが見つからないケースが今月13日以降、各地で出ていることが分かりました。
具体的には15日夕方の時点で、院内感染につながったとみられる和歌山県のケースや、千葉県の20代の男性、北海道の50代の男性、愛知県の60代の男性の合わせて4つのケースです。

厚生労働省によりますと、チャーター機で中国から帰国した人やクルーズ船の乗員乗客以外では、これまではほとんどの場合、中国への渡航歴や感染者とみられる人との接触が確認されていますが、
少なくとも4つのケースについては、聞き取りなどを行っても確認できていないということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200216/k10012287541000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

東京都によりますと、都内で新たに感染が確認された40代の男性会社員が、咳や発熱の症状が出た後の2月10日、東海道新幹線を使って愛知県に出張したということです。
男性会社員は、現在入院していて、重症だということです。
東海テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-00026773-tokaiv-soci





●自民保守系議員「中国に5千円渡さない」「武漢熱と呼ぶべき」と新型コロナめぐり独自の主張
2020/2/14(金) 18:31配信FNN.jpプライムオンライン

自民保守系議員「中国に5千円渡さない」「武漢熱と呼ぶべき」と新型コロナめぐり独自の主張
(FNN PRIME)

青山繁晴議員「5千円を中国にお渡しすることはしない」
「国民からお預かりしている歳費について、国民の中に強い異論もある中で5千円を切り取って中国にお渡しすることは、私はしないです」

【画像】感染が拡大する新型コロナウイルス

2月14日、国会内で、自民党執行部の方針にこう異議を唱えたのは、自民党の保守系議員でつくる「日本の尊厳と国益を護る会」の代表幹事を務める青山繁晴参院議員だ。

自民党は新型コロナウイルスの感染が拡大している中国に対し、党所属国会議員の3月の歳費から一律に5千円を天引きし、支援金として中国側に送ることを決定している。

これに対し青山氏は「そうした決定があったという連絡は全くなかった」として、自民党の総務会が開かれる前に、発案者とされる二階幹事長に“直談判”を行った。

「一律5千円を中国側に寄付」に強い疑問の声
この場で青山氏は歳費から5千円を一律天引きすることについて、二階幹事長に次のような文書で再考を求めたという。

「2月12日に開いた『日本の尊厳と国益を護る会の総会』において、多くの議員から強い疑問の声があがりました」
「厳しい状況に苦しむ中国国民に対して人道的な支援をすることを否定するものではありませんが。その支援の方法については歳費から一律天引きではなく、各議員の意思による寄付の形に改めていただきますよう要望いたします」

青山氏によると、二階幹事長は「任意であるのが当然だ」と応じたという。また岸田政調会長は記者から青山氏の主張について問われ、「歳費から義援金を拠出することについて人道的観点からも肝要だと理解している。ただ今後、(青山氏の)指摘のような声が出ているのも事実なのでこうした取り組みをする際の明確な基準、考え方を整理することは大事なのではないかと思う」と一定の理解を示した。

新型コロナウイルスによる病名は「武漢熱」と呼ぶべき
さらに青山氏は二階幹事長との“直談判”後、自民党の総務会に出席した。この中で、新型コロナウイルスの水際対策について「中国からの入国を当面全て断るべき」と主張した。

加えて新型コロナウイルスへの感染が引き起こす肺炎などの病気の名称について、「WHOが決めた『COVID-19』は覚えにくいし、病気の本質が理解しづらい。『武漢熱』と呼ぶべきだ」と訴えた。

WHOはCOVID-19という名称について「特定の地名や動物の名前を避けることで偏見不正確な印象を持たれないようにした」と説明したが、青山氏は「WHOは中国の支配力が強い」と指摘した上で、「中国を貶めるのではなく、武漢から始まった特異な疫病であることをはっきりさせ、国際的に連携し公正な調査ができるようにした方がよい」と主張した。

そして青山氏は、こうした主張を安倍首相に直接訴えようと、14日夕に首相官邸を訪れたが、安倍首相との面会はかなわず、岡田官房副長官に対し自らの意見を伝えた。

青山氏が代表幹事を務める「日本の尊厳と国益を護る会」は、これまでも尖閣諸島周辺で中国の公船が領海侵犯を繰り返していることや香港のデモなどを理由にあげて、中国の習近平国家主席を国賓として迎えることに反対する緊急提言を行うなど、独自の存在感を発揮してきた。そしてここに来て、習近平氏の訪日自体をとりやめるべきだと訴えている。

今回の中国への「5千円寄付」を巡る主張に加え、中国からの入国の全面拒否などは現時点ではかなり振り切った主張だが、こうした意見が自民党内でどう受け止められ、政府の今後の判断にどのように影響するか注目される。

(フジテレビ政治部)

FNN PRIME編集部

【関連記事】
新型コロナウイルスで80代の女性が国内初の死亡…感染者の義理の息子は発症前に勤務先の新年会に参加
完治した患者の“血漿”が新型コロナウイルスの特効薬となるのか…中国「使用後明らかな回復傾向」
「感染拡大は否定できない」 新たに都内で2人の感染者…新型コロナから身を守るためには?
「4月ごろに終息の可能性」新型コロナウイルスの感染ピークを中国の専門家が見通しの声も
ポスト安倍見すえた「安倍・青木・森」会談 議員バッジなき85歳“反安倍”の目論見
最終更新:2/14(金) 20:25
FNN.jpプライムオンライン






●“症状出た後”東海道新幹線に…新型コロナ感染が確認された東京の40代男性 2/10に愛知へ出張
2020/2/15(土) 21:08配信東海テレビ

“症状出た後”東海道新幹線に…新型コロナ感染が確認された東京の40代男性 2/10に愛知へ出張

東海道新幹線
 東京都によりますと、都内で新たに感染が確認された40代の男性会社員が、咳や発熱の症状が出た後の2月10日、東海道新幹線を使って愛知県に出張したということです。

 男性会社員は、現在入院していて、重症だということです。

東海テレビ

【関連記事】
名古屋在住の60代女性が“新型コロナ”感染…14日に判明した60代男性の妻 ハワイ旅行帰国後に発熱
料金足りない…客追いかけたタクシー運転手が複数回蹴られケガ 35歳男逮捕「覚えていません」
人混み避けて移動する人も…新型コロナ感染者が確認された名古屋 商店街では“昨日までと違う光景”
免許取った事なく…酒飲んで車運転し信号待ちのバイク2台に追突 1人が頭にケガ 46歳男逮捕
ウイルス検査依頼も急増…「男性の利用便教えて」“新型コロナ”名古屋の男性感染確認で問い合わせ相次ぐ
最終更新:2/15(土) 21:08
東海テレビ





●2020/02/15(土) 14:03

2秒で感染、24日潜伏、節目は2月20日…中国の専門家が指摘する新型コロナウイルスの本当に重要な数字とは

■中国の専門家は「2秒でも感染する」

さて、新型コロナウイルスの感染力がかなり強いことは、この数日でかなり周知されてきただろう。

中国のこれまでの調査では、集団感染の多くは家族感染であることが判明している。

13日には北京市の記者会見で、一緒に外食した家族親戚7人全員が新型肺炎に感染した事例が紹介された。
礼拝、職場、サークル活動など人が集まるあらゆる場所で、感染が報告されている。
武漢市の精神病院では患者50人、医療関係者30人の計80人の院内感染も発生した。

感染経路はせきやくしゃみなどで飛び散った唾液などの飛沫(ひまつ)を通じて感染する「飛沫感染」や、
ウイルスが含まれた飛沫が物体に付着し、それに触れることから感染する「接触感染」が認められている。
接触感染は、付着する対象によっては最長で1週間、平均で5日ウイルスが生存するとの報告もあり、
2月前半には「接触を防ぐエレベーターのボタンの押し方」に大きな関心が寄せられた。

2月4日には新型肺炎と診断された浙江省の男性が、「野菜売り場で買い物をしている
15秒の間に感染した」可能性を報じられ、中国全土が震撼した。私は半信半疑だったが、
その後、北京大学第一医院感染疾病科の王貴強主任が新華社のインタビューで、「ウイルスの感染力は強い。
15秒で感染は十分に可能で、何も対処していなければ、2秒で感染もありうる」と述べた。

https://www.businessinsider.jp/post-207639








●武漢にできた新型肺炎「コンテナ病院」の全容
写真で追跡 国際会議場が2日間で大変身
次ページ ≫
財新編集部 2020/02/10 5:20

https://toyokeizai.net/articles/-/329381



武漢の「国際コンベンションセンター」が”コンテナ病院”に変貌(撮影:財新記者 丁剛)
約10日間で新型肺炎の専門病院を完成させ、世界を驚かせた武漢。今度は「国際コンベンションセンター」が”コンテナ病院”に変貌した。患者の収容能力は拡大しつつあり、今後は治療に最適な環境を用意できるかが問われる。現地から特報を連発して注目を集める独立系メディア、「財新」取材班の写真で整備の過程を追った。
新型肺炎の発生源である湖北省・武漢。2月3日までの死亡者数は313人で、全国の死者の74%を占めている。患者数も、ほかの都市に比べて圧倒的に多いが、彼らを受け入れる病床がまったく足りていない。


本記事は『財新』の提供記事です
2月3日、武漢市は「国際コンベンションセンター」「洪山体育館」「武漢ホール」の3カ所を臨時の”コンテナ病院”にすると発表した。2日後の5日夜10時から、軽症患者の受け入れを開始した。病床の数は3カ所合計で4400だ。

コンテナ病院は緊急手当てや外科処置、臨床検査などの機能を備える。1800床を備える国際コンベンションセンターでは、2段ベッドも見受けられる。

病院で収容治療し感染拡大を防ぐ
現在の計画ではコンテナ病院全体で1万以上の病床を目指している。狙いは、感染源となる人々を病院で収容治療し、家庭内やコミュニティー内での感染拡大を防ぐことだ。

武漢市共産党委員会の胡立山・副書記は2月5日、体育館や学校などを活用して、コンテナ病院を準備するよう各地区に求めていると述べた。

軽症患者だけでなく、重症患者の受け入れ態勢の整備も急ピッチで進む。建設期間10日ほどで完成した「火神山医院」は約1000床で、3日から感染者を受け入れ始めた。別の地区の「雷神山医院」は1500床規模だ。このほか5カ所の指定病院と合わせて7院体制の確立を目指す。

次ページ以降の写真で工事風景など現地の様子をお届けしよう。

(外部配信先では写真を全部閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みください)






●パンデミックの歴史
ここでは感染症全般の歴史ではなく、パンデミックの歴史を記述する。感染症
によるパンデミックは古代より見られ、大きな被害を与えてきた。
14世紀には黒死病(ペスト)がヨーロッパで大流行した。このときの流行では当
時のヨーロッパ総人口の約3分の1にあたる、およそ2500万人から3000万人も
の死者を出したとされる。
16世紀にはコロンブス交換によってもたらされた天然痘が南北アメリカ大陸で
猛威をふるい、天然痘の免疫を持たなかった先住民の人口は約10分の1にま
で減少した。またこの天然痘の大流行はアステカ帝国やインカ帝国といった
現地の政治権力に大打撃を与え、両国の滅亡とスペインの新大陸制覇の
一因となった[15]。
19世紀から20世紀にかけてコレラが、地域を変えつつ7回の大流行を起こした。
1918年から1919年にかけてスペインかぜ(インフルエンザ)が全世界で流行
し、死亡者は約5000万人から1億人にものぼった。この時期は第一次世界大
戦の末期にあたり、総力戦体制のもと全世界的に軍隊や労働者の移動が活
発となったことが被害を大きなものとした。流行は鉄道や河川といった輸送
ルートを通って海岸部の港湾都市から奥地へと広がっていった[16]。
1980年代以降、後天性免疫不全症候群の患者が全世界で増大したが、な
かでももっとも感染の激しかったブラックアフリカでは全人口の30%以上が
感染した国家まで存在し、平均寿命の大幅な減少がいくつかの国家で見
られた。
2002年11月1日〜2003年8月7日にはSARSが世界各地で流行。香港を中
心に8,096人が感染し、37ヶ国で774人が死亡した。







●2020/02/15(土) 11:40
和歌山県によりますと、男性医師の新型コロナウイルスへの感染が確認されていた、和歌山県湯浅町にある済生会有田病院で、新たに同僚の50代の男性医師の感染が確認されました。

この病院では一時入院していた70代の男性の感染も確認されていて、県では感染ルートの解明を急いでいます。

和歌山県で感染が確認されたのは3例目です。

2020年2月15日 11時37分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200215/k10012286971000.html





●2020/02/15(土) 10:17:33.74 ID:3PZWTcsh9
2020年2月14日

株式会社NTTデータ

当社拠点ビルに勤務している協働者1名が新型コロナウイルスに感染していることを本日確認しました。
本件を受けて、社員の健康と事業継続を保てるよう本社対策本部を設置し、所管保健所と連携を図り対応を進めてきました。
その結果、感染者の当社拠点ビルにおける行動履歴と、14名の濃厚接触者が保健所によって特定されております。
感染者が発生したビルに対しては、本日時点で以下の対応を取っております。

当該ビルおよび周辺3拠点の関連部門に勤務する社員/協働者の在宅勤務指示
当該ビル居室の消毒作業の実施
なお、感染者の当社拠点ビルにおける行動履歴ならびに、濃厚接触者の特定がされたことから、2月15日(土)以降については、
濃厚接触者を除き在宅勤務指示を解除するとともに、濃厚接触者への14日間の在宅勤務指示を行うこととします。

以上

https://www.nttdata.com/jp/ja/news/information/2020/021400/

★12020/02/14(金) 20:52:10.59
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581724571/





●新型ウイルス感染の千葉県の男性 都内に電車通勤 千葉県調査
2020年2月14日 23時40分

13日、新型コロナウイルスに感染していることが判明した千葉県内に住む20代の男性について、千葉県のその後の調査で、男性は都内に電車で通勤していたことがわかりました。県は東京都とも協力して調査を進めています。

千葉県では13日、県内に住む20代の会社員の男性が新型コロナウイルスへの感染が確認されましたが、男性の行動歴などが詳しくわかっていませんでした。

このため、県は男性から聞き取りをして経緯を調べ、14日、改めて発表しました。

それによりますと、男性は東京都内の職場まで電車で通勤し、主にデスクワークをしていたということです。

また、潜伏期間にあたる1月20日以降、2月1日までの間に社内で開かれた3時間から5時間ほどの会議に2回参加していたことが新たにわかりました。

男性によりますと、会議には数十人が出席していましたが、男性は「中国の人らしき人が複数いたが、具合の悪そうな人はいなかった」と話しているということです。

そして今月2日に発熱したあと、4日と7日は出勤していたということです。

男性は現在も肺炎の症状が続いていて14日の午後、専門の治療ができる県内の感染症指定医療機関に転院したということです。

男性の妻や子ども、同僚に今のところ症状は出ていないということですが、千葉県は、東京都と連携してほかに濃厚接触者がいないか調べるとともに会社の関係者の健康観察を行うなど対応を進めることにしています。

男性の発症後の行動は
千葉県によりますと、男性は今月2日に37度台の熱が出たあと、熱が上がったため6日までに県内の3つの診療所や病院を相次いで受診しました。

この間、4日と7日には電車で出勤していましたが症状が改善せず、せきも出るようになったため10日、さらに別の病院を受診し、肺炎を起こしていることがわかりました。

入院して抗菌薬などによる治療が行われましたが、症状が改善しなかったため、13日、新型コロナウイルスの検査が行われ、感染が確認されました。

現在も発熱とせき、肺炎の症状が続いていて、14日午後に千葉県内の感染症の指定医療機関に転院しました。

県によりますと、男性は勤務先までは電車で移動した一方、医療機関までは自分の車やオートバイで移動したほか、発熱したあとは勤務先と医療機関のほかには特に外出していないということです。
NTTデータのシステム開発業務担う外部会社に所属
13日、新型コロナウイルスに感染していることが確認された千葉県の20代の男性について、NTTデータは、この男性は、システム開発業務を担う外部の会社に所属する男性だったと発表しました。

NTTデータによりますと、この男性は東京 港区のオフィスで働く日本人のシステムエンジニアで、ふだんは電車通勤しているということです。

NTTデータは14日未明に男性が感染したことを確認したことから、14日はこの男性が働いていたオフィスのほか、男性と接触した可能性のある別の3つのオフィスで勤務する社員らに対して在宅勤務の指示を出し、オフィス内の消毒作業を行ったということです。

またこの男性との濃厚接触が確認された14人の社員らについては、15日以降も在宅勤務を指示しているということです。



2020/2/15
中国で医療従事者1700人感染、内6人が死亡!!!
マスクや防護服などの感染対策をしていても感染する。
東京三田NTTデータからも感染者発生!!!
日本生命三田ビル におけるコロナウイルス感染者発生。
東京 田町駅 三田駅 泉岳寺駅 が近い。
品川駅も危ない。感染者が発熱後も千葉から電車通勤していた。
これから都内では通勤通学時などの
満員電車などが原因で爆発感染しそうだ。
JRも環状線も地下鉄もバスも全面運行停止しろよ。
政府が思い切った強硬対策をおこなわないと東京で爆発感染が
始まったら日本が壊滅状態になる可能性が高い。
政府は中国人については個人旅行者も含めて全面日本入国禁止措置を
早急にとれよ。また現在日本にいる中国人は強制送還をおこなえ。
企業や学校も今後1か月間の活動停止や在宅勤務や
休校やスマホで在宅授業にしろよ。
命よりも大事な仕事は無いよ。
命さえあればまた活動再開できる。







●国内の「市中感染」連鎖を警戒  経路不明、重症化対応が急務

2020/2/14(金) 22:15配信産経新聞
国内の「市中感染」連鎖を警戒  経路不明、重症化対応が急務

新型肺炎の国内感染者分布

 新型コロナウイルスをめぐり、日本国内で感染経路が「不明」の感染者が相次いで見つかり、日常生活の中で広がる「市中感染」が現実味を帯びている。専門家は「新しい局面に入った」と警戒感を強め、重症者の早期発見と適切な治療の必要性を呼びかける。いまだに3千人超の乗客乗員を抱え、感染者が後を絶たないクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」への対応も続く中、国内の検査・医療態勢は十分といえるのか。

【図】マスクの正しい付け方

 国内初の死亡例を含む13日に公表された4人は、湖北省・浙江省への渡航歴を含めた中国との明確な接点がなかった。肺炎患者との接触も見受けられず、人から人への感染が連鎖的に起きた末の市中感染が強く疑われるケースといえる。

 神奈川県の80代女性の感染が確認されたのは13日の死亡後だった。ただ、1月22日から倦怠(けんたい)感などの初期症状を見せており、湖北省武漢市の空港が閉鎖される前の同月中旬ごろには感染していた可能性がある。

 日本感染症学会の舘田一博理事長は「当時武漢市から来た人が無症状のままウイルスを持ち込んでいてもおかしくない。そこから感染した人がいても、初期なら風邪のような症状だから分からない」と感染拡大の経緯を推測。その上で「国内でも発見された症例以上に、水面下で感染が広がっている」と指摘する。

 国内の感染者はチャーター機やクルーズ船関連を除き、11都道府県にまたがる。ただ、大半が感染経路をたどれ、厚労省は「流行が認められている状況ではない」と一貫して説明。同日の加藤勝信厚労相も「流行している状況ではないとの見解を変更する根拠はない」との姿勢を崩さなかった。一方で、感染拡大の流れを否定せず、検査・医療態勢の強化方針を示している。

 クルーズ船の検査に追われる中、民間会社や大学などの協力も得て、1日の処理能力を約1100件に増強。最短15分でウイルスの有無を判定できる検出機器も3月末までに導入する。

 医療面では同船の感染者の入院先が当初の神奈川、東京では収まらず、北関東や長野、山梨にも依頼。今後も感染が爆発的に広がった場合、患者を受け入れきれるのかの懸念が募る。

 感染症患者向けの設備がが整った指定医療機関は全国約370カ所で約1800床あり、「重症者には十分対応できる」(同省)。これに加え、一般の医療機関でも入院可能だとの通知を自治体に出している。

 舘田氏は「大事なのは、重症化しやすい高齢者や持病のある人の感染予防。多くの軽症者はインフルエンザと同じように自宅で療養し、感染を広げない。重症者に適切な治療を行うなどのすみ分けが必要な時期になってくる」と話した。

【関連記事】
「日本は甘すぎる」新型肺炎対策に米軍関係者が苦言
新型コロナ、感染爆発Xデーと「隔離」「解放」の究極選択
正恩氏に「重病説」浮上! 新型肺炎、北は厳重すぎる警戒もすでに感染拡大か
武漢で感染拡大招いた4万世帯参加の「万家宴」 意外な真相
新型ウイルス、クルーズ船内の感染者はどこに搬送されるのか
最終更新:2/15(土) 10:16
産経新聞







●2020年2月14日

株式会社NTTデータ

当社拠点ビルに勤務している協働者1名が新型コロナウイルスに感染していることを本日確認しました。
本件を受けて、社員の健康と事業継続を保てるよう本社対策本部を設置し、所管保健所と連携を図り対応を進めてきました。その結果、感染者の当社拠点ビルにおける行動履歴と、14名の濃厚接触者が保健所によって特定されております。
感染者が発生したビルに対しては、本日時点で以下の対応を取っております。

当該ビルおよび周辺3拠点の関連部門に勤務する社員/協働者の在宅勤務指示
当該ビル居室の消毒作業の実施
なお、感染者の当社拠点ビルにおける行動履歴ならびに、濃厚接触者の特定がされたことから、2月15日(土)以降については、濃厚接触者を除き在宅勤務指示を解除するとともに、濃厚接触者への14日間の在宅勤務指示を行うこととします。

以上

本件に関するお問い合わせ先
株式会社NTTデータ
広報部
TEL:03-5546-8051





●2020/02/15(土) 01:55

日本生命三田ビルでコロナ感染の疑いで全社員帰宅指示
https://twitter.com/LONGMENCAPITAL/status/1228148724901109760
田町→日本生命ビル。

先ほど全員帰宅と命じられた。

日本にいてもらやっぱり中国人ネットワークは最強。

コロナ関連情報共有
東京 田町駅 三田駅 泉岳寺駅 が近い 日本生命三田ビル におけるコロナウイルス感染者の件
14時30分時点で確認できた事実は
「感染の疑いのある者が居た」
「同じビルに一部部署が入っているNTTデータ社は社員の同ビルへの出社を禁止して全員在宅勤務」
です。
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

事業所
国内拠点

NTT品川TWINS データ棟

システム開発拠点アレア品川

NTTデータ伏見ビル

NTTデータ 堂島ビル
現在は地域分社制をとっているため、直轄の拠点は首都圏に限られている。各地域会社の社名は後ろに地域名が付いている。(北海道、東北、信越、東海、北陸、関西、中国、四国及び九州)

地域 拠点
豊洲 豊洲センタービル、豊洲センタービルアネックス、KR豊洲ビル
品川 NTT 品川TWINS データ棟・アネックス、アレア品川ビル
大手町 NTT DATA 大手町ビル
築地 NTT DATA 築地ビル
新川 茅場町タワービル
大森 NTT DATA 大森山王ビル
三鷹 NTT DATA 三鷹ビル
三田 NTT DATA 三田ビル
西葛西 NTT DATA 葛西テクノビル
竹橋 パレスサイドビル
大宮 大宮センタービル
駒場 株式会社 エヌ・ティ・ティ・データ・ユニバーシティ(旧: 研修センター)
堂島 NTT DATA 堂島ビル
伏見 NTT DATA 伏見ビル
葵 NTT DATA 葵ビル
比治山 NTT DATA 比治山ビル
古河 NTT DATA 古河ビル
印西 NTT DATA 印西ビル
博多 NTT DATA 博多駅前ビル
ほか

海外拠点
地域 拠点
アメリカ合衆国 ニューヨーク
ワシントンD.C.
カリフォルニア州
ニュージャージー州
イギリス ロンドン
中華人民共和国 北京
上海
無錫
重慶
杭州
マレーシア クアラルンプール
タイ王国 バンコク
ベトナム ハノイ




●2020/02/15(土) 08:35

これ、確かに。知らぬは日本人だけみたいな >「中国は、気が狂った
みたいに最大限の防備してる」

例えば、広州市は人口1100万人。武漢市とほぼ同じ。東京ともほぼ同じと
考えていいかもしれないが、感染者数は今のところ328人で、死者は0です。
検査状況を考えたら、もはや東京も同じくらいかもしれない。で、その広
州市でどんな制限が出ているかというと

「広州市内のレストラン内での食事の提供を禁止し,出前のみとする」
です。武漢市から1000キロも離れた、感染者数328人の1100万人都市でだよ。

同じ広東州の中山市(人口310万人)は感染者64人、死亡0人だが、
「指定道路を臨時管制下に置き,医療救護,緊急,消防,公務執行等を除
く車両の通行を制限」「生活必需品以外の商業店舗等は一律封鎖」
「一家庭につき二日に一回生活物資を購入する以外,特殊な事情がない
限り外出してはならない」

日本から見れば、まさに「気が狂ったような最大限の防備」だが、
中国はそこまでやって、抑え込もうとしている訳です。で、それ
は世界に報道されている。
見比べたら、日本はとんでもないセキュリティー・ホールだよね。






●エジプトで新型コロナ感染者、アフリカで初確認
2020/02/15 04:41
新型肺炎
 【カイロ=酒井圭吾】エジプト保健省は14日、国内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表した。アフリカ大陸での発症者確認は初めてとなった。

 保健省によると、感染者は「外国人」で、国籍は明らかにしていない。重症ではなく、感染者を隔離し、家族全員の検査も実施したという。






●NTTデータ、協働者がコロナウィルスに感染。14名の濃厚接触も特定される。国内企業のコロナ対策が加速

大元隆志 | クラウドセキュリティアナリスト/国士舘大学経営学部非常勤講師
2020/2/14(金) 22:59

新型コロナウィルスの感染者を発表したNTTデータ

2020年2月14日、NTTデータは、同社勤務者の一人が新型コロナウィルスに感染していたことを公表した。感染者の行動履歴から14名の濃厚接触が特定された。

同社は本日時点で以下の対応を実施。

当該ビルおよび周辺3拠点の関連部門に勤務する社員/協働者の在宅勤務指示
当該ビル居室の消毒作業の実施
なお、2月15日(土)以降は、濃厚接触者を除き在宅勤務指示を解除するとともに、濃厚接触者への14日間の在宅勤務指示を行うことを決定した。

■新型コロナウィルス対策に乗り出した国内企業
 遂に、日本の大手企業での新型コロナウィルスの感染が確認された。NTTデータは迅速に在宅勤務を指示しているが、人口が密集している都心では、いつ自社の社員が新型コロナウィルスに感染するかはわからない。国内企業の中には新型コロナウィルス感染に備えて対策の乗り出している企業も現れている。

 ・GMOインターネット 先月27日から、逸早く国内の従業員の大半にあたる約4千人を在宅勤務にすると発表。

 ・ヤフー 通勤ラッシュを避けて時差出勤するよう通知。100人以上が集まる会議なども原則禁止する。また、同社は月5回を上限にリモートワークできる制度を持っている。

 ・日本たばこ産業(JT) 2017年から原則週2日までテレワークを認めていたが、新型コロナウイルスの発生を受けて原則2日の上限を撤廃。

 万が一の事態に備えて、テレワークを可能にする制度やシステム、通勤ラッシュを避ける制度等を整備しておくことが求められるだろう。


大元隆志
クラウドセキュリティアナリスト/国士舘大学経営学部非常勤講師
大手SIerに所属し、通信業界で設計、提案、企画を14年経験後、クラウド利用増加に伴いクラウドセキュリティソリューションのビジネスイネーブルメントを担当し、現在はクラウドセキュリティコンサルティングを担当している。社会貢献の一環として国士舘大学 経営学部にて非常勤講師を兼務しており、即戦力の有る学生を育成するため学生向けに企業におけるモバイル/クラウド活用講座を実施している。『ビッグデータ・アナリティクス時代の日本企業の挑戦』など著書多数。所有資格:CISA(公認情報システム監査人)、CCSK、AWS認定ソリューションアーキテクトプロ、個人情報保護監査人、シニアモバイルシステムコンサルタント

takashi_ohmoto
takashi.ohmoto
official site
大元 隆志 著者ページ






●中国、医療関係者1716人が感染 深刻な院内感染発生

2020/2/14(金) 21:42配信朝日新聞デジタル

中国、医療関係者1716人が感染 深刻な院内感染発生

中国疾病対策センターが公開した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真
 新型コロナウイルスによる肺炎が流行している問題で、中国の国家衛生健康委員会の曽益新副主任は14日の記者会見で、12日までに中国本土で1716人の医療従事者が感染し、6人が死亡したことを明らかにした。

 感染した医療従事者のうち9割近い1502人は湖北省で感染し、なかでも武漢市で感染した人が1102人に上る。武漢をはじめとする湖北省で深刻な院内感染が起きていることを示すデータだ。

 同委は14日、新型肺炎で中国本土で新たに121人が死亡し、計1380人に達したと発表した。13日の発表では累計死者数を1367人としていたが、湖北省に重複があり修正した。感染者は5090人増え、累計で6万3千人を超えた(湖北省分は臨床診断による判断も含む)。(北京=高田正幸)

【関連記事】
その症状、風邪?新型肺炎? ウイルス感染の判定方法
広がる船内感染「日本の対応はカオス」 下船へ政府転換
給料ファクタリング「ヤミ金の再来」 被害急増、裁判も
娘を奪った殺人犯、あなたは許せますか ある夫婦の決断
ワンオペ育児「人類史的に不自然」 進化に見る子育て




●2020/2/6
400人感染の都市から横取り、上司の妻に頼まれ韓国買い付け。新型肺炎 マスク戦争が映す人間の本性
浦上 早苗
Feb. 13, 2020, 05:30 AM NEWS21,067


REUTERS/China Daily CDIC

2月6日夜、Twitterを開いたらトレンドワードの列に「中国・大理」という文字を見つけた。日本人には馴染みが薄いであろう雲南省の都市の地名がバズったのは、毎日新聞の記事がきっかけだった。

知らない人のために、その記事中で語られていなかった顛末も加えて、紹介したい。

配送中のマスク589箱を緊急徴用
大理

少数民族が人口の半分を占め、風光明媚な都市として知られる大理市、役人の傲慢な所業がそのイメージをぶち壊した。

REUTERS/Tingshu Wang

事の発端は、2月2日に大理市が出した「緊急徴用通知書」という文書だった。そこには、「新型コロナウイルスによる肺炎の抑止を徹底するため、雲南省瑞麗市から重慶市に配送中だったマスクを、法に則って緊急徴用した」と書かれていた。

ところが翌日、本来そのマスクを受け取るはずだった組織が「マスクを返してほしい」と文書を公開した。内容は以下のような感じだ。

「重慶市はミャンマー企業からマスクを購入し、大理市の配送業者に輸送を依頼したところ、2月1日にあなたの組織に差し押さえられました。この物資は重慶市の新型肺炎対策チームが新型肺炎対策のために企業から購入したものです。お願いですから返してください」

大理市の「法に則って徴用した」との居丈高な物言いに、中国の都市でも最高格の重慶市が低姿勢で「お願いですから返してください」と懇願する文書が公になると、庶民は一斉に大理市を非難した。2月6日時点で重慶市の新型肺炎感染者が400人を超えていたのに対し、大理市の感染者が10人だったことも、大衆の怒りを増幅させた。

しかもその後、湖北省黄石市に送られるはずだった医療用マスク2万枚も、配送途中で大理市に緊急徴用されたことが判明した。武漢市に近い黄石市は600人以上が感染し、死者も出ている。

厚顔無恥な振る舞いが表ざたになった6日、大理市は慌てて謝罪文を出した。

「大理にはマスクなどをつくれるメーカーがなく、調達体制が整っていない。疑いのある患者が増えて、緊迫感が高まっていた」と釈明し、職員が貨物検査で見つけて緊急徴用したマスクが598箱に及ぶことや、全てを医療機関や警察、住宅地などに配ったことを明らかにした。

大理市はマスクの返還を約束したが、配布先から取り戻せなかったマスクも多く、金銭補償を申し出た。市の衛生当局トップ2人も免職処分になった。普段なら喜んで金を受け取ったかもしれない中国人も、今回ばかりは「金があってもマスクは買えない。マスクを返せ」と怒り心頭だ。

1月には他人事だった日本人
日本のドラッグストア

日本はマスクの草刈り場になっている。

Yoko

6年前に母と息子を連れて大理市を訪れたことのある私は、少数民族風情あふれる美しいあの街が、こんな情けない所業でバズってしまったことに、しばし失望した。

いまだかつて、マスクがこれほど貴重品になった時代はあっただろうか。

世界保健機関(WHO)は7日、世界的なマスク不足で医療関係者に行き渡らなくなっていると懸念を表明し、「 需要は通常の最大100倍、価格は最大20倍となっている」と訴えた。最近になって、マスクがウイルスを予防する効果は薄いとの啓蒙も増えてきたが、庶民にできる予防方法が限られているので、効果が薄かろうがすがりたくなるのだろう。

私の友人に、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)流行後に中国留学し、中東呼吸器症候群(MERS)が流行した2015年には韓国の土産物屋で働いていたという、感染症と人生がしばしば交錯する日本人女性がいる。今は大阪の量販店で中国人や韓国人を接客するその彼女が、「SARSでもMERSでも、こんなにマスクマスクって感じにはならなかった。これもグローバル化なのかしらねえ」と話していた。

まだ中国人団体旅行客が日本に来ることが可能だった春節前半の1月25日ごろ、銀座や心斎橋でマスクを爆買いしていたのは中国人観光客で、日本人は他人事だった。しかしその後日本で感染者が相次ぐと、日本人もマスク大戦に参戦することになった。

「会社より子どもに」と怒る妻
日本の商社に勤める30代男性は、2月初めに会社から「中国の支社に送るので、社員の皆さんはマスクを購入してください。レシートとマスクを持ってきてくれたら、会社が代金を払います」というメールを受け取った。強制ではなかったものの、男性はドラッグストアを回り、3軒目の店舗のレジ横に1箱だけ残っていた30枚入りの商品を購入した。

「帰宅して箱をよく見たら、中国製って書いてあって。中国で製造したマスクをまた中国に戻すのかとか、日本製じゃなくても大丈夫かなとそんな話を妻にしたんです」

韓国

韓国に出張した男性が、同僚に頼まれてソウルの空港で購入したマスク。

Yoko

すると妻は、「子どもが通う中学校でインフルエンザが流行っているのよ。日本人のマスクが足りなくなるかもしれないのに、あなたの会社は何を考えているの」と腹を立て、結果、マスクは男性の妻に「緊急徴用」されたという。

韓国への出張が多い大阪府在住のメーカー勤務の男性(42)は、1月下旬から「ソウルにあればマスクを買ってきて」と頼まれるようになった。

先月の出張前には上司の妻に頼まれ、ソウルのスーパーでかき集めた。2月の出張時には同僚に頼まれ、空港で探した。

「日本で売っているN95マスク、韓国ではあの規格に相当するものをKF94と言うらしいんです。空港の店員に、『絶対KF94がお勧め』と言われましたが高いんですよ。RF94は5枚入りで1万5000ウォン(約1400円)。それはちょっとなと、普通のマスク8枚入り6000ウォン(約550円)を買いました。これも安くない気がしますが」

ちなみに、この男性も出張を終え自宅に戻ると、妻から「人の分だけ買ってきて、うちの分はないの? 頼んでおけばよかった」と小言を言われたという。

アリババもテンセントも業者“摘発”
マレーシア

マレーシアの薬局にも「マスクは売り切れた」と掲示されていた。マスク不足は世界に広がっている。

REUTERS/Lim Huey Teng

マスクの買い手は個人にとどまらない。中国で新型肺炎の拡大が深刻化すると、大企業からスタートアップまで、中国企業が我先にと「マスクを寄付する」と表明した。アリババのような大企業はバイヤーチームを結成し、日本は草刈り場になった。

日本人、中国人、企業、個人の争奪戦で店頭からマスクが蒸発すると、取引の場はオンラインに移り、価格の上昇が始まった。

現地の報道によると、アリババのECサイト「タオバオ(淘宝)」では1月20日にN95マスクの平均価格が3倍に上昇した。アリババは翌21日、ECサイトに出店する企業に「値上げは絶対に許さない」と通知。従わない企業のマスクの出品を阻止するようになった。

2月上旬までに、アリババは不当な価格で売られていたマスク57万商品を削除。ブラックリストの企業名を公表して、特に問題があるとみなした14店舗を永久追放処分とし、そのうち5社は警察に摘発された。

中国EC2位の京東商城(JD.com)も同様に7社を追放。他のEC企業も足並みをそろえたほか、低所得層に人気の新興EC企業拼多多(Pinduoduo)は、ユーザーが医療物資を安く入手できるよう大量のクーポンを放出した。

ECサイトだけではない。メッセージアプリWeChatを運営するテンセントは、SNS内でマスク詐欺を働こうとしているグループを発見し、警察に通報した。

春節が明けた2月3日、中国商務部の副部長は、記者会見でEC企業の自発的な取り組みを「新型肺炎対策で大きな貢献を果たした」と評価した。

どこにでもいる「国難に金儲けをする人々」
ベトナム

需要が急拡大し、自らもマスクをつけてマスクを作るベトナムの工場労働者。

REUTERS/Kham

北京市の市場監督当局も鉄槌を下している。1月29日、マスクを高値で販売していた薬局に300万元(約4700万円)の罰金を科した。その後も、各地で摘発が続いている。

もちろん取り締まりはイタチごっこで、使用済みのマスクを洗って未使用品として販売する悪質な業者も相変わらず存在する。

知人の中国人は、「こういう輩を中国語で『賺国難銭』(国難に乗じてお金を儲ける)と言うんですよ。本当に恥ずかしい」と眉をひそめた。それを聞いた私は、「そういう人は日本にもいるから」と言わずにはいられなかった。

中国から10日ほど遅れて、メルカリやアマゾンのようなECプラットフォームでも、店頭価格の数倍から数十倍するマスクが出品されるようになった。「賺国難銭」は中国だけに存在する問題ではないのだ。いや、むしろ日本の方が、彼らにとっては居心地がいいかもしれない。

2月に入ってワイドショーなどメディアがマスク高額出品問題を取り上げるようになると、フリマアプリのメルカリは5日、マスクの取引について「社会通念上、適切な範囲での出品・購入を」とウェブサイトで注意を呼び掛けた。

消費者から苦情が寄せられているという消費者庁も同じ日、ECサイトやフリマアリに対応を要請した。だが、法外な価格で出品されようが、買う人がいれば「自由意志に基づいた取引」であり、法的に取り締まるのは難しいという。

新型コロナウイルスが可視化させるもの
amazon

日本のアマゾンで「マスク」と検索すると、店頭価格よりかなり高額な商品が表示される(2月8日現在)

数年前までアマゾンジャパンで働いていた女性は、1月末にアマゾンで法外な高値のマスクが多く出品されているのに気づいた。

「社会に対して大きな影響力があるのに、アマゾンはこういうときに、消費者に対して一歩進んだ誠意あるアクションが取れないんです」と歯がゆそうに話し、「こういう局面で、人や企業の本当の姿が出るように思います」と続けた。

マスク

マスクをつけて結婚式に参加する韓国人カップル。

REUTERS/Heo Ran

たしかに、日中で起こった未曽有宇のマスク不足は、普段は目に入りにくいものを可視化させている。

民間業者からマスクを横取りし、取った相手が自分たちより格上の自治体だと分かると、慌てて幹部を処分する地方政府。マスクを高値で売る業者に、一罰百戒とばかりに高額の罰金を科す中国当局。SNSのやり取りを堂々と監視し、喝さいを浴びる中国のIT企業。マスクをフリマアプリで高値出品し、テレビのインタビューに「手に入らない地域の人に流通させているだけ」と居直る日本人転売ヤー。そして世間の批判が大きくなるまで、様子見を続ける日本のEC企業……。

マスク問題に限らない。世界に広がる新型コロナウイルスの脅威は、対峙する人々や国の無意識の“癖”“や習性”のようなものも、浮き彫りにしているように思える。


関連記事
【佐藤優・新連載】“知の巨人”、人間関係に悩む青年に「同僚は“友だち”ではない 」
浦上早苗: 経済ジャーナリスト、法政大学MBA実務家講師、英語・中国語翻訳者。

早稲田大学政治経済学部卒。西日本新聞社(12年半)を経て、中国・大連に国費博士留学(経営学)および少数民族向けの大学で講師のため6年滞在。新聞社退職した時点でメディアとは縁が切れたつもりで、2016年の帰国後は東京五輪ボランティア目指し、通訳案内士と日本語教師の資格取得しましたが、色々あって再びメディアの世界にてゆらゆらと漂っています。市原悦子演じる家政婦のように、他人以上身内未満の位置から事象を眺めるのが趣味。未婚の母歴13年、42歳にして子連れ初婚。

関連記事:
アマゾン






●中国、無症状感染者数は非公表 医療関係者6人死亡 新型肺炎
2020/2/14(金) 16:45配信時事通信
 【北京時事】中国国家衛生健康委員会の曽益新副主任は14日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎に関し、中国政府が毎日発表している感染者数には、ウイルス検査で陽性が出ても無症状の感染者は含めていないことを明らかにした。

 中国の感染者は同日午前0時(日本時間同1時)時点で6万3851人(うち死者は1380人)に上るが、症状の出ていない人を含めるとさらに増えることになる。

 曽氏は無症状感染者の扱いについて、各医療機関に対し14日間の隔離と発見後2時間以内の報告を求めているが、「『病例』ではないので、対外発表する必要はない」と説明。さらに「せきやくしゃみなどの症状がなければ、病原体を広げる確率は低い」と述べた。

 また曽氏は、12日午前0時(同1時)までの集計で、中国国内の医療関係者6人が死亡したことを明らかにした。感染者は1716人で、このうち9割近い1502人が湖北省、中でも武漢市が1102人を占めた。肺炎発生以降、中国政府が医師や看護師ら医療関係者の感染状況を公表するのは初めて。 

【関連記事】
「感謝の言葉もない」 千葉のホテル滞在者―新型肺炎
【解説】新型コロナウイルスの流行はどのくらい深刻なのか?
【写真】マスクの出品についてメルカリが発表したコメント
マスク供給、週1億枚見通し 菅官房長官
新型肺炎で北朝鮮支援の用意 米






●コロナウイルス感染拡大は「3月までに終結」と大御所が断言する理由

現代ビジネス 2020/2/14(金) 15:01配信

根路銘国昭さん。1939年、沖縄県生まれ、北海道大学大学院中退(獣医学博士)。スペイン風邪ウイルスのルーツを解明するなど、ウイルス研究の国際的第一人者
インフルエンザウイルスが横綱なら、新型コロナウイルスはせいぜい関脇だ──。


猖獗をきわめているかに見えるウイルスだが、過剰に恐れる必要はないのか。呼吸器ウイルス感染症の大御所・根路銘(ねろめ)国昭氏にノンフィクション作家・山根一眞がインタビューする緊急企画、後編を配信する。〈前編はこちら〉
----------

コロナウイルス感染拡大は「3月までに終結」と大御所が断言する理由

根路銘国昭さん。1939年、沖縄県生まれ、北海道大学大学院中退(獣医学博士)。スペイン風邪ウイルスのルーツを解明するなど、ウイルス研究の国際的第一人者

コロナウイルスでインフルエンザ?

 新型コロナウイルスに関する情報があふれているが、専門家ではない人たちの憶測や誤った情報も多く混じっている。

 ワイドショーの看板である某司会者が、「コロナウイルスに感染して肺に入り、インフルエンザが発症した時に……」と口にした。ニュース番組を仕切る者ですら、インフルエンザとコロナ肺炎の違いがわからないのだから、情報が混乱しているのは当然だろう(いずれも呼吸器感染症だが、発症原因のウイルスがまったく違う)。

 そこで、インフルエンザやコロナウイルスによるSARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)との闘いを経験してきたウイルス呼吸器感染症の大御所、根路銘国昭さんに、何が正しい情報かを聞いたインタビューの後編をお届けする(前編はこちら)。

コロナウイルス感染拡大は「3月までに終結」と大御所が断言する理由
山根一眞所蔵のコウモリ標本(東南アジア産)。コウモリは哺乳類で世界に約1000種が生息し、哺乳類の4分の1を占める。ヒトと同じ哺乳類であるため共通のコロナウイルスを持つことは不思議ではない。夕方の東京・日比谷でも飛翔する姿が見られるほど身近な動物だ
ハクビシンもコウモリも被害者
 山根 2020年2月3日、上海公衆衛生臨床センターや復旦大学公衆衛生学部などが科学誌「nature」に、重度の呼吸症候群を発症した武漢の食品市場就労者から得たコロナウイルスのゲノム(RNA遺伝子、2万9903ヌクレオチド)の解析結果を論文にして発表しましたね。

 以前に中国のコウモリで確認されたSARS様コロナウイルスと、89.1%の共通点があったという内容です。このニュースを受けて、SNSでは「コウモリを食べたから感染が広がったんだ」と書く者も出ました。

 根路銘 コウモリはコロナウイルスを媒介しているにすぎず、新型コロナウイルスの元の宿主は他の野生動物です。2003年12月、コロナウイルスによるSARSの感染拡大時、中国当局はハクビシン(ジャコウネコ科)にSARSウイルスとほぼ同じウイルスが見つかったとして、広東省の食品市場などでのハクビシンの殺傷を実行しています。

 たまたま、ヒトに感染したSARSウイルスの塩基(遺伝情報を担う化学物質)数が、ハクビシに感染したコロナウイルスと29違うだけでとても似ていたんです。

 しかし、ハクビシンにSARSウイルスが入ったのはごく数年前のことで、SARSはハクビシンから始まったものではなかったようです。

 これらのウイルスは、何らかの動物に長い時間潜み続け、出撃の準備(変異)を整えて、動物やヒトへの感染を開始するものなんです。科学誌「nature」には、最近まで人間に流行してきたウイルスを、たった1mmほどの小さな昆虫が多く保存していることを明らかにした論文が発表されています。

 ウイルスはこうやって生物の中に潜み、何らかの意志をもって自らの生き残り策を考えているとしか思えない。私たちは、数十億年の進化の歴史を辿ってきたウイルスのことを、まだほんの一部しか理解していないんです。


感染者の閉じ込めはウイルス培養と同じだ
 山根 武漢では、感染を拡げないために感染者や肺炎を発症した患者を病院の隔離病棟に閉じ込める策をとってきましたが、効果は期待できますか? 
 根路銘 いや、閉鎖した空間、隔離病棟に閉じ込めたのは大きなミスです。閉鎖した空間に感染者や発症者を閉じ込めるのでは、ウイルスを培養しているのに等しい。これは、大きな間違いです。

 2月7日、武漢大学中南医院の医療チーム14人が連名で、米医学雑誌「JAMA」のオンライン版に、「40人の医療専門家と17人の入院患者は院内感染が疑われる」という正直な報告を投稿しましたね。閉鎖した病院が爆発的な感染の元になったことを物語っています。私が早くから指摘していた通りでした。

 山根 病院では、院内感染を防ぐためにどういう対処をすべきだった? 
 根路銘 病院の窓を全部開け放ち、扇風機でも使って室内の空気を外に排出し、ウイルスを追い出せばよかった。窓を開けて「鬼は外!」が最良の方策だったんです。

 空気中に長時間浮遊し「空気感染」するインフルエンザウイルスと違い、コロナウイルスは「飛沫核感染」しかしない。しかもコロナウイルスは、空気中で1〜2メートルも飛べば死滅します。

 2003年、SARSが大きな流行を見せたベトナム・ハノイの病院では、病院の窓という窓を開け放ち、扇風機で室内の空気を外へ送り出し、SARSウイルスを空へ放つという思い切った方策をとりました。これによりベトナムは流行終結宣言を出せたんです。実に敬服すべき措置でした。

 香港では、高層ビル内のエレベーターが、SARS感染者のウイルスを複数の人に拡散させる「スーパー・スプレッダー」となり大流行が起こったんですが、これはベトナムでウイルスを「鬼は外!」で克服したサクセスストーリーとは対象的でした。

コロナウイルス感染拡大は「3月までに終結」と大御所が断言する理由
2003年、ハノイの病院での除染作業 Photo by Getty Images
SARSを克服したハノイのB病院
 根路銘 この意外だが思い切ったコロナウイルスとの戦い方は、2004年2月、重要な教訓として米国の国立生物工学情報センターに記録されました(「Lack of SARS Transmission among Public Hospital Workers, Vietnam」)。

 それには、SARSを克服できなかったA病院と克服したB病院の対応の違いとして、「A病院は空調のある狭い病室に感染者を閉じ込めていたが、B病院のSARS隔離病棟は高い天井と天井扇風機を備えた大きく広々とした部屋で、通風のために窓を大きく開いておくよう指示をしていた」と記録しているんです。

 これまでのウイルスによる呼吸器感染症では、病院が感染拡大の元となったケースが少なくないという教訓も忘れてはいけません。


クルーズ船は窓を開け放つべきだ

 山根 感染者が確認されたクルーズ船内では、3000人以上の乗客は下船できず、しかも船室からも出ないようにと言われていると伝えられています。

 根路銘 それは間違いです。クルーズ船をウイルス培養装置にしてはいけません。感染者を閉鎖空間に閉じ込めておくのでは、武漢の病院やSARSの時のベトナムのA病院と同じにならないかと心配です。

 ウイルスの多くは、外殻(エンベロープ)に覆われたボール状で、外側にトゲ(スパイクタンパク質)をたくさん備えています。コロナウイルスでは、トゲのタンパク質が健康な細胞の表面の受容体(レセプター)にとりつき、そこから細胞内に侵入します。ひとたび侵入したあとは、増殖するためRNA(生命設計図)を駆使して細胞内の材料で自らのコピーを大量に生産、それらが細胞の外に出てさらなる増殖へと拡大を続けます。

 ところがコロナウイルスの「トゲ」は脆弱で、空気中では脱げてしまうんですよ。そのため、咳や痰で排出した飛沫に含まれるコロナウイルスは、1メートルも飛べば死滅してしまうわけです。

 私は以前、コロナウイルスのトゲの正常な整然とした姿をとらえようと、電子顕微鏡での撮影を試みたものの、とても苦労した経験があるんです。きれいに精製したコロナウイルスを電子顕微鏡で見たところ、エンベロープは大部分がまる裸になり、トゲが欠失していたからです。

 あのトゲは、ウイルスが備える攻撃用の武器ですが、コロナウイルスではとても壊れやすい。

 私が、ベトナムのB病院の教訓に学び、「空気中に出たウイルスは窓を開け放って外へ追い出せ」と言っているのは、そういう敵の弱点をつけということです。クルーズ船も窓をできるだけ開けることですよ。

コロナウイルス感染拡大は「3月までに終結」と大御所が断言する理由
マスクの品切れ状態は続いているが…… Photo by Getty Images

感染拡大は2月末〜3月に終結する

 山根 室内で、空気中に出たウイルスを殺す方法は? 

 根路銘 コロナウイルスは壊れやすいので、1%の界面活性剤を噴霧するだけで殺せます。特別な消毒剤がなくても、水にごくごくわずかな家庭用の洗剤や石けんを溶かしたもの使うのでも効果があります。

 また手洗いでは、水だけで洗うのでは十分ではないので、石けんを使うことです。石けんはウイルスを作っている膜を溶かしますから。

 また、飛沫核感染はしますが、コロナウイルスは感染力が強いインフルエンザウイルスよりは御しやすいので、感染者、肺炎発症者に近づく時はマスクをするなどを心がければ、いずれ終息します。

 山根 感染拡大はいつまで続きますか? 
 根路銘 テレビで4月、5月にさらに感染が広がるおそれがあると発言している人がいて唖然としました。コロナウイルスは気温が上がると生きていけないんです。もともと冬の寒い季節に活発になる風邪のウイルスなので、2月末から3月に入れば自然に終息すると私は見ています。

 正しい知恵と対処法をもって向き合あえば、あと1ヵ月で終息するはずです。恐怖を煽りたてることをやめ、落ち着いて対処してほしいと願うばかりです。

沖縄自生植物がウイルスを殺菌する

 山根 根路銘さんは、沖縄に自生する植物、センダンにインフルエンザウイルスを死滅させる効果があることを発見、以前から数多くの論文を発表。製品化も進めていると聞いていますが。

 根路銘 センダンはインドでは薬用植物「ニーム」としてよく知られている植物ですが、沖縄には多く自生しています。

 長年にわたりインフルエンザウイルスと戦ってきましたが、感染拡大のためとはいえ、感染した鳥や動物を何万と殺傷する方法はしのびない。そんなことをせずにすむ効果的なウイルス殺菌方法はないかと、故郷の沖縄に戻ってから研究所を創立、探ってきて到達したのがセンダンによる予防、殺菌方法です。1月8日に東京でセンダンをテーマにした「インフルエンザ消毒液セミナー」を開催したばかりです。

 センダンは、外殻(エンベロープ)を持つウイルスが健康な細胞に吸着する時に働くHA(ヘマルグリチニン)と、細胞内で増殖したウイルスが殻の外に出て離脱すると時に働くNA(ノイラミニダーゼ)という両方のタンパク質を切断する機能があることを解明できました。

 そのため、同じ外殻を持ち、HAやNAを持つSARSウイルスやコロナウイルスの消毒液としても利用できるのでは、と考えています。

山根 一眞(ノンフィクション作家)






【関連記事】




死ぬ瞬間はこんな感じです。死ぬのはこんなに怖い
驚愕!実は大阪で「エイズ」が大爆発していた
新型コロナウイルス、実は「マスク着用」より先にやるべきことがある
お嬢様が高知東生との「クスリセックス」に溺れるまで
「エホバの証人の活動のなかで、最もつらかったこと」元信者が告白
コロナ「感染拡大のおそれはとても小さい」大御所がパニックを叱る!








●新型コロナウイルス、毎日5万人が新たに感染している可能性がある。
世界の3分の2が感染する可能性も−専門家

2020/2/14(金) 3:05配信Bloomberg
(ブルームバーグ): 中国で劇的に感染症例が増加している新型コロナウイルス。状況ははるかに悪化する可能性があると、世界保健機関(WHO)の非常勤顧問を務める感染症の権威、アイラ・ロンジーニ氏は警告する。

フロリダ大学で感染症を統計・定量的に分析する研究所の共同所長を務めるロンジーニ氏は、中国における新型コロナウイルス感染拡大の研究を調査。同氏の試算によると、最終的な感染者数は数十億人に達する可能性がある。現在の公式発表は約6万人。

ウイルスがこの規模にまで広がれば、数千万人の居住地隔離など中国が採用した厳しい封じ込め策にも限界があったことを浮き彫りにする。WHOのテドロス事務局長は、中国の隔離措置はその他の地域や国に準備するための猶予を与えたとして、称賛している。

隔離措置は感染拡大を遅らせるかもしれないが、隔離前の時点で既にウイルスは中国内外に広がる機会があったと、ロンジーニ氏は指摘。感染拡大を半分に抑えたとしても、世界のおよそ3分の1が感染することになると論じた。

爆発的な流行の可能性を警告するのは、ロンジーニ氏だけではない。インペリアル・カレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン氏は、中国では毎日5万人が新たに感染している可能性があると見積もる。香港大学のガブリエル・レオン教授(公衆衛生学)も、このまま放置すれば世界の3分の2近くがウイルスに感染する恐れがあると述べていた。

一方、2003年にWHOの重症急性呼吸器症候群(SARS)対応を監督したデービッド・ヘイマン氏は、ウイルスの拡大規模を的確に予想するにはさらなるデータが必要だと論じる。ロンドン大学衛生熱帯医学大学院の同氏は、「中国以外の国々は極めて効果的に流行を抑え込んでいる」と語った。

原題:Coronavirus Could Infect Two-Thirds of Globe, Researcher Says(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

John Lauerman

【関連記事】
ジャビド英財務相が突然辞任、ジョンソン首相の内閣改造に打撃
米CPI、コア指数の抑制された状態続く−中古車や医療品が低調
Tモバイル親会社、スプリント買収条件の再交渉望む−関係者
カーニー英中銀総裁、金利をマイナスにする必要がなくて「幸運」
トランプ氏、元検事正の次期財務次官指名を撤回−元顧問の起訴に関与
最終更新:2/14(金) 3:05
Bloomberg



●正恩氏に「重病説」浮上! 識者「動きが老人のよう。病気か身体能力の低下としか思えない」 新型肺炎、北は厳重すぎる警戒もすでに感染拡大か
2020/2/13(木) 16:56配信夕刊フジ

 中国の新型肺炎問題で、中国人観光客の受け入れ禁止や国境封鎖など、いち早く厳重な措置を取ったのが北朝鮮だ。中国に依存する経済への打撃は避けられないなかでの「鎖国」政策について、北朝鮮国内でも新型肺炎が蔓延(まんえん)しているとの推測があるほか、朝鮮半島ウォッチャーは、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の「重病説」があるとの見方を示す。

 北朝鮮の国営メディアは、「新型コロナウイルスの感染者は発生していない」と繰り返しているが、それにしては動向が異様だ。

 14日からドイツで開かれる安全保障関連の会議に北朝鮮の代表団は欠席すると伝えた。新型肺炎の影響とみられる。ポンペオ米国務長官らが出席予定で、米朝接触の可能性が指摘されていた。

 8日の朝鮮人民軍創建72年の記念日でも、国営メディアから軍事パレードに関する情報は伝えられなかった。

 北朝鮮は1月22日に中国からの外国人観光客の受け入れを全面停止。23日には中国在住者の入国や中国経由の入国についても特段の理由がない限り禁止した。中国との貿易も全面停止し、ロシアとの定期航空路線も封鎖。朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」は、新型肺炎は「国家存亡にかかわる重大な政治的問題」だと宣言した。

 中国とのパイプを遮断することは北朝鮮経済に重大な危機を招く。それでも「鎖国」に踏み切ったのは、衛生状態に問題を抱え、防疫施設も不足する北朝鮮ですでに新型コロナウイルスの感染が拡大しているとの観測も根強い。

 龍谷大教授の李相哲氏は、正恩氏の体重増加や痛風など健康不安の存在が背景にあるとみる。

 李氏が着目するのは、朝鮮中央通信が1月25日の正恩氏の動向として伝えた映像だ。叔母の金慶喜(キム・ギョンヒ)氏が6年ぶりに公の場に姿を見せ、平壌(ピョンヤン)で旧正月を祝う記念公演を鑑賞する様子が伝えられた。

 「階段を登ったり公演が終わって舞台に向かう正恩氏の動きはとても緩慢で老人のようだった。病気を患っているか身体能力の低下としか思えない」と李氏。「人民の安全よりも『革命(=正恩氏)を守る』という北朝鮮の姿勢が現れたのではないか」と分析する。

 北朝鮮専門のニュースサイト「デイリーNKジャパン」編集長の高英起(コウ・ヨンギ)氏は、「北朝鮮はSARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)の際にも同様の対策を講じている。正恩氏の重病説も以前から出ているものだ」と話すが、北朝鮮内部に何らかの異変は生じているようだ。

【関連記事】
「喜び組」の定年は25才 口にするのも…な酷い罰ゲームも
新型肺炎、感染拡大で韓国経済に衝撃! 親中路線の文大統領は“四面楚歌”
「ここを第2の武漢にするつもりか!」韓国、武漢からの同胞帰国に“暴動騒ぎ”
韓国・中国・北朝鮮以外は「世界中ほぼ親日国家」である理由
北朝鮮大学生 「金正恩を陰では『子豚野郎』と呼んでいる」
最終更新:2/13(木) 19:35
夕刊フジ






●新型肺炎 1日で感染者1万5000人増の衝撃 封じ込め作戦は破綻したのか 湖北省・武漢市トップを更迭
木村正人 | 在英国際ジャーナリスト
2020/2/13(木) 18:07

中国上海市で新型コロナウイルスの感染をマスクなどで防ぐ市民(写真:ロイター/アフロ)

死者も1日で255人増
[ロンドン発]新型コロナウイルス肺炎が中国湖北省武漢市から世界中に広がっている問題で、米ジョンズ・ホプキンス大学CSSEの集計で13日、死者1300人、感染者6万人を突破。1日の感染者数(日計)は約1万5100人とこれまでの最高だった約4000人を大幅に上回りました。

専門家による統計サイト、worldometerによると、死者の数も日計で12日に255人を記録。10日の108人を上回りました。1月23日以降、武漢市とその周辺の5600万人を“集団隔離”した封じ込めは功を奏していないのでしょうか。

中国共産党中央委員会は湖北省党委員会書記(省のトップ)蒋超良氏の後任に習近平国家主席の側近、応勇・上海市長を、武漢市党委員会書記(市のトップ)馬国強氏の後任に山東省済南市党委員会書記、王忠林氏を充てる人事を発表しました。更迭人事です。

感染者の基準を改めた中国
習近平氏は新体制で新型コロナウイルス対策を強化する考えです。新型コロナウイルスの死者や感染者の数が突然、急増したのは中国が基準を国際基準に近づけたからでしょう。これまでに確認された感染者6万332人のうち4万8206人が湖北省に集中(約80%)しています。

英BBC放送によると、湖北省は、標準的な核酸検査だけに頼らず、発熱やコンピュータ断層撮影(CTスキャン)で肺に症状が見られた患者も新型コロナウイルスの感染者としてカウントするようになったそうです。

英インペリアル・カレッジ・ロンドンMRCセンターも中国の感染者数が重症化した患者に限られているのに対し、中国国外の感染者には症状が現れていないマイルドなケースも含まれていると指摘していました。

「ダイヤモンド・プリンセス」の感染者は218人に
一方、横浜港で隔離されているイギリス船籍のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新たに44人の感染が確認され、感染が確認された乗員乗客は計218人となりました。中国国外では最大の感染者数です。クルーズ船は感染症に脆弱で、「海に浮かぶ培養皿」と呼ばれているほどです。

加藤勝信厚生労働相は当初の14日間船内に隔離する方針を改め、13日、80歳以上の高齢者や持病のある人、窓のない船室の乗客から優先的にウイルス検査を受けてもらい、下船させるという人道的な配慮を示しました。

感染の広がり船内に残された約3500人のうち、80歳以上の高齢者が200人もいるそうです。日本のウイルス検査能力に限界があるとは言え、もう少し早く判断できなかったのか後々、論議を呼ぶのは避けられないでしょう。

「ダイヤモンド・プリンセス」は1月20日に横浜港を出港。25日に香港で下船した男性から感染が確認されたため、2月3日から感染症の国内侵入を防止するため検疫法に基づき検疫を実施していました。感染予防を徹底した5日から14日間、船内に留め置く方針でした。

感染の広がりを見ると乗客と接触する機会が多い乗員が感染経路として疑われます。新たに感染者が見つかり、接触が疑われた場合、隔離期間はさらに14日間延長されます。いつまでも乗員乗客の忍耐が続くわけがなく、全員検査態勢の構築を急ぐ必要があります。

1879年の「海港虎列刺病伝染予防規則」
感染症が大きなニュースになると必ずと言って良いほど新聞のコラムに登場するのが「コレラ船」の話です。幕末の開国で外国との交易が盛んになり、感染症を水際で防ぐため1879年「海港虎列刺(コレラ)病伝染予防規則」が公布されました。

その年、コレラが流行していた清(現在の中国)からやって来たドイツ船ヘスペリア号が検疫を拒否し、横浜に入港しました。当時、列強のドイツには治外法権が認められており、日本は手出しできませんでした。

因果関係ははっきりしませんが、その後、日本ではコレラが大流行し、死者10万人を数えました。

コレラの感染者が見つかり、入港できないまま沖に繋がれた船は「コレラ船」と呼ばれました。終戦直後、中国大陸などから引揚船が次々と帰港した際、船内でコレラ患者が見つかり、祖国を前に船内で死亡した復員兵も少なくありませんでした。

「コレラ怖ぢ蚊帳吊りて喰ふ昼餉かな」
俳人であり、エッセイストの夏井いつきさんの「絶滅寸前季語辞典」(筑摩eブックス)の中に「コレラ船」が載っています。コレラ船は晩夏の季語でした。

「コレラ怖(お)ぢ蚊帳吊(つ)りて喰(く)ふ昼餉(ひるげ)かな」杉田久女

「コレラ船いつまで沖に繋(かか)り居る」高浜虚子

西アフリカでエボラ出血熱が流行した2014年の朝日新聞天声人語では日野草城の「月明や沖にかゝれるコレラ船」という句も紹介されています。

「ころり」と恐れられたコレラの感染を恐れて蚊帳の中で昼食をとる家族の姿を描写した杉田久女の句について夏井さんはこう記しています。

「このような心理はどの時代の誰の心にも潜んでいる。正しい情報が正しい判断を生むという当たり前のことを、常に確認し続けておかないと、一生コレラ蚊帳の中から出てこられない人間になってしまうだろう」

今は新型コロナウイルスを世界に広めた中国や「ダイヤモンド・プリンセス」を留め置く日本を責めている場合ではなく、協力して支援することが大切です。「コレラ船」の時代よりグローバル化とクルーズ船の大型化が進んだ今、感染症と闘う私たちの科学力と人間性が改めて問われています。

(おわり)








●新型肺炎、封鎖された武漢で一体何が起きているのか

2020/2/10(月) 19:44配信ナショナル ジオグラフィック日本版
新型肺炎、封鎖された武漢で一体何が起きているのか

2020年2月3日、中国武漢市内の人気のない大通りを横断する男性。武漢から流行した新型コロナウイルスの感染による中国での死者数は2月10日の時点で900人を超えた。(PHOTOGRAPH BY GETTY IMAGES)
新型コロナウイルスの感染拡大から1カ月、医師と患者の生の声で知る発生から現在まで
 発汗と悪寒は旧正月とともにやってきた。

 ワン・ジェン氏は33歳、湖北大学で哲学の講師をしている。1月25日の夕方、武漢郊外の自宅で妻と2人の子どもと両親と一緒に旧正月を祝うテレビ番組を観ていたとき、ふと息苦しさを感じた。胸の違和感は時間とともに大きくなり、やがて座っていられなくなった。

ギャラリー:新型肺炎、封鎖された武漢で一体何が起きているのか 写真5点

「最初に思ったのは、家族にうつしてはいけないということでした。まだうつしていなければの話ですが」と振り返る。

 ワン氏は小さなバッグに荷物を詰めて、冷たい霧雨の中、市内にあった大学のアパートに車で向かった。大きな通りは封鎖されていたが、武漢生まれの彼は検問所を迂回して目的地をめざした。アパートにたどりつくと、ソファーに倒れこんで感染症に関する最新のニュースをチェックした。

 この時点では、中国政府は新型コロナウイルスの感染者を1320人と発表していた。その大半が武漢を省都とする湖北省で確認されていた。実際に感染が拡大し始めた最初の数週間に、彼は人々が謎の病気にかかっているという話は聞いていたが、さほど警戒していなかった。地元当局は当初、ウイルスは野生動物に由来するもので、ヒトからヒトへは感染しないと言っていたからだ。

 その内容が変わったのは、ワン氏が発症する5日前だった。武漢に派遣された国家衛生健康委員会のチームを率いる鐘南山氏が中国国営テレビに、ヒトからヒトへの感染が起きている証拠があると語ったのだ。中国政府は人口1100万の巨大都市武漢の交通を厳しく制限して封鎖し、翌週にはその範囲を湖北省全域に広げた。ポルトガルの2倍の広さの6000万人近くが暮らす地域が封鎖されたことになる。

「市内はがらんとしていました」と彼は言う。「世界の終わりのような、不気味な雰囲気でした」

 アパートにいるワン氏の体調はさらに悪化し、中国の緊急電話番号である120に電話をかけた。話し中だった。電話を置き、暗い部屋で1人助けを待った。外では新型コロナウイルスが燎原の火のように広まっていた。

 今、中国ではたくさんの人が彼と同じような経験をしている。

 新型肺炎にかぎらず、どの「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」でも、最初の1カ月は似たような状況になる。

 WHOのデータによると、2月10日の時点で、中国本土の感染者数は4万人を突破した。死者は900人を超え、感染者の3分の2以上が湖北省に住んでいる。17年前のSARS(重症急性呼吸器症候群)禍を思い出す人も多い。当時は全世界で8100人が感染し、800人近くが死亡した。

 SARSの病原体もコロナウイルスだったが、今回の新型コロナウイルスは短い期間にはるかに多くの人々に感染している。アジア、ヨーロッパ、北米の25の国と地域で200人以上の感染者が報告されていて、2月1日には中国国外で最初の死者も出た。

12月29日以降、病院はあっという間に満員に
 1月1日、武漢市随一の感染症センターの医師チャン・リー氏は、非定型肺炎の重症患者たちの治療にかかりきりになっていた。

 その武漢市金銀潭病院に最初の患者が運び込まれたのは12月29日だった。翌日にはもっと増え、それから数十人になった。1週間もしないうちに入院患者は定員を超えた。以来、同じく同病院の呼吸器科医師である夫を含め、金銀潭病院の全スタッフが過酷な仕事に耐えている。

「生きるか死ぬかの戦いです」とチャン氏は言う。

 中国の習近平国家主席は新型コロナウイルスの感染拡大を予防し、制圧するために、この地域に戦時体制を敷いた。中国共産党は1月24日にSARSやエボラ出血熱の治療経験をもつ人民解放軍の医療スタッフ450人を武漢に送り込んだ。習主席は封鎖地域に防護マスクと防護服、診断ツールなどの医療物資を迅速に届けるように命じ、危機への対応を怠った役人を処分すると約束した。

 科学者たちは早速、感染症が拡大した過程を検討した。

 1月29日には医学誌「New England Journal of Medicine」に最初の425人の重症患者に関する論文が発表され、重症患者の平均年齢が59歳であることが示された。

 これは新型コロナウイルスに関する現時点で最大規模の疫学研究である。論文の筆頭著者である香港大学の疫学者ベンジャミン・カウリング氏は、ヒトからヒトへの感染の明確な証拠も示されたと言う。

 同氏は「疑問の余地はありません」としながら、15歳以下の子どもの重症患者はいなかったとする一面も指摘した。

 カウリング氏の研究では、1人の患者から平均2.2人に感染したと推定された。また、医学誌「ランセット」に1月31日付で発表された別の論文では、平均2.7人に感染したと見積もられている。どちらの研究チームも香港大学医学部長ガブリエル・レオン氏が率いている。レオン氏の研究や他の分析によると、感染から発症までの潜伏期間は、多くの場合5〜6日のようだ。

 コロナウイルスは主に濃厚接触、特に、感染者の咳やくしゃみからの飛沫で感染する。しかし、1月29日に「New England Journal of Medicine」に発表されたもう1本の論文では、最初の米国人感染者の軟便の中にウイルスが排泄されている兆候を発見し、患者の排泄物から感染する可能性もあることが示唆された。

 ウイルスの広がりを抑えるため、春節の旅行で封鎖前に武漢から出た数百万人の足取りが追跡され、2週間の隔離が義務付けられた。春節休暇は延長され、中国全土の人々は、できるだけ在宅で仕事をするように推奨された。団体旅行は中止、バス、電車、飛行機での国内移動も規制されている。

 先例のない厳しい対応だが、一部の専門家は称賛に価すると評価している。「迅速に対応した中国政府は信用できます」と、米コロンビア大学感染症・免疫センターのイアン・リプキン所長は言い、ウイルスの封じ込めにも期待する。同氏の研究室は過去に中国当局とSARSの早期診断テストを開発したことがあるが、2003年のSARS禍に比べれば「はるかにいい対応です」と言う。

 WHOのテドロス・アダノム事務局長も中国政府の対応について同様の評価を発表していたが、その直後の1月30日、新型コロナウイルス感染症について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。この宣言はWHOでは最高レベルの警告であり、病原体が発生した国以外も、国際的に協調した対応が迫られることになった。WHOは今後3カ月間に、感染症の脅威にさらされた国々の対応に6億7500万ドル(約740億円)を支出することを予定している。

「今回の緊急宣言は中国への不信任決議ではありません」と、テドロス事務局長は1月30日にジュネーブでの記者会見で語った。「私たちは医療システムの脆弱な国々にウイルスが拡散する可能性を心配しているのです」
現場の医師の声
 だが武漢市の金銀潭病院に勤めるチャン氏は、特に重症の患者のみを治療している同病院の状況は悪化していると感じている。

「致死率は上昇しているように見えます。今日は私が担当する病棟だけで3人が亡くなりました」と、2月2日の夕方にナショナル ジオグラフィックの電話取材に応じてチャン氏は言った。疲れている様子がうかがえ、口調は静かで、強い悲しみと無力感が伝わった。

「ウイルスが強力になっている兆候なのかはわかりません」。体調を崩し現場を離れる同僚が相次いでいるという。新型肺炎に感染した人もいれば、過労で倒れた人もいる。新型肺炎について市民に最初に警戒を呼びかけた医師の1人である李文亮氏は、2月7日に亡くなり大きく報じられた。

 チャン氏らは「ランセット」に発表した論文で、1月1日から20日までに金銀潭病院に入院した重症患者99人の致死率は11%だったと発表している。現時点で、中国全土では重症患者の致死率は15%前後である。

 研究では、最悪の結果が予想される因子として、喫煙歴、細菌感染、高血圧、糖尿病、高齢を挙げている。チャン氏は、「命に関わる重症化を防ぐためには、これらの因子を早期に特定し、早期に治療を受けることが重要です」と言う。

 一部の専門家は、この数字は新型肺炎の中心地以外には当てはまらないのではないかと考えている。全体の死者は2月10日の時点で約910人で、全世界の感染者の2%程度にとどまっているからだ。

「実際の致死率はもっと低い可能性があります」と、デューク・シンガポール国立大学医科大学院のリンファ・ワン新興感染症プログラム長はみる。軽症患者の多くは病院に行っておらず、検査能力にも限界があるため、確認されている感染者は全体のごく一部だと思われるからだ。

感染で孤立、役に立ったのはインターネット
 武漢市内のアパートで1人で耐えていたワン氏は、このままでは死ぬと思った。子どもたちの成長を見られないのは耐えられない。再び120に電話をかけた。まだ話し中だった。

 何回かけてもつながらない電話にパニックになったワン氏は、このデジタル時代に誰もが思いつく手段に出た。ソーシャルメディアを使ったのだ。

 彼は中国で人気のメッセージアプリWeChat(微信)を使って、友人や同僚や学生にメッセージを送った。数十人が返事をくれた。彼らはワン氏のために120に電話をかけてくれた。同僚の友人の武漢天佑病院の医師は彼のためにベッドを確保してくれた。

「封鎖エリアでは、恐怖や不安や病気に関する知識の不足が人々を苦しめています」と、武漢で健康診断などを行っている慈銘体検グループの内科医リュー・ハオ氏は言う。「インターネットのおかげで、できることはたくさんあります」

 武漢生まれのリュー氏は、見捨てられた人々をオンラインで支援するため、30人以上の医師を含め、中国全土から約100人のボランティアを集めた。医学的な指導と心理カウンセリングを提供するほか、感染の予防法や隔離下での食事、健康維持に関する助言も行っている。

 封鎖がいつ解除されるかはわからない。「長期戦の構えです」とリュー氏は言う。「人々は、自分たちを気にかけてくれる人を必要としています。今は病院で診てもらえなくても、必要なときには誰かが助けてくれることを確認したいのです」

 WeChatで助けを求めてから数時間後、ワン氏のアパートに救急車が到着した。防護マスクと防護服を身につけた2人の医療スタッフが、彼を天佑病院に搬送した。高熱はあったものの、X線検査では重症の呼吸器疾患の兆候は見られなかった。

「少なくとも死ぬことはないのだと思いました」と彼は言う。けれどもコロナウイルスの検査は受けられなかった。少ない試薬は肺炎の症状がはっきり出ている患者のためにとっておく必要があったからだ。彼は経過観察のために入院した。2人の高齢の男性患者と相部屋で、それぞれのベッドはカーテンで仕切られていた。

「私たちは一言も喋りませんでした。ウイルスを持っているのではないかと、お互いを警戒していたのです」とワン氏。だが彼はまだ幸運だった。

 武漢の封鎖後、市民は市内の病院に殺到した。国営テレビは大混雑の発熱外来の様子を伝えた。数え切れないほどの人々が追い返され、隔離のために自宅から出ないようにと指示された。隔離できる場所も、隔離に関する正しい助言もなく、多くの家庭で新たな感染が起きた。自宅で死亡した人は公式な死亡者数には入らない可能性がある。

 感染が疑われる人々をただちに適切に隔離しなければならないと呼びかける人々もいる。「それができないと、『歩く感染源』や交差感染が増えてしまいます」と、武漢にある華中科技大学のレイ・レイペン人文学部副学部長は言う。同氏のチームは湖北省政府に対して、症状があるが今すぐ専門病院で治療することのできない人々を隔離するように働きかけている。

「彼らを放置してほかの人々に感染させてはいけません」とレイ氏は言う。「武漢のホテルはガラ空きです。多くの総合病院にも空きがあります。感染の広がりを阻止するために、こうした施設を利用すればいいのです」

 武漢に閉じ込められている多くの人々の不安は、近く解消する可能性もある。『湖北日報』によると、湖北省政府が2月2日に、感染者の特定と隔離を優先的に進めていくと表明したという。

 また、先例のない医療ニーズに応えるため、中国政府は武漢に2つの新しい仮設病院を建設した。国営テレビは数十台の色とりどりの重機が建設現場の地面を掘る様子を伝えた。短期間での建設を可能にするため、6300人以上の作業員が24時間体制で作業にあたった。

 最初の病院「火神山病院」は10日で完成し、2月4日にオープンした。雷神山病院も2月6日にオープンした。2つの病院には人民解放軍の医療スタッフ3400人が配備され、ベッド数は2600床になる。

 一方、武漢市内の24の総合病院が、呼吸器感染症患者を受け入れられるように改装中だ。プロジェクトメンバーのスン・フェンファ氏は中国国営テレビに対して、これで2月上旬には新たに1万3000床が加わることになると語った。「感染症の広がり具合を見て、ほかの病院も改装するべきかを判断する予定です」回復、退院後も自己隔離
 天佑病院での数日間の抗ウイルス薬治療などにより、ワン氏の具合はずっとよくなった。熱は下がり、息苦しさもなくなり、胸の違和感も和らいだ。病院は彼を退院させた。まだ完治ではないものの、中国の混乱は続いているからだ。

「終息の時期はまだわかりません」と、武漢市金銀潭病院の呼吸器科のチャン医師は言う。「患者はもっと出るでしょう」

 2月7日に「ランセット」に発表された論文では、これまでに明らかになった患者数と疾患の広がりのモデルにもとづき、武漢では1月25日までに約7万6000人が新型コロナウイルスに感染したと見積もっている。論文の著者らは、感染者は6.4日ごとに倍増しているとみている。しかし、研究チームを率いたレオン氏は、「その後の先例のない規模の社会的隔離により、広がり方は遅くなっている可能性があります」と言う。

 現時点で、スーパースプレッダー(いちどに多くの人にウイルスを感染させる患者)の存在は、査読のある学術誌にはまだ報告されていない。しかし、1月24日に「ランセット」に発表された論文は、軽症患者や症状のない感染者から感染する可能性を指摘している。2月4日には、中国の国家衛生健康委員会が、そうした事例が特に家族内で多く確認されていることを認めた。

「症状が出ないかぎり感染しないSARSとは対照的です」と、医学研究専門の慈善団体ウェルカムトラストのジェレミー・ファラー代表は言う。「そうなると、制圧は非常に困難です」

 そのため、退院したワン氏は、自分がウイルスに感染していて人にうつす可能性があるとして、市内にある湖北大学のアパートで自己隔離を続けている。学生たちが交代で食料品の買い出しに行ってくれている。

「学生たちはアパートの外に荷物を置いて、メッセージを送ってくれます」とワン氏。「直接会うことはありません。危険を冒すわけにはいきませんから」

 家族とはWeChatのテレビ電話で毎日「会って」いる。「1日も早くこんな状態が終わるといいのですが。子どもたちを再び抱きしめられる日が待ち遠しいです」

文=Jane Qiu/訳=三枝小夜子






●2020/02/13(木) 14:46
【ニュース】

新型コロナウイルス 世界の感染者数(正午すぎ時点)
▼中国本土 59493人
▼日本 247人(うちクルーズ船で218人の感染を確認)
▼香港・台湾・マカオ 78人
▼その他23カ国 242人

世界の死亡者数(正午すぎ時点)
▼中国 1355人
▼香港 1人
▼フィリピン 1人
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)






●新型肺炎の死者、1300人突破 湖北省で感染者1万4000人超増 中国
2020/2/13(木) 9:14配信時事通信
 【北京時事】中国湖北省政府は13日、新型コロナウイルスによる肺炎の死者が前日より242人増え1310人になったと発表した。

 これで中国本土の死者は1358人になった。同省の感染者は1万4840人増の4万8206人に急増した。

 今回の発表から臨床診断に基づく患者数を加えた。これまで発表されてきた湖北省の感染状況は「実態よりも少ない」と指摘され、情報隠蔽(いんぺい)も疑われていた。批判を踏まえ、集計方法が変更された可能性がある。 

【関連記事】
【写真】マスクの出品についてメルカリが発表したコメント
マスク供給、週1億枚見通し 菅官房長官
新型肺炎、くすぶる「兵器用ウイルス説」 当局に不信感―中国
「環境劣悪だから感染ゼロ」 自虐投稿が人気―インドネシア
【解説】新型コロナウイルスの流行はどのくらい深刻なのか?
最終更新:2/13(木) 10:27
時事通信






●◎清掃作業員の月給は45万円から53万円。さらに、宿泊費と食事代も無料!!!
武漢の新病院通常の10倍以上で募集中
2/13(木) 7:07配信テレ朝 news
All Nippon NewsNetwork(ANN)
 「新型コロナウイルス」の感染が拡大するなか、中国の武漢で新たに
建設された病院では清掃作業員の月給が通常の10倍にまで高騰しています。
 新型コロナウイルスの感染が拡大する武漢では増え続ける患者に対
応するため、新たに2つの病院が突貫工事で建設されて開業しました
。中国メディアによりますと、そのうちの一つ「火神山医院」では日本円
で約45万円から53万円の月給で清掃作業員の募集が行われている
ということです。さらに、宿泊費と食事代も無料となっています。現地
での過酷な労働環境を考慮したもので、武漢の平均的な月給の10倍
以上での募集となっています。
最終更新:2/13(木) 7:17
テレビ朝日系(ANN)





●2020/02/12(水) 17:36:

 深刻なインフルエンザがロシア全域に蔓延している。ロシアの医学専門家は、今回のインフルエンザの発症率と死亡率が過小評価されているとの観点を示した。実際に、インフルエンザは
新型コロナウイルスよりも人類に大きな危害を加えるという。



 11日付露イズベスチア紙によると、ヴォロネジやウファなどの学校が閉鎖されている。また隔離エリアはサラトフ州、チュメニ州、オレンブルク州、ウリヤノフスク州、ヴォルゴグラード州などに
拡大している。現地政府は各種大型活動の開催を禁止した。ロシア保健省によると、コーカサス地方の感染情況が現在最も深刻だ。



 ロシアのインフルエンザ研究所によると、インフルエンザと急性呼吸器感染症の発症率が、ロシア全域及び全年齢層で上昇傾向を示している。ロシアの専門家によると、
新型コロナウイルスよりもインフルエンザの方が、人類により大きな危害を加える。ロシア国立研究医科大学の専門家の研究によると、昨年9月より米国では1500万人
以上がインフルエンザに感染し、約1万人が死亡している。米国では毎年約4万人がインフルエンザで死亡している。世界保健機関(WHO)の統計によると、全世界で
毎年65万人がインフルエンザで死亡しており、その大多数が発展途上国となっている。



 ロシア通信の11日の報道によると、ロシア消費者権益保護・公益監督局はロシアで発生中のインフルエンザについて、患者は主にワクチン接種を受けていない人と報告した。
死者の多くが高血圧、冠状動脈性心疾患、糖尿病、肥満症などの慢性疾患を患っていた。報道によると、同局のアンナ局長は10日、ロシア国内のインフルエンザは現在安定していると述べた。



「中国網日本語版(チャイナネット)」 2020年2月12日

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2020-02/12/content_75698118.htm









●香港ではトイレの配管経由で...新型コロナウイルスの感染か
2020/2/11(火) 19:34配信FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

中国国営テレビによると、新型肺炎の状況が深刻な中国・武漢市のある湖北省の共産党委員会は10日夜、省の衛生当局トップとナンバー2を解任した。

新型肺炎のまん延による更迭とみられている。

一方、香港の集合住宅では、感染者の住人とは違う階に住む住人にも、新たに感染が確認された。

地元当局は、トイレの配管経由で感染が広がった可能性があるとして調べている。

FNN

【関連記事】
新型コロナウイルス 中国政府が必死に“封じ込め”対策を行うも感染者数は増加の一途…「スーパー・スプレッダー」が現れた可能性は?
新型肺炎対策に使える「消毒用エタノール」…そっくりだけど“価格が違う2種類”の差は効き目ではなかった
“あおり運転”法廷で「椅子にもたれ腕組み」「サンダル投げ出し」…被告の驚きの態度
「良い時計してますなぁ」が遠回しすぎて分かりにくい…“京都特有”の言い回しを専門家に聞いてみた
「アルコールが抜ける時間」4割が知らなかった!医師が教えるやってはいけない二日酔い対策
最終更新:2/11(火) 20:05
FNN.jpプライムオンライン




●2020/02/11(火) 17:50
「遺体を燃やすと出る亜硫酸ガス、武漢上空で大量検出…
1万4000体は燃やさないとこのレベルのガスは出ない」

https://livedoor.blogimg.jp/kaikaihanno/imgs/3/c/3cdd84bf.jpg
http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/56413509.html

武漢から膨大な量の亜硫酸ガス(Sulfur Dioxide; SO2)が検出された。
亜硫酸ガスは死体を燃やす時に発生するガスである。
この程度のガスが出るには、1万4000人の遺体を燃やさなければならないという。
武漢と近くの都市、また、中国全土で高い数値の亜硫酸ガスが検出されている。
これが事実なら、これまで中国政府が対外的に公表した死亡者数900人は、
完全に嘘という話になる。

死を待つだけの隔離施設 死んだら(死ななくても意識を失ったりすれば)そのまま燃やされる
https://www.youtube.com/watch?v=gzh2lL45GCA




●2020/02/11(火) 22:37

厚生労働省は11日、政府のチャーター機で中国湖北省武漢市から帰国した男性2人が
新型コロナウイルスに感染しているのを新たに確認したと発表した。

https://this.kiji.is/599852592174941281?c=39550187727945729

厚生労働省によると感染が確認された2人のうちの1人は、1月30日に帰国後、
埼玉県の自宅で待機し、2月8日に発熱の症状を訴えていた。


新型コロナウイルスに関連した患者の発生について(24例目)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09422.html

昨日(2月10日)18時頃に、健康フォローアップセンターより、今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の症例の報告がありました。
この患者は、埼玉県在住の方であり、1月30日に武漢市からのチャーター便(第2便)で帰国された邦人で、
地方衛生研究所において検体採取を行ったPCR検査の結果、新型コロナウイルスが検出されました。
新型コロナウイルスに関連した感染症の患者の発生が国内で確認されたのは24例目です。
本件について、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を確実に行ってまいります。

(1)年代: 40代 
(2)性別: 男性
(3)居住地: 埼玉県
(4)症状、経過:
1月30日 第2チャーター便で帰国。
   同日 空港から移動し、国立国際医療研究センターにおいて診察を受けた際にPCR検査を実施したが陰性。
2月1日 小児と一緒に帰国したため、希望により自宅へ帰宅。自宅待機。
2月8日 発熱39.5度。
2月9日 市販薬を服用し37.2度まで解熱。
2月10日 午前 埼玉県内医療機関を受診。胸部X線写真上、両側中下肺野に肺炎像あり。
同日 検体(咽頭ぬぐい液)を採取し、地方衛生研究所においてPCR検査を実施し陽性。埼玉県内医療機関に入院。
2月11日 午前 38度台の発熱。
(5)行動歴:
ご家族2名が濃厚接触者の疑い。詳細調査中。
本人の報告によると、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。
中国において、肺炎患者との明確な接触は確認できていない。


前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1581426614/
1が建った時刻:2020/02/11(火) 15:45:04.53







●【報ステ】インフル“過去10年で最悪”か アメリカ
2020/2/11(火) 23:30配信テレ朝 news

All Nippon NewsNetwork(ANN)

[ 前の映像 | 次の映像 ]
 アメリカで、インフルエンザの感染者数が過去10年で最悪の規模になる恐れがある。CDC=米疾病対策センターによると、今シーズンの感染者数は、これまでに推定で2200万人、死者数は1万2000人に上っている。専門家からは、子どもの死者数が例年より増える可能性も指摘されている。流行が深刻だった2017〜2018年の感染者数は、推定で4500万人だったが、今シーズンはこれを超えるとも予測されている。
最終更新:2/11(火) 23:30
テレビ朝日系(ANN)



●障害あれば愛深まる? 統一教会の合同結婚式、ウイルス懸念の中で開催
2020年2月7日 21:15 発信地:加平/韓国 [ 韓国 韓国・北朝鮮 ]
このニュースをシェア

韓国・加平で行われた統一教会(世界基督教統一神霊協会、現:世界平和統一家庭連合)の合同結婚式(2020年2月7日撮影)。

(c)Jung Yeon-je /
【2月7日 AFP】新型コロナウイルスの流行が懸念されている韓国で7日、統一教会(世界基督教統一神霊協会、Unification Church、現:世界平和統一家庭連合)の合同結婚式が同国北部の加平(Gapyeong)で行われ、カップルおよそ6000組が結ばれた。中にはマスク着用で式に参加する新郎新婦の姿もみられた。

 統一教会側はこの日、参列者およそ3万人にマスクを配布。ただ、実際に着用したのは一部の人だけだった。

 21歳の大学生だという新婦は、「感染のことを全く心配していなかったと言ったらうそになる」「でも、今日はウイルスから守られているような気がする」と語った。

 韓国でこれまでに確認された新型コロナウイルスの感染者は24人。隣国の中国では3万人以上の感染者が確認されており、韓国政府は流行の中心地である中国・武漢(Wuhan)を最近訪れた外国人の入国を禁止している。(c)AFP/Kang Jin-kyu








中国に行けないクルーズ船が集まる韓国釜山…新型肺炎防疫に懸念
ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2020.02.08 11:4522 글자 작게
글자 크게
新型コロナウイルス感染症の感染拡大で中国出発・寄港が全面的に中断されたクルーズ船が釜山(プサン)港に入っている。2日から6日まで計3隻のクルーズ船が当初の予定になかった釜山港に寄港した。釜山港湾公社の関係者は7日、「国際クルーズ船の日程は普通1ー2年前から組まれる」とし「最近、釜山港に寄港した3隻のクルーズ船は中国入港が禁止されたことで予定になかった釜山港に寄港した」と説明した。

3隻ともにクルーズ船の乗客は下船しなかった。海洋水産部海洋レジャー観光課の関係者は「6日に釜山港に寄港したクルーズ船は乗員が下船を希望したが、新型コロナ感染を懸念して下船を拒否した」とし「生活必需品などの供給だけを受けて釜山港を離れた」と伝えた。

政府は検疫基準を強化し、予定がなかったクルーズ船の寄港に対応している。クルーズ船が入港する前の乗客の健康状態証明書、クルーズ船の医師の所見書、中国を経由したかどうか、以前の寄港地の検疫情報などを確認し、せきや発熱など症状を見せる乗客がいるかどうかを把握する。中国や新型コロナ発病地域から14日以内に出港または経由した乗客や乗務員の1人にでも発熱やのどの痛みなどの症状があれば、クルーズ船の乗客全員を下船させない。たとえ入港しても船から下りた乗客は入国審査を受けるターミナルで発熱チェックを受けなければいけない。ここで有症者を確認する予定だ。

実際、検疫基準が強化された中、今年初めて11日に釜山に入る予定だったクルーズ船1隻が入港を放棄した。このクルーズ船はウエステルダム号で、この船は検疫基準強化のためにこのように決定したと、釜山港湾公社側は明らかにした。この船は1日、乗客と乗員の計2257人を乗せて香港を出発したが、日本政府から入港を拒否された。また香港に戻ることなどを検討中という。

12日、13日、17日にも予定になかったクルーズ船が1隻ずつ釜山港に入る。釜山港湾公社の関係者は「中国に続いて台湾も入港が禁止され、釜山に向かってくるクルーズ船」とし「3隻ともにクルーズ船の乗客は下船しない予定」と話した。

問題は2月中旬から釜山港に入港する国際クルーズ船だ。2月に4隻、3月に8隻、4月に22隻が入る予定だ。クルーズ船1隻には1000人−4000人ほど乗船している。寄港は通常、港に入ってから数時間後または翌日に離れるが、入港は乗客が下船して数日間滞在する方式だ。限られた空間で多くの人員が短ければ数日間、長ければ数十日間にわたり共に生活するため、新型コロナ感染者が乗船すれば短期間に多数に伝染する可能性が高い。実際、先月20日に約3700人を乗せて横浜を出港したクルーズ船のダイヤモンド・プリンセス号に新型コロナウイルスが広がり、7日基準で61人の感染が確認された。新型コロナに感染した乗客が下船して釜山市内の観光地やショッピングセンターを歩き回る場合、事態はさらに深刻になる。

海洋水産部海洋レジャー観光課の関係者は「検疫基準と防疫が強化され、一部の船会社は自主的に入港を取り消している」とし「政府が国際クルーズ船の入港を許可しても、徹底的に防疫をして新型コロナウイルスが広がることがないようにする」と話した。