2022年08月29日

飼料用米

ネット上の記事はすぐに消えてしまうことが多いので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。



飼料用米

令和4年8月29日更新









TOP
農業経営
飼料用多収米とは? 主食用米から転換するメリットと、品種選定・栽培のコツ
農業経営
飼料用多収米とは? 主食用米から転換するメリットと、品種選定・栽培のコツ
飼料用多収米とは? 主食用米から転換するメリットと、品種選定・栽培のコツ
出典 : Kaz / PIXTA(ピクスタ)
現在、日本では主食用米から飼料用の多収米への転換が推進されています。しかし、なぜ転換が推進されているのか、また転換するメリットがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、飼料用の多収米を栽培するメリットや品種選定、栽培のコツについて詳しく紹介します。

2022/01/30
#収益性#水稲#飼料作物#栽培管理
目次
主食用米からの転換が推進される「飼料用米」とは?
米農家が飼料用米栽培に取り組むメリット
デメリットはある? 飼料用米による農業経営の課題
「主食用米と同じ」はNG! 飼料用米の収量を増やす栽培のコツ
日本では現在、国から主食用米から飼料用の多収米への転換が推進されています。そこで、この記事では、転換が推進されている理由や、転換のメリット・デメリット、品種選定のコツなどについて紹介します。

主食用米からの転換が推進される「飼料用米」とは?
まずは、そもそも「飼料用米」とは何かを説明します。飼料用米がどのように利用されているのか、またなぜ転換が推進されているかといった理由なども解説していきます。

飼料用米の概要と、転換が推進される理由
飼料を与えられた乳牛
ymtsmtk / PIXTA(ピクスタ)

飼料用米とは、水田を活用して生産できる家畜用の飼料のことです。

現在の家畜飼料としてはとうもろこしが広く使われていますが、飼料用米(玄米)の栄養価はとうもろこしとほぼ同等であり、家畜にとって優れたエネルギー供給源となります。

日本で主食用米から飼料用米への転換が推進されているのは、飼料の自給率向上や経営リスクの分散が目的です。

現在、家畜飼料として広く利用されているとうもろこしは、その約9割を輸入に頼っています。

しかし、輸入に依存しすぎていては、海外の穀物価格や為替相場の変動が畜産物の価格や生産量に直接影響を与えます。そこで国は、飼料の自給率を上げることで、畜産物の供給安定を図ろうとしているのです。

また、国民1人当たり1年間の米の消費量(国民1人・1年当たり供給純食料のうち米)は、1965年には111.7kgだったのに対し、2019年には53.2kgとほぼ半分に減少しています。

国民1人・1年当たり供給純食料のうち米の推移
出典:農林水産省「食料需給表」所収の「令和2年度食料需給表(概算)」よりminorasu編集部作成

さらに、新型コロナウイルスの影響によって中食・外食事業者向けの需要も減少していることから、米の価格は今後もどんどん下落していくと推測されています。

一方で、飼料用米は安定した収入を得ることが可能であり、現在の水田をそのまま活用できることから、経営リスク分散の手段として、飼料用米への転換が推進されています。

※米の価格動向についてはこちらの記事もご覧ください。

米の買取価格の動向と今後の予測|農家が取るべき対応とは?
米の買取価格の動向と今後の予測|農家が取るべき対応とは?

日本における飼料用米生産の現状
2020年産の飼料用米の作付面積は全国で7.1万ha、生産量としては38万tで、平均単収は10a当たり539kgでした。

飼料用米の作付面積・生産量の推移
出典:農林水産省「「飼料用米をめぐる情勢について(令和4年1月)」よりminorasu編集部作成

また、飼料用米の経営規模としては、全水稲の作付規模の約8割以上が5ha以上となっており、大規模農家が生産を担っていることが分かります。

水稲全体と飼料用米の経営規模別文武状況
出典:農林水産省「農林業センサス 2020年 水稲部門−販売目的の水稲作付面積規模別統計」、「「飼料用米をめぐる情勢について(令和4年1月)」よりminorasu編集部作成

一方で、2018年以降の生産量は減少傾向にあり、畜産農家側からは安定的な供給が求められています。

また、多収品種の導入や水田の区分管理などによる本作化、複数年の契約による安定的な取引拡大も推進されています。

出典:農林水産省「飼料用米関連情報」所収「飼料用米をめぐる情勢について(令和4年1月)」

米農家が飼料用米栽培に取り組むメリット
飼料用米の水田
田舎の写真屋 / PIXTA(ピクスタ)

飼料用米への転換目的を理解しても、米農家として気になるのは、飼料用米の栽培が農家にとってどのようなメリットをもたらすかということでしょう。そこで次に、飼料用米に転換するメリットについて詳しく紹介します。

主食用米の栽培に向かない水田でも、新たな設備投資なしで栽培できる
飼料用米は、排水が悪い、あるいは、ほ場整備を行っていないなど、高品質米の栽培には向かないような水田でも作付けが行えます。

栽培体系は主食用米と同じ
飼料用米の栽培体系は、田植えから収穫までは通常の稲作と同じです。そのため今まで使用してきた農機具などが利用でき、特別な設備などが不要なので、大きな負担なく転換が行えます。

主食用米品種も利用できる
飼料用米としては、通常、収量の多い専用品種が使われます。しかし、主食用品種のうち、収量が比較的多い品種も飼料用米としての使用が可能です。つまり米農家が慣れ親しんだ従来の品種が使えるため、転換に感じる不安を減らせます。

助成金など、安定経営につながる国の支援策が豊富
国は、飼料用米へのスムーズな転換を推進するため、さまざまな支援策を行っています。

飼料用米に取り組むことで受けられる助成としては、「水田活用の直接支払交付金」の戦略作物助成や産地交付金(転換作物拡大加算、複数年契約加算)などがあります。

戦略作物助成金は、水田を活用して飼料用米を生産する農家に対し、収量に応じて10a当たり5.5〜10.5万円が交付されます。

過去実績から標準単収以上の収量が確実だと認められる場合には、自然災害などの場合でも特例措置として標準単価(10a当たり8万円)が交付される点が魅力です。

転換作物拡大加算は、地域農業再生協議会ごとにみて主食用米が減少し、転換作物の面積が前年度より増加した場合、増加面積に応じて10a当たり1.5万円を配分するものです。

複数年契約加算は、より安定的な生産と供給を支援するための交付金で、飼料用米を必要とする事業者との複数年契約(3年以上)を行った場合、10a当たり1.2万円が配分されます。

※「水田活用の直接支払交付金」などの経営所得安定対策は、年度ごとの予算措置によって内容や金額に変更があります。必ず、林水産省の「経営所得安定対策」のページや各自治体の案内を確認してください。

※2022年1月現在、令和3年度のパンフレット「経営所得安定対策等の概要(令和3年度版)」が掲載されています。

デメリットはある? 飼料用米による農業経営の課題
飼料用米と飼料用とうもろこし
Kaz / PIXTA(ピクスタ)・ttn3 / PIXTA(ピクスタ)

飼料用米を栽培するデメリットとしては、低価格での販売が求められる点が挙げられます。

飼料用米は飼料の主原料である輸入とうもろこしの代用であるため、畜産農家の負担にならないよう、とうもろこしと同等もしくはそれ以下の価格で販売しなければいけません。

しかし、現在の主食用米の収量のまま低価格にすると、利益率が下がってしまいます。低価格と儲かる農業を両立させるためには、多収の実現や農地の大区画化など、生産コストの低減が課題となるでしょう。

「主食用米と同じ」はNG! 飼料用米の収量を増やす栽培のコツ
では、多収を実現させるにはどうすればよいのでしょうか。最後に、飼料用米を栽培するに当たって、どうすれば収量を増やせるのか、その栽培のコツについて具体的な事例などを紹介します。

収量確保の鍵は「品種選定」と「作期の分散」
収量を確保するには、第一に品種の選定が重要です。

品種を選ぶポイントとしては、「多収かつ効率化ができる」、「栽培する地域や用途に適合する」、「多肥栽培や直播栽培に適応できる(耐倒伏性が強い)」などであり、これらをクリアできる品種をまず探してください。

主な多収の品種としては、晩生品種の「いわいだわら」(10a当たり収量:842kg)や、「晩生の早」品種「モミロマン」(10a当たり収量:823kg)、「みなちから」(10a当たり収量:816kg)などがあります。

加えて、収穫時期の異なる複数の品種を導入すれば、作業の分散や農機・農機具の稼働率向上などをめざせます。農地を区分して作期をずらすことで、作業に当たる人数や農機・農機具を増やさずに規模を拡大できます。

実際に多くの飼料用米栽培農家が、多品種栽培によって多収化や効率化を図っています。

「飼料用多収品種に適した播種量」に調整する
水稲の直播
田舎の写真屋 / PIXTA(ピクスタ)

多くの飼料用米の品種は、主食用米の一般品種と比較して粒が大きいのが特徴です。そのため、一般品種と同程度の播種量では種籾数が不足し、移植時の欠株や直播時の出芽、苗立ち密度の低下を招く可能性があります。

飼料用米の品種では、千粒量を確認して移植時には苗箱当たりの播種量、もしくは直播栽培における播種量の調整を行うことが重要です。

具体的には、箱当たりの播種量を主食用米の一般品種よりも10〜20%程度多くしましょう。

また、飼料用の多収品種は、直播栽培や疎植栽培もおすすめです。直播栽培は育苗や移植の省略によるコスト削減が、疎植栽培は育苗にかかる資材や労力などの削減が行えます。

ただし、これらは品種や地域による適性があるので、地域の指導機関やJAに相談してください。

病害や倒伏にも考慮した「多肥栽培」を行う
飼料用米は、基本的に倒伏しない範囲で多肥栽培を行います。これは、飼料用米が食味や玄米の外観品質を考慮する必要がなく、多収品種の性質上、多肥条件下で増収しやすいからです。

肥料代を節約するには、耕畜連携による堆肥の利用や地力窒素の発現量が多い大豆などと輪作することによって、化学肥料の減肥を行うことがポイントになるでしょう。化学肥料を使う場合であっても、比較的安価な単肥を活用することでコスト低減につながります。

倒伏に強い多収品種は、主食用米の慣行栽培に対して1.6〜2倍程度の窒素施用が可能です。

ただし、いもち病の多発地帯では、いもち病発生時期の窒素過多を避けるため、初期の追肥を行わず、後期に追肥を行うことで窒素施用量を増やします。

多収米に適した「コンバイン用収穫キット」で、作業精度と速度の安定化を実現
従来のコンバインで飼料用の多収米を収穫する場合には注意が必要です。

多収品種の場合、収穫期にはコンバインに大きな負担がかかってしまうことから、「走行速度を落とす」、「刈り取り位置を上げる」、「一度に刈り取る条数を下げる」などの工夫を行ってください。

飼料用米のような長稈稲のための専用アタッチメントを導入するのもおすすめです。通常の刈り取り位置のままでコンバインの詰まりや屑発生を防ぐ工夫がなされているため、収穫作業時の損失減少と作業の効率化を期待できます。

※各地域に飼料用米の利活用を推進する協議会などがあり、農林水産省が先駆的地域からの報告をまとめています。是非参考にしてください。
農林水産省「飼料用米の利活用について」

株式会社秋川牧園(山口県山口市)は地域農家と「飼料用米プロジェクト」に取り組んでいる
株式会社秋川牧園(山口県山口市)は地域農家と「飼料用米プロジェクト」に取り組んでいる
出典:株式会社PR TIEMS(株式会社秋川牧園 ニュースリリース 2020年12月16日)

今回は、主食用米から飼料用米への転換が推進されている背景や、飼料用米を栽培するメリット・デメリット、栽培のポイントについて紹介しました。主食用米は新型コロナウイルスの影響もあり、需要が低下しています。

しかし飼料用米は高い需要を維持しており、政府の助成金支援なども豊富であることから、転換による経営リスクの分散が図れるでしょう。ぜひ今回の記事を参考に、主食用米から飼料用米への転換を検討してみてはいかがでしょうか。

#収益性#水稲#飼料作物#栽培管理
百田胡桃
百田胡桃
県立農業高校を卒業し、国立大学農学部で畜産系の学科に進学。研究していた内容は食品加工だが、在学中に農業全般に関する知識を学び、実際に作物を育て収穫した経験もある。その後食品系の会社に就職したが夫の転勤に伴いライターに転身。現在は農業に限らず、幅広いジャンルで執筆活動を行っている。
posted by グリーン at 20:55| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月10日

日本の総資産

ネット上の記事はすぐに消えてしまうことが多いので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。



日本の総資産、1京1892兆円、過去最高

令和4年8月18日更新









●「国民1人当たり1000万円の借金」は真っ赤な嘘。純負債比率はG7で低く、財政破綻の可能性はゼロ。国の成長や賃金上昇に向け、ケチケチせず借金せよ
8/17(水) 21:01配信


987
コメント987件
この記事についてツイート
この記事についてシェア
ダイヤモンド・ザイ
「国の借金」は過去最高の1255兆円となり大変だ、との報道の真偽は? 
   日本の「国の借金」が過去最大を更新し、国民1人あたりの「借金」は初めて1000万円を超えました。財務省は、6月末までの国債や借入金などを合計したいわゆる「国の借金」が1255兆1932億円となり、過去最大を更新したと発表。国民1人あたりの借金は1005万円となり、初めて1000万円を超える計算になります…。

  先週水曜日の報道だ。どのメディアでもほぼ一律でこのような感じの報道をしており、「国の借金が大変だ! 」というメッセージがひしひしと伝わってくる。

  賢明な皆さんならもう重々ご承知だと思うが、この財務省から発表される「国の借金」はプロパガンダ的な要素が強く、事実の一部分だけを取り出して極端な偏向報道がなされている。「日本は財政破綻するかも…」「将来のツケがますます巨額に…」という印象を読み手に与え、洗脳しているかのようだ。

「国民1人当たり1000万円の借金」というフレーズは大きな間違い
  まず大前提として「国の借金」は「国民の借金」ではない。「国の借金」とは、正しくは「日本政府の借金」である。「国の借金」の後に「国民1人当たり1000万円の借金」といった、あたかも国民がこれから税金を支払って返さなければならないようなフレーズがセットになっているのが不愉快きわまりないが、これは大きな間違いだ。国民が返済したり、負担したりするものではない。また、政府の借金を国民の人口で割った数字には何の意味もなく、単に「割ってみただけの数字」である。

 さらにこのフレーズの後に続けられるのが「国内総生産(GDP)対比での日本の債務比率」を先進国と比較した図表である。財務省のホームページに記載のものがよく転用されるが、「日本の債務は断トツのトップでGDPの2倍超え! 」「借金大国日本! 」との印象操作が強化される。「国の借金が大変だ! 」というのは、日本政府の最大のウソでありデマだと私は思う。

日本のGDPに対する純負債比率は18%に過ぎず、G7平均よりも低い
 財務省が「国の借金が大変だ! 」を説得するために出している図表「GDPに対する国の借金比率」は確かに2倍超えであり、先進国G7の中で最悪の水準にある。2018年IMFデータでは日本239%、イタリア158%、フランス123%、米国105%、カナダ97%、英国79%、ドイツ76%となっている。しかし、借金は負債、すなわちバランスシート上の右側の数字に過ぎない。負債があれば資産も当然ある。財務省が全く触れようとしない、バランスシートの左側に注目してみると次のようになる。

  「GDPに対する国の資産比率」は日本が221%、フランス100%、米国99%、カナダ99%、ドイツ79%、イタリア79%、英国47%である。そして負債と資産の両方を考慮した「純負債」でみると日本のGDPに対する純負債比率は18%に過ぎない。最悪はイタリアの78%、最も良好なのがドイツの-3%である。平均値は22%。日本の純負債はG7平均よりも低いことがわかる。だから「有事の円買い」が起こるわけだ。財政破綻の可能性が高いのなら、有事において円が買われるはずがない。

政府債務のほぼすべてが円建てである日本の財政破綻の可能性はゼロ
 さらに知っておくべき重要な点は、政府の借金は家計や企業の借金とはまったく異なることだ。国の借金と呼ばれる政府債務は大変でも何でもなく、日本の財政破綻の可能性もゼロである。なぜなら、政府には貨幣発行という能力があるからだ。日本政府の借金は主に銀行など金融機関から日本円を借りている形となっているが、政府・日銀には日本円の通貨発行権があるため、借金を期限に必ず返済することができる。政府の債務はほぼすべて円建てのため、債務不履行に陥ることはない。海外で起こるデフォルトの話は、デフォルトした国が別の国に対して自国以外の通貨で支払いができない場合である。

 ところで国の借金、すなわち政府の負債は増えていくのが正しい姿である。21世紀に入ってからの各国の負債の増加を見ると(2001年=100とし、2015年時点のデータ)英国が429、米国338、日本は163とG7の中で最も増加率が低い。日本は借金が大変どころか、むしろG7の中で最も借金を増やしていないのだ。さらに言うと、日本は財政出動の伸びが極端に低い国であり、国民のためにお金を使わない「ケチケチ国家」なのだ。財務省は金を出したがらず、一方で日本が借金漬けだと国民に煽っては税金を取りたがっている。わざわざ「国民1人あたり」というフレーズを持ちだすのは、「政府の借金は国民の借金ですよ」と思って欲しいからに他ならない。ウラに潜むのは官僚たちの利権拡大の思惑である。

緊縮財政や増税を繰り返した日本は世界で断トツに経済成長しない国に
 平成が始まった90年代の初めから日本では緊縮財政や消費税の増税が本格化した。その結果は見ての通りで、日本は世界で断トツに経済成長しない国となり、国民の賃金は全く上がらなくなった。政府が金を出さなくなったために国内需要が喚起されず、消費も投資もされなくなったのだ。緊縮財政や増税政策は国家の成長にとって自滅的行為である。国の借金は常に過去最大になるのが普通であり、政府債務が増え続けるのは国家運営の基本。日本ではそれをわざわざ騒ぎ立て、国民の不安を煽り続けている。ホント、愚かな行為だ。

 2021年の衆院選において、財務省トップの矢野康治財務事務次官(当時)が「このままでは日本は財政破綻する」という内容の論文が月刊『文藝春秋』2021年11月号に掲載されたのを覚えているだろうか?  バラマキ批判の急先鋒としてテレビや新聞でも大きく扱われた。コロナ不況で多くの国民が困窮する状況の中ですら、緊縮まっしぐらを目指したいらしい。まさに財務省の体質を表している。

 ところで、「国の借金はどこから借りているの? 」という疑問がでてくるかもしれない。財務省やメディアは、「今市場の中に存在するお金から借金している」という前提で話をしているようだが、これこそ本質的な間違いだ。国は常に新しくお金を生み出しているというのが本当の姿であり、国債発行のプロセスの中で、政府・日銀と銀行がやりとりをして貨幣と債務が生み出されている。銀行から借りているという体裁が取られているが、実質的には何もないところから貨幣が生み出されるという信用創造がなされている。もちろん無限には行えない。その上限は需要と供給のバランスで決まる。すなわち今話題のインフレ率の値が具体的な目安となる。インフレは信用創造の点でも重要な指標である。

最高値更新まで1歩に迫るパフォーマンスの「勝者のポートフォリオ」
 さて、先週は日米株式市場揃っての上昇となった。7月の米雇用統計が好調だったことで、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の利上げが+0.50%ではなく+0.75%になるとの確率が70%まで高まったものの、7月の消費者物価指数(CPI)の数字がインフレ鈍化となったため、利上げ幅は再び+0.50%になるとの見方が大勢となり、これが株式市場上昇の原動力として働いた。ただし、ショートカバーによる損失覚悟の買い戻しや白旗を上げた投資家たちの焦りの買いが中心となっている。

 NYダウは33700ドル台となり下落トレンドの上値抵抗線にタッチ、日経平均は28500円台となり昨年末の28791円に接近している状況にある。果たしてこのまま上昇トレンドを継続できるかどうか、今週からの動きに要注目である。「政策金利は引き続き上昇、長期金利も再び上昇」という今後のシナリオの中で、市場が「高インフレ継続の可能性を過小評価し、米連邦準備理事会(FRB)がハト派に転じるとの過大な期待を持っている」現状がどう変化していくのか非常に興味深いところだ。

 相場環境が厳しい中、昨年10月にスタートし、私が助言する個人投資家向けの投資助言サービス「太田忠の勝者のポートフォリオ」のパフォーマンスは+1.2%となり、11月12日につけた+1.9%の最高値更新まであと一歩に迫った。同期間のTOPIXは-2.8%、日経平均-3.1%、マザーズ-35.6%。ちょっと市場が楽観的過ぎる動きなので警戒しているが、以前私が何度も述べていた「ガタガタ局面後は3万円に戻るシナリオ」に近い動きになっている。今は上昇にも下落にも即、対応できるようキャッシュポジションを増やし、じっくり様子をうかがっている。保有銘柄の決算発表は出揃いおおむね好調であった。相場の好不調に関わらず、引き続き個別銘柄の発掘に注力していきたいと考えている。

 太田 忠 DFR投資助言者。ジャーディン・フレミング証券(現JPモルガン証券)などでおもに中小型株のアナリストとして活躍。国内外で6年間にわたり、ランキングトップを維持した。プロが評価したトップオブトップのアナリスト&ファンドマネジャー。現在は、中小型株だけではなく、市場全体から割安株を見つけ出す、バリュー株ハンターとしてもメルマガ配信などで活躍。

太田 忠

記事に関する報告

この記事はいかがでしたか?
リアクションで支援しよう

358
学びがある
364
わかりやすい
100
新しい視点
【関連記事】
■台湾を巡って緊張が一気に高まる。本格化すれば、マーケットに与える影響は甚大。2023年の地政学リスクとして認識せよ
■米金利0.75%利上げも、FRB議長発言で相場は上昇。楽観論が支配するマーケットだが、まだまだ警戒か。金利動向から変貌しつつあるマーケットを読み解く
■7月米FOMCの利上げ幅は0.75%、それとも1%?「欧米中央銀行vs日銀」の対立構図はますます強くなるが一方的な円安相場は一服、マーケットにはネガティブか?
■「老後2000万円問題」は「実年齢マイナス50歳」の生き方に解決のヒントあり! 人生100年時代におけるマネーデザイン術
■日本を震撼させた安部晋三元首相への銃撃事件。人生100年時代における時間の考え方とは?-日本株のトップアナリストによるライフ講座-
最終更新:8/17(水) 21:01
ダイヤモンド・ザイ






●日本の総資産、1京1892兆円、過去最高
2022年1月24日、内閣府が2020年の国民経済計算(国民資産)を発表しました。

国民資産は日本全体の資産(日本の総資産)のことです。日本の総資産は個人、企業(金融を除く)、金融機関、政府、非営利団体の金融資産と非金融資産を合わせたものです。
   
2020年末の国民資産(日本の総資産)は、1京1892兆円。前年比4.7%増の過去最高となりました。
   
内訳は、非金融資産が3309兆円、金融資産が8583兆円。
       
負債は、前年比7.0%増の8223兆円。
    
資産から負債を差し引いた正味資産(国富)は、3669兆円。前年比0.3%減で、5年ぶりの減少となりました。
     
*兆以下、四捨五入
*国民資産…日本全体の資産。国民総資産ともいう

    
【国民資産:2020年末】
   
・国民資産…1京1892兆円(+4.7%)
(非金融資産3309兆円、金融資産8583兆円)
   
・負債…8223兆円(+7.0%)
   
・正味資産(国富)…3669兆円(-0.3%)
 
*カッコ内は前年比
       
■部門別・資産状況
<個人>
・資産…3073兆円(非金融1138兆円、金融1935兆円)
・負債…360兆円
・正味資産…2713兆円
 
<企業:金融機関を除く>
・資産…2524兆円(非金融1277兆円、金融1247兆円)
・負債…1946兆円
・正味資産…577兆円
 
<金融機関>
・資産…4669兆円(非金融31兆円、金融4638兆円)
・負債…4474兆円
・正味資産…195兆円
   
<政府>
・資産…1483兆円(非金融783兆円、金融700兆円)
・負債…1411兆円
・正味資産…72兆円
   
<非営利団体>
・資産…144兆円(非金融80兆円、金融63兆円)
・負債…32兆円
・正味資産…112兆円
 
*兆以下、四捨五入
*正味資産=資産ー負債
*個人は家計。個人企業を含む
*政府は一般政府。中央政府+地方自治体
   
   
【国民資産とは】
   
国民資産は「日本の総資産」のことです。
  
日本の総資産は、個人、企業(金融を除く)、政府、金融機関、非営利団体の金融資産と非金融資産を合わせたものです。
    
逆にいえば、日本の総資産は、個人、企業、政府、金融機関、非営利団体の5つの部門別に分けられます。また、資産は、金融資産と非金融資産に分けられます。
   
膨大な計算が必要なため、資産の勘定には1年以上掛かります。2022年時点で、2020年末が最新データとなります。

なお、総資産の内、金融資産については、年4回、日銀から循環統計として発表され、最新(3ヵ月前)の状況を知ることが出来ます。






●国の借金ばかり強調するが、国の資産も計算に入れて差引しないと意味がないことだ。

個人で考えると自宅のローンで2000万円の借金があるばあいでも、自宅の土地と家の
資産価値が1000万円あり、預金現金株式などを2000万円所有していて、差引き
1000万のプラス資産があるのにローンの2000万円だけを問題にするのとおんなじだ。

差引すると資産の方が大きい。つまりは借金もあるが、それを上回る
財産を国は持っていることになる。
<政府>
・資産…1483兆円(非金融783兆円、金融700兆円)
・負債…1411兆円
・正味資産…72兆円

    
【国民資産:2020年末】   
・国民資産…1京1892兆円(+4.7%)
(非金融資産3309兆円、金融資産8583兆円)   
・負債…8223兆円(+7.0%)   
・正味資産(国富)…3669兆円(-0.3%)


●国の借金、過去最大の1241兆円―22年3月末 : 赤ちゃんから100歳超まで国民1人あたり1011万円
政治・外交 経済・ビジネス 2022.05.10
少子高齢化で人口は減少、経済は停滞ぎみ。積み上がる借金を返せるあてがあるのだろうか? 国の借金は6年連続で最大を更新して1241兆円。
他の言語で読む
English 日本語 简体字 繁體字 Français Español العربية Русский
国債と借入金、政府短期証券の残高を合計した「国の借金」が2022年3月末時点で1241兆3074億円となり、過去最大を更新した。新型コロナウイルス対策のための財政出動などで、21年3月末から24兆8441億円増加。6年連続の最大更新。

2021年11月1日時点の日本人人口1億2272万8000人を基に単純計算すると、生まれたばかりの赤ちゃんから、100歳超の高齢者まで国民1人当たりの借金は1011万円超となり、初めて1000万円を突破した。

借金の大半を占める国債の残高は1年前から30兆5204億円増加して、1104兆6800億円。税金で返済する必要がある国の長期債務残高は1017兆円1000億円と、初めて1000兆円の大台を超えた。

2021年12月17日

NHKの問題

ネット上の記事はすぐに消えてしまうことが多いので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。



NHKは日本の印象を悪くしている、NHKの問題

令和3年12月17日更新






●2021/12/17 NHKは日本の印象を悪くしている

自民・小野田紀美氏 予算委「NHKは日本の印象を悪く」「テレビ疑いの眼で」議場ざわつく
 国会議事堂

 自民党の小野田紀美参院議員(39)が17日、参院予算委員会で質問に立ち、放送行政に関して「国際広報の効果検証について。国の予算から海外の広報発信の委託料として、NHKにお金が出ている」と述べ、金額や効果の受け止めなどを問うた。

 小野田議員は「その番組があるね、とかが重要なんじゃなくて、その結果、日本の主張が広がっているのかを検証しなければ、この予算を使うことは意味がない」と断じて、金子恭之総務相に「活動をちゃんとチェックしていただきたい」と迫った。

 また小野田議員は「NHKに関しては不法行為を行っている人を庇って、国が悪いかのような番組を作ったりですとか、どうも日本の印象を悪くするようなことをしている印象が私の中にある」と述べ、予算委がざわつき、苦笑を浮かべる議員の姿も。

 「テレビを見ている方たちも、テレビが言ってるから本当だって思い込まない方がいいですよ。自分で情報はネットとかでも調べて、本当かなっていう疑いの眼でテレビを見ていくことも大事です」と訴えた。

 午前中から小野田議員の名前がネット上でトレンド入りしている。







●自民・小野田氏、NHK「スクランブル化」求める 参院予算委
政治

速報
毎日新聞 2021/12/17 12:18(最終更新 12/17 16:31) 436文字
参院予算委員会で自民党の小野田紀美氏の質問に答える岸田文雄首相=国会内で2021年12月17日午前9時6分、竹内幹撮影拡大

 17日の参院予算委員会で、自民党の小野田紀美氏がNHKを視聴したい人だけが受信料を払う「スクランブル化」を求める一幕があった。NHKはテレビを持たない人に対するインターネットを通じた番組配信の実証実験を2022年度中に始めるが、小野田氏は「ネットの受信料を取ろうとするならけしからん」とけん制した。

 小野田氏は「今、若者を中心にテレビを見なくなっている。私も20年、テレビを持っていない」とし、「だったらネットから(受信料を)取ればいいじゃん、という風潮があると耳に聞こえている」と主張した。金子恭之総務相が「テレビを設置していない方を新たに受信料の対象とすることは現時点で考えていない」と説明すると、小野田氏は「永続的に考えないでいただきたい」と求めた。

 小野田氏はさらに「(NHK番組を)受信できる人が払うのが今の仕組みだ。ネットに広げたら世界中から(受信料を)取るのか。制度として成り立たない」と指摘し「スクランブル化こそ目指していくべきだ」と訴えた。【田中裕之】

関連記事



●NHKのスクランブル化訴えた自民党女性議員にNHK党・立花党首が感謝の弁
2021/12/17(金) 16:37配信

東スポWeb
会見したNHK党の立花孝志党首(東スポWeb)

「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」(NHK党)の立花孝志党首(54)は17日、国会内で開いた定例会見で、自民党の小野田紀美参院議員(39)に感謝を伝えた。

「非常に立派な先生」と立花氏が目を細めたのは、この日、参院予算委員会で、NHK問題を質問した小野田氏だ。

 小野田氏は「NHK受信料の徴収に関して、いろいろ憤りがある。若者を中心にテレビを見なくなっている。私も20年テレビを持っていません。10代、20代でテレビを持っているのは半数以下。受信料をキープできないんじゃないか? だったらネットから取ればいいという風潮がある。ネットから取るのはケシカラン」と金子恭之総務相に切り込んだ。

 金子氏が「テレビを設置していない方を受信料の対象にするのは現時点で考えていない」と答弁したことに小野田氏は「現時点で考えていないが引っ掛かった。永続的に考えないでもらいたい」とキッパリ。

 さらに「スクランブル化が目指すところ。安易に取れるところから、取ろうという拡大は阻止していただきたい」とクギを刺した。

 このやりとりを伝え聞いた立花氏は「小野田氏は消費者委員会でNHK集金人がやっている戸別訪問は違反と指摘している。しっかりと国会で(NHK問題を)追及してくれれば最高。ネットまで受信料を取らせたくないという人が自民党の中にもいるし、国民もそう思っている」と留飲を下げた。

東京スポーツ


この記事はいかがでしたか? リアクションで支援しよう

62
学びがある
205
わかりやすい
64
新しい視点
【関連記事】
皆藤愛子キャスター「パンチラ連発」は放送事故かイメチェンか
SNSで大反響「リストラおっぱい」謎の巨乳OLを直撃
広瀬アリス“脱げる女優”に変身? 下着姿を大胆披露
芸能人「パパ活」リストを極秘入手! 国民的アイドルグループ在籍メンバーも!
カーリング中継中止 アダルトグッズメーカーが憤慨「私たちはきちんとした会社」
最終更新:12/17(金) 20:57
東スポWeb

2021年11月24日

老人ホーム、老人用施設の値上げ問題

ネット上の記事はすぐに消えてしまうことが多いので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。



老人ホーム、老人用施設の値上げ問題

令和3年11月24日更新








●引用
2021年8月の改定で、介護費用負担額「最大10万円増」の悲嘆
2021/9/4(土) 8:01配信

親御さんが倒れたら、介護にはどのくらいの期間とお金がかかるのでしょうか。また、誰がメインで介護をするものなのでしょうか。介護事業を運営する、株式会社アテンド・代表取締役の河北美紀氏が、データを用いて解説します。※本記事は、書籍『身近な人の介護で「損したくない!」と思ったら読む本』(実務教育出版)より抜粋・再編集したものです。

介護にかかる「期間、費用の平均」をチェック


[図表1]疾患が原因の平均介護期間 出典:(公財)生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」(平成30年度)

ここに、何らかの疾患を発病してから在宅介護になった場合の、施設介護を経て最期を迎えるまでの「全介護期間」のデータがあります[図表1]。これによれば、全体の介護期間は平均54.5ヵ月(約4年7ヵ月)で、脳血管障害は平均69.14ヵ月、認知症は平均48.91ヵ月です。

在宅介護の期間は、介護を始めて3ヵ月までは84.3%と高く、最初の3ヵ月を過ぎてからは70.9%、介護終了までの約3ヵ月間は52.9%という結果となっています[図表2]。

平成30年度のアンケート調査によると、実際にかかる介護費用の月額平均は7.8万円でした。また、介護生活を始める際にかかる一時的な介護費用(リフォームを含む住宅改修や介護ベッドの購入など)は平均69万円という結果が出ています。月額の具体的な介護費用の項目は、下記の通りとなっています。

<おもな介護費用の例>※1

●介護サービス利用料

●施設入所の場合は居住費、食費

●おむつなどの衛生用品

●医療費

●健康保険、介護保険料

●その他住民税など

※1 出典:(公財)生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」(平成30年度)

民法には「兄弟姉妹全員に扶養義務あり」とあるが…
介護費用を出す人 出典:第一生命保険会社「親の介護に関するアンケート調査」

調査の結果(複数回答可)によれば、介護費用の多くは要介護者自身またはその配偶者が支払っています。著者も例にもれず、父親の介護費用は父自身の公的年金と預金からまかなっていました。

次いで多いのが、子どもの就労収入またはその配偶者からという回答です。また、10位以内に「要介護者が加入している民間の介護保険」という回答が上がったことから、介護費用に備える意識の高まりが見てとれます。

民法877条では、「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」と規定されています。皆さんも、おそらく「親の介護は、子どもがするのは当たり前」と思っているのではないでしょうか。たしかに、法的に見ても子どもには親の介護をする義務があるといえます。

しかし、実は介護は強制的なものではありません。民法877条では「生活を支え合う義務」とされており、「身体的な」介護の定めはありません。つまり、経済的なサポートを行うことで義務を果たすことができるといえます。

しかし、義務であるにもかかわらず経済的なサポートも怠った場合、介護放棄とみなされ、刑事罰の対象になる場合があります。具体的には、「生存に必要な保護をしなかったために、親(要介護者)が死亡、あるいは傷害を負わせる」などです。

兄弟がいるにもかかわらず、キーパーソン※2だけが身体的介護の他に金銭的援助(通いの交通費を含む)まで行っているケースを見かけます。覚えておいていただきたいのは、兄弟姉妹全員に、扶養(親が生きるために必要な経済的なサポートをする)義務があることです。

※2 介護の専門職と連携をとったり、介護サービスや医療処置に関する判断を行う役割を担う人

しかしながら、自分の生活に余裕がない、働くことができないなど、自身や家族との生活に余裕がない場合はこのかぎりではありません。それぞれが抱える事情を考えて、金銭的援助の負担割合を話し合いましょう。もしトラブルになる可能性があるなら、弁護士などの第三者を入れることも大切です。

できることなら、親が倒れてからではなく、親が元気なうちにキーパーソンを誰にするかを話し合い、そして早くから介護にかかるお金の準備をしておくことをおすすめします。


「高額介護サービス費支給制度」市区町村へ確認を!

1
/
2

[図表3]高額介護サービス費の見直し

介護保険では、所得に応じて自己負担額の上限が決められています。たとえば、両親が自身で介護サービスを利用して自己負担金を支払った際、「父親の自己負担額だけでは上限額に達しないものの、母親の自己負担額を合計すると、世帯における合計額を超える」ということもあります。その場合、それぞれにあん分された金額が支給されることになります。制度を利用する際は、市区町村から送られてくる支給申請書の提出が必要になります。詳しくは、お住まいの市区町村へ確認してみましょう。

<支給対象とならないもの>

●福祉用具購入費や住宅改修費の自己負担分

●施設サービスの食費、居住費や日常生活費など

2021年8月、「介護保険」の自己負担限度額が上がりました[図表3][図表4]。医療費の自己負担限度額に合わせた改定となり、「現役並み所得」(現役レベルの収入がある層)の限度額がより細分化されます。今後も自己負担額の上昇が見込まれるため、医療費・介護費の減額制度をしっかり活用しましょう。市区町村から送られてくる支給申請書の提出や、制度の利用に関する確認を、面倒がらずに行いましょう。

同一世帯で、1年間に支払った「医療費」と「介護保険サービス費」の自己負担額の合計が基準額を超えた場合は、所得に応じて自己負担額が減額されます。

●対象期間:毎年8月1日〜翌年7月31日までにかかった自己負担額

●対象者:国民健康保険・後期高齢者医療・被用者保険の加入者

市区町村によっては、案内を送ってくれるところもあります。ただし該当する期間中に医療保険が変わった人については、案内が届かない可能性もありますので、医療保険者や市区町村の担当窓口に確認することをおすすめします。

河北 美紀

株式会社アテンド 代表取締役

河北 美紀





●補足給付とは
2021/11/23 21:23
 特別養護老人ホームなどで暮らす低所得者に対し食費と居住費を助成する制度。食費と居住費は2000年の介護保険創設時には保険給付の対象だったが、在宅の高齢者との公平性を保つため05年に自己負担となったため導入された。ショートステイの利用者も対象となる。21年8月から、一定額以上の収入や預貯金のある人の負担額が見直された。



●特養の月額利用料2万2千円も上がった…「あまりに負担重い」 なぜ今?
2021/11/24(水) 8:32配信

中国新聞デジタル
男性の母が入所する特別養護老人ホームの利用料領収書。8月以降、食費の負担額が倍増した(画像の一部を修整しています)

 「特別養護老人ホームで暮らす母の月額利用料が急に2万2千円も上がった。なぜ今」―。広島市安佐南区のタクシー運転手の男性(53)から編集局に戸惑いの声が寄せられた。8月に介護保険制度の変更があり、所得の低い人向けの食費・居住費の補助が縮小されたという。「あまりに負担が重い」。制度見直しが一部の高齢者の暮らしを直撃している。

【グラフ】差し押さえ高齢者、初の2万人超 介護保険料滞納で過去最多

 9月下旬、男性は認知症の母(81)が入所する施設の利用料領収書に目を見開いた。8月が3万2120円だったのに対し、9月は5万4130円と1・7倍になっていた。

▼1日の食費が650円から1360円に
 介護施設での食費や居住費は原則自己負担だ。しかし男性の母は、住民税非課税世帯を対象に食費と居住費を軽減する「補足給付」を利用してきた。収入などに応じて負担限度額を決める制度で、8月に基準が改定された。年金などの収入が120万円を超える人は、1日の食費が650円から1360円に上がった。

 男性は「自分も新型コロナウイルス禍で収入が減り家計を切り詰めていたところ。なぜ今、という思いが拭えない」と嘆く。

 今回の改正では、要件の一つである預貯金などの上限も引き下げられた。これまでは収入にかかわらず単身世帯では預貯金などが1千万円以下の人が対象だった。改正後は3段階に分けて上限が下げられ単身世帯の上限は650万〜500万円に変わった。

 厚生労働省によると、補助を受けていた人は全国で約100万人。今回の見直しで約27万人の負担が増えたもようだ。市介護保険課によると、改正後「ただでさえ苦しいのに」との切実な声も届くという。

 改正は、特養などで暮らす人と、在宅で暮らす人との負担の公平性を図る狙いがある。

▼介護保険料、制度開始時の2倍に
 また、膨らみ続ける介護費用も背景にある。65歳以上の介護保険料の全国平均は、制度開始時の2911円(2000〜02年度)から6014円(21〜23年度)と、約2倍に跳ね上がった。国は自己負担を増やし、増大する介護費用を抑える狙いだ。

 3年ごとの改正のたび、負担の増す介護保険料。厚労省は「介護保険制度を維持するため」とするが「負担が重すぎる」との声もある。

 県立広島大の金子努教授(社会福祉)は「『介護の社会化』からの逆行が起きている」と述べる。家族が担うものという風潮が強かった介護を、社会全体で支えようとしたのが介護保険制度だった。「低所得者支援のカットにまで踏み込むのは『ここまできたか』という印象。介護保険制度の維持が目的になっており、このままでは格差が広がるばかり。税の負担の在り方を含め制度を議論し直す必要がある」と話している。

中国新聞社

【関連記事】
補足給付とは
「電気代8万円、ぎゃー」利用者衝撃 新電力料金急騰、想定外
「削除料55万円」 ネット中傷被害、消せぬ苦しみ 不倫のデマ流された女性
「何でショートなの」「彼氏いるの」…就活セクハラで傷つき葛藤
われら非正規ワーカー 給料格差、正社員の3分の1
最終更新:11/24(水) 11:21
中国新聞デジタル





●認知症の父の介護費用「月18万円」…年金暮らし、厳しい現実
吉田 潮2020.2.15介護親子関係

認知症の父の介護費用「月18万円」…年金暮らし、厳しい現実
多くの中高年が直面する「親の介護」問題。老人ホームへの入居に抵抗を持つ人も多く、「親の面倒は子どもが見るべき」と親族一同考えがちだ。しかし、フリーライターの吉田潮氏は、著書『親の介護をしないとダメですか?』(KKベストセラーズ)にて、「私は在宅介護をしません。一切いたしません」と断言する。親孝行か、自己犠牲か。本連載では、吉田氏の介護録を追い、親の介護とどう向き合っていくべきか、語っていく。

施設暮らしは、家族が思うほど不憫でも不幸でもない
◆長い目で見れば「ちりつも」に注意

認知症の父のいる特養は、月額利用料が低めかつ安定しているが、オプションもある。月1回のヘアカットや想定外の薬剤費など、すべて市価に比べれば安価だが、ちりもつもればなんとやらだ。ケチくさい話だけど、具体例を記しておこう。

父は「謎のティッシュちぎり癖」があり、まとめ買いしておいたティッシュが一瞬カラになったことがある。日常生活の細かい部分に目を配る職員が補充してくれたりもする。

ただし、後日、利用料とともに代金が請求される。家族が用意しておけば激安品で済んだのに、気を遣ってくださったおかげで、肌触りのよい超高級な製品(母や私は絶対買わないタイプ)が用意されることもあった。これが無駄な出費となることもある。数十円〜数百円でも、長い目で見たら大きい。そこは極力家族で準備しようと、母と誓った。

初めは、ヘアカットも美容師さんにやってもらったのだが、どうせハゲ散らかしているので、私たちがハサミで短くカットすればいいのではないか、という結論に達した。本人もヘアスタイルにこだわることがなくなったし、そもそも鏡をほとんど見ていない生活だ。


ただし、エレベーターに乗ったとき、エレベーター内の鏡に映る自分を見て、「俺、こんなに毛がなかったかなぁ……」と残念そうに頭を撫でまわしてはいるが。ごめんよ、まあちゃん。でも、これで経費節減。


では、現状として毎月いくらくらいになっているか。父の場合、降圧薬などの常用薬代と医療費(医者の定期的な診察代)も含めて、


2018年

4月 18万3230円

5月 17万8272円

6月 17万1580円

7月 18万2083円



このほかに、訪問マッサージを週2回利用して、月額約3000〜4000円。ということで、月額は平均して18万円強、というところだ。


父は月額23万の年金収入があるが、18万強を差し引いて、母の手元に残るのが4万弱。母の年金額が月6万弱なので、母は10万円で暮らしている。大丈夫かなと思いきや、母から驚愕の事実を知らされた。

「あんたたちが子供の頃、生活費は月6万しかもらってなかったから。何十年もやってるから大丈夫だし、私ひとりだもの。そんなに使わないわよ」

え、子供ふたりを育てるのに、父は月6万しかくれなかったのか!? もちろん光熱費や学費などは別に払ってくれていたというが、食費と生活費を6万円で回していたのだと知って心底驚いた。母、すげえ。いや、逆にごめん。その昔、母の財布から1万円札を盗んだことがある身としては、かなりうしろめたい。


しかも、「あんたたちにお金を使わせるのは本当に嫌なのよ!」とめちゃくちゃ意固地でもある。何か買っていくと、「ちばぎん」の封筒に金を入れて、私に渡そうとする。

世の中には子供にたかる親もいるという。身分不相応の借金をこさえて、子供に払わせる親もいる。金にだらしない親のせいで、子供の人生が台無しになるケースも聞く。そういう親でなくて本当によかった。

ちなみに母と私は連絡ノートを作り、ホームを訪問した日に何があったか、書き綴るようにしている。ときどき父もそこに参戦して、何かを書いているのだが、文字と呼べるものではない。それも楽しいし、一種の機能訓練になる。書籍の第2幕では、この連絡ノートをもとに、老人ホームでの暮らしぶり、父の変身、母の心境の変化などを書き記していこうと思う。

部屋には認知症やケアマッサージの本も置いてある。足の裏をオイルマッサージすると、父は不覚にもよだれを垂らしたりする。また、水虫や湿疹、あざなどの皮膚の異変にも気づくことができる。たとえ素人であっても「見る」「触れる」の手足マッサージは効果的だ。一日中靴下と靴を履いている父の足は猛烈にくさいけれど。足湯専用の桶も用意して、ときどき足湯もさせている。

ホットタオルで顔や首を拭くのも、父は大好きである。熱い湯に浸して絞ったタオルを顔に当てると、心地よさそうにうっとりする。もともと風呂好き・温泉好きだった父が、今は週に2回しか入浴できない。不満に思っているかと思いきや、そうでもないらしい。時には面倒くさいと思うこともあるようだ。

「施設にいると、何もできなくてかわいそう」と不憫(ふびん)に思うことなかれ。実際は、家族が思うほど不憫でも不幸でもない。案外小さな喜びや快楽を見つけていることもあるのだから。

認知症の父を「否定しない・急がせない・焦らせない」
入所後「3か月」が勝負
入所後「3か月」が勝負

介護に関しては、いい本がたくさんある。専門家が書いたお金の本、家族にもできるケアや心がけの本など、ためになる本にも巡り合えた。

良書があれば、さりげなく母に勧めるようにしている。右馬埜節子(うまのせつこ)・著『認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ』(講談社)。母もこれを読んで、過去の己の蛮行を反省したようだ。私自身は、太田差惠子(おおたさえこ)・著『親の介護には親のお金を使おう!』(集英社)が非常に心強かった。

逆に、芸能人の親の介護本はまったく参考にならないとわかった。介護の肝である「金」と「罪悪感」に関して、あまりに感覚がかけ離れすぎているからだ。

本を読んだり、自治体が行う認知症の講座を受けたりして、学んだのは「否定しない」「急がせない」「焦らせない」こと。さらに自己流で言えば、「友人や知人、会社員時代の人の訃報やお誘いは、父に伝えない」「父の怒りや寂しさを真に受けず、やんわり右から左へ受け流す」ことだ。同じ質問を10分の間に8回されても、8回とも同じテンションで答えることができるようになった。

入所して3か月経つと、確かに父は落ち着いてきた。3か月が勝負というのは本当だった。「いつまでもこんなところにいられないな」「そろそろ俺もここを卒業しなきゃ」とは言い続けているが、激昂することはなくなり、実に穏やかな日を迎えている(少なくとも私の前では)。


親や配偶者をホームに入れて、ありとあらゆる言葉を浴びせられ、罪悪感に苛(さいな)まれている人には、この3か月説を教えてあげたい。今は、親の施設入居で迷っている人、罪悪感を抱いている人の背中をそっと押してあげたい気持ちである。


【第1回】「かってきたよ゜」父のメールに、認知症介護の兆しが見えた

【第2回】垂れ流しで廊下を…認知症の父の「排泄介護」、家族が見た地獄

【第3回】在宅介護はいたしません…認知症が家を「悲劇の温床」に変えた

【第4回】認知症介護の無力…父は排泄を失敗し、字が書けなくなった

【第5回】多額の年金をおろせない…「認知症の父」が母を号泣させるまで

【第6回】排泄失敗で「ごめんね」…認知症の父の変化に、翻弄される家族

【第7回】認知症の父「捨てるな!」…母、介護疲れで家族の思い出を処分

【第8回】老々介護という牢獄…心が壊れた母、床に転がる「認知症の父」

【第9回】「サヨウナラ」認知症の父を老人ホームに入れようとしたら…

【第10回】年金「23万円」の認知症の父…施設探しで、経済的な壁に唖然

【第11回】認知症の父の絶叫「俺が死ぬのを待っているのか!」に母は…

【第12回】「包丁つきつけるから!」認知症の父に母絶叫、介護疲労の壮絶

【第13回】認知症の父が入所してわかった、「介護施設の思わぬ真実」

【第14回】私は父から「人間としての自由」を奪ったの?認知症介護の苦渋

2021年09月16日

中国恒大集団の経営危機、国家予算クラスの40兆円の債務、うち有利子負債は15兆円、中国不動産バブルの終焉、




ネット上の記事はすぐに消えてしまうことが多いので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。



国家予算クラスの40兆円の債務、そのうち有利子負債は15兆円、中国不動産バブルの崩壊、中国恒大集団の経営危機

令和4年8月6日更新







●中国経済のゾンビ状態≠ウらに悪化 若者の失業率40%超、住宅ローンの債務残高960兆円 地方のショッピングモールでは売り子があくび
2022/8/5(金) 17:00配信
夕刊フジ
【心肺停止の中国】

「心肺停止」が、中国経済の現状診断である。経済の心臓部はカネの循環、血液にあたる。



公務員の給与減額、遅配が顕著となった。地方公務員、教員の給与削減、ボーナスなしとなり、教職員が学校前で抗議集会を開いている。日本では、ほとんど報道されていない。

地方銀行では取りつけ騒ぎ、河南省ではやくざと組んだ不正融資で8000億円が闇に消え、農民、庶民の銀行口座が凍結された。内モンゴル自治区や吉林省では、銀行の国有化という救済措置が取られた。

コロナ禍によって、人の流れがとまった。恒大、碧桂園、世茂集団など、有名なデベロッパー(不動産開発会社)が、デフォルトの連鎖に陥った。建設現場でクレーンが止まり、労働者が消え、完成のめどがたたないまま風雨にさらされた。

これは2019年からの中国各地の現象である。足で歩かないジャーナリストたちが公表データだけを頼りに、「中国各地のマンションは値上がりが続いている」と虚報を流していた。

大手デベロッパーが軒並み倒産すると、下請けや孫請けには自殺も出る。若者の失業率は、実際には40%を超えているという。

住宅ローンの債務残高は960兆円。当局は外債、米企業債、株式などの売却に転じた。ローンの支払いボイコットにより、中央銀行の損失は47兆円強(ブルームバーグ、8月1日)。

中国のGDP(国内総生産)の30%を支える不動産ビジネスが壊滅状態となると、規制されていた「融資平台」(=地方政府傘下の投資・事業会社が発行する債券)が復活した。

社会融資規模は6800兆円。新幹線累積赤字はすでに120兆円。それでも強気で新幹線を2035年に7万キロ達成だと呼号している。新たに73兆円が必要だ。財源をどうするかという議論は真剣になされず、経済政策をつかさどるのは国務院だが、李克強首相ら共青団幹部は冷笑しながら習近平国家主席の失敗をじっと待っている。

消費者が敏感なのは、ショッピングモールの落日だ。全土に8000近い巨大ショッピングモールのテナントが3割以上埋まっていない。テナントの空きが20%を超えると、そのモールは経営が成り立たない。

人口の少ない地方都市にも、大都市並みの豪華ショッピングモールができて、客がほとんどいない。売り子があくびしている風景が中国全土に展開されている。

「心肺停止」の次は?

■宮崎正弘(みやざき・まさひろ) 評論家、ジャーナリスト。1946年、金沢市生まれ。早大中退。「日本学生新聞」編集長、貿易会社社長を経て、論壇へ。国際政治、経済の舞台裏を独自の情報で解析する評論やルポルタージュに定評があり、同時に中国ウォッチャーの第一人者として健筆を振るう。著書に『歩いてみて解けた「古事記」の謎』(育鵬社)、『日本の保守』(ビジネス社)、『歪められた日本史』(宝島社新書)など多数。


新しい視点
【関連記事】
「本当に日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
外国企業173社、韓国から次々逃げ出し! 米中ドイツも…そのワケは
習主席がプーチン氏見捨てた!?「ロシアの敗北は時間の問題」発言
ウクライナ侵攻で露呈した中国の二股体質 もしプーチン氏がへたると…
「中国軍機、やっぱり来た」ウクライナ侵攻に合わせ…中国軍動く







●中国恒大集団、広州スタジアム事業解約−55.2億元の払い戻し受ける
Zac Fleming
2022年8月5日 1:38 JST
This aerial photo taken on September 17, 2021 shows a view of the under-construction Guangzhou Evergrande football stadium in Guangzhou in China's southern Guangdong province.
This aerial photo taken on September 17, 2021 shows a view of the under-construction Guangzhou Evergrande football stadium in Guangzhou in China's southern Guangdong province. Photographer: STR/AFP

不動産開発企業として世界最大級の負債を抱える中国恒大集団は、広州市にサッカースタジアムを建設する契約を破棄したことに伴い、同市から55億2000万元(約1089億円)が払い戻されることを明らかにした。

  中国恒大の発表文によれば、同社は土地使用権を返還し、広州都市開発自然資源局がこれに応じて返金する。返金分はスタジアム建設計画に絡む債務の返済に充当されるという。






●中国の不動産大手「世茂集団」がデフォルト…創業者は富豪ランキング上位も経験
2022/07/05 12:27

 【北京=山下福太郎】中国の不動産大手「世茂集団」は、3日が満期だった米ドル建ての債務10億ドル(約1350億円)に関する支払いができず、債務不履行(デフォルト)になった。コロナ禍で中国の不動産市況は一段と悪化し、売上高が急減した。

債務不履行に陥った中国の不動産大手、世茂集団(ロイター)
 世茂は中国の不動産業界で十数位の規模にある。香港証券取引所に提出した開示資料によると、1〜5月の販売額は342億元(約6800億円)で、前年同期に比べて72%減った。

 2021年後半から不動産市況が悪化したことに加え、感染を抑止するロックダウン(都市封鎖)によって取引が縮小した。プロジェクトを中断し、資産売却も進めたが、資金繰りが確保できなかったとみられる。

 中国の不動産大手では、昨年9月に中国恒大集団の経営危機が表面化し、12月にはドル建て社債の利払いができず、一部債務不履行と認定された。世茂は、恒大に比べて経営が比較的安定していると見られており、当局が資金繰りを支えているとの報道も出ていた。

 創業者の許栄茂氏は、富豪ランキングの上位に選ばれたこともある。







●中国恒大、外貨建て債務再編計画先送り 年内公表めざす
グローバルマーケット
2022年7月30日 0:37
中国恒大集団の債務再編は難航している(重慶市のビル)=共同
【香港=木原雄士】経営再建中の中国不動産大手、中国恒大集団は29日、7月末に暫定的な案をまとめるとしていた外貨建て債務再編計画について、資産査定の作業を近く完了し、年内の公表をめざすと発表した。債権者との調整や資産売却が難航しており、事実上先送りした。

上場する香港取引所に債務再編の進捗状況と原則を公表した。恒大は「グループの規模や複雑さを考慮して、デューデリジェンス(資産査定)の作業は継続している」と指摘。「中国の不動産市場は依然として調整中であり、事業や資産価値の回復には比較的長い時間がかかる」と認めた。

そのうえで、債務再編にあたり、国際的な原則を尊重するなどの基本方針を示した。債務再編はグループ傘下の電気自動車(EV)会社、中国恒大新能源汽車集団と不動産管理の恒大物業集団の株式も含めて検討する。今後、アドバイザーや債権者との協議を加速し、計画策定を進める。

恒大をめぐっては、資産売却が難航しているほか、グループ会社の預金流用に絡んで夏海鈞・最高経営責任者(CEO)が更迭されるなど、企業統治の混乱も続いている。






●債務危機に揺らぐ中国恒大、夏海鈞CEOと最高財務責任者が辞任
Blake Schmidt
2022年7月23日 3:10 JST
傘下の不動産サービス会社での担保保証アレンジに関与との調査結果
後任CEOは肖恩氏、調査終了後には独立調査委が報告書公表へ
Xia Haijun Photographer: Anthony Kwan/Bloomberg
債務危機に陥っている中国の不動産開発大手、中国恒大集団は22日、夏海鈞最高経営責任者(CEO)が
辞任したことを明らかにした。
  発表資料によると、同社幹部の肖恩氏が後任となる。最高財務責任者(CFO)の潘大栄氏も職を退いた。



●中国恒大、CEOら辞任 グループ内の資金流用に関与
ロイター編集

 経営再建中の中国不動産大手、中国恒大集団は7月22日、夏海鈞・最高経営責任者(CEO)らが辞任したと発表した。グループ傘下の不動産管理会社の資金を巡り、不適切な流用に関与していたことが調査結果で判明した。深センで昨年9月撮影(2022年 ロイター/Aly Song)
[22日 ロイター] - 経営再建中の中国不動産大手、中国恒大集団は22日、夏海鈞・最高経営責任者(CEO)らが辞任したと発表した。グループ傘下の不動産管理会社の資金を巡り、不適切な流用に関与していたことが調査結果で判明した。

中国恒大は、傘下の不動産管理会社、恒大物業集団が担保に入れていた預金の134億元を銀行に差し押さえられたことに関して調査を進めていた。

調査の結果、資金は第三者を通じてグループに戻され、運転資金として利用されており、夏氏や潘大栄最高財務責任者(CFO)が不適切な流用に関わっていたことが判明したという。





●中国恒大、「暫定再編計画」提示せず−7月中にとの約束不履行
Bloomberg News
2022年7月30日 3:26 JST 更新日時 2022年8月1日 4:59 JST
代わりに「暫定再編方針」を提示、具体的な計画は年内発表を目指す
盛京銀行の株式売却を示唆、仲裁で73.1億元の支払い命じられ
Signage at the China Evergrande Center in Hong Kong, China. Photographer: Chan Long Hei/Bloomberg
不動産開発企業として世界最大級の負債を抱える中国恒大集団は、7月中に約束していた「暫定再編計画」の提出を履行しなかった。
中国の不動産業界全体に債務危機が広がる中、投資家が焦燥感を募らせるリスクが高まった。
中国恒大集団が29日遅くに代わりに提出したのは、オフショア債に関する「暫定再編方針」というものだった。同社の債務総額は
約3000億ドル(約39兆9800億円)、このうちドル建て債は約200億ドル。再編が行われるとなれば、中国史上最大クラスとなる可
能性がある。






●中国恒大で610億円超稼いだCEO、突然退場−迫る債務再編計画
Venus Feng、Pei Yi Mak
2022年7月29日 14:11 JST
夏海鈞氏、未公表の融資保証手配に関与したとしてCEO辞任
多額の債務抱える中国恒大、今月末が再編計画の提出期限
中国の不動産開発大手、中国恒大集団の最高経営責任者(CEO)を務めていた夏海鈞氏は、同社を創業した許家印氏の最側近と長らく考えられてきた。
夏氏は2018年に米ハーバード大学を許氏が訪問した際に随行したほか、市場の信頼感を高めるため恒大債も購入、昨年は香港に赴き、同社の資産売却に関して協議していた。




●許家印
きょ かいん
実業家
許 家印は、中華人民共和国の実業家、会社経営者。不動産開発会社「恒大集団」の創業者、代表取締役会長・共産党委員会書記。
ウィキペディア
生年月日: 1958年10月9日 (年齢 63歳)
出生地: 中華人民共和国 周口市 太康県
純資産: 85億アメリカ合衆国ドル (2022年) フォーブス
配偶者: Ding Yumei (1983年から)
両親: Xu Xiangao
子女: Xu Xihao、 Xu Zhijian
兄弟姉妹: Xu Jiaqin、 Xu Long'er



●中国恒大 債務再編案を年内公表、事実上先送り 負債総額40兆円
2022/7/30(土) 9:41配信

毎日新聞
北京市郊外で建設中の中国恒大集団のマンション=2022年1月13日午後2時53分、小倉祥徳撮影

 経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団は29日夜、経営再建に向けた債務再編案を年内に公表すると発表した。7月末までに発表するとしていた暫定的な再編案については、具体的な中身の説明が一切なく、事実上先送りした形だ。負債総額約2兆元(約40兆円)を抱える同社の先行きは依然不透明で、低迷し続ける中国の不動産市場全体の重しとなりそうだ。

 同社によると、現在も債権者を含む関係者と協議を続けており、同社の資産査定も進行中という。開発中の不動産プロジェクトの売却などを進めて債務圧縮を図ると見られているが、主力の不動産事業をどこまで縮小するかや、7月に予約受け付けを始めた電気自動車(EV)事業にどこまで注力するかなどが焦点となっている。

 恒大は2020年の売上高が5072億元(約10兆円)、住宅販売面積中国2位、従業員数約20万人の巨大企業。高騰し続ける不動産価格を警戒する中国政府が、不動産融資の規制を強化したことを受け、21年夏ごろに資金繰り問題が表面化。12月には、ドル建て社債の利払いを期日通り行えず、格付け会社から一部債務不履行(デフォルト)と認定されていた。【北京・小倉祥徳】



ローン拒否が拡大「総額8兆円」慌てる中国当局 恒大問題の現場は今
小倉祥徳

毎日新聞 2022/7/30 15:45(最終更新 7/30 16:39)

中国東北部遼寧省瀋陽市で建設していた中国恒大集団のマンション=2021年7月10日、小倉祥徳撮影
 中国経済に不動産不況という暗雲が垂れこめている。不動産大手の中国恒大集団が総額約2兆元(約40兆円)という巨額の負債を抱えて資金繰りに行き詰まったことは記憶に新しい。問題は他の不動産大手にも波及し、マンション購入者が住宅ローンの返済を拒否する動きが全国で広がっている。政府も対応に慌てる問題の現場を訪ねた。

恒大破綻で懸念された「バブル崩壊」
 まずは恒大問題をおさらいしたい。

 1996年に中国広東省広州市で創業した同社は、中国の不動産ブームに乗り、2020年には売上高5072億元(約10兆円)、住宅販売面積中国2位、従業員数約20万人の巨大企業に成長した。事業も多角化を進め、電気自動車(EV)の製造やプロサッカーチームの経営にまで乗り出した。創業者の許家印氏は、17年時点で資産2900億元(約5・8兆円)と中国の長者番付で首位になったこともある。

 だが、高騰し続ける不動産価格を警戒する中国政府が、不動産融資の規制を強化したことを受け、21年夏ごろに資金繰り問題が表面化。6月末時点の負債総額が約2兆元にも達したことから、海外を中心に一時は「中国の不動産バブル崩壊」「リーマン・ショックの再来」と呼ばれ、世界経済全体のリスクとして危機感が強まった。12月には、米ドル建て社債の利払いを期日通り行えず、格付け会社が一部債務不履行(デフォルト)を認定。恒大は今年7月末までに経営再建に向けた債務再編案を発表するとしていたが、29日深夜、22年内に発表を事実上先送りする方針を表明。同社の先行き不安はなお続いている。

 恒大の経営危機は同社のみならず市場全体の冷え込みを招いている。中国の不動産販売は21年7月から前年実績割れが続いていたが、最近では新たな問題を引き起こしている。








●2022/04/04
不動産バブル崩壊で、いまや世界経済のお荷物に…中国経済を迷走させる習近平政権の断末魔
上海市の「2500万人のロックダウン」が追い打ちに

PRESIDENT Online
真壁 昭夫
多摩大学特別招聘教授

恒大集団、佳兆業集団…次々と決算発表を延期
不動産市況は悪化するだろう。足許、上場規則で定められた3月末までに2021年の監査済み決算を公表できない不動産デベロッパーが増えている。主な企業として、中国恒大集団(エバーグランデ)や佳兆業集団(カイサ・グループ)、緑地香港(グリーンランド・ホンコン)、宝龍地産(パワーロング・リアルエステート)などが決算発表を延期した。

デベロッパーの本格的なデフォルトや経営破綻のリスクを低下させるべく地方政府は支援を強化している。その上で、共産党政権は民間の不動産企業を救済するのではなく、資産の切り売りを加速することによって不動産市況を安定させようとしているが、事態は好転していない。

中国不動産セクターから撤退する大手監査法人も出始めた。計算方法にもよるが、中国のGDPの30%近くを占めると言われる不動産関連セクターで企業の資金繰りはさらに悪化し、事業運営に行き詰まる企業は急増する恐れがある。それは経済成長率の低下要因だ。

IT先端企業への締め付けを強めているが…
現在、共産党政権はIT先端企業への締め付けを強めている。貧富の格差拡大阻止の姿勢を示すことに加えて、政権に対する不満を高めかねないSNSなどを抑え込む必要がある。現時点では、習氏の政権基盤が揺らぐ状況には至っていないものの、先行きは楽観できない。例えば、不動産市況の悪化が深刻化すれば、保有してきた財産価値の急減に直面する人は増える。その結果、国民の生活が苦しくなってくる。

それは政権に対する不満を高めることになりかねない。今年秋の党大会を控える習氏は、なんとしても求心力を保たなければならない。アリババやテンセントなどへの締め付けは想定以上に強まる可能性がある。3月下旬にテンセントは共産党政権の規制強化に従うと恭順の意を示した。

それによって民間企業の創業経営者は当局からの圧力に対応しつつ、より自由度の高い国で新しい取り組みを進めようとするだろう。やや長めの目線で考えると、IT先端企業への締め付け強化によって中国から海外に流出する生産要素(ヒト、モノ、カネ)は増えると考えられる。







●S&P、中国恒大をデフォルト判定 ドル建て債の利払い不履行
2021/12/17(金) 20:04配信
ロイター
大手格付け会社S&Pグローバルは17日、中国の不動産開発大手、中国恒大集団を正式にデフォルト(債務不履行)したと判定した。香港で7日撮影。(2021年 ロイター/Tyrone Siu/File Photo)

[ロンドン 17日 ロイター] - 大手格付け会社S&Pグローバルは17日、中国の不動産開発大手、中国恒大集団を正式にデフォルト(債務不履行)したと判定した。

S&Pは声明で「中国恒大集団とオフショア金融部門の天基控股は米ドル建てシニア債の利払いを実行しなかったとみなす」と表明。

また格付けを「一部不履行(SD)」に引き下げた後、中国恒大から格付けの撤回要請があったと明らかにした。

「恒大、天基、信託人は利払いの状況について、発表や当社への確認を一切していない」とした。


関連記事】
コラム:中国AI開発企業への制裁に見る「米中デカップリング」
コラム:整合性に欠ける中国経済運営方針、習氏への忖度で混乱も
アングル:海外勢の中国投資、習氏の次の任期へ入念な戦略を
焦点:米国債の「絶対安全性」に暗雲、債務上限やユーロ建て債拡大で
アングル:気候変動対応で膨張する債務、世界でデフォルト発生も
最終更新:12/17(金) 20:04
ロイター




●中国恒大、事実上のデフォルト 事業は継続へ
2021/12/7 19:18
三塚 聖平

中国・深圳の中国恒大集団本社=9月(ロイター=共同)
【北京=三塚聖平】複数の欧米メディアは7日、巨額債務で経営危機に陥っている中国不動産大手「中国恒大(こうだい)集団」の米ドル建て社債の保有者が、6日の期限までに利払いを受けていないと報じた。これにより、同社として初のデフォルト(債務不履行)状態に陥った可能性がある。デフォルトになってもすぐに事業を停止せず、地元政府の監督下で海外の債権者との債務再編の協議などを進める見通し。

実行できなかったと伝えられているのは計8249万ドル(約94億円)の利払い。11月6日に本来の期限を迎えていたが実行せず、30日間の猶予期間に入っていた。同社はこれまで、猶予期間終了間際に利払いを行い、ギリギリのところでデフォルトを免れていた。今後も社債の利払いが控えており、国内外の金融市場の反応が注視される。

同社の資金繰りは綱渡りの状態が続いており、今月3日には債権者から米ドル建て2億6000万ドルの債務保証の履行を求められていると発表。海外の債権者と債務再編の協議に入ることも表明していた。返済期限の延長や、債権カットを求めるとみられ、債務再編協議は難航が予想される。

恒大集団は6日、経営危機の対処にあたる「リスク管理委員会」の設置を発表。メンバーには、同社が本社を置く広東省の政府系投資会社の幹部らが加わった。広東省政府は恒大集団に作業チームを派遣するなど関与を強めている。

恒大集団の負債総額は、6月末時点で1兆9665億元(約35兆円)。中国当局は、同社の問題は「やみくもな事業拡大」に原因があると突き放している。恒大集団の救済が目的でなく、不動産・金融市場の安定を重視する姿勢を明確化している。

習近平政権は昨年夏以降、不動産価格高騰やバブルに対処するため、不動産融資に関する規制を強化。それにより、恒大集団など不動産大手が経営状況を悪化させている。







●中国恒大、ドル債利払い資金を送金 土壇場でデフォルト回避
2021/10/22(金) 11:04配信
ロイター

 中国不動産開発大手の中国恒大集団は、9月23日に期限を迎えていた社債利払いの資金を10月21日に受託者の口座に送金した。関係筋が22日、ロイターに明らかにした。写真は広東省深センいある同社の本社ビル。9月撮影(2021年 ロイター/Aly Song)

[香港 22日 ロイター] - 中国不動産開発大手の中国恒大集団は、9月23日に期限を迎えていたドル建て債利払いの資金を今月21日に受託者の口座に送金した。関係筋が22日、ロイターに明らかにした。翌23日が30日間の利払い猶予期間の期限で、土壇場でデフォルトを回避することになる。

21日にドル建て債の利払いとして8350万ドルをシティバンクの受託者口座に送金したという。これにより、全ての社債保有者が利払い猶予期間が終了する23日までに利払いを受けられることになる。利払い資金の送金については中国政府系の証券時報が先に報じていた。

一部社債保有者の担当弁護士は「(恒大は)短期的なデフォルトを回避したようで、流動性を何とか確保したことは若干の安心材料だ」とした上で、「ただ債務の再編は必要だ。今回の利払いは、恒大が厳しい再編手続きを前に利害関係者に責任感のようなものを示したとも考えられる」と述べた。

恒大は、ロイターのコメント要請に応じていない。シティはコメントを拒否した。

恒大を巡っては21日、支払いを見送っていた2億6000万ドル相当の社債の償還期限延長で保有者側と合意したと金融情報サービスのREDDが伝えていた。

中国当局者からはここ数日、債権者の利益は保護されるといった不安緩和を狙った発言が相次いでいたが、利払い実行のニュースは市場参加者には驚きだった。

高騰国際資産管理の運用担当者は、デフォルトを予想する人が多かったため、ポジティブサプライズだったと述べ、今回の利払いを受けて次回以降も実行されるとの見方を示した。

恒大は9月23日と29日、10月11日が期日だった計2億8000万ドル弱のドル建て債利払いを見送っていた。

22日の取引で恒大のドル債は急伸。デュレーション・ファイナンスのデータによると、2022年償還債と23年償還債は10%以上上昇した。

株価は一時7.8%急伸。同社株は2週間余りの取引停止を経て前日に再開されたばかりだった。恒大のニュースを受け、香港のハンセン本土不動産株指数は4%超急騰。本土市場でもCSI300不動産指数が6.5%の大幅高となった。

恒大にとって次の重要局面は、9月29日に実行しなかったドル債利払いの猶予期間が切れる10月29日。






●中国指導部 恒大集団の経営危機で軍・警察に「第1級厳戒態勢」を発令
2021/10/17(日) 7:05配信

NEWSポストセブン
恒大集団の経営危機が様々な影響を

 中国不動産開発大手、恒大集団が巨額な債務を抱えて経営破綻の危機に陥ったことに関して、マンション購入者らが購入代金の返還などを求めて混乱や暴力を伴う集団的な衝突が頻発しかねないとして、中国共産党指導部が中国人民解放軍や武装警察部隊などに対して「第1級厳戒態勢」を発令していたことが明らかになった。

 これは恒大集団が20万人の社員や380万人の間接雇用者、全国280都市で1300の不動産建設案件を抱えているためで、恒大集団が経営破綻した場合、全国的に大きな動揺を招くことが予想されるからだ。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 恒大集団は1兆9700億元(33兆7461億円)という巨額の負債を抱えており、債務不履行は避けられないとみられている。そうなれば、恒大集団だけでなく、不動産関連の鉄鋼、アルミ、建設業界にも影響が及び、民衆の不満が爆発する可能性がある。

 実際に、恒大集団の本社がある広東省深セン市では数百人のマンション購入者らが集会やデモを行って、「金を返せ」などと叫んで、警官隊と衝突するなど、一時、本社前は騒乱状態になったこともあった。

 このため、中国政府は9月下旬、全国の地方政府や国有企業に対して、「恒大集団の倒産によって起こりうる暴風雨に備えなければならない」とする文書を通達。「恒大集団が法的に秩序だった管理ができなくなった場合、最後の場面で介入しなければならない。最も重要なことはマンション購入者や失業など経済全体の連鎖反応を阻止し、社会的動揺を防ぐことだ」などと指示した。

 地方政府は法律家や会計士の専門家グループを組織したほか、警察などの政法部門を中心に集団暴動に対処する体制を整えている。

 また、党中央指導部の命令を受けた中央軍事委員会は全国の5大戦区の各部隊宛てに「第1級厳戒態勢」を発令し、休暇の取り消し、全隊員の待機、緊急時の出動に備えるよう命令した。これは「暴動や無差別殺傷事件など今後も不測の事態が発生する可能性がある」として、新疆ウイグル自治区やチベット自治区に継続的に出されている厳戒態勢と同じレベルだ。


●中国恒大、3回目の社債利払い遅延 過去3週間で
2021/10/12(火) 13:53配信

ロイター
 10月12日、中国恒大集団の一部のオフショア債券保有者は、ニューヨーク時間11日中に利払い受けられなかった。写真は深センで9月撮影(2021年 ロイター/Aly Song)

[香港 12日 ロイター] - 経営危機に陥っている中国の不動産大手、中国恒大集団は12日、社債の利払いを再び見送った。利払い遅延はこの3週間で3回目となる。

一部の債券保有者は中国恒大の2022年4月償還債、23年4月償還債、24年4月償還債にかかる総額1億4800万ドルの利払いについて、日本時間12日午後1時までに受け取れていないと証言。猶予期間の30日間が終了すれば投資家は多額の損失を被る可能性がある。

中国恒大からは今のところコメントを得られていない。

証券会社CGS−CIMBはノートで「流動性問題が際立って改善しなければ今後デフォルトは拡大するだろう」と指摘。信用格付けが引き下げられたデベロッパーは現時点で借り換えも困難になっていると付け加えた。

RFAは北京の識者の話として、「習近平国家主席ら最高指導部は地方の暴動が首都北京や上海などの大都市に波及することで、一党独裁体制が揺らぎかねないとの危機感を抱いているようだ」と報じている。

 このため、国際的な信用格付け機関であるフィッチ社は、住宅投資は中国の国内総生産(GDP)の約10%を占めており、他の産業にも大きな波及効果をもたらしているとして、「住宅着工件数が減少し、財政圧力が不動産投資を圧迫していることから、今年の中国の経済成長率の見通しをこれまでの8.4%から8.1%に下方修正する」と発表。また、バンク・オブ・アメリカも来年の中国の経済成長率予測を6.2%から5.3%に引き下げている。






●中国恒大、なぜ経営危機? 政府の方針転換に翻弄―ニュースQ&A
2021年09月25日17時45分

 中国不動産開発大手の中国恒大集団が経営危機に陥った。負債は国内総生産(GDP)の2%に相当する約33兆円。国内外で不安が広がっている。
 ―どんな状況なの。
 恒大は23日にドル建て社債の利息を支払う約束だったが、米メディアによると、資金不足で支払うことができなかった。
 ―今後どうなる。
 期日を過ぎても、30日以内に支払えば大目に見てもらえる。ただ、それもできなければ、元本も返せない「デフォルト(債務不履行)」状態に陥ったと見なされ、信用を失う。銀行取引などは難しくなり、経営破綻の可能性が高まる。
 ―倒産しそう?
 恒大は電気自動車(EV)事業や、香港に保有するオフィスビルなどを売却して資金を確保し、利息の支払いに充てようとしている。売却交渉は行われているが、30日以内にまとまるかどうか分からない。
 ―危機の背景は。
 中国政府は経済成長の重要な担い手として、不動産業界の発展に力を入れてきた。ただ、住宅価格が高くなり過ぎたため、業界への融資を抑えるよう、国内の銀行に指示した。恒大は新たな借り入れができなくなり、資金繰りが悪化した。政府の方針転換に翻弄(ほんろう)された格好だ。
 ―影響はどうなの。
 大半の建設工事がストップし、住宅購入者に物件を引き渡せなくなっている。また、恒大がお金を集めるために販売した高利回りの投資商品は利払いが滞り、商品購入者が本社に詰め掛ける騒ぎも起きている。
 ―問題は広がる?
 恒大と同じように多額の借り入れに頼ってきた不動産開発会社が行き詰まっている。万一破綻が相次ぐと、融資した銀行の経営も悪化しかねない。景気への影響も心配だ。
 ―「リーマン・ショック」みたいになるの。
 専門家の間では、世界中を巻き込む金融危機にはならないとの見方が優勢だ。中国指導部は、極めて重要な共産党大会を1年後に控えて社会の安定を最重視している。金融危機は全力で阻止するだろう。ただ、これだけ巨大な不動産会社の経営危機は中国で過去に例がなく、政府の対応がどうなるか不透明だ。(北京時事)






●経営危機の恒大集団 香港市場での取引停止
10/4(月) 13:27配信
TBS系(JNN)
 経営危機に陥っている中国の不動産大手「恒大集団」とグループ会社の株式取引が香港市場で停止されました。

 中国メディアによりますと、香港証券取引所はけさ、恒大集団と不動産管理を行うグループ会社について、株式の売買を停止すると発表しました。取引停止の理由については明らかにされていません。自動車関連のグループ会社については取引が継続されています。

 恒大集団をめぐっては、先月に支払期日を迎えたドル建ての社債について利払いができなかったと報じられています。(04日11:59)





●中国で「第2の恒大」警戒 不動産1日1社が消滅
2021/10/2(土) 18:45配信

産経新聞
【北京=三塚聖平】総額33兆円の巨額負債を抱えた中国不動産大手「中国恒大(こうだい)集団」の経営危機が深刻化しているが、中国の不動産業界では同社以外にも資金繰りに窮する大手企業の存在が指摘される。「第2の恒大」となることが懸念されており、習近平政権も混乱が市場全体に波及することを警戒している。

9月下旬、中国不動産大手の「融創(ゆうそう)中国」の経営状況への懸念がにわかに高まった。中国メディアによると、同社の浙江省紹興市にある子会社が、住宅販売が落ち込んで資金繰りも悪化しているとして地元当局に支援を要請したとされる書簡がインターネット上に流出したためだ。同社本社は声明を発表し、子会社幹部が作った文章だということは認めつつも、「政府に要請はしていない」と主張。事業運営は正常だと強調するなど懸念払拭に努めた。

業界4位という同社は、今年6月末時点の負債総額が約9971億元(約17兆2000億円)に達する。不動産市場の過熱を警戒する習政権の規制強化で、恒大に限らず業界全体で経営環境は悪化している。中国政府は昨年夏、資産に対する負債の比率を一定範囲内に抑える措置を打ち出しており、こうした政策変更で不動産会社の資金調達が難しくなっている。

工業団地の開発を主に手掛ける不動産大手の「華夏幸福」も9月上旬までに、既に期日を過ぎている計800億元(約1兆4000億円)を上回る社債の元本や利息の支払いができていないと伝えられる。業界内で連鎖的に資金繰り悪化をもたらす事態も懸念される。

規模が小さい企業はより厳しい状況とみられ、年初から9月5日までに274の不動産会社が経営破綻しているという。1日平均1社のペースで消滅している計算となる。

習政権も、不動産市場全体の混乱を防ぐ姿勢を鮮明にしている。中国人民銀行(中央銀行)は9月下旬に開いた金融政策委員会で、「不動産市場の健全な発展や、住宅消費者の合法的な権益を守る」との方針を確認。同委で「不動産」に触れるのは異例だという。

ただ、習政権は「共同富裕」を掲げて貧富の格差解消に重点を置いており、個別の不動産会社の救済には乗り出さないという見方が根強い。融創中国トップの孫宏斌氏は8月末に、今年後半の業界の状況について「悲惨となることが見込まれる」と指摘している。






●経営危機の中国恒大 社員「7月から頻繁に金融商品買わされた」
2021/9/27(月) 17:40配信

TBS系(JNN)

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 経営危機に陥っている中国の不動産大手・恒大集団。そのグループ会社の社員がJNNの取材に応じ、「今年7月から金融商品を頻繁に買わされるようになった」と証言、資金繰り悪化の実態が浮かび上がりました。

 33兆円もの巨額の負債を抱えた中国恒大集団。年末に向け、社債の利払いの期日が相次いで迫っています。

「恒大集団」グループ会社の社員
 「恒大の金融商品を買った分の金も取られた。会社から言われて買ったのに、 しかも給料も出してくれず、二重の損失です」

 JNNの取材に応じたのは「恒大集団」傘下の会社に今年入社した30代の男性。先月から2か月分の給料が支払われず、5月に購入した10万元、日本円でおよそ170万円の金融商品も返済されない状態だといいます。

「恒大集団」グループ会社の社員
 「以前から社員は(恒大の)金融商品の購入を強いられていた。今年7月から頻繁に買わされるようになりました」

 今年5月から9月にかけて、6人の幹部が満期の前に金融商品の償還を受け、処分される一方で、一般の社員は1人最低170万円のノルマで幹部から強制的に商品を購入させられたといいます。恒大や関連企業は社員から現金を集めなければならないほど、この時点には資金繰りがかなり悪化していた可能性があります。

 「恒大は金融詐欺をしている」

 今月24日、湖南省で撮影された映像です。中国共産党で腐敗や汚職を監督する機関の前で、個人投資家は返済を要求。恒大への抗議活動も続いていて、北京にある関連事務所のほか重慶市など、返済を求める声は各地に広がっています。

 社員に対し、何の説明もしていないという恒大集団。経営トップの許家印氏は、事業継続への意欲を強調していますが、すでに期日を迎えたドル建て債券の利払いの行方など経営不安は依然払拭されていません。(27日17:19)








●中国恒大、なぜ経営危機?  政府の方針転換に翻弄
2021/9/26(日) 7:30配信

時事通信
 中国不動産開発大手の中国恒大集団が経営危機に陥った。負債は国内総生産(GDP)の2%に相当する約33兆円。国内外で不安が広がっている。

 ―どんな状況なの。

 恒大は23日にドル建て社債の利息を支払う約束だったが、米メディアによると、資金不足で支払うことができなかった。

 ―今後どうなる。

 期日を過ぎても、30日以内に支払えば大目に見てもらえる。ただ、それもできなければ、元本も返せない「デフォルト(債務不履行)」状態に陥ったと見なされ、信用を失う。銀行取引などは難しくなり、経営破綻の可能性が高まる。

 ―倒産しそう? 
 恒大は電気自動車(EV)事業や、香港に保有するオフィスビルなどを売却して資金を確保し、利息の支払いに充てようとしている。売却交渉は行われているが、30日以内にまとまるかどうか分からない。

 ―危機の背景は。

 中国政府は経済成長の重要な担い手として、不動産業界の発展に力を入れてきた。ただ、住宅価格が高くなり過ぎたため、業界への融資を抑えるよう、国内の銀行に指示した。恒大は新たな借り入れができなくなり、資金繰りが悪化した。政府の方針転換に翻弄(ほんろう)された格好だ。

 ―影響はどうなの。

 大半の建設工事がストップし、住宅購入者に物件を引き渡せなくなっている。また、恒大がお金を集めるために販売した高利回りの投資商品は利払いが滞り、商品購入者が本社に詰め掛ける騒ぎも起きている。

 ―問題は広がる? 
 恒大と同じように多額の借り入れに頼ってきた不動産開発会社が行き詰まっている。万一破綻が相次ぐと、融資した銀行の経営も悪化しかねない。景気への影響も心配だ。

 ―「リーマン・ショック」みたいになるの。

 専門家の間では、世界中を巻き込む金融危機にはならないとの見方が優勢だ。中国指導部は、極めて重要な共産党大会を1年後に控えて社会の安定を最重視している。金融危機は全力で阻止するだろう。ただ、これだけ巨大な不動産会社の経営危機は中国で過去に例がなく、政府の対応がどうなるか不透明だ。(北京時事)


【関連記事】
中国恒大に96億円投資 年金運用「直ちに影響ない」―GPIF
禁句使い「消えうせろ」 フィリピン外相、中国に
【解説】破綻危機 中国の不動産大手・恒大集団とは?
中国、ゲーム会社に「女々しい」コンテンツの削除を命令
中国経済、28年に世界一 日本は4位転落―英調査







●恒大、ドル債券利払いできず…中国当局は破産に備え指示
2021/9/25(土) 7:49配信

ハンギョレ新聞
ロイター「外国人投資家8350万ドルの利子受け取れず」 中国当局は直接支援を避ける模様
 最悪の流動性危機でぐらついている中国2位の不動産開発大手の恒大集団(エバーグランデ・グループ)が、ドル建て債券の利子を払えないことが伝えられた。350兆ウォン(約33兆円)台の負債を抱える恒大の破産憂慮がますます拡がっている。

 24日のロイター通信などの報道を総合すると、恒大は額面20億3千万ドル規模のドル債券に対する利子8350万ドルを前日までに支払わなければならなかった。だが恒大のドル建て債券を保有する外国人投資家らはこの日午前まで利子を受け取れなかった。

 複数の消息筋は「利払いがされず、恒大側は利子の支払いに関連した質問に返事もない状態」と伝えた。ただし、債券契約により利子の支給予定日から30日間の猶予期間が設定されているため、直ちに債務不履行(デフォルト)宣言がなされはしない状態だ。

 恒大側もこの日支給しなければならない中国元建て債券の利子2億3200万中国元(約39億6千万円)問題を「解決」したと前日明らかにした。だが、恒大が利子をまともに支払ったのではなく、債権者との交渉を通じて一部だけ支払ったり期間を延長したという観測が優勢だ。これに先立って恒大は今月13日に、現金分割返済▽実物資産返済▽住宅購入残金相殺返済などを債券返済方案として提示している。

 中国当局は、恒大に対する直接支援の代わりに、金融市場の安定化に集中している。ブルームバーグ通信は「恒大事態で不安感が増幅された金融市場の安定化のために、人民銀行はこの日だけで700億中国元(約1兆2千億円)の短期流動性を供給した」として「ここ5日間で人民銀行が金融市場に投じた資金は合計4600億中国元(約7兆8千億円)に達する」と伝えた。

 これと関連して同通信は、内部の消息筋の話を引用して「中国金融当局が最近、恒大側に対し、現在進行中の不動産開発事業を早く終え、個人投資家の債権を積極的に返済する一方、短期的にドル債券の債務不履行(デフォルト)を避けるためのすべての措置を取るよう促した」と報道した。だが、債務履行のために金融当局が恒大側に財政的支援をするとみられる情況はなかったと伝えた。

 ウォールストリートジャーナルも前日「中国当局が地方政府と国有企業側に、恒大が秩序ある方式で問題を管理できなくとも、介入は最後の瞬間にするよう指示した」と伝えた。当局次元の直接支援ではなく、恒大破産の“後の混乱”に備えるもようだ。

 同紙は「国務院金融安定発展委員会(委員長:劉鶴副首相)が今月初めに地方政府側に実務陣を設け、恒大事態と関連した社会・経済的不安の点検を指示した」として「特に地方政府別に会計・法律の専門家を中心に実務陣を構成し、当該地域で恒大が進行中の事業の金融状況を点検し、地域の国営企業と民間企業側も恒大の事業引き受けの可能性に備えるよう指示した」と付け加えた。

 恒大は、現在中国の200都市余りで約800件の不動産開発事業を進行中だが、納品業者に対する代金未支給などにより一部の工事はすでに中断されたと伝えられた。

北京/チョン・インファン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )




●【グローバルアイ】中国政府は恒大を救うだろうか
2021/9/24(金) 16:04配信

中央日報日本語版
恒大集団が北京に開発中のマンション。22日基準、タワークレーンが止まるなど工事が中断された状態だ。パク・ソンフン特派員

最近中国の話題は不動産開発会社「恒大集団」の破綻危機説だ。香港証券取引所を基準として恒大株は20日一日だけで10.24%ポイント急落した。今年6月23日に1万800元(184,680円)だった株価は3カ月で2280元(38,988円)に80%近く落ちた。

さらに会社財務報告書によると、総負債規模1兆9700億元(約33兆6,870億円)のうち1年以内に償還しなければならない金額は2400億元(4兆1,040億円)で、現金保有額868億元(1兆4,843億円)の3倍に達する。恒大危機説は今月8日に子会社2社が9億4300万元(161億2,530万円)の負債を償還できないことが伝えられて本格化した。外信を中心に2008年リーマンショックのような国際金融危機が世界を襲う可能性があるというニュースが連日流れた。

ところが中国現地で体感しているものとは多少距離がある。22日、北京首都空港の近くに恒大集団が建設中のマンションを訪れた。予想とは違って2023年完工予定のマンションの工事は現在も進行中だった。工事や販売に支障がないのか、恒大側の関係者に確認してみた。

財務関係者によると危機説が伝えられ始めてから物件を求めようとする顧客はむしろ増えたという。ブルームバーグ通信は20日、恒大が流動性確保のために実物資産に対する売却に入ったとし、最大48%までおさえた価格で販売されていると報じたことがある。反面、房山区にある別の恒大建設マンションの現場は工事が中断された状態だった。大型タワークレーンは稼働を止め、工事現場に積み上がった木材は色があせていた。現場で会った入居予定者の李さん(45)は「資金源が切れればどうなるのかという心配で眠れない」と話した。

大型不動産建設会社の不渡りの波紋を知らないはずがない中国政府にもまだ特別な動きがない。15日、国務院記者会見で付凌暉報道官は恒大の債務不履行リスクを尋ねる質問に「一部の大型不動産会社が運営に困難があり業界に及ぼす影響に対する観察が必要だ」としつつも「政府が今年初めから住宅投機禁止原則を守り、不動産市場は全般的に安定的」と答えた。当局が現在の不動産状況に満足していて、介入する意思がないということを暗示したといえる。

恒大の負債はこの5年で1兆3600億元(23兆2,560億円)も暴騰した。レバレッジを狙って短期借入を増やした結果だった。共同繁栄を前面に出して不動産市場を安定させようとする中国政府の立場で、恒大は救済対象になりえるだろうか。「観察」は他の不動産会社と投機家・投資家に対する警告かもしれない。

パク・ソンフン/北京特派員




●2021/09/24

中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし
By Reuters Staff

2 MIN READ


[香港/シンガポール 23日 ロイター] - 中国の不動産開発大手、中国恒大集団3333.HKの資金繰り問題は、社債の一部の利払い日である23日が過ぎたが会社側から新たな説明がなく、デフォルト(債務不履行)懸念が一段と高まった。


中国の不動産開発大手、中国恒大集団<3333.HK>の資金繰り問題は、社債の一部の利払い日である23日が過ぎたが会社側から新たな説明がなく、デフォルト(債務不履行)懸念が一段と高まった。香港で8月撮影(2021年 ロイター/Tyrone Siu)
中国恒大集団は23日、20億ドルに及ぶオフショア社債の利息として8350万ドルを支払うことになっていた。また、来週には4750万ドルのドル建て債利払いが控えている。23日の人民元建て債については、利払いを実行すると今週発表し、市場の懸念が一部で和らいでいた。[nL4N2QO0KO]

現時点で中国恒大から何の情報もなく、広報担当者からのコメントも得られていない。利払い期限は過ぎたが30日の猶予期間があるため、即座にデフォルトとはならない。

プリンシパル・グローバル・インベスターズ(シンガポール)のアジア債券部門責任者、ハウ・チョン・ワン氏は「この段階では誰も大きなリスクを取りたがらないため不気味な沈黙が続いている」と述べ「中国恒大のような規模は前例がない。中国が連休に入るまでの今後10日ほどの間に事態がどのように展開するかを注視する必要がある」と指摘した。

ジャナス・ヘンダーソン・インベスターズの新興市場アナリスト、ジェニファー・ジェームズ氏は「市場はドル建て社債を保有する投資家がほとんど資金を回収できないとの見方を織り込んでいる」と指摘。同社が債権者と協議して事業再編計画をまとめるというのが最も確率の高いシナリオだとした。

また、中国政府が恒大問題への対応を誤れば、信頼の喪失が他の金融市場にも波及する可能性があると予想した。

ブルームバーグ・ローは23日、中国当局が同社に対し、当面ドル建て社債のデフォルトを回避するよう指示したと報じた。

報道によると、当局は恒大集団の経営陣との会合で、デフォルト回避に向けて債権者と積極的にコミュニケーションを図るべきと述べた。ただ、具体的な指針は示さなかったという。

一方、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは23日、関係筋の話として、中国当局が地方自治体に対し恒大集団の破綻に備えるよう求めていると報じた。

また、これとは別にブルームバーグは、恒大集団の電気自動車(EV)部門が従業員への給与とサプライヤーへの支払いを停止していると報じている。

  BNPパリバUSAのジャン・イブ・フィリオン最高経営責任者(CEO)は23日、CNBCに「中国恒大は深刻な状況にあるが、セクターという点では主に中国国内の不動産部門とその取引先に集約されている」とし、「歴史的に中国政府はこの種の状況に対処し、解決してきた。中国恒大の状況と堅調な米株市場との関連性はあまり大きくないと考えている」と述べた。

恒大の3050億ドルに上る負債のうち、オフショア債は約200億ドルにとどまる。同社の経営破綻は中国経済の4分の1を占める不動産部門の機能停止につながる恐れがあり、国内のリスクは大きい。

ソシエテ・ジェネラルは調査ノートで、住宅販売・投資の一段の減速は必至で、国内総生産(GDP)成長率を1%ポイント近く押し下げることになると分析。「政策当局が行動を先延ばしすればするほど、ハードランディングのリスクは高まる」とした。

しかし、これまでのところ当局が本格介入する兆しはあまりない。中国人民銀行は24日も含め、今週、計2700億元(420億ドル)を市場に供給、週間の合計としては1月以降で最大となり、株価を下支えした。

中国恒大の許家印主席は22日夜の社内会議で、同社の理財商品の投資家への償還が最優先事項だと述べたほか、確実な不動産の引き渡しを幹部に指示した。これを受け、株価は一時30%上昇した。[nL4N2QP1LY]

24日の取引で同社の株価は反落。EV部門の中国恒大新能源汽車集団0708.HKは18%急落し、4年ぶりの安値を付けた。

オスカー・アンド・パートナーズ・キャピタル創業者で最高投資責任者のオスカー・チョイ氏は、中国恒大が警戒しているのは建設事業が進められず、作業員に給与を支払えず、個人投資家が損失を被ることで社会的緊張をあおることだと指摘。こうした優先事項が解決できれば、同社は他の債権者と協議を行うと予想し、「そうでないと、数十万人が政府と争うことになる」と述べた。

DBS銀行(シンガポール)のマクロストラテジスト、Wei-Liang Chang氏は「中国の慎重な政策決定ペースを踏まえると、当局は時間稼ぎを選ぶかもしれない」と指摘。中国恒大が22年3月までドル建て債償還がないことから、当局は利払い猶予期間を利用して流動性支援を延長することが可能だと説明した。






●中国恒大集団の経営危機で露呈 そもそも中国人はなぜ、のどから手が出るほど不動産を欲しがるのか?

中島恵ジャーナリスト
2021/9/24(金) 13:51

(写真:ロイター/アフロ)
経営危機に陥っている中国不動産大手・中国恒大集団の今後を巡って、中国国内はもとより、日本など海外でも大きな注目が集まっている。

恒大が経営危機に陥ったのは、政府による不動産会社に対する引き締め策などが大きな原因だが、もともと不動産を持っていなかった中国人にとって、近年、高騰しすぎる不動産は「一生働いても絶対に買えない」存在になっており、不満が燻っていた。

その一方、2017年ごろから、習近平国家主席は「住宅は住むものであり、投機の対象ではない」と語っており、右肩上がりで高騰し続ける不動産価格を目論んで、投機目的で何軒も購入して売りさばく「炒房」(チャオファン)に走る富裕層もおり、それに対して政府は警戒感を示していた。

そもそも、中国の不動産市場は、その成り立ちが日本とは大きく異なっており、日本人と同じ目線で見ていたら理解しにくい。

中国人がここまで不動産の購入に目の色を変え、必死になるのも、その成り立ちに中国ならではの特有の事情があるからだ。

住宅は国から「分配」されるものだった
では、中国の不動産市場はどのようにして成り立ってきたのか。

中国の不動産市場の歴史は長くない。1978年の改革開放政策よりも以前、住宅を建設、または管轄していたのは地方政府や国有企業などで、不動産は民間に開放されていないものだった。

中国では住宅分配制度が施行されており、都市部に住む人々のほとんどは「単位」(ダンウェイ)と呼ばれる組織(職場や学校、団体など)から非常に低い家賃で、誰もが平等に、そして必ず「分配」されるものだった。

その当時、個人が不動産を売ったり買ったりことは不可能であり、中国人にとっての住居は、今でいう社宅や寮のようなイメージに近いものだった。

1960〜1970年代、住宅は職場の敷地内や近隣などにあり、1960年代の資料を読むと、家計に占める家賃の割合は2%ほどしかなかったとある。

1978年の資料では、都市部の1人当たりの居住面積はたった3.6平方メートルしかなく、トイレや台所などは、同じ建物内の他の居住者と共用であることも多かった、と記されている。

しかし、改革開放を経て1980年代に入ると、住宅制度改革が始まり、徐々に「分譲住宅」というものができ始め、販売が解禁されるようになった。中国初の分譲住宅は、奇しくも現在問題となっている恒大集団が本社を置く広東省深圳市内にある「東湖麗苑」というマンションだといわれている。

同マンションは現存しており、当時の販売価格は1平方メートル当たり1000元(当時の為替レートで計算すると約12万9000円)だったが、中国の不動産サイトによると、2020年には同、約5万8000元(約87万円)となっている。今は外観も古くなったマンションだが、中国元ベースで見れば、約40年間で50倍以上も値上がりしたことがわかる。

日本でも多く報道されているが、中国では土地は国家のものであり、企業や個人が土地を売買することは禁止されている。だが、土地の使用権は地方政府(または国家)の許可を得れば取得することは可能だ。住宅の場合、その使用権は最長で「70年」までという決まりがある。

不動産の転売で裕福になった
中国の不動産が大きく変わる転機となったのは1990年代後半だ。その頃になって、分譲住宅の開発や販売が進むようになり、それまで「単位」に住んでいた人々は、その住宅をかなり低い価格で払い下げられるようになり、それを入手することができた(ここで入手できた人々と、入手できなかった人々との間に、その後、膨大な格差が生じ始める)。

都市部に住んでいる人々は、そのときに格安で不動産を入手。それは一定期間、転売が禁止されていたが、上海市などを皮切りに転売することが許されるようになった。

2000年代になると、その不動産を高値で転売できるようになり、転売した資金で自分は新しい不動産を購入し、そこが値上がりすれば、また転売して莫大なお金を手にするという、前述したような「炒房」をする人が増えた。ちなみに、「炒」は「転がす」、「房」は「不動産、住宅」という意味だ。

日本ではとても信じられないことだが、中国では一般の労働者であっても、当時、狭い「単位」を購入し、それを転売すれば価格は10倍以上になることも珍しくなく、その資金によって、その後、汗水たらして毎日働かずとも裕福になっていった人々が増えた。

不動産は値上がりするものだった
中国国家統計局のデータによると、住宅の販売価格は2000年から2020年までの20年間で約5倍に膨れ上がっている。

このことからもわかる通り、不動産は「値上がりするもの」という認識を多くの人々が持っており、その結果、不動産は「自分が住むためのもの」ではなく、「お金を生む道具」となり、自分の人生をバラ色に変えてくれる「踏み台」へと変化したのだ。

むろん、中国人が不動産を欲しがる理由はこの点だけではない。日本と比較して、賃貸マンションでは居住者の立場が弱く、突然追い出されるなど理不尽な目に遭う確率が高いこと、近年の習慣で、結婚の際は男性が不動産を買わなければならないこと、中国人は現金以外の財産(不動産、宝石、ゴールドなど)に価値を置くこと……などの理由もある。

しかし、不動産を持てるようになってから日が浅い彼らにとって、不動産という「モノ」を所有することには、強いこだわりと憧れがある。だからこそ、彼らの多くは、不動産の購入に目の色を変えて夢中になり、のどから手が出るほど欲しがるのだ。


中島恵
ジャーナリスト
山梨県生まれ。フリージャーナリスト。著書は最新刊から順に「中国人のお金の使い道」(PHP研究所)、「中国人は見ている。」、「日本の『中国人』社会」、「なぜ中国人は財布を持たないのか」「中国人の誤解 日本人の誤解」、「中国人エリートは日本人をこう見る」(以上、日本経済新聞出版社)、「なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?」、「中国人エリートは日本をめざす」(以上、中央公論新社)、「『爆買い』後、彼らはどこに向かうのか」、「中国人富裕層はなぜ『日本の老舗』が好きなのか」(以上、プレジデント社)など多数。中国、香港、台湾、韓国などの文化、社会、ビジネス事情を取材し、ネットや雑誌、書籍等に執筆。

中島恵の最近の記事




●必ず保証すると言ったじゃないか・自殺したい…習政権、「恒大」対応に苦慮
2021/9/24(金) 7:19配信

読売新聞オンライン
 【深セン(中国広東省)=吉岡みゆき、上海=南部さやか】経営危機に陥っている中国の不動産大手・中国恒大集団に対する債権者らの抗議が各地で続発している。債務不履行(デフォルト)の危機がささやかれる中、返済のめどが立たないためだ。中国政府が安易に恒大の救済に乗り出せば富裕層優遇との批判を招きかねず、倒産させれば社会不安につながる。習近平(シージンピン)政権は板挟みの状態だ。

社員に怒号
23日、上海市中心部にある恒大のビルに抗議のために集まった債権者ら。右端は警察官=吉岡みゆき撮影

 上海市中心部にある恒大のビルでは23日朝、金融商品を購入した住民約100人が抗議に押し寄せた。

 「必ず保証すると言ったじゃないか」

 「責任者を早く出して説明しろ」

 社員らに怒号を飛ばす住民を警官6人が懸命になだめている。社員に詰め寄っていた60歳代の男性は「50万元(約850万円)を投資した。返金されるまで諦めない」と憤った。

 恒大の負債総額は6月末時点で、1兆9665億元(約33兆4000億円)の巨額に上る。広東省深セン市の本社では23日、多数の警官が抗議再発に備えて警戒に当たっていた。今月上旬から「金を返せ」と抗議する人々が詰めかけて、警察が公共の秩序を乱したとして一部を連行しても、各地の抗議の動きはやまない。

 恒大は18日、事態の沈静化に向け、投資者らに対し、滞った返済金をマンションの部屋などの提供で相殺する措置を始めた。だが、広東省広州市の対応窓口では22日時点で「一時停止」の看板が出されるなど、手続きに進展はないようだ。

建設放置も
工事が止まった広東省仏山市の建設現場。フェンスには、恒大が米経済誌の世界企業番付に名を連ねたことが記されている(17日)=吉岡みゆき撮影

 恒大が全国で手がけるマンション建設も、途中で放置されるケースが相次ぐ。広東省仏山市の建設現場では7月に建設が止まって以降、作業員は一人も戻っていない。近くの女性清掃員(51)は「作業員への給料未払いで、労働争議も起きていた」と語った。

 投資目的でこのマンションの一室を五十数万元(約1000万円)の一括払いで購入した40歳代の男性会社員は、他の購入者らとの情報交換のためSNSのグループチャットに加わった。「結婚のために買った家だった。自殺したい」と投稿した人もいるという。


■建設放置も

 恒大は23日、8353万ドル(約91億円)の社債の利払いを控えていた。米ブルームバーグ通信は、社債の保有者の話として、夕方時点で支払いが行われていないと伝えた。29日も追加の社債の利払いがあるなど、年内に米ドル建てだけで合計6億3110万ドルの利払いを予定し、デフォルトの危機が今後も待ち受ける。

 習政権にとっては、恒大を救済せず倒産という事態になれば、抗議の激化が確実視されるうえ、大量の失業者も生みかねない。来年の共産党大会を前に、習国家主席が最重要視する「社会の安定」を損なう事態を招くおそれがある。

 一方で、習氏は、貧富の格差を解消して全国民が豊かになることを目指す「共同富裕」を打ち出しているだけに、乱脈経営を行った恒大の救済に乗り出せば、習氏の号令は看板倒れと受け取られかねない。

 中国紙関係者によれば、宣伝当局は官製メディアに対し、恒大の経営危機を巡り独自報道を禁じる通達を出したという。

 ◆中国恒大集団=中国不動産業界第2位で、2020年12月期の売上高は5072億元(約8兆6000億円)。傘下には、ミネラルウォーターや電気自動車(EV)メーカー、サッカーの強豪クラブである広州FC(旧広州恒大)もある。6月末時点の従業員は約16万3100人。










●中国恒大 社員「なぜ今騒ぐ?」 巨額負債で経営危機直面も
2021/9/23(木) 18:54配信

TBS系(JNN)

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 経営危機が伝えられる中国の不動産大手、恒大集団。経営トップが事業継続への意欲を強調する中、利払い期限を迎えた23日の本社の様子はどうだったのでしょうか。

記者
 「恒大本社前です。公安と書かれた警察の大型車両、きょうは4台、止められています」

 日本円にして33兆円もの巨額の負債を抱え、経営危機が伝えられる中国恒大集団の本社前。23日も厳重な警戒が敷かれていました。入り口では警察官が出入りをチェック。中国恒大の社員によると、本社ビルで働く人以外は建物には入れないといいます。

 男性社員は「なぜ今頃騒いでいる」と平然とした様子で、会社が抱える負債について、こう話しました。

中国恒大の社員
 「返済のメドが立って、どんどん返せています」

 ただ、23日が期限の社債の利払いについては・・・

中国恒大の社員
 「特に上から何も聞いていない」

 こちらは中国恒大が手がけた南部・雲南省のマンション。広さ140平方メートルですが、価格は196万元、日本円でおよそ3300万円と手頃な価格帯とされます。中国恒大は、金融機関からの融資や社債の発行などで資金を調達。全土で、こうした物件の開発を次々進めましたが、負債は膨らみました。また、中国政府が不動産バブルを警戒して規制強化を進めたことで資金繰りが悪化。経営破綻への懸念が広がっているのです。

 こうした中、経営トップの許家印氏は22日深夜の臨時会議で・・・

経営トップ 許家印氏
 「建設工事や販売を再開することによってのみ、投資家への円滑な支払いや金融機関への返済は確保できる」
 と事業継続への意欲を強調。

 ただ、年末にむけ利払い期限は今後も相次ぎ、また、「共同富裕」をスローガンに習近平指導部が格差是正を目指す中、救済に動くのかは不透明です。(23日18:25)





●中国恒大に96億円投資 年金運用「直ちに影響ない」―GPIF
2021年09月22日18時05分

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が中国の不動産開発大手で経営危機に直面している中国恒大集団とグループ企業に投資していたことが22日、分かった。2021年3月末時点で株式と社債を合わせて約96億円保有。GPIFは「長期的観点で分散投資しており、直ちに年金運用への大きな影響はない」と説明している。





●中国不動産大手・恒大ショックで“世界同時株安” 東証急落、3万円割れ 巨大債務抱え…下請け企業や取引銀行に経営不安拡大の恐れ
2021/9/21 20:00
経済
金融


 中国の不動産大手、中国恒大集団の巨額債務問題が世界の市場を揺らしている。香港や欧米株が急落したのを受けて、3連休明け21日の東京市場も朝から売り一色となり、日経平均株価は3万円の大台を割り込んだ。中国恒大は23日以降、社債償還の期日が相次ぐこともあり、市場関係者の警戒が続いている。

 日経平均は午前9時3分現在、前週末終値比667円53銭安の2万9832円52銭で取引されている。

 20日のニューヨーク市場でダウ工業株30種平均の下げ幅が一時、970ドルを超え、終値も614・41ドル安の3万3970・47ドルと3日続落だった。株式以外の相場も先行きへの警戒感が広がり、ニューヨーク原油先物相場や代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインも下落した。

 この日は香港市場や欧州市場も軒並み下げた。世界株安の火種となったのが中国恒大だった。20日が期限の利払いを行わなかったほか、23日には8350万ドル(約91億円)の社債の利払い、29日には4750万ドル(約52億円)の社債の利払いが控える。30日以内に利払いを履行できなければ、デフォルト(債務不履行)となることから、資金繰りに関する投資家の懸念が急速に高まっている。

 20日の中国恒大の株価は一時、約19%下げた。終値は10・24%安の2・28香港ドル(約32円)だった。巨額債務を抱え、資金繰りが行き詰まれば、下請け企業や取引銀行に経営不安が広がる恐れもある。

 新政権への期待感から今月に入って3万円を回復していた東京市場も、朝方は「中国恒大ショック」の余波で売りが浴びせられた。

 市場では中国恒大1社だけの問題なのか、中国の不動産市場全体に波及する問題なのかを見極める展開だが、東京市場は23日も休場となるため、身動きが取りづらい相場となりそうだ。






●中国恒大株の下落続く、社債軟調−S&Pはデフォルト寸前と指摘
Kevin Kingsbury
2021年9月21日 10:09 JST 更新日時 2021年9月21日 13:49 JST

広範な波及がある場合にのみ、政府は介入せざるを得ない−S&P
最も暗い時期から近く抜け出すと確信−許会長が従業員に伝える
Hong Kong Stocks Sink as Property Fear Spreads Beyond Evergrande
Photographer: Lam Yik/Bloomberg
21日の香港株式市場で、中国不動産開発大手の中国恒大集団株が大幅続落。ドル建て社債も値下がりしている。格付け会社S&Pグローバル・レーティングが中国恒大はデフォルト(債務不履行)寸前の状況にあると指摘したことを受け、より幅広い波及懸念が強まった。

  21日の中国恒大株は一時7%下落。前日は約10年ぶりの安値で引けていた。ブルームバーグがまとめた価格によると、2022年償還のドル建て債(表面利率8.25%)は額面1ドルに対して24.9セントと0.3セント下落。恒大はアジアで最大の高利回り債発行体となっている。

Evergrande's shares have plunged to a near-decade low

  S&Pは20日のリポートで、「中国政府は複数の主要開発業者の破綻を引き起こしたり、経済へのシステミックリスクをもたらしたりする広範な波及がある場合にのみ、介入せざるを得ないとわれわれは考えている」とし、「恒大だけの破綻ならそのようなシナリオにつながる公算は小さそうだ」と説明した。

  だが、S&Pは中国恒大の問題が国内不動産セクターやジャンク(投機不適格)級のクレジット市場に対する投資家の信頼感に一段の打撃となる恐れがあるとも指摘。波及懸念が世界的な相場下落に拍車を掛けている。

  恒大の許家印会長は、同社が最も暗い時期から近く抜け出すと固く信じていると従業員に伝えたと、同社の書簡を引用して中国紙・証券時報が報じた。建物の確実な引き渡しに向けて建設の全面再開を加速するとも説明したという。同社の広報担当者は書簡が本物だと確認した。

中国恒大は暗闇から近く抜け出すと許会長が従業員に伝える−証券時報

  中国政府が債務の伸び抑制に向けて設けた「三条紅線(3つのレッドライン)」を通じ、この1年にわたり不動産セクターに打撃となってきた政策の引き締めを投資家が見極めようとしている。中国政府がどの程度支援する可能性があるのかを巡り議論が活発になっている。

関連記事
習主席が計算ミス犯すリスク、不動産規制で−市場は慌てて織り込みに

中国恒大を「CC」に格下げ、流動性が「急激に縮小」と指摘−S&P

中国恒大をムーディーズとフィッチが格下げ−不履行リスク

中国恒大、3つの負債基準のうち1つ満たす−投資家の反応冷ややか



原題:Evergrande Is Likely to Default Without Direct Support, S&P Says(抜粋)

(情報を追加し更新します)
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE
MUFG、傘下の米地銀をUSバンコープに売却へ−総額8800億円
萩原ゆき、浦中大我
2021年9月21日 19:20 JST 更新日時 2021年9月21日 20:12 JST
対価として現金とUSバンコープ株式2.9%取得、業務提携を協議
来期に1500億円の売却益計上、株主還元として自社株買いを想定
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は21日、傘下の米地銀MUFGユニオンバンクの全株式をUSバンコープに売却すると発表した。売却の対価として現金55億ドルに加えて、USバンコープの株式2.9%分(25億ドル相当)を取得する。取引対価は約80億ドル(約8760億円)となる。

A US Bancorp. Location Ahead Of Earnings Figures
MUFGが傘下の米地銀をUSバンコープに売却へPhotographer: Daniel Acker/Bloomberg
  売却対象となるのはユニオンバンクが手掛けるリテールとコマーシャル ・バンキング事業。投資銀行業務などの一部事業はMUFG側が引き継ぐ。

  MUFGの米国部門は、規制対応や専門人材のコストが膨らみ経営効率の改善が課題となっていた。費用増加のピークは越えたが、今後のシステム対応への投資などを考慮し、売却を決めた。米国では持ち分方適用会社でもあるモルガン・スタンレーとの提携を通じた法人取引や投資銀行業務に経営資源を集中する。

  一方、USバンコープの株式を取得するとともに、同社との業務提携の締結を検討する。USバンコープを通じたリテールや商業銀行業務の間接的な関与を継続する。

  売却時期は関係当局の承認を前提に2022年1−6月を予定。MUFGの来期(23年3月期)業績で、特別利益として1500億円程度の売却益の計上を見込む。MUFGはユニオンバンク株の売却で得られる資金を株主還元や収益力強化に充てる考え。22年度中に自社株買いの実施を想定しているという。

関連記事:







●中国恒大、幹部6人を処分 投資商品を前倒し償還
2021/9/18(土) 20:29配信

共同通信
香港にある中国恒大集団の建物の外観=2018年3月(ロイター=共同)

 【北京共同】中国の不動産大手、中国恒大集団は18日、グループが扱っている投資商品の償還を前倒しで受けていた幹部6人を処分したと発表した。恒大は巨額の債務で経営悪化が懸念されている。一般投資家より先に自社の幹部が償還を受けたことに批判が強まりそうだ。

 グループ傘下の恒大財富が扱う投資商品を保有し前倒しで償還を受けた幹部6人を処分した。償還も取り消した。恒大集団は「全ての人に対して区別のない対応を確保する」と強調した。

 恒大集団は不動産だけでなく電気自動車(EV)事業などへの多角化が裏目に出て債務が膨張している。

世界で最も資金調達能力の高い不動産企業といわれた中国恒大集団に、実は3000億ドル(1.95兆元、33兆円)以上の債務があることが明らかになった。昨年の段階で1.95兆元の債務のうち有利子負債は8700億元(14兆8000億円)あまりを占めていた。



●「中国恒大」問題とは?9兆円超す有利子負債を抱える巨大企業、破綻したらどうなる【一から解説】
2021/9/17(金) 16:25配信

ハフポスト日本版
中国恒大グループ本社(左)と中国恒大グループ本社前で座り込む女性(右)

ロビーに詰めかけた大勢の投資家たち。あちこちから「金を返せ」と怒号が鳴り響くー。

そんな光景が繰り広げられたのは、中国広東省深セン市にある不動産大手「中国恒大グループ」本社だ。

中国の不動産バブルに乗り、積極的な投資攻勢で成長。海外の有力選手も所属したプロサッカーチーム「広州恒大」など手広く事業を拡大したが、日本円にして9兆円を超える有利子負債を抱え、経営難にあえぐ。

なぜ中国不動産業界の雄は苦しんでいるのか。

過熱した不動産バブルはついに崩壊したのか。

破綻が起きた場合、どんな事態が待っているのか。

専門家への取材を元に一から解説する。

投資攻勢で成長
恒大グループは1996年に中国・広州市で創業した不動産開発大手だ。

中国では日本と違い、土地はすべて国が所有することになっている。

国は地方政府を通じて恒大のような開発業者などに土地の「使用権」を販売し、業者がマンションなどを建設。土地の使用権と建物の所有権をセットにして個人や企業へ売るのが一般的な流れだ。地方政府にとってみれば、この使用権を売り払った収入が貴重な財源になっている。

恒大はいわゆる不動産バブルに乗り、銀行などから融資を受けて積極的な投資を続け、2020年には中国物件販売面積で第2位となった。

金の元手は銀行からの借り入れだけではない。資産運用商品である「理財商品」も販売した。「理財」とは中国語で資産運用を指し、中国恒大に金を貸す代わりに得た債権を金融商品化したものだ。一般的には短期間で償還され利回りも高いものが多い(つまり、上手くいけば短期間で割りの良い儲けを得られる)とされるが、元本が保証されないものもある(大和証券)。

恒大は投資の対象を不動産事業以外にも広げる。電気自動車やヘルスケア、それに映画制作や日本のサッカーファンにも耳馴染みのある「広州恒大」などだ。創業者の許家印(きょ・かいん)氏はアメリカの経済誌Forbes(中国語版)の長者番付で中国トップに輝いたこともあった。

銀行は不良債権抱えるが...
大和総研の齋藤尚登・主席研究員(2020年3月撮影)

の恒大は今、負債に苦しんでいる。発表によれば、有利子負債(利子をつけて返すべき負債)は約5718億元(9.7兆円/21年6月末時点)まで膨らんでいる。

その理由はなぜか。過熱した不動産バブルが弾け価格が暴落したのかといえば、そうではない。

中国の不動産市場は活況だった。新型コロナ対策の一環として、政府が金融緩和(市場に出回る金を増やす効果がある)をすると、投資マネーが不動産市場に流れ込み、コロナ禍にあえぐ中国経済全体の成長を支えた。

一方で中国政府は「住宅は住むものであり、投機の対象ではない」というスローガンを掲げている。元は習近平国家主席の言葉だ。

そこで、不動産投資を抑制する政策を相次いで打ち出しているのだが、依然としてバブルは崩壊していない。政府が15日に公表した統計によると、今年1月から8月までに不動産投資に流れた金は、前の年と比べて10.9%増加。住宅価格自体も、伸び率こそ鈍化しているが上昇しているのだ。

「住宅はよく売れている状況です。政府の価格抑制策が悪い方向に影響したとか、バブル崩壊といった構図ではありません」中国経済に詳しい大和総研の齋藤尚登・主席研究員はそう指摘する。2015年12月から、中国の住宅価格の平均値は一度も下落していないという(70都市/対前年同月比)。

では、苦境の原因はどこにあるのか。

「恒大は電気自動車など幅広い事業に手を出しましたが、膨大な初期投資が必要でした。その資金を銀行やノンバンク、海外で社債を発行することで得たのですが、その後始末に困っているのが現状です。“野放図に事業を拡大させた巨大民営企業がデフォルトを起こしそう”。それ以上でも以下でもないと思います」

デフォルトとは債務不履行のこと。利息をつけて返すべき金が払えなくなったり、遅れたりすることで、齋藤さんは「そうなる可能性は高い」と分析している。

今回の問題で注目されているのは、中国政府の対応だ。国内屈指の不動産大手が経営破綻などに追い込まれた場合、国内経済全体への影響が危惧される。政府として救済措置を取るかどうかは焦点の一つだ。

「安易には救わないと考えます。元はと言えば放漫経営が招いたものですし、経営方針の誤りからデフォルトが起きるということ自体はどこにでもあります。その度に政府が助け舟を出せばモラルハザード(危機意識が薄れること)になります。デフォルトをしたら投資家が責任を被るのは当然で、(政府に)損失補填を求めるのはおかしい。ハイリスク・ハイリターンなものに投資するということは、そういうことです」

しかし、仮に経営破綻などに至った場合、その影響は中国経済全体に広がることはないのだろうか。例えば恒大に金を貸し付けている銀行が多くの不良債権(約束通りの金が支払われず、価値が低下した債権)を抱え、影響が波及することはないのか。

「例えば銀行を見れば、2020年の中国銀行全体の純利益は1.9兆元です。対して恒大の有利子負債は5700億元で、この中には(銀行が貸主ではない)社債なども含まれます。銀行からすれば、純利益の数割かは吐き出すものの消化可能な数字です。金融システムに異常が出る(金融危機などに陥ること)とは思えません。銀行のウエイトが大きい上海総合株価指数の動きを見ても、マーケットは恐ろしい事態の予兆だとは捉えていません」

しかしその一方で、恒大1社だけの問題とも言えなさそうだ。例えば、不動産価格は下落リスクに晒される。また、負債率の高い他の不動産開発業者も資金調達がより難しくなる可能性もあるという。

「恒大は不動産を値下げして“投げ売り”していると聞きます。それが価格全体に波及することはあり得ます。しかし、大幅な下落が数年続く事態は避けるべきですが、中国では収入の増加よりも早いペースで住宅ローンの負担が上昇していますから、下がること自体は悪いとは言い切れません」

さらに海外の投資家らが保有する米ドル建ての債権についても「デフォルトリスクは高い一方で、過大に受け取る必要はありません。リーマン・ショックのような時代を変えてしまうようなイメージは全くありません」と指摘した。

恒大は13日の声明で破産や再編を「全くのデマ」と否定した一方で、「未曾有の危機にある」と認めた。今後は、負債を減らすために資産の売却などが加速する見込みだ。

高橋史弥(Fumiya Takahashi)





●中国、「リーマン危機」再発防げるか−恒大巡る悪夢のシナリオ検証
2021/9/17(金) 13:56配信

(ブルームバーグ): 中国恒大集団への抗議活動が中国全土で行われている。極めて深刻な資金難に陥っている同社の資産運用商品を購入した7万人を超える投資家が損失や償還遅延に見舞われており、各地の同社オフィス前では抗議活動が繰り広げられている。恒大が関与する住宅の建設も止まりつつあり、100万人余りの購入者は途方にくれるばかりだ。

中国恒大巡る危機、新たな火種は満期の理財商品−抗議活動続く

恒大危機のあおりを受け、ただでさえ不安定だった不動産市場では投げ売りも見られ、同社以外の不動産開発会社も苦境に立たされている。その影響は中国国内総生産(GDP)の25%超を占めるサプライチェーン全体へと波及しつつある。新型コロナウイルス禍の中で消費者の買い控えが強まり、習近平国家主席が国民生活の向上を目指す政治的にも微妙な移行期に国民の不満が高まるリスクが強まっている。

信用市場の圧力は低格付けの不動産会社から、より大手の同業や銀行へと広がっている。今年6月までの1年3カ月で中国の株式・債券を計5270億ドル(約58兆円)購入した世界の投資家はこうした資産を手放し始めている。

恒大の下方スパイラルを中国政府が容認した場合、どうなるかを正確に予測するのは不可能だが、中国ウオッチャーらは共産党がどの程度の痛みを許容するかを踏まえつつ、最悪のシナリオを検証している。危機波及リスクの兆候が増す中で、介入圧力は高まっている。

中国恒大の債務、75%減免が債券アナリストの基本シナリオ

北京の投資銀行、香頌資本の沈萌ディレクターは「金融システムにとって重要なデベロッパーである恒大が破綻した場合、不動産セクター全体が問題に直面する」と予想。「債権者が債権回収に乗り出せば資産の投げ売りにつながるほか、住宅価格は打撃を受ける。サプライチェーン全体の利益率は圧迫され、資本市場でのパニック売りも招くだろう」と分析した。

現時点では沈氏を含め、取材に応じたバンカーやアナリスト、投資家のほぼ全員が中国政府は「リーマン危機」の再発を許すつもりはなく、恒大の債務3000億ドル相当の再編に当局が取り組み、システミックリスクを最小限にとどめるだろうとみている。

市場も同じ見解を示しているようで、上海総合指数は13日に6年ぶり高値を付けた後、3%未満の下げにとどまり、人民元は対ドルで3カ月ぶりの高値付近となっている。

しかし当局が介入しても問題が解決しない可能性もある。2016年1月に起きた中国株急落の際の対応失敗は、政策当局による金融市場のコントロールがいかに難しいかを如実に示した。

習主席がどの段階で行動に踏み切るかは引き続き不透明だ。金融当局は恒大創業者の許家印氏に対し債務問題の解決を迫ったが、当局はまだ政府が大型債務再編ないし破綻を容認するかどうかについて詳しく説明していない。

中国恒大は債務問題解決し「虚偽」情報の流布停止を−当局が叱責

また中国政府は必要なら民間企業を管理下に置くことを否定していない。中国人民銀行(中央銀行)と銀行保険監督管理委員会(銀保監会)は19年5月、包商銀行の公的管理に踏み切った。

中国政府が最終的に恒大をどう扱うかは、習主席が社会と金融の安定維持という目標とモラルハザード(倫理観の欠如)のバランスをどう取るかで決まる可能性がある。

中国は現在、経済成長減速や民間セクターに対する広範な締め付け、米国との緊張の高まりといった課題を抱えている。さらに習主席が共産党総書記としての3期目を目指す5年に1度の党大会を22年に控えており、判断の難しい時期となっている。

原題:China’s Nightmare Evergrande Scenario Is an Uncontrolled Crash(抜粋)

(c)2021 Bloomberg L.P.









●中国不動産業界に暗雲? 顧客詰めかけ「金返せ」
2021/9/16(木) 19:44配信

TBS系(JNN)

Copyright(C) Japan News Network. All rights reserved.

 中国の不動産事業で業界2位の会社に経営破綻の懸念が出て、きょう一日、債権の取引が停止されるなど、混乱が続いています。

 「金返せ!金返せ!」

 中国・深センにある不動産大手「中国恒大」の本社で、金融商品の返済などを求めて抗議する人たち。「中国恒大」は業績の落ち込みで資金繰りが悪化し、経営破綻の懸念が高まっています。

 きょうは、傘下の不動産会社が信用格付け会社によって格下げされ、債券の取引が1日停止されました。

記者
 「『中国恒大』が手掛けるマンションです。今も、多くの作業員たちによって建設が進められています」

 「中国恒大」は「今までにない困難に直面しているが顧客の利益を全力で保障する」としていますが、中国政府は「一部の不動産企業の運営に困難がある」として業界に与える影響を注視する考えです。(16日18:16)






●中国恒大問題、業界全体に波及の恐れ=ゴールドマンとJPモルガン
2021/9/16(木) 9:12配信
ロイター
 9月15日、米ゴールドマン・サックスは、過剰債務と資金繰り不安に揺れる中国恒大集団の問題が中国不動産セクター全体に波及する恐れがあるとの見方を示した。香港で2018年3月撮影(2021年 ロイター/Bobby Yip)

中国恒大は2兆元(3050億ドル)近くの負債を抱えており、負債返済やサプライヤーへの支払いのための資金調達に苦慮している。

ゴールドマンのアナリストはノートで「中国恒大の不動産開発事業に一段の混乱が生じた場合、国内の不動産購入者や投資家のセンチメントに非常に悪い影響を与え、影響は不動産セクター全体に波及する可能性がある」と指摘。同社の選択肢として、オンショア事業の継続に向けた企業改革、第三者による出資、債務・株式の再編を挙げた。

また、JPモルガンは、同社を巡る状況は悪化しており、他のセクターに影響が及ぶことを防ぐために政府による追加措置が必要だと指摘。顧客やサプライヤーの利益を守るために同社が事業を継続することを期待しているとした。


【関連記事】
コラム:銀行の装い強まるドーシー氏の米スクエア、大手行には脅威
焦点:JPモルガンとゴールドマン、デジタル技術で英消費者金融に挑戦
コラム:米大手銀、従業員のオフィス復帰で欧州勢に先行
コラム:スーパーリーグ構想、「1点ビハインド」の船出
コラム:米ゴールドマン、波乱に見舞われつつも目標へ前進
最終更新:9/16(木) 9:12
ロイター





●習近平には好都合?破綻危機「恒大集団」を見殺しか
2021/9/16(木) 6:01配信

1JBpress
(写真:Featurechina/アフロ)

 (福島 香織:ジャーナリスト)

 中国では不動産バブルが崩壊するとき、こういう状況がおきるのだなあ、と改めて震撼した。

 中国最大の民営デベロッパー「中国恒大集団」の一部理財商品(資産運用商品)の償還が9月8日に期日通りに行われず、さらに9月13日に、広東省当局が、恒大地産が行っている不動産プロジェクトに対して完成予定の不動産を抵当とする融資申請を認めない旨を通達した、との噂が流れた。これらのことが引き金となって、恒大集団総本部がある深圳、支社のある上海や重慶、四川省成都などの十数の都市で、数十人から数百人の理財商品購入者や個人投資家、住宅購入予定者がつめかけたのだ。

 ネットに流れる動画や写真をみると、群衆は、元金返金や建設再開を求めて、怒り、泣き叫び、企業関係者に詰め寄ったり、ガードマンともみ合ったり、興奮して失神したりしていた。ビルから飛び降りようとする社員もいた。恒大社員の中には、企業ノルマのために自分で自社の理財商品を購入していた者も多くいたのだ。年利7%をうたい文句にしていた理財商品は、もはや元本すら返ってくる可能性も薄い。まさに絶望と阿鼻叫喚の「取り付け騒ぎ」だ。こうした騒ぎが、これから全国に波及するかもしれない、と国内外のチャイナウォッチャーたちが固唾をのんで見守っている。

■ 3つのレッドラインを越えて「兵糧攻め」に

 中国はこの数年、ずっと「不動産バブル」圧縮政策を、手を変え品を変えて行い続けてきた。それでもなかなか思うように不動産価格が下がらず、ついに昨年(2020年)に不動産融資制限政策「三道紅線」(3本のレッドライン)という「兵糧攻め」策を打ち出した。3本のレッドラインとは、「(1)資産負債比率70%超、(2)純負債資本倍率100%超、(3)手元資金の短期債務倍率が100%を割り込む不動産企業」に対しては銀行からの融資を制限するという政策である。

この政策により、世界で最も資金調達能力の高い不動産企業といわれた中国恒大集団に、実は3000億ドル(1.95兆元、33兆円)以上の債務があることが明らかになった。昨年の段階で1.95兆元の債務のうち有利子負債は8700億元(14兆8000億円)あまりを占めていた。

 恒大は3つのレッドラインを越えていたため、銀行からの融資が制限される「兵糧攻め」に遭った。そこで恒大は、昨年から今年にかけて手持ち不動産を3〜5割の値引きで投げ売りして、償還金や返済の穴埋めに充てようとしたが、それでは間に合わなかった。さらに一部地方政府は不動産バブルが急激に弾けることをおそれ、販売代理店に対して不動産の過剰な値引きを禁止する行政指導を行った。一部都市では、15%以上値引きして不動産を売ることができなくなった。

 9月初めには地方当局から銀行に「返済」延期を受け入れるよう、指示が出て、格付け会社は「流動性と資金調達能力が悪化している」として恒大の格付けを一斉に引き下げた。株価はさらに暴落し、デフォルト不可避、早晩破産再編の手続きに入るであろう、との予測が広まっていた。

 一部理財商品の償還期日が延期されたことを受けて、9月10日には創業者で大富豪の許家印が「私が一文なしになっても、投資家たちが無一文になることはない」と訴えていたが、許家印の悲壮な訴えがなおさら不安をあおった。

 13日には広東省仏山市南海区住建局から、同区の恒大住宅リスクコントロール強化策として「不動産を抵当にした銀行への融資申請を認めない」「住宅を購入するための銀行への住宅ローン申請を受け付けない」という「紅頭文件」(公式文書)の写真がネットに流れた。このことが、前述の「取り付け騒ぎ」ににわかに広がったようだが、翌日、この文書がフェイクであり、拡散しないように、と当局からの呼びかけがあり、いっそう混乱した。

■ 政府は救済しない? 

 恒大集団のデフォルト危機に最終的にどう決着をくのかは、いくつかのシナリオが巷で流れている。

 当初は、やはり最終的には国家が救済してデフォルトを回避する可能性を予測する声もあった。

 中国の国有4大資産管理会社の1社である「華融資産管理」は、恒大集団と並ぶ巨大負債金融企業としてデフォルト寸前までいった。だが結局今年8月に、国有金融大手「中国中信集団」を通じた増資で破綻を回避した。国有銀行の不良債権の受け皿として作られた華融を破綻させてしまうと金融システミックリスクを引き起こすと心配されたからだった。

 だが恒大集団は民営企業であり、この8〜9月の中国の動きをみると、華融式の救済はないであろう、とみられている。一部では、破産再編に向けた委員会設立が模索されているという情報も流れており、広東省当局が編制した再編チームが恒大集団に派遣され、財務状況の調査を進めている、という。

 ブルームバーグが報じたアナリストの見立てでは、ドル建て債券保有者は投資額の25%ほどが回収されるという。主要住宅プロジェクトは国有デベロッパーが引き継ぐ形で完成させ、住宅引き渡しとサプライヤーへの支払いをまず守ろうとするだろう。

 最悪のケースとして言われているのが、他の不動産大手企業のドミノ連鎖的な倒産と金融システミックリスクが引き起こされる可能性だ。恒大集団の債務には外国人向けドル建て債券195億ドル(約2兆円)も含まれているので、当然、国際市場に対しても影響が小さくなかろう。リーマンショック級と言う人もいれば、それほどでもないのでは、と言う人もいる。

 中国当局者筋からは、金融システミックリスクを起こさず、企業の淘汰、破産再編するノウハウはすでに詰み上がっている、という意見も聞かれる。これがはったりかどうなのかは、私にはわからない。

 またドミノ倒産については、中小不動産企業はすでに昨年だけで500企業以上も倒産しており、すでに不動産業界の構造改革は始まっているという見方もある。


だがいわゆる「3つのレッドライン」のいずれかを越えている大手・中堅の不動産デベロッパーは60近くある。たとえ金融システミックリスクが回避できたとしても、深刻な失業問題や経済停滞現象を引き起こすことは避けられまい。不動産業は資源・資材、サービス業など非常に幅広い産業とリンクしている。

■ 「改革開放」と決別か

 だがそういったことも含めて、習近平政権の期待するところなのかもしれない。

 不動産バブル退治の荒療治は、習近平が掲げる社会主義初心への回帰、社会主義的「共同富裕」の理想という目標に通じる経済構造改革の一環であり、学習産業規制、芸能・エンタメ産業粛清などを含む昨今のあらゆる規制強化、指導強化、寡占禁止と連動した動きと考えていいだろう。この動きを左派ブロガーの李光満は「変革」「革命」と呼んだ。革命ならば流血も混乱も犠牲も当然伴うだろう。

 仮に恒大が破綻したとすれば、資産を失う投資家や富裕層は、その革命成就のために必要な犠牲、ということになる。しかも、阿鼻叫喚の取り付け騒ぎで悲鳴を上げる人々の混乱は、月給1000元レベルの6億人に上る共産党の基層階級(労働者、農民)からすれば無関係、むしろ仇富心(金持ちを妬み恨む気持ち)が刺激され、「ざまあみろ」と溜飲を下げるかもしれない。習近平にすれば、中国経済の減速や、規制強化による息苦しさの不満の矛先を自分に向かわせないために、ちょうどよい「混乱」になるというわけだ。

 こういう状況の中で、私は、許家印は「三角帽」を被せられ市中を引きずり回され、群衆の怒りの矢面に立たされる役割を担わされるのではないか、とみている。

 恒大集団創業者の許家印は今年8月半ばに、その責任を負う形で恒大集団の会長職を辞任した。1958年に河南省の貧困農村に生まれ、幼くして母を失い祖母に育てられ、苦学して武漢鉄鋼学院に進学、卒業後は国有鉄鋼企業でエンジニアとして10年働いた後、1996年、従業員20人から恒大を創業。改革開放の波に乗って世界500強企業に育て上げた。

恒大は、中国280都市で1300以上の住宅不動産プロジェクトを進め、社員20万人、プロジェクトに伴う雇用創出は3800万人、プロサッカーチームやサッカースクールを運営し、映画やアニメなど文化産業にも投資し、最近は電気自動車業界にも進出。実際、中国経済の大きな駆動力であったのだ。

 許家印は2017年、フーゲワーフ長者番付1位になり、総資産2900億元の中国一の大富豪になった。アリババ創業者・馬雲と並んで貧困から身を起こした成功者の象徴であり、まさに中国の改革開放の申し子なのだ。

 しかも父親が抗日戦争に参加した英雄であり、本人も忠実な党員であり、2018年に全国政治協商委員にとなって政治にも参加。「恒大のすべてを党にささげる、国家にささげる、社会にささげる」と公言していた。

 だが、だからこそ、習近平は許家印をターゲットにしたのだろう。貧農の出身とはいえ立身出世を遂げ、エルメスのベルトを締めて政治協商会議に出席する資本家の共産党員は、習近平の掲げる社会主義の初心の姿ではないのだ。むしろ、習近平の政敵、江沢民の「3つの代表」論(共産党が先進的生産力、先進的な文化、最も広範な人民の利益を代表するという理論)を反映したものである。実際、許家印は習近平の天敵ともいわれる太子党の重鎮、曽慶紅ファミリーと親交が深い。

 とすれば、恒大集団が破綻したとして、それは、単に中国バブル崩壊の序章にとどまらない。ポジティブな意味の不動産産業構造改革という話でもなかろう。ケ小平以降の改革開放時代に区切りをつける象徴的な事象であり、改革開放時代を通じて資本家クラブに変貌していた共産党を、再び農民と労働者の党に戻し、富裕層からの富を奪い基層に分け与える社会主義的「共同富裕」社会を実現しよう、という「革命」の始まりと言えるかもしれない。

 だが、それはすなわち、貧しく暴力的な階級闘争が吹き荒れた過去の混乱した時代、みなが等しく貧しい時代に中国が後退するということにはならないだろうか。

福島 香織












●中国恒大集団の経営危機、日本・世界経済に影響は? 専門家の見解
2021/9/16(木) 6:00配信

朝日新聞デジタル
 中国の不動産大手・中国恒大集団の経営危機は、日本経済への影響も心配されている。15日は東京や香港などの株式市場で値下がりがめだった。専門家は今後の中国共産党指導部の対応に注目する。

 この日の東京株式市場では、日経平均株価が前日終値から158円39銭(0・52%)値下がりし、3万511円71銭で取引を終えた。このところの値上がりの反動に加え、中国経済の先行き不安も売り材料になっている。香港株式市場のハンセン指数も下がった。アジア市場を中心に投資家の警戒感が強まっている。

 中国経済はコロナ禍からいち早く回復してきた。中国向けの輸出は堅調で、日本の大手メーカーなどは中国の経済成長に期待する。恒大集団の危機が深刻化すれば、中国だけでなく日本の景気も左右しかねない。中国経済に詳しい大和総研の斎藤尚登・主席研究員は「不動産開発への投資が減れば、中国経済の成長率を押し下げる可能性はある」と指摘する。日本企業の関係者にも、中国の成長鈍化への懸念が広がる。

 中国の指導部は、これまで不動産バブルを抑えようと規制を強化してきた。斎藤氏は「金融危機が起きないことを前提に、不健全な企業には責任をとらせるのではないか」とみる。

 恒大集団は中国不動産大手の中でも借り入れへの依存度が高く、経営問題が取りざたされてきた。規制強化もあって、新たな資金調達が難しくなったとみられる。

 国内大手証券の中国担当者によると、現時点では恒大集団1社の資金流動性の問題にとどまっているとみられている。会社側には売却できる資産もあるとされ、「直ちに経営が行き詰まるとは考えにくい」との見方がある。

 「リーマン・ショック」のような世界的な経済危機につながることも市場では不安視されているが、この担当者は「過度に警戒する必要はない」と話す。中国政府が事態収拾のため、会社側と投資家との仲介をしようとしているという。

 ただ、担当者は不透明感が強まっているのは間違いないとしており、「中国に建材を輸出する企業など、日本でも関連産業には影響が出かねず、状況を注視する必要がある」と呼びかける。(渡辺淳基、千葉卓朗)




●S&P、中国恒大集団を「CC」に引き下げ 流動性枯渇
9/15(水) 18:37配信

1
この記事についてツイート
この記事についてシェア
ロイター
9月15日、S&Pグローバル・レーティングは、中国の不動産開発大手、中国恒大集団と複数の子会社の格付けを「CC」に引き下げた。流動性が枯渇しているようだとしている。写真は香港で8月撮影(2021年 ロイター/Tyrone Siu)

[15日 ロイター] - S&Pグローバル・レーティングは15日、中国の不動産開発大手、中国恒大集団と複数の子会社の格付けを「CC」に引き下げた。流動性が枯渇しているようだとしている。

S&Pは「中国恒大集団は、販売の大幅な落ち込みが発表され、現金収支が悪化し、返済で引き続き不動産を利用していることで明らかなように、流動性と資金調達能力が大幅に悪化している」と述べた。


記事にリアクションしてみませんか?

2
学びがある
11
わかりやすい
8
新しい視点
【関連記事】
焦点:崖っぷちの中国恒大集団、待ち受ける幾つかの危機シナリオ
焦点:ジュエリーでも「愛国心」、中国ミレニアル世代の金ブーム
焦点:アフガン巡る三つ巴戦略ゲーム、中国とパキスタンとインド
アングル:中国、記録的豪雨で迫られる災害保険加入 低いカバー率
焦点:中国に習近平氏の規制強化の嵐、「容赦ない実行」に懸念




●「中国恒大」が経営危機、ついに来るのか中国の不動産バブル崩壊
東アジア「深層取材ノート」(第101回)
2021.8.27(金)
近藤 大介

北京の夜景。2016年撮影(写真:ロイター/アフロ)
ギャラリーページへ
 俗に、「桐一葉落ちて天下の秋を知る」と言う。

 昨年1月に、中国の武漢でパンデミックが起こって以降、中国の官製メディアは、いかに官民挙げて経済復興を進めているかを「感動的に」伝えていた。当時、私が知りたかったのは、中国の正確な経済損失だったが、本当のところは、いつもの中国らしくブラックボックスだった。

 そんな中で、昨年2月半ば、「桐一葉」が落ちた。それは、中国の不動産最大手・恒大(Hengda)集団の「動向」だった。中国全土で販売中の住宅用マンションとオフィスビルを、2月18日から29日まで、一律25%引きにすると内部通知したのだ。さらに3月1日から31日までは、22%引きにすると決めた。

資金繰り悪化で資産投げ売り
 恒大集団は、2019年の売り上げが6010億元(約10兆2200億円)で、「2019年版 フォーチュン・グローバル500」で世界138位につけていた。当時の従業員は約14万人で、中国280都市で1300以上もの不動産プロジェクトを展開していた。

 恒大集団は、主力の恒大地産(不動産)の他にも、恒大物業(不動産管理)、恒騰網路(インターネット番組)、房車宝(中古不動産・中古車)、恒大童世界(テーマパーク)、恒大健康(ヘルスケア)、恒大氷泉(ミネラルウォーター)、それに450億元(約7700億円)を投資して創った恒大新能源汽車(新エネルギー車)を加え、8大企業から成っている。本社がある広州に、プロサッカーチームも保有し、2019年のCリーグ覇者となり、アジアクラブ選手権で鹿島アントラーズや浦和レッズと死闘を繰り広げた。

 そのような不動産業界の巨人でも、コロナ禍で、もはや背に腹は代えられなくなって「投げ売り」に走ったのである。この情報から、恒大集団はもとより、恒大に代表される中国の不動産業界、ひいては中国経済が、相当疲弊しつつあることが推測できた。

「マンションは住むもの、投機するものではない」
 そして、この「桐一葉」から一年半を経た現在、いよいよ恒大という「大樹」が、抜き差しならないことになってきたのだ。コロナ禍に加え、「マンションは住むものであって投機するものではない」という習近平主席の強い引き締め政策もあいまって、不動産バブル崩壊の兆しが出てきた。

 その「矢面」に立たされたのが、恒大である。今年年初の時点で、負債総額は8700億元(約14兆8000億円)にも膨れ上がっていた。

 そんな中、今年6月、深圳に建設中だった恒大都会広場の工事が、突然、ストップされた。資金繰りがつかなくなったためだった。

続いて、8月2日、江蘇省の南通三建集団が、請け負っていた漯河恒大悦府の工事をストップした。翌3日、同じ江蘇省の鎮江句容紫東で始まっていた恒大文化旅游城住宅プロジェクトもストップした。

 12日には雲南省の昆明恒大の大型マンション開発プロジェクトである金碧天下二期隽翠苑と坤海湖の二つの工事がストップした。15日にも、江蘇省蘇州の太倉恒大文化旅遊城(テーマパーク)の工事がストップした。

危機脱出をアピールするも株価は大幅下落
 8月10日には、恒大集団が自ら、次のような発表を行った。

<わが社(中国恒大集団)は現在、まさにいくつかの潜在的に独立した第三者の投資者と接触中で、わが社の傘下にある一部の資産売却を模索しているところだ。上場している企業の関連企業に限らず売却を検討している。中国恒大新能源汽車集団及び恒大物業集団の一部の権益も含めてである>

 ついに、資産売却計画を自ら認めたのである。これは、巷間噂されている「恒大倒産説」を払拭する狙いがあるものと見られた。負債額は現在、5700億元(約9兆7000億円)まで圧縮した。8月25日現在の株式時価総額で、恒大集団が596億元、恒大物業が652億元、恒大汽車が713億元で、計1962億元(約3兆3400億円)を有しており、危機は克服できるというわけだ。

 だが、今年春以降の香港市場における恒大関連株の急落は、いかんともしがたいものがある。中国恒大は、16.2元(3月1日)から4.24元(8月26日)、恒大物業は19.7元(2月28日)から5.73元(8月26日)、恒大汽車は70.8元(4月30日)から5.25元(8月26日)へと、いずれも急落している。特に、起死回生の頼みの綱にしていた恒大汽車が、この約4カ月の間に、約93%も暴落しているのだ。

「広州の帝王」の退場
 8月17日、ついにグループの総帥として君臨してきた許家印(Xu Jiayin)董事長(会長)が辞職した。

 許董事長は、中国の経済界で立志伝中の人物である。1958年河南省生まれで、武漢科技大学卒業後、地元河南省の鉄鋼会社に就職。1990年代に入り、経済特区の深圳に出てきて、1996年に広州で恒大実業を創業し、中国最大の不動産会社に育て上げたのだ。


2017年10月22日、中国のプロサッカークラブ「広州恒大淘宝」が中国スーパーリーグで7連覇を達成した。ルイス・フェリペ・スコラーリ監督(左)と喜びを分かち合う恒大グループ創業者の許家印氏(写真:アフロ)
ギャラリーページへ
 2017年には、中国長者番付(胡潤百位富豪排行榜)で、総資産2900億元(約4兆9300億円)でトップに立った。アリババ創業者の馬雲(ジャック・マー)元CEOや、脱税騒ぎで世間を賑わせたトップ女優の范冰冰(ファン・ビンビン)ら、多彩な交友関係でも知られる。本人は「許教授」と呼ばれるのを好むが、「広州の帝王」と呼ばれていた。そんな中国実業界の巨星が、ついに身を引いたのである。

 それでも、上述の如く、株価の下落に歯止めがかからない。「倒産説」も、相変わらずくすぶっている。


経営危機の恒大は中国経済転落の「桐一葉」になるのか
 だが仮に、恒大が倒産した場合、中国社会におけるマイナスの影響は計り知れない。例えば、恒大は今年1月から7月までを見ても、計3847億元(約6兆5400億円)もの不動産収入を得ているのだ。相変わらず、中国の不動産業界でトップである。


『ファクトで読む米中新冷戦とアフター・コロナ』(近藤大介著、講談社現代新書)
ギャラリーページへ
 中国の報道によれば、2019年から今年7月まで、恒大は中国で564万人にマンションを売った。また、グループの関連企業なども含めると、380万人の従業員を抱えている。もしいま倒産したら、合わせて1000万人近い人々の生活に、多大な影響を及ぼすことになる。

 中国の不動産業界には、「金九銀十」という格言がある。「国慶節」(10月1日の建国記念日)の大型連休前の9月に、販売の黄金期を迎え、10月はそれに続くという意味だ。

 だが今年は、コロナ禍などで、すでに少なからぬ中小の不動産会社が潰れていることもあって、明るい声は聞かれない。この先、万が一、恒大が倒産することになれば、それが中国経済転落の「桐一葉」となるかもしれない。




●ジェット機や豪邸失ったが「焼け石に水」 恒大集団、トップの苦境
広州=西山明宏2021年11月19日 10時00分
2021年7月、天安門の楼上に立つ中国恒大集団の創業者でトップの許家印氏=同社の微信公式アカウントから
[PR]
 「中国恒大集団の許家印氏が巨額の個人資産を次々手放している」――。経営危機にある中国不動産大手の創業者トップの苦境を中国メディアが連日のように報じている。中国の富豪ランキングで首位だったこともある許氏だが、巨額の負債を抱え、資金調達の手段は自身の豪邸や自家用ジェット機にまで及んでいる。

 中国の経済系メディア「第一財経」は16日、関係者の話として許氏が7月以降、個人資産を売却したり借金の担保に入れたりして、恒大に70億元(約1200億円)以上の資金を投じたと報じた。社債の利払いや投資商品の償還、社員の給与支払いなどに充てているという。

 また、米ウォールストリート・ジャーナル紙によると、許氏は10月に自家用ジェット機2機を約5千万ドル(約57億円)で売却。さらに香港のネットメディアは、許氏が所有する香港の豪邸を担保に入れて資金を調達したと報じた。こうした動きの背景には、資金繰りに苦しむ恒大に対し、中国政府当局が許氏の個人資産の売却を求めていることがある。

2021年09月11日

大雨被害で二毛作産地に徒労感 「大豆」収入なし、「麦」追加経費重く 九州北部

ネット上の記事はすぐに消えてしまうことが多いので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。



大雨被害で二毛作産地に徒労感 「大豆」収入なし、

令和3年9月11日更新





●大雨被害で二毛作産地に徒労感 「大豆」収入なし、「麦」追加経費重く 九州北部
2021/9/11(土) 10:10配信

119
この記事についてツイート
この記事についてシェア
日本農業新聞
 8月の大雨による冠水被害を受けた九州北部の大豆産地で、生産者が新たな問題に直面している。二毛作の産地では11月の麦の播種(はしゅ)まで畑の耕起作業を繰り返さなければならない。大豆による収入が見込めない上に新たな管理作業や経費がのしかかり、農家は徒労感を募らせている。(三宅映未)

被害を受けた畑を確認する藤井代表(右)ら。枯れた大豆の中に生育の鈍い大豆が部分的に残る(福岡県小郡市で)

 大豆の生産が盛んな福岡県南部に位置するJAみいの管内では、8月の豪雨で3割に当たる194ヘクタールが冠水・浸水被害を受けた。

 中でも壊滅的被害を受けた小郡市の農事組合法人御原グリーン代表の藤井豊志さん(74)は「今年は7月に適期播種ができ、数年ぶりの豊作を期待していたのに」と肩を落とす。

 今年は15・4ヘクタール大豆を作付けしたが、うち13・7ヘクタールで枯死した。7月中なら大豆のまき直しが可能だが「時期的にもうできない。大豆(の収穫)は諦めざるを得ない」。

(参考 1ヘクタール=100アール、 10アール=1反)

 大豆が枯れた畑には早くも青々とした雑草が芽吹く。11月には麦の播種を控え、雑草が伸びないよう畑を維持しなければならない。

 同法人の組合員の山下睦雄さん(78)は、通常なら必要のないすき込み作業が最低でも3回は必要になるといい、「何もない畑をずっと起こし続けるのがむなしい」と吐露する。

 地元のJAみいと市農業委員会の試算では、初回のすき込み作業にかかる人件費は10アール当たり8400円。2回目以降の耕起作業には同6000円がかかる。同法人のケースに当てはめると270万円以上になる計算だ。加えて農機を動かす燃料代もかさむ。


(13.7haでは13.7×10×8400=1.150,800円 、13.7×10×6000×2=1,644,000円  合計2,794,800円)

 さらに、辛うじて全滅を逃れた畑が一部残ることが問題を複雑にする。生育不良で雑草が生えやすく、収量が見込めるか分からないのに、新たな防除作業が発生し、土寄せや収穫にも通常よりも多くの作業時間がかかる。

 農業共済の被害認定はばらばらで、営農集団内で収益の分配や作業分担をどうするかなど悩みは尽きない。

 JAの平田浩則組合長は「農家は収量が確保できるか分からない上、これまでにない新たな負担がかかる。営農継続のためには支援が必要だ」と訴える。

日本農業新聞


記事にリアクションしてみませんか?

【関連記事】
8月豪雨で大豆被害が深刻 「収量4割減」の産地も 福岡・佐賀
大雨続き農家危機感 ハウス野菜冠水 福岡・JAみい管内
農業用水路で先行排水 水位下げ冠水防ぐ 筑後川下流域の市町と連携 福岡県
ビール麦 新顔台頭 質量とも優秀 福岡・栃木で増産
大豆 前年産比1割高 20年産入札 不足感で堅調相場
最終更新:9/11(土) 10:10
日本農業新聞

2021年08月27日

食パンや輸入小麦から除草剤グリホサート検出

ネット上の記事はすぐに消えてしまうことが多いので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。



食パンや輸入小麦から除草剤グリホサート検出

令和3年8月27日更新







●「自国民は食べない」小麦を輸入する日本の末路
2021/8/27(金) 13:01配信

484
この記事についてツイート
この記事についてシェア
東洋経済オンライン
(写真:Daniel Balakov/iStock)

徹底した規制緩和で、食料関連の市場規模はこの30年で1.5倍に膨らむ一方、食料自給率は38%まで低下している。
世界的な人口増による食料需要の増大や気候変動による生産量の減少で、食料価格が高騰し、輸出制限が懸念されるなか、日本は「食の安全保障」を確立できるのか。新著『農業消滅』は、日本の農業が今どのような危機にあるのかを伝えています。

NG食品を見極める、商品ラベルの「裏読み」術

本稿は同書から一部を抜粋・編集しお届けします。

■「自国民が食べないもの」が日本に送られている

 アメリカの穀物農家は、日本に送る小麦には、発がん性に加え、腸内細菌を殺してしまうことで、さまざまな疾患を誘発する懸念が指摘されているグリホサートを、雑草ではなく麦に直接散布している。収穫時に雨に降られると小麦が発芽してしまうので、先に除草剤で枯らせて収穫するのだ。枯らして収穫し、輸送するときには、日本では収穫後の散布が禁止されている農薬イマザリルなどの防カビ剤を噴霧する。

 「これはジャップが食べる分だからいいのだ」とアメリカの穀物農家が言っていた、との証言が、アメリカへ研修に行った日本の農家の複数の方から得られている。

 グリホサートについては、日本の農家も使っているではないか、という批判もあろう。だが、日本の農家はそれを雑草にかける。

 農家の皆さんが雑草にかけるときも慎重にする必要はあるが、いま、問題なのは、アメリカからの輸入穀物に残留したグリホサートを、日本人が世界で一番たくさん摂取しているという現実である。

 しかも、アメリカで使用量が増えているので、日本人には小麦のグリホサートの摂取限界値を6倍に緩めるよう要請され、日本政府は2017年12月25日に、「クリスマス・プレゼント」と称して緩めてしまったのだ。残念ながら、日本人の命の基準値はアメリカの必要使用量から計算されているのであろうか。

 農民連食品分析センターの検査によれば、日本で売られているほとんどの食パンからグリホサートが検出されているが、当然ながら、国産や十勝産と書いてある食パンからは検出されていない。

■しょうゆからも検出

 また、大豆製品では、Rubio ほかがフィラデルフィアで購入した醤油中のグリホサート分析をし、検査した醤油の36パーセントで定量下限より多いグリホサートが検出された。有機醤油からグリホサートは検出されなかった(渡部和男氏のメモ、2015)。




●国内で販売される小麦製品の約7割からモンサントの除草剤「グリホサート」検出
上林裕子
バックナンバー
2019.09.03

国内産の小麦からは検出されず、輸入小麦に原因

市販のパンの検査
農民連食品分析センターが残留農薬検査を行った市販のパン。15商品のうち11商品からグリホサートが検出された(写真/農民連食品分析センター)

 日本の小麦の自給率は約14%で、多くを米国、カナダ、オーストラリア、フランスなどからの輸入に頼っている。

 昨年から今年にかけて、「農民連食品分析センター」が日本国内で販売されている小麦粉やパン、パスタなど小麦製品の農薬残留検査を行ったところ、そのほとんどから農薬の成分グリホサートが検出された。国内産の小麦からは検出されていないことから輸入小麦に原因があると思われる。

 一方、米国では市民団体が外食店を調査したところ、全ての店の商品からグリホサートが検出された。日本でもおなじみのドミノピザやダンキンドーナツ、マクドナルドやサブウェイなどの商品からも検出されている。

 グリホサートは2015年にWHOの専門機関(IARC=国際がん研究機関)によって発がん性物質に分類され,その後米国において3件の訴訟で非ホジキシリンパ腫の原因物質として認定されている。(※8月11日にはアメリカでモンサント側にラウンドアップ使用で末期がんになった男性に320億円の支払いを命じる評決が出た。*”除草剤で末期がんに、米裁判 モンサントに約320億円の支払い命じる陪審評決”|AFPBB)

原産地が「米国」「カナダ」と表示された商品からはすべて検出

 農民連食品分析センターがグリホサート残留検査を行ったのは、市販の小麦粉やパスタなど24商品、パン15商品。

 検査した商品のうち、小麦粉類17商品中13商品、パスタやマカロニ4商品中3商品、シリアルやパン粉3商品中2商品からグリホサートが検出された。

shokupan
農民連食品分析センターが行った、市販のパンの調査結果

 パンの場合、15商品中11商品から検出されており、全体の約7割、39商品中29商品からグリホサートが検出されている。

 検査したパンやパスタには原産地が表示されていないものがほとんどだが、「有機」と明記されたマカロニ以外、米国やカナダと表示されたものからはすべて検出されている。小麦原産地が国内産であるものからは検出されていない。

 この結果は、農水省が行った検査結果(2017年)とも一致している。同検査では、輸入された米国産小麦の97%、カナダ産小麦では100%からグリホサートが検出されている。






●食パンから除草剤グリホサート検出
食パンから除草剤が検出される理由。
なぜ食パン?
食パンの原料となるのは「強力粉」だから。
強力粉はグルテンが多い硬質小麦が最適。国産小麦は不適。
強力粉の原料は、カナダ、アメリカの輸入品が主。
この小麦は、遺伝子組換え作物の栽培現場で使用されていることが有名な除草剤ラウンドアップを「直接散布」している。
小麦を枯らすこと(プレハーベスト)で小麦を乾燥させ、収穫時間を短くする栽培方法が一般的になった。
よって小麦に除草剤「ラウンドアップ」の主成分「グリホサート」の残留が高くなった。
「グリホサート」って何がよくない?
IARC(国際がん研究機関)が発がん性物質と認定
「グリホサートは神経毒性のある化学構造をしている」黒田洋一郎(元東京都神経科学総合研究所研究者)と指摘
ごく微量のグリホサートが、脂肪肝疾患を引き起こすという。英国ロンドン大学キングスカレッジ(マイケル・アントニオ)での動物実験。
アメリカやヨーロッパではグリホサートを排除する動きも出てきている。
アメリカの市民団体「マムズ・アクロス・アメリカ」の調査では、母乳や子供の尿からグリホサートが検出されたと報告。
フランスでは「健康リスクに関する検討を行っていない」として即刻禁止。


ほぼすべての輸入小麦からグリホサートが検出
日本は、2017年にグリホサートの残留基準値を大幅に緩和(5ppmから30ppm)した。
国は残留農薬検査を行っている。輸入小麦の残留農薬検査結果も報告されている。
輸入米麦の残留農薬等の分析結果 平成30年度前期(PDF : 357KB)
輸入米麦の残留農薬等の分析結果 平成29年度後期(PDF : 489KB)
そのほとんどの小麦からグリホサートが検出されている。

◎アメリカ
 グリホサート:64/66(69/69) クロピラリド:42/66
◎カナダ
 グリホサート:37/37(42/42) クロピラリド:27/37
◎オーストラリア
 グリホサート:8/18(4/23) クロピラリド:3/9

※残留が確認された検体数/調査した検体数()内はH29後期 クラビラリドは除草剤
※オーストラリア産小麦は残留数がやや少ないが、おもに麺用に適した小麦として利用。
国が検査をしたうえ輸入した小麦は、各製粉業者へ販売されている。
大手は・・・日清製粉株式会社 日本製粉株式会社 昭和産業株式会社 株式会社J−オイルミルズ
非上場では・・・共栄フード株式会社 日東富士製粉 富士パン粉工業株式会社 奥本製粉株式会社などがある
なので大小関わらず国内に流通している輸入小麦はグリホサートが残留している。
食パンにグリホサートが残留する理由
小麦は洗ってから製粉するものではない。
市民団体「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」(代表 天笠啓祐氏)は、2018年10月に小麦粉のグリホサート残留検査を行った(分析:農民連食品分析センター)。
その結果、検出された小麦粉は、輸入小麦を使用した全粒粉と強力粉。
日清全粒粉パン用      日清フーズ  1.10ppm
強力小麦粉         日本製粉   0.37ppm
日清カメリア強力小麦粉   日清フーズ  0.09ppm
※全粒粉は皮付なのでグリホサートほか農薬の残留が高い。全粒粉は健康によいはずが。
アメリカの市民団体がスナック菓子の残留検査をしたところグリホサートが検出。加熱しても分解されないことがわかった。
農民連食品分析センターさんにより、市販の食パンのグリホサートを検査。輸入小麦品のほとんどから残留していることがわかった。
pasco 麦のめぐみ 全粒粉入り食パン 0.15ppm
山崎製パン ダブルソフト全粒粉 0.18ppm
ヤマザキダブルソフト 0.10ppm
Pasco超熟 0.07ppm
フジパン アンパンマンのミニスナック 0.05ppm
パスタからも検出(パスタオーマイ1.7mm 0.07ppm  全粒粉100%で焼けるパン用粉は、1.05ppm)


食パンといえば・・・
山崎製パン株式会社 ふんわり食パン ロイヤルブレッド ダブルソフト 超芳醇など
敷島製パン株式会社 PASCO 超熟シリーズ(国産小麦使用のパンもある「超熟 国産小麦」)
問題なのは、どこの輸入業者のものがよい、どこのメーカーがよい、という問題ではなく、輸入小麦の強力粉を使用している日本中の食品が問題であるということ。

グリホサートが残留しているけど、どうなの?
ただし、輸入された小麦は残留農薬基準値以内なので、食べても健康に問題ありません。根拠は国の基準値です。国が安全性を証明していることになります。
とはいえ、「除草剤入りのパン」だとわかったら食べたくないし、食べさせたくない。
たとえば、この食品は放射能が含まれていますが、国の基準値以内なので安心してお召し上がりくださいと云われたらどんな気持ちになりますか。



安全であるというのはその時点の科学
海外では多くのメディアでグリホサートと小麦アレルギーのセリアック病の関係を指摘。グリホサートの使用量と比例してグルテンアレルギーのセリアック病が増えているという。
そんなことでは困るので(子供の学校給食などは選べないし、セリアック病になったら小麦が食べられなくなる)
もうひとつ、ネオニコチノイド系の農薬のように、あとから微量でも危険な物質でした、胎児への影響があったと報告されても困るので、妊娠前(妊娠中)のあなたは、気を付けたい食べ物に「食パン」を加えたほうがよい。
実際に、、、「ラウンドアップが生分解性で土壌に蓄積されません」「安全で人や環境への有害な影響を引き起こすことはありません」といった一連の安全性に関する広告が、虚偽かつ誤解を招く広告と判決(アメリカ、フランス)




グリホサート問題どうしたらいいの?
心配な人は、食べる回数を減らしたり、少しも入れたくないのなら、輸入小麦製品を食べないか、国産小麦、オーガニック小麦を使用したものを食べるだけ。簡単に解決できます。でも個人だけの問題解決。
そもそも、私の食べている食パンからグリホサートが検出されるの?という方は、購入した食パンにグリホサートが基準値以内でもどのくらい残留しているのか、メーカーに問い合わせてみてください。この声も大切。教えてくれないのなら、その程度のメーカーということ。
国が安全性を認めていても「遺伝子組換え作物不使用」と表示するようになったように、グリホサートフリー小麦などの規格が流通されるように声を高める。海外では排除運動が進んでいる。
パンを作られている製造業者の方なら、出来上がり製品を実際に分析を依頼してみるのも一つ。今後の方針にお役立てください。

せっかくですので、一緒に残留農薬も検査してもらい実態を知っておくべき。つぎの検査機関では、グリホサートの分析を行っています。
一般社団法人農民連食品分析センター
食糧の生産現場で除草剤グリホサートは使わない。
家庭用の除草剤(ラウンドアップ)も販売されているが、使用しない。
このようなグリホサート問題を取り上げ、情報発信をしてくれている、遺伝子組み換え要らないキャンペーン、日本消費者連盟、食品と暮らしの安全、農民連食品分析センターさんなどの活動を応援したい。

子供たちの学校給食などへの使用を反対する活動は参加人数が多ければ多いほど実現の可能性が高まります。

例)製粉メーカー宛に要望書提出
私たち遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンの調査で市販の小麦粉から除草剤グリホサートの成分が検出されたことを受け、日本消費者連盟と連名で、当該の小麦粉の販売会社にグリホサートが残留した小麦を使わないよう求める要請書を出しました。
名称や成分が変わっても同様のことが起こってきた。以降も気にして
おくべき問題。

2021年08月18日

死亡率34.7%!!沖縄の病院で199人感染のクラスター、入院患者69人死亡…「デルタ株」も見つかる

ネット上の記事はすぐに消えてしまうことが多いので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。



死亡率34.7%!!沖縄の病院で199人感染のクラスター、入院患者69人死亡…

令和3年8月19日更新


●死亡率34.7%(感染者199人で死亡者69人)になった。ワクチン接種なし、
マスクなしで過密の状態が継続した場合では
ここまで死亡率が上昇するという1例。

うるま市の病院クラスター、死者69人に 国内最大規模
2021/8/19(木) 17:39配信

1007
この記事についてツイート
この記事についてシェア
琉球新報
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は19日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生しているうるま市の民間病院で、新
たに入院患者5人が亡くなったと発表した。累計の死亡者数は69人となった。

 同院は7月19日に最初の感染者が確認されて約1カ月となるが、収束には至っていない。

うるま記念病院の患者は高齢者のみで、入院しているのは認知症の患者が多い。巨大クラスターが発生した時、
約270床の病床はほぼ埋まっていた。

 同病院では今年1月にも入院患者と職員の76人が感染するクラスターが起きていた。


【関連ニュース】

▼マスクなしで会話、違法駐車…沖縄・人気ダイビングスポットの今

▼沖縄のロックダウン「検討必要」と厚労省有識者座長

▼宮古島コロナ世界最悪級「来ないで」 市長が強い要請

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼休業非協力は最多493店に…沖縄コロナ拡大の「複合要因」とは

▼病院クラスター死者なぜ64人に「ベッドすら動かせず」

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

琉球新報社




●死亡率32.2%!!沖縄の病院で199人感染のクラスター、入院患者64人死亡…

●死亡率32.2%!!
沖縄の病院で199人感染のクラスター、入院患者64人死亡…「デルタ株」も見つかる
2021/08/17 23:14
新型コロナ
 沖縄県は17日、うるま市のうるま記念病院で7月中旬以降、入院患者や職員ら計199人の新型コロナ
ウイルスのクラスター(感染集団)が発生し、入院患者64人が死亡したと公表した。

新型コロナウイルス
 同病院は要介護度の高い患者や、認知症などの患者が入る。県などによると、70〜90歳代を中心に
270人が入院しており、そのうち173人が感染。病院職員も114人のうち26人の陽性が確認され
た。患者のワクチン接種は進んでいなかったという。

 感染が最初に判明したのは7月19日。感染力が強いインド由来の変異ウイルス「デルタ株」も見つ
かっており、感染が急速に広がって大規模クラスターとなったとみられる。

 県内では7月下旬から感染者が急増。同病院では、症状の重い患者の転院先が見つからず、医師や看
護師らの派遣を受けて対応している。

あわせて読みたい
ファイザー製ワクチンの副反応、予想以上に年代間で差
コロナ重症化リスク、最も低いのはO型…最も高いのは
専門家の不満爆発、新型コロナ分科会が大荒れ「反乱だ」
警部補が部下に「精神科行った方がいい」「お前の人生否定する」…居酒屋では暴行の疑い

2021年08月06日

●北京ウィルス、武漢コロナ、新型コロナウイルスは「中国から流出」と断定した、米報告書。中国ウイルス、、武漢ウイルス、武漢肺炎、中国コロナ、中国肺炎、新型コロナウイルス、COVID-19、新型肺炎、新型コロナ、新型ウイルスはどこで発生したのか?

●発生元は?
北京ウィルス、武漢ウイルス、中国ウイルス、武漢肺炎、中国コロナ、中国肺炎、武漢コロナ、新型コロナウイルス、COVID-19、新型肺炎、新型コロナ、新型ウイルスはどこで発生したのか?


ネット上の記事はすぐに消えてしまうことが多いので、
自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。



●北京ウィルス、武漢コロナ、発生元は中国ウイルス?、武漢ウイルス、武漢肺炎、中国コロナ、中国肺炎、新型コロナウイルス、COVID-19、新型肺炎、新型コロナ、新型ウイルスはどこで発生したのか?

令和4年1月19日更新









●中国・武漢市民「死者数おかしい」政府対応に疑念も 都市封鎖から2年“震源地”の今
2022/1/19(水) 12:01配信


フジテレビ系(FNN)

FNNプライムオンライン

新型コロナウイルスの震源地とされる中国・武漢で、ロックダウン(都市封鎖)が行われて、まもなく2年。

市民の政府に対する疑いの声は、今も消えていない。

感染が拡大した当初、多くの患者が確認された海鮮市場は、今も高さ数メートルの壁に囲まれている。

敷地内は、WHO(世界保健機関)の調査団が入った1年前から、さらに荒廃が進んだように見える。

今回の取材中、職務質問に来た公安当局者からは、こんな言葉をかけられた。

公安当局者「政府の対策で、中国は、世界一安全で優れた国になった、と報道してください」

穏やかな口ぶりながらも、外国メディアの動向には敏感な様子がうかがえた。

一方、武漢市民は...。

親族2人を亡くした朱涛さん「中国全土の死者数が4,000人台というのは、とてもおかしいと思う」

ロックダウン中に親族2人を亡くした朱涛さん。

コロナ患者用の隔離病棟に入院していた妻のいとこの死因は、「肺の感染」。

その母親も亡くなったが、2人とも、新型コロナとは認められなかった。

朱さんは、当局が意図的にコロナによる死者数を減らしたと考えている。

朱涛さん「役人は職を守りたいのだろう。真相がまったくわからず、強い憤りを感じる」

中国政府は、2021年8月以降、武漢では市中感染ゼロが続いているとしている。


この記事はいかがでしたか? リアクションで支援しよう

【関連記事】
保健室の先生がソープランドで働いていたワケ 売春教師 都庁内“性行為”に続き 東京都懲戒処分がスゴい
「病院に来なかったのが答えだと思った」元貴乃花親方が景子さんと離婚を決めた決定打とは?
靴を放りだして地面に突っ伏す2歳児の“イヤイヤ期”が強烈…なぜこうなった? 投稿者に聞いたその後
「コロナウイルスは武漢研究所で人工的に変造された」英研究者らが法医学的学術論文発表へ 
人権問題が深刻な中国に北京冬季五輪の開催資格はあるのか? 日本の“外交的ボイコット”は
最終更新:1/19(水) 15:01
フジテレビ系(FNN)








●最初のコロナ感染者、武漢の市場で働いていた女性か−新たな研究報告
Jason Gale
2021年11月19日 19:30 JST
これまでは華南海鮮市場と関係のない会計士だと広く考えられていた
米アリゾナ大のウォロビー氏がサイエンス誌で発表
中国湖北省武漢市で2019年12月に新型コロナウイルス感染症(COVID19)に最初に感染したと広く考えられていた会計士は、実際には当初の報告より8日遅れて発症しており、同市の華南海鮮市場で働いていた女性が一人目の感染者だとする研究報告がサイエンス誌に18日公表された。

  男性会計士が歯科治療に伴う合併症で同月8日に体調を崩したことで混乱が生じていたという。この男性に新型コロナによる発熱などの症状が現れたのは同月16日。それ以前にすでに同市場で働く数人がコロナ感染の兆候を示しており、そのうちの1人が11日に症状が出始めた海鮮売りの女性だとしている。

China Celebrates National Day & Golden Week Holidays Amid Global Pandemic
閉鎖された華南海鮮市場(10月2日)
  男性会計士は華南海鮮市場から30キロメートル離れた場所に住んでおり、同市場とは何も関係がなかった。




●存在しないスイス人科学者、中国がねつ造か 偽アカウント600件...武漢説めぐり
2021/12/9(木) 19:17配信
ニューズウィーク日本版
──スイス人生物学者を名乗る偽のSNSアカウントを、複数の中国国営メディアが相次いで引用。武漢起源説に否定的な生物学者を組織的にでっち上げた疑いが持たれている
問題の科学者のプロファイル画像(AIが生成した架空の人物像)

世界中がパンデミックの加速に苦しんでいた今年7月ごろ、新型コロナウイルスの起源を突き止めようとするアメリカの姿勢に対し、猛烈に反発する一人の「科学者」がいた。スイス人生物学者のウィルソン・エドワーズを名乗るこの人物は、アメリカがWHOに圧力をかけているとの主張をフェイスブックやツイッター上などで繰り返している。新型コロナの中国起源説をアメリカが無理に定着させようとしている、というのが彼の主張だ。

●「科学者が存在しない!?」ことを伝える台湾のニュース

ウィルソン氏によるこれらSNS上での発言は、武漢起源説を否定する第三者による論拠として中国メディアが好んで引用した。中国国営メディアである中国国際電視台(CGTN)、および環球時報(Global Times)などが、西洋の生物学者の見解としてしばしば取り上げている。

しかし、ウィルソン・エドワーズは科学者でないばかりか、存在すらしない人物であった可能性が高まっている。スイス大使館は翌8月、当該の科学者の登録情報を確認できないと発表した。

これと前後して、フェイスブック・アカウントの正当性にも疑念が示される。アカウントの登録日を確認すると、一連の投稿からわずか2週間前に作成されたものだった。

加えて、英BBCによるとメタ社(旧フェイスブック社)は、エドワーズ名義のアカウントが登録されるにあたり、仮想専用線(VPN)が用いられたことを突き止めたようだ。VPN自体は正当な技術だが、アクセス元を隠す目的でも用いられることがある。

さらにエドワーズのプロファイル画像をメタ社が分析したところ、機械学習の一種である敵対的生成ネットワークによって自動生成された痕跡を検出した。帽子の頭頂部などに不自然な歪みを確認でき、現実に存在する人物の写真ではないことを示唆している。

■ 信憑性を高める、偽アカウント同士のネットワーク

ウィルソン・エドワーズによる投稿は、さらに複数の偽アカウントが拡散する形で信頼性を高める構図になっていた。中国関連企業の従業員とみられる複数のユーザーによってシェアされ、多数の「いいね」やリツイートなどを通じて拡散されている。

拡散に協力したアカウントは数百にのぼり、なかには拡散行為を始めた当日に作成されたばかりのアカウントも存在した。プロファイル写真には他のアカウントから盗用したものや、欧米の人々を想起させる写真などが用いられている。

メタ社はこうしたアカウントを偽造されたプロファイルだと断定し、先頃フェイスブックとインスタグラム上から計約600件を削除した。問題のウィルソン・エドワーズ名のアカウントも削除されている。

ウィルソン・エドワーズの投稿と、拡散役を果たした多数のアカウント、そして国営メディアの報道は、互いに互いの主張を引用し合い、信ぴょう性を増幅する装置のように機能していた。

メタ社で虚偽情報の監査責任者を務めるベン・ニモー氏は、豪スカイニュースに対し、「実質的にそれ(アカウント同士のネットワーク)は、まるでオンライン上にある鏡張りの部屋のように機能し、元となったフェイクの人物像と彼による反米的な虚偽の情報を無限に映しあっていた」と振り返る。

■ 国営企業の従業員たちが拡散

ネット上には、トロール・ファームと呼ばれる企業や集団などが暗躍している。こうした組織は偽情報をあたかも信頼できる情報のように広め、特定の政治的見解を普及させてゆく。ウィルソン・エドワーズに代表される一連のネットワークも、国家の意志を受けたトロール・ファームによって仕込まれていた可能性が疑われる。

メタ社は調査の過程で、これらのフェイク・アカウントが中国企業によって作成されたことを示す手がかりを発見した。アカウント間の友人関係を分析したところ、中国の四川省成都市にあるIT企業、および複数の中国インフラ企業の海外拠点とのつながりを見出したという。このうち成都市の企業は同社のウェブサイト上で、中国公安当局のIT支援部隊を名乗っている。

調査レポートのなかでメタ社は、大元となったウィルソン・エドワーズの偽アカウントと、「その他数百の信頼できないアカウント」に混じり、複数の「本物のアカウント」が拡散に関与していたと述べている。本物のアカウントのほとんどが、「4大陸にまたがる、中国国営インフラ企業の従業員たち」が所有するものであった。

メタ社はこれまでにも継続的にフェイク情報の精査を行なっているが、「公務員の集団を含む人々がこのように協調し、互いに影響力を増幅するという作戦を我々が発見したのは、今回が初の事態」だとしている。同社はウィルソン・エドワーズを核としたフェイク情報の拡散を「信頼できない」目論みであると捉え、「中国発の、多方面を巻き込み、そしてその大部分が失敗に終わった」作戦であったと結論づけた。

■ SNSを通じたプロパガンダが本格化

民間人を装ったSNS上のプロパガンダについては、本件以外にも活動が活発化している。新疆ウイグル自治区をめぐってもツイッター上に多数のフェイクアカウントが作成されており、ツイッター社は中国側の関与が疑われる2160件のアカウントを閉鎖した。当該のアカウントは、虐待は嘘であるとの主張や、ウイグル人を名乗って海外の政治家に反発するコメントを投稿するなどを繰り返している。偽アカウントによる総ツイート数は3万件を超える。

これらアカウントの多くは、元々ポルノなどを配信していた古い休眠中のアカウントを再利用したものだ。無関係のフォロワーに強制的に情報を配信するための手段として、このような手法が存在する。専門家は英ガーディアン紙に対し、「恥ずかしい」プロパガンダ作戦だとの所感を述べた。

プライベートやビジネス上のコミュニケーションツールであるべきSNSだが、その浸透に伴い、国家の情報戦略として利用されるケースが出てきているようだ。

青葉やまと


この記事はいかがでしたか? リアクションで支援しよう

218
学びがある
444
わかりやすい
99
新しい視点
【関連記事】
世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...
世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?
韓国へ「股」をかけて活躍した日本のAV俳優たち
少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──被害者語る
中国のテニス選手だけではない、セクハラ告発に関わって失踪した女性たち
最終更新:12/9(木) 19:31
ニューズウィーク日本版








●新型コロナ流行2年 未だわからぬ起源、求められる研究所の「管理」

忽那賢志感染症専門医
2021/12/8(水) 9:03
この記事についてツイート
この記事についてFacebookでシェア
写真:ロイター/アフロ
新型コロナウイルス感染症の流行が始まって2年が経過しようとしています。

見つかったきっかけは2019年12月末に中国・武漢市の海鮮市場での集団感染事例でしたが、2019年12月上旬にはすでに感染者が発生していたことが分かっています。

この新型コロナウイルスはいつ、どこから広がっていったのか、現時点で分かっていることについてまとめました。

武漢では海鮮市場での流行前に感染者が発生していた
武漢市での新型コロナウイルス流行初期の対応(doi: 10.1056/NEJMoa2001316.)
新型コロナウイルスは2019年12月に武漢市で見つかり、世界に広がっていきました。原因不明とされた肺炎の最初の罹患者が発症したのは、2019年12月8日とされています。

武漢で流行が認知された当初は海鮮市場に関連する症例が多かったということで、ここで売られていた野生動物が感染源であり、それを介してヒトに感染するようになったのではないかという推測もありました。

しかし、この海鮮市場とは全く関連がない症例が2019年12月上旬の時点で複数報告されており、この海鮮市場から新型コロナウイルスが発生したというわけではなく、現在はいわゆる「海鮮市場クラスター」だったのだろうと考えられています。

では、世界最初の新型コロナウイルス感染事例はいつ、どこで発生していたのでしょうか?

新型コロナウイルスは患者の便中からも検出されることが分かっており、排水からウイルスを検出することで地域における流行を早期に検知できるのではないかと考えられています。

イタリアでは、2019年12月にミラノとトリノから収集された排水から新型コロナウイルスが検出されたと報告されており、この時期にすでにイタリア国内で新型コロナウイルスの感染者がいたことが示唆されます。

また、フランスでも2019年12月当時に原因不明だった肺炎症例の保存してあった鼻咽頭拭い液の検体を調べたところ新型コロナウイルスが検出されたという症例報告が出ています。

また、2019年12月から2020年1月までの間にアメリカで献血をした人の血液を調べたところ、1.4%の血液検体で新型コロナウイルスの抗体が陽性であり、最も早い時期で2019年12月13日から12月16日までに採取された人の血液からも見つかったという報告もあります。

こうした研究結果からは、アメリカやヨーロッパでは2019年の時点で新型コロナウイルスの感染者が存在した可能性があると言えそうです。

新型コロナウイルスの起源は?
SARS、MERS、新型コロナウイルス感染症の宿主動物、感染者数、致死率の比較(筆者作成)
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は名前の通りコロナウイルス科に属するウイルスであり、ベータ・コロナウイルスという仲間になります。

2003年に中国から世界へと広がったSARS(重症急性呼吸器症候群)の原因ウイルスであるSARSコロナウイルス(SARS-CoV)、そして2012年にサウジアラビアで見つかったMERS(中東呼吸器症候群)の原因ウイルスであるMERSコロナウイルス(MERS-CoV)も同じベータ・コロナウイルスの仲間であり、この2つはどちらもコウモリが持っているウイルスであることが分かっています。

SARSが流行する前は、コウモリがコロナウイルスの宿主であることは知られていませんでしたが、その後、この15年間で少なくとも30種類以上のコロナウイルスがコウモリを宿主としていることが判明しています。

コウモリは持続的な飛行が可能な唯一の哺乳類と言われており、このため保有するウイルスを拡散しやすいとされます。

活動性の高い動物であるコウモリから、中間宿主となる他の動物(SARSでのハクビシン、MERSでのヒトコブラクダ)にウイルスが伝播したり、あるいは偶発的に直接ヒトに感染することもあります(洞窟探検などでコウモリに曝露して狂犬病に感染する事例など)。

新型コロナウイルスに最も近いウイルスとその特徴(国家情報会議「Updated Assessment on COVID-19 Origins」より)
現時点で、新型コロナウイルスを保有するコウモリは見つかっていませんが、新型コロナウイルスに最も近いウイルス「RaTG13」は見つかっています。

RaTG13は、武漢ウイルス研究所の石正麗 Zheng-Li Shi氏らがNature誌で報告したウイルスであり、中国雲南省のコウモリから見つかったものであると書かれています。

このRaTG13は、2013年に雲南省の鉱山のコウモリから見つかったものであり、興味深いことに2012年にはこの鉱山で6人が原因不明の肺炎に感染し3人が亡くなったという事例がありますが、この6名の肺炎の症状が新型コロナに似ていると指摘する報告があります。

この武漢ウイルス研究所はコウモリの持つコロナウイルスとSARSコロナウイルスとの合成ウイルスを作ってヒトの細胞への感染性を評価する、といった機能獲得研究と呼ばれる研究もしており、さらには、武漢ウイルス研究所はバイオセーフティーレベル(BSL)4の基準をクリアした中国で初めての研究機関でしたが、安全性や管理に問題があることがアメリカから指摘されていたとも言われています。

これらを関連付けて、今回の新型コロナウイルスの起源は武漢ウイルス研究所ではないかとする説は、今もなお根強く残っています。

こうした疑念は、SARSの流行時に中国政府が重要な公衆衛生データを隠蔽していたこともあり、なかなか振り払われていません。

では、アメリカが疑っている武漢ウイルス研究所から新型コロナウイルスが漏れ出たという説はどれくらい信憑性があるのでしょうか。

つまり、武漢ウイルス研究所の研究者が新型コロナウイルスに感染し、他の人に広めてしまったことがパンデミックのきっかけとなった可能性はあるのでしょうか?

アメリカの国家情報会議の調査によると、現時点では新型コロナウイルスが研究室などから漏れ出たと断定する根拠はなく、コウモリなどの動物から人に自然感染したという説と同様に仮説の一つである、とされています(ちなみにこの調査では新型コロナウイルスがバイオテロのために開発されたウイルスである可能性はないという結論に達しています)。

流行開始から2年が経過しましたが、新型コロナウイルスの起源がいつ明らかになるのか(あるいは永遠にならないのか)、調査の行方を見守りたいと思います。

求められる研究機関の厳格な管理
日本における病原微生物のリスクグループ分類(筆者作成)
新型コロナウイルスの起源がどこであったとしても、今回の調査を通じてラボリーク(研究室からのウイルスの漏出)が原因で世界的なパンデミックが起こり得る可能性があることが広く認識されるようになり、こうした研究機関におけるウイルスの取り扱いに関して注目が集まっています。

実際に、過去には北京のウイルス研究所でSARSコロナウイルスを取り扱っていた研究者の間で感染が広がったという事例もあります。

感染症に関する研究を行う施設では、扱うことのできる病原微生物の種類に応じて「バイオセーフティーレベル(BSL)」が指定されています。

例えば、リスクグループ3の病原体を取り扱うことができるのは、BSL3以上の施設だけとなっています。

特に危険なウイルスを扱う研究機関については、BSL4として厳しい基準が設けられていますが、世界でもBSL4に指定されている施設は先進国を中心に数えられるほどしかなく、日本では国立感染症研究所・村山庁舎と理化学研究所・筑波研究所の2つが指定されています(加えて長崎大学感染症共同研究拠点が建設中)。

しかし、前述の武漢ウイルス研究所におけるコロナウイルスの研究はBSL4でもBSL3でもなくBSL2の研究室で行われていたと言われています。

現時点では、各国の研究施設の監視についてはそれぞれの国に任されていますが、ラボリークから世界規模のパンデミックが起こり得るということを考えれば、こうした研究機関の監査についてはその国だけに任せるのではなく、国からも独立した国際的な公的機関が行い結果を公表するような新たな仕組み作りが必要になるのではないでしょうか。

今回の新型コロナウイルスのパンデミックを機に、こうした研究機関における病原体の取り扱いのあり方についても議論が行われることを期待します。

また、私たちにできることとしては、こうした議論が密室で行われることなく、オープンな場で行われていることを見守り続けることではないかと思います。

【この記事は、Yahoo!ニュース個人編集部とオーサーが内容に関して共同で企画し、オーサーが執筆したものです】

参考文献

1. Maxmen A, Mallapaty S. The COVID lab-leak hypothesis: what scientists do and don't know. Nature. 2021;594(7863):313-315. doi:10.1038/d41586-021-01529-3

2. Thacker PD. The covid-19 lab leak hypothesis: did the media fall victim to a misinformation campaign?BMJ. 2021;374:n1656. Published 2021 Jul 8. doi:10.1136/bmj.n1656

3. The Office of the Director of National Intelligence (ODNI). Declassified Assessment on COVID-19 Origins.


忽那賢志
感染症専門医
感染症専門医。国立国際医療研究センターを経て、2021年7月より大阪大学医学部 感染制御学。感染症全般を専門とするが、特に新興感染症や新型コロナウイルス感染症に関連した臨床・研究に携わっている。『専門医が教える 新型コロナ・感染症の本当の話』発売中ッ! ※記事は個人としての発信であり、組織の意見を代表するものではありません。本ブログに関する問い合わせ先:kutsuna@hp-infect.med.osaka-u.ac.jp









●米研究者「最初のコロナ感染者は中国武漢海鮮市場の女性」…WHOの結論に反論
2021/11/20(土) 14:29配信

中央日報日本語版
最初の新型コロナ感染者は中国武漢の華南海鮮市場で働く女性という分析の結果が出てきた。新型コロナの起源を調査している米アリゾナ大のマイケル・ウォロビー博士(進化生物学)が18日(現地時間)、国際学術誌「サイエンス」に掲載した論文だ。この日、ワシントンポストのインタビューでウォロビー博士は「伝染病が華南市場で始まらなかったとすれば、その拡大パターンを説明するのはほとんど不可能だった」とし、新型コロナが動物から始まった可能性が高いをいう見方を示した。

これは年初に世界保健機関(WHO)の新型コロナ起源調査報告書内容と異なるという点で注目される。WHOは華南市場を訪問したことがない中国のある男性会計士(41)を新型コロナの最初の感染者と見なし、新型コロナの起源が華南市場とは無関係かもしれないという立場を表した。

ウォロビー博士は、最初の感染者として知られた会計士に初めて新型コロナの症状が出た日は、WHOの調査結果(2019年12月8日)より1週間以上も遅い12月16日だったと明らかにした。この会計士は12月8日に歯科病院を訪問し、実際に症状が表れたのは16日だったという事実を当事者から確認した。

一方、華南市場の女性に症状が発現したのは2019年12月11日で、ウォロビー博士はこの女性が最初の新型コロナ感染者と見なした。この女性はウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで12月10日から体調を悪かったと明らかにしている。

ウォロビー博士は2019年12月に確認された多数の新型コロナ事例が華南市場と直接・間接的に関連していると明らかにした。病院で感染が確認された初期患者19人のうち10人が市場関係者または市場訪問者だった。特に市場訪問者の多くが生きたタヌキが販売されている区域を訪問したことが分かった。ウォロビー博士は「これは大流行が動物市場で始まったという強力な証拠を提供する」とし「華南市場との関連性は無視できない」と話した。

WSJは、ウォロビー博士の今回の研究結果が新型コロナを誘発したウイルスSARS−CoV−2の自然起源説に対する証拠を追加した、と評価した。ユタ大学の進化ウイルス学者ゴールドスタイン博士も「新型コロナウイルスが動物に由来する可能性が高いという考えだが、この考えがさらに強まった」と話した。コウモリ由来のウイルスが他の動物に伝播し、重大な遺伝的変異を起こした後に人間に伝播するパターンである可能性が高いということだ。

ウォロビー博士は今回の研究のために2019年12月に症状が表れた新型コロナ患者のインタビュー、遺伝子データ、報道などを分析した。中国政府が発表した後に削除したデータを含め「入手できるすべての資料を集めた」と説明した。

ただWSJは、自然起源説が重視されているが、まだ「武漢実験室流出説」を排除するほどではないというのが科学者の大半の意見だと伝えた。フレッドハッチンソンがん研究センターのウイルス学者ブルーム氏は「伝染病の正確な起源を究明するには、早期感染者に関するより多くの情報と中国政府が持つ多くのデータが必要だ」と話した。

【関連記事】
「武漢コロナ」報じて逮捕された中国の市民記者、生命が危険な状況 「一人で歩くことができない」
「2年前に武漢でミリタリーワールドゲームズ…中国、その後コロナ広めた」
米国、「コロナ武漢起源説」の結論出せず
「中国、WHO報告書から『武漢研究所』除けと圧迫」調査団が暴露
【写真】中国・武漢ウイルス研究所の石正麗所長
最終更新:11/20(土) 14:29
中央日報日本語版




●「2年前に武漢でミリタリーワールドゲームズ…中国、その後コロナ広めた」
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.23 07:570 글자 작게
글자 크게

新型コロナウイルス
中国が2019年10月、武漢で開かれた「ミリタリーワールドゲームズ(世界軍人競技大会)」で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)を意図的に広めた可能性があるという主張が提起された。中国で原因不明の肺炎(新型コロナ)の事例が初めて報告される2カ月前だ。

20日(現地時間)、スカイニュースオーストラリア版によると、米国に亡命した中国の人権活動家・魏京生氏(71)が、調査報道専門記者シャリ・マークソン氏の新刊『What Really Happened in Wuhan(武漢で実際に起こったこと)』でのインタビューで、このように主張した。

魏京生氏は、北京郊外の秦城監獄の人権問題を暴露した『二十世紀のバスチーユ監獄ー秦城一号』の著者だ。10年余りの収監の末、1997年に米国に追放された後、ワシントンで海外の民主化運動を導いている。

魏京生氏は今回のインタビューで、「ミリタリーワールドゲームズが新型コロナウイルスを世界中に拡散させた最初のスーパースプレッダーだった可能性がある」と主張した。また、「中国当局が大会期間に『通常と異なる訓練(unusual exercise)』を行った」という北京高官の消息筋の言葉を根拠とした。

魏京生氏は、「中国当局が『おかしな生物兵器(strange biological weapons)』を実験しているということを知っていた」とし「多くの外国人が集まるミリタリーワールドゲームズの期間を、ウイルス拡散実験の機会とみなしたものと考えた」と述べた。

魏京生氏は同時期、大会に参加した米国・ドイツ・フランスの選手が原因不明の病気にかかったというニュースが伝えられると、すぐに米国の情報機関に問題提起したという。

スカイニュースによると、魏京生氏は同年11月22日、米CIAなど情報機関関係者との夕食の席で、「中国で新しい危険なウイルスが広がっている」とし、深刻性を警告した。

当時、魏京生氏は米情報当局者らの前で「ウィーチャット(中国版カカオトーク)をはじめ、中国のSNSに『新型のSARS(重症急性呼吸器症候群)ウイルス』が出回っているという話が出てきている」と話を切り出した。

魏京生氏は「いずれも似たような症状を話していること、感染事例がすべて武漢から来たという点などから見て、武漢にウイルスがあるようだ」とし、関連調査の必要性を訴えた。当時、同席した中国の人権活動家・デーモン・リュウ氏も中国当局の情報隠蔽の可能性を提起した。

しかし、米情報機関の関係者は大きな問題とみなさなかった。魏京生氏はその後、関連情報を提供して状況の深刻性を説得するために努力したが、大きな注目を引くことはできなかった。

魏京生氏は「当時、彼らは私ほど問題を深刻に受け止めなかった」とし「一国の政府が、ウイルスを隠蔽するとは思ってもみなかったのだろう」と述べた。そうして新型コロナの拡散を防ぐ機会を逸し、それから1カ月後の12月31日、中国が初の感染事例を発表したというのが魏京生氏の主張だ。

ミリタリーワールドゲームズは、世界100カ国以上の軍人が参加するスポーツの祭典だ。2年前、中国武漢で10日間行われた第7回大会では、世界中から約9000人の軍人が参加した。

ニューヨークポストによると、先月、米下院でも魏京生氏と同様の主張が出た。先月2日、米下院外交委員会の共和党幹事マイケル・マッコール議員は、新型コロナ起源に関する共和党独自の報告書を公開し、「新型コロナウイルスが2019年8月末から9月の初め頃、中国武漢のウイルス研究所から流出し、中国がこれを隠蔽した」と主張した。

共和党は、この報告書では2016年に武漢研究所がコロナウイルスの遺伝子操作に成功し、2018〜2019年に人体の免疫システムの実験を行ったと主張した。特に2019年7月、設置から2年足らずの空気消毒施設の改修を要求した点、コウモリとマウスに関する情報が9月12日、インターネット上から削除された点、9〜10月に新型コロナと同様の症状で武漢研究所近くの病院の訪問者が増えたという点を根拠に、「ウイルス流出は、その年の9月12日以前に発生したものとみられる」と述べた。

一方、中国は武漢研究室起源説に対抗し、米国がミリタリーワールドゲームズでウイルスを伝播したという主張で対抗してきた。また、世界保健機関(WHO)に新型コロナ起源を確認するには、米陸軍感染症医学研究施設のフォート・デトリックとノースカロライナ大学のウイルス実験室を調査するよう求めた。





●「25歳男性は失踪、37歳女性は獄中死寸前…」武漢ウイルス研究所に迫った記者たちの“凄惨すぎる現状”
2021/9/20(月) 6:12配信

文春オンライン
武漢ウイルス研究所。マスクを着用した警備員たちが出入りを見張る cAFLO

 いまだ収束の気配をみせない新型コロナウイルスパンデミック。このウイルスは一体どこからきたのか。謎多きウイルスが最初にアウトブレークした2020年春節(旧正月)のころの武漢では、多くの市民記者がその真相を探ろうとして当局に拘束された。ウイルスの危険性を告発しようとした医師たちがその口を封じられた。その庶民の苦しみ嘆きをインターネットで訴えた人々は「失踪させられた」。

【画像】懲役4年の実刑判決が下るも獄中死寸前…武漢ウイルス研究所を取材して逮捕された女性記者

 そんな武漢市の庶民らの姿を投影した小説『 武漢病毒(ウイルス)襲来 』が刊行された。著者・廖亦武氏は、かつて天安門事件を批判する詩を発表したことで投獄され、のちにドイツへ亡命した反骨の文学者だ。現在ベルリン在住の廖亦武氏に、小説に登場する実在の人物の実在の物語について聞いた。

◆ ◆ ◆

武漢ウイルス研究所「P4実験室」へ向かった市民記者
――『武漢病毒襲来』は、市民記者の キックリス という実在の人物の物語から始まります。武漢ウイルス研究所の取材に行った彼が国家安全部(国安)の車に追いかけられるカーチェースは実際に起きた事件で、今もYouTubeに残っていますね。

 このキックリスについて、あなたの小説の中では、紅二代(共産党幹部の子弟、太子党に属する特権階級)であると書かれています。実のところ、どうなんでしょう。

廖亦武 キックリスこと李澤華は、1995年生まれで、もともとCCTV(中国中央電視台)の人気司会者でした。その後退職してセルフメディア『 不服TV 』を始めました。この『不服TV』はYouTubeにも公式アカウントがあります。

 彼は市民記者として単独で武漢に入り、多くの視聴者の注目を集めていました。当時、武漢では弁護士の陳秋実やビジネスマンの方斌らが市民記者を名のって独自取材をしていましたが、彼らとちがってキックリスは元CCTVという専門的背景もあり、オフロード車を使い、防護服などの装備を整え、撮影・取材・解説も非常に客観的でプロフェッショナルでした。だから現地の公安当局も彼を紅二代だと思いこんでいたと思います。実際、私もキックリスは党の高官の子弟だと思います。

 私はずっとキックリスの追っかけをしていました。ほかの市民記者にも注意を払っていました。みんな最も注目していたのは、武漢での本当の死者数は一体何人なのか、どのように死んでいったのか、ということでした。キックリスも最初は火葬場を取材していたのですが、その後、武漢ウイルス研究所のP4実験室に行きました。それが国家安全部に追われる理由になりました。

ホームページから削除された資料
 私はキックリスが逮捕された瞬間を捉えた 2020年2月26日のライブ配信 を見て、それにインスピレーションを受けて、すぐにこの物語を書き始めました。その時、西側メディアは、解放軍の化学兵器防御専門家の陳薇少将が特別部隊を引き連れてP4実験室を接収したと報じていました。

 当時の最大の焦点は、P4実験室の責任者であるウイルス研究者の石正麗に当たっていました。なぜなら石正麗は、2003年におきたSARSによる感染流行が終わったのち、コウモリが持つコロナウイルスの研究を始めた専門家であり、千数百キロは離れた雲南の廃坑洞窟でコウモリコロナウイルスのサンプルを採集して武漢に持ち帰っていたからです。

 こうした情報の一切は、武漢ウイルス研究所のオフィシャルサイトで公表されていました。私はそれを全部ダウンロードしましたが、その後、こうした鍵となる資料はすべてサイト上から削除されています。

 キックリスは武漢ウイルスの起点がP4実験室だと思って調査、取材しようとして国家安全部に捕まったことは疑いありません。私はこのキックリスの物語を書いて、いくつかの欧米紙に寄稿しようとしたのですが、すべて編集者に断られました。みんな、こういう論を掲載すれば「陰謀論」を載せていると思われると懸念したのです。こうしたメディアの北京駐在記者たちはみな、「武漢ウイルスがP4実験室から流出したということが、目下、非常に噂になってはいるが、証明する方法がない」と本社に説明していました。

 キックリスは一時失踪したのち、ある日突然、再び動画をアップして、その中で、とても短く、当局に拘束されたことを釈明して、再び姿を消してしまいました。今に至るまで、表舞台には出てきていません。 表に出ることを、どこからか禁止されているということです。国内外の記者たちは史上前例のない大惨事となった感染症が世界を襲ったのを現場で目の当たりにしたのに、真相は依然として隠蔽されているのです。

 私は、今もキックリスのことをよく思い出します。やっと25歳になったばかりの若者が、誰よりも先駆けて武漢ウイルス発生地を探ろうとしたのですから。

「発生源はこのあたりかもしれない」
――キックリスのほかにも、多くの市民記者が武漢に取材に行きました。方斌、陳秋実、張展らがそうですが、彼らの中で、あなたが最も印象に残っている人物は?

廖 多くの市民記者たちが自発的にロックダウン中の武漢に取材に行きましたが、みな途中で捕まってしまいました。あの時武漢に入ったセルフメディア記者は、方斌、陳秋実、キックリス、張展しかいませんでした。

 もちろん、ロックダウンのとき、『武漢日記 封鎖下60日の魂の記録』を書いた武漢在住の女性作家・方方のように、多くの市民が自分自身で記者のように記録を取っていました。ですが、国家のメディア拡声器を総動員して広めたウソの「壮大なポジティブパワー・ストーリー」に比べれば、非力です。

『 武漢病毒襲来 』が日本で出版されたばかりのとき、元弁護士の張展が2020年に撮影した動画を見たのですが、これは心に残りました。張展はキックリスのようにオフロード車も防護グッズも持っていませんでしたが、キックリスと同じように、P4実験室を調査しようとしました。どうしても敷地内に入れず、彼女はスマートフォンを掲げて、P4実験室のまわりをぐるりと一周していました。

 彼女は歩きながら、こう解説していました。「武漢ウイルスの発生源はこのあたりかもしれない。この四角い建物と丸い建築物の中なのかも」。その結果、彼女はまもなく逮捕されました。張展は逮捕されたのち、長期にわたってハンガーストライキを行ったために衰弱しており、獄中死する可能性が非常に高いです。

衰弱して髪が抜け落ちたジャーナリスト
――張展は2020年12月28日、公共秩序擾乱の罪で懲役4年の実刑判決を受けました。公判に出てきた彼女の様子をネットで見ましたが、まだ37歳なのに、衰弱して髪も抜け落ち、老婆のようでした。武漢で取材をしたのちに失踪し、5月になって上海で逮捕されたことが明らかになりました。当初は無罪を主張し、食事を拒否したため、喉に管を通して栄養を取らされる強制摂食などの非人道的扱いを受けていたとか。

 アムネスティ・インターナショナルなど国際組織が彼女の釈放を訴え続けています。こうしたジャーナリストたちにあなたが共感するのは、あなたもジャーナリスティックだから?

廖 私は人生の大半をかけて、低層社会の人々の物語を取材して書いてきました。それを中断することはありません。2008年の四川の大地震の時、私はその日のうちに、もっとも被害のひどい北川県の被災地に駆けつけました。そこは県城全体が崩壊し、埋葬地のように埋まってしまい、少なくとも2、3万人以上亡くなっていると思われました。県城を再建することは難しく、数十キロ離れたところに新しい北川県県城を建設するしかありませんでした。

 しかし、当局はこの地域の死者数と汚職の真相を隠蔽するため、この四川大地震を「汶川地震」と名付けました。震源地の汶川県と北川県は数百キロ離れており、汶川県の死者は400人弱だった。今、世界の多くの人たちはこの地震のことを、中国政府が名づけたように「汶川地震」と呼んでいます。でも、私は四川大地震のルポルタージュ『地震瘋人院』の中で、この大地震を「四川地震」と呼んでいます。

 今度の災難においては、私は武漢に駆けつけることができませんでした。もし現場に入っていたら、おそらく『 武漢病毒襲来 』の主人公、艾丁と同じ運命をたどっていたことでしょう。


中国人も「真相」を知りたい
――『武漢病毒襲来』にも登場している女性医師、艾芬の報道が 文春オンライン でも紹介され、大きな反響を呼びました。あなたが、日本の読者にもっと知ってほしい当時の武漢の物語を教えてください。

廖 日本の読者に知ってほしいのは、中国人は共産党に何度も洗脳されてきてはいても、真相に対する興味はやはり強烈で、これが独裁者にとって最大の脅威だということなのです! 艾芬医師の物語については、『武漢病毒襲来』の第4章「李文亮は逝き、真相はすでに死んだ」の中で、猛烈な勢いで拡散した様子が描写されています。

 艾芬医師は共産党員であることよりも人としての正義感が打ち勝って、月刊『人物』の取材を受けたわけですが、この記事は、新型コロナ感染期間全体を通じて最もセンセーショナルな記事になりました。

 当局はすぐにインターネット上で削除するのですが、その削除までのほんの短い間に、ものすごい勢いで拡散していきました。武漢から警鐘を鳴らすも警察からデマを拡散したとして訓戒処分を受け、その後、無防備な状態で患者の診察を続けて新型コロナに感染した眼科医・李文亮の悲劇に呼応したのです。

 もちろん、ネット版記事はアップされると即座に削除され、雑誌も出版封鎖警告を受けたのですが、タッチの差でその記事は、自動的にスクリーンショットをとって拡散する「ネットワーム」と呼ばれるシステムで、多くの微信アカウントで同時に発信され、グレートファイヤーウォールを乗り越えて海外のプラットフォームにも張り付けられて、世界中に拡散されていったのです。

 ネット警察は当時、インターネット管理当局と公安局の国内安全保衛総隊(国保)と連携して、2011年の『ジャスミンネット革命』のときに行なった複数の集会現場での同時ガサ入れ逮捕と同様の猛烈な取り締まりをしたのですが、それでもこの記事は次々と拡散されて、その拡散スピードはウイルスの100倍、あるいはネット警察の10000倍は速かったですね。

 削除されないように、英語やドイツ語、日本語、韓国語など40か国語の自動翻訳版も拡散されましたし、変形漢字の篆文や文語体や西夏文字のフォント版なんかも出回りました。この現象は、この世界の悲劇的災難の中で、唯一大爆笑できる事件だったと思います。

「失踪人民共和国」の恐怖
――『 武漢病毒襲来 』の中では、いくつか詩が登場しますね。こうした詩は実際に武漢の都市封鎖中、中国のインターネット空間に流れたもので、その詩の題材も、ネットのSNSで書き込まれた庶民の嘆きや訴えでした。小説の最後の方に引用された「マリリンモンロー」こと張文芳の書いた詩『武漢挽歌』は胸に刺さりました。

 家族に感染させるのが嫌で自殺した人、仕事を失って自殺した人、息子を入院させるために何日も病院前に並ぶ老人、出稼ぎ家庭で祖父と5歳の孫が取り残され、トイレで死亡した祖父の遺体に布団を掛けて幼い子供が5日間も寄り添っていたという話。そんな庶民が直面した40以上の悲劇が詩の形式で描写されています。

 日本も今年の夏は医療崩壊がおきて、たくさんの悲劇が起きました。ですがその何倍、何十倍もの悲劇が武漢で起きて、そしてそのことを詩にして表現すれば、デマを流したとして警察に逮捕される悲劇もあったわけです。張文芳はその後、どうなりましたか。

廖 張文芳の『武漢挽歌』は、その一行一行が、武漢ウイルスのアウトブレーク時に起きた惨劇を描写しています。ネット上で発表されてすぐ、彼女は秘密裡に逮捕されました。懲役6か月の判決を受けて服役しました。当時、彼女がそんな目にあっていたとは誰もしりませんでした。私は彼女の詩の小説での引用了承を得ようと、武漢の友人を通じて彼女と連絡を取ろうとしましたが果たせず、今年2月に、彼女の判決書の写真がツイッターに流れて、ようやく服役中であることがわかりました。今もって誰も張文芳とコンタクトが取れない状況です。

 これも一つの「失踪人民共和国」です。中国では、短時間の失踪も、長期の失踪も、永遠の失踪もあります。「失踪させられる」のです。恐ろしいのは現在中国十数億人の中で、一部の人たちやとある個人が忽然と姿を消すことに、だんだん慣れてきてしまっていることです。

米国情報機関のリポートをどう評価するか?
――新型コロナの起源について米国の情報機関がリポートを出しています。生物兵器の可能性は否定するも、実験室漏洩については可能性を保留しています。それについてはどう感じましたか?

廖 想定の範囲内です。この小説で引用した資料、各種の詳細な情報はすべて、このリポートでもカバーされています。人造ウイルスではないということも含めて。私はウイルスはソ連のチェルノブイリの放射能漏れ事故と類似のものだと小説中でも言及しています。ただ、チェルノブイリよりは悪質であると思います。

 第一に、中国科学院武漢ウイルス研究所の公式資料によれば、P4実験室の責任者の石正麗チームが、長い時間をかけて、何度も雲南の洞窟から大量のコウモリ由来のウイルスのサンプルをとって、実験室内に保存していたのです。その中には、強力な感染を起こすものもあった。

 第二に、石正麗チームは何度もこうした自然のウイルスに対し、機能獲得実験を行い、最終的に人体の免疫システムを開く「鍵」を見つけた。

 第三に、李文亮ら8人の医師が、「謎のウイルス」についての伝聞を広める前、中国政府もこの謎のウイルスの恐ろしさを知らなかった。だから「デマ」として一蹴し、緊急措置を取らず、武漢から全国に感染を広げてしまった。このとき、中国政府は確かに「故意にウイルスを拡散した」わけではない。

 第四に、だが、武漢など十数の都市封鎖を実施したのち、中国政府はすでに武漢ウイルスの恐ろしさをよくわかっていたはずだが、すべての空港の税関とフライトはすぐに封鎖せず、この恐ろしいウイルスを海外に流出させ、全人類を攻撃させるに至った。


ポストパンデミックは「次々と惨劇が起きる」
――過失であったけれど、起こるべくして起きた過失であり、パンデミックはむしろ故意に近い過失であった、と。ならば、このパンデミックで世界はどう変わると思いますか。あなたの考えるポストパンデミックの世界とは?

廖 混乱が続くでしょう。目まぐるしく次々と惨劇が起きる。しかし、一つの時代の目撃者である亡命作家として、この混乱期の世界を頭をもたげてしっかりと見た後、私は頭を低く下げて、自分の内心を見つめ、歴史の深淵を振り返ろうと思います。天安門の大虐殺から今に至るまで、いや、1949年にこの人間性の絶滅した独裁政権が誕生したはじめから今日までの一切を。

 この“一切”とはマクロの視点でなく、ミクロの視点です。一匹の憐れなアリの一生、一枚の木の葉のような。なので、私のこの小説で、自分の祖国で隔離され、苦労してかけずりまわっても、家にたどり着けない多くの悲劇を背負わせた主人公、艾丁を生んだのです。彼は失踪させられたのか? 亡き者にされたのか? 気が狂ったのか?  それとも命を賭してやり遂げたのか? 誰も知りません。何年かのち、ヒッチコックのサスペンス映画『鳥』のような映画を、誰かが自分の経験に基づいて撮るかもしれません。

 ぜひ『 武漢病毒襲来 』を読んでみてください。武漢ウイルスに関する書籍の中で最高の出来だと保証します。

福島 香織/翻訳出版部






●「コロナ重大発見」控えた中国系教授、米自宅で遺体で発見
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
2020.05.07 07:00
0
亡くなったビン・リウ教授を哀悼するピッツバーグ大学の声明。[写真 コンピュータ・システム生物学部ホームページキャプチャー]
亡くなったビン・リウ教授を哀悼するピッツバーグ大学の声明。[写真 コンピュータ・システム生物学部ホームページキャプチャー]

米国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に関連して重大な発見を控えていた中国系教授が銃に撃たれて亡くなる事件が発生した。

6日(現地時間)、CNN放送などによると、ピッツバーグ大学医大のビン・リウ(Bing Liu)助教授(37)は先週末の2日、ペンシルバニア・ピッツバーグの自宅で頭や首、胴を銃に撃たれて死亡した。

当時リウ教授は一人で自宅におり、盗まれた物はなく強制的に侵入した跡も見つからなかったと伝えられた。

容疑者としてみられていた中国系男性ハオ・グ(46)は約1.6キロ離れたところに駐車していた車両の中で亡くなったまま発見された。ピッツバーグ警察は容疑者がリウ教授を殺害した後、車両に戻って自ら命を絶ったとみている。

警察は2人が互いに知り合いだったとみて犯行の動機を調査している。

リウ教授はピッツバーグ医大コンピュータ・システム生物学部で研究助教授で働いていた。

この日、同部は声明を通じて「リウ教授は同僚から尊敬されている優れた研究者であり、今年だけで4本の論文を発表した多作の研究者だった」と哀悼した。

続いて「リウ教授は『SARS−CoV−2(新型コロナウイルス)』感染の細胞メカニズム、合併症細胞基礎を理解する非常に重大な発見をする直前だった」とし「彼が始めた研究を完成するために最善を尽くす」と付け加えた。




●「新型コロナ、武漢の実験室から出てきた証拠3つ」…中国の学者が論文発表
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.09.16 12:012 글자 작게
글자 크게
新型コロナウイルス
新型コロナウイルス
中国出身のウイルス学者閻麗夢博士が新型コロナウイルスは中国・武漢の実験室で人為的に作られたという主張を裏付ける科学的根拠を盛り込んだ論文を14日に開放型情報プラットフォーム「Zenodo」を通じて発表した。

閻博士はこれに先立ち11日に英ITVのトークショーとのインタビューで、「新型コロナウイルスが武漢の実験室で作られたことを立証する科学的根拠を中国疾病統制センター(CDC)と現地の医師らから得ており、近く公開する」と明らかにして注目された。公開を予告してから3日ぶりに閻博士は同僚科学者3人とともに作成した論文を出した。ただし今回の論文は国際学術誌に発表される論文のように他の学者の検証を経たものではない。

閻博士チームが出した論文の題名は「自然な進化というより実験室で精巧に操作されたということを提示するSARS−CoV−2(新型コロナウイルス)の平凡でない特徴とSARS−CoV−2(新型コロナウイルス)の合成方法の推測」だ。

遺伝子分析結果などを根拠に論文が主張する核心内容は大きく2種類だ。まずコロナウイルスは自然的に発生するウイルスと一致しない生物学的特性を見せる。また、コウモリコロナウイルスを基に6カ月以内に人為的に作り出すことができるということだ。

◇「中国の研究所のウイルスと遺伝子類似」「受容体結合部位を操作」

閻博士は主張に対する科学的根拠として3種類を提示した。最初に、新型コロナウイルスの遺伝子塩基配列が中国重慶市第三軍医大学の軍事研究所と中国南京市南京司令部の医学研究所で発見されたコウモリコロナウイルス(ZC45、ZXC211)と疑わしいほど似ている。論文によるとこの2カ所では2015年と2017年にコウモリコロナウイルスが見つかっている。

2番目に、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質で人体細胞の受容体と結合する役割をする部位(RBM)が2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスと似ていた。また、この部位が遺伝的に操作されたという証拠が遺伝子に現れた。

スパイクタンパク質とはウイルス表面に突起状に飛び出してきたタンパク質で、コロナウイルスはこのスパイクタンパク質を通じて人体細胞の受容体と結合する。

3番目に、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質にはフーリン分離部位というウイルス感染力を高める部位がある。ところがこの部位は自然に現れる同じ系統のコロナウイルスでは全く見つけられない。

この分離部位の特異な塩基配列は、この部位が単純に動物間での伝達や再調合を通じた自然な進化の結果ではないという点を示す。新型コロナウイルスに人為的に挿入された可能性が大きいということだ。

◇「コロナウイルス、6カ月あれば作れる」…論文検閲も主張

論文にはコウモリウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子比較分析結果も載せられた。閻博士チームは3つの科学的根拠に基づき5段階にわけて新型コロナウイルスを人為的に作る方法を提示した。各段階は少ないもので15日から長いものでは3カ月ほどかかり、6カ月でウイルスを作ることができると論文は主張した。

閻博士は香港大学に在職しながら新型コロナ流行の初期研究を遂行した。閻博士はこれに先立ち新型コロナウイルスのヒト感染の可能性を中国政府が公式発表する少なくとも3週間前にすでに知っていたと暴露した。また、昨年末には中国本土にいる同僚学者からヒトへの感染事例に対する情報を確保し、研究結果を大学研究所の責任者に報告したが黙殺されたと主張した。閻博士はこうした暴露により身辺への脅威を感じ、4月に香港を離れ米国に逃避した状態だ。

閻博士は論文で「新型コロナウイルスが研究実験室から出た可能性もあるという理論は同僚が検証する学術誌で厳しく検閲された」と主張した。

◇自然発生裏付ける論文複数あるが…「信頼しがたい」

だが科学界では新型コロナウイルスが自然発生したという理論が広く受け入れられている。遺伝子分析などを根拠にこれを裏付ける論文も複数出ている。

別の科学者は15日、デイリーメールとのインタビューで閻博士の論文に対し否定的な見方を出した。微生物発病学専門家であるアンドリュー・プレストン博士は「同僚学者の検討がされていない論文の立証されていない主張を考慮すると、現在の状態ではなんの信頼も持って見られない」と話した。

保健専門家である英サウサンプトン大学のマイケル・ヘッド博士は「新型コロナウイルスが実験室で作られたものではないという点を明確に示す論文がすでに同僚の検証を経て出されている。(閻博士の論文は)これまでの研究を凌駕するどのようなデータも明確に提供していない」と評した。

武漢ウイルス研究所も4月に「研究所スタッフのうちだれも新型コロナウイルスに感染した人はおらず、実験室のセキュリティレベルは最高水準だ」として疑惑を強く否定した。

だが新型コロナウイルスの起源をめぐる論争は続くものと予想される。新型コロナウイルスが全世界を襲って9カ月が過ぎたがウイルスが動物からヒトに広がるまでにどのような中間宿主を経たのか正確に明らかになっていないためだ。

新型コロナウイルスの起源を調査するとして7月に中国に行った世界保健機関(WHO)の専門家チームは事前調査という理由で発生地の武漢は訪問せずに帰ってきた。WHOの起源調査の目的も新型コロナウイルスが動物からヒトにどのように感染したのかであり、どんな種が関与したのかを確認することだ。

関連記事
中国の教授「コロナ、武漢市場近くの実験室から流出」
「武漢肺炎、初期からウソ」…信頼危機に直面した中国政府
韓国とは違ってあまりにも静かだった日本の武漢国民輸送作戦初日
「コロナ重大発見」控えた中国系教授、米自宅で遺体で発見
「最後の文になるだろう」…市民記者に続き習近平批判の中国教授も失踪







●新型コロナ起源の米情報機関報告書、「近日中」に発表
2021/8/24(火) 8:42配信

557
この記事についてツイート
この記事についてシェア
産経新聞
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

サキ米大統領報道官は23日の記者会見で、新型コロナウイルスの起源解明に向けた米情報機関の調査報告書が近日中に公表されるとの見通しを表明した。

【写真】ここから流出したとの説もある武漢ウイルス研究所

バイデン大統領が5月、情報機関に対して90日以内に調査結果を報告するよう指示し、今月24日がその期限となっている。サキ氏によると、今後数日間をかけて機密情報を非開示にするなどの処理をした上で公表するとしている。

ウイルスの起源をめぐっては、中国湖北省武漢市のウイルス研究所から流出した説と、武漢市内の生鮮市場で動物を介して人間に感染したとの説がある。

トランプ前政権は、ウイルスが研究所から流出した可能性が高いと主張。下院外交委員会のマッコール筆頭理事(共和党)らは「研究所からの流出を示す証拠がある」としている。

これに対し中国は、研究所での漏洩(ろうえい)説を否定する一方で、研究所で取り扱われていたウイルス関連のデータ提供を拒否。世界保健機関(WHO)による現地での再調査も拒絶しており、国際社会から「対応が透明性に欠ける」との批判が強まっている。(ワシントン 黒瀬悦成)


記事にリアクションしてみませんか?

163
学びがある
608
わかりやすい
242
新しい視点
【関連記事】
米、武漢研究所のデータ大量入手 世界が習政権を糾弾
中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明
武漢研究所が“証拠隠滅” 米下院報告 検査通知の数時間後、データ突然消失
広がる中国製ワクチン不信 欧米製と「混合接種」の動きも
「中国製ワクチンは変異加速させる恐れ」仏マクロン大統領が警告
最終更新:8/24(火) 10:37
産経新聞






●疑惑再燃…武漢ウイルス「人工説」を追え! 〈「自然発生説」では「なぜ武漢が震源地だったか?」を説明できない〉/近藤奈香――文藝春秋特選記事【全文公開】
2021/8/18(水) 6:00配信

この記事についてツイート
この記事についてシェア
文春オンライン
疑惑再燃…武漢ウイルス「人工説」を追え! 〈「自然発生説」では「なぜ武漢が震源地だったか?」を説明できない〉/近藤奈香――文藝春秋特選記事【全文公開】
流出疑惑のある武漢ウイルス研究所
「文藝春秋」8月号の特選記事を公開します。文/近藤奈香(ジャーナリスト)

◆ ◆ ◆

 新型コロナウイルスはどこから来たのか?  その“起源”は、いまだ謎に包まれている。そして今、「中国の武漢ウイルス研究所から漏れたのではないか?」という疑いとともに、「ウイルスの起源をめぐって米国が中国を厳しく追及してこなかったのはなぜか?  そこに米国も深く関わっていたからではないか?」といった疑惑まで持ち上がっている。

「人工ウイルスを中国が故意にばら撒いた」という「人工ウイルス意図的拡散説」は穿ちすぎだとしても、「武漢ウイルス研究所から意図せず流出した」という「流出説」は、当初から一部で可能性が指摘されていた。最初の出所は中国国内で、2020年1月の時点でソーシャルメディアで噂が広がっていた。だが、結局、「流出説」は、西側メディアによっても、早々に“陰謀論”として片付けられたのだ。

 ところが、その「流出説」に再び注目が集まっている。米バイデン政権は情報機関に対して「流出説」も含めた追加調査を指示し、英BBCや仏ルモンドなど西側メディアも、「流出説」を排除しないようになった。

 当初、中国当局が唱えた「武漢の海鮮市場で野生動物からヒトに感染が広がった」とする説は、西側の主要メディアにも受け入れられた。これにはおそらくトランプも一役買っている。「武漢研究所からの流出説」は、米中対立の文脈のなかでトランプ陣営がことさら主張したために、かえって“オオカミ少年”のごとく信憑性を失ってしまったのだ。

「流出説」を証明する直接の決定的証拠は見つかっていない。だが、ここに来て「ウイルス自然発生説」を証明する証拠も実はないことが明らかになりつつある。という以上に、現時点で判明している事実からすれば、「自然発生説」よりも「流出説」の方が“合理的”に見えるのだ。

なぜ武漢だったのか? 
「自然発生説」として有力視されていた「海鮮市場起源説」は、2020年5月の時点で中国当局自身が否定するに至っている。「海鮮市場起源説」が成立しがたいのは、主に次の3つの理由からだ。

 第一に、最初期患者の45%は、海鮮市場と何の繋がりもなかった。

 第二に、「海鮮市場で野生動物からヒトに感染が広がった」として、中国獣医研究所が、犬、豚、鶏、アヒル、猫など、さまざまな動物を使って実験を繰り返したが、「感染源となる動物(中間宿主)」は見つからなかった。シンガポール出身のカナダ人分子生物学者アリーナ・チャンも、「新型コロナウイルスには変異の形跡が希薄だ。動物からヒトへとウイルスが感染したのであれば、複数の馴化の跡が見られるはずだが、新型コロナはヒトからヒトへの感染に『すでに適応済み』であったように見受けられる」と指摘している。

 第三に、中間宿主が不在なら、「コウモリ由来のコロナウイルスが中間宿主なしにヒトに直接感染し、その後、ヒト―ヒト感染するウイルスに変異した」という可能性が考えられるが、そもそも武漢にコウモリは生息していない。コウモリから直接感染したとすれば、流行の起源は、雲南省のような(新型コロナに最も近いウイルスをもつ)コウモリの生息地の近くでないと不自然だ。雲南省から約1600キロ離れた武漢で、道中誰にも感染せずにピンポイントで感染が始まったのはなぜか?  これを説明できる仮説はない。

 要するに、「自然発生説」では「なぜ武漢が震源地だったのか?」を説明できないのだ。そこで、ウイルスの起源として、「海鮮市場」ではなく「武漢ウイルス研究所」に再び注目が集まるようになったのである。

 こうした西側メディアの論調の変化を象徴するのが、元「ニューヨークタイムズ」の科学記者ニコラス・ウェイドによる「コロナの起源――その謎を追う」(「ミディアム」5月3日付)という記事だ。ウェイドは、「新型コロナの起源が自然界だという主張に疑問符が付く」というノーベル賞受賞者で分子生物学者デヴィッド・バルティモアの発言を引きながら、「流出説」を支持する根拠と支持しない根拠を精査し、「大手メディアが流出説を検討の対象にしてこなかった」と批判している。

 ではなぜ西側主要メディアは「流出説」にまともに向き合ってこなかったのか。この点で注目すべきは、6月3日付の「ヴァニティフェア」の詳細な記事だ。これを読むと“ウイルスの起源”を隠蔽したのは、中国当局だけでなく、米国の利害関係者もそこに深く関わっていたことが見えてくる。

「ヴァニティフェア」は、数カ月かけ、40人以上の関係者への取材、何百頁にも及ぶ政府文書、メモ、会議議事録、Eメールを徹底的に調べ、米国国内における利害関係(ウイルス研究への政府からの莫大な補助金)によって、「流出説」の検証が阻まれてきたことを洗い出している。

 例えば、2020年12月9日の米国務省内の会議では、「コロナの発生源について中国政府に透明性を求めるべきだ」との議員らの要求に対して、「研究に多額の補助金を出してきた米国政府に注目が集まることを避けるため、武漢ウイルス研究所が行なってきたGOF(機能獲得変異)実験には触れぬように」との発言があったという。この点について、「『流出説は絶対にありえない』として検証すら憚られる空気が政治家ではなく科学者の間にあったことに驚いた」というCDC(米国疾病対策センター)前所長の証言も引いている。

本文:9,621文字

写真:2枚





●口閉ざすエビ売りの女性 武漢で最初の一人を探した
有料会員記事 新型コロナウイルス

武漢=平井良和、宮嶋加菜子

2020年7月1日 5時00分

【動画】昨年末の中国・武漢。当時誰も知らなかったウイルスはどう広がっていったのか。世界的な感染爆発を防ぐことはできなかったのか。パンデミックの序章を振り返る。
[PR]
 人類が半年前に知ったばかりのウイルスは、世界の1千万人以上に感染し、50万人を超える犠牲者を出している。災禍はどう始まり、どう広がっていったのか。連載「コロナの時代」の新たなシリーズは「パンデミックの序章」。感染の拡大が始まった中国・武漢を歩き、謎のウイルスの存在を捉えるまでの道筋や、ヒトヒト感染の認定に二の足を踏んだ中国の初期対応を検証する。

拡大する写真・図版
コロナの時代 パンデミックの序章/デザイン・加藤啓太郎

年末のかきいれ時、喧騒の中の「異変」
 湖北省武漢市の都市封鎖が解け、間もなく3カ月になる。魏、呉、蜀の三国時代をはじめ中国史の舞台となってきた長江中流域の1千万都市は、ようやく活気を取り戻そうとしている。

 中心部の大通りにも絶え間なく車が行き交うが、漢口駅近くの道の両側には約200メートルに及ぶ青いバリケードが残る。隙間からのぞく看板はほこりまみれで、その下に「魚」や「蟹(かに)」といった字が読み取れる。

拡大する写真・図版
看板から「華南海鮮卸売市場」の文字は消され、バリケードによる封鎖が続いている=2020年6月6日、中国・武漢市、平井良和撮影

 半年前に閉鎖されるまで、ここに華南海鮮卸売市場があった。5万平方メートルの敷地に魚介、干物、食肉などを売る店が千軒以上ひしめく巨大市場だった。世界をのみこんだ新型コロナウイルスの最初の集団感染は、ここで発生した。

 昨年12月31日、市当局は初めて「原因不明の肺炎患者が27人いる」と発表。その多くが市場の関係者だとした。リストを入手したという中国メディアは、一番早い発症は50代女性の12月11日だったと伝えていた。

 新型ウイルスはどこから来たのか。最初の感染者だったかもしれないその女性を探した。


●「あそこへは行くな」 中国・雲南、ウイルスが潜む山
有料会員記事 新型コロナウイルス

墨江ハニ族自治県=平井良和

2020年12月10日 17時30分

コロナの起源 科学者たちの足跡

 亜熱帯特有の深い緑の山々の間に霧が立ちこめる。切り立った崖沿いの道に立つと、眼下には赤土を削りながら蛇行する大きな川が見える。

 人類を新型コロナウイルスを襲った今年、その遺伝子配列と96%一致するとして世界各地の科学者の注目を集めたウイルスが、7年前にこの中国雲南省の山奥で見つかった。

 そのウイルスの名は「RaTG13」。新型コロナウイルスの近縁種が発見されたのは、どんな場所なのか。たどってみることにした。

新型コロナウイルス最新情報
拡大する写真・図版
RaTG13が見つかった廃銅山の周囲は緑の深い山々が連なる=中国雲南省墨江ハニ族自治県、平井良和撮影

 まず訪ねたのは、省都の昆明市から300キロ南下したところにある「通関」という町だ。北回帰線を越えたすぐ先にあり、古くから茶を栽培している少数民族ハニ族が暮らす墨江ハニ族自治県に位置する。香辛料や野菜などを売る市場があり、街道沿いに雑貨店や鶏1匹を丸ごと煮込む鍋料理の店が並ぶ小さな町だ。

 町の名前「通関」は中国語で「トングアン」と読む。その英語表記の頭文字をあわせれば「TG」。RaTG13が発見された地域を示す「TG」だ。「Ra」はコウモリの一種、「13」は2013年に採取されたことを表している。

 このウイルスを見つけたのは、中国湖北省武漢にある中国科学院武漢ウイルス研究所のチーム。今年2月、英科学誌ネイチャーで新型コロナウイルスと「96%一致した」との研究結果を発表した。02〜03年に中国を襲ったSARS(重症急性呼吸器症候群)の起源をたどる研究で中国各地を回る中で、採取したウイルスの一つだったという。

拡大する写真・図版
通関の民家と住民=中国雲南省墨江ハニ族自治県、平井良和撮影

閉鎖された銅山 住民は口を閉ざした
 チームの論文によると、RaTG13が発見されたのは銅山だった。通関の住民に聞きこむと、確かに町から山一つ隔てた先にかつて銅山があったという。その方向へ車を走らせること1時間。激しく蛇行する道は車がやっと通れるほどにまで細くなり、断崖を縫うようになった。途中、土砂崩れの跡や群れて歩く水牛にも出くわし、それらを慎重に避けながら進んだ。

 道端で豆を干す女性を見つけて銅山の場所を尋ねると「十キロ以上先にあったがもう閉鎖された。詳しく知らないが、人が亡くなったと聞いた」とは答えたが、多くは語らなかった。

 銅山に近づくほど、点在する集落に住む人たちの口は重くなっていった。




●新型コロナで注目の“コウモリ女”が「中国から機密文書を持ち出して米国に亡命」情報の真偽

西岡省二ジャーナリスト
2020/5/7(木) 16:42
この記事についてツイート
この記事についてFacebookでシェア

「石氏が行方不明」と伝えるインドテレビ局のウェブサイト(筆者キャプチャー)
 中国湖北省の中国科学院武漢ウイルス研究所でコウモリ関連のコロナウイルス研究を統括してきた石正麗氏について、インターネット上で「家族と共にフランスの米国大使館に亡命申請した」との噂が広がり、中国側が火消しを急いでいる。この研究所は、米国などがたびたび“新型コロナウイルスの発生源”などと疑惑の目を向ける施設で、そこの専門家である石氏は「蝙蝠女侠(コウモリ女)」と呼ばれるキーパーソンだ。欧米各国が中国への損害賠償請求の動きを見せるなか、核心人物亡命の噂に各国メディアは浮足立っている。

◇野生動物の商取引に警告

 石氏が主任を務める武漢ウイルス研究所新興感染症研究センターには、中国各地のコウモリ生息地から集められたコロナウイルスなどの大量の病原体が保管されている。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、石氏は武漢の大学で生物学を学び、2000年には仏モンペリエ大学でウイルス学の博士号を取得した。英語だけでなくフランス語も堪能。英紙デイリー・テレグラフなどによると、02〜03年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が大流行したあとの06年、石氏はオーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)管轄下のオーストラリア疾病予防センター(ACDP)で3カ月間、訪問学者としてコウモリを研究していた。テーマは「SARSとコウモリの関係」だったという。

 WSJは「石氏がこれまで論文や講演で『野生動物の商取引を規制するという具合にその危険性に注意が払われなければ、彼女のチームがコウモリの体内で発見してきた各種コロナウイルスが、SARSと同じように猛威を振るうことになる』と絶えず警告してきた」と記している。

 また、WSJは「石氏のチームが2013年に雲南省で採取したサンプルと、今回の新型コロナウイルス感染症を引き起こしたウイルスの遺伝子配列は、約96%一致している」と伝え、ここから“石氏の研究施設から流出して武漢市民に感染したのではないか”という説に結びつく、と記している。

◇「臭い口を閉じるよう忠告」

 こうした見方に石氏は激しく反応する。2月のSNS上の投稿で、ウイルス発生源が自身の研究所でないことを「命に賭けて約束する」と表明し、「悪意のあるメディアの噂を信じて拡散する人たちには、その臭い口を閉じるよう忠告する」と反撃した。

 ところが、4月末ごろになって、インターネット上に次のような話が書き込まれるようになった。

「石氏が1000件近い秘密文書を持ち出して、家族と共に欧州に逃亡し、フランスの米国大使館に亡命を申請した」

 これがネット上で広まり、中国のネットユーザーの間で「石氏は裏切者だ」という批判が出た。筆者が情報を検索してみると、インドのニュース専門テレビ局WIONも5月6日に「彼女は有名なウイルス学者で、世界が求めている問いに対する答えを持っているかもしれない」としたうえ「だが彼女は行方不明になっている」と伝えている。

 この「亡命説」について、中国共産党機関紙・人民日報系「環球時報」は5月2日の段階で、石氏が中国版LINE「微信(WeChat)」上で友人に向けて書いたものとして、次の文章を掲載した。

「私と私の家族はみな元気です。いかに多くの困難があろうと、『叛逃(国に背いて亡命すること)』のデマにあるような状況にはなりえない」と否定したうえ「我々は何も間違ったことはしていない。我々の心の中には、科学に対する揺るぎない信念がある」

 WSJが伝えたカリフォルニア大学デービス校のパンデミック専門家、ジョナ・マゼット氏の話によると、石氏は長年研究の対象としてきたすべてのコロナウイルスを目録にしているという。ただ、石氏はマゼット氏に「今回の新型コロナウイルスがヒトに感染するまで、自分たちの研究所はこのウイルスを持っていなかった」と伝えたそうだ。

 マゼット氏は、この10年間、仕事を通して石氏と交流があるといい、「今回のことで、彼女は信じられないほどの緊張とストレスにさらされている」と話している。

◇ファイブ・アイズが石氏らを調査?

 米国と中国の間では新型コロナウイルスの発生源をめぐって緊張が続く。

 トランプ米大統領とポンペオ米国務長官は最近、「発生源が武漢ウイルス研究所であることを示す膨大な証拠がある」「中国は非常におぞましいミスをした。隠そうとした」などと、武漢ウイルス研究所をターゲットにした発言を繰り返している。

 複数の米メディアは相次いで、トランプ政権は同研究所と新型コロナウイルスの関わりについて調査を進めている▽ポンペオ長官は研究施設の公開を中国側に要求した▽2年前にこの研究所を視察した米外交官が「コロナウイルスを研究している。だが安全対策が不十分である」と警告する公電を送っていた――などと伝えている。

 またデイリー・テレグラフは、英語圏5カ国(米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド)の情報ネットワーク「ファイブ・アイズ」が石氏らに対する調査を試みていると伝えた。ただ当局者はこの報道に関する確認は避けている。


西岡省二
ジャーナリスト
大阪市出身。毎日新聞入社後、大阪社会部、政治部、中国総局長などを経て、外信部デスクを最後に2020年独立。大阪社会部時代には府警捜査4課担当として暴力団や総会屋を取材。計9年の北京勤務時には北朝鮮関連の独自報道を手掛ける一方、中国政治・社会のトピックを現場で取材した。「音楽」という切り口で北朝鮮の独裁体制に迫った著書「『音楽狂』の国 将軍様とそのミュージシャンたち」は小学館ノンフィクション大賞最終候補作。

西岡省二の最近の記事






新型コロナウイルスは「中国から流出」と断定した、米報告書の「驚くべき内容」
2021/8/6(金) 7:02配信

305
この記事についてツイート
この記事についてシェア
現代ビジネス
圧倒的な証拠が決め手となった
中国の習近平国家主席[Photo by gettyimages]

 米下院外交委員会の共和党スタッフが「新型コロナウイルスは、中国の武漢ウイルス研究所から誤って流出した」と断定する報告書を発表した。この結論を導いたのは、衛星画像をはじめとする「圧倒的な量の証拠」だった。いったい、武漢で何があったのか。

【写真】日本人は知らない…中国の「990万人コロナ検査」で見えたヤバい事実

 同委員会の共和党スタッフは、マイケル・マッコール筆頭委員の下で、これまで2回にわたって、新型コロナ問題に関する報告書を発表してきた。2020年6月15日に発表された最初の報告書については、2020年6月26日公開コラムで紹介した(
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/73607)

 同年9月21日には、中国共産党と世界保健機関(WHO)の責任を厳しく追及する2回目の報告書を発表した(https://gop-foreignaffairs.house.gov/blog/mccaul-releases-final-report-on-origins-of-covid-19-pandemic/)。8月1日に発表された今回の報告書は、その続編だ(https://gop-foreignaffairs.house.gov/press-release/mccaul-releases-addendum-to-origins-of-covid-19-report/)

 今回の報告書は、これまで世界で断片的に報じられたり、収集された多くの客観的な証拠や証言を丹念につなぎ合わせて「武漢ウイルス研究所からの流出」という結論に導いた。その手法は、ほとんど「第1級の調査報道」と言ってもいい。

 だれかが「私が流出させました」と自白したわけではないので、厳密に言えば、状況証拠の積み重ねである。それでも、もしも公正な裁判があるなら、「有罪判決」に導くのは可能だろう。少なくとも、中国とその仲間たちが宣伝してきた当初の「海鮮卸売市場起源説」は、もはやまったく信用に値しない。

 報告書の後半では「仮説」と断りながら、武漢ウイルス研究所から始まった小さな感染が、あっと言う間にパンデミック(世界的な大流行)に拡大していくプロセスが物語のように語られていく。読者は「そういうことだったのか」と多くの謎に合点がいくはずだ。


突然起こった、不可解なシャットダウン
武漢ウイルス研究所の責任者の1人である石正麗氏[Photo by gettyimages]

 ここでは、報告書の記述に沿って要点を紹介したい。全文は84ページ。うち本文は62ページである(https://gop-foreignaffairs.house.gov/wp-content/uploads/2021/08/ORIGINS-OF-COVID-19-REPORT.pdf)。引用したサイトは、ほとんどすべて報告書に記載されている。

 問題の武漢ウイルス研究所は、新型コロナの感染が広がる前、廃棄物処理システムやお粗末な空調設備の改造に取り組んでいた(https://archive.is/bfoTD#selection-229.0-229.131)。にもかかわらず、研究所の責任者の1人で「バット・ウーマン(コウモリ女)」こと、石正麗(Shi Zhengli)氏は、本来なら「BSL-4」という高度な実験室で行うべきウイルスの遺伝子操作実験を、「BSL‐2」や「BSL-3」のような簡易な実験室で取り組んでいた。BSL-2は歯医者の診察室レベルだ。

 事件が起きたのは「2019年9月12日の午前2時から午前3時にかけて」だった。武漢ウイルス研究所のデータベースが突然、オフライン化されたのである。そこには、同研究所が収集した22000以上のコウモリとネズミの病原体サンプルと、その遺伝子情報が収録されていた。

 このデータベースを参照すれば、どんな病原体がいつ、どこで収集され、ウイルスがうまく分離されたかどうか、が分かる。新型コロナにつながるウイルスがあれば、それがいつ、どう発生したのか、起源を突き止める決定的な証拠になるのだ。


 それまでデータベースは公開されていたが、なぜか、この日のこの時間に突然、シャットダウンされ、現在に至るまで、外部から接続できないでいる。この事実は、中国自身のデータベース管理情報によって確認されている(https://archive.is/AGtFv#selection-1553.0-1567.2)。

 だが、石氏は、複数のメディアに対して「外部からサイバー攻撃を受けた後、保全上の理由でオフライン化した」とか「パンデミックの最中に受けたサイバー攻撃のためにダウンした」などと矛盾した答えを繰り返した。言うまでもなく、2019年9月時点でパンデミックは発生していない。

 研究所は、中国人民解放軍とともに、生物兵器につながる秘密の研究をしてきた一方、安全性に重大な懸念があり、米外交官は国務省に技術者の訓練不足などを懸念する電報を送っていた。報告書は以上から「2019年9月12日以前のどこかで流出が起きた」と推測している。



地道な検証作業が実を結んだ
 すると、何が起きたか。

 報告書は、ボストン大学やハーバード大学の研究者たちによる調査に注目した。彼らは衛星画像を基に19年9月と10月、武漢にある6つの病院のうち、5つの病院の駐車場が他の平均的な日に比べて、非常に混雑していたことを突き止めた(https://dash.harvard.edu/bitstream/handle/1/42669767/Satellite_Images_Baidu_COVID19_manuscript_DASH.pdf)

 さらに、研究者たちは中国の検索エンジンである「バイドゥ」で「咳」と「下痢」が武漢でどれほど検索されていたか、を調べた。その2語は、同じ9月と10月にピークに達していた。「新型コロナと同じ症状の病気が武漢で広がっていた」状況を示唆する有力な証拠である。

 衛星画像や検索エンジンを調べて、感染状況を観察するとは、素人には思いもよらない方法だ。犯罪捜査でいう「デジタル・フォレンジック(法医学)」の手法に近い「デジタル疫学」と言ってもいい。

 2019年10月18日から武漢で「大イベント」が始まった。第7回軍事スポーツ世界大会(MWGs)である。これは「軍人のオリンピック」だった。世界109カ国から9308人の選手が集まり、27種類の329競技で競った。中国政府は23万6000人のボランティアを募り、90のホテルを用意した。

 参加したカナダの選手は「街はロックダウン状態だった。私は到着後、12日間、熱と悪寒、吐き気、不眠に襲われ、帰国する機内では、60人のカナダ選手が機内後方に隔離された。私たちは咳や下痢などの症状が出ていた」とカナダ紙に証言している。

 報告書は、この大会が「新型コロナを世界に広げた原因」とみている。競技会場も、6つの病院も、さらには大会参加後に体調不良を訴えた選手がいた場所も、すべて武漢ウイルス研究所の周辺に位置していた。

 報告書は参加国のうち、イタリアとブラジル、スウェーデン、フランスの4カ国について、具体例を示しながら「2019年11月から12月にかけて、国内での感染発生を確認した」と記している。帰国した選手から感染が国内に広がったのだ。




中国による、必死の「隠蔽工作」
キクガシラコウモリ[Photo by iStock]

 一方、武漢ウイルス研究所は石氏を中心にして、2013年からコロナウイルスを抽出する研究が始まっていた。6月25日公開コラムで書いたように、研究資金の一部は米国の国立衛生研究所(NIH)や国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)から、ニューヨークの非営利団体であるエコヘルス・アライアンスを通じて、武漢ウイルス研究所に流れていた(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/84497)

 報告書は「石氏とその仲間は、米国の資金とピーター・ダスザック氏(注・エコヘルス・アライアンス代表)の支援を得て、パンデミックが始まる前の2018年から19年にかけて、コロナウイルスを遺伝子的に操作し、ヒトの抗体システムに試す実験を盛んに行っていた」と記している。米国納税者の資金が中国の生物兵器研究に使われていたのである。

 石氏は感染が広がり始めると、研究所の関与を隠蔽する工作に関わった。最初の試みは、2020年1月20日に科学専門誌「ネイチャー」に発表した論文である(https://www.nature.com/articles/s41586-020-2012-7)

 石氏は、論文で「雲南省の洞窟にいるキクガシラコウモリから抽出された『RaTG13』というウイルスが、新型コロナウイルスの遺伝子配列と96.2%同じであり、もっとも近い」と主張した。つまり「RaTG13こそが、新型コロナは自然由来であることを示す証拠」と指摘したのだ。

 ところが、この論文が墓穴を掘ってしまう。

 RaTG13について、専門家から多くの疑問が指摘され、彼女は10カ月後の20年11月17日、同じネイチャー誌で「RaTG13は、実は2012年から13年にかけて採集した『ID4991』というウイルスだった。また、完全な遺伝子配列が得られたのは、最初の論文に書いた2020年1月ではなく、2018年だった」と修正した(https://www.nature.com/articles/s41586-020-2951-z)

 彼女の主張が真実かどうか、は分からない。なぜなら、彼女は「ウイルスのサンプルはすべて使い果たした」と言っており、データベースのダウンで外部からは検証不能であるからだ。報告書は「なぜ、彼女はウイルスの名前を変えたのか」「なぜ、遺伝子配列の取得時期を偽ったのか」と疑問を投げている。

 その答えは「2018年時点でID4991=RaTG13を発見していたとなれば、それに人工的な遺伝子操作を加えて、新型コロナウイルスを作っていたのではないか」という疑問が直ちに生じてしまうからだろう。報告書は、こう指摘している。

----------
〈RaTG13と新型コロナの最大の違いはスパイク・プロテインであり、それこそ武漢ウイルス研究所が何年もの間、さまざまなコロナウイルスを改変しようとしていた部分だ。さらに、研究者たちはウイルスの名前を変え、遺伝子配列が得られた時期についても、嘘をついていた。そうした事実に照らして、新型コロナが遺伝子操作で作られたのだとすれば、ID4991=RaTG13こそが新型コロナの源(a source of genetic material)でありうる〉


もう、言い逃れできなくなった
 論文の修正を迫られて以降、石氏は「支離滅裂状態」になっていく。

 たとえば、2020年夏の中国国営テレビとのインタビューでは「我々のウイルス研究はすべて記録が残されており、だれでもチェックが可能だ」と語った。だが、実際には先に書いたように、データベースに外部からアクセスできない。

 2021年6月のニューヨーク・タイムズとのインタビューでは「私の研究所では、ウイルスの機能を高める『機能獲得』研究をしたことがない」と語った(https://www.nytimes.com/2021/06/14/world/asia/china-covid-wuhan-lab-leak.html)。これも、いまとなっては「真っ赤な嘘」であるのは明らかだ。

 詳細は省くが、報告書は、武漢ウイルス研究所で「2005年以来16年間にわたって、石氏がダスザック氏とともに行ってきたコロナウイルスに関する研究」の足跡を、論文を紹介しながら、綿密に辿っている。そこでは、少なくとも2015年以降、まさに機能獲得研究が行われていた。

 同じインタビューで、石氏は2019年秋に武漢ウイルス研究所の研究者が体調を崩した件を問われて「そんな事例はなかった」と否定した。これも、7月30日公開コラムで書いたように、ウォール・ストリート・ジャーナルの報道と米国務省の報告、さらにはWHO調査団に対するオランダのウイルス学者の証言で「事実」と確認されている(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/85677)

責任の追及は、まだまだ続く
米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長[Photo by gettyimages]

 これで、もうお分かりだろう。

 新型コロナは、石氏らが雲南省の洞窟で採取したコウモリの糞などから抽出したウイルスを人工的に操作して、生み出した。その研究には米国の納税資金が使われていた。ウイルスは「2019年9月初めごろ、誤って流出したと判明した」。それが軍人オリンピックを経て、世界的なパンデミックを引き起こしたのである。以上が報告書の結論だ。

 報告書は、さらに真相を究明するために、ダスザック氏を議会に召喚するよう要求した。先週7月30日公開のコラムで書いたように、ダスザック氏と連携していたNIAIDのアンソニー・ファウチ氏も共和党議員によって、司法省に犯罪照会されている。

 ジョー・バイデン大統領が米情報機関に指示した「武漢ウイルス研究所からの流出説」を含めた調査報告の提出期限は、8月24日に迫っている。大統領がどんな報告を受け取るのか。ここで紹介した共和党の報告書が大きな影響を与えるのは、間違いない。

長谷川 幸洋(ジャーナリスト)



----------


●「米情報当局、中国武漢研究所のウイルス極秘データ入手した」
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.08.06 15:042 글자 작게
글자 크게
米国情報当局が中国武漢研究所のウイルスサンプルの遺伝子データを入手して分析中だと米CNNが5日(現地時間)、報じた。今回の分析で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の武漢研究所起源説を裏付ける証拠を探し出せるかがカギだ。

CNNはこの件に精通した複数の消息筋を引用して最近米情報機関が武漢研究所で扱ったウイルスサンプルの膨大な遺伝子データを入手したと伝えた。情報分析のためにエネルギー省傘下の国立研究所のスーパーコンピュータと政府研究機関17カ所を動員している。多く量の専門的資料を分析しなければならず、中国語が可能な専門家が参加しなければならないだけに容易ではない作業という。

今回の分析で新型コロナウイルスの実験室流出の有無など伝染病起源の糸口を突き止めることができるだろうと研究陣は期待している。米情報当局がいつ、どのような方法で武漢研修所の遺伝データを入手したのかは明らかにされなかった。ただし、ある消息筋はCNNに「武漢研究所のウイルス遺伝子情報を生成して処理する装置は通常外部のクラウド基盤コンピュータサーバーに接続されている」と話した。ハッキングを通した情報入の手可能性があるということだ。

米政府内外では中国武漢研究所で研究されていた2万2000種のウイルスサンプルとその遺伝子情報を入手するために努力してきた。しかし2019年9月、中国当局は関連情報をインターネットから削除し、中国は初期新型コロナ感染事例に対する情報とその他原始データを世界保健機関(WHO)に渡さないでいる。

ただし米政府の今回の研究は新型コロナの武漢研修所起源説を確定することよりも事実の有無に対する科学的究明を行うためだとCNNは伝えた。

新型コロナ発生したばかりのころ、トランプ米政府と一部共和党員は武漢研究所起源説に何度も言及していた。反面、多くの科学者は動物による自然由来説のほうを有力視してきた。しかし、動物→人間に伝染する過程は依然と明らかにすることができないでおり、宿主動物も不明な状況だ。

民主党はパンデミック序盤、武漢研究所起源説にそれほど信憑性を付与するような雰囲気ではなかった。最近、客観的な究明を掲げて本格的な研究に入ったジョー・バイデン政府の態度は慎重だが確実に変化した温度の違いを反映する。

今回の研究は、バイデン大統領が5月末に新型コロナの起源を究明するために情報機関に90日間の追加調査を指示したことに伴うものだ。

これに先立ち、バイデン大統領は3月にジェイク・サリバン国家安全補佐官に新型コロナ起源分析報告書を準備するよう指示した。2カ月後に提出された報告書には自然由来説と実験室流出説の2つのシナリオがどちらも含まれていたという。バイデン大統領は「確実な結論に到達するには情報が不充分」とし「追加分析が必要だ」と指示した。

関連記事
「新型コロナ、武漢の実験室から出てきた証拠3つ」…中国の学者が論文発表
素手でコウモリを触っていて噛まれ…削除された中国武漢研究所の映像が公開
中国学者「コロナ、武漢研究所で生まれた…科学的証拠をまもなく公開」
フェイスブック、今後「新型コロナ武漢実験室起源説」削除しない
中国第2世代ステルス戦闘機FC−31、武漢模擬訓練所で確認される



●中国専門家「北京ウイルス、武漢より強力」…WHO「原因、追加調査の必要」
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.16 14:520 글자 작게
글자 크게

新型コロナ
中国の首都・北京の新発地農水産物卸売市場から始まったコロナ拡大傾向が尋常でない。

16日、中国国家衛生健康委員会によると、北京では新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者が14日36人に続き15日にも27人発生した。これにより北京感染者は今月11日に初めて発生してから5日で100人以上となる106人を記録した。

このような北京内の集団感染(クラスター)をめぐり、世界保健機関(WHO)も「重要な事件(significant event)」と評した。また、中国内部では「武漢ウイルスより伝染力が高い」という懸念が出てきた。

16日(現地時間)、CNNなど外信によると、WHOで緊急事態対応を統括しているマイケル・ライアン氏は15日、スイス・ジュネーブのWHO本部で開かれた記者会見で「(北京で)50日以上地域感染事例が報告されていなかったが、集団感染が発生したことは懸念される」と話した。続いて「そうした点で大きなニュースだ。重要な事件」としながら「原因に対する追加調査が必要だ」と明らかにした。

ライアン氏は特に「北京は大都市で、アクセシビリティが良い都市という点が心配だ」としながら「状況を注視している」と伝えた。その一方で「感染原因に対する調査は中国当局が主導しなければならない」としながら「ただし、関連情報を国際社会に提供していくようにしたい」と付け加えた。

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長も「成功的な統制能力を見せた国でも新型コロナが再発する場合がある」とし、各国政府に警戒心を緩めないよう呼びかけた。

中国では北京新発地農水産物卸売市場で見つかったコロナウイルスがコロナ事態の震源地である武漢華南市場で見つかったものより感染力が高いという専門家の警告が出てきた。

15日、環球時報によると、武漢大学医学部ウイルス研究所の楊占秋氏は「北京の市場で見つかったウイルスは武漢華南市場から出てきたウイルスに比べて強力だ(it is stronger than that of Wuhan)」と話した。

楊氏は北京新発地市場では4日間で79人の感染者が出てきた点を根拠に挙げた。武漢華南市場では昨年12月末から今年1月17日まで62人の感染者が発生した。だが、北京はこれよりも速いペースで拡散しているというのが楊氏の説明だ。

楊氏は北京と武漢の状況を比較して「ウイルスは人を通じて伝染して強くなったり弱くなったりもする」と話した。あわせて「今回の新発地市場で見つかったコロナウイルスの感染力は武漢華南市場を超えたと考えられる」と強調した。

続いて「もし新発地市場で見つかったウイルスが変異したものなら、新型コロナ治療剤とワクチン開発がさらに困難になるだろう」と懸念を示した。

関連記事
中国の教授「コロナ、武漢市場近くの実験室から流出」
「武漢肺炎、初期からウソ」…信頼危機に直面した中国政府
日本人「二次感染」のミステリー…接触者の中で武漢肺炎の患者はいなかった
韓国とは違ってあまりにも静かだった日本の武漢国民輸送作戦初日
武漢と友好都市の日本大分「頑張れ!」…韓国でもマスク寄付運動、続々と







●中国研究チーム、コウモリから新たなコロナウイルスを複数発見
2021.06.11 Fri posted at 19:31 JST

Shutterstock
Shutterstock

(CNN) 中国の研究チームは10日、南西部の雲南省でコウモリから新たなコロナウイルスを複数発見したと明らかにした。この中には、新型コロナウイルス感染症を引き起こすウイルス「SARS―CoV―2」に現時点で遺伝的に2番目に近い可能性があるウイルスも含まれる。

発見場所は雲南省内の単一の狭い地域。研究チームによると、今回の結果はコウモリの体内に何種類のコロナウイルスが存在し、何種類が人間に感染する可能性があるのかを示すものだという。

山東大学のウェイフェン・シー氏らは2019年5月〜20年11月、森林に生息する小型コウモリからサンプルを収集。ふんや尿を検査したほか、コウモリの口からも綿棒で検体を採取した。

その結果、「SARS―CoV―2のようなコロナウイルス4つを含む、計24の新たなコロナウイルスゲノムを複数種のコウモリから収集した」という。研究結果は生物学誌「セル」に発表された。

4つのウイルスのうち1つは、現在のパンデミック(世界的大流行)を引き起こしているSARS―CoV―2に遺伝的に非常に近かった。このサンプルは「RpYN06」と呼ばれ、馬蹄形の鼻葉(びよう)を持つチビキクガシラコウモリから採取された。

RpYN06は今回のサンプルの中でSARS―CoV―2に最も近い株とみられるが、ウイルスが細胞に結合する時に使う「スパイクたんぱく質」には遺伝的な違いがあった。

研究者らは現在、SARS―CoV―2がどこから来たのか解明を試みている。コウモリが感染源となった可能性が高いものの、人間に感染する前に中間宿主の動物を介していた可能性もある。02〜04年に猛威を振るった重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスについては、ジャコウネコ(ハクビシン)が宿主になったと見られている。

今回のサンプルの大半はキクガシラコウモリ科コウモリの複数の種から採取された。17年に雲南省の洞窟で行われた調査でも、SARSウイルスに遺伝的に非常に近いウイルスがキクガラシコウモリ科コウモリの体内で見つかっていた。

新型コロナウイルス禍の起源を巡っては議論があるが、世界保健機関(WHO)の報告書では動物が感染源となった可能性が高く、おそらくコウモリが感染源になったと指摘している。

人々はコウモリを捕らえて食べ、またコウモリから感染しうる他の動物を捕らえて食べている。そうした動物を処理する際に人にウイルスが感染する可能性がある。







●「新型コロナ、武漢の実験室から出てきた証拠3つ」…中国の学者が論文発表
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
2020.09.16 12:01
1
新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

中国出身のウイルス学者閻麗夢博士が新型コロナウイルスは中国・武漢の実験室で人為的に作られたという主張を裏付ける科学的根拠を盛り込んだ論文を14日に開放型情報プラットフォーム「Zenodo」を通じて発表した。

閻博士はこれに先立ち11日に英ITVのトークショーとのインタビューで、「新型コロナウイルスが武漢の実験室で作られたことを立証する科学的根拠を中国疾病統制センター(CDC)と現地の医師らから得ており、近く公開する」と明らかにして注目された。公開を予告してから3日ぶりに閻博士は同僚科学者3人とともに作成した論文を出した。ただし今回の論文は国際学術誌に発表される論文のように他の学者の検証を経たものではない。

閻博士チームが出した論文の題名は「自然な進化というより実験室で精巧に操作されたということを提示するSARS−CoV−2(新型コロナウイルス)の平凡でない特徴とSARS−CoV−2(新型コロナウイルス)の合成方法の推測」だ。

遺伝子分析結果などを根拠に論文が主張する核心内容は大きく2種類だ。まずコロナウイルスは自然的に発生するウイルスと一致しない生物学的特性を見せる。また、コウモリコロナウイルスを基に6カ月以内に人為的に作り出すことができるということだ。

◇「中国の研究所のウイルスと遺伝子類似」「受容体結合部位を操作」

閻博士は主張に対する科学的根拠として3種類を提示した。最初に、新型コロナウイルスの遺伝子塩基配列が中国重慶市第三軍医大学の軍事研究所と中国南京市南京司令部の医学研究所で発見されたコウモリコロナウイルス(ZC45、ZXC211)と疑わしいほど似ている。論文によるとこの2カ所では2015年と2017年にコウモリコロナウイルスが見つかっている。

2番目に、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質で人体細胞の受容体と結合する役割をする部位(RBM)が2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスと似ていた。また、この部位が遺伝的に操作されたという証拠が遺伝子に現れた。

スパイクタンパク質とはウイルス表面に突起状に飛び出してきたタンパク質で、コロナウイルスはこのスパイクタンパク質を通じて人体細胞の受容体と結合する。

3番目に、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質にはフーリン分離部位というウイルス感染力を高める部位がある。ところがこの部位は自然に現れる同じ系統のコロナウイルスでは全く見つけられない。

この分離部位の特異な塩基配列は、この部位が単純に動物間での伝達や再調合を通じた自然な進化の結果ではないという点を示す。新型コロナウイルスに人為的に挿入された可能性が大きいということだ。

◇「コロナウイルス、6カ月あれば作れる」…論文検閲も主張

論文にはコウモリウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子比較分析結果も載せられた。閻博士チームは3つの科学的根拠に基づき5段階にわけて新型コロナウイルスを人為的に作る方法を提示した。各段階は少ないもので15日から長いものでは3カ月ほどかかり、6カ月でウイルスを作ることができると論文は主張した。

閻博士は香港大学に在職しながら新型コロナ流行の初期研究を遂行した。閻博士はこれに先立ち新型コロナウイルスのヒト感染の可能性を中国政府が公式発表する少なくとも3週間前にすでに知っていたと暴露した。また、昨年末には中国本土にいる同僚学者からヒトへの感染事例に対する情報を確保し、研究結果を大学研究所の責任者に報告したが黙殺されたと主張した。閻博士はこうした暴露により身辺への脅威を感じ、4月に香港を離れ米国に逃避した状態だ。

閻博士は論文で「新型コロナウイルスが研究実験室から出た可能性もあるという理論は同僚が検証する学術誌で厳しく検閲された」と主張した。

◇自然発生裏付ける論文複数あるが…「信頼しがたい」

だが科学界では新型コロナウイルスが自然発生したという理論が広く受け入れられている。遺伝子分析などを根拠にこれを裏付ける論文も複数出ている。

別の科学者は15日、デイリーメールとのインタビューで閻博士の論文に対し否定的な見方を出した。微生物発病学専門家であるアンドリュー・プレストン博士は「同僚学者の検討がされていない論文の立証されていない主張を考慮すると、現在の状態ではなんの信頼も持って見られない」と話した。

保健専門家である英サウサンプトン大学のマイケル・ヘッド博士は「新型コロナウイルスが実験室で作られたものではないという点を明確に示す論文がすでに同僚の検証を経て出されている。(閻博士の論文は)これまでの研究を凌駕するどのようなデータも明確に提供していない」と評した。

武漢ウイルス研究所も4月に「研究所スタッフのうちだれも新型コロナウイルスに感染した人はおらず、実験室のセキュリティレベルは最高水準だ」として疑惑を強く否定した。

だが新型コロナウイルスの起源をめぐる論争は続くものと予想される。新型コロナウイルスが全世界を襲って9カ月が過ぎたがウイルスが動物からヒトに広がるまでにどのような中間宿主を経たのか正確に明らかになっていないためだ。

新型コロナウイルスの起源を調査するとして7月に中国に行った世界保健機関(WHO)の専門家チームは事前調査という理由で発生地の武漢は訪問せずに帰ってきた。WHOの起源調査の目的も新型コロナウイルスが動物からヒトにどのように感染したのかであり、どんな種が関与したのかを確認することだ。

posted by グリーン at 22:29| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月16日

小山田圭吾氏障がい者いじめ問題  The problem of bullying of people with disabilities caused by Mr. Keigo Oyamada


ネット上の記事はしばらくすると消えてしまうことが
多いので、自分が興味を引かれた記事をここに
自分用の記録(備忘録)として保管しておきます。




>小山田圭吾氏障がい者いじめ問題、The problem of bullying of people with disabilities caused by Mr. Keigo Oyamada


更新日 2021年7月24日









●「小山田圭吾」騒動で、飛び火した人、炎上した人、株を上げた人…
2021/7/24(土) 15:02配信

253
この記事についてツイート
この記事についてシェア
FRIDAY
専門家が考察する「炎上」と「謝罪」
小山田圭吾さんがいじめを告白した記事を掲載した、1994年1月発行の音楽誌『ロッキング・オン・ジャパン』(写真:共同通信)

7月14日、東京オリンピックまであと10日もないというのに、組織委には激震が走ったことだろう。満を持して発表した開会式の作曲担当である小山田圭吾氏が、あろうことか25年以上も前の記事が原因で炎上したのだ。

【画像】アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される

問題となったのは『ROCKIN’ON JAPAN(1994年1月号)』と、翌年『Quick Japan(95年vol.3)』に掲載された“いじめ告白”インタビュー記事だ。

本誌をふくめて多くのメディアが“いじめ告白”と柔らかい表現で報じているが、中身は障害者である同級生を全裸にしたり、排泄物を食べさせたり、人前で自慰をさせたりと犯罪そのもの。それを自慢気に語っていた口調だったことから、“障害者いじめ自慢”として多くの国民から「ノー」を突きつけられた格好だ。

これに対し、組織委は当初「現在は高い倫理観を持っている」などと小山田氏を擁護し、小山田氏自身も反省文をTwitterにアップするなどして消火に務めたが、炎上は収まらず、結局は炎上から5日後の19日に辞任することとなった。

小山田氏は過去にこの問題で何度も批判が繰り返されており、同氏がEテレで音楽を担当しているNHKでは、『デザインあ』放送開始後の2011年と17年に視聴者からも問い合わせがあったほどだという。

しかし、所属事務所が「本人が反省している」と釈明したため、問題にはしなかったという。このようにして小山田氏は内々には反省の意を示しつつも、それを公の場で発表することはなかったようだ。

さて、そうやって過去の炎上を謝罪しなかった結果、何が起きたのかを振り返ってみたい。

◆各出版元が謝罪を発表

まずは問題のインタビューを掲載した各出版元が謝罪することとなった。

『ROCKIN’ON JAPAN』出版元のロッキング・オン・ジャパンは、当時のインタビュアーを務め現在は編集長である山崎洋一郎氏が謝罪文を公式サイトで発表した。

続いて『Quick Japan』出版元の太田出版も謝罪文を岡聡社長の名義で発表した。

問題の記事を掲載していた出版社が謝罪するのは当然のことと言えるが、今回の炎上では別の会社も謝罪している。それがシンコーミュージック・エンタテイメントだ。

同社は月刊音楽誌『GiGS(ギグス)』の1996年2月号に掲載されていた小山田氏のインタビュー記事に「倫理観に欠ける不適切な表現があった」として謝罪した。

炎上の原因となった障害者いじめ自慢のような内容ではなかったものの、火が燃えうつってくる前に手を打った形だと言えるだろう。

もしかしたら、もう2、3社、不適切な記事が掲載されていたとして謝罪する出版元が出てくるかもしれない。

◆小山田氏の音楽はテレビで放送できない状態に

続いてはテレビへの影響だ。前述のNHKのEテレ『デザインあ』にくわえて、同『JAPANGLE』も小山田氏が楽曲を担当していたため20日の放送が見合わせとなった(別の番組へ差し替え)。

また、テレビ東京系連続ドラマ『サ道 2021』も小山田氏が主題歌を担当していたため、こちらは主題歌の差し替えが行われることとなった。

もはやしばらくは小山田氏の楽曲はテレビで流せない状況だ。

◆小山田氏を擁護した知人も炎上

そして小山田氏炎上の影響は本人だけにとどまらない。2人の知人も炎上している。

ひとりは小山田氏が所属するバンド『METAFIVE』のメンバーで、NHKのEテレ『ムジカピッコリーノ』音楽監督のゴンドウトモヒコ氏だ。

ゴンドウトモヒコ氏は小山田氏の1回目の謝罪文に対して、「偉いよ小山田くん。受け止める。いい音出してこう!!!!!寧ろ炎上なんか〇〇喰らえ。」と擁護する引用リツイートをして、炎上した。

とくに「〇〇喰らえ」の部分は、炎上の原因となった障害者いじめのなかに「排泄物を食べさせる」という内容があったため、「あれをかばうのか」とゴンドウ氏自身も批判されることとなった。

その後、ゴンドウトモヒコ氏は「余計な一言のために油に火を注ぐようなことをして大変申し訳ありませんでした(原文まま)」と謝罪した。

もうひとりは小山田氏のいとこである田辺晋太郎氏だ。田辺氏は小山田氏の辞任を発表するニュースを取り上げ、「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」とTwitterでコメントした。もちろん炎上した。

この件では本人が炎上するだけではなく、過去に田辺氏を広告に起用していたヤマサ醤油が、同社サイトに田辺氏を掲載したコンテンツが残っていたことを理由に「ご不快な思いやご懸念を抱かせてしまったことにお詫び申し上げます」と謝罪。

さらには田辺氏と業務委託契約を締結しているサンミュージック出版も批判を受け、謝罪することとなった。

両者ともに「油に火を注ぐ」かたちで自ら燃えにいき、関係者にも迷惑をかけた格好だ。

◆延焼に次ぐ延焼

小山田氏の炎上はこれで決着かと思いきや、五輪の参加メンバーにも延焼している。

同氏の辞任が決まったあと、東京五輪の公式文化プログラム「東京2020 NIPPONフェスティバル」に絵本作家ののぶみ氏が参加しているとネットで騒ぎとなったのだ。

のぶみ氏は不良グループ池袋連合の総長を務めたことがあり、逮捕歴も過去33回あると豪語している人物だ。

そんなのぶみ氏の東京五輪への参加がわかりネットユーザーは騒然としたが、炎上レベルにまで批判が広まる前に同氏は自ら辞任して幕を引いた。組織委よりかなりリスクマネジメント能力が高いと言えそうだ。

◆謝罪は早い方が得をする

今回の小山田氏の炎上の事例は、これまでに何度も謝罪する機会があったにもかかわらず、それを放置した結果、東京五輪という晴れ舞台が台無しになったというものだ。

自分が批判されるだけならまだしも、関係各社にも迷惑がかかっていることを考えると、炎上は小さいうちに急いで消火した方がお得と言えるだろう。

今回の事例でも、契約が過去のものであっても騒がれる前に謝罪したヤマサ醤油には、評価の声が挙がっている。

とくに謝罪文のなかで「弊社は『公正・公平であること』を企業行動規範に掲げており、あらゆる差別やいじめ、虐待などの人権侵害について、これを容認するものではありません。」と、小山田氏のいじめを否定したことは世間からの評判が良い。

炎上はそもそもしないようにすることが何よりも重要だが、してしまった場合の対応速度の違いで被害の大きさが変わることを著名人や企業は肝に銘じておいた方が良いだろう。

文:篠原修司
1983年生まれ。福岡県在住。2007年よりインターネットを中心とした炎上事件やデマの検証を専門にフリーランスのライターとして活動中。

FRIDAYデジタル





●小山田圭吾辞任で「挑発」田辺晋太郎氏を監修起用 ヤマサ醤油が謝罪、人権侵害「容認しない」
2021/7/20(火) 14:50配信

863
この記事についてツイート
この記事についてシェア
J-CASTニュース
「肉マイスター」の田辺晋太郎氏(2016年撮影)

 「肉マイスター」で音楽プロデューサーの田辺晋太郎氏が東京五輪・パラリンピックに関連してツイッターに投稿した内容が物議を醸した件で、田辺氏を商品監修に起用していたヤマサ醤油(千葉県銚子市)は2021年7月20日、公式サイト上に声明を発表した。6月末で田辺氏との契約は終了しているが、サイト上に同氏が登場するコンテンツが一部残っていたとして「ご不快な思いやご懸念を抱かせてしまったことにお詫び申し上げます」と謝罪した。

ヤマサ醤油の発表

 田辺氏は、東京五輪・パラリンピック開会式の楽曲担当の辞意を表明した小山田圭吾氏のいとこ。小山田氏が辞任したことを受けて、世間の声に対して挑発的とも取れるツイートをし、のちに削除のうえ謝罪していた。

■「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」

 過去の雑誌インタビューでの「いじめ告白」が物議を醸していたミュージシャンの小山田氏は19日、東京オリンピックの開会式の音楽担当を辞任した。いとこの田辺氏はツイッター上で、このニュースを引用しながらこう述べた。

「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」

 批判のコメントが寄せられると、ツイートを削除し「先程は辞任の速報を受け、取り乱して不適切な投稿をしてしまいました。ご不快な思いをされた方に対し謹んでお詫びすると共に猛省しております。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。その後、ツイッターアカウントは削除されている。

 その間SNS上では、田辺氏を商品監修に起用したヤマサ醤油にも批判の矛先が向いた。田辺氏が自身のプロフィールに「『ヤマサ肉鍋つゆシリーズ』等の製品開発も行う」と記載していたためだ。

 これを受けてヤマサ醤油は20日、公式サイト上で「この度の田辺晋太郎氏のSNS上の発言について」という記事を公開した。

「ご不快な思いやご懸念を抱かせてしまったことにお詫び申し上げます」
 ヤマサの発表によれば、「肉鍋つゆ」シリーズの監修を行った肉マイスター・田辺氏との契約は、21年6月30日に終了しているという。また同氏が監修した商品については既に終売しており、新商品「うま肉鍋つゆ」シリーズについては田辺さんの監修を受けていないという。

 一方で公式サイト上には、新商品と旧商品の入れ替え作業中で、田辺氏の登場するコンテンツが一部残っていたとして、

「ご不快な思いやご懸念を抱かせてしまったことにお詫び申し上げます」

と謝罪した。

 そして最後に、人権侵害を容認しないという考えを次の通り示した。

「弊社は『公正・公平であること』を企業行動規範に掲げており、あらゆる差別やいじめ、虐待などの人権侵害について、これを容認するものではありません」


記事にリアクションしてみませんか?

246
学びがある
953
わかりやすい
337
新しい視点
【関連記事】
小山田圭吾、『月刊カドカワ』でもいじめ自慢 「小学校人生全部をかけて復讐した(笑)」
本田圭佑、「若者の自殺」に「他人のせいにするな」 米津玄師「言ってることがよくわからない」
「だから『いじめられている人にも原因がある』って俺は言います」 朝倉未来、2度の持論に賛否両論
壇蜜が激ヤセ?聖火ランナー姿に騒然 心配の声相次ぐも、実は...
「牛乳石鹸」広告が炎上、「もう買わない」の声 「意味不明」「ただただ不快」批判殺到
最終更新:7/20(火) 15:04
J-CASTニュース





●辞任の小山田圭吾に極悪前科 今度は重病患者を嘲笑インタビュー
2021/7/20(火) 11:30配信

2410
この記事についてツイート
この記事についてシェア
東スポWeb
病室で爆音を轟かせていたという小山田

 遅すぎた辞任…。東京五輪・パラリンピックの開会式の楽曲担当を務めていたミュージシャンの小山田圭吾(52)が19日に辞任したことに多くの国民が胸をなでおろしている。それだけ小山田が障がい者の同級生をいじめていたというインタビューはインパクトが大きかった。実はほかにも不謹慎エピソードはあり、これ以上、職にとどまるのは限界だった。

【写真】お気に入りの帽子を被ってクールに演奏する小山田圭吾

 「この度の東京2020オリンピック・パラリンピック大会における私の楽曲参加につきまして、私がご依頼をお受けしたことは、様々な方への配慮に欠けていたと痛感しております」

 19日午後7時10分に小山田はツイッターを更新し、楽曲担当を辞任することを表明した。

「関係各所にて調整をさせて頂き、組織委員会の皆様へ辞任の申し出をさせて頂きました。皆様より頂きましたご指摘、ご意見を真摯に受け止め、感謝申し上げると共に、これからの行動や考え方へと反映させていきたいと思っております。この度は、誠に申し訳ございませんでした」

 小山田が辞任するとの観測が流れたのは午後7時前のこと。都政関係者は「すでに小山田氏が作曲した曲はあるはずですが、それがどうなるかは分かりません。後任がいるのかも関係部局から教えられていない。すべて組織委員会マターになります。とにかく小山田氏が役職を外れることは確かです」と突然の報に驚くばかりだった。

 その後、組織委が会見し、「小山田氏の楽曲については開会式では使用しない」と断言したが、その分をどうするかは早急に検討するという。また、パラリンピックの開会式の担当についても、小山田を交代させることを明らかにした。

 そもそも楽曲担当を務めることが明らかになったのは14日。直後に過去の雑誌インタビューで障がい者へのいじめ自慢を行っていたことがネットを中心に拡散され、メディアも取り上げ始めた。16日になって小山田はツイッターで謝罪文を公表。辞任はしなかった。

 ところが、海外メディアまで報道しだしたことで万事休す。加藤勝信官房長官は19日の記者会見で「大会組織委員会が適切に対応することが重要だ」と突き放した。組織委員会は同日、高谷正哲スポークスパーソンが「開会式の準備における小山田氏の貢献は大変、大きなものであり、開会式に向けて引き続き最後まで準備に尽くしていただきたい」と述べるなど、最後まで抗った≠ェ、結局持たなかった。

 実は問題となったいじめ自慢インタビューのほかにも、小山田には前科≠ェあった。1996年発売の「月刊ギグス」2月号(シンコーミュージック・エンタテイメント)のインタビューで、「フリッパーズ・ギター」としてデビューする直前の出来事として、入院した時の話をしていた。友人と一緒になって病室でギターを弾いて騒いでいたという。

「ふたりとも寝ないから、夜中にガンガンやってると、癌の末期患者の人とかの呻き声が『ウーッ』とかって聞こえて来る(笑)」と、なぜか末期がんの人を笑う。

 さらに、「機械につながってるんだよ、そういう人とかって。『ピーン、ピーン』とかいう機械みたいなのがあって、夜中に『ピー!』とかって音が反応するの(笑)。それで『ああ、今日もまたひとり死んだ』とか言って(笑)。『夜中にあんたたちがギター弾いているからだ』って看護婦さんに怒られた(笑)」と死の瞬間も笑っていたという。

 小山田はこのエピソードを「心暖まる話だよね」と語りだす露悪性も発揮していた。いじめや障がい者差別ではないが、高齢者や病気の人へのいたわりはない。

 ほかにもこんなインタビューが出てきたらと思うと、開会式前になるようになったことはよかったのかもしれない。

東京スポーツ


記事にリアクションしてみませんか?

1,677
学びがある
5,235
わかりやすい
2,346
新しい視点
【関連記事】
カズレーザーが小山田圭吾のいじめ問題で指摘「これは過去が叩かれてるわけじゃないです」
安田美沙子 夫の浮気で車イス生活に
竹内結子さんはここ数年で「人が変わった」
小山田圭吾辞任で頭を抱えるNHK・Eテレの子ども向け「名物番組」
小山田圭吾のいとこ謝罪 辞任発表に「正義を振りかざす皆さん、良かったですねー!」ツイート
最終更新:7/20(火) 16:21
東スポWeb




●ヤマサ醤油、小山田圭吾氏のいとこ田辺晋太郎氏の発言炎上で謝罪
7/20(火) 15:19配信


この記事についてツイート
この記事についてシェア
日刊スポーツ
田辺晋太郎氏(2012年9月撮影)

ヤマサ醤油は20日、ミュージシャン小山田圭吾氏(52)のいとこで、ツイッターでの発言で批判を浴びている音楽プロデューサーで「肉マイスター」としても活動する田辺晋太郎氏(42)との契約がすでに終了しているとした上で、同氏の登場するコンテンツがホームページ上に一部残っていたことに「ご不快な思いやご懸念を抱かせてしまったことにお詫び申し上げます」と、公式サイトで謝罪した。

【写真】小山田圭吾氏(06年10月)

同社は「この度、『肉鍋つゆ』シリーズの監修を受けた、肉マイスターの田辺晋太郎氏のSNS上での発言について、弊社にも多数のご意見を頂戴しております」と言及し、「田辺晋太郎氏との契約は、本年6月30日に終了しており、これらの商品はすでに終売しております」と説明。

「現在、弊社のホームページでは、旧商品と新商品の入れ替え作業中で、田辺晋太郎氏の登場するコンテンツが一部残っておりました。ご不快な思いやご懸念を抱かせてしまったことにお詫び申し上げます」と謝罪し、「弊社は『公正・公平であること』を企業行動規範に掲げており、あらゆる差別やいじめ、虐待などの人権侵害について、これを容認するものではありません」とした。

田辺氏は19日、小山田氏が過去のいじめ告白問題で東京オリンピック(五輪)開閉会式の音楽担当を辞任すると発表したことを受け、「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」とツイートしたところ、批判が殺到し、「先程は辞任の速報を受け、取り乱して不適切な投稿をしてしまいました。ご不快な思いをされた方に対し謹んでお詫びすると共に猛省しております。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪していた。


記事にリアクションしてみませんか?

448
学びがある
1,598
わかりやすい
819
新しい視点
【関連記事】
小沢健二「どんな噂が出回っているのか、恐ろしい」
堀江貴文氏、小山田氏の辞任に私見「一生公の場では何もできなくなった」
みんなでプロレス技かけちゃって/小山田圭吾氏の障がい者いじめ告白
近田春夫「小山田圭吾あとは俺が引き受けた」岡崎体育「俺にやらせてくれ」
絵本作家のぶみさん出演辞退「ご本人のご意思」五輪・パラ文化プログラム
最終更新:7/20(火) 18:24
日刊スポーツ






●小山田圭吾さん 五輪開会式の楽曲担当辞任 過去に同級生いじめ
2021/7/19(月) 19:11配信

406
この記事についてツイート
この記事についてシェア
毎日新聞
五輪マーク=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 23日に行われる東京オリンピックの開会式で楽曲を担当するミュージシャンの小山田圭吾さん(52)が、同級生をいじめていたとする過去のインタビューなどを巡る一連の騒動を受けて辞任する。ネット交流サービス(SNS)で炎上していた。19日に関係者が明らかにした。【円谷美晶】

【謝罪文を公表した小山田さんのツイッター】

 辞任を明らかにしたミュージシャンの小山田圭吾氏(52)が自身の短文投稿サイト「ツイッター」に投稿した全文は次の通り。

 この度の東京2020オリンピック・パラリンピック大会における私の楽曲参加につきまして、私がご依頼をお受けしたことは、様々な方への配慮に欠けていたと痛感しております。

 関係各所にて調整をさせて頂き、組織委員会の皆様へ辞任の申し出をさせて頂きました。

 皆様より頂きましたご指摘、ご意見を真摯(しんし)に受け止め、感謝申し上げると共に、これからの行動や考え方へと反映させていきたいと思っております。

 この度は、誠に申し訳ございませんでした。

 小山田圭吾 7月19日


記事にリアクションしてみませんか?

14
学びがある
36
わかりやすい
19
新しい視点
【関連記事】
 小山田さん起用「人選ミスにもほどが」 
小山田さん「深く後悔」 謝罪文全文
同級生が撃ち続けたエアガン、痛みすら感じず 被害男性の今
「最新スキャンダル」米でも相次ぎ報道
バッハ氏「感染改善で有観客」 尾身会長「普通の判断ではない」
最終更新:7/19(月) 19:41
毎日新聞




●2021/07/19(月) 18:57:19.82 ID:SvVnjB0r9
小山田圭吾氏(コーネリアス)の過去の「いじめ」が大問題になっている。
ネット上のソーシャルメディアでは、大大大炎上、大問題となっているのに、政治家や一般社会の動きは鈍いように見える。一部のテレビ番組で扱っている程度だ。
まるでネット空間(特にツイッター)だけで大騒ぎをしているみたいだ。これほど重要な、国の体面に関わる問題なのに。なぜだろうか。
私はその原因は「報道が、どこまで小山田氏が過去にしたことを、詳細に報道しているか否か」が大きいと思う。

(中略)

私が調べた時点で独自の記事を書いているのは、毎日・朝日・読売の3社だった。

毎日新聞は16日東京と大阪の朝刊で以下のように書いた。
◎小山田さんが通っていた私立小学校から高校で、障害者とみられる同級生2人をいじめていたと明かしたとされていた。
◎クイック・ジャパンの記事には「この場を借りて謝ります(笑)」との記述もあるが、笑いながら語ったと描写されている。

状況は比較的詳しく書かれているが、いじめの内容はほぼ無いに等しい。

朝日新聞の17日朝刊
◎小山田さんは1995年8月に出版された書籍で、「いじめ紀行」と題した企画に登場。
同級生をマットレスで巻いたり段ボールに閉じ込めたりしていじめたことや、障害者の特徴をあげつらって面白がっていた経験などを語っていた。

いじめの具体的な描写が載っている。しかし、人々に最も大きなショックを与えたと思われる内容は書かれていない。

読売新聞の17日夕刊
◎「学生時代のクラスメイトおよび近隣学校の障がいを持つ方々に対する心ない発言や行為」をしたことは事実であるとし・・・

具体的によくわからない。
ちなみに、毎日新聞は、今回の報道では特に頑張っている。
ネット版の情報も早かったし、G-Searchに登録されている「テレビ番組放送データ」(NHKは別)によれば、
11件中TBSが3件、毎日放送が3件と、毎日系が過半数の6件を占めている(その他、読売系3件、朝日系2件)。

■なぜ事実を書かないのか

このように、新聞に載っているのは、非常に婉曲的な表現だけである。
これしか知らない人は「まあ・・・何十年も昔の未成年の頃のことだし、謝っているんだし・・・」と思っても、無理はないのではないだろうか。
実際に小山田氏がインタビューで語ったことは、もっと凄惨な内容である。
なぜ、新聞は事実を書かないのだろうか。
一番に挙げられるのは、そういうものだと思われているからだ。
極端な内容や表現はできるだけ避ける。社会に与える影響やショックを考えてのことだ。新聞は社会の公器だからである。

それから、どのような記事でも、裏取り(事実確認)は必要不可欠であるが、ひどい内容だと一層慎重になる。
「こんなひどい内容、発表して、もし本当ではなかったらどうしよう」と怖くなる、というほうが近いかもしれない。

といって、雑誌じゃないので、情報は速く出さなくてはならない。裏をとる時間は今はない。となると、婉曲的に書いておけば、リスクは減る。

さらに率直に言うと、書きたくないというのもあるだろう。
汚い言葉やショックな内容は、書くのが嫌である。今回、あまりのひどい虐待に、読むのが苦痛だった人は多かったと思うが、書く方はもっと苦痛かもしれない。
私は前の原稿で、デンベレ選手の発言の翻訳で「くそ、この言語め」と書いたが、「くそ」ですら書くのに抵抗があった。
こんな下品な言葉を書いてもいいのだろうか、普段自分はそんな言葉遣いをしないのに、ましてや書くなんて・・・と思ったものだ。

このように、色々とまっとうな理由があるのだ。
しかし、それでも「これでいいのか」という疑問がわく。
今回の事件については、もうすでにネット上に、インタビュー記事ページの写真がでまわっていた。
これは十分な証拠ではないだろうか。もちろん、実物の雑誌を入手して確認するのが一番いいが・・・。

なによりも、多くの人が既に見て議論を戦わせているのに、新聞は相変わらず眠いような内容しか発表していないという状況は、どうなのだろうか。

(全文はソースにて)
https://news.yahoo.co.jp/byline/saorii/20210719-00248671







●小山田圭吾、東京五輪・パラリンピック開会式楽曲制作担当の辞意表明…過去のいじめ告白問題
2021/7/19(月) 19:20配信

0
この記事についてツイート
この記事についてシェア
スポーツ報知
オリンピックモニュメントと国立競技場

 東京五輪・パラリンピックの開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾が過去に雑誌のインタビューで学生時代のいじめについて告白したことが明るみになり、騒動となっていることを受け、19日、自身のツイッターで辞意を表明した。

 コメントは以下の通り。

 この度の東京2020オリンピック・パラリンピック大会における私の楽曲参加につきまして、私がご依頼をお受けしたことは、様々な方への配慮に欠けていたと痛感しております。

 関係各所にて調整させて頂き、組織委員会の皆様へ辞任の申し出をさせて頂きました。

 皆様より頂きましたご指摘、ご意見を真摯に受け止め、感謝申し上げると共に、これからの行動や考え方へと反映させていきたいと思っております。

 この度は、誠に申し訳ございませんでした。

 小山田圭吾

 7月19日

報知新聞社

【関連記事】
坂上忍、小山田圭吾のツイッター謝罪をバッサリ「肉声で自分の顔をさらしてケジメをつけないと」
アンミカ、小山田圭吾いじめ問題に「ほぼ暴行であったり、人格否定の部分が強い」
橋下徹氏、小山田圭吾いじめ問題で「この楽曲を世界に発信したら、日本の恥」
アンミカ、小山田圭吾いじめ問題に「ほぼ暴行であったり、人格否定の部分が強い」
EXIT兼近大樹、小山田圭吾いじめ問題に自身の経験踏まえ「一生背負っていくのはもちろん」
最終更新:7/19(月) 19:27
スポーツ報知


●小山田圭吾「いじめ自慢が世界に報道」され東京五輪に大打撃
2021/7/19(月) 16:32配信

1774
この記事についてツイート
この記事についてシェア
FRIDAY
過去に雑誌インタビューの「イジメ自慢」が大炎上した小山田圭吾。オリンピックにはトラブルがつきものというが…

東京オリンピック・パラリンピック開会式の楽曲を担当するメンバーに選ばれているソロミュージシャン「コーネリアス」こと小山田圭吾の“いじめ自慢”騒動が炎上し続けている。

【画像】ホテル密会報道の小沢健二がカフェで見せた「モテ素顔」

小山田は、‘94年「ロッキング・オン・ジャパン」および‘95年の「クイック・ジャパン」において学生時代に障がいのある同級生に対し残酷な“いじめ”を行っていたことを告白。しかも、それを自慢するようにインタビューで答えていることが掘り返され、問題になっている。

それを受け小山田はツイッターを更新し、

《被害者に直接会って謝罪したい》

と綴った。

しかしオリパラの音楽担当をどうするかについては言及していない。五輪直前に担当を変えることは実質的に難しいのだろうが、それでも納得していない国民は多い。小山田のツイッターにはとんでもない数の批判コメントが書き込まれ、辞任を求める声が殺到している。

国内にとどまらず、イギリスのデイリー・テレグラフ紙にも小山田のいじめ問題は報じられた。さらに国内では「Change.org」というデジタル署名のサイトで「東京オリパラ開閉会式制作メンバーから小山田圭吾氏の除外を求めます」という運動が始まり、かなりのスピードで賛同する人が増え続けているようだ。

それだけでなくツイッターでも「#小山田圭吾氏の辞職を求めます」がトレンド入りするなど紛糾している。

「インタビューは障がい者を全裸にさせ性的行為をさせたり、排泄物を食べさせた上にバックドロップしたという内容でした。正直、こんな鬼畜的行為を自慢気に話す方がおかしい。

コンプライアンスという言葉も浸透していなかった時代。“過去を蒸し返すなんておかしい”という芸能人らの声もありますが、さすがにそういう言葉では収まりがつかない状態になっている」(スポーツ紙記者)

さらにNHKのEテレで音楽監督を務めるゴンドウトモヒコ氏は小山田の謝罪ツイッターに返信する形で

《偉いよ小山田くん。受け止める。いい音出してこう!!!!!寧ろ炎上なんか〇〇喰らえ》

と書き込みさらに批判が殺到。ゴンドウ氏はツイートを削除して、謝罪する形となった。

「ある国内メーカーは小山田の広告記事をすぐに削除し、ネット上でも話題になっています。民間でもそれほど敏感に反応しているのに、障がい者をいじめていた小山田さんを辞任させないという政府や組織委員会の対応に疑問を感じている人も多いようです。

しかもパラリンピックはハンディキャップを持ったアスリートたちの活躍の場。彼はふさわしくないとしか言いようがない。“過去を蒸し返すな”という周囲の意見は被害者目線が抜けている。一生の心の傷を負っている可能性もある」(ワイドショー関係者)

芸能界でも出演番組でのコメントは意見が分かれている。お笑いコンビEXITのりんたろー。は

「人としてあるまじき行為でよくないですけど、じゃあ清廉潔白な人っていますかって思っちゃう」

「そこから、この人の歩んできた道とか後悔とか、成長とか、変化とかを全部なしにして、今を見ずに、過去の彼に対して石を投げるってことが正しいのかって疑問はある」

とコメント。タレントのみちょぱは、

「けっこう胸くそ悪い感じのいじめだとは思いますね」

と不快感を露わに。デーブ・スペクターは

「ちょっと前に渡辺直美さんのことでポロっと言っただけのアイデアでその人辞職したんですよ。これだけトラブルだらけの五輪だったらなんで危機管理上、下調べしなかったのかという組織委員会のマイナス面が相当目立っています」

と批判した。

コロナ禍も重なり、開催前からこれほど問題を抱えた五輪がかつてあっただろうか…。

FRIDAYデジタル


記事にリアクションしてみませんか?

343
学びがある
1,106
わかりやすい
385
新しい視点
【関連記事】
海外活動の妨げ? 渡辺直美のオリンピック容姿侮辱騒動に未だ事務所はピリピリ
瀬戸大也の妻・馬淵優佳が「素顔見せ」でブレイクの予感
関ジャニ∞村上の五輪キャスター抜擢で蘇るスタッフの“トラウマ”
アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される
【画像】堂々交際宣言!木下優樹菜 イケメンJリーガーと「半同棲愛」
最終更新:7/19(月) 16:32
FRIDAY






●2021/07/16(金) 17:44:58.40 ID:A0bzlEy00● ?PLT(21500)
小山田圭吾氏、音楽雑誌でいじめ告白「僕はアイデアを提供するだけ(笑)」


https://www.nikkansports.com/m/olympic/tokyo2020/news/202107160000019_m.html

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会が発表した五輪開閉会式の制作メンバーに、作曲家として名を連ねた小山田圭吾氏(52)の過去発言が炎上している件で、日刊スポーツは、いじめを告白している雑誌の2冊目も入手した。

邦楽誌「ロッキング・オン・ジャパン」(ロッキング・オン)の1994年(平6)1月号で、学生時代に、いじめに加担していたことを認めた上で「全裸にしてグルグルにひもを巻いてオナニーさしてさ。ウンコを喰わしたりさ。喰わした上にバックドロップしたりさ」「だけど僕が直接やるわけじゃないんだよ、僕はアイデアを提供するだけ(笑)」(原文まま)などと悪びれることなく語っていた。

サブカル誌「クイック・ジャパン」(太田出版)95年8月号のインタビューでも、いじめを告白し、非難の声が相次いでいることが既に判明。22ページにわたり、いじめを語っていた。小山田氏が、障がい者というAさんに対し「みんなで脱がしてさ。(局部を)出すことなんて(Aさんにとって)別に何でもないことだからさ」「障害がある人とかって図書室にたまる」「きっと逃げ場所なんだけど」と認識しながら「みんなで見に行こう」と行動していたこと、体育倉庫で「マットレス巻きにして殺しちゃった事件とかあったじゃないですか、そんなことやってたし、跳び箱の中に入れたり」と詳細な記憶として明かしている。

掲載当時、小山田氏は26歳。分別のつく成人が、ダウン症の生徒が通う特別支援学校を笑い話にしたり、本人いわく「朝鮮人」という男子へのいじめを告白している。インタビューはAさんとの高校卒業式での会話で締めくくられている。進路を聞き「ボランティアをやりたい」と答えたAさんに対し、小山田氏は「おまえ、ボランティアされる側だろ」と。

東京2020大会のコンセプトの1つは「多様性と調和」だ。起用は正しいのか。国立での開会式まで1週間という土壇場で、SNSでは「ふさわしくない」「開閉会式は絶対に見ない」「音楽を聴かない」などの批判が飛び交っている。






●2021/07/16 (Fri) 17: 44: 58.40 ID: A0bzlEy00 ●? PLT (21500)
Keigo Oyamada confesses bullying in a music magazine "I just provide ideas (laughs)"


https://www.nikkansports.com/m/olympic/tokyo2020/news/202107160000019_m.html

The past remarks of Mr. Keigo Oyamada (52), who was listed as a composer as a production member of the Olympic opening and closing ceremony announced by the Tokyo Organizing Committee for the Olympics and Paralympics, is on fire. I also got the second volume of a magazine confessing bullying.

In the January 1994 issue of the Japanese music magazine "Rockin'on Japan" (Rockin'on), after admitting that he was involved in bullying when he was a student, he said, "Make it naked and put a string on it. Roll it up and masturbate. It eats shit. It eats and then drops it back. "" But I don't do it directly, I just provide ideas (laughs) "(original text), etc. He said without being afraid.

In an interview with the August 1995 issue of the subculture magazine "Quick Japan" (Ohta Publishing), he confessed to bullying and it was already revealed that there were a series of criticisms. He was 22 pages and he was talking about bullying. Mr. Oyamada told Mr. A, who is a person with a disability, "Everyone should take it off. It's nothing special (for Mr. A) to put out (local)." "People with disabilities accumulate in the library." Recognizing that it's a place to escape, I was acting "Let's go see it together", and at the physical education warehouse, "I think there was an incident where I wrapped up a mattress and killed it." And put it in the vaulting box. "

At the time of publication, Mr. Koyamada was 26 years old. A sensible adult laughs at a special school attended by a student with Down Syndrome and confesses to bullying a boy who he calls a "Korean." The interview concludes with a conversation with Mr. A at the high school graduation ceremony. To Mr. A, who asked his career and answered, "I want to volunteer," Mr. Oyamada said, "You are the one who volunteers."

One of the concepts of the Tokyo 2020 Games is "diversity and harmony." Is the appointment correct? At the last minute, one week before the opening ceremony in the national university, criticisms such as "not suitable", "never see the opening and closing ceremony", and "do not listen to music" are circulating on SNS.







●小山田圭吾「いじめ自慢が世界に報道」され東京五輪に大打撃
7/19(月) 16:32配信

85
この記事についてツイート
この記事についてシェア
FRIDAY
過去に雑誌インタビューの「イジメ自慢」が大炎上した小山田圭吾。オリンピックにはトラブルがつきものというが…

東京オリンピック・パラリンピック開会式の楽曲を担当するメンバーに選ばれているソロミュージシャン「コーネリアス」こと小山田圭吾の“いじめ自慢”騒動が炎上し続けている。

【画像】ホテル密会報道の小沢健二がカフェで見せた「モテ素顔」

小山田は、‘94年「ロッキング・オン・ジャパン」および‘95年の「クイック・ジャパン」において学生時代に障がいのある同級生に対し残酷な“いじめ”を行っていたことを告白。しかも、それを自慢するようにインタビューで答えていることが掘り返され、問題になっている。

それを受け小山田はツイッターを更新し、

《被害者に直接会って謝罪したい》

と綴った。

しかしオリパラの音楽担当をどうするかについては言及していない。五輪直前に担当を変えることは実質的に難しいのだろうが、それでも納得していない国民は多い。小山田のツイッターにはとんでもない数の批判コメントが書き込まれ、辞任を求める声が殺到している。

国内にとどまらず、イギリスのデイリー・テレグラフ紙にも小山田のいじめ問題は報じられた。さらに国内では「Change.org」というデジタル署名のサイトで「東京オリパラ開閉会式制作メンバーから小山田圭吾氏の除外を求めます」という運動が始まり、かなりのスピードで賛同する人が増え続けているようだ。

それだけでなくツイッターでも「#小山田圭吾氏の辞職を求めます」がトレンド入りするなど紛糾している。

「インタビューは障がい者を全裸にさせ性的行為をさせたり、排泄物を食べさせた上にバックドロップしたという内容でした。正直、こんな鬼畜的行為を自慢気に話す方がおかしい。

コンプライアンスという言葉も浸透していなかった時代。“過去を蒸し返すなんておかしい”という芸能人らの声もありますが、さすがにそういう言葉では収まりがつかない状態になっている」(スポーツ紙記者)

さらにNHKのEテレで音楽監督を務めるゴンドウトモヒコ氏は小山田の謝罪ツイッターに返信する形で

《偉いよ小山田くん。受け止める。いい音出してこう!!!!!寧ろ炎上なんか〇〇喰らえ》

と書き込みさらに批判が殺到。ゴンドウ氏はツイートを削除して、謝罪する形となった。

「ある国内メーカーは小山田の広告記事をすぐに削除し、ネット上でも話題になっています。民間でもそれほど敏感に反応しているのに、障がい者をいじめていた小山田さんを辞任させないという政府や組織委員会の対応に疑問を感じている人も多いようです。

しかもパラリンピックはハンディキャップを持ったアスリートたちの活躍の場。彼はふさわしくないとしか言いようがない。“過去を蒸し返すな”という周囲の意見は被害者目線が抜けている。一生の心の傷を負っている可能性もある」(ワイドショー関係者)

芸能界でも出演番組でのコメントは意見が分かれている。お笑いコンビEXITのりんたろー。は

「人としてあるまじき行為でよくないですけど、じゃあ清廉潔白な人っていますかって思っちゃう」

「そこから、この人の歩んできた道とか後悔とか、成長とか、変化とかを全部なしにして、今を見ずに、過去の彼に対して石を投げるってことが正しいのかって疑問はある」

とコメント。タレントのみちょぱは、

「けっこう胸くそ悪い感じのいじめだとは思いますね」

と不快感を露わに。デーブ・スペクターは

「ちょっと前に渡辺直美さんのことでポロっと言っただけのアイデアでその人辞職したんですよ。これだけトラブルだらけの五輪だったらなんで危機管理上、下調べしなかったのかという組織委員会のマイナス面が相当目立っています」

と批判した。

コロナ禍も重なり、開催前からこれほど問題を抱えた五輪がかつてあっただろうか…。

FRIDAYデジタル


記事にリアクションしてみませんか?

20
学びがある
52
わかりやすい
19
新しい視点
【関連記事】
海外活動の妨げ? 渡辺直美のオリンピック容姿侮辱騒動に未だ事務所はピリピリ
瀬戸大也の妻・馬淵優佳が「素顔見せ」でブレイクの予感
関ジャニ∞村上の五輪キャスター抜擢で蘇るスタッフの“トラウマ”
アメリカ極悪犯刑務所の日常 レイプ犯はその日のうちに始末される
【画像】堂々交際宣言!木下優樹菜 イケメンJリーガーと「半同棲愛」
最終更新:7/19(月) 16:32
FRIDAY





Oyamada's bullying problem was reported not only in Japan but also in the British Daily Telegraph. Furthermore, in Japan, a movement to "request the exclusion of Mr. Keigo Oyamada from the production members of the Tokyo Organizing Committee of Oripara" has started on a digitally signed site called "Change.org", and it seems that the number of people who support it is increasing at a considerable speed. That's right.

Not only that, but even on Twitter, "# I'm asking for Mr. Keigo Oyamada's resignation" has become a trend, and it is confusing.

"The interview said that people with disabilities were made naked and sexually acted, or they were fed excrement and then dropped back. To be honest, it is strange to proudly talk about such devilish acts.

An era when the word compliance was not widely used. Some entertainers say, "It's strange to steam the past," but that's not enough to fit in. "(Sports newspaper reporter)

In addition, Mr. Tomohiko Gondo, who is the music director of NHK's E-tele, responded to Oyamada's apology Twitter.

"Great, Oyamada-kun. Take it. Let's make a good sound! !! !! !! !! Rather, eat something on fire >>

And criticism flooded. Mr. Gondo deleted the tweet and apologized.

"A domestic maker immediately deleted Oyamada's advertorial, and it has become a hot topic on the Internet. Even though the private sector is reacting so sensitively, the government says that Mr. Oyamada, who was bullying people with disabilities, will not resign. Many people seem to be skeptical about the response of the Organizing Committee.

Moreover, the Paralympics are a place for athletes with handicaps to play an active role. I can only say that he is not suitable. The victim's point of view is missing from the surrounding opinions that "don't steam the past." It may have been traumatic for a lifetime. ”(Wide show official)

Even in the entertainment world, opinions on the appearance programs are divided. Rintaro from the comedy combination EXIT. Is

"I'm not good at doing something as a person, but then I wonder if there are any innocent people."

"From there, I wonder if it is right to throw a stone at him in the past without looking at the present, without all the paths, regrets, growth, changes, etc. that this person has taken. is there"

And comment. Talent Michopa

"I think it's a bullying that feels pretty bad."

And revealing discomfort. Dave Spector

"I resigned from the idea of ​​just saying that Naomi Watanabe was a polo a while ago. If it was such a trouble-filled Olympics, why didn't I do a preliminary survey in terms of crisis management? The surface is quite noticeable. "

Criticized.

I wonder if there ever was an Olympics that had such problems even before the event, due to the overlap of corona.

FRIDAY digital


Would you like to react to the article?

20
Have learned
52
Easy to understand
19
New perspective
【Related article】
Obstruction of overseas activities? Naomi Watanabe's Olympic appearance insults still keep the office tingling
Daiya Seto's wife, Yuka Mabuchi, has a premonition of a break with "showing her true face"
Kanjani Eight The “trauma” of the staff who will be revived by selecting the Murakami Olympic casters
Daily life in American villain prison rape criminals are killed on the same day
[Image] Declaration of dating! Yukina Kinoshita "Half Cohabitation Love" with Handsome J Leaguer
Last updated: 7/19 (Monday) 16:32
FRIDAY







●いじめ告白、米で相次ぎ報道 「最新のスキャンダル」
7/19(月) 9:08配信

3082
この記事についてツイート
この記事についてシェア
共同通信
小山田圭吾さん

 【ニューヨーク共同】東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾さんが過去に雑誌のインタビューで学生時代のいじめについて告白していた問題で、米メディアは18日までに「五輪を悩ませる最新のスキャンダル」などと相次いで報道、小山田さんの謝罪後もインターネット上での非難は収まっていないと伝えた。

小山田圭吾さん いじめをツイッターで謝罪「心から申し訳ない」

 米国内で五輪放送権を持つNBCは「このような差別的で暴力的な行為をした人物が五輪やパラリンピックに関わる資格はあるのか」と批判するツイッターの投稿を紹介。小山田さんは謝罪したが、ネット上では「許されているとは言いがたい状況だ」と分析した。


記事にリアクションしてみませんか?

444
学びがある
2,476
わかりやすい
1,210
新しい視点
【関連記事】
いじめ過去の小山田氏 開幕まで1週間…代えきかず
加藤官房長官、小山田さんの告白巡り「許されず/組織委員会が適切に対応して」 
小山田氏続投 武藤氏「十分謝罪と反省」辞任した佐々木宏氏の案を軸に仕上げ
宮城知事、四面楚歌の構図続く 五輪有観客を譲らず
井戸知事ぼうぜん 支援の金沢氏敗れ「『刷新』の言葉に踊らされた」兵庫県知事選
最終更新:7/19(月) 14:44
共同通信



●小山田圭吾氏の留任 組織委があらためて強調「貢献は大きなもの」
7/19(月) 14:01配信

6488
この記事についてツイート
この記事についてシェア
日刊スポーツ
小山田圭吾氏(2006年撮影)

東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソン(SP)が19日、メインプレスセンター(MPC)で会見し、過去に「いじめ告白」した開閉会式の音楽制作を手掛ける小山田圭吾氏(52)は留任するとあらためて強調した。

【写真】問題の発言が掲載された95年8月号の「クイック・ジャパン」

国内外から小山田氏について「適任ではないのでは」と批判が相次いでいる。高谷SPは「ご本人が発言について後悔して反省しておられると、おわび文を掲出した。我々は現在は高い倫理観を持って創作活動するクリエーターと考えている。開会式準備における貢献は大きなもの」と説明した。

この日、加藤勝信官房長官が会見で、小山田氏の件について「組織委で適切に対応を取っていくことが必要だ」と発言したことについては「承知していない」とした。


記事にリアクションしてみませんか?

80
学びがある
319
わかりやすい
225
新しい視点
【関連記事】
小山田圭吾氏、音楽雑誌でいじめ告白「僕はアイデアを提供するだけ(笑)」
小沢健二「どんな噂が出回っているのか、恐ろしい」
みんなでプロレス技かけちゃって/小山田圭吾氏の障がい者いじめ告白
当時小山田氏を取材“ロッキン”編集長が謝罪「倫理観や真摯さに欠ける」
トランプ夫人15年前の全裸ヌード写真公開される
最終更新:7/19(月) 14:52
日刊スポーツ



●【東京五輪】世界に広がる3度目の恥…悪質いじめ小山田圭吾 世界各地で報道
7/18(日) 14:40配信

2636
この記事についてツイート
この記事についてシェア
東スポWeb
東京五輪3つ目の失態≠招いた小山田圭吾

 東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾(52)が、過去に障がいのある同級生らに悪質ないじめをし、雑誌上で悪びれもせず告白した問題は、あっという間に世界各メディアが報道。東京五輪3つ目の失態≠ニして広まった。

【写真】お気に入りの帽子を被ってクールに演奏する小山田圭吾

 米「ABC」は、小山田氏が謝罪したが、ネット上で辞任要求が高まっていることも伝えた。また「新型コロナウイルス禍の問題に取り組む大会にとって、最新の大災害」と位置づけている。

 また、シンガポール「ストレーツ タイムズ」は女性蔑視発言の森喜朗前組織委員会会長、タレントの渡辺直美に対する容姿侮蔑発言の佐々木宏氏に続く3度目の「大騒動」で、「大会にとっては、最新の人事に対する頭痛の種」とした。さらに、組織委員会側が小山田について「高い倫理基準」を持つ人物と表現したことも強調している。

 英「ガーディアン」は、むごいいじめの内容も報道。フランス「rfi」は「五輪のイメ―ジを傷つけた」とした。仏「フィガロ」、メキシコ「ミレニオ」など、あらゆる地域で報じられている。
 小山田は16日に謝罪文を発表。「過去の言動に対し、自分自身でも長らく嫌悪感を抱いていたにもかかわらず、これまで自らの言葉で経緯の説明や謝罪をしてこなかったことにつきましても、とても愚かな自己保身であったと思います」などと懺悔。組織委側は続投の姿勢を示しているが、波紋は広がるばかりだ。

東京スポーツ


記事にリアクションしてみませんか?

1,239
学びがある
3,999
わかりやすい
1,992
新しい視点
【関連記事】
カズレーザーが小山田圭吾のいじめ問題で指摘「これは過去が叩かれてるわけじゃないです」
いじめ炎上の小山田圭吾 絵に描いた「因果応報」 続報で傷口∴ォ化の可能性
【東京五輪】夜の国際交流≠ナクラスター危機「選手の70〜75%が大会中にセックス」
ゴマキ弟・後藤祐樹が“闇落ち”懺悔 刑務所で壮絶イジメ、目の前で積まれた「3億円」
いじめ自慢¥ャ山田圭吾の辞任を求めるオンライン署名活動がスタート!
最終更新:7/19(月) 1:20
東スポWeb






●いじめ過去謝罪の小山田氏 組織委は辞任求めず 開幕まで1週間 代えきかず
7/16(金) 22:19配信

499
この記事についてツイート
この記事についてシェア
デイリースポーツ
 小山田圭吾(1994年撮影)

 東京オリンピックの開会式に作曲担当として参加しているミュージシャンの小山田圭吾が16日、ツイッターに新規投稿。学生時代、障がい者とみられる同級生をいじめていたと過去に雑誌で告白したことについて、「深い後悔と責任」と謝罪した。五輪参加は辞退せず、「私の参加につきまして、多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることとなり、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」とも記している。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会も同日、コメントを発表し、「当該の過去の発言について、組織委員会として把握していなかったが、不適切な発言である」とした上で、「小山田氏本人はこの取材当時の発言については後悔し、反省しており、現在は高い倫理観をもって創作活動に献身するクリエーターの一人であると考えている。開会式準備における小山田氏の貢献は大変大きなものであり、1週間後に開会する東京2020オリンピック開会式に向けて、引き続き最後まで準備に尽力していただきたいと考えている」と、辞任は求めない意向を示した。

 五輪・パラリンピック式典を巡っては、今年3月に企画・演出の統括役だったクリエーティブディレクターの佐々木宏氏が女性タレントの容姿を侮辱する演出を提案した問題で辞任。佐々木案を軸に、仕上げに入っていた。開会式まであと1週間。準備はほぼ完了しており、小山田氏の辞任は現実的ではなかったとみられる。


記事にリアクションしてみませんか?

73
学びがある
185
わかりやすい
85
新しい視点
【関連記事】
小山田圭吾、謝罪【全文】過去のいじめ「非難は当然」「非常に未熟な人間だった」
美少女だった元日本代表選手 うつ、ホスト遊び、風俗勤務を告白
GACKT「狂ってますよ。危機感が足りない」
梅沢富美男が激怒「もともと壊れてる、このガキは」
浜崎あゆみ 自宅写真流出で怒り心頭 警察に「通報しました」
最終更新:7/16(金) 22:24
デイリースポーツ







●2021/07/18(日) 20:20:57.45 ID:8z0zgIdo9
http://twitter.com/umiuminemui/status/1416330085112565761
臨死のうみちゃん @umiuminemui
小山田圭吾のいじめの件、ほんとどれも全部胸糞だけど息子がこの人にいじめられてるって知らない母親がきっと書きやすいよう、見やすいように丁寧に線を引いて年賀状出してたのを馬鹿にしてたのがもうほんとに…

https://pbs.twimg.com/media/E6fQtGRVEAErBc6.jpg
https://pbs.twimg.com/media/E6fQtGRUYAMHjPp.jpg



https://koritsumuen.hatenablog.com/entry/20120812/p1
 沢田君は、小山田に毎年年賀状を出していました。記事には、沢田君が一生懸命に書いた年賀状の写真も掲載されています。しかし、小山田はそれについてこう述べます。


 それで、年賀状とか来たんですよ、毎年。あんまりこいつ、人に年賀状とか出さないんだけど、僕のところには何か出すんですよ(笑)。で、僕は出してなかったんだけど、でも来ると、ハガキに何かお母さんが、こう、線を定規で引いて、、そこに「明けましておめでとう」とか「今年もよろしく」とか鉛筆で書いてあって、スゲェ汚い字で(笑)。(P57-58)
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1626596312/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)






●過去のいじめ発言を蒸し返されたコーネリアス・小山田 あの都市伝説化された三角関係≠熏トび
2021年07月16日 13時08分

渡辺満里奈
 とんだとばっちり!

 過去の「いじめ問題」が蒸し返され、大炎上中の「コーネリアス」の小山田圭吾(52)だが、小山田にまつわる都市伝説化された三角関係≠熏トび蒸し返されている。

 事の発端は小山田が東京五輪で作曲を務めることが発表されると、1995年に音楽誌でのイジメ告白が蒸し返され、ネット上で大炎上したことにあった。「小山田圭吾」という名前が不本意な形でクローズアップされる事態となっている。

 そんな中で「小山田といえば…」と、歌手の小沢健二(53)らと組んでいた伝説の渋谷系ユニット「フリッパーズ・ギター」の解散にまつわる都市伝説≠熏トび、クローズアップされている。

 フリッパーズ・ギターは1989年にメジャーデビュー。「フリッパーズ・ギターといえば、当時のシブヤ系女子たち大半が憧れる存在でした。東京のポップカルチャーの象徴の1つ」(音楽関係者)と大人気となったが、1991年に電撃解散。

 その解散理由としてファンたちの間でまことしやかに語り継がれているのが、タレントの渡辺満里奈(50)を「小山田と小沢で取り合って、それが原因でモメた」というものだ。この説は当時、かなり広く伝えられた。というのも、解散が突然だったことにもある。「ツアーが組まれていたのに、本人たちが勝手に解散を宣言してしまった。当時は人気絶頂。業界的にはまだまだ売れる≠ニ見られていただけに、解散理由をめぐっては、渡辺さんが原因説を含め、様々な理由が推測されてました」(音楽誌関係者)。

 実際に業界関係者の中には、当事者の2人に渡辺の名前をぶつけてまで解散理由を聞き出そうとした人間もいたが、「結果的には音楽性の違いを理由にしてました。やりたいことはやり尽くした≠ニいうことですね」(同関係者)。

 発展的解消ということに落ち着いたが、収まらなかったのはフリッパーズファンの女子たちだった。「あの2人が解散したのは満里奈さんのせいと思いこんだ人は多かったようですね。そのこともあって、現在に至るまで満里奈さんから2人に関する発言は聞かれません」(芸能関係者)。自身も地雷≠ニ分かっているだけにあえて、触れないようにしているとみられる。

 そして時を経て、再び注目を集める「三角関係」。現在は二児の母としても順調なタレント活動を行っている渡辺からすればいい迷惑だろうが小山田ハレーション≠ヘ当分続きそうだ。


【関連記事】

小山田圭吾いじめ問題が拡大! EXITりんたろー。は報道に疑問、茂木健一郎氏は会見進言
壮絶がん死KIDさん 本当の病状
錦織圭 父親の反対押し切って観月さんと結婚か 「恐ろしいほど頑固」
辛坊治郎氏が大予言! ワクチン打ち始めたら「30万人死ぬ」
自民党大混乱!安倍晋三氏「逮捕Xデー」危惧する声






●いじめ炎上の小山田圭吾続投でネット大荒れ 柴田阿弥「被害者は一生のトラウマ」
2021/7/16(金) 23:32配信

1245
この記事についてツイート
この記事についてシェア
東スポWeb
炎上中の小山田圭吾

東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日、東京五輪の開会式で楽曲を担当する「コーネリアス」の小山田圭吾(52)に関するいじめ問題について、不適切との見解を示した一方で、続投させる方針を明らかにした。

【写真】五輪式典の「闇」を告発したMIKIKO氏

 小山田は、1990年代に音楽雑誌でのインタビュで、障がい者への差別行為や人種差別、プロレス技での暴力など、同級生へのいじめ話を得意げに語っていた。

 続投にネット上では不満が爆発。ツイッターでは「小山田圭吾氏辞職」がトレンド入りし「辞退以外あり得ません」「犯罪レベルだろ」「いや、ダメだろこれは」などと批判が相次いでいる。

 芸能界でも“過去の話”と割り切る声がある一方で、15日放送の「ABEMA Prime」でフリーアナウンサーの柴田阿弥は「それでも今回のことは明らかに暴力で、被害者の方がいる。もちろん作品に罪はないと思うが、オリンピック・パラリンピックを見る方の中に過去に非常に辛いいじめにあった方とかがいらっしゃった時に、そのイメージは出てきてしまうと思う」と指摘。

 その上で「メチャメチャ難しいが、いじめの被害に遭った方にとっては一生のトラウマだし、年月が経ったからといって許せることではない」と私見を述べていた。

 一件落着となるかどうか…。


記事にリアクションしてみませんか?

490
学びがある
1,384
わかりやすい
614
新しい視点
【関連記事】
いじめ炎上 小山田圭吾が謝罪「自分自身でも長らく嫌悪感を抱いていた」
過去のいじめ発言を蒸し返されたコーネリアス・小山田 あの都市伝説化された「三角関係」も再び
小山田圭吾いじめ問題が拡大! EXITりんたろー。は報道に疑問、茂木健一郎氏は会見進言
ゴマキ弟・後藤祐樹が“闇落ち”懺悔 刑務所で壮絶イジメ、目の前で積まれた「3億円」
西野カナ“カリスマ”転落 一気に「地味化」
最終更新:7/16(金) 23:32
東スポWeb






●東スポTOP ニュース いじめ炎上の小山田圭吾 絵に描いた「因果応報」 続報で傷口∴ォ化の可能性
いじめ炎上の小山田圭吾 絵に描いた「因果応報」 続報で傷口∴ォ化の可能性
2021年07月18日 05時15分

謝罪しても炎上続く小山田圭吾
 まさに「因果応報」だ。東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾(52)が27年前のいじめ自慢≠蒸し返され、大炎上している。

 小山田は1994年1月発行の「ロッキング・オン・ジャパン」と95年8月発行の「クイック・ジャパン」で、同級生を箱に閉じ込めたり、障害のある生徒をからかったりしたことを悪びれもせず告白。それを組織委が把握せず、キャスティングしていたことがわかり、批判が殺到している。

 小山田は17日に謝罪文を発表し「過去の言動に対し、自分自身でも長らく嫌悪感を抱いていたにもかかわらず、これまで自らの言葉で経緯の説明や謝罪をしてこなかったことにつきましても、とても愚かな自己保身であったと思います」などと懺悔。組織委の武藤敏郎事務総長は「本人も反省している。当初(いじめ告白を)知らなかったのは事実だが、このタイミングでもあるので引き続き支え、貢献してもらいたい」と理解を求めてはいるが…。

 関係者の話を総合すると、すでに複数のメディアが小山田の周辺や過去を取材。近日中にも追撃弾≠ェ炸裂しそうな気配だ。業界関係者の話。

「問題のインタビュー記事を読む限り、掘っていけばまだまだヤバイ話が出てきそう。ある社はいじめの関連人物を特定しているそうです。新たな話が出てくるのは時間の問題でしょう」

 小山田は音楽シーンのいわゆるメインストリートを歩んできたわけではない。ファンからは「今さら過去を蒸し返されてかわいそう」といった声とともに「そもそもキャラクター的に五輪オファーは受けないで欲しかった」といった指摘も聞かれる。

 新たな爆弾≠ェ投下された場合、組織委はどうするつもりなのか。対応を間違えれば、本格的な機能不全に陥りかねない。




【関連記事】

過去のいじめ発言を蒸し返されたコーネリアス・小山田 あの都市伝説化された三角関係≠熏トび
ゴマキ弟・後藤祐樹が“闇落ち”懺悔 刑務所で壮絶イジメ、目の前で積まれた「3億円」
西野カナ“カリスマ”転落 一気に「地味化」
いじめ炎上の小山田圭吾続投でネット大荒れ 柴田阿弥「被害者は一生のトラウマ」
小山田圭吾いじめ問題が拡大! EXITりんたろー。は報道に疑問、茂木健一郎氏は会見進言







●いじめ自慢¥ャ山田圭吾の辞任を求めるオンライン署名活動がスタート!
2021/7/18(日) 9:00配信

1083
この記事についてツイート
この記事についてシェア
東スポWeb
小山田圭吾

 東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾(52)が、過去にいじめ自慢≠していた騒動でついに辞任を求める署名活動が始まった。

【写真】五輪式典の闇≠告発したMIKIKO氏

 オンライン署名サイト「Change.org」で「東京オリパラ開閉会式制作メンバーから小山田圭吾氏の除外を求めます」と題したキャンペーンが16日にスタート。

 小山田氏は、94年1月発行の「ロッキング・オン・ジャパン」と95年8月発行の「クイック・ジャパン」において学生時代に障がいのある同級生に対し、悪びれもせずに“いじめ”を行っていたと告白したことが蒸し返されている。

 今回の署名サイトでは「この雑誌には、彼が行った目を覆いたくなるような『いじめ』の数々が掲載されています」とした上で「『全員が自己ベスト』『多様性と調和』『未来への継承』の三点を基本コンセプトとしている、平和の祭典である東京オリパラには最も相応しくない人物と言えます」と一刀両断。

 続けて「『数十年前のことを蒸し返すな』そう考える人も少なくないかもしれません」としながらも「しかし、『いじめ』の被害者は、悔しさ、怒り、情けなさ、惨めさをいつまでも心に留めています」と、いじめられる側の心中をおもんばかった。

 また「『いじめ』の加害者は直ぐに忘れても、被害者は一生忘れる事のないくらい、心と体に傷を負っているのです」と訴えた上で「どう考えても、小山田氏は東京オリパラの開閉会式制作メンバーとして相応しくない人物であると感じ、このキャンペーンを立ち上げました」と署名活動を始めた理由を説明している。

 なお「このキャンペーンの目的は『東京オリパラ組織委員会に対し、開閉会式制作メンバーから小山田圭吾氏を除外すること』です。東京オリパラの開催の是非については問いません」と付記している。

 すでに小山田は謝罪文を発表し、大会組織員会も続投を表明しているが、辞任を求める声は大きくなるばかりだ。

 ツイッターでは「#小山田圭吾氏の辞職を求めます」がトレンド入り。小山田の謝罪ツイートには辞任を求めるコメントが殺到している。


●2021年7月18日
前のニュース次のニュース
和田アキ子 小山田圭吾の過去のいじめに不快感「陰湿を通り越して悲惨」
[ 2021年7月18日 13:54 ]

コメント


歌手の和田アキ子
Photo By スポニチ
 歌手の和田アキ子(71)が18日、TBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に生出演。東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾(52)が過去に雑誌のインタビューで学生時代のいじめを告白していたことに言及した。
 和田はインタビューを読んだようで「テレビでは言えないぐらい。あまりにも悲惨。陰湿を通り越して悲惨。ツイッターで謝ってすむことではないと思う」と語気を強めてコメント。「武勇伝みたいに話してた」と不快感を示した。「26年前のことをまた掘り出す嫌さもある。けど、小中高一貫した学校で、中学でいじめた人を高校でも同じようにしたっていうから、彼は反省っていうのは考えづらい」と厳しく指摘した。

 小山田は94年1月発行の「ロッキング・オン・ジャパン」(ロッキング・オン)と95年8月発行の「クイック・ジャパン」(太田出版)で、同級生を箱に閉じ込めたり、障害のある生徒をからかったりしたことを自慢げに語っていた。16日には自身のツイッターで「多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることになり、誠に申し訳ございません」「深い後悔と責任を感じております」などと謝罪する一方で、辞任の意向は示さず。ツイッターには4000件を超えるコメントが寄せられ、大半が辞任を求めるものだった。

 17日、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は「小山田さんが例の謝罪をされたというのを私どもも十分、理解した。彼は今、現時点において十分に謝罪をして反省をして、倫理観を持って行動したいと言っている。我々は当初、知らなかったのは事実だが、現時点においては小山田の弁明も伺って、引き続き、このタイミングなので、彼には支えていってもらいたい、貢献してもらいたいと考えている」と、あらためて擁護した。






●ロッキング・オン・ジャパン 騒動となっている小山田圭吾インタビューに関し声明発表「深くお詫び」
2021/7/18(日) 12:51配信

1107
この記事についてツイート
この記事についてシェア
スポニチアネックス
 音楽雑誌「ロッキング・オン・ジャパン」を刊行する、ロッキング・オン社が18日、公式サイトで、東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾(52)が過去に雑誌のインタビューで学生時代のいじめについて告白したことが明るみになり、騒動となっていることについて、編集長名義で声明を発表した。

 声明は「ロッキング・オン・ジャパン94年1月号小山田圭吾インタビュー記事に関して」と題してサイト内で発表されたもの。

 「小山田圭吾氏が東京オリンピック・パラリンピックのクリエイティブチームの一員に選出されたことを受け、94年1月号のロッキング・オン・ジャパンに掲載されたインタビューで氏が話された中学時代のいじめエピソードが各方面で引用、議論されています」と騒動について触れ、「その時のインタビュアーは私であり編集長も担当しておりました」と当該インタビューで編集長自身がインタビュアーを務めていたことを明かした。

 そのうえで「そこでのインタビュアーとしての姿勢、それを掲載した編集長としての判断、その全ては、いじめという問題に対しての倫理観や真摯さに欠ける間違った行為であると思います。27年前の記事ですが、それはいつまでも読まれ続けるものであり、掲載責任者としての責任は、これからも問われ続け、それを引き受け続けなければならないものと考えています」とつづった。

 続けて「傷つけてしまった被害者の方およびご家族の皆様、記事を目にされて不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げます」と謝罪。「犯した過ちを今一度深く反省し、二度とこうした間違った判断を繰り返すことなく、健全なメディア活動を目指し努力して参ります」と記し、「ロッキング・オン・ジャパン編集長 山崎洋一郎」と締めくくっている。

 小山田は94年1月発行の「ロッキング・オン・ジャパン」(ロッキング・オン)と95年8月発行の「クイック・ジャパン」(太田出版)で、同級生を箱に閉じ込めたり、障害のある生徒をからかったりしたことを自慢げに語っていた。16日には自身のツイッターで「多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることになり、誠に申し訳ございません」「深い後悔と責任を感じております」などと謝罪する一方で、辞任の意向は示さず。ツイッターには4000件を超えるコメントが寄せられたが、大半が辞任を求めるものだった。

 17日、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は「小山田さんが例の謝罪をされたというのを私どもも十分、理解した。彼は今、現時点において十分に謝罪をして反省をして、倫理観を持って行動したいと言っている。我々は当初、知らなかったのは事実だが、現時点においては小山田の弁明も伺って、引き続き、このタイミングなので、彼には支えていってもらいたい、貢献してもらいたいと考えている」とあらためて擁護した。

【関連記事】
和田アキ子 小山田圭吾の過去のいじめに不快感「陰湿を通り越して悲惨」
カズレーザー 批判浴びる小山田圭吾は自業自得「マイナスの埋め合わせ作業をしてなかった」
小沢健二ツイートに共感の声 他人の弱点執拗に攻撃する「ずぶとい奴は…」
小山田圭吾の過去のイジメ問題 みちょぱ「胸くそ悪い感じのイジメ」 小倉優子「会見とかしたら」
爆問・太田 小山田圭吾の過去のいじめ 五輪楽曲制作担当続投に「覚悟をしたんじゃないかなと」
最終更新:7/18(日) 15:31
スポニチアネックス





●2021/07/18(日) 08:48:40.28 ID:oMXTSG3O0 ?2BP(2001)
sssp://img.5ch.net/ico/araebi.gif
いじめ炎上の小山田圭吾 絵に描いた「因果応報」 続報で傷口∴ォ化の可能性

まさに「因果応報」だ。東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾(52)が27年前のいじめ自慢≠蒸し返され、大炎上している。

小山田は1994年1月発行の「ロッキング・オン・ジャパン」と95年8月発行の「クイック・ジャパン」で、同級生を箱に閉じ込めたり、
障害のある生徒をからかったりしたことを悪びれもせず告白。それを組織委が把握せず、キャスティングしていたことがわかり、批判が殺到している。

小山田は17日に謝罪文を発表し「過去の言動に対し、自分自身でも長らく嫌悪感を抱いていたにもかかわらず、これまで自らの言葉で経緯の説明や謝罪をしてこなかったことにつきましても、とても愚かな自己保身であったと思います」などと懺悔。組織委の武藤敏郎事務総長は「本人も反省している。当初(いじめ告白を)知らなかったのは事実だが、このタイミングでもあるので引き続き支え、貢献してもらいたい」と理解を求めてはいるが…。

関係者の話を総合すると、すでに複数のメディアが小山田の周辺や過去を取材。近日中にも追撃弾≠ェ炸裂しそうな気配だ。業界関係者の話。

「問題のインタビュー記事を読む限り、掘っていけばまだまだヤバイ話が出てきそう。ある社はいじめの関連人物を特定しているそうです。新たな話が出てくるのは時間の問題でしょう」

小山田は音楽シーンのいわゆるメインストリートを歩んできたわけではない。
ファンからは「今さら過去を蒸し返されてかわいそう」といった声とともに「そもそもキャラクター的に五輪オファーは受けないで欲しかった」といった指摘も聞かれる。

新たな爆弾≠ェ投下された場合、組織委はどうするつもりなのか。対応を間違えれば、本格的な機能不全に陥りかねない。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3433974/






●2021/07/17(土) 20:04:36.28 ID:gKi9PnWY9 [1/2]
「コーネリアス」名義の活動で知られるミュージシャンの小山田圭吾さんは7月16日、自身の公式Twitterで謝罪声明を発表した。小山田さんは1990年代に『ロッキング・オン・ジャパン』と『クイック・ジャパン』の2誌に掲載されたインタビューの中で、小中学生時代にクラスメイトに対するイジメに参加していたと告白していた。【安藤健二・ハフポスト日本版】

14日に発表された東京オリンピックの開会式の演出メンバーに、小山田さんが作曲家として名を連ねていたことから、これらのインタビューの内容が掘り起こされて、「開会式の演出にはふさわしくないのでは?」という意見がSNS上で出ていた。

今回の謝罪声明の中で小山田さんは、該当の雑誌記事は「発売前の原稿確認ができなかったこともあり、事実と異なる内容も多く記載されております」と説明した。

しかし、「私の発言や行為によってクラスメイトを傷付けたことは間違いなく、その自覚もあった」として、「誤った内容や誇張への指摘をせず、当時はそのまま静観するという判断」をすることにしたという。その結果として「不誠実な態度を取り続けることになってしまいました。本当に申し訳ありません」と謝罪した。

「学生当時、私が傷付けてしまったご本人に対しましては、大変今更ではありますが、連絡を取れる手段を探し、受け入れてもらえるのであれば、直接謝罪をしたいと思っております」としている。

東京オリンピックの開会式演出への参加に関しても「私の関与により、開会式へ不快な印象を与えてしまうことを心から申し訳なく思います」と謝罪している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/11bd6e5fa4d4038a1d74a0e933c4ccfc4a713d75


関連スレ
【五輪】小山田圭吾氏、謝罪。辞職せず 過去の「障害者いじめ」自慢が物議 「全裸オナニーさせ、ウンコ喰わせバックドロップした」★46 [potato★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1626478941/
【東京五輪】組織委が小山田圭吾氏の続投発表「現在の小山田氏は高い倫理観を持ったクリエーター。引き続き尽力していただきたい」★10 [potato★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1626482455/

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1626516158/

2 名前:potato ★[] 投稿日:2021/07/17(土) 20:04:48.38 ID:gKi9PnWY9 [2/2]
関連

https://koritsumuen.hatenablog.com/entry/20061115/p1

 記事にはいじめられた人たちの、その後が載っています。村上清というライターは、わざわざ彼らの家族まで取材しています。



 村田さんの家に電話する。お母さんが出た。聞けば、村田さんは現在はパチンコ屋の住み込み店員をやっているという。高校は和光を離れて定時制に。
お母さん「中学時代は正直いって自殺も考えましたよ。でも、親子で話し合って解決していって。ウチの子にもいじめられる個性みたいなものはありましたから。小山田君も元気でやっているみたいだし」

 住み込みの村田さんは家族とも連絡が取れないらしい。パチンコ屋の電話番号は、何度尋ねても教えて貰えず、最後は途中で電話を切られた。

 沢田さんに電話してもお母さんが出た。電話だけだとラチが開かないので、アポなしでの最寄り駅から電話。「今近くまで来てるんですが……」田園調布でも有数の邸宅で、沢田さんと直接会うことができた。

 お母さんによれば、”学習障害”だという。家族とも「うん」「そう」程度の会話しかしない。現在は、週に二回近くの保健所で書道や陶器の教室に通う。社会復帰はしていない。

 お母さん「卒業してから、ひどくなったんですよ。家の中で知ってる人にばかり囲まれているから。小山田君とは、仲良くやってたと思ってましたけど」

 寡黙ながらどっしりと椅子に座る沢田さんは、眼鏡の向こうから、こっちの目を見て離さない。ちょっとホーキング入ってる。

■(小山田と)対談してもらえませんか?
「(沈黙……お母さんのほうを見る)」

■小山田さんとは、仲良かったですか?
「ウン」
 数日後、お母さんから「対談はお断りする」という電話が来た。




 この企画の意図は、


いじめられた側の人が
その後どうやっていじめを切り抜けて生き残ったのか


 ということらしいけど、誰一人、「いじめを切り抜けて」なんかいません。
 村田さんの消息を聞かされた、小山田は、
「でもパチンコ屋の店員って、すっげー合ってるような気がするな」
 と、語っております。
 ラストでの、小山田圭吾とライター・村上清の対談から引用します。

■もし対談できてたら、何話してますか?
「別に、話す事ないッスけどねえ(笑)。でも分かんないけど、今とか会っても、ぜったい昔みたいに話しちゃうような気がするなあ。なんか分かんないけど。別にいじめるとかはないと思うけど。『今何やってんの?』みたいな(笑)。『パチンコ屋でバイトやってんの?』なんて(笑)、『玉拾ってんの?』とか(笑)。きっと、そうなっちゃうと思うんだけど」

■やっぱ、できることなら会わないで済ましたい?
「僕が? 村田とは別に会いたいとは思わないけど。会ったら会ったでおもしろいかなとは思う。沢田に会いたいな、僕」

■特に顔も会わせたくないっていう人は、いない訳ですね?
「どうなんだろうなあ? これって、僕って、いじめてるほうなのかなあ?」

■その区別って曖昧です。
「だから自分じゃ分かんないっていうか。『これは果たしていじめなのか?』っていう。確かにヒドイことはしたし」

■やましいかどうかっていう結論は、自分の中では出てない?
「うーん……。でも、みんなこんな感じなのかもしれないな、なんて思うしね。いじめてる人って。僕なんか、全然、こう悪びれずに話しちゃたりするもんねえ」

■ええ。僕も聞きながら笑ってるし。

■ところで、小山田さんはいじめられたことってないんですか。学校に限らず。
「はー。多分、僕が気付かなかったっていうだけじゃなく、なかったと思うんですよ。被害者とか思ったことも、全然ないですね」           










●2021/07/17(土) 23:04:47.02 ID:jbBzNd230 [2/2]
「あとやっぱりうちはいじめがほんとすごかったなあ」
●でも、いじめた方だって言ったじゃん。
「うん。いじめてた。けっこう今考えるとほんとすっごいヒドイことしてたわ。この場を借りてお詫びします(笑)だって、けっこうほんとキツイことしてたよ」
●やっちゃいけないことを。
「うん。もう人の道に反してること。だってもうほんとに全裸にしてグルグルに紐を巻いてオナニーさしてさ。ウンコを食わしたりさ。ウンコ食わした上にバックドロップしたりさ」
●(大笑)いや、こないだカエルの死体云々っつってたけど「こんなもんじゃねえだろうなあ」と俺は思ってたよ。
「だけど僕が直接やるわけじゃないんだよ、僕はアイディアを提供するだけで(笑)」


●アイディア提供して横で見てて、冷や汗かいて興奮だけ味わってるという?(笑)
「そうそうそう!『こうやったら面白いじゃないの?』って(笑)」
●ドキドキして見てる、みたいな?
「そうそうそう!(笑)」


●いちばんタチ悪いじゃん。
「うん。いま考えるとほんとにヒドイわ





●2021/07/17(土) 23:04:16.46 ID:6M3JjBaa0
スポニチ
小山田圭吾の開会式楽曲担当続投、英紙でも報道 テレグラフ電子版

同紙は小山田を「日本でもっとも成功しているシンガーソングライターの一人」と説明。小山田が過去に学生時代のいじめについて告白していた問題にもかかわらず、東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長が「十分に謝罪し、反省している。このタイミングでもあるので引き続き支え、貢献してもらいたい」と記者会見で続投に理解を求めたことについて、「障害のある同級生を虐待し、性的な行為を強要した日本の作曲家は、開会式に関与し続けている」という見出しで報じた。

 「東京五輪の主催者は、有名な日本のミュージシャンが、インタビューで過去に障害のある生徒に対して楽曲制作者として精神的虐待をしたり、他の生徒の前で性的な行為を強要したと語ったにもかかわらず、開会式の楽曲担当として関与することを喜んでいる」などと記した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c7fd24a92609f077335070619b7ec5422f3d7d4





●2021/07/17(土) 23:01:53.35 ID:IJVqf06f9
Japanese composer who abused disabled classmates and forced them to perform sex acts remains involved in opening ceremony

Keigo Oyamada, better known by his stage name Cornelius, has been one of Japan’s most successful singer-songwriters

ByBen Bloom, ATHLETICS CORRESPONDENT, TOKYO17 July 2021 • 9:22am



Tokyo Olympics organisers insist they are happy for a famous Japanese musician to continue as a composer for next week’s opening ceremony despite interviews resurfacing where he described abusing mentally ill classmates and forcing them to carry out sex acts in front of other students.

Keigo Oyamada, better known by his stage name Cornelius, has been one of Japan’s most successful singer-songwriters over a career spanning more than 25 years and was this week named as one of the music composers for the Olympics opening ceremony.

That announcement saw two interviews he gave to Japanese music magazines in 1994 and 1995 resurface, in which he described inflicting horrific abuse on his peers when at school.

He describes locking a disabled classmate in a box, taping a cardboard box around his head and pouring chalk inside, wrapping him in a mattress and kicking him, making him eat his own faeces, and forcing him to masturbate in front of other students.

(略)

https://www.telegraph.co.uk/olympics/2021/07/17/composer-forced-disabled-classmates-eat-faeces-masturbate-will/


一部抜粋
>He describes locking a disabled classmate in a box, taping a cardboard box around his head and pouring chalk inside, wrapping him in a mattress and kicking him, making him eat his own faeces, and forcing him to masturbate in front of other students.

※自動翻訳
障害のある同級生を箱に閉じ込めたり、頭の周りにダンボールをテープで留め、中にチョークを流し込んだり、マットレスに包んで蹴り、自分の排泄物を食べさせたり、他の生徒の前で自慰行為を強要したりしたと記述しています。




関連スレ
【五輪】小山田圭吾氏、謝罪。辞職せず 過去の「障害者いじめ」自慢が物議 「全裸オナニーさせ、ウンコ喰わせバックドロップした」★48 [potato★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1626520656/

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1626529115/







●24 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/07/17(土) 23:03:07.87 ID:UqXcukES0
この少年の為にも絶対に許すな!!!!

935 :可愛い奥様[sage]:2021/07/17(土) 06:27:53.52 ID:Hot1cegn0

1991年の月刊カドカワで小山田さんが語った、幼稚園生時代と小学生時代のエピソード

小学校のときって、足が速い人とか人気があるじゃない。
そういうタイプじゃなかったから、物で誤魔化したり、人気のあるヤツの足ひっぱったりとか。
陰で悪口言ったり、変な噂流したり、こすいヤツだったな(笑)。
だからすごく嫌われたりすることもあったな(笑)。
いちばんショックだったのが、小学校五年くらいのときに文集を作ったんだけど、みんな普通のこと書いてるのに、「小山田君の嫌なこと」とかいうタイトルで作文書かれてね(笑)。
別に人気者じゃないヤツに書かれたからね、よけいにムッときて。
ぼくがそいつをいかにして迫害したかっていうようなことが切々と書いてあってね。
でも、事実なんです(笑)。

だからそいつには、小学校人生全部かけて復習した(笑)。

月刊カドカワ 1991/9/1




●イジメっ子「小山田圭吾」の謝罪に不可解な点 当時の学校運営に不満だったという証言
2021/7/17(土) 17:00配信

1042
この記事についてツイート
この記事についてシェア
デイリー新潮
小山田圭吾

 東京オリンピックの開閉会式の楽曲を担当する小山田圭吾(52)が、小中高生時代に障がいのある同級生らに対してイジメを繰り返していたことが取り沙汰され、SNS上では五輪への関与の見直しを求める世論が高まっている。一方、小山田は7月16日夕になってツイッターに謝罪文を掲載したものの、五輪の音楽担当は留任するとした。問題は大きくなるばかりだが、組織委員会が対応する気配はない。この五輪のコンセプトの1つは「多様性と調和」であるものの、それはお題目に過ぎないようだ。

Cornelius公式Twitterに掲載された謝罪文

 小山田はツイッターでイジメを認めた。

「非難されることは当然であると真摯に受け止めております」(コーネリアスのツイッターより)

 小山田が高校を卒業してから34年が過ぎているが、未だ謝罪していなかった。

「私が傷付けてしまったご本人に対しましては、大変今更ではありますが、連絡を取れる手段を探し、受け入れてもらえるのであれば、直接謝罪をしたいと思っております」(同ツイッターより)

 ツイッターによる小山田の発言には不可解な点もある。イジメの事実は、小山田本人が「ロッキング・オン・ジャパン」(1994年1月号)と「クイック・ジャパン」(1995年3号)のインタビューで自ら語ったはずなのに、雑誌側の捏造があることをほのめかしている。

「記事の内容につきましては、発売前の原稿確認ができなかったこともあり、事実と異なる内容も多く記載されておりますが、学生当時、私の発言や行為によってクラスメイトを傷付けたことは間違いなく、その自覚もあったため、自己責任であると感じ、誤った内容や誇張への指摘をせず、当時はそのまま静観するという判断に至っておりました」(同・ツイッターより)

 つまり、イジメ自体を行っていたのは事実だから、雑誌側に捏造された部分も受け入れたと言いたいらしい。なぜ、誤った記述を受け入れたのか。しかも自分の名誉に関わる話である。本来は訂正させるのは、当然の権利だ。今になってこう発言するのは、雑誌のせいにするのが火消しには一番だと考えたのではないか。

 小山田のイジメが物議を醸し始めたのは7月14日。小山田が開閉式の楽曲を担当することが発表された直後から、「ロッキング・オン・ジャパン」と「クイック・ジャパン」のインタビューがSNSで拡散された。小山田の起用が相応しくないと考えた人たちが広めたのだ。これを見た人たちから「五輪に携わるのはおかしい」という声が次々と上がった。

 声の高まりを受け、デイリー新潮はイジメの現場である母校を取材したところ、要職者が「事実関係を調べ、対処しなくてはならないと思います」と沈痛な声で語った。

 片や東京都オリンピック・パラリンピック準備局は「(小山田が関係する)開会式は組織委員会の管轄ですから」と、どこ吹く風。その組織委は見解すら出していない。

 組織委はこの問題を無視している形なので、五輪に携わるかどうかは小山田の考え次第。結局、五輪からは離れないと声明した。

「熟考した結果、自分の音楽が何か少しでもお力になれるのであればという思いから、ご依頼を受けるに至りました」(同ツイッター)


イジメの内容は
 では、小山田のイジメとはどんなものだったのか。本人のインタビューによると、イジメは小学校から高校までずっと行っていた。小山田が通っていたのは自由な校風で知られる私立の小中高一貫校である。

「全裸にしてグルグルにひもを巻いてオナニーさしてさ。ウンコ喰わしたりさ。ウンコ喰わした上にバックドロップしたりさ」(「ロッキング・オン・ジャパン」)

「クイック・ジャパン」のインタビューによると、小学校の時には障がいのある同級生の体をガムテープで巻き、身動きが取れないようにして、段ボールに入れたという。

 同じ同級生のことは高校生時代にもイジメた。みんなでジャージを脱がせ、下半身を露出させた。

「女の子とか反応するじゃないですか。だから、みんなわざと脱がしてさ、廊下とか歩かせたりして」(「クイック・ジャパン」)

 中学の時の修学旅行では違う同級生を、留年した先輩と一緒にイジメている。この同級生にも障がいがあった。小山田は先輩と一緒になって同級生に自慰行為をさせている。

「クイック・ジャパン」にはほかにもこんな下りがある。

「掃除ロッカーの中に入れて、ふたを下にして倒すと出られないんですよ。すぐ泣いてうるさいから、みんなでロッカーをガンガン蹴飛ばした」

「マットの上からジャンピング・ニーパットやったりとかさー。あれはヤバいよね、きっとね」

 障がい者の容姿を侮蔑する発言や人種差別を助長しかねない発言もしている。

 小山田がイジメた同級生の1人は中学時代、自殺も考えたという。「クイック・ジャパン」が派遣したスタッフの取材に同級生の母親が答えた。

学校運営に不満? 
 識者はどう見るか。デイリー新潮の取材に上智大学文学部新聞学科教授・水島宏明氏はこう語った。

「五輪憲章に最も反する行為ですから、小山田氏の行為が事実なら、開会式への関与を見直さなくてはならないでしょう」

 五輪憲章はいかなる差別も禁じている。また水島教授は「小山田氏が関与するのは国際的に見ても恥ずかしいこと」と話す。

 脳科学者の茂木健一郎氏もツイッターで「これはキツい。外すしかないかも」発言。さらに、こう記している。

「小山田圭吾さんのこと、もしこの時点で(開会式の)音楽を変えるとか難しいとかいうことがあったら、やはりもはやご本人が出てきて会見なさって、あの時点の自分と今の自分は違う、深く反省して違った人間になっているということをおっしゃるしか、おさまり方はないように思う」(茂木氏のツイッター)

 だが、小山田の事務所の電話は留守電になったまま。デイリー新潮を含めたマスコミ各社の取材に応じなかった。そして突然、ツイッターで発信した。

 前出の母校の要職者は「どうやら小山田さんは学園の運営に不満を抱いていたようなんですよ……」と声を落とす。だからといってイジメは正当化できるものではない。

 小山田は「ロッキング・オン・ジャパン」と「クイック・ジャパン」の記述に事実と違う部分があるというのなら、それを指摘し、何が真実なのかを表明すべきではないか。小山田のイジメによって自殺を考えた人がいたり、人種差別を助長しかねない発言をしたりしていたら、水島教授の言葉どおり、国際的に恥をかく。

 組織委は小山田の起用理由を説明すべきだろう。小山田のイジメ問題を事前に認知していたら、それでも使いたかった理由を説明しなくてはならないはずだ。

 トラブル続きの五輪になった。

 まず2015年、新国立競技場の総工費が当初の約1625億円から約2520億円まで膨張していることが分かり、世論が猛反発。「誰のための五輪だ」という声が上がり始めた。

 結局、国は世論を抑えられないと判断し、ザハ・ハディド氏がデザインした競技場建設計画を白紙撤回した。代わりに隈研吾氏のデザインが採用されて、総工費は約1569億円に抑えられた。

 だが、同じ2015年、今度は大会エンブレムの盗用疑惑が持ち上がる。これも決まっていたデザインが白紙になる。

 2019年には桜田義孝・五輪パラリンピック担当相が辞任に追い込まれた。「(五輪憲章を)読んでいない」といった数々の無責任な発言が問題視された。

 2020年にはコロナ禍を理由に開催の1年延期が決定する。今年2月には組織委の森喜朗会長がJOC評議員会で「女性がたくさん入る理事会は時間がかかる」などと女性蔑視発言を行い、辞任に追い込まれた。

 さて、小山田の問題を組織委はどうするつもりか。「時間がない」では済まされないだろう。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮取材班編集

2021年7月17日 掲載

● Mysterious point about the apology of the bully "Keigo Oyamada" Testimony that he was dissatisfied with the school management at that time
2021/7/17 (Sat) 17:00 delivery

1042
Tweet about this article
Share about this article
Daily Shincho
Keigo Oyamada

It has been reported that Keigo Oyamada (52), who is in charge of the music for the opening and closing ceremony of the Tokyo Olympics, was repeatedly bullying classmates with disabilities during his elementary, junior high and high school days, and he reviewed his involvement in the Olympics on SNS. The demand for public opinion is increasing. On the other hand, Oyamada posted an apology on Twitter on the evening of July 16th, but said that he would remain in charge of music for the Olympics. The problem is only getting bigger, but there is no sign that the Organizing Committee will respond. One of the concepts of the Olympics is "diversity and harmony," but that seems to be just the subject.

Cornelius's official Twitter apology

Oyamada admitted bullying on Twitter.

He "takes it seriously that it is natural to be criticized" (from Cornelius' Twitter).

It's been 34 years since Oyamada graduated from high school, but he hasn't apologized yet.

"It's a long time ago for the person I hurt, but I would like to apologize directly if I can find a way to contact and accept it." (From the same Twitter)

There are some mysterious points in Oyamada's remarks on Twitter. The fact of bullying is that Oyamada himself should have told himself in the interviews of "Rocking on Japan" (January 1994 issue) and "Quick Japan" (March 1995 issue), but there is a fabrication on the magazine side. Is hinting at.

"As for the content of the article, there are many contents that are different from the facts because the manuscript could not be confirmed before the release, but it is wrong that my classmates were hurt by my remarks and actions when I was a student. Because I was aware of that, I felt that I was at my own risk, and at that time I decided to stay on the sidelines without pointing out any mistakes or exaggerations. "

In other words, it is true that the bullying itself was done, so it seems that he would like to say that he accepted the forged part on the magazine side. Why did you accept the wrong statement? Moreover, it is a story related to one's honor. Originally, it is a natural right to have it corrected. I think it's best to blame the magazine for extinguishing the fire.

Oyamada's bullying began to be controversial on July 14th. Immediately after it was announced that Oyamada would be in charge of the retractable music, interviews with "Rocking on Japan" and "Quick Japan" were spread on SNS. It was spread by people who thought that the appointment of Oyamada was not appropriate. People who saw this said, "It's strange that he's involved in the Olympics."

In response to the growing voice, Daily Shincho interviewed his alma mater, the site of bullying, and a key person said in a painful voice, "I think we have to investigate the facts and deal with it."

Kataya, the Tokyo Organizing Committee for the Olympic and Paralympic Games, said, "Because the opening ceremony (related to Oyamada) is under the jurisdiction of the Organizing Committee." The Organizing Committee has not even given an opinion.

The Organizing Committee ignores this issue, so it is up to Oyamada to decide whether or not to participate in the Olympics. In the end, she stated she wouldn't leave the Olympics.

"As a result of pondering, I came to accept the request because I wanted to help my music even a little." (Twitter)


The content of the bullying is
Then, what was Oyamada's bullying? According to his interview, bullying went from elementary school to high school. Oyamada attended a private elementary, junior high and high school integrated school known for its free school spirit.

"Nude, wrap a string around and masturbate. Eat shit. Eat shit and drop back" ("Rocking on Japan")

According to an interview with "Quick Japan," she wrapped her disabled classmate's body with gum tape when she was in elementary school, stuck herself in it, and put it in a cardboard box.

She was bullied about her classmates when she was in high school. She took off the jersey together, exposing her lower body.

"You react with girls, so everyone deliberately took them off and let them walk in the corridors" ("Quick Japan")

She is bullying a different classmate with her proffesional senior on a school trip when she was in middle school. She also had a disability in this classmate. Oyamada is masturbating with her seniors to her classmates.

There are other descents in "Quick Japan".

"If you put it in a cleaning locker and knock it down with the lid down, you can't get out. It's noisy to cry right away, so we all kicked the locker."

"Jumping knee pads from the top of the mat. That's dangerous, I'm sure."

She also makes statements that despise the appearance of people with disabilities and that may encourage racism.

One of Oyamada's bullying classmates said she thought about suicide when she was in middle school. Her classmate's mother responded to an interview with a staff member dispatched by "Quick Japan."

Are you dissatisfied with school management?
How do intellectuals see it? Hiroaki Mizushima, a professor at the Department of Newspapers, Faculty of Letters, Sophia University, told Daily Shincho.

"It is the most contrary to the Olympic Charter, so if Mr. Koyamada's actions are true, we will have to reconsider our involvement in the opening ceremony."

The Olympic Charter prohibits any discrimination. Professor Mizushima also said, "It is embarrassing to be involved with Mr. Koyamada even from an international perspective."

Brain scientist Kenichiro Mogi also said on Twitter, "This is hard. Maybe I have to remove it." In addition, he wrote:

"Mr. Keigo Oyamada, if there was something difficult to change the music (at the opening ceremony) at this point, he would come out and see me, and I would be different from myself at that time. I think there is no other way but to reflect deeply and say that you are a different person. "(Mr. Mogi's Twitter)

However, the telephone at Oyamada's office remains an answering machine. We did not respond to media coverage including the daily Shincho. And suddenly, I sent it on Twitter.

The important person at the alma mater mentioned above said, "It seems that Mr. Oyamada was dissatisfied with the operation of the school ...". That doesn't mean that bullying can be justified.

Oyamada should point out that there is something wrong with the description of "Rocking on Japan" and "Quick Japan" and state what is true. As Professor Mizushima said, if there were people who thought about suicide due to Oyamada's bullying, or if they made statements that could promote racial discrimination, they would be embarrassed internationally.

The Organizing Committee should explain the reason for the appointment of Oyamada. If you were aware of Oyamada's bullying problem in advance, you would still have to explain why you wanted to use it.

It was the Olympics with a series of troubles.

First of all, in 2015, it was found that the total construction cost of the new national stadium had expanded from the initial amount of about 162.5 billion yen to about 252 billion yen, and public opinion was repulsed. Voices began to rise, saying, "Who is the Olympics for?"

In the end, the country decided that public opinion could not be suppressed, and withdrew the stadium construction plan designed by Mr. Zaha Hadid. Instead, Kengo Kuma's design was adopted, and the total construction cost was suppressed to about 156.9 billion yen.

However, in the same 2015, allegations of plagiarism of the tournament emblem are raised this time. This is also a blank design that has been decided.

In 2019, Yoshitaka Sakurada, the Minister in charge of the Olympic and Paralympic Games, was forced to resign. Numerous irresponsible remarks such as "I have not read the (Olympic Charter)" were questioned.

In 2020, it will be postponed for one year due to the corona disaster. In February of this year, Yoshiro Mori, chairman of the Organizing Committee, made a disdainful remark at the JOC Council, saying, "It takes time for a board of directors with many women," and was forced to resign.

Now, what will the Organizing Committee do with Oyamada's problem? "I don't have time" won't do it.

Fuyuhiko Takahori
Broadcast columnist and journalist. In 1990, he joined Sports Nippon Shimbun. He covers and writes about performing arts (in charge of broadcasting). He left the company in 2010. After working as a weekly magazine contract reporter, he joined Mainichi Shimbun Publishing Co., Ltd. in 2016. He was a reporter and deputy editor of "Sunday Mainichi" and left the company in April 2019 to become independent.

Edited by the Daily Shincho Coverage Group

Published July 17, 2021







●小山田圭吾“障害者イジメ”でミソつけた「渋谷系おじさん」の才能は枯渇していないのか
7/17(土) 12:51配信

236
この記事についてツイート
この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL
小山田圭吾(C)ゲッティ/共同通信イメージズ

 懐かしい名前が久々にネットニュースを賑わせている。91年に解散した“渋谷系”バンド「フリッパーズ・ギター」メンバーで、94年から一人ユニットのコーネリアスとして活動する小山田圭吾(52)だ。

宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

 父親は昭和の歌謡コーラスグループ「和田弘とマヒナスターズ」の三原さと志、息子はミュージシャンの小山田米呂と芸能一家でもある。

 95年に音楽雑誌で語っていた、小学生から高校生にかけて小山田が通っていた和光学園時代に、複数の障害者に行っていた「マットでぐるぐる巻きにして飛び蹴り・バックドロップをかけるなどの暴行」「排泄物を食べさせる」「自慰行為を強要する」など、目を覆いたくなるような関東連合負けの“障害者イジメ”が暴露され、炎上したためだ。つい先日、和光中学校の同級生でコンビを組んでいた“オザケン”こと小沢健二(53)も、30歳アーティストとの密会が報じられたばかり。

 誰にでも隠しておきたい話の一つや二つあるもので、そもそもアーティストにモラルを求めてはいけないと言った声もあるが、今回はバラされた事案とタイミングが非常に悪かったといえる。14日、東京オリンピック開会式の楽曲制作に起用との報を受けて、ネット民によって過去の悪事が速攻でバラされ、「多様性と調和」がコンセプトの1つである東京オリンピック・パラリンピックに不適切との批判の声はやまない。

 同じ渋谷系なら、2016年のリオデジャネイロ・パラリンピック閉会式で、次回開催地の東京へ引き継ぐ式典の際に流れた「東京は夜の7時」(椎名林檎編曲)のピチカート・ファイヴの方がふさわしかったんじゃないかという声も少なくない(メンバーの小西康陽は再結成を否定しているため実現は難しいだろうが)。

「小山田圭吾辞任」がTwitterトレンドになったが、本人から辞任の発表はされておらず、大会組織委員会は「引き続き最後まで準備に尽力していただきたい」と辞任や解任はしない方針を示している(16日現在)。オリンピック開催まで1週間を切っているため、「今さら変えられない」というのが実情だろう。

次ページは:大手広告代理店社員が好みそうな人選

大手広告代理店社員が好みそうな人選
コーネリアスの公式ページに掲載された謝罪文

 それにしても今回、小山田のほかに、閉会式・閉会式のショーや音楽などにかかわるクリエーティブメンバーとして名前が挙げられた、元ラーメンズの小林賢太郎、FPMの田中知之など、彼らが果たして日本を代表するアーティストか否かはここで議論しないが、いかにも30、40代の大手広告代理店社員が好みそうな人選といえるだろう。小山田の今回の一件など、彼を起用するような人間なら当然わかっていてもおかしくないはずだが。

 この炎上に対して小山田は、謝罪の弁を公表。

<ご指摘頂いております通り、過去の雑誌インタビューにおきまして、学生時代のクラスメイトおよび近隣学校の障がいを持つ方々に対する心ない発言や行為を、当時、反省することなく語っていたことは事実であり、非難されることは当然であると真摯に受け止めております>

 すでに50代になっているであろう被害者に直接謝罪したいとも話しているが、一大イベントを遂行させるための目的感がありありで、今さらそんなことされても本人たちにとって迷惑極まりないだろう。

 よほどのファンでない限り、小山田の業績はフリッパーズ・ギターのヒット曲「恋とマシンガン」など、彼が20代で携わったもので止まっているはず。50代になった彼の才能が枯渇していないか、この目で確かめたいと思う。

(文=小橋ケースケ)






●開会式作曲の小山田圭吾氏障がい者いじめ告白雑誌を入手 五輪理念に逆行
[2021年7月15日21時41分]
1995年8月号の「クイック・ジャパン」(国立国会図書館より)
1995年8月号の「クイック・ジャパン」(国立国会図書館より)
小山田圭吾氏(06年10月撮影)
東京五輪・パラリンピック組織委員会が14日に発表した五輪開閉会式の制作メンバーに、作曲家として名を連ねた小山田圭吾氏(52)の過去発言がSNSやインターネット上で炎上している。障がい者をいじめていた学生時代を、サブカル誌「クイック・ジャパン」(太田出版)95年8月号の「いじめ紀行」で告白。非難の指摘が相次いでいる。

日刊スポーツは当該誌を入手して確認。22ページにわたって、いじめを語っていた。小山田氏が障がい者として紹介するAさんに対し、言語障害と決めてバカにしたり、段ボール箱に閉じ込めて粘着テープで縛り「黒板消しで『毒ガス攻撃だ!』ってパタパタやって」という行為を行ったりした小学生時代を告白。高校でも続き「みんなで脱がしてさ。(局部を)出すことなんて(Aさんにとって)別に何でもないことだからさ」と笑っていたことや「障害がある人とかって図書室にたまる」「きっと逃げ場所なんだけど」と認識しながら「みんなで見に行こう」と通ったこと、体育倉庫で「マットレス巻きにして殺しちゃった事件とかあったじゃないですか、そんなことやってたし、跳び箱の中に入れたり」と悪びれることなく明かしている。

掲載当時、小山田氏は26歳。分別のつく成人が、ダウン症の生徒が通う特別支援学校を笑い話にしたり、本人いわく「朝鮮人」という男子へのいじめを悪びれることなく告白している。インタビューはAさんとの高校卒業式での会話で締めくくられた。進路を聞き「ボランティアをやりたい」と答えたAさんに対し、小山田氏は「おまえ、ボランティアされる側だろ」−。

ほかにも排せつ物を食べさせたり、全裸にして性的虐待を加えたりしていたことを武勇伝的に語った雑誌もある。東京大会のコンセプトの1つは「多様性と調和」。起用は正しいのか。国立での開会式まで8日という段階で、SNSでは「ふさわしくない」「開閉会式は絶対に見ない」などとの批判が飛び交っている。

最新ニュースをキャッチ! 東京2020特集>>






● Opening Ceremony Composed by Keigo Oyamada Obtained a magazine to confess bullying to people with disabilities.
[July 15, 2021 21:41]
August 1995 issue of "Quick Japan" (from the National Diet Library)
August 1995 issue of "Quick Japan" (from the National Diet Library)
Mr. Keigo Oyamada (photographed in October 2006)
The past remarks of Keigo Oyamada (52), who was listed as a composer among the production members of the Olympic opening and closing ceremony announced by the Tokyo Organizing Committee for the Olympics and Paralympics on the 14th, are burning on SNS and the Internet. He confessed his school days when he was bullying people with disabilities in the August 1995 issue of the subculture magazine "Quick Japan" (Ohta Publishing). There have been a series of criticisms.

Nikkan Sports obtains the magazine and confirms it. He talked about bullying over 22 pages. For Mr. A, who Mr. Oyamada introduces as a person with a disability, he decides that he has a language disorder and makes a fool of him, or confine it in a cardboard box and tie it with adhesive tape. I confess that I went to elementary school. He continued in high school and laughed, "Everyone should take it off. It's nothing (for Mr. A) to put out (local)" and "People with disabilities will accumulate in the library." "I'm sure they will run away." Recognizing that it's a place, I said, "Let's go see it together," and at the physical education warehouse, "I think there was an incident where I wrapped it in a mattress and killed it. "Put it in," he said without being afraid.

At the time of publication, Mr. Koyamada was 26 years old. A sensible adult confesses to the special school that Down Syndrome students attend, and confesses to the bullying of a boy named "Korean," as he says. The interview ended with a conversation with Mr. A at the high school graduation ceremony. Mr. Oyamada said, "You are the one who volunteers," to Mr. A, who answered "I want to volunteer" when asked about his career path.

There are also magazines that bravely talk about feeding excrement and sexually abusing them naked. One of the concepts of the Tokyo Games is "diversity and harmony." Is the appointment correct? At the stage of eight days until the opening ceremony in the national university, criticisms such as "not suitable" and "never see the opening and closing ceremony" are circulating on SNS.

Catch the latest news! Tokyo 2020 special feature >>


●ひろゆき氏、小山田圭吾氏の過去いじめ問題に「ずっと起き続けるのかな」
[2021年7月16日14時30分]
2ちゃんねる創設者の西村博之(ひろゆき)氏(2011年6月19日撮影)
2ちゃんねる創設者の西村博之(ひろゆき)氏(2011年6月19日撮影)
元「2ちゃんねる」管理人として知られる「ひろゆき」こと西村博之氏(44)が、小山田圭吾氏(52)が過去のいじめ告白でSNSやインターネット上で炎上していることについて、「これって10年おきとかにずっと起き続けるのかな、、、」と、過去の言動などが蒸し返される状況に複雑な思いを吐露した。

小山田氏は、サブカル誌「クイック・ジャパン」(太田出版)95年8月号の「いじめ紀行」や、邦楽誌「ロッキング・オン・ジャパン」(ロッキング・オン)の1994年(平6)1月号で、障がい者をいじめていた学生時代を告白していた。小山田氏が東京五輪開閉会式の制作メンバーの1人として発表されたことをきっかけに、当該記事が再び取りざたされて騒動となっている。

ひろゆき氏は16日にツイッターで「小山田圭吾さんの過去いじめ問題がネットで話題になるのは3回目ぐらいのイメージなんだけど、これって10年おきとかにずっと起き続けるのかな、、、」と言及。「江戸時代とか大正時代なら言わないだろうし、故人だと言わなくなるのかな。。。」とつぶやいた。







●Keigo Oyamada (52), who has been burning up in the past "bullying confession" after it was announced that he is participating as a composer in the production members of the Olympic (Olympic) opening and closing ceremony, will not resign on the 16th ,Do you get it.

Mr. Oyamada confessed his student bullying to two magazines obtained by Nikkan Sports. In the January 1994 issue of the Japanese music magazine "Rockin'on Japan", "Sic and masturbate with a string wrapped around it. You eat poop. You eat it and then drop it back." "But I do it directly. That's not to say, I just provide ideas (laughs) "(sic)

In the August 1995 issue of the subculture magazine "Quick Japan," he bullied Mr. A and Mr. B, who are people with disabilities, and made fun of the special school that students with Down syndrome attend.

One of the concepts of the Tokyo 2020 Games is "diversity and harmony." On SNS, criticisms such as "not suitable", "never see the opening and closing ceremony", and "I don't want to listen to music" were heard, and there were questions about the appointment of the Games Organizing Committee.




●小山田圭吾氏辞職せず「本来なら辞退すべきだったかも」謝罪し職全う意向
2021/7/16(金) 18:35配信

2060
この記事についてツイート
この記事についてシェア
日刊スポーツ
1994年1月号の「ロッキング・オン・ジャパン」(国立国会図書館より)

東京オリンピック(五輪)開閉会式の音楽制作を手掛けており、14日の就任発表後に過去の「いじめ告白」が取り沙汰されていた小山田圭吾氏(52)が、留任することが16日、分かった。

【写真】小山田圭吾氏(06年10月撮影)

ソロユニットとして別名義で活動するコーネリアスのツイッターを更新し「この度は、東京2020オリンピック・パラリンピック大会における楽曲制作への私の参加につきまして、多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることとなり、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と謝罪。大会組織委委員会も日刊スポーツの取材に対し「引き続き最後まで準備に尽力していただきたいと考えている」と続投させることを明らかにした。

小山田氏は謝罪文に「ご指摘頂いております通り、過去の雑誌インタビューにおきまして、学生時代のクラスメイトおよび近隣学校の障がいを持つ方々に対する心ない発言や行為を、当時、反省することなく語っていたことは事実であり、非難されることは当然であると真摯に受け止めております」とつづり、事実関係を認めた。

傷つけた方々へ直接謝罪したい意向、自身の起用に対する批判や疑問の意見を認識した上で「本来であれば、様々な理由から、私の参加にご不快になられる方がいらっしゃることを考慮し、依頼を辞退すべきだったのかもしれません。しかし、課題も多く困難な状況のなか、開会式を少しでも良いものにしようと奮闘されていらっしゃるクリエイターの方々の覚悟と不安の両方をお伺いし、熟考した結果、自分の音楽が何か少しでもお力になれるのであればという思いから、ご依頼を受けるに至りました」と参画要請を受諾した理由を説明した。

「そのうえで、今回の音楽制作にあたりましては、自分なりに精一杯取り組んで参りました」と、これまで職を全うしてきたことを報告し「どういったかたちで貢献していくことができるのか、常に自問自答し、より最善の判断をしていけるよう、一層の努力をして参りたいと思います」と長文を締めくくった。

小山田氏は、学生時代のいじめを2誌に告白。邦楽誌「ロッキング・オン・ジャパン」94年1月号では「全裸にしてグルグルにひもを巻いてオナニーさしてさ。ウンコを喰わしたりさ。喰わした上にバックドロップしたりさ」「だけど僕が直接やるわけじゃないんだよ、僕はアイデアを提供するだけ(笑)」(原文まま)と語り、サブカル誌「クイック・ジャパン」95年8月号では、障がい者というAさんとBさんへのいじめの数々を悪びれることなく明かしたり、特別支援学校に通うダウン症の生徒を笑い者にしたりしていた。

東京2020大会のコンセプトの1つは「多様性と調和」。SNS上では「ふさわしくない」「開閉会式は絶対に見ない」「音楽を聴きたくない」などの批判が飛び交い、開会式が1週間後の23日に迫る中、起用した大会組織委員会の判断に対しても疑問の声が上がっていたが、組織委は本人の謝罪を持って幕引きとした。


記事にリアクションしてみませんか?

455
学びがある
1,407
わかりやすい
651
新しい視点
【関連記事】
ひろゆき氏、小山田圭吾氏の過去いじめ問題に「ずっと起き続けるのかな」
小沢健二「どんな噂が出回っているのか、恐ろしい」
みんなでプロレス技かけちゃって/小山田圭吾氏の障がい者いじめ告白
小山田圭吾氏、音楽雑誌でいじめ告白「僕はアイデアを提供するだけ(笑)」
「俺はコロナだ」男に唾吐かれた女性駅員が死亡
最終更新:7/16(金) 20:54
日刊スポーツ




●みんなでプロレス技かけちゃって/小山田圭吾氏の障がい者いじめ告白
[2021年7月16日11時36分]
1995年8月号の「クイック・ジャパン」(国立国会図書館より)
1995年8月号の「クイック・ジャパン」(国立国会図書館より)
小山田圭吾氏(06年10月撮影)
東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会が14日に発表した五輪開閉会式(国立競技場)の制作メンバーに、作曲家として名を連ねた小山田圭吾氏(52)の過去発言がSNSやインターネット上で炎上している。

障がい者をいじめていた学生時代を、サブカル誌「クイック・ジャパン」(太田出版)95年8月号の「いじめ紀行」で告白。非難の声が相次いでいる。日刊スポーツは当該誌を入手して確認。22ページにわたり、いじめを語っていた。以下は主な発言。

◆「ちゃんとビニールのひもを(ティッシュの)箱に付けて、『首に掛けとけよ』とAの名を箱に書いておきましたよ(笑)」

◆「マットの上からジャンピング・ニーパットやったりとかさー。あれはヤバいよね、きっとね(笑)」

◆「掃除ロッカーの中に入れて、ふたを下にして倒すと出られないんですよ。すぐ泣いてうるさいから、みんなでロッカーをガンガン蹴飛ばした」

◆ガムをたくさん持って来たBさんに「羽振りがいい時期があって。そんで付いて行って、いろんなもん買わせたりして」

◆修学旅行で同じ班だったBさんに「みんなでプロレス技かけちゃって。それは別にいじめてる感じじゃなかったけど。ま、いじめてるんだけど(笑)」

◆「僕っていじめてる方なのかなあ?自分じゃ分かんないっていうか。全然こう悪びれずに話しちゃったりするもんね」

◆学生時代に近くの特別支援学校の生徒がマラソンをしていたことを回想し「ダウン症の人が来るんだけど、ダウン症の人ってみんな同じ顔じゃないですか?「あれ?さっきあの人通ったけ?」なんて言ってさ(笑)」

◆「(転校生が)初日の授業で発表の時に『はい』って手を挙げたんだけど、(挙げ方で)教室中が大爆笑になって、それでからかわれ始めた。でもそれは朝鮮学校の手の挙げ方だったのね」

(原文まま)

最新ニュースをキャッチ! 東京2020特集>>





● Everyone wrestled with wrestling / Keigo Oyamada's confession of bullying of people with disabilities
[July 16, 2021 11:36]
August 1995 issue of "Quick Japan" (from the National Diet Library)
August 1995 issue of "Quick Japan" (from the National Diet Library)
Mr. Keigo Oyamada (photographed in October 2006)
The past remarks of Keigo Oyamada (52), who was listed as a composer as a production member of the Olympic opening and closing ceremony (national stadium) announced by the Tokyo Organizing Committee for the Olympics and Paralympics on the 14th, are on SNS and the Internet. It's burning above.

He confessed his school days when he was bullying people with disabilities in the August 1995 issue of the subculture magazine "Quick Japan" (Ohta Publishing). There are a lot of criticisms. Nikkan Sports obtains the magazine and confirms it. Over 22 pages, he talked about bullying. The following are the main remarks.

◆ "I attached a vinyl string to the (tissue) box and wrote the name of A on the box, saying,'Hang it around your neck' (laughs)."

◆ "Jumping knee pads from the top of the mat. That's dangerous, I'm sure (laughs)"

◆ "If you put it in a cleaning locker and knock it down with the lid down, you can't get out. It's noisy to cry right away, so we all kicked the locker."

◆ Mr. B, who brought a lot of gum, said, "There was a time when I had a good time to swing my wings.

◆ On a school trip, Mr. B, who was in the same group, said, "Everyone tried wrestling. It didn't feel like I was bullying. Well, I'm bullying (laughs)."

◆ "I wonder if I'm a bully? I don't know for myself. I talk without being afraid at all."

◆ Recalling that a student at a special school near me was running a marathon when I was a student, "People with Down Syndrome are coming, but aren't all the people with Down Syndrome having the same face?" Take? "(Laughs)"

◆ "(The transfer student) raised his hand when he made a presentation in the class on the first day, but (in the way he raised it) the classroom burst into laughter and he started to be teased. It was how to raise your hand. "

(Sic)

Catch the latest news! Tokyo 2020 special feature >>





●小山田圭吾氏、音楽雑誌でいじめ告白「僕はアイデアを提供するだけ(笑)」
[2021年7月16日5時0分]
1994年1月号の「ロッキング・オン・ジャパン」(国立国会図書館より)
1994年1月号の「ロッキング・オン・ジャパン」(国立国会図書館より)
小山田圭吾(2006年10月撮影)
東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織委員会が発表した五輪開閉会式の制作メンバーに、作曲家として名を連ねた小山田圭吾氏(52)の過去発言が炎上している件で、日刊スポーツは、いじめを告白している雑誌の2冊目も入手した。

邦楽誌「ロッキング・オン・ジャパン」(ロッキング・オン)の1994年(平6)1月号で、学生時代に、いじめに加担していたことを認めた上で「全裸にしてグルグルにひもを巻いてオナニーさしてさ。ウンコを喰わしたりさ。喰わした上にバックドロップしたりさ」「だけど僕が直接やるわけじゃないんだよ、僕はアイデアを提供するだけ(笑)」(原文まま)などと悪びれることなく語っていた。

サブカル誌「クイック・ジャパン」(太田出版)95年8月号のインタビューでも、いじめを告白し、非難の声が相次いでいることが既に判明。22ページにわたり、いじめを語っていた。小山田氏が、障がい者というAさんに対し「みんなで脱がしてさ。(局部を)出すことなんて(Aさんにとって)別に何でもないことだからさ」「障害がある人とかって図書室にたまる」「きっと逃げ場所なんだけど」と認識しながら「みんなで見に行こう」と行動していたこと、体育倉庫で「マットレス巻きにして殺しちゃった事件とかあったじゃないですか、そんなことやってたし、跳び箱の中に入れたり」と詳細な記憶として明かしている。

掲載当時、小山田氏は26歳。分別のつく成人が、ダウン症の生徒が通う特別支援学校を笑い話にしたり、本人いわく「朝鮮人」という男子へのいじめを告白している。インタビューはAさんとの高校卒業式での会話で締めくくられている。進路を聞き「ボランティアをやりたい」と答えたAさんに対し、小山田氏は「おまえ、ボランティアされる側だろ」と。

東京2020大会のコンセプトの1つは「多様性と調和」だ。起用は正しいのか。国立での開会式まで1週間という土壇場で、SNSでは「ふさわしくない」「開閉会式は絶対に見ない」「音楽を聴かない」などの批判が飛び交っている。

最新ニュースをキャッチ! 東京2020特集>>


● Mr. Keigo Oyamada confesses bullying in a music magazine "I just provide ideas (laughs)"
[July 16, 2021 5:00]
January 1994 issue of "Rocking on Japan" (from the National Diet Library)
January 1994 issue of "Rocking on Japan" (from the National Diet Library)
Keigo Oyamada (photographed in October 2006)
The past remarks of Mr. Keigo Oyamada (52), who was listed as a composer as a production member of the Olympic opening and closing ceremony announced by the Tokyo Organizing Committee for the Olympics and Paralympics, is on fire. I also got the second volume of a magazine confessing bullying.

In the January 1994 issue of the Japanese music magazine "Rockin'on Japan" (Rockin'on), after admitting that he was involved in bullying when he was a student, he said, "Make it naked and put a string on it. Roll it up and masturbate. It eats shit. It eats and then drops it back. "" But I don't do it directly, I just provide ideas (laughs) "(original text), etc. He said without being afraid.

In an interview with the August 1995 issue of the subculture magazine "Quick Japan" (Ohta Publishing), he confessed to bullying and it was already revealed that there were a series of criticisms. He was 22 pages and he was talking about bullying. Mr. Oyamada told Mr. A, who is a person with a disability, "Everyone should take it off. It's nothing special (for Mr. A) to put out (local)." "People with disabilities accumulate in the library." Recognizing that it's a place to escape, I was acting "Let's go see it together", and at the physical education warehouse, "I think there was an incident where I wrapped it in a mattress and killed it." And put it in the vaulting box. "

At the time of publication, Mr. Koyamada was 26 years old. A sensible adult laughs at a special school attended by a student with Down Syndrome and confesses to bullying a boy who he calls a "Korean." The interview concludes with a conversation with Mr. A at the high school graduation ceremony. To Mr. A, who asked his career and answered, "I want to volunteer," Mr. Oyamada said, "You are the one who volunteers."

One of the concepts of the Tokyo 2020 Games is "diversity and harmony." Is the appointment correct? At the last minute, one week before the opening ceremony in the national university, criticisms such as "not suitable", "never see the opening and closing ceremony", and "do not listen to music" are circulating on SNS.

Catch the latest news! Tokyo 2020 special feature >>


Sponsored

posted by グリーン at 20:56| 福岡 ☁| Comment(0) | 記事保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする